エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

茂木忍

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チームK
茂木 忍 もぎ しのぶ
2018年AKB48プロフィール 茂木忍.jpg
公式ニックネーム

もぎちゃん

所属事務所

AKS

生年月日

1997年2月16日 (21歳)

出身地

千葉県

血液型

AB型[1]

身長、体重

162cm[2] 52kg

合格期

13期生

選抜回数

0回

茂木 忍(もぎ しのぶ、1997年2月16日 - )は、AKB48チームKのメンバー。千葉県出身。AKS所属。

略歴

2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「あなたのハートをもっぎもぎ! 13期の"もぎちゃん"こと茂木忍です」
  • 公式ニックネームは、「もぎちゃん」。
  • 落ち着いた思考回路が武器。まだ15歳だが、「担任の先生に30歳のキャリアウーマンの考えを持っていると言われました」[4]
  • 岡田彩花「今回は茂木ちゃんこと茂木忍ちゃんです。コメントで暴れないでね! 茂木は美人! 茂木ちゃんのデレが好き! 可愛いよ! コメントするときの顔文字が茂木ちゃんらしいよ。茂木ちゃんは握手会では元気でテンション良いらしいので、very goodですよ☆ モギハラは最近はないかな!」[5]
  • 劇場支配人評。

「最初はダンスに恥ずかしさも見られました。今は自分なりの表現を身につけようと、必死な姿が好印象」(2012年:戸賀崎智信[6]
「定評のあるグラビアに限らず、着物イベントでの和装姿も好評。現状に満足せず常に新たな自分を開拓してほしい」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[2]

  • 将来の夢は、歌手。「これからも歌って踊りたい」[7]

AKB48加入前

  • AKB48の10期、11期研究生オーディションに応募し、最終審査で落選。また、12期研究生オーディションでは、書類審査の段階で落選している[7]

AKB48として

2011年

2012年

  • 「RESET」公演にアンダーで出演する際、『ウッホウッホホ』のゴリラのような振りは、「恥ずかしがるな、第2の秋元になれ!」とダンスの先生に言われた[7]
  • 5月6日、日刊スポーツの第4回総選挙候補者紹介記事より。「ポッと出で順位をもらえるとは…。64位に入れたらうれしいですけど、希望と現実は違いますから」と冷静に分析している。とはいえ、ファンの期待に応えたい願望は人一倍強い。「ファンの人に、『出たての茂木ちゃんを応援して良かった』と言われたいな」。目標は前田亜美。「元々ファンだったので、ファンとしとの楽しみもあります」と笑った。
  • 7月17日、西山恭子(サルオバ)Google+投稿より。
西山「自分のことを一言で紹介してくれる?」
茂木「実は二面性のある子です」
西山「実はもぎちゃんは、10期オーディションからチャレンジして、3度目ならぬ4度目の正直で、ステージに立った頑張り屋。「AKB48のメンバーになることを諦めたくなかった。芸能界で活動する方法はいろいろあるのかもしれないけど、自分はAKB48のメンバーであることをキャリアにしたい。自分で諦めたら、道はそこまでだから」。もぎちゃん、ポジティブなのにネガティブ もぎちゃん、実は変顔厭わず。もぎちゃん、「ウッホウッホホ」のゴリラも秀逸。人は見た目だけじゃわからない、ですね」[8]
Google+「お久しぶりです、茂木だよ! 更新しなくてごめんなさい。これからはもっともっと精一杯頑張ります! まずは今日の公演、自分が出来る限界以上を目指して頑張ります! これからもよろしくお願いします! 」[11]

2015年

  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナにて、「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」において、人事異動がサプライズ発表され、茂木はチームKへ異動することが発表される[3]
  • 5月17日、「2015ヤンマガ専属! AKB48グループ グラビアモデルオーディション」において、第1位を獲得[12]
  • 6月6日、第7回総選挙開票。茂木は第57位(獲得票数:16,867票)にランクインし、フューチャーガールズに選出。「投票、応援してくださったみなさん。本当にありがとうございました!正直に言うと、アップカミングガールズが終わった時点で半分諦めてました。今年も速報だけか……と。でも、フューチャーガールズで呼んでいただき、第57位という素敵な順位をいただきましたヽ(;▽;)ノ!半分諦めてた分、嬉しすぎて。。。舞台でスピーチ待ちをしてる間、手元のトロフィーに刻まれた「第57位」を見たら手の震えが止まらなくなっちゃったんです(°_°)!止めようと思っても止まらなくて…。でもその震えさえも嬉しかった。笑。第57位。自分に自信がない私に、大きな自信を持たせてくれました。ヤンマガグラビアモデルだったり、今回の選挙だったり…。背中を押して、自信をくれるのはいつだってファンのみなさんです。本当にありがとうございます。この一年、精一杯がんばります。どうか、これからも応援よろしくお願いします!!」[13]
  • 6月12日、AKB ShortShrots project『9つの窓』の制作発表において、全9作品の1つとして、茂木忍主演作品「赤い糸」(曽根剛監督、谷内里早出演)が紹介された。詳細情報は9月9日に解禁される[14]

2016年

  • 2月6日、AKB ShortShrots project『9つの窓』の全9作品の1つとして、茂木忍主演作品「赤い糸」(曽根剛監督、谷内里早ほか出演)が全国公開[15]
  • 7月25日、舞台「マジすか学園」~Lost In The SuperMarket~(赤坂ACTシアター)にウテナ役で出演(8月5日まで)[16]

2017年

  • 6月17日、第9回総選挙開票。茂木は第74位(最終獲得票数:16,393票)にランクインし、アップカミングガールズに選出。

交友関係

性格・趣味

  • 性格は、明るくてポジティブ[1]
  • 長所は、明るいところ[7]
  • 短所は、なにかと照れがあるところ[7]
  • 趣味は、アイドル鑑賞[1]
  • 特技は、変顔。トランペット[7]
  • 好きな食べ物は、ポテトサラダ[1]
  • 好きな飲み物は、ココア[1]
  • 好きな色は、黒。濃いピンク[1]
  • 好きなキャラクターは、「キャラクターではないけど、豚のモチーフが好きです」[1]
  • 好きな男性のタイプは、面白くてモラルのある人[7]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

チーム4 2nd Stage「手をつなぎながら」公演

  • この胸のバーコード

チーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」公演

  • 愛しきナターシャ

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • 禁じられた二人
  • 大声ダイヤモンド(アカペラ・ボイパver.)

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • リターンマッチ

高橋みなみプロデュース「お蔵入り公演」

  • 愛しさのdefence

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • 負け男

出演番組

脚注・出典

  1. ^ a b c d e f g h 平田梨奈のモバメ13期への質問より。
  2. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P115より。
  3. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  4. ^ 日刊スポーツ 2012年5月6日紙面より。
  5. ^ 岡田彩花 投稿 - Google+ 2012年7月18日 ArKaiBu Gugutas
  6. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P177より。
  7. ^ a b c d e f g 光文社「FLASH SPECIAL」「まるっとAKB48 スペシャル3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48」より
  8. ^ Kyoko Nishiyama 投稿 - Google+ 2012年7月18日 ArKaiBu Gugutas
  9. ^ セレクション審査のお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月3日
  10. ^ 研究生セレクション結果報告 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月3日
  11. ^ 茂木忍 投稿 - Google+ 2012年8月6日 ArKaiBu Gugutas
  12. ^ 2015ヤンマガ専属! AKB48グループ グラビアモデルオーディション
  13. ^ 茂木忍 投稿 - Google+ 2015年6月7日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ AKB48とSSFF&ASIAがコラボ メンバー主演のショートフィルム9作制作
  15. ^ AKB48、主演オムニバス映画「9つの窓」を公開初日にアピール - ナタリー 2016年2月7日
  16. ^ AKB48、男装にゴスロリ…個性派揃いの“ヤンキー”に 銃撃戦、過激アクションも<全メンバーコメント> - モデルプレス 2016年7月25日

外部リンク