エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

高橋朱里

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チーム4
高橋 朱里 たかはし じゅり
2018年AKB48プロフィール 高橋朱里.jpg
公式ニックネーム

じゅり

所属事務所

AKS

生年月日

1997年10月3日 (20歳)

出身地

茨城県

血液型

A型[1]

身長、体重

159cm 44kg

合格期

12期生

選抜回数

13回

高橋 朱里(たかはし じゅり、1997年10月3日 - )は、AKB48チーム4キャプテン。茨城県鹿嶋市出身[2]AKS所属。

略歴

2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年

人物

この項目は更新が必要とされています。この項目の情報は長らく更新されておらず、古い情報が掲載されています。編集の際に新しい情報を記事に反映させてください。
記事の編集には、誰でも参加できます
特に、2013年以降の出来事について、加筆して頂ける編集者を求めています。

キャラクター

  • キャッチフレーズは、2015年11月以降「チーム4キャプテンの高橋朱里です」。以前は「いつでも元気に スマイルフォーユー。12期研究生、高橋朱里です」
  • ニックネームは、「じゅり」。TVでキャッチフレーズを披露した際、先輩の小嶋陽菜に「目が死んでる」と言われ、「デッドアイ」[5]「メッシ」(=目死)とも呼ばれる。
  • トレードマークは、パッツンな前髪。[1]
  • あまり喜怒哀楽を表さないからか、よく「何を考えているのか分からない」と言われる。[5]
  • 日本人なのになぜかカタコトだから、不思議キャラとよく言われるが、喋ることは大好き。[1]
  • 劇場支配人評。

「仕事に対して熱い思いを持っている。ミュージカルやドラマ出演で、将来に向けて新たな一歩を踏み出したと思います」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[6]

  • 将来の夢は、女優。[7]「前田敦子さんのような美しくてカッコいい人に近い人になる!」[8]
  • 後輩(15期生、チームK)の湯本亜美とは生年月日が一緒で、同じチームの先輩(6期生)の高城亜樹とは誕生日が一緒。

AKB48として

2011年

  • 2月20日、AKB48の第12期生オーディションに合格。歌唱審査で歌った曲は、絢香の『夢を味方に』[9]
  • AKB48のオーディションを受けたきっかけは、女優になるのが夢なので、AKB48に入っていろいろ学びたかったから。[7]
  • 4月3日、セレクション審査に合格。正式な研究生となる。
  • 戸賀崎智信「オーディションから一番変わっていたのは高橋です。セレクションでもあまり踊れていなかった。でも、いざふたを開けてみたら、光ったんです」[1]
  • サルオバサン(西山恭子)「高橋は、MC以外ですがデビュー当時の前田(敦子)に似た雰囲気を感じます」[1]
  • 6月30日、『有吉AKB共和国』に初出演。キャッチフレーズを披露するも、小嶋陽菜に「なんか目が死んでる」と言われる。有吉「緊張です、緊張」。小嶋「可愛いことやってんだけど(笑)」。有吉「フリは可愛いのに、目がちょっと死んでるところがオススメですね」。小嶋「はい。頑張って下さい」[10]
  • 8月11日、『有吉AKB共和国』の第2回ドリームマッチ(お笑い芸人と研究生が組み、コントを披露)で優勝。ちなみに理由は、「死んだ目が活かされた」。「無機質な感じが恐ろしい」というもの。紹介VTRのナレーションも「死んだ様な目が評判の高橋朱里」と、すっかりこの番組ではネタにされている。[11]本人は、「目死んでないもん(笑)」[8]

2012年

  • 2月29日、雑誌インタビュー。―やっぱり研究生って大変? 加藤玲奈「そうですね。基本的には忙しい時が多いです。でも、公演やコンサートがない時は、けっこう空いている時間もありますよ。だから自主練をしたり。使いたいって人がスタジオを借りてフリを覚えたり」。高橋朱里「基本は、アンダーを覚えなきゃいけない人が自主練してます」。川栄李奈「私はチームAさんのアンダーが大変でした。とにかく振り付けが難しくて。最初の頃は経験がなかったから、『私、けっこう踊れてるじゃん』ってドヤ顔でした(笑)。でも、実はみんなよりも全然踊れていないことに気付いて。恥ずかしかったです(泣)」。―でもみんなセンターを経験していたり、ソロで歌ったりと、大活躍している気がするけど。高橋「センターをやらせて頂いた時は、前に人がいないから大変で。いつもより緊張しました」。川栄「私は同期メンバーでも、一番ダンスが出来なかったくらいなんですけど、最初からまゆゆさんポジに入れて頂いて。その時は、『なんで?』っていう感じで。前に誰もいないから緊張するし、途中でチラッと後ろのメンバーを見ちゃったりしました(笑)」。―れなっちは先日のリクエストアワーでソロ曲『FIRST LOVE』を熱唱してたよね? 加藤「あんなに大きい舞台で一人で歌わせて頂けるのは初めてだったし、もうドキドキで。だから、正直あんまり覚えてないんですよね。緊張しすぎて(笑)」。
―ちなみに、今日はみんなヘアメイクさんにお化粧をしてもらう前に、自分でメイクしていたけど? 加藤「AKBって基本的には自メイクが出来なくちゃいけないんですよ。猥書は全然分からなかったのですが、最近になってやっと一人で出来るようになりました」。高橋「私も自分でやらなくちゃいけないから、最初はグッチャグチャで」。川栄「アイライン引けなかったよね? やってあげたことある」。高橋「そうなんですよ。最初は川栄さんに引いてもらっていました。他の同期の年上の子にやってもらってりしてるけど、川栄さんは上手い!」。川栄「AKBに入ったのが高校生で、もう自分でメイクしていたので」。加藤「すごい」。高橋「ギャルだ?」。川栄「ギャルじゃないよ(笑)。でも、他のメンバーより上手い自信はありますね!」
―自分はどの先輩に近いタイプだと思う? 川栄「誰だろ? 自分じゃ分かんないですね」。加藤「え~、なんだか2人ともどの先輩にも当てはまらないような気がする(笑)。でも、よく朱里は『目が死んでる』って言われるけど、実際に目が合うと、吸い込まれるタイプかも。そこは魅力だと思います」。高橋「確かにじっと見ますね」。加藤「あと、なんだか川栄と朱里って似ているんですよ」。高橋「え~っ、似てませんよ。こんな笑顔、私には出来ない」。川栄「でもたまにファンの人に間違われることもあるんですよ。私のGoogle+のコメントに、『今日は目が死んでなかったね』って書かれていて(笑)。それ、私じゃなうて朱里だから!」。加藤「あはは。雰囲気が似ているのかなぁ?」。高橋「でも川栄さんは私よりずっと面白い人です。公演のMCで川栄さんが出てくると絶対に盛り上がるし。うるさいところは似てるけど」。川栄「えっ上から?(笑)」。―あの~、で、結局お2人はどの先輩に似ているんでしょうか? 高橋「あ、すいません。たぶん私と川栄さんは、まだAKBに存在していないタイプですね、はい(笑)」
―やっぱり早く昇格したいって気持ちは強い? 川栄「もちろん昇格はしたいですけど、その前にもっと実力を付けたいというか。いろんな公演に出て、いろんな良いところを盗んで…」。加藤「盗んで?(笑)」。川栄「あっ盗むじゃなくて、なんというか自分に取り入れてですね。完璧な状態になってからがいいなって思います」。高橋「私もまだ同期の中では覚えたりするのが遅いし、やっぱり昇格したいって気持ちがあるので、もっと勉強して、みんなが認めてくれるようになってからがいいですね」。加藤「私は同じ10期で昇格しているメンバーがいるのに、私はまだって焦りはあります。自分には実力が足りないんだなって思っていて」。―昇格するための課題って? 加藤「やっぱりダンスだと思っているので、早く上手くなりたいです」。川栄「私もダンスですね。それと表現力。わざと悲しそうな顔をしているつもりだったのに、ファンの方に『不機嫌?』って言われちゃったこともあって(笑)」。高橋「それ、分かります。私の場合は、思い切り笑うのが苦手で。心では笑っているのに、顔には出ていないみたいで…」。川栄「それと、私、猫背を治したいんですよ。自分が踊っているDVDを観たときにビックリしちゃって。ダンスも下手に見えちゃうし、そこも課題。他には…なんだろう?」。加藤「もっとお仕事が増えること?」。高橋「確かに!」。加藤「今もこういう風に出して頂けるのはありがたいですし、モデルが目標なので、雑誌にどんどん出させて頂けたらなぁって」。高橋「公演にもっと出たいです。まだチームAさんとKさんの公演にはアンダーとして出たことが無いので。たぶん、まだ私に任せるとみんな不安だと思うんですね。だから、『私、出来ます!』って言えるくらい、自分に自信が付いたらいいなって」。―では、最後の質問。みんなにとって“研究生”って何? 加藤「夢に近づけるところじゃないかなって思います。もちろん正規メンバーに昇格してからが勝負だと思いますけど」。川栄「私は成長できる場所だと思います。入った時よりは成長したかなって思うし、それとみんな年齢が違うのに意見を聞けたり。普通の生活じゃ分からなかったことがたくさん学べる。礼儀も学べています」。高橋「私も吸収できる場所というか。私、最初は女優さんになりたかったけど、研究生になってから、夢が変わったんです。今は演技も歌もバラエティでも、何でも出来る人になりたい。具体的な夢が見つかった場所、どんどん新しい自分を見つけられる場所だと思います!」[12]
「2日目終わりましたっ高橋朱里です(^^) ファンのみなさんへ。これからも気を引きしめて頑張ります! 私の事をこれからも応援してください! 最終日頑張るぞっもっともっと!」[13]
  • 5月3日、選挙前インタビュー。『有吉AKB共和国』の中で先輩の小嶋陽菜から言われた、「目が死んでる」の一言で一躍ファンに知られる存在となった。表情の作り方を研究するなどして向上した手応え以上に「目が死んでる」という“代名詞”のひとり歩きに悩んだ。「『イジられて知ってもらってる。実力がついてい』ってないとよく言われるのが嫌」。64位に入って名前を呼ばれれば、より幅広い舞台でアピール出来る。「野望です。チーム4の名前も知られると思うし」。そう語った目が一際輝いた。[14]
  • 5月16日、選挙インタビュー。初参戦の目標は50位。「今はチーム4の存在を知ってもらうために、とにかく呼ばれたい!」[5]
  • 5月、戸賀崎「どんどんアイドルらしくなってきました。発想力が豊かですし、公演中はデッドアイどころか、人を惹きつけようとする目になりますね。普段はめちゃくちゃ明るくて愛嬌もある。人から愛されるキャラです」[5]
  • 6月16日、先日男性スキャンダルが報じられた指原莉乃が、騒動の責任を取る形でHKT48へ移籍することが発表された。「指原さん…。ここで多くは書きませんが、指原さんが握手会の朝に教えてくれたコーンスープにスライスチーズを入れて飲む「チーズコーンスープ」。今ではコーンスープにスライスチーズを入れないなんて考えられません! HKT48に移籍しても頑張って下さい!!」[15]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎智信が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。高橋はチームAに異動することとなった。[16]
  • 10月、ジャニーズとAKBの共演で話題となったドラマ『私立バカレア高校』の劇場版に、新たに、チーム4から加藤玲奈竹内美宥川栄李奈高橋朱里市川美織が出演している。[17]
  • 10月17日、AKBの47都道府県ツアー茨城公演が茨城県結城市内で開かれ、11月から新体制が始動するのに合わせて解散となる「チーム4」が出演した。チームとしてのツアーの出番はこれが最後。茨城県出身の高橋朱里は初の地元凱旋で「ただいま!久しぶりに帰ってきました」とあいさつ。チーム4として訪れるのは最初で最後となり、「私たちにとっても皆さんにとっても忘れられないライブにしましょう!」と声をかけた。[18]

2015年

  • 2月1日、同級生の加藤玲奈に、答が書きこまれた学校のレポートを見せてもらった模様(本人投稿)「同級生のれなっちとゆう女神様が学校のレポートの答えが書いてあるやつをくれました」[19]。(加藤玲奈投稿)「じゅりがたくさんお菓子くれた(♡v♡)レポートを貸しただけなのにぃ~」[20]
  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナにて、「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」において、人事異動がサプライズ発表され、高橋はチーム4への異動とともにキャプテンへ就任することが発表される。この時点で、48グループでは最年少キャリアのキャプテンとなる。[4]
  • 5月14日、舞台「マジすか学園」~京都・血風修学旅行~(AiiA Theater Tokyo)にボテ役で出演(同月19日まで)[21]
  • 6月6日、第7回総選挙の結果、高橋は第25位(獲得票数:25,421票)にランクインし、アンダーガールズに選出。
  • 11月13日、田中将大「僕がここにいる理由」公演にて生誕祭開催[22]。誕生月は10月であるが、この間劇場公演に出場していなかった[23]ため、この日となった模様。"ちょっと待った"コールは伊豆田莉奈が担当。微妙なタイミングで神妙に「ちょっと待ってください」と切り出したため、一同は一瞬緊張した雰囲気になった。が、これはどうやら伊豆田の作戦だったらしい。

2016年

交友関係

  • 憧れているメンバーは、前田敦子高橋みなみ篠田麻里子。ステージ上でキラキラ輝ける人になりたいので、3人を目標に頑張っていきたい。[7]
  • 同期(12期)メンバーの第一印象。「かれん=えっ!中1!?ってほど、クールでしっかりしてた! みゆぽん=アイドル! えれちゃん=足長い! りかちゃん=マイペース。 ゆかるん=癒し系★ 田野ちゃま=DD ヒラリー=うるさい人(笑) 武藤さん=頭良さそう。みんなは、はじめて朱里を見たときどう思ったんだろう。今度、聞いてみよ~」[25]
  • 好きな輪郭は、島崎遥香[26]
  • 好きな体型は、阿部マリア[26]
  • 好きな声は、小嶋陽菜[26]
  • 好きな鼻は、島崎遥香村山彩希[26]

性格・趣味

  • 性格は、心が強い。[5]
基本的に負けず嫌い。[7]
  • 自分を一言で言うと、「じゅりはね、一言でいうとね、ズバリ適当なんだよッッッ素晴らしい★」[27]
  • 長所は、気が利くこと。背が小さくも大きくもないところ(ちょうどいい)。健康なこと。[1]「高橋はそんなにネガティブじゃありません!」[8]
  • 短所は、喋り続けてしまうところ(うるさい)。言われた事を忘れてしまうところ(直します)[1]
  • 趣味は、喋ること。ショッピング。[1]
  • 特技は、運動すること。歌。[7]
  • 好きな色は、ピンク。オレンジ。[7]明るい色。[8]黒、白、ももいろ、シャーベット。[26]
  • 長距離走が得意で、中学1年生の時は駅伝の選手だった。マラソン大会で金メダルを獲ったこともある。[1]
  • 好きな歌手は、絢香さん。[26]
  • 好きなAKBの曲は、『残念少女』、『口移しのチョコレート』[26]
  • 好きな映画は、『チャーリーとチョコレート工場』[26]
  • 好きなテレビは、『シルシルミシル』、『バカレア学園』[26]
  • 好きな動画は、平田梨奈の「30秒英会話」[26]
  • 好きな擬音は、「おおおっ」、「とっぽっぎ」[26]
  • 好きな食べ物は、ナタデココ。[7]「本当はオムライスなんだよ!」[26]
  • 好きなお魚は、たんぱくなお魚。[26]
  • 好きなお肉は、牛タン、カルビ、ロース。[26]
  • 好きな麺は、うどん(つるとんたん)。[26]
  • 好きなお菓子は、チョコレート(敵)、スナック菓子(強敵)。[26]
  • 好きなデザートは、マカロン。[26]
  • 好きな豆腐は、こうやどうふ。[26]
  • 好きな味は、なんでもかんでも明太子。[26]
  • 好きなソースは、ゴマだれ。[26]
  • 好きな種類は、食物繊維、炭水化物(敵)。[26]
  • 好きな組み合わせは、ワカメ、きゅうり、酢、明太子、チーズ、もんじゃ。[26]
  • 好きな野菜、果物は、トマト、さくらんぼ。[26]
  • 苦手な食べ物は、ゲテモノ。[8]
  • 好きな飲み物は、ピルクル。ヤクルト。自分で作るカルピス。[8]アロエジュース、タピオカ。[26]
  • 好きなポップコーンは、コショウ、キャラメル。[26]
  • 苦手な飲み物は、青汁。[8]
  • 好きな教科は、体育。総合。[8]
  • 苦手な教科は、「数学の方程式。理科のオウムの法則」[8]
  • 好きな芸人は、ザキヤマさん(アンタッチャブル・山崎弘也)。[26]
  • 好きな芸能人は、綾瀬はるかさん。[26]
  • 好きなキャラクターは、キティちゃん、バービー。[26]
  • 好きな動物は、パンダ。[7]タヌキ(意外と可愛い)。[26]
  • 好きな形は、立体的。[26]
  • 好きなポジションは、ディフェンス、キャッチャー。[26]
  • 好きなブランドは、ジュエティ。[26]
  • 欲しい物は、キーホルダー(大きいやつ)。家。ディズニーランド。[1]
  • 好きな雑貨は、スイマー。[26]
  • 好きな休日の過ごし方は、ショッピング。[26]
  • 好きな天気は、雨が降らない曇り。[26]
  • 好きな時間は、お風呂、食事、爆睡。[26]
  • 好きな部屋は、風呂場。[26]
  • 好きなお風呂の温度は、42℃。[26]
  • 好きな遊び場は、お台場 原宿。[26]
  • 好きな国は、トルコ、グアム。[26]
  • 好きなコスメは、韓国。[26]
  • 好きな着方は、ハイウエスト、ノースリーブ、シャツin。[26]
  • 好きな模様は、無地 猫。[26]
  • 自分の体で好きなパーツは、爪。[28]
  • 好きな男性のタイプは、一緒に居て楽しい人。[1]小さい子と、動物が好きな優しい人。[27]綺麗で優しい人。一途。[26]
  • 好きな女性は、干物女。[26]
  • 好きな人間の体の部分は、えくぼ、八重歯。[26]
  • 好きな年齢は、3から5才。[26]
  • 「ジョン」ちゃんという犬と、「黒岩」さんという猫を飼っている。[8]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

派生ユニットシングル曲

じゃんけん民

  • 逆さ坂」に収録
    • 奇跡のドア - AKB48名義

アルバムCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

チームAウェイティング公演

  • スカート、ひらり
  • 天使のしっぽ
  • 残念少女

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • パジャマドライブ
  • 純情主義

田中将大「僕がここにいる理由」公演

  • 青春の木漏れ陽

チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • 記憶のジレンマ

高橋みなみプロデュース「お蔵入り公演」

  • 恋のPLAN
  • ライダー

出演番組

Wikipediaを参照。

テレビドラマ

脚注・出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 光文社『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』[要ページ範囲]
  2. ^ 高橋朱里(じゅり)さんを応援しています!@AKB総選挙2014 - 鹿嶋市議会議員佐藤信成オフィシャルブログ 2014年6月7日
  3. ^ AKB48研究生・大和田南那、連ドラ主演に大抜てき「初体験の連続」オリコンスタイル2014-02-18
  4. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  5. ^ a b c d e 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  6. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P118より。
  7. ^ a b c d e f g h 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』特典「12期研究生2分間自己紹介コメント映像」
  8. ^ a b c d e f g h i j 小嶋菜月モバメ』2011年8月23日
  9. ^ ネ申テレビSP』 走り抜けろ沖縄の冬
  10. ^ 有吉AKB共和国』 2011年6月30日
  11. ^ 有吉AKB共和国』 2011年8月11日
  12. ^ 『月刊ENTAME』 2012年4月号
  13. ^ 高橋朱里 投稿 - Google+ 2012年3月24日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ 『日刊スポーツ』 2012年5月3日
  15. ^ 高橋朱里 投稿 - Google+ 2012年6月16日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  17. ^ http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/dogatch/2012/07/jrakb48-3.html
  18. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/10/18/kiji/K20121018004352760.html
  19. ^ Google+高橋朱里 投稿2015/02/01
  20. ^ Google+加藤玲奈 投稿2015/02/01
  21. ^ 松井玲奈&横山由依W主演 舞台『マジすか学園~京都・血風修学旅行~』が開幕 - シアターガイド 2015年5月15日
  22. ^ 高橋朱里生誕祭実行委員会2015[1]AKB48オフィシャルブログ
  23. ^ 高橋朱里 投稿 - Google+ 2015年11月8日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ AKB48、男装にゴスロリ…個性派揃いの“ヤンキー”に 銃撃戦、過激アクションも<全メンバーコメント> - モデルプレス 2016年7月25日
  25. ^ AKB48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2011年12月19日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au 高橋朱里 投稿 - Google+ 2012年6月13日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ a b AKB48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月5日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 高橋朱里 投稿 - Google+ 2012年2月27日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜#39 - テレビ朝日

外部リンク

先代:
峯岸みなみ
AKB48チーム4(再設置後)キャプテン
2015年9月 - (現職)
次代:
-