エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

小柳有沙

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
NMB48
小柳 有沙 こやなぎ ありさ
2013年NMB48プロフィール 小柳有沙.jpg
公式ニックネーム

ありぃ

生年月日

1995年4月28日 (23歳)

出身地

兵庫県

血液型

O型[1]

身長

156cm

合格期

1期生

選抜回数

0回

小柳 有沙(こやなぎ ありさ、1995年4月28日 - )は、NMB48の元メンバー。兵庫県出身。

略歴

2010年
2011年
  • 1月28日、NMB48劇場の公演にデビュー。
2012年
  • 10月9日、正規メンバーへの昇格とチームMへの配属が発表される。
2014年
  • 1月11日、卒業を発表。
  • 2月7日、卒業公演。
  • 3月2日、パシフィコ横浜でのサイン会をもって、NMB48としての活動を終了。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「それってあり? なし? あり? ありぃ? どっち? (ありぃー!) 兵庫県出身ありぃこと小柳有沙です」
  • 公式ニックネームは、「ありぃ」。
「オーディションの時にニックネームを考えなくちゃいけないけど、思いつかなくてその時お話してた子が学校にありぃって子がおるということで、そこからいただきました」[1]
  • 「有沙」という名の由来は、「観月ありささんみたいに、明るくて可愛い女性ななるように願ってつけました。だそうです」[2]
  • SKE48松井玲奈が「NMBではこのコ!目力がステキ!」と激推しのイケメンキャラ[3]
「1歳~保育所入るまで、男の子とよく間違えられたそうです!! 小学生の時はオシャレにも全く興味がなく、特別女の子らしくもなかった。小学3年生まで自分のことを『僕』って呼んでいました」[4]
  • 小5(2011年現在)の弟がいる[5]
  • 劇場支配人評。
「ボーイッシュな格好が似合う、いつもニコニコしているコ。協調性はあるが、意外に気は強いですね」(2011年・金子剛[3]
「顔立ちが美形だし、ショートカットも似合っていて人気も高い。アピールする力を鍛えればもっと伸びるはず!」(2012年・金子)[6]
  • 将来の夢は、アクションができるハリウッド女優[3]

NMB48加入前

  • 中学3年生の時にカナダへ語学研修へ。カナダから帰ってきてしばらく経ってNMB48の結成を知る[4]

NMB48として

2010年

  • 9月、NMB48の1期生オーディションが行われる。受験の動機は「歌って踊っている姿に憧れたからです」とのこと。歌唱審査で歌った曲は、『ポニーテールとシュシュ[7]
  • 10月9日、10月9日、東京・葛西臨海公園で行われたAKB48の「東京秋祭り」(コンサート)において、NMB48のメンバーとしてお披露目される。
  • 12月、1st Stage「誰かのために」初日公演に出演できるメンバーが発表されたが、その16名に選ばれることが出来ず。

2011年

  • 1月1日、1期生から選抜された16名で劇場公演を初日を迎えるが、そのメンバーに選ばれる事はなかった。
  • 1月28日、NMB48劇場の公演にデビュー[8]
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成することとなったが、小柳はそのメンバーには選ばれなかった。
  • 9月6日、10月19日に発売される2ndシングル『オーマイガー!』の選抜メンバーが改めて発表(経緯は当該記事を参照)され、1期研究生からは山岸奈津美が追加として選抜されたが、小柳は選ばれなかった。
ブログ「私はブログを更新しない間考えていました。私がNMB48にいる理由をずっとずっと考えていました。昨日お母さんにその事について『あなたが迷っているなら辞めなさい』と凄く怒られました。そして、考えていくごとに皆様の顔が浮かんで離れたくないと思っていました。自分が選んだ道なので、自分が納得がいくまでやり続けていこうと思っています」[9]
  • 11月10日、デイリースポーツの連載記事より。
「しばらく前に2期生の谷川愛梨ちゃんと、イケメンキャラがかぶっている話をしたんですが、その時に『髪が伸びてかわいい系になってきたって言われるから、切ろうかな』って言ってたんですが、ついに先月切ってきたんです。ファンの皆さんも『切った方がいいね』って言って下さったんで、良かったです。これでますますイケメンの道を突っ走れる、かな?(笑)。次のシングルでは私も選抜に入って、アピールできたらいいなと思います」[10]

2012年

  • 1月26日、1期・2期研究生の中から16名を選抜し、NMB48の2つ目のチームとなる「チームM」が結成されたが、小柳はメンバーに選ばれることができなかった。
小柳は同月29日のブログ投稿で報告。
「ご報告が遅くなってごめんなさい。またまた皆さんに嬉しいご報告が出来ません。チームMメンバーの発表がありました。そこに私が入ることは出来ませんでした。チームに入れなくて個人としてはすごく悔しいんですが、WINGとしては8人中5人が入ってくれて嬉しいです。チームMにはいれなかったとはいえ、私は腐ってなんかいません。これからも前に進んでいきたいと思っています。心配やあたたかいコメント、本当にありがとうございます」[11]
  • 4月9日、小柳と同じくチームNにもMにも入ることが出来なかった1期研究生の原みづきが、グループからの卒業を発表した。これで1期研究生で残っているのは、沖田と小柳の2人だけとなった。原はGoogle+で「努力しても報われなかった」と、本音とも言える投稿を行っている(詳細は当該記事を参照)。その際の小柳はGoogle+のコメントなどで次のように反応している。
小柳「努力は報われる。確かに全員が全員報われるわけじゃないけど、絶対に認められる時がくる。目にとまるくらい努力しやんといけない。この世界そりゃ運もあります。でも運だけじゃない。その人にはなにかしら良いものがある。みづきにはみづきの良いところがある。受験は本当に頑張った人は合格出来るから。ファイティン」
山本彩「みづきの気持ちが聞けて良かったよ。でも、報われるのは、今やってる努力だけじゃない。スポットライトは常に平等には当たらない。誰しも光の時があれば、影の時があって、自分以外の誰かを羨ましく思ったりしながらチャンスの順番を待ってる。でも、報われるのは決して今やってる努力だけじゃない。努力が報われるの報われるとは、人生という長い目で見ての言葉で結果がすぐに付いてくる努力なんてほとんどない。歌いたい、音楽がしたいという私の意志が、今、私がここにいる理由です。そして、何年も前の積み重ねが今少しずつ実っていると私は思っています。みづきと同じ立場のあーぽんやありぃも、同じ意見を持っていると思います。でも、皆居なきゃ困るんです。アンダーをつとめるというのは、1つの役割やし、後輩達の面倒も凄くよく見てくれてる。だから、みづきやあーぽんやありぃには感謝せずにはいられない。厳しい事も言うけど、研究生が思っているよりもチームの子達はありがたさを実感してるんです」
小柳「さや姉の記事。遅くなりましたが読みました。有沙も一時期、「最初から光があったってるこになにがわかる」と思ってた時がありました。でもメンバーといるうちに、過去がわかってきて、皆、過去に努力していることがわかり、自分は本間に最低なやつや、ひがみしかでてこないやつや、と思いました。チームNは、有沙ら研究生を大事にしてくれているのは、本当にわかります。さや姉はよく研究生の相談にのってくれます。さや姉よく有沙らのことを考えてくれてありがとう」[12]
  • 5月29日、オフィシャルブログの投稿より。
「リスペクトしている方を紹介します! AKB48さんでは、柏木さんと指原さんです!! 柏木さんは歌い方を曲によって変えているのが凄くてリスペクトしてます。有沙は自分では変えてるつもりでも変わってない時が多いから…。指原さんは総選挙の時に、着実に上に上がってきていることを知って、有沙も指原さんみたいに上に上がっていきたいと思ってます。
SKE48さんでは松井玲奈さんです!! 玲奈さんは最初後ろで踊っていたけど、今ではSKE48さんといえば松井玲奈さん! 有沙が落ち込んだ時もよくメールを下さいます。
NMB48では沖田彩華ちゃんです。同じ研究生というのがもったいないくらい凄いと思ってます。NMB48の救世主!!と言われているように、前日に言われたポジションでも当日は完璧なパフォーマンスで挑む。最初は嫉妬したりしたけど、そりゃ必要とされて当然だと思うくらい、毎日毎日ずっと練習しています。有沙もあーぽんのようにNMB48に必要な存在になるように頑張ります[13]
  • 5月31日、沖田彩華の正規メンバーへの昇格とチームM所属が発表された。これで小柳が1期研究生、最後の一人となった。
Google+「いっぱい感情があってまとめれない。あーぽんおめでとう」[14]
その後、6月2日のGoogle+投稿より。
「心配おかけしてゴメンナサイ。昨日スタッフさんとお話して、心の整理が出来ました!! これからは前につき進んで行きます! 今日からぐぐたすもブログバンバン更新していきます!! これからも小柳有沙を宜しくお願いします」[15]

ボーイッシュな雰囲気が特徴だ。硬派でもないが、「トークが苦手」。押しの強い関西人が多いメンバーの中では、必然的に目立ちにくい。「気付けばもう高校2年生になっていて…」。1期生として加入し、既に2年半。今年、AKB48チームBとの兼任になった渡辺美優紀のことを…「すごいなぁと思います」と感心する。それでもマイペースは崩さない。初心者だったというダンスレッスンにも地道に取り組み、1期生16人によるチームN公演への出番も増えてきた。「アンダーガールズには入れるようになりたいです」

  • 10月9日、NMB48の結成2周年スペシャルライブ2日目、離脱者が相次いだチームMの新体制お披露目公演が、NMB48劇場で行われた。新体制では卒業した城恵理子太田里織菜および活動を辞退した藤田留奈の3名に代わり、研究生より小柳、東由樹山本ひとみの3名が正規メンバーへ昇格し、チームMの新ンバーとなったことが発表された。1期生で最後の昇格となった小柳は「やっとチームとして所属することができました。ホントにありがとうございます」と涙した[16]
ブログ「嬉しい報告があります!! 私、小柳有沙はチームMに昇格しましたぁ。これも皆さんのおかげです!!ありがとうございます! 今日からチームMとしての小柳有沙を宜しくお願いします」[17]

2015年

  • 4月7日、今回より立候補制が採られた第5回総選挙の立候補届け出締め切り日を迎えたが、小柳は立候補届け出を行わなかった。
Google+「総選挙でないの?とのコメントが多かったので書きます。小柳有沙は総選挙に立候補しません。今の自分に満足していないからです。納得出来てない自分で立候補したくないので、立候補しませんでした。でもNMBから去年より沢山ランクイン出来るように、NMBの応援宜しくお願いします」[18]「満足しない理由は、今、チームMは15人なんですが、有沙の順位は14番目、シングルの紅白にも入ったことがありません。しまいにはチームMに入ったことすら、知らない方もいます。そんな自分では納得出来ないです。あと、沢山の方が心配してくださってるんですが卒業はありません」[19]

2014年

  • 1月11日、チームM公演において、NMB48を卒業することを発表。
「私、小柳有沙はNMB48を卒業します。高校1年生の頃から服飾関係の仕事に憧れを持つようになり、高3になっていよいよ進路を決めなければいけなくなり、どうしようか?と考えるようになって、すごくすごく悩みましたが、やっぱり私は服飾関係の仕事がしたい!という思いが一番でした。NMB48が大好きで、メンバーの皆が大好きなので専門学校との両立をするということも考えてみましたが、高校との両立よりも厳しくなるだろうと思い、どちらも中途半端なままになってしまうんじゃないかと悩みました。中途半端なままでNMB48をこのまま続けても自分も前に進めないし、NMB48にもteamMの皆にも迷惑をかけると思い、私は高校卒業とともにNMB48も卒業しようと決めました。NMB48としての活動はあと少しとなりますが、最後まで応援していただけたら嬉しいです」[20]
卒業公演後の集合写真。
  • 2月7日、NMB48劇場で、卒業公演が行われる。
アンコールでは、小柳のNMB48での歩みがスライドショーで上映され、上映明け後に小柳のリクエストで『なんでやねんアイドル』を、木下百花とのWセンターで披露した。卒業セレモニーでは、百花により小柳への手紙が披露され、ファンから卒業証書と花束が、メンバーから写真集が贈られた。
以下、小柳の挨拶。

「3年ちょっとですね・・・(涙)」
「楽なことばかりじゃなかったですし、どちらかといえば辛いことの方が多かったですけど、こんなにファンの人が応援してくれたおかげで3年ちょっと続けれたと思ってます。
皆さんにたくさんの恩返しはできなかったですけど、ちょっとでも恩返しできてたらいいなと思います。
本当にこんな、なんでしょう、脱力して、アイドルらしくない私を3年ちょっと応援してくださり、本当にありがとうございました。これからは違う道ですけども、そちらでもここで培った経験を活かしていけたらいいなと思うので応援よろしくお願いします。ありがとうございました」[21]

Google+「卒業公演、ありがとうございました!ムカTKで残念少女、百花とWセンターでなんでやねん、アイドルを披露しましたぁ!!!チームMでほんまによかった♪チームMのみんな、ファンの皆様、スタッフさん、3年ちょっとありがとうございました![22]
  • 3月2日、パシフィコ横浜での『カモネギックス』劇場盤 なんば式サイン会をもって、NMB48としての活動を終了。

交友関係

「キモヲタレンジャー」。ブルーのパーカーを着用しているのが小柳(右から2番目)。
「オーディションの時は百花のことは知っていたけど、全く話すことがありませんでした。でも初めての撮影の時に、VOCALOIDを知っていると言うことから話すようになりました。NMB初お披露目時に、舞台裏で自己紹介を考えているときです。今では、メンバーの中で一番仲良くさしてもらっています!!」[23]

性格・趣味

  • 性格は、ほんわか系[3]。高校生になってから、人見知りをしだした[4]
  • 長所は、あんまり怒りっぽくないところ[30]
  • 短所は、すぐ泣くところ[30]
  • 自分の好きなところは、「小さな事で、怒らないとこ?」[31]
  • 自分の嫌いなところは、「何でも言い訳ん探すところ」[31]
  • 苦手なことは、友達100人つくること[1]
  • 趣味は、マンガを読むこと。作詞すること[32]
  • 特技は、難しい内容の本を一発で理解できる(マンガと小説に限り)[32]。すっごい涙もろい[1]
  • 手先が器用で、折り紙で爪の先ほどの鶴を折ることができる[3]
  • 字を書くときは左手で、ご飯を食べる時は右手を使う[33]
  • オススメのアニメは、『黒執事』、『ローゼンメイデン』[34]
  • 好きな漫画は、『紅王子』、『Another』[34]
  • 好きなキャラクターは、ダッフィー、スティッチ[26]
  • 好きなお笑い芸人は、ピース、平成ノブシコブシ[35]
  • 好きなAcid Black Cherryの曲は、『冬の幻』[34]
  • 好きな歌手は、ALI PROJECT。「カラオケではV系の曲またはアイドルです」[36]
  • 好きなK-POPアーティストは、KARA、SHINee、少女時代。「皆さんダンスがかっこいい」[34]
  • 好きなハリウッド女優は、キャメロン・ディアス、ダコタ・ファニング[34]
  • 好きな映画のジャンルは、ホラーもしくはSF[1]
  • 好きな映画は、『宇宙戦争』、『チャールズエンジェル』、『バイオハザード』[34]
  • 好きなホラー映画BEST3は、第3位『チャイルド・プレイ』、第2位『スクリーム』、第1位『パラノーマル・アクティビィティ』[1]
  • 好きな色は、水色[34]
  • 好きな食べ物は、リンゴ。薄く切って食べるのが好き[35]。たこ焼き[1]
  • 得意科目は、なし[33]
  • 苦手科目は、数学[33]
  • 好きな科目は、英語[34]
  • 苦手なスポーツは、水泳[37]
  • 中学の時は帰宅部だった[38]
  • 好きな男性のタイプは、「一緒にいて笑いがつきない人や、自分のやりたいことをやっていて優しい人」[34]
  • 好きな男性の服装は、「高校生ぐらいならSuGさんが着ているようなガチャガチャしたやつで、20代ならmen's eggに乗ってるようなやつか普通にラフな格好で、30代以降ならスーツ」[26]
  • 握手会で何を話したらいいか。「うーん…もし好きな物があるなら、それについてどう思うかでもいいですし、ネタがつきたりしたら、言ってくれれば有沙についてのクイズをだしたりしますよ」[39]
  • 好きな名言は、好きなアーティストの歌詞で「自分らしく自分裏切れ」[32]
  • 漢検3級、数検3級、英検3級を取得している。[要出典]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

NMB48

AKB48

アルバムCD選抜曲

NMB48

AKB48

  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

出演

バラエティ

  • NMB48 げいにん! (2012年8月7日、日本テレビ)

YNN NMB48 CHANNEL

注釈

  1. ^ チームNへ入れなかったのは9名だが、森彩華の卒業により、山口夕輝がチームNに昇格している。

出典

  1. ^ a b c d e f g http://ameblo.jp/nmb48/entry-11225216143.html
  2. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年3月20日 ArKaiBu Gugutas
  3. ^ a b c d e 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」P138より。
  4. ^ a b c http://ameblo.jp/nmb48/entry-11065639337.html
  5. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-10982722771.html
  6. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P183より。
  7. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11069628973.html
  8. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11149855899.html
  9. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11012946915.html
  10. ^ りぽぽの反応、面白くて笑っちゃった 小谷里歩、山本彩、小笠原茉由、福本愛菜、小柳有沙 NMB48事件簿【紙面連動コラム】 - デイリースポーツ 2011年11月10日(アーカイブ)
  11. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11149272872.html
  12. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年4月12日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11264100550.html
  14. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年6月1日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年6月2日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ http://www.sanspo.com/geino/news/20121010/akb12101005040000-n1.html
  17. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11375694685.html
  18. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2013年4月7日 ArKaiBu Gugutas
  19. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2013年4月7日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2014年1月11日 ArKaiBu Gugutas
  21. ^ 小柳有沙 卒業公演 (2014/02/07、チームM) - AKB48@メモリスト 2014年2月15日
  22. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2014年2月7日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11051944673.html
  24. ^ a b 「NMB48 COMPLETE BOOK 2012」 P82より
  25. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年2月25日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ a b c http://ameblo.jp/nmb48/entry-11074692752.html
  27. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11021456571.html
  28. ^ a b http://ameblo.jp/nmb48/entry-11025468365.html
  29. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年3月6日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ a b 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年3月3日 ArKaiBu Gugutas
  31. ^ a b 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年2月26日 ArKaiBu Gugutas
  32. ^ a b c http://ameblo.jp/nmb48/entry-11071807709.html
  33. ^ a b c 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年2月27日 ArKaiBu Gugutas
  34. ^ a b c d e f g h i http://ameblo.jp/nmb48/entry-11070696160.html
  35. ^ a b http://ameblo.jp/nmb48/entry-11073269106.html
  36. ^ 小柳有沙 投稿 - Google+ 2012年2月26日 ArKaiBu Gugutas
  37. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11018990106.html
  38. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11072573830.html
  39. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11153504301.html

外部リンク