エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

福本愛菜

提供: エケペディア
Jump to navigation Jump to search
NMB48
福本 愛菜 ふくもと あいな
2012年NMB48プロフィール 福本愛菜.jpg
公式ニックネーム

あいにゃん

所属事務所

よしもとクリエイティブ・エージェンシー

生年月日

1993年3月25日 (26歳)

出身地

奈良県

血液型

B型

身長

158cm

合格期

1期生

選抜回数

5回

福本 愛菜(ふくもと あいな、1993年3月25日 - )は、NMB48の元メンバー。現在は、タレント。奈良県橿原市出身[1][2]。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

略歴

2010年
2011年
2013年
  • 2月23日、公演において、卒業を発表。
  • 7月1日、卒業公演をもって、NMB48としての活動を終了。

人物

  • キャッチフレーズは、「大和の国から、愛と幸せを込めて~あいにゃん波動砲発射~! ずどどどどどどどどどどどぼ~ん!!」[3]
「ずどどどど…」の部分は、撃たれたリアクションをするのがお約束。由来は「『あいにゃん波動砲』っていうのは、奈良=大和、っていうことで、『宇宙戦艦ヤマト』からいただきました。もちろん、年代的に、『ヤマト』を見たことはないんですが…」[4]
  • 公式ニックネームは、「あいにゃん」[3]
  • 「愛菜」という名前の由来は「『愛菜』の『愛』はみんなに愛されるようになってほしいとゆう願いを込めて♪『菜』は菜の花『菜』をとってママとパパがつけてくれたんです。ちょうど菜の花が咲く頃に生まれたから『菜』つけたんやって」[5]
  • 山田菜々と共に、NMB48の1期生では最年長の学年だが、山田がオバちゃんキャラとして扱われているのに対し、福本は元気キャラで年少組と一緒になって遊んでいるタイプとのこと[6]
篠原栞那「誰にでもやさしいお姉ちゃん的キャラ」[7]
  • メンバーからは、ヤンキーと言われる。
福本「ちょっとどう思いますか?意見聞かして下さい」
渡辺美優紀「でも2人ともヤンキーやん」[8]
  • チャームポイントは、笑った時に出るほうれい線。えくぼ。八重歯[9]
  • 年を重ねると、老ける顔と言われている。木下春奈曰く「最近さ、口の横の線(ほうれい線)ヤバない?」[10]
  • コンプレックスを感じている部分は、声。理由は、高い声が出ないところ[11]
  • 誰にも負けないと思うところは、初対面の人でも人見知りもせずに仲良くなれること。「よく喋るので、きっと話が尽きないです」[12]
  • スポーツには自信があり、メンバーの中で一番できると自負している[13]。水泳・バレー・ソフトテニスの経験があるが[9]やった事の無いバスケ、バッティング、ダーツなどもすぐにコツを掴んで出来るようになるなど、運動神経は良い。[要出典]
  • 劇場公演のMCで、「イントネーションがおかしい」とたびたび指摘される。同じ奈良県出身の渡辺美優紀も違和感があるらしく、これは方言ではなく、福本独自のものらしい[14]
  • 劇場支配人評。
「アンダー落ちした時、泣きながら誰よりも悔しがっていた。この数ヵ月で、一気にアカ抜けたコです」(2011年・金子剛[7]
「握手会では誰よりも大きな声を出す。そのフランクで友達っぽい対応は、ファンにも好評です。運動神経がよいのでバラエティのスポーツロケで「まずあいにゃん」とキャスティングされやすく、自分の立ち位置を確立した感じです」(2012年・金子)[3]
  • 将来の夢は、「歌って踊れるアイドルであり、バラエティーとかにも出たりできるタレントになる」[15]、「国民的なタレント」[16]、「セルフプロデュースの衣装とセットでソロライブツアー」[7]「ベッキーさんみたいにマルチタレントになりたい」[17]

NMB48加入前

  • 1993年3月25日、3人姉弟の長女として誕生。兄弟は、(2011年8月現在)中学3年生の弟と小学2年生の弟[18]
  • かなりのくせ毛で、子供の頃はアフロの様な髪型だった。今は縮毛矯正でストレートにしている[19]
  • 福本が小学生だった頃の話。
福本「小学校のとき好きな子おったけど、違うクラスやったけど、普通に廊下出て休み時間終わりにバイバイして入んねん。楽しかったで」
渡辺「かわいい~。積極的やな、あいにゃん意外と。いや~すごいわ。やりますね~あいにゃんさん」[20]
福本「私は学校でいつもヘンなことをしていて。小学校では女の子3人組でヘンな踊りを作って、みんなの前で踊っていました。でも、好きな男の子がいて、その子が教室にいるときだけはやらないようにしてたんです。なのに、廊下を通っていたときに見られて、それからその子の態度が変わりました(笑)。幼なじみで仲良かったのに、一緒に帰ることもなくなって……」[21]
  • 中学生の時は、ソフトテニス部に所属しており[15]、近畿大会ベスト16まで行ったことがある[16]
  • ソフトテニス6年、水泳6歳から12歳の6年と経験がある。[要出典]

NMB48として

2010年

  • オーディションを受けたきっかけは、「小さい頃からタレントになることが夢で、友達のお母さんにオーディションの事を教えてもらい、自分の将来の夢につながるチャンスだと思い応募しました」[22]
  • NMB48に入るまではダンス・歌ともに未経験だった[15]
オーディション当時は、部活をやっていたため日に焼けており真っ黒だった。元々、地黒という訳ではなく、NMB48に入ったあとはどんどん白くなっていっている。
「オーディションの時はまわりみんな真っ白で美少女やのに、一人だけスポーツ系の子が行ってしまっていいのかっていう」[23]
「まさかオーディションに受かるとは思ってもなくて、受かったときは嬉しいというより驚きでした」[24]
  • 10月9日、東京・葛西臨海公園で行われたAKB48の「東京秋祭り」(コンサート)において、NMB48のメンバーとしてお披露目される。
  • 12月某日、1月1日に迎える初日公演に出演するメンバーが発表。選抜メンバー16名の一人に選ばれ、出演は出来ることになった。だが、名前を呼ばれたのは16番目で、一番最後だった。[要出典]
  • ある日のレッスン中、ダンス講師に呼び出され、振りを覚えていなかった事を叱られて号泣した。講師の「なにクソと思って上を目指してもらわないと、どんどんその場所から下がっていくだけやから、ホンマに調子に乗らないように」と檄を飛ばすシーンが放送されたが、これは福本に向けられていたものらしい[自己研究?][25]
その当時、ダンス未経験者や苦手な「落ちこぼれ組」は、公園などに集まって自主練をしていたらしい。そこに、福本や木下百花がいたという[26]
福本「オーディションに受かって浮かれてるのもつかの間、やったことがないダンスのレッスンはついていくのが精一杯で、うまく踊ることもできず、周りがめっちゃ踊れる子ばっかやったこともあって毎日焦ってました」[24]

2011年

  • 1月1日、NMB48 1st Stage「誰かのために」公演初日に出演する選抜メンバー16名(名前を呼ばれたのは、最後の16番目)の一人に選ばれ、劇場公演デビューを果たす。
「『ライダー』を歌わせてもらうことになったんですが、深い意味が込められたこの曲を歌うのはプレッシャーがありました。5人で毎日話し合って歌うも、誰一人と認めてくれる人はいなくて、『できないならしなくていい』。何度歌っても、スタッフさんからはため息ばかりでした。この時期が1番つらくて、人に伝えることの難しさを痛感しました」[24]
  • 1月28日、この頃はまだ公演に出演するメンバーが決定していた訳ではなく、何度かメンバーが入れ替えられた。この日の公演では5名が入れ替えられたが、その外れた5人の内の一人が福本だった。
「そのメンバーの発表で名前を呼ばれた時は、涙が止まりませんでした。勝負の世界であって、泣いても何も変わらないのに泣いて泣いて…泣くことしかできませんでした」[24]
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成することとなり、福本はチームのメンバーとして10番目に呼ばれ、研究生から正規メンバーへ昇格した。
「嬉しい気持ちより不安な気持ちのほうが大きかったです」[24]
「初日に向けてのレッスンは時間もなく、その上初めてマイクスタンドを使う『Blue rose』を歌うことになり、全然できなくて不安が募るばかりでした」[24]
  • 6月、後輩となる2期生23名が加入した。
「いつ追い抜かれるかわからんから、同じ仲間やのに正直めっちゃ怖かったです」[24]
  • 10月9日、デビューから1年を振り返り、ブログへ投稿。
「早かったけど1日1日がすごい充実してて、いろんなことを経験させてもらった1年間でした。1年前と比べると少しは人としても成長できたって言う事ができるかもしれないですけど、まだまだ未熟やし、2年3年と徐々に日を重ねてもっともっと成長していきたいです。1周年を迎えた今。また3期生も加わるので、新たなスタートとしてNMB48としても福本愛菜も成長していきたいです。今の愛菜には、絶対に叶えたい目標があります。その目標に向かって突っ走っていきます! この1年間、不安になることばっかで挫折しそうになった時もあったけど、それを乗り越えてやってこれたのは、いつも支えになってるファンの皆様、スタッフさん、家族だと思っています。ほんまにありがとうございます。感謝の気持ちを言葉で表すのは難しいので、パフォーマンス、その他のお仕事で皆様に恩返ししていきたいです」[24]
  • 10月10日、この日より、NMB48の3期生オーディション参加者の募集を開始。
「私は早生まれの18歳で、(山田)菜々ちゃんと同じ最年長メンバーなんですけど、募集は22歳までなんで、年上の人に入ってきてほしいですね。お姉ちゃん的な3期生をお待ちしています!」[27]
  • 10月24日、MBSラジオ「NMB48マジカル・ミュージック」の後継番組となる「NMB48のTEPPENラジオ」が始まり、渡辺美優紀と共に同番組のパーソナリティを務める。
「ラジオのレギュラーパーソナリティーは初めてなんでめっちゃ嬉しくて。しかも奈良~ずのみるきっすと2人っていうことなんでさらに嬉しくてですね~」[28]
  • 12月1日、台湾の台北市で、台湾観光局の旅行ガイド番組を収録した。台湾観光局の招きでやって来たのは、山田菜々小笠原茉由、福本愛菜、渡辺美優紀の4人。同局とテレビ局・東風電視台(Azio TV)が共同制作する旅行ガイド番組「名人帯路」の収録が行われ、台北市内にある名刹・龍山寺に姿を見せた[29]
  • 12月10日、ニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター3(トライ)G」のCMに、山田菜々、小笠原茉由と共に起用される[30]

2012年

  • 1月12日、デイリースポーツの記事で語った2012年の目標について。
「今まで、1stから3rdまで、猛スピードで進んできたので、この波に乗って、何枚もシングルを出していきたいです。まだ3枚目ですし、ここで落ち着いちゃいけないと思うんですよ。4thからは3期生も入ってきて、メンバーもまた替わると思うんで、そういうのも踏まえて、いろんなメンバーでいろんな色を出せるように、たくさんシングルを出したいんですよ。あと、私は早生まれなんですが、ある意味10代最後の年なんですよね。といっても、まだ自分が18歳という実感もあんまりないんですよ。想像する18歳っていうのがもっとしっかりしてる存在なんで、18歳なんかなあ…? っていう感じです。同級生の山田菜々ちゃんは、あと4カ月で20歳なんですよね。私もちょっと、大人に近づきたいなという気持ちはあります」[31]
しかし、山本彩が「東京ではまだまだだということで、認知を上げるにはキャッチフレーズが必要だと思います」とアピールタイムに突入。福本は「私は消えない傷を負ったことがありました。半年前にリバイバル公演をさせてもらった時に、3000人の前で波動砲を打ったわけですよ。それなのに誰1人倒れなくて。1年経ったということで…」と、再び波動砲を打ったものの、またしても誰も反応せず。「こんなもんですよ。まだまだということですね」とガックリと肩を落とした[32]
福本「リベンジで波動砲を撃ったんですが......まぁそういうことですわ(笑) 消えない傷は癒えないまま。(笑) 完全にスベリキャラは定着しちまったが、パフォーマンスやMC、すべてすごい良い勉強になりました。ほんま昨日は心に残る1日になりました。いろんな意味でね」[33]
  • 3月30日、4thシングル『ナギイチ』の選抜メンバーが発表され、福本は4作連続でシングル選抜に選出される。
ブログ「私は選抜メンバーに入ることができました。正直、選抜発表で自分の名前が呼ばれた時、いろんな気持ちが自分の中で葛藤していました。いっぱい悩んでいっぱい泣いたけど、やっぱり今のポジションに満足せず、もっと上にいきたい!そう思いました。そして先日、選抜総選挙が今年も行われることが発表されました。去年はあのステージを目の前にして終わってしまいました。あがることができなかった。でも去年の選抜総選挙に参加して、いろんな想いが生まれました。悔しい。選抜に入りたい!自分もあのステージに立ちたい! そう思うようになりました。正直、去年は結果がわかる前から諦めてた部分がありました。でも今年はそんな甘ったるい気持ちじゃないんです! 本気であのステージに立ちたいっ! 今年は64位まで発表されることになりました! これはほんまにチャンスだと思います。私の中で今年は勝負の年。何事も全力で!! 4thシングルも皆さんに愛されるような作品に!! そして選抜総選挙に選ばれるように、しっかり自分を出していきたいです!」[34]
  • 4月8日、ABC(朝日放送)テレビのバラエティー番組「熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん」(毎週日曜12時 - 12時55分)に喫茶店の看板娘役で、この日よりレギュラー出演。
  • 5月15日、日刊スポーツの第4回総選挙候補者紹介記事より。

昨年の選挙は身近に感じられなかったけど、今年は40位に入りたい。目標です」。キャプテン山本彩に加え、同じ奈良出身の渡辺美優紀もチームBとの兼任が決まり…「どんどん仕事の場が広がってるし、じゃあ私も!って気持ちが強くなっています」。AKB48のDVDを見て、口角の上げ方など細部にわたりメンバーの表情をチェックしている。

Google+「少し前から足首を怪我してて.....。病院に通ってたんですけど、今日公演終わりに痛みが悪化して診てもらったところ、ドクターストップがかかってしまいました。明日の公演もめっちゃ大事でなんとか.....って言ったんですが、『これから先も踊りたいならやめなさい』と言われました。楽しみにしてくださってた皆さん本当に申し訳ないです」[35]
  • 5月23日、第4回総選挙の速報結果が発表され、福本は速報では第54位にランクインする。
ブログ「私、福本愛菜の名前が入っていました! 投票してくださった皆さん、ほんまにありがとうございます! 6月6日までの残りの期間。愛菜らしく突っ走っていきたいと思います! これからがほんまの勝負。今まで以上に気を引き締めてやっていきます! いつも支えてくださってる皆さんにステージで感謝の気持ちを伝えたい。絶対にみらくるを起こしてみせます! 波動娘、やったんでっ!!」[36]
  • 大阪府内各所で行われたコンサート「大阪十番勝負」では、5月27日(貝塚市)、29日(岸和田市)、30日(八尾市)に行われた3公演を、足の怪我のため休演した。
  • 6月3日12時46分、千葉・幕張メッセで行われたAKB48の『真夏のSounds good !』個別握手会に参加していたが、体調不良のため第2部以降はすべて中止とアナウンスされた[37]。以下、SNSを通じてのメンバーとのやり取りより。
    • 14時19分、斉藤真木子SKE48)「あいにゃんなう~\(^o^)/ 久々に会えた! むっちゃ喋る!喋る!!笑っ もうほんま、あいなだいすきー!」[38]
    • 14時44分、福本「握手会途中で中止になってしまい本当にごめんなさい(´;ω;`) 治療してもらって安静にしてます。真木子が喋りに来てくれた~」[39]
    • 20時00分、福本「握手してて、相手の気持ち考えやんと発した一言で、どんだけ傷付くかわかってもらえへんほど悲しいことないな。怪我してくれてよかった? そりゃ他のメンバーを応援してて愛菜が休みになったら、プラスになる人だって出てくると思う。でもそれ言われたこっちはどうしたらいいん? 怪我したくてしてるわけちゃうのに。なんかずっと考えてたら切なくなってくる」[40]
    • 20時25分、小谷里歩「みんなが悲しいと里歩も悲しい。心が痛くなるな。せっかく言葉というすげー気持ちを伝えれる手段をいただいてるのに、その言葉で傷つけてしまうのはもったいないし、悲しいよな」[41]
    • 20時52分、山田菜々「大切に想うなら伝わってるはず。でも、傷つけることだけはしないでください。大切に思うなら言葉を選んでほしかった。偉そうな事は言えないけど、悲しい」[42]
    • 22時03分、小柳有沙「有沙は不器用だから、言葉を伝えるのが下手くそだから、言葉が悪くなってしまうのを自分で知っているから、喋る時気をつかってます。人は冗談でも傷つく言葉がある。笑ってても、内は絶対に傷ついてます! 大好きなら、言葉を選んで下さい。これはいっていい言葉か、その子の状態も気にしながら発してください。偉そうにいって申し訳ないです」[43]
    • 21時30分、山本彩「愛菜の投稿について。愛菜にはさっき同じ様な内容のメールをしたんですが、私も握手に来てくれた方の言葉で傷付いた時、一部の心無い人の言葉のせいで本当に応援してる人達の想いや温かい言葉がかき消されてしまうのが悲しいし悔しい。と言って下さったファンの方の言葉にとても癒されました。だから、愛菜!開き直ろうぜ! わざわざ券を取ってまで言いに来てくれるなんて、愛菜の事めっちゃ好きやん!みたいな!」[44]
    • 翌4日1時04分、福本「皆さんコメントありがとうございます。メンバーのみんな、メールにコメントありがとう。愛菜こう見えて意外とハート弱いからな....でも気にしてたらあかんよな。切り替えていかないと。それ以上に待っててくださってる方がいるんやから、その方たちに元気な姿を見てほしい! コメントやファンレター、握手会で優しい言葉をかけてくださるファンの方、心配してくれるメンバー、頼りになるトレーナーさん、怪我のこと心配して自分のことのように考えてくれるスタッフさんがいるってことが愛菜にとって最大の支えやから。ほんまにありがとうございます! 足の怪我も完治して元気な愛菜になるまで待っててください!」[45]
  • 6月6日、東京・日本武道館で行われた第4回総選挙開票。福本は第43位となり、ネクストガールズに選出される。
「私、福本愛菜は皆様の応援のおかげで速報で第54位に名前がランクインしていました。自分の名前が入ってたことは、素直にめちゃくちゃ嬉しかったです。でもその嬉しさの反面、プレッシャーを感じて不安に思うこともありました。そんな中、皆様からのコメントやファンレター、握手会での言葉は愛菜にとってめっちゃ心強かった。ファンを信じてくれ!。この言葉にどれだけの皆様の想いがつまっていたのか、今わかった気がします。皆様を信じてよかった。今日、あの日本武道館で第43位で福本愛菜の名前が呼ばれました。ほんま夢みたいで、気付いたときには嬉し涙が止まらなくて、あの夢のステージに立たせてくださってほんまにありがとうございます。そして、ステージに立つことができたときには叶えたいもう1つの夢がありました。それはあいにゃん波動砲を撃つこと(笑)。まさかまさかで! 発射させていただきました。あれだけたくさんの方に発射するのは初めてやったんで、かなりの快感を味わうことができましたね(笑)。ありがとうございました。大島優子さんが去年の総選挙のときにステージで言っていた言葉。私たちにとって票数は愛です!ほんまにその通りで、愛菜たちにとって票数は形となった愛です! その皆様からのたくさんの愛を受けて夢を叶えさせてもらったので、今度は愛菜が皆様に恩返しをかねて愛をお届けしていきたいです。ほんまに皆様ありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願いします」[46]
  • 7月11日、MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」でのトークテーマ“好きな女の子”より。
福本「女の子は白い肌が良いって言うけど、愛菜はガンガン焼けた黒い肌が好きです。なんか健康的。白い人ってイメージ的に、清楚で、お嬢様ってイメージがあるけど、そういう系より、元気でパワフルな黒い方が好きやな」
渡辺美優紀「愛菜は基本的に乙女ですから」
福本「ウソ? 絶対誰も思ってない」
渡辺「思ってるよ」
福本「愛菜乙女じゃないで」
渡辺「めっちゃ乙女やん」
福本「じゃあ、どこが?」
渡辺「傷つきやすいところとか、純粋な目で見てくるところとか」
福本「(笑)。初めて言われた」
  • 11月25日、第2回大阪マラソンに、福本はチャリティーランナーとして出場し、フルマラソン42.195kmに挑戦。マラソンは未経験だが、福本は参加発表時の意気込みで、東日本大震災復興のテーマに向け「東北の皆さんに少しでも勇気や希望などが届いてくれれば」と語っている。目標タイムは「5時間30分以内」と、同年2月の東京マラソンで記録した秋元才加(AKB48)の5時間34分13秒を超えること。なお、チャリティーサポーターには、NMB48からは山本彩、渡辺美優紀、山田菜々、矢倉楓子薮下柊、小笠原茉由、城恵理子の7人が就任している[47]
福本の結果は「4時間8分45秒」と秋元の記録を1時間以上縮めて完走。ゴールで待っていた山本らメンバーに囲まれると、こらえていた涙が一気にあふれた。声援が励みになったといい「走りきった喜びを皆さんと分かち合いたい」と興奮冷めやらぬ口調で話した[48]

2013年

  • 2月23日、NMB48劇場でのチームN「誰かのために」リバイバル公演において、卒業を発表する。
本人コメント「私、福本愛菜はNMB48を卒業します。急な発表で皆さんを驚かせてしまって本当にごめんなさい。卒業という決断に至るまで本当に悩んで悩んで悩みました。悩んだ上で19歳の私なりに一生懸命考えて出した答えが卒業でした。今、NMB48が結成されて、約2年5ヶ月になります。私たちは本当に恵まれていて、1年も経たないうちに関西での番組やラジオのレギュラーを持つことができました。将来、バラエティタレントを目指す私にとって1つ1つが本当に大切なお仕事で、共演させていただくタレントの皆さんから自分なりにいろんなことを吸収してきました。去年は支えてくださる皆さんのおかげで、選抜総選挙にランクインすることができたり、いろんな番組に出させていただく機会も増え、さらには自分が挑戦したいって思っていた大阪マラソンにも出場でき、私にとってすごい大きく成長できた1年でした。そうやって充実した毎日を過ごす中で、自分の描く夢について深く考えるようになりました。1人のタレントとしてチャレンジして、バラエティのスキルを磨いていきたいという思いを強く抱くようになり、バラエティタレントへの道に軌道変更して、またスタートラインに立ってみることを決断しました。軽い気持ちで出した答えではありません。それに自分が出した卒業という決断に後悔はしてません。この卒業で新たに夢への一歩を踏み出すことができたと思っています。これから進んで行く道は甘くないことだってわかってます。でも、それを乗り越える覚悟もできてます。だからこそもっともっと今まで以上に勉強して、絶対に自分の夢を叶えてみせます。今まで支えてくださったファンの方々やスタッフさん、家族や友達、そして毎日一緒に過ごし、共にここまで歩んできたメンバーに輝く姿をお見せできるように頑張ります。温かい目で見守っていただけたら嬉しいです。私は、NMB48が大好きです。これからも応援よろしくお願いします」[49]

福本愛菜 武道館セレモニー1.JPG 福本愛菜 武道館セレモニー2.JPG 福本愛菜 武道館セレモニー3.JPG 福本愛菜 武道館セレモニー4.JPG

バラエティータレント転身を目指すため、2月に卒業を発表していた福本は、両手でマイクを握りしめ、目にいっぱいためた涙をこらえながら「波に乗っているNMB48を卒業するのは本当に悩んだんですけど、NMB48に負けないくらいのバラエティータレントになりたい。NMBが“てっぺん”を目指すということなので、私はバラエティータレントのてっぺんをとりたい」と宣言。1万1000人の“あいにゃん”コールで会場が感動に包まれるなか、おなじみの吉本新喜劇のテーマがほんわかと流れ始めた。共演経験のある先輩芸人、陣内智則、ケンドーコバヤシ、たむらけんじ、池乃めだかが駆けつけ、陣内は「全力であいにゃんを支えていきたい」と約束。独り歩きすることを促されると「私、福本愛菜はNMB48を旅立ちます」と、かつての山口百恵ばりにステージにマイクをそっと置いた。満面の笑みで客席に手を振りながら花道を歩き始めた福本は、アンコール前にこっそりと仕込まれていた落とし穴に見事ズボッ! 事前に知らされていなかったメンバーと観客は爆笑の渦に包まれた。バラドル転身前に洗礼を受け、顔じゅう粉まみれとなった福本は、渡辺美優紀に今の気持ちを聞かれると「オーマイガー!」。この絶叫とともに同曲のイントロがスタートし、メンバー68人全員で披露するオチをつけた[50]。なお、NMB48において「劇場以外で行われた初の卒業セレモニー」となっている。
卒業公演後の集合写真。
  • 7月1日、NMB48劇場で卒業公演が行われ、NMB48としての活動を終了。
セットリストのユニット曲では、古賀成美門脇佳奈子上西恵中川紘美とともに『ライダー』を披露。
アンコールでは、福本のNMB48での歩みがスライドショーで上映され、上映明け後に福本のリクエストで『結晶』を、小笠原茉由・岸野里香・木下春奈・小谷里歩・山田菜々・山本彩に加え、チームMから沖田彩華村上文香・矢倉楓子・山岸奈津美谷川愛梨が駆け付けて、一緒に披露した。
続いて行われた卒業セレモニーでは、うどん屋の格好で『手打ちうどん』と書かれた大きなのぼりを手にした川上礼奈と、木下百花小柳有沙の1期生3人もステージへ登場した。渡辺美優紀からは福本への手紙が披露され、ファンからは「あいにゃんのバラエティタレントの花が咲きますようにとの願い」(白間美瑠)から「バラの苗」が、メンバーからは色紙が渡された。
また、川上からは持ってきた「手打ちうどんと書かれたのぼり(福本は邪魔と語る)」が(川上の「うどん姫」キャラが無くなってしまうので、一瞬だけ)託され、木下百花からは「メロンと(食)パン(福本の大好物のメロンパンをもじる)」が、小柳からは「メロンパン(ただし、百花が強く握って渡したため、百花の親指がパンに刺さってしまい、つぶれてしまう)」が渡された。また、山本から福本のネームプレートがおでこに貼られるなど、弄られ放題のセレモニーとなった。
以下、福本の挨拶とメンバーとのやり取りより抜粋。

「最後に聴いていただいた曲はNMB48初めてのリクエストアワーでみなさんから投票いただき第1位をいただいた「結晶」を聴いていただきました。私にとってもすごい大切な曲で、いちばん大好きな曲で、一番大好きな曲で、こうやってみなさんの前で最後の公演で歌うことができて本当に良かったと思っています」
「まずはじめに今日劇場公演に来てくださったみなさん、そしてモニター観覧をしてくださっているみなさん、DMM配信を見てくださっているみなさん、今日は本当にありがとうございます」
「約2年9ヵ月、NMB48の一員としてこうやってここまでみなさんの応援があってがんばってこれたので、すごいみなさんのことは私にとってすごい誇りですし、自慢の存在です」
「卒業発表してからほんとに今日まで時間が経つのが早くて、握手会とかですごいファンのみなさんの卒業発表を聞いてからの考えとか想いとか気持ちを直接聞いて、すごい「悔いはないの?」とか訊かれることもあるんですけど、私自身こうやって卒業発表したことにまったく悔いはないですし、自分の夢に向かって一歩進めることが今はすごい楽しみです」
「明日からは1人になっちゃって、こうやって周りで支えてくれるメンバーと、いつもはこうやって団体行動だったんですけど、ほんとに1人のタレントさんとして1人で活動していくことになっていくので、そういう面ではちょっと寂しいなと思ったり、やっぱりファンのみなさんと直接お話ができる握手会とかそういうイベントもなくなってしまうので、すごい、寂しい気持ちもあるんですけど、なるべく早く一人前のバラエティタレントさんになって、自分で企画したイベントをできたりとか、またこうやってファンのみなさんと触れ合うステージに立つことができたりとか、こうやってNMB48のメンバーみんなと共演することができたらいいなと思っているので、それに向かってまずは一歩ずつがんばって進んで行きたいなと思っています」
「誰かのためにの歌詞の中にひとりぼっちでは生きていけないっていうところがあるんですけど、ほんとに今日、今まで歌ってて、それは実感してたんですけど、今日こうやってファンのみなさんの前でその曲を披露させていただいて、改めて本当にみなさんの支えがあってここまでこうやって活動してがんばってこれたんだなというのを改めて実感して、本当にみなさんの存在の大きさに、今までずっとわかっていたんですけど、今日本当に改めて実感しました。いつもみなさんこうやって支えくださってありがとうございます。明日からはよしもとクリエイティブエージェンシーのバラエティタレントさんとして活動していくので、いろいろ・・・」
「ありがとうございます、ありがとうございます。やっぱり1人になると環境が変わって、慣れるのに時間がかかっちゃったりするかもしれないんですけど、ずっと出たかったっていう、言ってた新喜劇にもいつか出るのも夢ですし」
「あとはいろいろバラエティ番組とか、そういういつかはMCができるぐらいビッグなバラエティタレントさんになって、 ほんとにNMBとの番組を持つのが今の夢です」
「で、ずっと尊敬しているバラエティタレントさん、宇都宮まきさんのように関西の番組いっぱい出て、いつかは全国にも進出できるようにがんばっていきますので、これからもどうぞみなさん温かい目で見守っていて、そして応援のほうよろしくお願いします」[51][52]

Google+「愛菜にとって最後の劇場公演みんなが笑顔になって無事終えることができました!ほんまにここまで応援してくださった皆さんありがとうございました。明日からは1人のバラエティタレントとして自分の夢に向かって頑張っていきます!皆さんの支えがあってここまでやってこれたので本当に感謝の気持ちでいっぱいです!!!これからはバラエティタレントの福本愛菜を応援していただけたら嬉しいです。みんな大好きだぁぁあ!!!」[53]

NMB48卒業後

2013年

  • 7月2日、所属事務所をよしもとクリエイティブ・エージェンシーへ移籍。NMB48の元メンバーが、卒業後も引き続き芸能活動を行うモデルケースとなった[注釈 1]
  • 同月8日、大阪・吉本興業本社で吉本新喜劇に研究生として入団、同月16日に早々とデビューすることが発表された。この日、同席した座長の小籔千豊は、福本に「今20歳とのことなので、30歳までは恋愛禁止にしたい」と宣言。爆笑が起こる中、福本の憧れの先輩である新喜劇の宇都宮まきは小籔の意見に「恋愛も大事だと思う。お芝居に幅ができるし、30歳までダメというのは、私からすればない話」と反論。後輩たちとの合コンにハマっているともいい「あいにゃん(福本)にも、ぜひ一員として入ってもらいたい」と呼びかけていた。早くも、先輩からのイジリを受けた福本だったが、幼いころから新喜劇に憧れていたと話し「研究生としてチャンスをいただけたので、先輩方に学び、吸収して、いつかは私も(宇都宮)まきさんのように、バラエティタレントと吉本新喜劇を両立して活躍できるようになりたい」と気合十分。小籔の宣言にも「夢のためなので、恋愛禁止で頑張ります」と力強く語り、芸を磨くと誓っていた。会見にはそのほか、新喜劇の内場勝則、池乃めだかが出席した[54]

2019年

  • 1月14日、約5年半在籍した吉本新喜劇を1月13日付で退団したことがサンケイスポーツの取材で明らかとなった。今後もよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のまま、タレント業に専念する。新喜劇では主にマドンナ役を務めたが、タレントとしてテレビなどの仕事が増えるにつれて両立が困難になり、地方営業を除くと2017年5月から劇場への出演はなかった[55]

交友関係

  • 憧れているメンバーは、高橋みなみ。「すべてにおいてかっこよすぎます」[56]。新喜劇の先輩でもある、宇都宮まき
  • メンバーの中で彼女にするなら、山田菜々。理由は、顔がタイプだから。[57]
  • 山田菜々「愛にゃんとは唯一の同い年で、なにかとお話したりもするし、ホテルでも一緒のお部屋が多い気がします。いつも、マイペースな愛菜。実はかなきちよりも食いしん坊かもしれない愛菜。洋服がだいすきな愛菜。すっぴんがたまにおばちゃんの愛菜(笑)。お風呂が異常に長いときがある愛菜(笑)。いろんな愛菜を知っているような気がします。面倒みが良く、年下からもきっと話しかけやすい愛菜はいつもニコニコしてるよね。本当にいい子だなと思います。だからこそ、無駄に「愛菜~」って話しちゃうときもあります(笑)。ダンスがうまくなりたいと、だいすきなお昼ご飯を食べずに先生と練習してたこともあったね。こんな言い方したら語弊があるかもしれないけど…よく愛菜とは比べられるけど、なぜが愛菜のことが大好きです」[58]
  • 同じく奈良県出身の渡辺美優紀と「奈良ーず」というユニットを組んでいる。さらに2期生の鵜野みずき大谷莉子が加入(のちに3期生の太田夢莉、4期生の中野麗来も加入)し、福本がボスに就任した。
渡辺「奈良ーずの中では『先輩の言うことは絶対&年功序列』っていうのがあって(笑)、最年長のあいにゃんが“ボス”なんです。とかなんとか言いながら、ホンマにみんな仲がいいんですよ」[4]
なお、メロンパン同盟は福本の卒業とともに、解散している。
  • NMB48劇場支配人の金子剛のニックネームである「キャメロン」の名付け親である[52]
  • メンバーは友達じゃない派。
「友達って感覚はない。友達は地元とか、そういう系しか友達と思ってない」[60]
  • 吉本新喜劇入団後は、同じ新喜劇の先輩・山本奈臣実とも仲が良く、たびたびブログに登場する[61]

性格・趣味

  • 性格は、目立ちたがり屋。[62]
  • 一見強そうに見えるが、メンタル面は弱い。
渡辺「基本弱いよな。なんかすぐに傷ついちゃうよな」
福本「そう。たぶん一番ガラスのハートの持ち主」
渡辺「なんかダンスしてる時とか、たまに感じる。『あぁ愛菜、今自信ないんやろな』って。すぐ泣くしな。恐がりやし」
福本「どしたらええねやろな。このヘタレな感じ」
渡辺「一番ヘタレやな」[63]
  • 実は超ビビリ。怖いものは全般的に苦手で、すぐ泣いてしまう。バンジージャンプを跳んだ際には、6人で48分以内に飛ばなければならないというルールだったが、一人目で大変だったとは言え、福本だけで21分も使ってしまった[64]
同じくお化け屋敷に挑戦した時は、3人で悲鳴を48回以内に抑えなければならなかったが、1人目の福本が65回も悲鳴を上げてしまった。ケンドーコバヤシには「あかんな。スポーツしかアカンねん、あいにゃんは」と言われてしまった[65]
  • 高価な人形を壊してしまうというドッキリにかけられた時も涙を見せる[66]など、基本的に涙もろく、本人も「泣き虫」だと言っている[67]
  • 罰ゲームを受けた経験も豊富で、一通りのゲテモノ料理は食べている。本人によると一番キツかったのはサソリで、理由は「ミディアムレアだったから」とのこと[68]
  • 渡辺美優紀曰く、福本の性格は「M」とのこと。渡辺からは「Mにゃん」と呼ばれている[69]
渡辺「だって、これ覚えてる? あいにゃんが昔さ、『好きな人のタイプは、ドSな人です』って言ってたの。覚えてるかな? 恥ずかしいかな?」[70]
  • 病院は嫌い。注射も苦手[63]
  • 長所は、人見知りしない[16]
  • 短所は、ネガティブ[16]
  • 優柔不断。「買い物は、たっぷり時間が必要かもしれません(汗)」[12]
  • 一人称は「愛菜」。
  • 趣味は、買い物。カラオケ。
  • 特技は、ソフトテニス。トーク(ツッコミ)。[62]
  • 好きな食べ物は、肉。アイス。[71]メロン。メロンパン[13]。「アイスが大好きなんですけど、50個ぐらいは食べられますよ」[27]
  • 2011年秋の目標。「今までスポーツに生きてきましたけど、NMB48でも最年長だし、料理もできるようになって女らしさを磨きたい。定番の肉じゃがから、うまく味付けができるようになりたいですね。でも、やっぱりジムにも通いたくて(笑)」[21]
  • 「実は私、車の運転には興味があったんですよね。もう18歳なんで、車の免許が取れる年齢。ぜひ早く取りたいんですけど、今はお仕事が忙しいから時間がないかな…。とりあえず今は、この“エア運転”で我慢します」[72]
  • 好きな色は、ピンク。[73]
  • 好きなアーティストは、キマグレン。「ほんまに率直な歌詞が多くて共感できるものばかりで.....。なにかとキマグレンさんの曲には助けられてます」[74]
  • 好きな曲は、『バケット・リスト』。[74]
  • ホラー映画が好き。[75]
  • 好きなキャラクターは、キティちゃん。[15]
  • 好きな男性のタイプは、ギャップがあって引っ張ってくれる人[16]。優しい人。優柔不断じゃない人。「オレについてこい!」的な人が好き。[76]
  • 草食系よりは肉食系男子の方が好き。渡辺「やろうな。Mにゃんやから」。「草食系の人って、ガツガツこーへんのやろ? 女の子からしたら来て欲しいよな」[77]
  • 浮気は絶対許せないタイプ。
福本「浮気はホンマに無理。なんで浮気するか分からんくない? 『男の人は絶対に浮気している』みたいな感じありますけど、浮気すんのやったら、付き合ってるこっちはなんなん?っていう。なんで浮気するん? 浮気するんやったらこっち付き合ってる意味なくないって思わへん?」
渡辺「そんなん、どうでもいいやん浮気されても別にいいよ」
福本「えーー!? イヤや」
渡辺「別にさ、浮気してもさ、それは男の人の遊びやろ」
福本「イヤや。なんで遊ぶん?」
渡辺「そういう遊び感覚やったらいい。本気でされたら終わり」
福本「遊び感覚でもイヤや」
渡辺「自分が本命やったらよくない?」
福本「嫌!無理!」
渡辺「浮気相手やったらイヤ」
福本「じゃあどっからが浮気?」
渡辺「それは気持ちの問題。別に行為とかじゃない。気持ちが相手のこと好きやったら浮気やけど、好きじゃないなら、別に…何してもいい」
福本「ぇー」[78]
  • 理想のデートは、知らない場所をドライブ→食事→夜景を見る[16]。「初めて行く道をドライブして、食事は彼のオススメのお店に連れてってもらって、二人っきりでいつまでも夜景を見ていたい」[12]
  • 男性を見るポイントは、「笑ったときの顔。目が細くなるぐらい、ぎゅって笑う人。素敵です。やっぱり常に笑顔でおる人を見てると、こっちまで笑顔になるので」[9]
  • 好きな男性の体は、「腕の筋肉ある人がいい。腕まくった時に、なんか筋みたいなの」。「背中の真ん中に、くぼみみたいな筋がある人、めっちゃキレイくないめっちゃ」[79]
  • 好きな人の前だとどうなるか。「めっちゃ口数が減って、ソワソワしちゃいます(笑)。ほんまは喋りたいのに、緊張しちゃって。ずっと笑ってるだけになっちゃいます」[9]
  • 鎖骨を触られるのが嫌い。[80]
  • 山本彩「愛菜の膝そ~っと触ったら、「そこ感じるからアカンて!」だって。どういう意味…」[81]
  • 目。コンタクトをしないとまったく見えないほど悪い[9]
  • 鼻。コンプレックス。「結構だんごっ鼻なんで」[9]
  • 肩。「水泳やってたので、ごついほうやと思います」[9]
  • 足。「足首はめっちゃ細いのに、膝から上が太くなって、バランスおかしいやろって」[9]
  • 胸。「代々伝わる遺伝で、無いと思います(笑)」。太ってた時から痩せたら、胸も減った[9]
  • お腹。「腹筋が若干割れてます」[9]
  • お尻。「めっちゃでかいです。ぷりっとしてるのは、女の子としては良いんじゃないかなと思うので、あとはもう少し引き締めたいな」[9]
  • 寝起きが悪い。福本「劇場でもよく寝てるんですけど、起こされて『メイク行きや』って言われた時の自分の態度の悪さ(笑)。寝言もめっちゃ言うし」。渡辺「なんか前言ってたで。『私はな、ホンマはMにゃんやねん』」。福本「絶対それはウソやろ」。渡辺「しかも『紙おむつも履いてんねん。もうアカンわ。みるきーそんないっぱい私のこと喋らんといて』って、寝ながら喋ってた」。福本「みるきー…言うてへんがな」。渡辺「そんなん寝ぼけてんねんから分からんやろ、愛菜には?」。福本「…」。[82]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

NMB48

  • 絶滅黒髪少女
    • 青春のラップタイム
    • 僕が負けた夏 – 白組名義
    • 三日月の背中
  • オーマイガー!
    • 僕は待ってる
    • 結晶 - 白組名義
    • 嘘の天秤 - NMBセブン名義
  • 純情U-19
    • 右へ曲がれ - 紅組名義
    • 恋愛のスピード - NMBセブン名義
  • ナギイチ
    • 最後のカタルシス - 白組名義
    • 初恋の行方とプレイボール - NMBセブン名義
  • ヴァージニティー
    • 妄想ガールフレンド
    • 存在してないもの - 紅組名義
  • 北川謙二
    • 恋愛被害届け - 紅組名義

AKB48

アルバムCD選抜曲

NMB48

AKB48

  • ここにいたこと」に収録
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

出演番組

Wikipediaを参照。

注釈

  1. ^ 2015年4月にNMB48を卒業した山田菜々も、福本と同様によしもとクリエイティブ・エージェンシーへ移籍している(その後山田はNMB48メンバーが所属しているShowtitleへ移籍)。

出典

  1. ^ 関西テレビ「さんまのまんま」2012年4月28日の放送より
  2. ^ 奈良)福本愛菜さんが1日署長 交通安全など呼びかける - 朝日新聞 2017年10月21日
  3. ^ a b c 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック」P148より
  4. ^ a b http://www.www9.daily.co.jp/gossip/nmb48/column/2011/12/15/0004685147.shtml
  5. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-10822541859.html
  6. ^ MBSラジオ「マジカルミュージック」2011年8月17日放送より。
  7. ^ a b c 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」P136より。
  8. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2012年3月27日放送より。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 学研パブリッシング「BOMB」 2011年8月号より[要ページ範囲]
  10. ^ FM OSAKA「NMB48のりっすんぷりーず!」2011年7月27日放送より。
  11. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2011年11月7日放送より。
  12. ^ a b c 学研パブリッシング「BOMB」 2011年1月号より[要ページ範囲]
  13. ^ a b ニッポン放送「NMB48のオールナイトニッポンR」 2011年7月22日放送より。
  14. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2012年4月10日放送より。
  15. ^ a b c d http://ameblo.jp/nmb48/entry-10773131112.html
  16. ^ a b c d e f 光文社「FLASH SPECIAL」2011年5月1日増刊号「まるっとAKB48スペシャル」より。[要ページ範囲]
  17. ^ 日刊スポーツ 2012年5月15日より。
  18. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11001046681.html
  19. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2012年3月27日放送より。
  20. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2012年4月3日放送より。
  21. ^ a b http://www.oricon.co.jp/music/interview/2011/nmb1028/index.html
  22. ^ http://www.deview.co.jp/interview/101224_nmb48_interview.html
  23. ^ MBSラジオ「マジカルミュージック」2011年7月6日放送より。
  24. ^ a b c d e f g h http://ameblo.jp/nmb48/entry-11044232305.html
  25. ^ テレビ東京「スター姫さがし太郎」2011年1月8日放送より。
  26. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2012年1月4日放送より。
  27. ^ a b http://www.daily.co.jp/gossip/nmb48/column/2011/11/10/0004609530.shtml
  28. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11054644251.html
  29. ^ http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=56557&type=5
  30. ^ http://www.gamer.ne.jp/news/201111140008/
  31. ^ http://www.www9.daily.co.jp/gossip/nmb48/column/2012/01/12/0004737671.shtml
  32. ^ http://www.sanspo.com/akb48/news/120122/aka1201221947017-n1.htm
  33. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11143558405.html
  34. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11208904428.html
  35. ^ 福本愛菜 投稿 - Google+ 2012年5月19日 ArKaiBu Gugutas
  36. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11258918992.html
  37. ^ http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11268038228.html
  38. ^ 斉藤真木子 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  39. ^ 福本愛菜 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ 福本愛菜 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  41. ^ 小谷里歩 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  42. ^ 山田菜々 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  43. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  44. ^ 山本彩 投稿 - Google+ 2012年6月3日 ArKaiBu Gugutas
  45. ^ 福本愛菜 投稿 - Google+ 2012年6月4日 ArKaiBu Gugutas
  46. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11270970399.html
  47. ^ http://hochi.yomiuri.co.jp/osaka/info/event/news/20120706-OHO1T00127.htm
  48. ^ http://daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/11/25/0005553724.shtml
  49. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11476933423.html
  50. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2024069/full/
  51. ^ 福本愛菜 卒業公演 (2013/07/01、チームN) - AKB48@メモリスト 2013年7月8日
  52. ^ a b 金子剛 投稿 - Google+ 2013年7月1日 ArKaiBu Gugutas
  53. ^ 福本愛菜 投稿 - Google+ 2013年7月1日 ArKaiBu Gugutas
  54. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2026410/full/
  55. ^ 福本愛菜が吉本新喜劇卒業、両立困難…タレント業に専念 - サンスポ 2019年1月14日
  56. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-10770251421.html
  57. ^ 『NMB48のオールナイトニッポンR』 2011/07/21
  58. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11211537110.html
  59. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11014542569.html
  60. ^ 『NMB48のTEPPENラジオ』 2012/02/27
  61. ^ http://fukumotoaina.laff.jp/blog/2013/12/post-b4a9.html
  62. ^ a b 『日刊スポーツ』 第3回総選挙 全152人紹介
  63. ^ a b MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」 2012年4月17日放送より。
  64. ^ 関西テレビ「どっキング48」2011年9月14日放送より。
  65. ^ 関西テレビ「どっキング48」2011年10月11日放送より。
  66. ^ 日本テレビ「なにわなでしこ」 2011年8月22日放送より。
  67. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11046226160.html
  68. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2011年11月1日放送より。
  69. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2011年11月16日放送より。
  70. ^ MBSラジオ「NMB48のTEPPENラジオ」2012年4月11日放送より。
  71. ^ NMB48公式サイトプロフィール
  72. ^ http://www.daily.co.jp/gossip/nmb48/column/2011/06/16/0004178100.shtml
  73. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-10763578042.html
  74. ^ a b http://ameblo.jp/nmb48/entry-11042074912.html
  75. ^ 『NMB48のTEPPENラジオ』 2012/03/27
  76. ^ 『NMB48のりっすんぷりーず!』 2011/8/22
  77. ^ 『NMB48のTEPPENラジオ』2012年7月17日
  78. ^ 『NMB48のTEPPENラジオ』 2012/03/06
  79. ^ 「NMB48のTEPPENラジオ」 2012/04/25
  80. ^ 『どっキング48』第3回放送
  81. ^ 山本彩 投稿 - Google+ 2012年5月5日 ArKaiBu Gugutas
  82. ^ 『NMB48のTEPPENラジオ』 2012/01/25

外部リンク