草場愛

提供: エケペディア
移動: 案内検索
HKT48 チームKIV
草場 愛 くさば まなみ
2014年HKT48プロフィール 草場愛.jpg
ニックネーム
まなみん
所属事務所
生年月日
1995年10月17日 (19歳)
出身地
福岡県
血液型
B型
身長
157cm
合格期
2期生
選抜回数
0回

草場 愛(くさば まなみ、1995年10月17日 - )は、HKT48チームKIVのメンバー。福岡県出身。AKS所属。

略歴

2012年
  • 6月23日、HKT48第2期生オーディションに合格。
  • 9月23日、お披露目。
  • 9月30日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」初日公演で劇場公演デビュー。
2014年
2015年
  • 3月24日、卒業発表[1]
  • 4月30日、活動終了(予定)[1]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「あいと書いてまなみやけん、覚えてくれたらまなみのハートをプレゼント(ありがとう!)。どういたしまして。福岡県出身19歳、大学1年生のまなみんこと草場愛です。」
  • ニックネームは、「まなみん」
  • 将来の夢は、演技のできるモデルさん。[2]
  • 憧れの女優は、新垣結衣、吉高由里子。[2]
  • 「ダンスは誰にも負けません。体の奥から動く大きな踊りを観に来ていただきたいです!」[3]

2012年

  • 6月23日、第2期生オーディション最終審査が実施され、第二期候補生・仮合格 [4]。オーディションを受けたきっかけ、「芸能人になるのが夢で、1期生のときも同じダンススクールに通っていた若田部遥さんと一緒に受けたんです。でも、私だけ書類で落ちてしまいました。その後に公演を何度か観に行って、“負けたくない!”と思って2期生も受けたんです。」[3]
  • 9月28日、お披露目を終えて、公式ブログでの挨拶。「福岡県出身、16歳の草場愛です。私は11年間、ダンスとバレエを習っていたのでその11年間で培った表現力と根性を生かして、演技のできるモデルさんになりたいと思っています。また、私はとても負けず嫌いなので、常に上を目指します。2期生の中でダンスがいちばん上手いのは草場だと思われるように、パフォーマンスの仕方を少しずつ勉強していきたいです。ファンの皆さんに「チームH公演より研究生公演がみたい!」と言っていただけるように、そして、いつかは「2期生の草場をみたい!」と言っていただけるように、全力で夢に向かって歩いていきたいと思います!」[5]
  • 10月2日、H1st「手をつなぎながら」公演に初アンダー出演。同時に出演した上野遥と並んで、2期生では最も早いアンダー出演となる。

2013年

  • 10月18日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」公演にて18歳の生誕祭。
Google+、「生誕祭では、上手くまとまらなくて言えなかったことたくさんです!私が嬉しかったらみなさんも喜んでくれて、悔しかったら悔しいって言ってくれて、、ホントに一緒に成長してるみたいで嬉しいんです♪みなさん、いつも私を支えてくださって、応援してくださって、ありがとうございます♡ 1人で悩んで、みなさんに心配をおかけしたこともたくさんあります。でも、そのたびに私は一人じゃないんだって思うことが出来ました。生誕祭でも言いましたが、私はまだまだHKT48でやりたいことがたくさんあります。少しずつかもしれないけど、前に進んでいくので、これからも応援お願いします!私のことを応援してくださる方が1人でもいる限り、私はその方のために夢を追いかけます。私をみて笑顔や元気になってくださる方が1人でもいる限り、私はその方のために笑顔や元気を届けます。本当にありがとうございました♡」[6]
生誕祭に寄せて劇場支配人・尾崎充からコメント、「本日は、草場愛18歳の生誕祭でした。東京に出張中の私に代わって、スタッフが生誕祭の様子を上げてくれました。自己PRではソフトバンク好きを公言している草場に対し、冨吉から、抜き打ちテストが行われたそうです。結果は2問中2問とも見事に正解!ビジネスファンを返上ですね(笑)ダンススキルも高く、ソフトバンクファンである事も含め、自分の『好き』を、これからも伸ばして欲しいなぁ。サプライズでは岡本からの、公演で供にステージに立てる歓びを綴った手紙に、草場の目には涙が光る場面も・・・最後に力強い言葉で、皆さまにありがとうを伝えられたようです。草場、おめでとう!!」[7]

2014年

  • 1月11日、HKT48初となるツアー「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」大分・夜公演にて『クラス替え』が発表された。研究生から新チームH、新チームKIVへの昇格が発表された中に、草場愛の名前はなかった。その日のGoogle+「クラス替え。今まで一緒に頑張ってきた研究生のみんなもたくさん昇格していきました。でも、私は昇格することが出来なかったです。私にはまだまだ足りないものがたくさんあります。だからもう少し研究生でいろんな経験をしろと言うことだと思います。みんなが新しい環境で頑張ろうとしてるから、私も研究生を引っ張っていけるように頑張ります。いつ、花が開くかわからないけど花開くときまで、私のことを応援していただけますか?みなさんに嬉しい報告を出来るように私も毎日頑張ります。これからも応援お願いします。」[8]
  • 2月24日、「AKB48グループ大組閣祭り~時代は変わる。だけど、僕らは前しか向かねえ!~」にて、研究生からの昇格およびチームKIVへの配属が発表された。その日のGoogle+「みなさんこんばんは。大組閣終わりました。私は、チームK4に昇格させていただきました。これは、応援してくださるみなさんのおかげです。本当にありがとうございます!そして、ちよりさんとまりかの移籍。。知らない土地へ1人で向かっていくのはすごく不安だと思うし、私も離れたくないです。でも、期待されているからこそだと思います!離れるのはつらいけど、移籍していろいろと学んで、そしてまたHKTに帰ってきてほしいなと思います。まだどうなるかわからないけど。。昇格出来なかったメンバーもいました。クラス替えから約1ヶ月、悩みながらも研究生を引っ張っていきたいと思いました。今日も大組閣前で新研究生+まおちゃんで話し合いもしました。だからこそ、一緒に昇格出来なくて悔しかった。。そして、みんなの気持ちもわかるから素直に喜べなかった。でも、同情とかされるのがいちばん辛いと思うんです。だから、お互いに頑張って行けたらいいなと思います。みんなが悩んでるときは相談に乗ってあげたり、今まで通りです!だから、研究生のことも応援してあげてください。これからも応援よろしくお願いします!」[9]
  • 4月6日、「リクエストアワーセットリストベスト200 2014」にて、参加曲「キレイゴトでもいいじゃないか?」が8位にランクインする。「第8位…聞いたときはびっくりしました。ホントに感謝の気持ちでいっぱいです。スキ!スキ!スキップ!の劇場盤のカップリング曲でMVもない曲ですが、私が初めていただいたオリジナル楽曲ですごく大好きで大切な曲です。今日、会場に来てくださっていたみなさんも知らなかったという方が多いはずです。無名の私があんな大きなステージで、たくさんの方の前で大好きなキレイゴトを披露させていただけて幸せでした!本当にありがとうございます!」[10]
  • 6月7日、第6回総選挙でランクインならず。「総選挙、私に投票してくださったみなさん、本当にありがとうございました!!!キャッチコピーの通り、ちゃんと笑顔で咲き誇れてたかな?HKTからたくさんのメンバーがランクインして、すごく嬉しかったけど私は呼ばれなかったです。すごく悔しいです。でも、今の私は呼ばれなくて当たり前だと思います。他のメンバーとくらべて可愛くもないし、おもしろいことを言えるわけでもない。握手会の部数は少ないし、全然列ものびないし、ぐぐたすのコメント数やフォロー数も少なく、メディアへの露出もほとんどない。これが私の現状。まずはこの現状を変えていかなきゃいけないと思います。もっとたくさんの方に知っていただけるように、応援したいと思っていただけるように頑張ります!いつみんなと同じスタートラインに立てるかわかんないけど、これからも私と一緒に歩んでくれますか?みなさん大好きです。ランクインしたメンバー、おめでとうございます。あ、ごめんなさいって言わないでくださいね!!ランクイン出来なかったけどみなさんの愛はちゃんと伝わってるから。」[11]
  • 8月31日、HKT48 4thシングル「控えめI love you !」の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表されるも、選抜入りならず。発表から4日後Google+にコメント、「遅くなっちゃったけど4thシングルのこと書かせてください。私は、4thシングルでも選抜に選ばれることはありませんでした。でも、今まででいちばん悔しいって思いました。クラス替えがあって、1度昇格が出来ない悔しさを味わいました。同期のみんなが先輩と喜び合っている姿を、後ろでぼやける視界の中、必死におめでとうって思いながら悔しさを忘れないように目に焼き付けました。総選挙でも同期の名前がどんどん上がっていく中、私はただ見守ることしかできなかった。なにもかもが私はみんなより遅いんです。後輩の勢いに圧倒され、どんどん萎縮してしまってるのも事実。だから私は選ばれなくて当たり前なんです。HKT48に加入させていただいてから今まででなにが変わったのか… たくさん変わって成長出来たと思います。でも、変わってないところもある。みなさんによく言われるのが、まなみんはみんなに譲っちゃうことが多いねっていうこと。私はそんなつもりはありません。必死で食らいついて、上へ上がろうって思ってます。でも、きっとその覚悟が弱いんだと思います。どこかで自分は無理だ、ダメなんだって一歩引いてしまうんだと思います。だから、まずは自分が変わらなきゃ。そして、握手会などでもよく聞かれる目標。私は自分の目標からも逃げてきたと思います。私の目標は、まずはK4の中での選抜16人に入ること。そして、HKT48の選抜に入ること。これが私の目標です。今の私には絶対達成出来ない目標です。でも、みなさんの喜ぶ顔が見たいから。みなさんと一緒にやったねって喜びたいから。みなさんのために私は頑張ります。もう悔し涙を流すのは嫌です。前にも言ったことがあるけど、私のことを応援してくださる方が1人でもいる限り、私はその方のために頑張り続けます。いつ花が開くかわかんないけど、花が開くときまで一緒に歩んでくれますか?」[12]
  • 10月19日、HKT48 チームKIV1st「シアターの女神」公演にて19歳の生誕祭。公演ではファンやメンバーへの感謝の気持ちに加え、2月の昇格発表時に昇格を断ることも考えていたことも語った。その日のGoogle+「改めて…生誕祭幸せだった。生誕祭のときにお話したけど 私は大組閣でチームKIVに昇格をさせていただきましたが、正直、昇格を断ろうかと悩んでいました。3期生に教えたいこともいっぱいある、研究生を引っ張っていくって決めたばかりのときの昇格発表。嬉しい気持ちもありましたが、やっぱり悩みました。でも、自分のことのように喜んで涙を流してくれたいーちゃんとあすか。そしていつも応援してくださるファンのみなさんのことを考えるとやっぱりKIVで頑張って行こうって思いました。今の私は自分で精一杯でKIVやHKTのことを考えることは出来てないと思うから、これからもっともっとKIVに、HKTに貢献していけたらいいな!なおこ、お手紙ありがとう。なおこは私のライバル!あすかちゃん、司会ありがとう!私にとってもいちばん友達に近い存在かな!生誕委員のみなさん、ありがとう!素敵なフラワースタンド、ペンライトとかうちわとか…ホントに幸せでした!私を応援してくださっているみなさん、ありがとう!みんながいるから私は頑張れます。そして、初恋よこんにちは!!どうでしたでしょうか?可愛く出来てました?19歳なりに大人っぽく可愛くしたつもりです…。恥ずかしかったあああ  またいつか出来たらいいな。みんな大好き」[13]

2015年

  • 2月27日、HKT48 5thシングル「12秒」の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表。選抜入りは叶わず。
Google+、「今日、5thシングルの選抜発表がありました。まずは、村重さんなおさん、選抜復帰おめでとうございます!!私は今回も選抜に選ばれることはありませんでした。ファンのみなさんは、まなみんはまなみんらしく、まなみんのペースで頑張って行こうって言ってくださいます。でも、たまにまなみんはHKTで年長組なのになにしてるの?って喝を入れてくださる方もいらっしゃるんです。本当にその通りだと思います。もっと年下のメンバーを引っ張って行かないといけない立場なのにってすごく悔しいです。でも、4thシングルまでと違うことは少しずつだけど自分に自信を持てるようになってきたことです。現状を考えると選抜に選ばれることは無理だと思います。だから、今回は選抜に選んでいただける!って自分で自信を持てるくらいに頑張りたいと思います!まずは劇場公演以外のお仕事で爪痕を残せるように。そして、また呼んでいただけるように。これからも応援よろしくお願いします!」[14]
Google+「今日の公演で活動を辞退させていただくことを発表しました。最初に本気で卒業しようと思ったのは昇格できなかったとき。でも、研究生を引っ張っていくんだって決心して卒業しなかった。次に思ったのは大学に入学したとき。ちょうどさいたまスーパーアリーナでのコンサートを控えていて、リハーサルに全然参加できず、メンバーにこんなにも迷惑をかけてしまうのなら卒業しようと考えましたが、ここで諦めちゃダメだと思いました。そして、今。私はこれから大学に行きたいって言うメンバーもいると思って、私が両立をすることで少しでもみんなの自信につながればいいなと思って両立を頑張ってきました。だけど、やっぱりそれはなかなか難しく、どちらも中途半端になってきた今、学業に専念することを選びました。たくさんのメンバーが連絡をくれたり、3期生はまだやめないでくださいって言ってくれたり、今日の公演に来てくださっていた方もやめないでって言ってくださったり、頑張ってって言ってくださったり…。たくさんの方に支えられて愛されているんだなって実感しました。活動は4月末までになります。握手会や公演でまだみなさんに会う機会はあります。約1ヶ月間、悔いのないように、みなさんに笑顔を届けるのでこれからも草場愛の応援をよろしくお願いします。みんなほんとにほんとに大好きっ!!!!」[16]
劇場支配人・尾崎充のコメント、「皆さま 本日の”チームKⅣ”「シアターの女神」公演で、本人からお話しをさせていただきましたが・・・草場愛、活動辞退のご報告です。本人、親御さんともじっくりと話しをさせていただいた結果、草場本人の意志も固く、今後はHKT48としての活動を終え学業に専念させていただく事と結論を出させていただきました。草場は我らがHKT48のメンバーの一員として、肝である、劇場公演を中心にスキルの高いダンスパフォーマンスでそれを支えてくれた貴重な存在です。今日まで彼女を支えてくださったHKTファンの皆さま、草場を応援し続けてくださいました皆さまに対し、急なご報告になりました事・・・心苦しく思います。申し訳ございません。が、草場自らが選んだ道を応援することがベストなんだと行き着きました・・・。HKT48メンバーとしては残りわずかな時間となりますが、皆さまには最後まで・・・そして、彼女の門出を祝うべく・・・同じ時間を過ごしていただけたら・・・幸いです。わたくし自信も複雑な思いは否めません・・・だって、これだけ愛おしいメンバーのひとりが、別の道を歩むことになるわけだから・・・ですが・・・どうか、皆さまにもご理解をいただきたくお願いを申し上げます。何卒、何卒よろしくお願い致します。」[17]

交友関係

  • 48グループで憧れの先輩は、秋元才加[18]
  • 仲の良いメンバーは、同期の後藤泉冨吉明日香。先輩では下野由貴、後輩は山下エミリー外薗葉月[19]
  • 1期生の若田部遥とは、HKT48加入前に通っていたダンススクールが同じだった。本人のGoogle+によると「若田部さんは、HKT48に入る前に通っていたダンススクールが同じで、その時からの仲なので、知り合って5年くらいかな?いつも、はるかと呼んでいるので今日ははるかで書きます!1期生のオーディションを一緒に受けて、受かったのは はるかだけでした。何回か公演を観に行って、負けたくないと思って2期生のオーディションを受けました。はるかがいなかったら、きっと今の私はいませんでした。HKT48として活動させていただくことになったときの私の目標は、「はるかと同じステージでもう一度踊ること」でした。その目標を達成出来たとき、本当に嬉しかったです!前も今も影で努力を絶やさないで、1人でも必死に練習するはるか。そんなはるかと一緒にHKT48として活躍出来ていることが本当に嬉しいです!」[20]
  • HKT48以外の48グループメンバーで仲が良いのは、SKEの後藤真由子熊崎晴香[21]

性格・趣味

  • 尾崎充(劇場支配人)のコメント、「リーダーシップもあり、ダンススキルも高い。まずは自分の行動でしめしながら、全体をまとめてくれます。」[22]
  • 趣味は、プロ野球観戦。お菓子作り。[2]
  • 好きな球団は、福岡ソフトバンクホークス。[23]
  • 好きな野球選手は、福岡ソフトバンクホークスの森福允彦。[23]
  • 特技は、ダンス
  • 好きなペンライトの色、黄色[24]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

HKT48 研究生1st 「PARTYがはじまるよ」公演

  • あなたとクリスマスイブ(キーボード)
  • キスはだめよ

HKT48 研究生2nd 「脳内パラダイス」公演

  • 君はペガサス
  • MARIA
  • くるくるぱー

HKT48 ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • パジャマドライブ
  • 純情主義
  • てもでもの涙

チームKIV 1st 「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは
  • 嵐の夜には
  • ロッカールームボーイ
  • キャンディー

脚注・出典

  1. ^ a b c HKT48 チームKIV 草場愛 卒業のご報告 - HKT48オフィシャルサイト(ニュース 2015年3月24日)
  2. ^ a b c 草場愛 投稿 - Google+ 2012年12月2日ArKaiBu g+48
  3. ^ a b 『FLASHスペシャル』 2013年9月20日増刊号
  4. ^ HKT48 OFFICAIL WEB SITE 2012年6月23日付
  5. ^ HKT48オフィシャルブログ 2012年9月28日付
  6. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2013年10月18日ArKaiBu g+48
  7. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2013年10月18日ArKaiBu g+48
  8. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年1月11日ArKaiBu g+48
  9. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年2月24日ArKaiBu g+48
  10. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年4月6日ArKaiBu g+48
  11. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年6月7日ArKaiBu g+48
  12. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年9月4日ArKaiBu g+48
  13. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年10月19日ArKaiBu g+48
  14. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2015年2月27日ArKaiBu g+48
  15. ^ HKT48オフィシャルブログ 2015年3月24日付
  16. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2015年3月24日ArKaiBu g+48
  17. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2015年3月24日ArKaiBu g+48
  18. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2013年8月22日ArKaiBu g+48
  19. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2015年2月28日ArKaiBu g+48
  20. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2013年9月26日ArKaiBu g+48
  21. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年6月16日ArKaiBu g+48
  22. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2014』
  23. ^ a b 草場愛 投稿 - Google+ 2012年12月4日ArKaiBu g+48
  24. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年5月6日ArKaiBu g+48

外部リンク