エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

後藤泉

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
HKT48
後藤 泉 ごとう いずみ
2015年HKT48プロフィール 後藤泉.jpg
公式ニックネーム

いーちゃん

生年月日

1997年9月27日 (19歳)

出身地

福岡県

血液型

A型

身長

164cm[1]

合格期

2期生

選抜回数

0回

後藤 泉(ごとう いずみ、1997年9月27日 - )は、HKT48チームKIVの元メンバー。福岡県出身。

略歴

2012年
  • 6月23日、HKT48第2期生オーディションに仮合格。
  • 9月23日、お披露目。
  • 10月1日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演で劇場公演デビュー。
2014年
2015年
  • 10月1日、卒業発表[2][3]
  • 10月30日、卒業公演(同日、HKT48としての活動終了)[2]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「溢れる笑顔は泉のように。福岡県出身 18歳 高校3年生のいーちゃんこと後藤泉です」[4]
なお、過去には冒頭部分を「湧き出る笑顔は泉の様に~」としていた時期もある[5]
  • 研究生時代から、大人っぽいルックスだったことから「団地妻」と呼ばれ、キャラが定着[6]。なお、後藤を「団地妻」と呼んだ初出は、冨吉明日香と言われている[7][8]
  • 大人っぽい外見からは想像できないほど泣き虫[6]。生誕祭で流す涙は「伝統芸」と呼ばれるほど[1]
  • MCでは、ハスキーボイスでの鋭いツッコミも好評[6]。キャプテン不在時の公演のまとめ役にもなっている[1]
  • 2014年、HKT48ならびにAKB48グループ内で劇場公演最多出演を果たした[1]
  • 劇場支配人評。
「MC、パフォーマンスともに勢いがあり、探求心も強く、今後の成長が楽しみ」(2013年・尾崎充[5]
「トークに貪欲でアンテナを張り巡らせています。劇場公演を大切にし、出られるよろこびを人一倍に感じています」(2014年・尾崎)[6]
「公演でどんなメンバーの魅力も引き出せるトーク力の持ち主。感動してすぐ泣く、人間味あふれるメンバーです」(2015年・尾崎)[1]
  • 将来の夢は、番組の司会[9]
「ダンスも好きだけど、人と話すことも好きで常にしゃべっているので、番組のMCに挑戦してみたいです」[10]

HKT48加入前

  • 過去にHKT48の1期生オーディションを受験した経験があり、二次審査まで進出していた。
「バレエを幼稚園のころから習ってダンスが好きで、1期生のオーディションを受けました。そのときは上手に話せなくて、落ちてしまったんです・・・。それから、学校などで進んで学級委員とか、人前に立つようになって、緊張癖が直ったのでまた挑戦しました」[9]

HKT48として

2012年

  • 6月23日、第2期生オーディション最終審査が実施され、仮合格[11]
オーディションを受けたきっかけは、「バレエしてて、踊るのが好きで親に勧められたからです!」[12]
  • 合格してからデビューまでの間、一番苦労したことは「レッスンを10日間休んだとき、ついていけずに休みの日に1日で覚えたこと」[10][13]
  • 9月29日、公式ブログでの挨拶。
「みなさん、初めまして!!福岡県出身15歳後藤泉です。私の夢は国立競技場でコンサートをすることです。そして、私は2期生の中で1番背が高いです。身長も夢も更に大きいものにしていきたいです。研究生全員で初日公演に向けてレッスンに取り組んでいるので、是非劇場に会いにきて下さい。応援よろしくお願いします。」[14]
  • 9月30日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」初日公演が行われたが、出演できず。翌10月1日が本人にとって初日となった。
その時を振り返って、「私は絶対に出られると思っていました。(谷)真理佳とポジションが一緒だったんです。でも、真理佳はダンスが苦手で。私はバレエをやってたから、体を動かすことは得意だったんです。・・・だから、絶対私が出られると思ってたのに・・・・・・」[15]
また、その時の様子について同期の神志那結衣が振り返り、Google+において投稿している。
「いーちゃんは、私と同じで公演初日に出られなかったんです。出られなかった私達は、初日公演の劇場でのリハーサルの時、私達はステージに上がってるメンバーを客席の端っこに座って観てました。その時は、出てる皆に涙を見せたくなくて必死に泣くのをこらえました。公演に出るメンバーが円陣を組んでいる中、私達はその後ろでカメラに写らないように見ているだけ。その時、涙をこらえるのに限界でメンバー皆が出ていった後、一緒に泣いてしまいました。それから影に隠れて、泣きながら踊りました。」[16]

2013年

後藤の代名詞ともなった「団地妻」キャラ。冨吉明日香によれば、この図は「タクシーをとめてるところらしい」とのこと(2013年4月20日、冨吉Google+投稿より)。
  • 7月22日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演。後にメンバー、ファンから「夏の連続PARTY公演」[17]と呼ばれる連続公演がこの日から始まる。
AKB48 2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~」福岡ヤフオクドーム公演の翌日以降、5大ドームツアー、イベント、新曲キャンペーンなどで選抜メンバーの不在が多くなり、研究生による「PARTYが始まるよ」公演が連日開催されるに至った。7月はこの日以降10日間のうち8回、8月だけで20回という高い頻度で行われた(その間、博多レジェンド公演は7回のみ)。また、この頃から団地妻キャラの後藤泉をはじめ自称セクシー担当の坂口理子、人妻キャラの駒田京伽、ネタキャラの冨吉明日香を中心に「団パ(団地妻パーティ)」とも呼ばれ一部のファンから絶賛された。当時のことを振り返ってコメント、「いつの間にか呼ばれるようになった“団パ”(笑)は、連続公演で体調を崩すメンバーもいました。でも、絶対にやり続けたかった。だからもし誰かが休演しても助けあえるように、私は4つポジションを覚えていました」[18]
  • 9月4日、HKT48 2ndシングル「メロンジュース」発売。Type-Bに収録された、うまくち姫名義の「泥のメトロノーム」のメンバーに選出される。MV公開時にその嬉しさをGoogle+にてコメントした。
「「メロンジュース」のtypeBに収録される、うまくち姫の「泥のメトロノーム」のMVが公開されました!私、後藤泉…選ばれましたああああー!!!!!初めてのMV。言葉にできないくらい嬉しいです!「スキ!スキ!スキップ!」で「キレイゴトでもいいじゃないか?」に選ばれたとき、自分の歌割、自分の声のCD、素敵な歌詞。嬉しかったです。でも、MVがないのが悔しくて泣いたのを忘れられません。今回は、少しでもみなさんに感謝の気持ちを目に見える形で伝えることができて、本当に幸せです。初めてのMV。まだ観てないけど、ちょっとでも映ってるといいな♪「泥のメトロノーム」、そして引き続き「キレイゴトでもいいじゃないか?」たくさん、聴いて下さいね!」[19]
  • 9月27日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演において、16歳の生誕祭。
終演後、Google+にてコメント「素敵な生誕祭をありがとうございました!「青空のそばにいて」のグラデーションになったペンライト。アンコールでなく「いーちゃん」コール。大好きな白いバラとフラワースタンド。16本の赤いバラの花束。LOTTEさんの「Ghana」ならぬ「Gotoh」の手作りメッセージボックス。たくさんの準備と、来てくださったみなさんのご協力本当に本当に、ありがとうございました!生誕祭では、ぴーちゃんが司会をしてくれて、上手くできなかったって泣いてました。そんなことないよ!ありがとう。そして、めるちゃんからのお手紙!家宝ですわ。← 今日、みなさんを含めたくさんの方に「おめでとう!」を言って頂き「ありがとう!」を伝えることができました。これからも、たくさん言いたいです。」[20]
生誕祭の様子について、劇場支配人・尾崎充のGoogle+投稿より。
「本日、36歳・・・いや(笑)、16歳の誕生日を迎えた後藤泉の生誕祭が行われました。姉御肌の後藤は、いつも皆のムードメーカー。決して涙は見せないと、豪語して挑んだステージ。サプライズでは、苦楽を共にしてきた田島からの手紙に、思わず泣き笑い・・・。そこに居るだけで、周りが明るくなる、後藤の存在はグループにとって、かけがえのない存在です。これからも、その存在を十二分に活かしていってほしいですね!後藤、おめでとう!!」[21]

2014年

Google+「チームK4に昇格させて頂きました。みなさんの応援のお陰です。念願の昇格、感謝の気持ちでいっぱいです。本当に本当にありがとうございます。これから、正規メンバーとしての自覚を持ちK4には、後藤泉が必要だ!と、思って頂けるように気持ちを切り替えて成長していきます。正規メンバーに入ったことがスタートとして、目標にむけて背中をおして頂けると嬉しいです!らぶたんさんキャプテン!!! ついていきます!!!」[22]
『キレイゴトでもいいじゃないか?』 が8位にランクイン  (2014年4月6日 本人Google+より)
Google+「キレイゴトでもいいじゃないか?第8位。感激。文を書くのが下手なので多くは語りません。是非、聴いてください!そして、ほんとにほんとにほんとにありがとうございます!!」[23]
Google+「第6回選抜総選挙終わりました。応援してくださったみなさん 投票してくださったみなさん 本当に本当に本当にありがとうございました。ランクインできなかったです。だからみんな81位。これが今の実力で1年間の結果です。痛いほど受け止めてます。こんなに悔しいなんて思ってなかった。でもね、応援してくださったみなさんがいるからまだ頑張るよ。それにHKTから14人もランクインしたこと。感謝の気持ちでいっぱい!特に大の仲良しの、ぴーちゃんりこぴ!すごい!おめでとう!でも、心からおめでとうって言えませんでした。そんな自分が憎いです。ごめんね。2人のことを考えるだけで涙が出る。悔し涙かな?不安の涙かな?不思議な涙。直接「おめでとう」言えて良かった!わたしは、明日から来年の総選挙に向けて選挙活動します!まだ、あるかわかんないけど来年はもしあったら絶対にランクインしたい!この1年を選挙にかけます。だって、ファンの方や友達が「次こそ!」って言ってくださってるから。応援してくれますか?」[24]
  • 8月31日、HKT48 4thシングル「控えめI love you !」の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表されるも、選抜入りならず。
Google+「本日21時にHKT48公式YouTubeで発表があったように9月24日発売の4thシングルのタイトルが「控え目I love you」になったみたいですね!とってもかわいいタイトルでどんな歌なのか気になります♪今回、選抜メンバーに入ることができませんでした。次は、次は、って、次があるのかないのか、誰にもわからない。次があるって考えは好きじゃない、努力が足りなかったです。なかなか期待に答えることができなくてごめんなさい。初選抜の、じーなさえちゃんまおちゃん、兼任ののんちゃん、おめでとうございます。そしてカップリング曲。じーな、みるんちゃん、さえちゃん。そして、ぴーちゃんとりこぴ!!!!!!!おめでとう!選抜発表のあと、二人にかける言葉がわかりませんでした。ぴーちゃんは、一緒に発表をきけなかったのですがりこぴは、大号泣で、ファンの方に合わせる顔がない。謝っても謝りきれないって、ずっと泣いてました。ぴーちゃんもファンの方になんていったらいいのかな?って。選挙に入って、選抜も夢じゃないって、私も思ってました。現実は甘くなかった。涙が止まらなかったです。二人の努力を近くで見てたから。でも、ユニットを頂けるなんて嬉しすぎるよね!二人の声がたくさん入った素敵な曲になりますように。私も負けてられないんだ。応援よろしくおねがいします。明日から月も変わるし、切り替えて1からまた頑張ります。どんなに辛くても負けずにぴーす!」[25]
Google+「生誕祭、ありがとうございました!緊張してうまく笑えてなかったと思う。ひきつってた笑 今日はパパとお姉ちゃんもみに来てくれてました。お母さんには、風邪をうつしました。笑 去年よりはうまく言葉を話せた気がします。ただ声がね。病み上がりって感じ。笑 それが唯一悔いが残ってます。あすかちゃんからのお手紙、感動したなー考えてることとか、やってることが一緒すぎてびっくりますね。本番は泣かないことに必死すぎてあんまり内容深く聞き取れなかったから今からもう一度読み返したいと思います。あすかちゃんありがとう。ファンのみなさん、ありがとうございました。うちわやペンライト、フラワースタンド!とってもきれいでした。もっともっと一緒に色んな景色をみれるように努力を忘れずにがんばります。」[26]

2015年

  • 2月27日、HKT48 5thシングル「12秒」の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表。念願の選抜入りは叶わなかった。
Google+「公式YouTubeチャンネルで5枚目の選抜発表がありましたね!タイトルは「12秒」はるっぴさん、さくらさんのダブルセンター\(^o^)/!おめでとうございます。そしてそして村重さんが1年ぶり、なおさんが2年ぶりに選抜復帰しました!!!!♡ ほんっっっっっとうにうれしいです!!!!村重さんはNMBさんとの兼任で忙しいはずなのにKIV公演のポジションも複数覚えたりいつも会った時は明るくて尊敬してます。なおさんは、誰にでも優しくて元気?って声をかけてくださったりパフォーマンスもかわいくて面白くて、大好きです! 大人列車の発表の後、コメントで5枚目に選ばれてるよね!って言うのを結構見てそのときにはもう、選抜発表されてたので複雑な心境だったのですが。大人列車の発表、今回の選抜発表を通して私は変わりました。何がとは言いません。皆さんに変化を気づいてもらえるよう、もっともっと良い方向に変わって、努力と感謝の気持ちを忘れず、謙虚に、成長していきたいとおもいます。引き続き応援よろしくお願いします!どんな歌になるか、楽しみだなあー」[27]
『ハワイへ行こう』 ダブルセンターを務めた田中優香と。全国ツアーファイナル 横浜アリーナ (2015年6月28日 尾崎充Google+より)
  • 4月2日、HKT48 5thシングル「12秒」のC/W、チームKIVの「ハワイへ行こう」のMVが解禁され、田中優香とともにWセンターであることが発表された。
また、この日の公演で劇場公演出演400回を迎えた。
Google+「HKT48の5枚目のシングル「12秒」のタイプCに収録されるチームKIVの「ハワイへ行こう」のMVが本日解禁になりました!なんと、ゆうたんとダブルセンターをさせていただいています!!!!!!拍手!!!!前日に撮影のスケジュールをきいて さくらさんや、まどかさんと同じスケジュールだったから、ちょっとポジション上がったのかな?ラッキー!と思って撮影に向かいました。そしたらセンターで、なんというか嬉しさや喜びより驚きや疑問の方が大きくて、動揺してたけど いまはうれしさでいっぱいです\(^o^)/♡ 最近、ファンの方に嬉しい報告できてなかったのですごく嬉しいです。たくさんの方に愛される曲になればいいなーと思います。たくさん聞いてください!!!!そして、これからも応援よろしくお願いします。こんなめでたい日に400回公演だったみたいで、嬉しいことが重なりますねえ。一回一回大切にがんばります。」[28]
  • 5月20日、第7回総選挙の速報順位が発表され、74位にランクイン。
Google+「みなさん、本当にありがとうございます!!!!! 速報 74位 3942票 初めて名前を呼ばれました!!!!! 本当に嬉しくてびっくりして涙が止まりません!!! 1日という短い時間で私にこんなにたくさんの票が入ったことが信じられませんが信じていいんだよね!!!! ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。私の目標は65位です!!まだ今のままでは厳しいです。どうしてもランクインしたい。去年、一昨年とは明らかに違う気持ちです。ファンの方や、メンバー、友達、家族がこんなに喜んでくれて涙を流してくれるんだもん。本番もみんなで笑って泣きたい。絶対に。今年。本気です!諦めない!みなさんのおかげで今の私は自信に満ち溢れています。珍しく。笑 6月6日、もっと後に名前を呼ばれたいです!油断禁物。残り期間、一緒に頑張りましょう!!!引き続き応援よろしくお願いします。」[29]
  • 6月6日、福岡 ヤフオク!ドームで行われた第7回総選挙開票。後藤のランクインは叶わず。
Google+、「選挙おわりましたー!応援してくださった皆さん ありがとうございました! 感謝の気持ちしかないです。2週間という短い時間だけでも 74位を楽しめました(^O^)みなさんは後悔してないですか? 私は後悔してないと言えます。 みなさんががんばってくれたから 私も一緒にがんばれました! こんなに本気になった選挙初めてだったし ほんとに結果予測不能だった!私は今日自分のうちわいっぱい見つけたよ。だからまたバックダンサーかもしれないけど みなさんも私のこと見つけてください!2週間、一緒に戦ってくれて本当にありがとうございました。 さっしーさんの1位ランクインしたHKTメンバーおめでとう! 今回残念だったメンバーと私、そしてファンの皆さんお疲れ様でした!! どんなに辛くても負けずにピース!!」[30]
この日は、公演出演の冨吉明日香、チームHの駒田京伽、坂口理子に加え、SKE48に移籍した谷真理佳も含め「いもむChu!」の全員が見守る中、コメントで卒業を発表。

後藤「今日は素敵な生誕祭を開いてくださってありがとうございます」 「17歳はですね、全国ツアーだったり、紅白歌合戦だったり、1人ではできないようなことをこのメンバーと一緒に頑張って、そしてファンの方の力をお借りして目標を色々達成させていただきました。感謝の気持ちで一杯です。
そして、年が明けてからは「大人列車」の選抜発表と、5枚目の「12秒」の選抜発表がすぐあって、当たり前のように外されてしまいました。凄く、やっぱり悔しいなって思ったのあるんですけど、自分が悔しい思いをすることで、ファンの方とか家族が苦しんでる姿を見るほうが私には苦しくて。
でもそんな中で「12秒」のカップリングの「ハワイヘ行こう」でセンターに選んでいただいて、ようやく嬉しい報告ができました。こんなことほんとにないし、センターは当日発表されたので、その時は嬉しい気持ちよりもビックリの気持ちのほうが大きかったんですけど、ほんとに嬉しいなって感謝の気持ちで一杯です。
そして、明治座と博多座があった時に、予想以上にオーディションに落ちたことが悔しくて。みんな平等にチャンスをもらったのに、そのチャンスをものにできなかったことが本当に悔しくて。明治座を観に行った時にあまりにメンバーがキラキラしすぎて凄い自分が「何やってんのかな」って思った時に、いもむChu!はもちろんなんですけど、はるたんと毎日のように連絡をとってました。
で、はるたんがHKT48 Mailで「今日は公演が始まる前に0番のポジションであるお願いをしてきました。何か教えないよ」みたいなことを書いてたので、連絡したら、「選抜メンバーももちろんだけど、劇場で頑張ってるメンバーの1人でも多くが報われて欲しいっていうのをお願いした」って言うんですよ。
はるたんだって、たくさんポジションを覚えて頑張ってくれてるのに、やっぱりその時、私たちはアイドルになりたくてアイドルになったのに、表題曲を歌えてないことの大きさとか、HKT48が出演している番組に出れてないことが凄い当たり前だって思ってた部分があったんですけど、やっぱり悔しいから何があっても頑張ろうねっていうのをはるたんと約束して、こうして頑張ってこれました。
でも、博多座とか明治座の期間に、もちろん私たちはそのステージに立つことは経験できなかったけど、私はチーム間のアンダーを覚えて、そっちで楽しい思いをさせてもらいました。凄く貴重な経験だったなと思います。
そんなことで博多座もあり、17歳は、そうですね、んー、選挙とか、選抜発表とか、悔しいことがほんとに17歳の時だけじゃなくてHKTに入ってからたくさんたくさんあったけど、もう後悔してることとか、やり残したことはないなと私は言えます。なので、HKT48を卒業します。
私は卒業したいから卒業するんじゃなくて、ちゃんとした理由があって。高校3年生になって進学をしたいなと思うようになって。やっぱり学業を、この3年間はこっちの活動にまわしてきたので、学業優先ということで、進学するために別の道を歩んでいきたいなと思うようになりました。
この3年間、正直自分のことよりメンバーが好きで、メンバーのために、ファンの方のために、家族のために頑張ってきました。これからはちょっとでも自分のために頑張っていきたいなと思ったので、私は別の道で頑張りたいと思います・・・(笑)」
冨吉「何で笑うの?」
後藤「私は、そうですね、ずっと言ってきたように、笑顔で頑張りたいなと思っているので、18歳は皆さんの前で活動できる期間は凄く短いかもしれないんですけれども、最後まで推してて良かったなと思っていただけるように精一杯頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします。ありがとうございました」
後藤「今日発表したのにも理由があって。たぶん、私の発表をSNSとかで知るよりは自分を見つけてくれたファンの方には直接自分の口から言いたいなと思ったので、今日言いました。何人か愛ちゃんのTシャツとか冨吉のうちわも見つけたんですけど、今日言えて良かったと思います。これからも応援よろしくお願いします。ありがとうございました」[31]

HKT48の楽曲における、カップリング曲センター経験者の卒業は後藤が初となった。
卒業公演で、ファンより送られたフラワースタンドとともに。
  • 10月30日、卒業公演(同日、HKT48としての活動を終了)[2]
卒業公演当日、劇場は中に入れないほどのファンが押し寄せ、ロビーはファンで埋め尽くされ劇場外にまでファンがあふれかえった。
この日初めて『夜風の仕業』を披露。『シアターの女神』公演の全ユニットを制覇した。
「後藤泉卒業公演」と銘打たれたこの日のセットリストは、通常の『シアターの女神』に加えて、ユニットMC後に「いもむchu!」 4名(後藤泉、駒田京伽坂口理子冨吉明日香)による『ガラスのI LOVE YOU』、公演の最後は本人の希望により『約束よ』が披露された。
公演を終えて
「卒業公演ありがとうございました!幸せでした!みんなお揃いのTシャツすごかったー(^O^)ロビーにもたくさんの人が、、、すごかった、本当にありがとうございます。1人でヤフオクドーム埋めれそうな勢いでした(?)最後までたくさん応援してくださって3年間、本当にありがとうございました! きっとみなさんの力がなかったら ここまで頑張ってこれなかったと思います。
キャンディーのセンター 初めての夜風の仕業 2年ぶりのガラスのI love you たくさん笑った〜 ほんとにほんとに笑ってました心から楽しかった! 最後ちょっと泣いたけど!笑 
負けなかったよ!強くなりました(^O^) HKT48に入ってよかった。 出会ってくれた全ての人にありがとう。」[33]
Google+へ最後の投稿 (2015年10月31日 本人Google+より)
  • 10月31日、最後のGoogle+投稿 
「ありがとう! いってきます!」[34]

HKT48卒業後

  • 卒業後は、学校で演劇を専攻しており、2016年3月20・21日に上演される「芝居屋企画」(福岡市)のロックミュージカル「SH I ROH」に出演することが明らかになっている[35]

交友関係

「いもむChu!」
「いもむchu!」結成の経緯。
駒田「「PARTYが始まるよ」公演のときから5人の存在感がすごかったんです。選抜メンバーがいないとき、「何とかしなきゃ」って考えていたら、自然に5人が集まって・・・」
坂口「歌ができて・・・(笑い)。最初は「大丈夫選抜」という名前だったけど、そのうち(田島)芽瑠(朝長)美桜が「てんとうむChu!」に入った。だから私たちは「いもむchu!」だね」ってことになったんです」
駒田「いつか(チョウになって)羽ばたけるようにって、意味も込めました」[40]
  • メンバーで一番仲が良いのは、草場愛田島芽瑠[10]
  • 同期の田島芽瑠は、2013年9月27日生誕祭当日のGoogle+にて次のようにコメントしている。
「PARTY公演&いーちゃんの生誕祭終わりました。いーちゃんお誕生日おめでとう。私は、お手紙を書きました。やっぱり二人とも泣いちゃったね。いーちゃんとは二次審査の頃から仲良くなってトイレに行くのもご飯たべるのもずっと一緒にいました。去年の夏休み、いーちゃんがお家の都合で10日間ぐらいレッスンを休んだ時「みんなに置いていかれるのは悔しい!」と私達が10日もかけて覚えた手をつなぎながら公演のダンスをたった1日で覚えてきたんです。その決めた目標に向かってがむしゃらに進むいーちゃんの姿にいつも背中を押されます。しっかり者で 涙もろくて メンバー想いでチョコレートが大好きな いーちゃんが私は大好きです。私はもっとね、いーちゃんのいろんな気持ちに寄り添ってあげられる人になりたいなって思ったよ。これからもよろしくね。いつもありがとう。」[13]

性格・趣味

  • 同期の冨吉明日香によると 、「リーダーシップがあって、掃除だったり集合だったり必ず守って呼びかけてくれたり、人一倍努力家でまっすぐで。信頼できる仲間です!」[41]
  • 長所は、楽屋を盛り上げられること[10]
  • 短所は、ネガティブ[10]
  • 趣味:ダンス。モダンバレエを約7年間習っていた[10]
  • 特技:側転、バドミントン[9]
  • 好きな食べ物は、パン、チョコレート[38]
  • 好きな飲み物は、レモネード[38]
  • 好きな果物は、パイナップル[38]
  • 苦手な食べ物は、レバー[38]
  • 好きなサイリウムの色は、白[36]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

HKT48

劇場公演ユニット曲

HKT48 研究生1st 「PARTYがはじまるよ」公演

  • クラスメイト
  • 星の温度
  • キスはだめよ

HKT48 研究生2nd 「脳内パラダイス」公演

  • 君はペガサス
  • くるくるぱー

HKT48 ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ
  • パジャマドライブ
  • 純情主義
  • てもでもの涙
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームKIV 1st 「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは
  • 嵐の夜には
  • キャンディー
  • ロッカールームボーイ
  • 夜風の仕業

出典

  1. ^ a b c d e 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P150より。
  2. ^ a b c HKT48 チームKIV 後藤泉 卒業のご報告 - HKT48オフィシャルサイト(ニュース)2015年10月1日
  3. ^ a b 尾崎充 投稿 - Google+ 2015年10月1日 ArKaiBu Gugutas
  4. ^ 握手会あるある (2015/07/19、17時開演、チームKIV) - AKB48@メモリスト 2015年7月24日
  5. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2013」P188より。
  6. ^ a b c d 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P130より。
  7. ^ 冨吉明日香 投稿 - Google+ 2013年4月20日 ArKaiBu Gugutas
  8. ^ 後藤泉 プロフィール - 後藤泉の活動記録(AKB48@メモリスト)
  9. ^ a b c 光文社「FLASHスペシャル」2013年9月20日増刊号より。[要ページ範囲]
  10. ^ a b c d e f g 東京ニュース通信社「B.L.T」福岡・広島版 2014年1月号より。[要ページ範囲]
  11. ^ HKT48 OFFICAIL WEB SITE 2012年6月23日付
  12. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年5月23日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ a b 田島芽瑠 投稿 - Google+ 2013年9月27日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ HKT48第二期生 後藤泉より - HKT48オフィシャルブログ 2012年9月29日
  15. ^ 角川春樹事務所刊 「HKT48成長記 腐ったら、負け」より。[要ページ範囲]
  16. ^ 神志那結衣 投稿 - Google+ 2013年9月27日 ArKaiBu Gugutas
  17. ^ 井上由莉耶 投稿 - Google+ 2014年2月11日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ 『EX大衆』 2014年12月号より。[要ページ範囲]
  19. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2013年8月29日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2013年9月27日 ArKaiBu Gugutas
  21. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2013年9月28日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年1月11日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年4月6日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年6月7日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年8月31日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年10月5日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年2月27日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年4月2日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年5月20日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年6月6日 ArKaiBu Gugutas
  31. ^ 後藤泉 18歳の生誕祭レポート 「HKT48を卒業します」 - 後藤泉の活動記録(AKB48@メモリスト)2015年10月1日
  32. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年10月5日 ArKaiBu Gugutas
  33. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年10月30日 ArKaiBu Gugutas
  34. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2015年10月31日 ArKaiBu Gugutas
  35. ^ 芝居屋企画投稿 - Facebook 2016年2月8日
  36. ^ a b 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年5月24日 ArKaiBu Gugutas
  37. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年6月10日 ArKaiBu Gugutas
  38. ^ a b c d e 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年6月1日 ArKaiBu Gugutas
  39. ^ 後藤泉 投稿 - Google+ 2014年5月22日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ 日刊スポーツ新聞社「月刊AKB48 Group 新聞」 2014年7月号より。
  41. ^ 冨吉明日香 投稿 - Google+ 2013年9月27日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク



ご意見を共有しましょう