エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

後藤真由子

提供: エケペディア
Jump to navigation Jump to search
SKE48
後藤 真由子 ごとう まゆこ
2014年SKE48プロフィール 後藤真由子.jpg
公式ニックネーム

まぁたん

生年月日

1996年5月31日 (22歳)

出身地

愛知県

血液型

A型

身長

156cm

スリーサイズ

B79 W61 H86.8

合格期

6期生

選抜回数

0回

サイリウム

オレンジオレンジオレンジ(本数は何本でもかまいません!)

後藤 真由子(ごとう まゆこ、1996年5月31日 - )は、SKE48の元研究生。愛知県出身。

略歴

2013年
  • 1月1日、SKE48第6期生オーディション合格メンバーとして紹介される。
  • 2月28日、お披露目。
  • 4月20日、研究生公演で劇場公演デビュー。
2014年
  • 7月12日、SKE48アップカミング公演 ~夏~ (後藤真由子生誕祭)にて卒業を発表。
  • 7月29日、SKE48としての活動を終了。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「あなたのハートにおじゃまし?(まぁたん!)まぁたんこと後藤真由子です!」
  • オーデイションでは緊張しなかったが、人見知りで話しかけることができなかった[1]
  • 青空片想い』の頃から[2]のSKE48ファンで14回公演を見に行っている。[3]
  • 中3の頃[4]向田茉夏の握手会に『渚のCHERRY』のコスプレをして行った。[5]
  • 歌詞を覚えるのが苦手。中学生の卒業式で歌えなくて先生に怒られた[6]

2014年

  • 2月24日、大組閣では正規メンバーへの昇格などの発表がなく、そのまま研究生を継続することとなる。
「先日大組閣がありました。たくさん思うことはあります。かと言って口に出したとこで先が変わるわけでもないです。決まったことには変わりありません。SKEメールの方で私は私らしく、今まで通りの自分でいると書いたんですが、返信のなかに今までのまぁたんじゃ、なにも変わらないってことだから、今のままじゃダメなんじゃない???ってゆう意見もありました。たしかにそうかもしれない。でも、私はそうゆう意味で言ったわけじゃないんです。自分は自分の流れがあると思うんです。焦って流れの速い方についていっても溺れるだけ。だったらゆっくりと自分のペースで着々と漕いで進んでいく。みんな、それぞれ自分の流れがあるからそれを分かってほしい…だから私の流れに乗ってきてくださったファンのみなさんに最後まで一緒に進んでくれますか?今までもこれからもよろしくお願いします」[6]
  • 7月12日、研究生公演「アップカミング公演~夏~」において自身の生誕祭が行われたが、併せて卒業を発表。
「今日はこんなに素晴らしい会を開いてくださってありがとうございます。本来ならこんな会は、素晴らしい会はもう無かったかもしれないです。でも、握手会とかぐぐたすのコメントとか手紙で研究生全員で、公演ができる日をずっと待ってるよって言ってくださる方がたくさんいたからこうやって今、生誕祭をすることができました。本当に嬉しいんですけど、あの、公演が無かったときは正直申し訳ない気持ちと悔しい気持ちでいっぱいでした。だから今こうして公演ができること生誕祭ができること本当に心から感謝しています。研究生での制服の芽公演が終わってから約3ヶ月がたちました。公演が無くなってからは本当に何をしたらいいのか分かんなくて、とりあえず普通に学校に通って1日1日過ぎるごとにどんどんSKEの存在が遠くなっていくような気がしました。だけど、その3ヶ月間は自分と向き合うことができる大切な期間でもありました。私は小さいころから、何をしても続かなくてお父さんやお母さんそれにたくさんの方に迷惑をかけてきました。でも、常に後悔しないように今自分が本当にやりたいこと、心の底から楽しいと思えることをやりたいって言ってやってきました。私がそうやって言ってやってきたことは全部正解ばかりではありませんでした。たくさん失敗もしてきたし、たくさん後悔もしてきました。だけど、今もその考えは変わりません。そんなある日、私は高校1年生のときにSKE48という人生を見つけました。正直、自分が思い描いていた世界とはまったく違っていて、楽しいことよりも苦しいことのほうがすごく多かったと思います。だけど、ステージに立つとどんなに苦しいことも辛いことも忘れてしまうくらい楽しかったし、一生懸命にがむしゃらにやってこれました。みんなといるとすごく幸せでした。だけど、まだ本当にやりたいことを探している自分がいます。まだ探しているということは、私にとってSKE48であることは正解じゃなかったということなんだと思います。そして最近学校では進路についてよくお話をされて、私も将来についてよく考えるようになりました。学校の先生とたくさんお話をして、私は美容について学びたいなって思うようになりました。なので、私はその自分が決めた道に向かって行きたいなって思っています。
なので、約1年半という期間でしたが私は7月末をもってSKEを卒業します。次進む道はどんなに辛くても最後まで諦めないで精一杯頑張ろうと思います。なので、こんな私ですが最後まで応援してくださると嬉しいです。あの、こんなふうに発表することになっちゃって、オープニングからすごい嬉しそうなファンの皆さんの顔を見ているとだんだん辛くなってきちゃってすごく言いづらくなっちゃたんですけど、最後まで私のことを応援していてください。
今日は本当にありがとうございました」[7]
  • 7月29日、劇場公演最終出演をもって、SKE48としての活動終了。
「はい、えーと今日はこんな、あのー素晴らしい機会を設けて頂いて、本当に有難うございました。んとー、本当は言いたい事が沢山あったんですよ。なんか辛かった事とか、納得のいかなかった事とか、ちょっと腹が立った事とか、言ってやろうかなっとか思ってたんですけど、あのーまぁ香織さんみたいに別に「炎上キャラ」を狙ってる訳じゃないし、何よりもこのSKE48には、沢山優しい先輩方が居て、私がそういう事を言ってしまうと、そのSKEを大切に活動している先輩方とかメンバーのみんなに迷惑をかけちゃうんじゃないかなって思いました。だから私が今日ここで言いたかった事は、胸にしまっておきたいと思います。本当にすごく辛かったけど、本当に先輩とかメンバーが優しくて、それが何よりも悲しいです。会えなくなっちゃう、会えなくなる訳じゃないのに、何かもう舞台に立てないんだなって思うと、悲しくて毎日毎日、夜一人で泣いてました。でも、笑顔でみんながお送り出してくれるという事で、この一ヶ月はすごく前向きに頑張ってこれたんじゃないかなって思います。つい先日の最後のE公演のバックダンサーの時も、沢山の先輩方が「ありがとう」って言ってくれたり、こうやって手紙を書いて下さる先輩もいて、さっき楽屋のホワイトボードには、先輩からのメッセージも書いてあって、こんなに素晴らしいグループは本当に無いんじゃないかなって思います。
なので、まぁ私はSKEを卒業してしまいますが、最後まで、私が居なくなっても、SKEの事を応援して下さると嬉しいなって思います。そして私は明日から普通に、普通の女の子に戻りますが、自分の新しく決めた道に向かって頑張っていくので、辞めてからも私の事を応援して下さると嬉しいです。本当に1年半でしたが、すごく濃くて本当に貴重な1年半でした。本当に、有難うございました」[8]
  • 7月31日、Google+のアカウントが最終日となり、最後の投稿でファンからの質問に答えるが、その中の回答が内幕を明かしたものや意味深なものが多く、ファンの運営に対する憶測や不信感を抱かせ、物議を醸す(回答一部抜粋。投稿は活動終了に伴い、削除済)[9]
「(卒業したらヲタに戻りますか?)この質問沢山ありましたが、あまり関わりたくないってのが本心です。後々これやりたかったー(T_T)とか思って辞めたこと後悔しちゃいそうで…この一年半のことを笑って話せる日が来るまで、SKEのことは思い出さないようにしなきゃ…(>_<)」
「(これから目指すものは?)安定した職に着くことを目指してます。」
「(卒業を考え始めた最初のきっかけは?)あづきが卒業発表したときです。同じ年だったし身近な存在だったから、卒業ってゆう選択もあるんだ。ってその時初めて卒業について考えさせられました」
「(最終公演で三つ編みをする予定は?)ツインテールにしましたが、本来研究生は(髪形を)変えられないんです。入った年数とか関係無く、研究生はダメらしいです(>_<)」
「(実際内部と外から見るものは大きく違いますか?)私はいろんな意味でそう感じました!」
「(もうアイドル活動に未練はない?)そうですね。芸能活動はやりたいけど、アイドルはちょっと…って感じかな!!」
「(正直儲からなかった??)そうですねー…(笑)ご想像にお任せしますw」
「(運営に対して思うことは?)こわい
「(運営とメンバーお互いにいい関係を築いていますか?)人によるとおもいますよ♪私はあんまりでしたね…w」

交友関係

特に青木とのコンビは「おしまぁ」を称し、矢野も加えたトリオは「きもたべ」を称していた[11]。Google+(矢野卒業後)で「きもたべの今夜は寝させないっ!」と銘打った動画を投稿していた。後藤は青木について「本当は心が広いとこ。私たち考え方似てるようで似てなかったりする!磁石みたいに互いに違う性質だけど、隣にいないとダメな存在です」[9]
  • 好きな先輩は、新土居沙也加[10]
  • 松村香織について。「ファン時代から知っていたから、香織さんと一緒にいること、何度も不思議に思いました(笑) なんで私がジム一緒に行く約束まで、できるとこに来てるんだ?!みたいな(笑)でも本当に本当に優しかったな....」「(かおたんへ最後のわがままなんかある?)えー(笑)、もう十分にわがまま聞いてもらいました(>_<) ありがとうの気持ちでいっぱいです!」[9]
  • ドラフト(1期)生の中で仲が良いのは、「お気に入りは公美子(笑) チームEのドラフトの子達は頑張り屋でいい子たちだと思います!バックダンサーでよく見かけるからかな?」[9]

 性格・趣味

  • 得意科目は、家庭科系。苦手科目は、体育、英語[2]
  • 最近ハマってる甘い物は、「うーーーぅ……ヨーグルト!!かな??」[1]
  • 好きな果物は、梨[9]
  • 嫌いな食べ物は、「ハム、肉、うなぎ…たくさんありすぎて(;ω;)もっとあるけど思い出せないや」[1]
  • よく買う服のブランドは、「あまりこだわりがないですが、アンクルージュ、ティティ&コー、リズリサ。かわいい感じから大人可愛い服まで、幅広く自分の着たい服をきてます♪特にワンピースは沢山もってる!」[9]
  • 好きな男性のタイプは、笑顔が素敵で気を使わないでいてくれる人[12]
  • 憧れているタレントは、石原さとみ、川口春奈[12]
  • 好きな色は、オレンジとピンク[12]
  • チャームポイントは、笑っときに出るえくぼ[12]
  • 猫を2匹飼っているが、以前はもっといた模様。「今は2匹になりました(T_T) いつからか帰って来なくなって…」[12]
  • 好きなアニメは、「けいおん」「名探偵コナン」[12]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

出演作品

脚注・出典

  1. ^ a b c 研究生日替わりブログ 2013年6月13日
  2. ^ a b 研究生日替わりブログ 2014年5月17日
  3. ^ 後藤真由子 投稿 - Google+ 2014年5月12日 ArKaiBu Gugutas
  4. ^ 後藤真由子 投稿 - Google+ 2014年5月9日 ArKaiBu Gugutas
  5. ^ 「後藤真由子に突撃インタビュー」 松村香織の動画投稿より 2014年5月9日
  6. ^ a b 研究生日替わりブログ 2014年3月1日
  7. ^ SKE48 研究生 後藤真由子 活動辞退による卒業のご報告 SKE48ニュース 2014年7月12日
  8. ^ 後藤真由子 劇場最終公演 SKE48運営事務局ブログ 2014年7月29日
  9. ^ a b c d e f 後藤真由子 投稿 - Google+ 2014年7月31日 ArKaiBu Gugutas
  10. ^ a b 研究生日替わりブログ、2013年5月26日
  11. ^ 研究生日替わりブログ青木詩織の投稿より) 2013年9月27日
  12. ^ a b c d e f 研究生日替わりブログ、2014年3月7日

外部リンク