エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

ペナントレース

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

AKB48グループペナントレース~AKB48グループは競い合って磨かれる~」は、国内48グループチーム対抗(チーム8は除外)で行われるイベントで、各チームごとの劇場公演の倍率などをポイント化し、累計ポイント数を競うもの。後述の通り、批判や問題点が続出したため、途中で中止となった。

概要

2014年4月22日より10月31日まで、AKB48グループの国内全12チーム (チームAチームKチームBチーム4チームSチームKIIチームEチームNチームMチームBIIチームHチームKIV)が、

  1. AKB48グループ劇場公演有料会員応募倍率
  2. AKB48劇場盤握手会の販売枚数
  3. AKB48シングル選抜総選挙の得票数

においてチームごとの勝点を競い合うことで、チームと個人の魅力をさらに磨き、このペナントレース期間中、どのチームが一番ファンの支持を集める事が出来るかを目的とする。

ルール

劇場公演倍率による勝点
大組閣体制の新チームによる新公演の初日以降に行われる公演が対象。ただし、女性限定公演などの限定公演は含まない。
公演が開催された場合、チームに2点が付与される。
公演申込倍率が「基準倍率」以上となった場合、チームにさらに5点が付与される(合計7点)。
この「基準倍率」は、2013年に行われた劇場公演における、出演メンバーの組み合わせと申込倍率との対応データから算出されるものであり、各公演の出演メンバー発表時に公表される。また、生誕祭や、土日公演に関しては、その因子を考慮した係数を乗じた値を基準倍率として発表する。
AKB48劇場盤握手会による勝点
AKB48のシングル劇場盤発売記念大握手会(個別握手会)が対象。
「個別握手券の販売上限枚数に対する販売枚数の割合」がメンバーの勝点となる。握手券の販売枚数が前回より増加した場合や、連続して販売上限枚数に達した場合には、より多くの勝点が付与される。
メンバーが獲得した勝点の合計点がチームの勝点となる。兼任メンバーの勝点は両チームに付与される。
選抜総選挙による勝点
2014年6月7日に開催される「AKB48 37thシングル選抜総選挙」が対象。
「各メンバーの得票数÷80位のメンバーの得票数 (小数点以下切り捨て)」が各メンバーの勝点となる。
メンバーが獲得した勝点の合計点がチームの勝点となる。兼任メンバーの勝点は両チームに付与される。

なお、算定方法については非常に複雑であるため、公式サイト[1](アーカイブ)を参照のこと(統計学者・鳥越規央による解説あり)。

経緯

  • 発端になったのは、2013年11月9日に公開された動画『AKB48グループ総支配人 戸賀崎智信からの重大発表』にて発表された計画。具体的な内容は明かされず、2014年1月よりチームの公演倍率を競うペナントレースを実施する事だけが発表された。後日、公演倍率だけではなく、チームの人気度・支持率・メンバーの頑張り(劇場最多出演数、MC賞、パフォーマンス賞など)もチームへのポイントとして加算される予定と説明されたが、詳細なルールは発表されていなかった[1]。この動画内では、「メンバーが総選挙によって競い合い成長したように、各チームが競い合う事はグループ全体が成長する為に必要である」というペナントレース開始の理由が述べられている。
  • その後行われた大組閣の影響もあり、ペナントレースについての動きはほとんど見られなかったが、2014年4月22日、戸賀崎の後任となった48グループ総支配人の茅野しのぶにより詳細が発表[2]された。

ペナントレースに対する問題点・批判

  • ペナントレースの発表時点から、劇場公演の倍率をもとに競い合う、という趣旨自体に批判が続出した。また、メンバーにも詳細が明らかにされておらず、発表された段階では「公演の倍率で競うのかー! フルメンじゃないと公平じゃないよね」(石田晴香[2]と当初より公平性に関して疑問を呈する意見も出ていた。さらには大島優子などの有力メンバーの卒業もあり、ペナントレース実施のための戦力の均衡化を名目に、翌年2月24日の大組閣へつながった[3]とする意見もある。
  • 大組閣の結果、兼任メンバーや卒業者が多数発生したことによって、各チーム間の均衡が本当に保てているか疑問を呈する意見がある。特にSKE48チームSにおいては、新体制予定メンバーの卒業[4]もあり、新体制メンバーが全チーム中最少の17名[5]となり、さらに宮澤佐江(チームSII兼任)、田中菜津美(チームH兼任)、松井珠理奈(チームK兼任)、渡辺美優紀(チームBII兼任)と4名の他チーム兼任者を抱えることになり、前述の石田が指摘している通り、フルメンバーによる公演の機会が少なくなることが、かねてから予想されていた。
  • さらに、チーム間でペナントチームを争う性質から、他チームのメンバーがアンダーで出演することがなくなったことで、公演によっては出演メンバーが16名を下回ることがある。他チーム間アンダーの廃止は、「ドラフト会議に関して」のエントリーで公式ブログで発表(2013年11月2日)された「今回のドラフト会議以降、各チーム所属チーム間を超えるアンダー制度の導入を致します[6]というものを覆すことになり、「チームと個人の魅力をさらに磨き」という趣旨から乖離しているうえ、ファンの公演に対する満足度を下げるものと言える。
  • 詳細発表後は、その加点内容を巡っての批判がさらに大きい。当初、計画になかったAKB48劇場盤(個別)握手会の売り上げ枚数や総選挙得票数が加点に含まれることにより、「劇場公演の倍率を競う趣旨から外れる」「AKB48の個別握手会しか算定対象にならないため、他のグループにとっては明らかに不利な条件であり、明らかに本店(=AKB48)チームを優勝させようとする意図がある」「個人成績が加味されるため、握手会を(健康上の理由や学業などやむを得ない事情で)欠席したメンバーや、不人気メンバーに対する責任問題となり、リストラへつながりかねない」「運営しか得しない、あからさまな集金イベント」といった批判が、ネット上の掲示板などにおいて続出している。「選抜総選挙ではCDを買うことが推しメンへの貢献になりますが、ペナントレースは“それ以外”のものが対象になっている。運営は小難しく説明していますが、要は、推しメンを喜ばせたければ、ファンはたくさんお金を使えばいい、というだけのことでしょう」(某芸能ライター)[7]
  • 実際に、運用が始まった最初の個別握手会(2014年4月26日・パシフィコ横浜)での、握手会採点は次の通りとなった。
    1. AKB48チームA:9.3
    2. AKB48チーム4:8.95
    3. AKB48チームK:8.9
    4. AKB48チームB:8.75
    5. SKE48チームE:6.95
    6. HKT48チームKIV:6.95
    7. HKT48チームH:6.2
    8. NMB48チームN:5.4
    9. SKE48チームKII:5.25
    10. NMB48チームBII:5.25
    11. SKE48チームS:5.0
    12. NMB48チームM:2.8
結果として上位がAKB48のチームで占められることとなり、さらには組閣前のチームMメンバーがスケジュールの都合(握手会詳細が発表された当初から、(組閣前)チームMの新公演が予定されていたため)[8]で参加が出来なかったことで、NMB48の各チームが低得点にとどまった。NMB48においては、2014年6月1日の個別握手会(幕張メッセ)についても、大阪でのイベントのため不参加となる予定で、この件についての救済策も発表されていない(4月27日現在)ことから、前述の「支店(=姉妹グループ)不利」という指摘につながっている。
  • その後、8月11日時点(東京ドームコンサート直前)の発表では、チームH、チームKIVとHKT48の2チームが1、2位と上位を占めたが、対象公演数がそれぞれ29回、27回とともに上位であり、逆に最下位のチームMについては、対象公演数が17回、11位のチームSも16回(対象公演数最少)と最多のチームHと比べ10回以上少ない状況であり、各チームの対象公演数が均衡化されていない状況となっている。また、握手会採点においても、5月に発生した全国握手会傷害事件の影響で、対象となる個別握手会が延期に追い込まれていることも考慮されていない。
  • 勝ち点の計算式が非常に複雑であり、一見しただけで理解することが非常に難しい[9]。本来、運営の立場も兼ねる指原莉乃も、ツイッターで「ペナントって兼任メンバーはどちらのポイントになるんですか??」とフォロワーに質問。反対にフォロワーから詳細を教えて欲しいと頼まれた際にも「まじで なにも しらない」と明かしている[10]
  • 公演においても、不備や弊害を指摘する声がある。公演の申込倍率は、有料会員が申し込んだ時点で倍率にカウントされるため、実際に公演のチケットを購入する意思がなくても申し込み自体はできる。倍率を上げたいのならば、毎公演必ず申し込めば良いことになり、申し込み倍率の上昇が、必然的にそれらの公演で勝ち点5が計上される可能性は高い。一方で、当選しても実際には公演を見ないキャンセルが増える可能性も大いに秘めており、「本当に公演を見たい観客にチケットが届かない」という弊害が予想される。公演当選者のドタキャン問題は以前からも指摘されており、お目当てのメンバーの休演によるキャンセルが続出して、逆にキャンセル待ちの観客が多数入場可能という事態も想定される[11]。また、「劇場公演の基準(予想)倍率の算定が運営によって定められることから、不明朗かつ恣意的な運用がされる危険性がある」などの意見がネット上の掲示板を中心に出ている。
  • 様々な懸念材料や不備になりかねない問題点を抱えていることから、概ね批判的な意見が大きい。YouTubeでの加点方法を説明した動画の「高い評価」が220件前後に対し、「低い評価」が710件前後(4月27日10時)時点と不支持が多い状態であった。

ペナントレース中止決定

  • 9月23日、各48グループ公式ブログにおいて、「ペナントレース中止のお知らせとお詫び」のエントリーで、ファンからの批判と「(ペナントレース実行委員会の)認識の甘さがもたらした大失態」であることを認め、ペナントレースの中止を発表するととも謝罪した。

4月22日より10月31日までの予定で開催中の「AKB48グループ ペナントレース~AKB48グループは競い合って磨かれる~」で御座いますが、スタート当初よりファンの皆様から「ルールが複雑すぎる」「チームごとの公演回数に差がありすぎる」等々ご指摘を頂いておりましたが、まさにその通りで御座いました。
その後、ご指摘の点を改善しようと試行錯誤して参りましたが、解決の見通しが立たず、残りひと月では御座いますが、本日のこの発表を持ちまして中止させて頂くことをここにご報告申し上げます。

これらは全て、全面的に当実行委員会の認識の甘さがもたらした大失態です。
大変申し訳御座いませんでした。
チームとしての団結力の向上、そして劇場公演の根幹であるメンバーへ光が当たることを願ってスタートした企画でしたが、逆に多くのメンバーやファンの皆様を混乱させてしまう結果となってしまいましたことを、改めて深くお詫び申し上げます。
特に現在1位のHKT48チームKIVメンバーと応援して下さっているファンの皆様には、このような不完全な形で中止のご報告を申し上げる結果に至ったことをを重ねてお詫び申し上げます。

今後はメンバーは勿論のこと、ファンの皆様のご意見にも事前事後を問わず真摯に耳を傾け、スタッフ間で協議を重ね、「AKB48グループは競い合って磨かれる」という理念に基づき、ファンの皆様に本当に楽しんで頂ける企画を再度ご提案させて頂く所存で御座います。
この度は、本当に申し訳御座いませんでした。

ペナントレース実行委員会[12]

中止に対する関係者のコメント・対応

  • 秋元康755のトークで、今回のペナントレースについて「企画倒れ」と断言。その上で「もう一度、準備してやり直しましょう」と、企画を練り直す形でのペナントレース開催について前向きにとらえている[13]
  • 湯浅洋は755のトークで、中止が発表された当日は「朝から各グループのキャプテンと副キャプテンにお詫び」したことを明かすとともに、他チーム間アンダーを復活させる趣旨の発言を行っている。また、優勝チームに与えられる賞品についての質問については、「言えない 笑 ごめんなさい、結構豪華」としている[14]
  • 中止決定まで第1位となっていたチームKIVに対して、日刊スポーツが発刊する「AKB48グループ新聞」の10月号(10月17日発売)の企画において、祝勝会が行われた。この企画は当初11月号で優勝チームの特集を予定していた同紙の編集部により、ペナントレース中止発表を受けて急遽企画されたもので、運営側の許可が出たことで実現したもの。祝勝会は編集部よりプレゼントされた「暫定王者」のTシャツを着用したメンバーが集まり(スケジュールの都合により宮脇咲良木本花音は欠席)、「ビールかけ」ならぬ「炭酸水かけ」を行うというもので、用意した200本の炭酸水がわずか5分ほどで使い切ったとのこと[15][16]

中止発表までの成績

  • 中止発表前日(2014年9月22日、22時00分時点)までの成績は次の通り(小数点以下3桁を四捨五入)。
順位 チーム 総合点 劇場公演採点 劇場公演数 握手会採点 総選挙採点
1位 チームKIV 436.88 287 41 137.88 12
2位 チームH 410.3 273 39 135.3 22
3位 チームE 389.81 217 31 150.81 22
4位 チームA 387.22 163 24 188.22 36
5位 チーム4 366.24 178 29 175.24 13
6位 チームK 357.09 147 26 177.09 33
7位 チームB 354.18 134 22 179.18 41
8位 チームN 341.23 177 26 143.23 21
9位 チームS 326.95 175 25 129.95 22
10位 チームBII 325.24 189 27 127.24 9
11位 チームKII 325.06 194 32 120.06 11
12位 チームM 276.75 142 26 128.75 6

脚注・出典

  1. ^ 戸賀崎智信 投稿 - Google+ 2013年11月11日 ArKaiBu Gugutas
  2. ^ 石田晴香 投稿 - Google+ 2013年11月9日 ArKaiBu Gugutas
  3. ^ http://realsound.jp/2014/01/akb488.html
  4. ^ 金子栞鬼頭桃菜出口陽(2014年4月29日卒業)。
  5. ^ その後、研究生より犬塚あさな野口由芽が昇格したため、19名となり最少ではなくなった(新体制以降に與儀ケイラが卒業したチームNチームBIIが最少の17名)。
  6. ^ http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11665013813.html
  7. ^ http://www.cyzo.com/2014/04/post_16932.html
  8. ^ 2013年10月11日投稿より http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11633923911.html
  9. ^ http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11830547274.html
  10. ^ "http://www.rbbtoday.com/article/2014/04/23/119170.html
  11. ^ http://blog.elephantrun.jp/201404/article_33.html
  12. ^ http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11929222773.html
  13. ^ トークライブ755「秋元康のトーク」 2014年9月23日投稿より。
  14. ^ トークライブ755「ゆあたん」 2014年9月23・24日投稿より。
  15. ^ https://plus.google.com/114901599093908880416/posts/KxQ1LxrxHwe
  16. ^ https://plus.google.com/114901599093908880416/posts/RnpFMSLj6i1

外部リンク



ご意見を共有しましょう