エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

中西智代梨

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チームA
中西 智代梨 なかにし ちより
2017年AKB48プロフィール 中西智代梨.jpg
公式ニックネーム

ちょり

所属事務所

AKS

生年月日

1995年5月12日 (22歳)

出身地

福岡県

血液型

O型

身長

160cm[1]

合格期

HKT48 1期生

選抜回数

AKB48 0回
HKT48 2回

中西 智代梨(なかにし ちより、1995年5月12日 - )は、AKB48チームAのメンバー。福岡県出身。AKS所属。

略歴

2011年
2012年
  • 3月4日、正規メンバーに昇格。他の15人と共にチームHを結成。
2013年
2014年
2015年
2016年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「朝からすき焼き(大丈夫!)スタミナ満点!」[3]
( )内は掛け合い部分。
  • 公式ニックネームは、「ちょり」[4]。他にメンバーからは名前通り「ちより」、また谷真理佳坂口理子からは「ちょっさん」[5][6]朝長美桜からは「ちよちゃん」[7]とも呼ばれる。
  • 一人称は「ちより」。
  • チャームポイントは、「誰よりも輝ける笑顔と、みんなに可愛いと言われる目」[8]
  • キャラクターは、ずっとテンションが高い人[9]。根っからのお笑い体質。「ツッコまれたときに、一番幸せを感じる」[10]「笑わせることが好きで、変な顔やものまねをよくします。メンバーもみんな笑ってくれますよ」。ものまねのレパートリーは、井上陽水、アントニオ猪木、珍獣ハンター・イモト、スティッチ、鳥の鳴き声、甲子園球場のサイレンなど[11]
  • 誰にも負けないというポイントは、「カッコイイ系のダンスの好き度です。ダンスを習ったことは無いですが、気持ちだけは負けません」[8]
  • 佐藤和也「彼女は、よく言えば、ムードメーカー。悪く言えば、うるさい。年齢は菅本に次いで2番目の年長者。でも、いつも村重らとじゃれ合っています…。智代梨はよく喋り、よく笑います。いつでも喋っていますし、どんな些細なことでも大声で笑っています。ですので、智代梨がどこにいるか、すぐわかります。決して僕の視界に入っていなくても、笑い声でどこにいるかわかります。ほんと嫌でもわかってしまうのです…。まあ、それだけ彼女は明るい性格の持ち主で、周りも明るくさせる力があります。と、少々褒めすぎました。この子はあまり褒めると調子に乗るので、この辺でやめておきます」[12]「HKTのお笑い担当であり、ムードメーカー。朝からすき焼きを食べられるというくらい元気いっぱいな子(笑)。おバカキャラですけど、けっしてやりすぎないところがいい。歌はうまいし、ダンススキルも高いですよ」[10]
  • 劇場支配人評。

「バラエティに取り組む姿勢は人一倍まじめ。台本チェックも熱心ですし、反省も必ず行っています」(2013年:尾崎充[3]
「バラエティ班の特攻隊長。AKB48に来て丸3年。今年の中西はひと味違う。去年91位だったので初ランクインに期待」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[1]

  • 妹が1人いる[13]
  • 将来の夢は、女優、タレント[14]

HKT48加入前

  • 2歳の頃、大病を患い食事を口で摂ることができず、9か月ほど入院したことがある。755の投稿で、ファンからの質問の中で明らかにしている。
「昔だからあまり覚えてなくて、お母さんとかに聞いたら、いつも笑顔で笑ってたらしい!その時から、人を笑顔にするのが好きでいつか、笑顔を与えられる人になれたらいーなって思ってたんだ。だから、その全ては今のためにあったんじゃないかってくらい今が幸せ」[15]

HKT48として

2011年

  • 7月10日、HKT48第1期生オーディションに合格。
  • 10月23日、西武ドームで行われたAKB48の『フライングゲット』全国握手会でお披露目。
  • 11月26日、1期生21名の中から選抜された16名の内の一人として劇場公演デビュー。

2012年

  • 3月4日、1期生21人の中から選抜された16人の内の1人として、「チームH」を結成。
  • 6月15日、「週刊文春」の記事を巡り、指原莉乃がニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」に出演し、記事について涙ながらに謝罪。そのうえで出演していた秋元康より、AKB48からHKT48へ移籍することを発表。
これを受けて、翌日のGoogle+での投稿。
「みんな、混乱してる。でもHKTはHKT。今私達はがんばるしかない。どんなことがあってもHKT48は精一杯頑張ります。皆さん、これからも宜しくお願いします!」[16]
  • 7月4日、移籍した指原のHKT48初出演を控えて。
Google+「明日から新しいHKT48になります。指原さんがやってきます。でも、HKTはこれからプラスの方向で変わっていくとおもいます。良くなる。私はそう信じてます。みんなも同じことを思って明日を迎えると思います。緊張してるようで、実は楽しみでしかたがないんです!何を話そうか、何を聞こうか、凄くワクワクしてるんです! それに、色々学ぶことがあると思うの。だから、明日は自分にとって大切な日になると思います。そして、できたら"さっしーさん"の"さん"を抜いて呼べたらいいなと思ってます」[17]その通り、指原の移籍当時は「さっしーさん」と呼んでいたが、移籍から1か月もたたずに「さっしー」と呼んでいる[18]
「今日はじゃんけん大会でした。凄くテンション上がって凄く楽しみました☆ 最初はじゃんけんのトーナメント決めだったんですけど、私は3回やらないといけないところを2回でいいポジションにあたり、いいスタートがきれました。最初は緊張してたんですけど、だんだん楽しくなって、お祭り気分でした。最初はりーぬとじゃんけんしました。勝ちました。次、ちひろんとやりました。勝ちました。そうです。本選に行けるチケットを掴みました。3人がそのチケットをつかめたんですが、江藤彩也香森保まどか中西智代梨になりました! HKT48の名を背をっていい結果をだせたらなとおもいます」[19]
  • 8月18日、メンバー5人が、HKT48としての活動を辞退することが発表され、グループから離脱。
Google+「皆さんの言葉とてもささえになっています。とても悲しいですが、決まったことなのでちゃんと受け入れようと思います。ゆうこあいりゆいあやかさやか、今まで沢山の想いでをありがと! また新しいHKTとしてがんばります。私たちがここまでできるんだ!ということを魅せていきたいと思います。これからもHKT48を宜しくお願いします!」[20]
Google+「じゃんけん大会終わりました! 結果は…残念ながら2回戦で負けてしまいました。でも、その相手はパルルさん(原文ママ)でした。そう!センターのパルルさんです。なんか悔しいような、嬉しいような…複雑です(ToT) でも、嬉しいが勝つかな♪ うん!今日はいい経験をさせていただいたから満足します。すき焼きのインパクトは大きいとおもうので、爪跡を残せたと思うから後悔はないです」[21]
  • 11月12日、"一人話芸日本一"を決める「R-1ぐらんぷり2013」の開催発表記者会見に出席し、村重杏奈とともに参戦を表明。「HKTの中でもバラエティ班としてやっていて、さっしーも面白いと言ってくれる」「初めてなので緊張してますが、(48グループの)先輩方も『M-1』に出ていたりするので、それを超えたいなと思います」とやる気十分で、「キャッチコピーで『朝からすき焼き大丈夫』と言っているので、すき焼き風呂につかりたい」と優勝賞金の使い道を語る[22]。結果は、3回戦敗退。

2013年

  • 3月1日、同月20日にメジャーデビューとなる1stシングル『スキ!スキ!スキップ!』を披露。中西は選抜入りを果たす。
  • 7月20日、2ndシングル『メロンジュース』が発表され、中西は選抜落ち。
Google+「(前略)そして、secondシングルの選抜発表がありました! 嬉しい事ですが、私はとーっても悔しい気持ちでいっぱいです。まだ、完璧とはいいませんが、気持ちの整理をしてるので、心配は大丈夫です! だからといって、あーもうダメだ。とか、諦めようとは絶対に思いません。勝ち上がってみせる!の気持ちがあるので、ちよりの応援宜しくです」[23]「本当はね、皆さんに申し訳ない。ごめんなさいの気持ちでいっぱいだったの。だけど、皆さんは私よりも前向きで、私の背中を押してくれました! 1stで選抜に入ってた分、落ちた気持ちは大きいけど、落ちて知る気持ちもある。だから今のちよりは選抜の人もそうじゃない人の気持ちも分かる立場なんだ!だから、今のちよりをもっと好きになるためにもなられるためにも、少しずつ受け入れようとおもいます!自分が自分を嫌いになったら、誰も好きになってくれんけんね!すごく苦しいことがあったら、次はきっとすごく幸せなことが待ってるはずだから、ちよりは頑張ります!はー!!スッキリした。よし!ここからのちよりは前しか見えてません!おやすみなさい!」[24]

2014年

Google+「3rdの選抜発表!中西智代梨選抜復帰しましたー!! 二枚目のシングルは落ちたのですが、今ではおちてよかったと思ってます。落ちて感じたこと、学んだことが沢山あったし、落ちたから、3rdの選抜がどれだけうれしいか、ありがたいかがすごく身に染みます。もしかしたら、他のメンバーが選抜に入ってほしかったって思ってる人もいると思います。それでも、ちよりが選抜でよかったって思わせるように頑張ります! だから、選抜はいってやった! じゃなくて、次の選抜にも、ちよりは必要やな!って思わせるくらいのものを自分の中に作っていきたいと思います! 他のメンバーが舞台裏でちより頑張って! おめでとー!って言ったくれたことが嬉しくて、嬉しくて、でも悔しい気持ちがあるのもすごく分かるから、私はみんなの分も背をってると思って頑張っていきたいとおもいます!皆さんの歓声、メンバーからの暖かい言葉。わたしは皆から愛されてるんだなぁ。っておもったら涙が止まりませんでした。でもすごく気持ちがいい涙やったー! そして!そして!2/14にミュージックステーションの出演が決定しました! 一度は立ってみたかった私の夢でもある場所に立てる。このチャンス掴みます!! だからちよりに注目しててください! 皆さん!これからも中西智代梨の応援宜しくお願いします!!」[25]
  • 2月24日、「大組閣」により、中西はAKB48チームAへの完全移籍が発表(HKT48メンバーの他チーム完全移籍はSKE48チームEへ移籍する谷真理佳とともに初)。
翌日のGoogle+「大組閣。終わりました。皆さん。びっくりしてるとおもいますが、中西智代梨。HKT48からAKB48teamAに移籍になりました。まだよくわかりませんが、ちよりがAKBに行くことでなにかプラスになるなら全力でがんばります! いやちよりがAKBをかえます!!! そんくらいの気持ちで頑張ります!だからファンの皆さん、私と同じように混乱してると思いますが、ちよりがAKBにいっても応援よろしくおねがいします!!! まりかもSKEに移籍頑張ってほしい。一緒に頑張ろう!!! 他にも兼任、昇格した人ほんとおめでとう♪これからの新しいHKTにいい風がふくようにちよりも願ってます!HKT48中西智代梨でいられる時間を大切にしていきたいと思います!! 皆さん!智代梨についてきてください!」[26]
指原莉乃は、中西、谷の移籍に関しては寝耳に水であった様子で、発表後のGoogle+では「二人はHKTに必要すぎる存在です。バラエティで前に前に、大きな声を出して…簡単なことに思えてすごく難しいです。怖いです。二人はいつも率先して頑張ってくれていました。百貨店で、何度二人に救われたか。二人の将来を考えるといい経験だと思うけどそんなことも考えられずに、終わった後に兼任じゃだめなんですかとスタッフさんに話にいきました」と中西、谷がHKT48にとって大きい存在であるとしている[26]
  • 2月27日、さらにGoogle+でAKB48へ移籍の心境を語る。
「今日尾崎さんと少し話ました。自分の気持ちも固めてもうAKBとしての目標を立ててます! もう選抜にはいれないかもしれない。だけど、もしかしたら小さなチャンスを掴んで、掴んで、大きなチャンスを掴めるかもしれない! 例え、簡単な道のりじゃなくてもいつかは超選抜にはいれるかもしれない確率が1%でもあるなら、0%じゃない限り、その1%を信じようとおもいます! 他にも自分の頑張り次第でなんかの番組のレギュラーをもらえるかもしれない!! そうやって自分の中で目標を作ってその目標に向かって頑張る! そう思うとなんか楽しみです♪もちろん。新たなことを得られる代わりになにかを失ったり捨てないといけない。今まで出てた福岡での番組、ラジオ。まだどーなるかわからない。でもその気持ちでやりきらないといけないなとおもいます! まだうまくいえないけど、今やれることすべてをこのHKTで出しきって次のステップに進みたいとおもいます! ふぅ。長くなっちゃったー。皆さんに伝わってるかどうかわからないけど、今の気持ちを書いたつもりなので、わかってもらえたらうれしーです!」[27]
  • 4月1日、第6回総選挙に立候補。翌2日にAKB48のメンバーとして迎える総選挙について、Google+で心境を語る。
「昨日、総選挙についてあまり話してなかったけん、自分の気持ち少しかくね!! 総選挙は今年で3回目になるんやけど、名前をまだ呼ばれたことがないけん、今年は絶対呼ばれたくて、今年名前あがらんやったら次はないなってほんとに思ってる。そんくらい今年の総選挙は気持ち込めてて、選抜復帰したり、Mステにださせていただいたり、AKBに移籍が決まったり、、、沢山のことがあって、色んな方がちよりに注目してくださったりして、そんな時に総選挙で名前呼ばれんやったら、ほんと、頑張りがたりんってことやとおもうし、、、まずは速報でも名前よばれて、ランクインすることが乗り越える壁の1つです!他にも沢山の壁があるけど、ランクインという壁を乗り越えたいです! 自分を信じて。みなさん! 中西智代梨の応援よろしくおねがいします!!! ふぅー。長くなったな! ちよりの気持ち読んでくれてありがとー! 伝わってるといーな!」[28]
MC前に指原は「メガデス」の元メンバーでギタリストのマーティ・フリードマンと共演。アン・ルイスの「あゝ無情」を熱唱した。その姿に中西は「いや~さっしーを見てたら、ビンビンしましたよ。ギターの弦だけに」と絶賛。これに谷が「ちょっと! ビンビンとかいやらしいからやめてよ!」と言うと、指原も「小嶋さんの前でビンビンとかマジでいやらしくなるから!」と際どい注意だ。さらに、指原が「2人の移籍がほんと心配で」と言うと、中西が「さっしーも(AKB48から)移籍したじゃないですか? どうだったんですか?」と質問。スキャンダルでの“左遷”だっただけに指原は「おい!私は2人とは状況が違うから分かり合えない!」と拒絶したが、谷の「ちなみにどんな状況だったんですか?」と追い討ちをかけられた。その後も移籍に不安を持つ谷から「寂しい時にはどうしたらいいですか?」と聞かれた指原は「男を呼ぶとか?バカ!変なこと言わせないでよ!ツイッターの裏アカウントには気をつけて!」とアドバイスした。
そして、最後の挨拶で谷は「寂しいなと思ったりしたんですが、自分で選んだ道なので、今日のことは絶対に忘れません!」と力を込め、秋元康が2人のために書き下ろしたという『今、君を思う』をメンバーとともに涙ながらに熱唱。指原も涙を見せながら「2人なら大丈夫、私たちなら大丈夫、離れていても絶対大丈夫」とファンに語りかけた[29][30]
Google+「博多レジェンド公演、千秋楽おわりました!!!! はやい!あっという間やった! またHKT劇場にちより立ってそう笑っ なんかもう立てなくなるなんて、、、変な感じ。メンバーともまた楽屋で一緒にはしゃいでそうだし。ほんと実感わかなくて、涙思ってたよりでなかった笑っ 泣いたけど笑っ*(*^^*) 今日は特別にちよりを送る会で今、君を想うを歌ったんですけど、この歌はなんど聞いても泣いちゃう。ダメだよ~(ToT) とくにみんなの涙は見たらもらい泣きしちゃう。自己紹介でなおが泣いてて、はじめから泣かない!って決めてたのに、なおのバカーーー!! 嬉かったけど(>_<)
初めて立ったステージ。初めて自分にファンの人がいるって実感した場所。ちよりのMC力、パフォーマンススキル、歌、見せ方全てを学ばせてくれて、成長できた場所。HKT劇場は第二の家。そしてHKTメンバーは第二の家族。HKTでの思い出がありすぎて、ほんとに離れたくない! でも、自分が決めた道だし、前を向いて歩くしかないね。AKB48 teamAの中西智代梨! って言ってる自分に違和感がある。はやくなれなくちゃね! ロビーにも沢山の人がいて、びっくりした! 嬉かった! ありがとー!!!ちょっとだけ、この人数の人が握手会にきたらすごいな!って思ってしまった笑っ
今日でHKT48 teamH中西智代梨とは、さよならして、AKB48teamA中西智代梨をよろしくお願いします!前向きにがんばります!!!最後に、、、HKTー最高ーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」[31]

AKB48として

2014年

Google+「AKBチームA初日終わりましたー!!! 最高ーに楽しかったー!!アイコンタクトいっぱいとったし、楽屋でも沢山話して、優しくて頼りのある先輩ばかり! 本当大好き❤はやくまた恋愛禁止条例公演したい! 次いつかな?! ユニットなんと、高みなさんとたつまきちゃんとツンデレしたよ! 初めてやった! それぞれ個性があってすごくたのしー!! まだ生で見てない人は是非AKB劇場までみにきてくださいね!! ふぅー! 今日はやりきったー! 今日だけ自分褒めてあげよーっと!」[32]
  • 12月3日放送、日本テレビ系「AKBINGO!」の企画は「輝け!第1回コイウタ大賞」。中西が作詞し、どぶろっくが作曲した「恋は突然に・・・」を歌った。その内容とは小学生の時、中西が運動場で転んだ際に、スカートめくりやカンチョーをしてきた男の子から手を差し伸べられて生まれた恋心を歌ったもので、「あの日から同じカンチョーなのに違う感情になったとよ もう一度その指でカンチョーばしてよ」の歌詞に、スタジオのメンバーは騒然となっていた。

2015年

2016年

  • 2月6日、AKB ShortShrots project『9つの窓』の全9作品の1つとして、中西智代梨主演作品「さおり」(廣瀬陽監督、秦瑞穂ほか出演)が全国公開[34]
  • 7月25日、舞台「マジすか学園」~Lost In The SuperMarket~(赤坂ACTシアター)にカンドレ役で出演(8月5日まで)[35]

交友関係

  • 目標としているメンバーは、大島優子。「大島優子さんのように、まわりを明るくする存在になりたい」[9]高橋みなみ[36]
  • 大島優子が日本テレビ系「HaKaTa百貨店」に出演した際に、井上陽水の物真似を披露したことが決め手となり、推しメンに選ばれる。以降、メールをやり取りする仲に[37]
  • 尊敬するメンバーは、指原莉乃
「さっしーには本当に尊敬しかないくらい尊敬してる。さっしーに言葉をもらうと頑張らなきゃ!ってより思える! でも、なんか話すまでが緊張しちゃうんだよなぁー 話すとうれしくて緊張はとれるんだけどね さっしーは盗んでも盗んでもどんどん盗めてない所がでてくる魔法のポケットみたいな人 まぁ、ちゃんと盗めてるかわかんないけどね(°_°) 最近、気づけば自分に頑張れ!って言い聞かせてる。本気なんだ。自分」[38]
  • 仲西彩佳(同学年)とは、HKT48のオーディション以前から友達[39]
ちょりまり
  • 谷真理佳とは、中学時代の同級生で親友であり、様々なエピソードを持つ。
    • お互いに中学時代は「輪郭90度(中西が谷に対して)」「鼻の穴(谷が中西に対して)」と呼び合う仲[40]
    • 声優を目指している谷が2期生オーディションを受験したのは、中西の勧め[41]
    • 谷がHKT48に入ってからは「ちょりまり」と呼ばれ、「闇金(中西)と被害者女性(谷)」などのコンビ芸[40]も披露している。
    • 谷もまた大組閣によりSKE48へ移籍して「谷のこと心配? うん。すごく」[13]と気にかけている。
    • 2014年11月20日放送のフジテレビ系「※AKB調べ」の「AKBで一番ガサツなのは誰!?」ランキングでは、谷が他のメンバーを大きく引き離し1位となる。12月11日放送の同番組では、問題となった谷の部屋をハウスクリーニング業者により大掃除が行われたが、谷の部屋の惨状を見かねて、サプライズで中西が出演した。谷に説教し、二人で清掃を手伝ったこともあり、谷の部屋は以前と見違えるほどに綺麗になった。
    • 谷の誕生日に際して、中西はGoogle+で祝福と思いを投稿している。
「今日はまりかの誕生日です!!! めでたいねー!! ちよりはまりかのこと誰よりも知ってる自信があるんだー♪まりかもそうだとおもうけど、、、笑っ まりかはHKTに入る前から、テンション高くて、ちよりくらいしかついていける人がいなくていつも一緒に帰ってクラス違うのにずーっと一緒だったね?!懐かしいなー。まさか、まりかと一緒にここまでくるとは思わなくて、正直まりかとちよりの仲はすごいな!と自分でも思う。まりかはやさしいから、2ndの選抜の時、メンバー知ってちよりを気遣ってそのことにあまり触れないで明るく話しかけてくれたよねー! それ分かってたんだけど、ちよりはまだ心が安定してなくて、うまく返せない時あったけど、今思うとすごいうれしいよー☆ よく、まりかとちよりを比べられて、悩んだり、いろいろ考えたけど、ちよりとまりかは全然違うくて、まりかはちよりにないものもってるし、たまに尊敬するときもあるかなー?! (あんまり誉めると調子乗るから笑っ) 身近な存在だからこそ、素直になりにくいんやけど、まりかのこと大好きよー。ちよりの人生にこんなに関わってる人は家族とまりかくらいー笑っ まりかはそんな存在ー♪ これからも楽しくいい親友でいよーね。私たちの伝説のユニット『禁じられた2人』! またいつかやりたいねー!! 笑っ」[42]
  • HKT48在籍時は、同期でバラエティ班でもある村重杏奈とも仲が良く、行動を共にすることが多かった。村重が作った非公式ユニット「グイグイ選抜」のキャプテンに選ばれたり[43]、果ては、九州ツアー最終日公演の「マジすかパート」では村重のファーストキスを奪う[44]。後日、Google+での質問で「村重とのキスどーですか?なんも感じませんでした」「(村重とのキスはなに味がした?)明太子!」と答えている[37]
  • AKB48移籍後、初めて仲良くなったメンバーは川栄李奈。中西は川栄の事を「えいこうちゃん」と呼んでいる[45][46]
他にAKB48で仲の良いメンバーは島崎遥香[13]小嶋菜月[47]、同じ移籍組の小笠原茉由[45]など。
  • 一番かわいいと思うメンバーは、なこみく(矢吹奈子田中美久[37]
  • チームAのライバルは、「かわえーさん!」。また、組みたいコンビは、「たかみなさんと組みたいなぁー! でもこじはるさんとこじちょり!みたいにもなりたいなぁーと勝手に思ってます!」[37]
  • SKE48で仲が良いのは、阿比留李帆[48]
  • 永尾まりやとはランチをしたことがある。「最高ーな時間だったなぁー!!」

性格・趣味

  • 性格は、負けず嫌い。「マリオカートでいつも『もう1回!』と言ってしまいます(笑)」[49]
  • 長所は、「どんな時でも楽しめる!」[13]
  • 短所は、心配症。言葉をすぐ気にする[13]
  • 趣味は、ダンス、歌う、音楽鑑賞[50]
  • 特技は、ヒップホップダンス、泣き顔、様々なモノのイメージを顔で表現すること[14]
  • 水泳を習っていて、三級を持っている[51]
  • 日本舞踊も習っていた[52]
  • 苦手なものは、虫。「小さな虫でも、視界に入れば飛び上がるくらいビックリします」[8]
  • 好きな食べ物は、チョコレート。クッキー。甘いもの[8]。お肉ならなんでも[53]
  • 代名詞と言えるすき焼きについてのこだわり。「すき焼きにたまごないと、すき焼きとはいわんぞよ」「すき焼きに卵2個使う」「すき焼きに松茸は入れない」「すき焼きのしめは絶対うどん」。ただし「牛鍋」は食べたことはない[48][51][37][54]
  • 得意料理は、「炒めものとかかな?」「(自炊は)時間があるときに料理練習してるからできるとおもう!」[37]
  • AKB48移籍後、しばらくはホテル暮らしであった[45]が、2014年7月頃から一人暮らしを始めている[55]
  • 好きなサイリウムの色は、「ピンク…と言いたいんですけど、メンバーのほとんどがピンクなので、ちょりはあえて白&黄色が好きです」[56]「ペンライトすごくきれいだとおもうのですが、白と黄色の組み合わせが一番好きです」[57]
  • 好きなアーティストは、西野カナ、HY、EXILE、YUI、奥華子[58]
  • 好きな男性のタイプは、「自分に合っているオシャレをして、積極的で何気ない優しさがある人。いっぱい愛をくれる人」[8]。「お洒落で、やさしくて、ちよりが作った料理を美味しい!と言ってくれて、ちよりのことを一番に考えてくれる人!」[37]
  • 好きな言葉は、「オンザパーフェクト!」[37]

ギャラリー

AKB48

HKT48

参加曲

シングルCD選抜曲

AKB48

HKT48

アルバムCD選抜曲

AKB48

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

チームH 1st「手をつなぎながら」公演

  • この胸のバーコード

チームH 2nd「博多レジェンド」公演

  • 天国野郎

チームA 「恋愛禁止条例」公演

  • ツンデレ!

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • 負け男

出演番組

出典

  1. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P112より。
  2. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  3. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2013」P170より。
  4. ^ AKB48公式プロフィール
  5. ^ 谷真理佳 投稿 - Google+ 2013年12月1日 ArKaiBu Gugutas
  6. ^ 坂口理子 投稿 - Google+ 2014年12月2日 ArKaiBu Gugutas
  7. ^ 朝長美桜 投稿 - Google+ 2015年4月2日 ArKaiBu Gugutas
  8. ^ a b c d e 「BOMB」2012年1月号より。
  9. ^ a b 講談社「FRIDAY」2011年12月2日号より。
  10. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P168より。
  11. ^ 日刊スポーツ 2012年4月21日紙面
  12. ^ ムードメーカー? - HKT48オフィシャルブログ 2011年10月29日
  13. ^ a b c d e 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年6月27日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ a b HKT48公式プロフィール - (リンク切れ)
  15. ^ ちより(AKB48)のトーク - 2015年3月11日投稿
  16. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年6月16日 ArKaiBu Gugutas
  17. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年7月4日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年7月11日 ArKaiBu Gugutas
  19. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年7月6日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年8月18日 ArKaiBu Gugutas
  21. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年9月18日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ 『R-1』11回目も開催決定 HKT中西智代梨が出場宣言 - ORICON STYLE 2012年11月12日
  23. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2013年7月20日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2013年7月21日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年2月8日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ a b 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年2月25日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年2月27日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年4月2日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ HKT指原と谷、中西がギリギリの"ビンビン"トーク - 東スポWeb 2014年4月5日
  30. ^ HKT48:移籍の中西&谷にさしこ号泣 新体制もお披露目 - まんたんウェブ 2014年4月5日
  31. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年4月17日 ArKaiBu Gugutas
  32. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年4月25日 ArKaiBu Gugutas
  33. ^ 松井玲奈&横山由依W主演 舞台『マジすか学園~京都・血風修学旅行~』が開幕 - シアターガイド 2015年5月15日
  34. ^ AKB48、主演オムニバス映画「9つの窓」を公開初日にアピール - ナタリー 2016年2月7日
  35. ^ AKB48、男装にゴスロリ…個性派揃いの“ヤンキー”に 銃撃戦、過激アクションも<全メンバーコメント> - モデルプレス 2016年7月25日
  36. ^ KBCラジオ「HKT48ラジオ聴かナイト!」より。[いつ?]
  37. ^ a b c d e f g h 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年3月23日 ArKaiBu Gugutas
  38. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2015年2月1日 ArKaiBu Gugutas
  39. ^ HKT48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月17日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ a b 「HaKaTa百貨店2号館」2013年1月26日より
  41. ^ AKB48グループ研究生 武道館公演「推しメン早い者勝ち」パンフレットプログラムより
  42. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年1月5日 ArKaiBu Gugutas
  43. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2013年5月3日 ArKaiBu Gugutas
  44. ^ 村重杏奈 投稿 - Google+ 2014年3月21日 ArKaiBu Gugutas
  45. ^ a b c 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年6月26日 ArKaiBu Gugutas
  46. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2015年2月25日 ArKaiBu Gugutas
  47. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2015年3月4日 ArKaiBu Gugutas
  48. ^ a b 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年10月6日 ArKaiBu Gugutas
  49. ^ 集英社「週刊プレイボーイ」2011年11月28日号
  50. ^ AKB48Mobile 公式プロフィールより
  51. ^ a b 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年6月16日 ArKaiBu Gugutas
  52. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年7月28日 ArKaiBu Gugutas
  53. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年7月30日 ArKaiBu Gugutas
  54. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年2月10日 ArKaiBu Gugutas
  55. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2014年7月10日 ArKaiBu Gugutas
  56. ^ HKT48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月16日 ArKaiBu Gugutas
  57. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2012年5月24日 ArKaiBu Gugutas
  58. ^ 中西智代梨 投稿 - Google+ 2013年8月30日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク



ご意見を共有しましょう