エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

今出舞

提供: エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
SKE48
今出 舞 いまで まい
2012年SKE48プロフィール 今出舞.jpg
公式ニックネーム

いまで

所属事務所

PKP

生年月日

1993年6月12日 (26歳)

出身地

大阪府

血液型

B型[1]

身長

156cm

スリーサイズ

B84 W61 H88

合格期

3期生

選抜回数

0回

サイリウム

ピンク

今出 舞(いまで まい、1993年6月12日 - )は、SKE48の元研究生。現在はグラビアアイドル、タレント、女優。大阪府出身。PKP所属。

略歴

2009年
  • 11月13日、SKE48第3期生オーディションに合格。
2012年
  • 4月23日、SKE48からの卒業を発表。
  • 5月31日、卒業。
2013年
  • 12月1日、PKPに所属。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「上から読んでもしたから読んでも“いまでまい”です」
  • 公式ニックネームは、「いまで」。他には「まいまい」などと呼ばれる。
  • 大阪府出身で、SKE48在籍時は大阪に住んでいた。[1]仕事の時は、大阪から名古屋まで通っている。[2]
  • 関西弁を活かしたテンポの良いMCが魅力。「大阪人だから面白い事を期待されるので、ネタ探しが大変。すごいプレッシャーなんですから」[2]
  • 痩せようとは思ってる。[1]
  • 必殺技は、「悩殺ウインク。笑」[3]
  • 将来の夢は、女優。[4]
  • 元々AKB48の宮澤佐江のファンで、握手会に行ったりしていた。[5]
  • AKB48のオーディションも受けた事があるが、不合格だった。[5]
  • 他に、JK21(関西のアイドルグループ)のオーディションに応募するも不合格だった。それ以外にも何十個も受けたが、すべて不合格。[6]

SKE48として

2009年

  • 11月、SKE48も好きだったので、第3期生オーディションに応募し合格。SKE48のオーディションを受けたきっかけは、「様々なオーディションを受けてきて、やっと 受かったのがSKE48でした。今はSKE48でよかったなと思います!!」[3]

2010年

  • 2月25日、同期から小木曽汐莉が最初に昇格。3期生は3つ目のチーム(チームE)を結成するためのメンバーではなく、研究生から始まり、認められた者だけが昇格するという状況だった。

2011年

  • 湯浅洋(当時の劇場支配人)「スタイルも良くなり、可愛くなってきている。劇場で見せる関西弁炸裂のトークも面白いよね」[2]

2012年

  • 2月6日、チームE公演に出演。
終了後のGoogle+「E公演終わりましたっ!! なんとなんと、本当に嬉しいことに、また『天使のしっぽ』をさせて頂きました(;ω;)!! 研究生がユニットにも参加するのは、メンバーからもファンの方からも、きっと賛否両論だということはわかってます。でも、だからこそ、少しでも多くの人に認めて頂けるように頑張ろうと思うんです! すごく楽しかった。今回、再びチャンスを頂けたことに本当に感謝です」[7]
この日は、選抜メンバーである木本花音金子栞が、東京での歌番組収録のため、高木由麻奈が学業のため休演していた。休演者がいる場合、アンダーとよばれる代わりのメンバーが出演するが、この日は、今出・斉藤真木子内山命鬼頭桃菜の4人の研究生がアンダーとして出演していた。[8]しかし、全員が出る全体曲は必ずアンダーが出なければならないが、ユニット曲の場合は、研究生のアンダーでなくても他の正規メンバーが出演する事は可能。この日は、研究生の今出がユニット曲『天使のしっぽ』に出ており、本人が「メンバーからもファンの方からも、きっと賛否両論だということはわかってます」というコメントをしているのはそのため。[独自研究?]
  • 2月7日深夜4時頃、「スマホをいじってたらいつの間にかログアウトしちゃって、さっきやっとスタッフさんに教えてもらってログインできました笑 でもログアウトしちゃって正解かも。いろんな子のブログなどを読んでたら悔しくて悔しくて、涙がとまらなくなってました」と、数時間前とはまったく違うテンション。[9]
「いろんな子のブログ」というのが誰を指しているのかは不明だが、チームEメンバーのブログによると、この日の公演終了後、Eでは反省会が行われたという。
磯原杏華「今日は公演終わりにみんなで振り返ったり、反省会をしたり、次に繋げる準備が出来たかなって思います」[10]
小林亜実「みなさんの目にはどう写ってるんでしょうか? ユニット、、チームEメンバーが休演したときに、『チームEメンバーだけでなんでやらないの?』って思われてると思います。私たちもみんな悔しいです。チームEメンバーでできるのに、振りも立ち位置も覚えてるし、なんでやらせてもらえないんだろうってすごく悔しいです。でも、今のままのチームEにはやらせてもらえない理由があるみたいです。悔しいけど、今できることをやるしかないから、チームのために何ができるか考えています」[11]
山下ゆかり「ずっと「やらせてください。」と言っていたんですが、力不足で やらせていただくことはできず…。お手紙や、コメントで「なんで、やらないの?」という声を聞いても、ずっとずっと、ただただ「悔しい。」って思うことしかできなかった」[12]
など、特にユニット曲を、Eのメンバー・研究生どちらが担当するかなの話し合いがあったようだ。それに対して研究生側からは「チームEにはもっと危機感を持ってほしい」「もっと頑張ってほしい」という意見もあったという。[12]ちなみにこの2期研究生は、今は研究生だが元正規メンバーで、4期生が中心のEメンバーよりも先輩に当たる。研究生などは、選抜メンバーとは違ってメディアに呼ばれる事は少なく、劇場公演で多くのアンダー経験を積むことは、ファンやスタッフに認めてもらえるという数少ないチャンスでもある。どちらもユニット曲に出たい気持ちは同じ。[独自研究?]
この件が今出の事と絡んでいるのかは不明だが、当人は最後に「もう大丈夫!! 落ち着いたぜっ☆ こんな時間まで考えた結果...みんな頑張ってるんだよ!! うん。笑 努力してない子なんかおらんし、するのが当たり前やねんけどね♪ 頑張っているからこそ認められたら嬉しいし、認めてもらえなかったら悔しいと誰もが思う。でもそれを嘆いてても始まらんから、私は前に進みまーす。悔しいことなんて皆これからもいっぱいあると思うし、今までも悔しいことだらけでした。でもその度に自分が強くなっていくのも実感できました。あぁ、SKEって素敵ね。笑 これからもメンバーと切磋琢磨して成長していきたいと思います♪」[9]
  • 3月8日、山田恵里伽間野春香が、SKE48からの卒業を発表。「えりかと間野ちゃんの卒業、だいぶ前から知ってたよ」[13]「皆さん、たくさんのコメントありがとうこまざいます!! 現実逃避しかけていた心が戻ってきました。笑 だから前2つの記事は消しちゃいました。コメントしてくれた人、ごめんなさい! ちゃんと読んだからねっ。卒業は誰もがいつかは通る道!! その時がきたときに、ああしておけばよかった、こう言っておけばよかったって後悔しないように、今しかない時間を大切に、どのメンバーやファンの方にも接していきたいと思います! 会えなくなるわけじゃないもんね。どれだけ遠くに行っても会おうと思えば会えるよねっ」[14]
  • 4月23日、研究生公演で、SKE48からの卒業を発表した。「ちょっと前から考えていた。(3月に高校を卒業し)ファンの皆さんから進路について聞かれても本当のことを答えられなくて、ファンの方々を騙してしまったことになるかもしれない。そのたびに心が痛んで、早く言わなきゃと思っていた」と心境を明かした。今出は現在足を怪我をしており、このままダンスを続けると疲労骨折をしてしまう恐れがあるため、このタイミングでの卒業を考えたという。卒業後は海外への留学を計画中で、帰国してからは大学進学を視野に入れつつ、将来の夢である女優を目指すという。[15]
また、5月末で卒業となり、6月に行われる第4回総選挙は出馬辞退へ。今出は、SKEの「黄金世代」と呼ばれる3期生の一人で、小木曽汐莉、須田亜香里らと同期。研究生ながら人気は高く、昇格の有力候補でもあった。[16]今年に入って48グループからは卒業が相次いでおり、SKE48もこの数ヶ月だけで、中村優花小野晴香間野春香山田恵里伽などが立て続けにグループを卒業している。
  • 本人のGoogle+への投稿。
「詳しいことはまた改めて書かせてください。とりあえず、ごめんなさい」[17]
「正直、自分でも実感がわきません。でも後悔はしてません!」[18]
「あれやな、あと1ヵ月ちょっと。いっぱいエンジェル会せなあかんな!!笑 明るいエンジェル会!! みんな、寝不足になってでも参加せなあかんで?笑 」[19]
  • 今出の卒業発表を受けて、他のメンバーの反応。
    • 斉藤真木子「公演おわりましたっ。みんなコメントありがとう! 支え合う、それが仲間です」[20]
    • 木下有希子「SKEに入って一番最初に喧嘩したのが今出でした。留学頑張ってね」[21]
    • 内山命「突然の卒業発表。なんで気付いてあげれんかったんやろう…。正直めっちゃ寂しいけど、5月いっぱいまで活動するそうなので、今出にひっつき虫になります」[22]
    • 鬼頭桃菜「今出の卒業知らなかった」。斉藤真木子「わたしも」[23]
    • 松村香織「今出の件、びっくりしすぎてなんも言えないよ・・・え?え? 3期生(´;ω;`) 」[24]
    • 上野圭澄「まいまいの卒業、数ヶ月前に聞いて、2人で抱き合って泣きました。そのときも、まいまいは「ごめんね」って言ってたな…」[25]
    • 井口栞里「数ヶ月前から、知ってました。今出は、きっとすごく前から考えてたと思います。留学ってゆう新たなスタートをみんなで応援しましょう! 」[26]
    • 高田志織「いまでーーー(;_;) 仲良しのいまで。もう仲良さげなんて言わないから(;_;) 先輩として、もっと支えてあげること出来たはずなのにな」[27]
    • 古川愛李「嫌でもウチのこと忘れないようにいっぱいちゅーしてやる!!!」[28]
    • 松井玲奈「たぶんほとんど誰にも言ってなかったのでしょう、今日私と一緒にいたメンバーも発表に困惑していました。私は少し前に本人から聞いていたので、正直今日が来なければなんて思ってました。でもね、今出はちゃんと自分の新しい道を見つけて卒業を決めています。今出の夢がここにはないのなら、違う道へ進むことは間違ってはいないと思うんです。本音を言えば今出にはチームSにきて欲しかったし、もっと一緒にステージに立ちたかった。寂しいですよ、とっても。昇格をお祝いしたり、紅組のMVもいつか一緒に撮影もしたかった。それは叶わないけど…あと一ヶ月、その一ヶ月を大切に一緒にすごしたい。いっぱい変顔教えてもらいます」[29]
    • 原望奈美「みなみが舞台やってる時、ほんとに辛いことが重なって、名古屋に帰ってきて、名古屋駅を一人でポツポツ歩いてたら、偶然今出さんが買い物終わりで、ばったり会って。『えー!!WびっくりW』って二人でひたすら笑ってた。『え、原みな何しとるん?W』。『舞台のお稽古帰りです』。その時今出さんに『帰るの?』って聞かれて、なんか『帰ります』って言いたくなくて、なんとなく言い方変えて『帰るつもりでした』って、言ったら、今出さんが『え、帰んの~』って言ったから『え、どうする?』って言ったら『何する?』って流れになって二人は帰るつもりがスタバに(笑)。いつも通り、今出さんはおもしろくて、心の中の雲を流してくれたんだっ。舞台のお話も聞いてくれた。服の好みが似てるから買い物一緒に行こうねって話もした。もしあの時、今出さんと会わなかったら、みなみの心は曇ったままだった。今出さんに会って、元気もらえた」[30]
    • 木下春奈NMB48)「今出のまいまいが...そんなこと聞いてないぞっ!!!!」[31]
    • 村上文香(NMB48)「SKE48 今出舞さんの卒業。『さん』でいいのか、『ちゃん』でいいのか…(笑)。初め聞いたときは本当に驚きました。毎日、学校が終わって、名古屋の生活をずっとずっと頑張ってたから。ただただ、すごいなー!とずっと思っていました。留学の話も、うっすらとは風の噂で聞いてました。ただ、今出の劇場で楽しそうに踊る姿がすきでした。もうその姿が見れないと思うとすごく残念です。自分にはない社交性を持っている今出を尊敬していました。あやかは、今出の新しい道を応援します! いまでー! 最近、忙しくて遊べてないなー! また遊びましょう!」[32]
    • 吉田朱里(NMB48)「会ったら、アカリーンって叫んできてくれるまいさん。ずっとくっついといてくれるまいさん。朱里が復帰したとき、一番にメールをくれたまいさん。ちょいと変なまいさん。NMBにすっかり馴染めてるまいさん。姉妹グループの中で一番、朱里が仲良くなったのがまいさんでした」[33]
今出は「たくさんのメンバー、友達がメールや電話をくれます。ブログやぐぐたすも。.....嬉しいやないか!笑 ちなみに、えりかとも電話したしゆいみんさんからもメールきたよ。笑」[34]
  • SKE48劇場支配人の湯浅が運営事務局ブログで経緯を説明。
「本日の研究生公演で、3期生の今出舞が5月末日をもって、SKE48を卒業させていただく事を発表させて頂きました。SKE48のメンバーとして今まで頑張ってきましたが、留学して大学生になるという、新たな彼女は挑戦を選ぶ事になりました。また、両足の状態も完全ではなく、これ以上踊り続ける事により疲労骨折になるかもしれないという不安にもかられていました。この足の状態は普段の生活をしていれば、元通りになるそうなので、我々も安心しました。もう一つの夢である、女優になる事!!叶えて欲しいと思います。今まで応援して下さったファンの皆様、有難うございました。今後とも今出舞を見守って頂けたらと思います。最後まで、応援宜しくお願い致します」[35]
  • 4月24日、卒業発表直後に撮影された動画が、湯浅のGoogle+投稿で公開された。
湯浅「今日ついに卒業を発表しましたが、公演でも言ってたけれども、留学とか、足の怪我のこととか、足が痛いってのも前から言ってて、実際どうなんですか、今は」
今出「今ちょっと無理して踊る分は大丈夫なんですけど、なんか安静にしてたら治っていくって言われて、公演もやらせて頂いているので安静にできなかったので、どんどん歩いているだけで痛くなってきてしまったので、まぁ先を考えて、ということですね」
湯浅「留学ってどこ行こうとしてるの?」
今出「イギリスです」
湯浅「留学って、帰って来て、大学に行って、それで将来の夢を」
今出「まぁ考えようかなと」
湯浅「なるほどね。とにかく、応援してきてくれたファンの皆さんが一番悲しんでいると思うんで、最後に一言言ってあげて下さい」
今出「急な発表になってしまったんで、驚かれた方もたくさんいてると思うんですけれども、今まで応援してくださった事を忘れずに、これからの夢に繋げていきたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします。本当にありがとうございました」[36]
  • 4月25日、SKEmailとGoogle+でファンに対するメッセージ。
「私は5月いっぱいでSKE48を卒業します。理由は前からしたかった留学と脚のケガ。留学を決めたのは去年の末でした。高校生の間はSKEの活動に専念したかったので、 大阪の高校には通っていましたが、できるだけSKEを優先してきました。だから大学受験の勉強もしていませんでした。もし私がもっと器用でできる子だったら、両立できていたかもしれません。でも1つのことに夢中になると他が見えなくなる性格やから、きっと中途半端なSKEの活動、中途半端な大学にしか行けなかったと思います。だから落ち着いてから大学を目指そうと思いました。そして、どうせ現役で大学に行かないなら その間にもっといろんな経験を積みたいなと思って、英語は話せるようになりたかったので留学することにしました。その時には、もうSKEの活動に満足していたのかもしれません。だって高校生の間に悔いがないくらいがむしゃらに突っ走ってきたから! それでも昇格できなかったんだから、もういいかなって(^^) そう思ってたとき、今年に入ってからかな、脚のすね辺りが徐々に痛くなってきました。最初は踊ってたらたまに痛むくらいでしたが、そのうち歩いてても痛くなってきて、病院でみてもらったらシンスプリントというケガでした。簡単に言うと使い過ぎてなるものなので、安静にしてると治るのですが、これ以上無理を続けると疲労骨折になる恐れがあるっていうケガです。それが両足なっちゃって、あぁこれはもう神様が「SKE48では十分がんばったよ、新しい自分にチャレンジしたら?」って言ってくれているのかなって思ったんです! だから私は次のステップに進むことを決意しました。ケガがなくても留学には行ってたと思いますけどねっ 帰ってきて、大学生になったらまた自分の夢を追いかけます。あと、SKEの新曲の握手会に参加しなくてごめんなさい。実はもう6月の末には留学に行く予定なんです。行き先はイギリス。AKBさんの方は私もよくわからないので公式アナウンスをお待ちください! こうやってどんどん新しい生活が始まろうとしてるのに、楽しみなのに、自分でも実感が沸きません。だから応援してくださった皆さんも気持ちの整理ができなくて当然だと思います。背中を押してもらうのも嬉しいし、寂しがってもらうのも嬉しい。私もまだ頭がごちゃごちゃしてます。皆さんとゆっくりでもいいから歩んでいけたらいいなと思ってます」[37]
  • 4月28日、「皆さん、重大なお知らせです。私の握手会、明日で最後だそうです。私もさっき知りました。
楽しみにしてくださっていた方、ごめんなさい!!! ぐぐたすで絡みましょう」[38]
  • 5月10日(収録日)、白夜書房「BUBKA」2012年7月号[要ページ範囲]に収録された斉藤真木子(当時研究生)・今出舞のインタビューより。
―まずは2人が考える研究生公演における役割を教えて下さい。
斉藤「ありがたいことにセンターに立たせて頂くことが多いんですけど、実は周りを見ることがすごい苦手で。精一杯自分のパフォーマンスをすることで、みんなを引っ張れたらという意識でやってます」
今出「研究生の中では、真木子さんが先を走ってるじゃないですか。私はそこに乗り遅れそうになっている後輩の子とかを助ける役目かなと自分的には思っています。真木子さんは感情のままに動いてしまうことがあるんで、レッスンでも厳しめに言うんですよ。『いい加減にしいや!』って。とにかくこの人は言葉が足りひんから(笑)」
斉藤「怒ったら、怒りの感情しか出てこおへんから…」
今出「それを分かりやすく伝える役目にもまわってます」
―ベストコンビですね。昨年5期生がデビューしましたが、その初日の出来に真木子さんが納得できず、雷を落としたという話を聞きました。でもその1ヶ月後に見た時には、段違いにレベルアップしていたんで驚いたんです。何かアドバイスのようなものはあったんですか? 
斉藤「言うことは毎回一緒だったんですよ。意識が足りないって。自分たちがどするかで、評価は勝手についてくるものですから」
今出「たぶん、その1ヶ月で5期生だけじゃなくて、うちらも意識が変わったと思うんですよ。5期生が入ってきたことで、新しいもの好きのファンの方も多いし、流れていくこともあるから。だからこっちも頑張ろうって気にもなるし」
―SKEには他のグループにはない“SKEらしさ”を感じているんです。特に今の研究生公演からは感じるんですけど、それって何だと思いますか?
斉藤「やっぱりうちらは、歌うにしても踊るにしても、激しいパフォーマンスが売りやと思います。AKBさんもNMBさんも同じ48グループやけど、同じには見られたくないというか。ライバルやし、AKBさんのコンサートに出させて頂く時も、どう勝負するかっていうのをみんなで考えたりもしてるし。そういう意識は研究生にも叩き込まれてますね」
―SKEならではという意味では、自主練があるんじゃないかと。皆さんいつも自主練をしてますよね。
今出「研究生だと特にですね。呼ばれた時困るのは自分やし。もう勝手にやらないとって気持ちなんです。覚えた方がチャンスも増えるじゃないですか。出られるポジションが増えるから」
斉藤「最近、江籠ちゃんがめっちゃおるよね(笑)」
―今出さんは足に怪我をされてましたけど、思うように自主練できない不安もあったんじゃないかと思います。
今出「動いているつもりでも無意識にかばってしまうことがあって、イライラすることになってしまって。ストレスが溜まりましたね。でも公演には出たかったんです。だから、ステージの上で骨折れるんやったら、ぐらいの気持ちは持ってました。でももしそうなったら、将来のこととかにも関わってくるし。しばらくお休みさせてもらうことも考えたんですけど、公演に出られないのだったら、SKEにおる意味がないって思ったんで、卒業させてもらうことにしました」
―SKEに入って、良かったこと、悔しかったことは? 
今出「良かったなって思うことは…すべてですね。一つ一つのお仕事だったり、公演に出られたり、握手会だったり。悔しいことは…やっぱり応援してきて下さった方に、結果を残す恩返しが出来なかったことです。昇格だったり、紅組白組への選抜だったり」
―でも僕らも含めて、公演に来てるファンたちからは、本当にすごく愛されていたと思いますよ。
「ありがとうございます。私はSKEを選んで正解でした。研究生で終わっても、全然悔いは無いぐらい本当に楽しかったんで」
―研究生ですけど、やっぱり真木子さんの存在が大きいんじゃないかと思います。『片想いFinally』の間奏でのジャンプなんて、異常じゃないですか(笑)。
斉藤「…あれはぶっちゃけ、ああいう振りじゃないんですよ」。―知ってます(笑)。
「レッスンの時にあそこが出来やんくて。で、ああやったら出来たんですよ。それでダンスの先生にも面白いねって言われて。でもあれは研究生公演やったら出来るけど、他の公演では…」
今出「やってたやん! みんな『真木子のあれ、違うよな』って思っとるで(笑)。でも格好良いから。それで本当は乱れる時はちゃんと言うんですけど、個性を出して良い部分はそれもSKEらしさかなって。ちゃんと揃える部分は揃えるんですけど。自分ができる精一杯はした方が良いと思うんで。それに、みんな無意識に真木子さんに引っ張られてるんですよ。だからどんどん激しくなってくるんでしょうね(笑)」
―今日はありがとうございました! じゃあ写真の撮影をしましょうか。
今出「卒業記念で私のソロ表紙ですよね!?」
―すいません…今月は玲奈さんです(笑)。
今出「なんやねんもう!」
  • 5月21日、松村香織がGoogle+に投稿した動画コーナーに出演し、質問に答えている。
松村「卒業発表して後悔しているか」→今出「いいえ。全然してないです」
松村「所属するグループの支配人(湯浅のこと)を尊敬しているか」→今出「いいえ。尊敬っていうのとは違うな」
松村「松村香織より可愛いと思っている」→今出「はい」
松村「ぶっちゃけ、SKEよりAKBに入りたかった」→今出「いいえ」
松村「3期生でよかったですか?」→今出「はい」
松村「グラビア(水着)は苦手だ」→今出「いいえ」
松村「正直、自分は胸厚(巨乳)だ」→今出「はい」
3期生の話。
今出「最初どうなることかと思いましたけどね。バラバラ過ぎて」
松村「話し合ったりもしたしね」
今出「話し合いやねんけど、最後怒鳴り合いみたいな。ちょっと言い合いになって。1回あったんがさあ、私としゃわこ『うわぁー』ってなって、ゆりあが平和主義でそういうの見たくなくて、泣きながらトイレに走っていってなんかボロボロになったときな」
松村「『なんで居なくなった?』みたいな(笑)」
今出「『おらんやん、集まってや』みたいな。いろいろあったね。でも、そういうのを乗り越えて今があんねやろな。ホンマになんでも言い合えるやん」
グラビアの話。
今出「水着したいですね。だって1回も解禁されることが無かったじゃないですか、私の胸厚が」
松村「自分で胸厚言っちゃう? まぁ言うわな。私もあったら言うよ(笑)」
今出「最初そんなに言われてなかった。ある日を境に…私が認めてからファンの人も『今出には言っていいんや』みたいな感じになって、公になったよね」
松村「なんでだ? なんで分かったんだっけ」
今出「見てる人は見てんねやろ。アンコールのTシャツ…」
松村「言っちゃうそれ(笑)」
今出「ピチピチやからな。(胸に書いている)SKEってロゴが伸びるからな。もう(ファンの)目線じゃっかん下やもん。目合わへんもん。「(気づいてるで)」って思いながら(笑)」
松村「まぁしょうがないよね。そんなに今出も嫌がってないから大丈夫だったっていうことかな」。今出「あるものはしょうがないからね。これはぽっちゃりの特権なんやって」
ぐぐたすの話。
今出「辞めてからでもぐぐたすは出来るから。なんとかして見つけて。私の個人アカウント」
松村「あれグローバルだから、留学先でもできるよね」
今出「そうそうそう。やるつもりやで。探して下さい、皆さん」
昇格の話。
今出「研究生やからこそできた経験もあるし、気持ち的にも強くなれるし」
松村「後悔している? 昇格できなかった今の自分に対して」
今出「どっちなんやろ。研究生やったけど、後悔はしてない。悔しかったって気持ちもあるけど、別に…」
松村「悔いは無いよね」
今出「なんかもう、やり切って研究生やってんから、もういいかなって思った」
松村「今出の場合、昇格できなかったから辞めるとかじゃないじゃんね。そういう風に思われたくないし、私も見てて。それは別だよね」
今出「ホンマにやり切ったから。スッパリ「いいや」って。私は、ここの場所では、精一杯なんかな。別に輝ける場所はここ(SKE)だけじゃないし。そしたら、もっと若い内にいろいろな経験しときたいなと思ったから」[6]
  • 5月31日、劇場で卒業公演が行われた。斉藤真木子からの手紙より。
「今出へ。卒業おめでとう、って言うんかな。よう分からん感じ。今出に手紙書くんは、2回目。覚えてる? 一昨年の生誕祭。サプライズで行ったにも関わらず、『分かってたし』とドヤる今出を見て、誕生日にも関わらず、ぶん殴りたくなりました。出会った時は、借りてきた猫みたいな勢いで、大人しくて。あれ?大阪の子ってこんなんやっけ? と思ったのもつかの間、3期生のくせして、なんかよう分からん貫禄まで出来てきたし、今では『おい、サイトー』と呼ぶくらい、心も体も態度もデカくなりはったね。仕事終わりも休みの日も、なぜかいつも一緒で、2人でご飯何回行ったかな。そんな時、なぜか2人に前説の仕事が飛び込んで来て、ネタとか真面目に考えへんかったけど、現実はそんなに甘くなくて、リハーサルの時、自分らでもおもんないのめっちゃ分かって、焦って本番までめっちゃ落ちて。いざ本番。お客さんは笑ってくれました。ウチらにとってはめっちゃ貴重な経験やったなって思います。この辺から? ウチらが芸人やと思われだしたの。それと同時に、今出のこと、相方やって意識し始めたんかな。私の“おもしろくないキャラ”が定着したのも、今出のお陰です。まぁ嫌いじゃないし、なにげに「おいしいなぁ」って思ってます。そんな今出が卒業って、実感ないわぁ。今出の隣にいることが、どっかで安心感あったし。分かってくれる事いっぱいあったから、助かりました。もちろんぶつかる事もあったけど、真木子が子供なばっかりに、ワガママ聞いてくれましたね。でも後輩が増えてきて、そんな事ばかり言ってられへんくなった。大丈夫…これからは私がちゃんと大人になる。ほんで今出が、ロンドン? ロシア? …どこでもええわ(笑)、から帰ってきた時、たまげるくらいの人間になっといてあげます。だからさ、お互い、また大きくなって会おうね。ほんでまた、いっぱいアホなことしよ? いっぱい笑お? 20歳になったら、お酒飲んだりするんかな? 子供とか出来たら、ママ会とかするんかな? 私、けっこう長いこと関係続くと思ってるけど、いける? 明日からまだ別々の道…。今出やし、心配してないよ。むしろその背中、カッコイイで。尊敬する。明日からは、“おもしろい方の関西人”は私が受け継ぐわ。ほんで、しゃわこに“おもしろくない方の関西人”やってもらうわ。あかん、やっぱり大阪白黒コンビは不滅。あんたやないと、やっていかれへんわ。感謝してもしきれやんし、あんたの抜けた穴はデッカいけど、絶対に、絶対に、ここにいるみんなでデッカくなって、むしろおもろいぐらい最強になるから。こいつらと一緒やったら、出来る気がするから…。安心してください…。あんたと過ごしたこの時間、真木子の人生の中でも、むちゃくちゃ濃かったよ。ほんまに最高やで。多くは語らんけど、また次会う時も笑顔で笑い合おうな。いつもは照れくさくて言わんけど…今日やから言うわ。…ありがとう。斉藤真木子より」
本人の挨拶。「なんかまだこの時間になるまで実感がなくて。メンバーもケロッとしてて。発表した後も今まで通りやったから、実感は湧いてなかったんですけど、こうやって、みんなが泣いてくれて、ファンの人も泣いてくれて。すごい幸せ者やなと思います。まさかSKE48に入った時は、自分がこうやって卒業するとは思わなくて、ずっとおるもんやと思って、昇格を目指して頑張っていこって思ってたんやけど…。こうやって続けてきて、違う道が見えてきて……もうSKE48では悔いがないなって思ったんです。でも、ずっと応援してくれた皆さんがいて、『昇格する日を待ってるね』って言って下さったんですけど……それが、昇格という形で恩返し出来なくて、本当にこの1ヶ月間、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも、長い目でみると、ここは通過点だと思うので、違う形で皆さんには恩返しがしたいと思います。こうして約2年半、続けてこれたのは本当に奇跡に近いと思っています。本当に夢みたいな2年半で…一瞬でした。でも、また何かの機会で呼ばれる事もあるかも知れないので、イギリスに行っても…ロシアじゃないけど(笑)、イギリスですよ。イギリスに行ってもおもしろい事を日々探して過ごしたいと思っているし、次みんなに会った時は、ドヤ顔で『リオの革命』のセリフを言いたいと思います。本当に2年半続けてこられたのは、いつも応援してくださるファンの皆さん、家族、スタッフさん、そしてメンバーのお陰です。本当に良い仲間に巡り会えたなって思っています。
最後に聞きたい事があるんですけど、いいですか? 私はSKE48に必要な存在になれていましたか?」。観客「(大声援)」。「…ありがとうございます。やっぱり移動時間が長いと、考え事することも多くて…。私はSKEに本当に必要なのかな?って思った時期もすごいいっぱいあって…。一人で泣きながら帰ったりすることもあったんですけど…、こうやって最後に、皆さんに“必要な存在”って言われて、本当に幸せです。でもこれがお別れではないので、また、すごくすごく良い女になって帰ってくるので、またどこかでお会いできたらいいなって思います。本当にありがとうございました」
  • Google+に今出が憧れていた宮澤佐江からのメッセージより。
「SKEの今出ちゃん!卒業おめでとう。直接言えなくてごめんね。これからも、お互い応援しあいっこしていこうね!心から応援しています」[39]
今出「本当に本当に本当に嬉しいです。ありがとうございます」
  • 最後のGoogle+更新。
「これが本当に最後の更新です。私はSKEに入って本当に楽しかったです。後悔したことはありません。学校との両立を選んだのは私やし、大阪から通うことを決めたのも私。『名古屋に住めばいいのに』とか『NMBにいけばいいのに』ってたくさんのファンの方に言われました。確かにそういう手段もあったのかもしれません。でも私はこれで良かった。そう自分に言い聞かせて活動してましたが、やっぱり不安になるときもありました。自分は本当にSKEに必要な人間なのか。でもその不安は今日で無くなりました。同じ質問を今日の公演の挨拶で言ったとき、たくさんの「必要だよ!」っていう声がしたから。私はずっと皆さんに愛されたかった。難しいことかもしれないけど、全てのファンの方、スタッフさん、メンバー、私と関わりのある人、全てに。でも今日やっと少し叶ったのかなって思えました。あれだけ一緒に泣いてくれて祝ってくれるファンの方、メンバー。終わった後に花束やプレゼントをくれるスタッフさん。ケータイを開くとたくさんの友達からのお疲れ様!!っていうメール。少し自信が持てました。愛されてるなぁって。本当に私はこの2年半、幸せ者でした。でもこれからもっともっと幸せになります。いつかまた、自分の夢を叶えて皆さんの目の前に現れるから覚えとけよっ!笑 それと忘れちゃいけないこと。私がSKEを続けてこれたのは、間違いなく家族のおかげが大きいです。パパ、単身赴任しててなかなか会われへんけどいつもお仕事がんばってくれてありがとう。おかん、しんどいのに毎日車で時間をかけて迎えにきてくれてありがとう。弟くん、私のせいでいろいろ我慢させちゃってごめん。それやのに毎回DMMで公演を観て応援してくれてありがとう。SKEに入ったり、留学したいって言い出したり、わがままでごめんね。絶対に恩返しするからね。そしてファンのみなさん、今まで応援してくださって本当にありがとうございました!!! でも...これからも今出舞をよろしくお願いします! たまに頭の片隅で思い出してくれたら嬉しいなぁっ みんな、だーいすき!!!!!! それじゃっそろそろエンジェルは飛び立ちます☆またねっっ♪」[40]
  • 6月6日、「NEWSポストセブン」のWEBで、AKB48の選抜総選挙と合わせ、今出の卒業についての記事が掲載される。

本日6月6日、AKB48の選抜総選挙が実施される。大島優子がトップに返り咲くのか? それとも、ビッグサプライズが起こるのか? AKB48だけでなく、SKE48、NMB48、HKT48も含めた過去最多の237人もの候補者のなかから、頂点に輝くのは誰か。今年も話題を集めている。
そんななか、SKE48の今出舞(19)が5月31日をもって、ひっそりと卒業した。
「上から読んでも下から読んでも、いまでまいです!」というキャッチフレーズで、ファンにも親しまれた彼女。残念ながら、研究生のまま、選抜メンバーに選ばれることもなく卒業となってしまったが、常に明るさを忘れないキャラクターは研究生の鑑となっていた。SKE関係者がその素顔を明かす。
「3期生として2009年11月にデビューしてから2年半、ずっと研究生というのは相当辛かったはず。自分より後に入ってきたメンバーが、どんどんチームに昇格し、選抜メンバーにも選ばれていくわけですからね。彼女はそんな状況にもめげず、常に周りを笑わせていたし、叱咤激励もしていた。
2002年のサッカー日韓W杯で控え組にもかかわらず、チームの精神的支柱となったゴン中山(雅史。現・コンサドーレ札幌)のような存在でしたね。
あの明るさは、回文になっている名前が関係しているかもしれません(笑)。彼女いわく、『名前は父親が遊び心で決めたんですよ。漢字は適当です』と笑いながらいっていました」
地元・大阪から名古屋まで通ってレッスンに励んでいた彼女。まだNMB48が誕生していなかったこともあり、SKE48に応募したわけだが、周りはほとんど名古屋圏からの女の子ばかりだった。
足のケガを負い、「このままでは公演に支障をきたしてしまう」という責任感から卒業を決めた。今後は女優を目指すという。SKE48での下積みが、いつか花開くはずだ[41]

SKE48卒業後

2013年

  • 12月2日、Twitterで1日からPKPに所属した事を発表[42]

2014年

  • 7月13日、東京都内で、グアムで撮り下ろしたファーストDVD「my.mai」の発売記念イベントを行った。
「一人でイベントを開けるのはありがたいことやなと思う。でも演技をやりたい。ゆくゆくは映画にも出たいし舞台でキャリアを積んでいきたい。憧れは、カッコイイけどコミカルな役もできる篠原涼子さん。グラビアの活動はしばらくいいかな(笑い)。需要があればという感じで…」
2月に行われた大組閣において、自身がSKE48入りする前からファンだったことを公言している宮澤佐江がSKE48との兼任となったことについて報道陣の取材に対し、「SKEに移籍してきたので、辞めなきゃよかった」と本音を漏らした。[43]

交友関係

  • 仲の良いメンバーは、「ほんまに全員仲が良いから選べないです!」[44]同じ大阪出身の斉藤真木子とはよく遊んでいる。
  • かなり社交的な性格で、NMB48メンバーやAKB48メンバーとも交友がある。
鬼頭桃菜「誰とでも仲良く、先輩でも関係なくタメ語で話せるのは今までもこれからも今出ぐらいだと思うなー! 後輩のはずなのに全然気にならなかったもん(笑)」[45]
  • NMB48で仲の良いメンバーは村上文香で、大阪の高校のクラスメイトでもあった(2012年3月、共に高校を卒業)。[46]
  • 好きなメンバーは、山田恵里伽。好きなところは、「かっこいいところ、ダンスが上手なところ、可愛いところ、繊細なところ、純粋なところ、優しいところ、たまにSなところ、匂い、スタイルがいいところ、ごく稀に力強くぎゅってしてくれるところ...」[47]
  • 推しメンは、内山命[48]AKB48は、宮澤佐江[3]NMB48は、吉田朱里福本愛菜。「朱里ちゃんとは前にアドレスを交換して頂いて、少しお話しもできたんですけど、愛菜ちゃんとはお話ししたことがないので今度話せたらいいなぁ」[49]HKT48は、検討中。[3]JKT48は、シンディ・グラ。[3]
  • 尊敬しているSKE48メンバーは、平田璃香子[46]
  • 3期生(同期)について。「所属するteamは皆バラバラやけど、コンサートの後とかに集まったりする! なんだかんだ3期生すごく仲良しです。もう1回皆で踊りたいねーっていう話しをよくします」[50]
  • 憧れているメンバーは、内緒。[48]
  • AKB48の推しメン&憧れているメンバーは、宮澤佐江。「永遠に私の推しであり、憧れですっ!!」[48]
  • AKB48の中塚智実内田眞由美を足して2で割った顔だとよく言われる。[51]また、入山杏奈に似ていると言われることもある。「たまにファンの方に似てるって言われるんです(ノω≦) と、とんでもないっ(;・ω・) あんにんさんが美人すぎて申し訳なくなりますよね。笑 でもあんにんさんもファンの方に私に似てるって言われることがあるそうですっ(´∪`*) 嬉しいーっ(;∀;) どうかな?似てますか?」[52]

性格・趣味

  • 長所は、元気で明るい。「周りからウザいって言われます(笑)」[5]
  • 自由奔放に生きることが人生のモットー。[1]
  • 自分の中で流行っている言葉は、エンジェル。たまに開催するエンジェル会とは、早い話が雑談。
  • 趣味は、いたずら、買い物、女性アイドル鑑賞。[1]
  • 特技は、小学校1年生から9年間習っていたバレエ。バトントワリング(3年間)。百人一首(14年間)。[5][1]
  • 好きなものは、可愛いもの、ボーイッ シュな女の子。[1]
  • 好きな食べ物は、アイス。チョコ。[4]
  • 好きな飲み物は、イチゴみるく、ココア、ミルクティー、オレンジジュース。[53]
  • 好きな言葉は、臨機応変。[4]
  • 好きなキャラクターは、「バイキンマンとキティちゃんかな。でもあんまりこだわりはない。笑」[54]
  • 好きなアニメは、『金色のガッシュベル』。[48]
  • 好きな男性のタイプは、ツンデレな人。[5]
  • 好きな男性の髪型は、「んー、よくわからんっ!笑 特にこだわりはないです。笑 ごめんねっ」[53]
  • 男性の好きな服装は、「んー、これもよくわからない。正直あんまり服装とか見てないです。笑 だってわからんもんっ!笑 だからあまり気にしないでください。笑」[53]
  • 理想のデートは、「お家でまったりしたいです」[5]
  • 好きな匂いは、「せっけんとか爽やかな感じの匂いが好きです!」[53]
  • ミドリガメを2匹飼っている。[54]
  • 家族構成は、単身赴任中の父、母、弟。[1]
  • 小林亜実による紹介。
「いまでまい、今出、動けるぽっちゃり
好き:こあみケーキ、たい焼き、ピザ
嫌い:ピーマン、筋肉痛、ゼロカロリー
ダイナマイトボディーを所有
特技は苺大福つぶし
えりたんの膝の上が好き
ひとの邪魔をするのが好き
最近ツインするのに気がひけている
まきこさんが気になる
地味にこあみを気に入っている
他の48グループのメンバーに話しかけるのが得意
フリフリの服が好き
本当はSじゃなくてMなんだ
天使の風船が手首にからまった
チョコミントのアイスが家に大量にある
すっぴんの今出さんを見た人はラッキー
ハーフみたいって言われると嬉しい
口癖は「あそぼーひまーいま遊んでー」
自己紹介のときだけ声が可愛くなる
そこまでロリコンじゃないかもしれない
以上、勝手な想像で紹介しました」[55]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

SKE48

アルバムCD選抜曲

AKB48

出演番組

脚注・出典

  1. ^ a b c d e f g h https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/gCJq71U2Nyb
  2. ^ a b c 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  3. ^ a b c d e https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/FnSxL1NsbKL
  4. ^ a b c http://www.ske48.co.jp/profile/?id=imade_mai
  5. ^ a b c d e f 『SKE48 COMPLETE BOOK 2010 - 2011』
  6. ^ a b 松村香織 投稿 - Google+ 2012年5月21日 ArKaiBu Gugutas
  7. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/aUawQCQPKJB
  8. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20120206230115302&writer=umemoto_madoka
  9. ^ a b https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/aUawQCQPKJB
  10. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20120206225614041&writer=isohara_kyoka
  11. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20120206230014940&writer=kobayashi_ami
  12. ^ a b http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20120206211521571&writer=yamashita_yukari
  13. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/UsNHG2zbiQa
  14. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/8h33z6Sasww
  15. ^ http://natalie.mu/music/news/68307
  16. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20120423-938970.html
  17. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/UkVxioCFzfp
  18. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/baonMJ1aXev
  19. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/jXyXam4J64P
  20. ^ 斉藤真木子 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  21. ^ 木下有希子 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ 内山命 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 鬼頭桃菜 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 松村香織 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 上野圭澄 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 井口栞里 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 高田志織 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 古川愛李 投稿 - Google+ 2012年4月24日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ http://ameblo.jp/ske48official/entry-11231804399.html
  30. ^ 原望奈美 投稿 - Google+ 2012年4月24日 ArKaiBu Gugutas
  31. ^ 木下春奈 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  32. ^ 村上文香 投稿 - Google+ 2012年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  33. ^ 吉田朱里 投稿 - Google+ 2012年4月24日 ArKaiBu Gugutas
  34. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/1hDw8WVHHa9
  35. ^ http://sp.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120423223013232
  36. ^ 湯浅洋 投稿 - Google+ 2012年4月25日 ArKaiBu Gugutas
  37. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/CJeXzMrxPZA
  38. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/TGTa6nYZdr7
  39. ^ 宮澤佐江 投稿 - Google+ 2012年6月1日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/3WTeCvAFq9h
  41. ^ AKB48総選挙直前にSKEの“精神的支柱”がひっそり退団 - NEWSポストセブン 2012年6月6日
  42. ^ 今出舞 ツイート - Twitter 2013年10月27日
  43. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/289562/
  44. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/WkAXgjWqK45
  45. ^ http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120612231210758
  46. ^ a b https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/dynRyJgkUie
  47. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/dynRyJgkUie
  48. ^ a b c d http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20111019222813947&writer=kenkyuusei
  49. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20110726225913869&writer=kenkyuusei
  50. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20110901210031015&writer=kenkyuusei
  51. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/2FWryiu5v9D
  52. ^ https://plus.google.com/106656898590733509216/posts/URPjWVr6C55
  53. ^ a b c d http://sp.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120421225512150/
  54. ^ a b http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20110814224632369&writer=kenkyuusei
  55. ^ 小林亜実 投稿 - Google+ 2012年1月24日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク