エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

三秋里歩

提供: エケペディア
小谷里歩から転送)
Jump to navigation Jump to search
吉本坂46
NMB48
三秋 里歩 みあき りほ
2018年吉本坂46プロフィール 三秋里歩 3.jpg
本名・旧芸名

小谷 里歩 (こたに りほ)

公式ニックネーム

りぽぽ

所属事務所

Showtitle

生年月日

1994年8月24日 (24歳)

出身地

京都府

血液型

A型

身長

150cm[1]

合格期

NMB48 1期生
吉本坂46 1期生

選抜回数

NMB48 12回
吉本坂46 0回
AKB48 0回

オーディション番号

244 (NMB48 1期 2次審査)
56 (NMB48 1期 3次審査)

三秋 里歩(みあき りほ、1994年8月24日 - )は、吉本坂46のメンバー、NMB48の元メンバー。本名およびNMB48在籍時の芸名は「小谷 里歩」(こたに りほ)。京都府城陽市出身[2]Showtitle所属。

略歴

2010年
2011年
  • 3月10日、チームN結成に伴い、研究生から正規メンバーへ昇格。
  • 7月20日、1stシングル『絶滅黒髪少女』で初選抜。
2012年
  • 8月24日、AKB48篠田チームAとの兼任が発表される。
  • 11月1日、AKB48チームA兼任開始。
2013年
  • 4月28日、AKB48篠田チームAの兼任解除が発表される。
  • 5月27日、当日の劇場公演出演(「小谷里歩を送る会」)をもって、AKB48としての活動を終了(兼任終了)。
  • 7月28日、NMB48劇場で初の独演会「小谷里歩 独演会」を開催。
2014年
2015年
  • 3月26日、「春の人事異動」において、チーム4の兼任解除が発表[3]
  • 5月28日、当日の劇場公演出演(「小谷里歩を送る会」)をもって、AKB48としての活動を終了(兼任終了)。
  • 6月6日、第7回総選挙では第54位。
  • 9月13日、卒業発表[4]
2016年
  • 2月4日、卒業公演(NMB48としての活動を終了)。
  • 2月5日、芸名を「三秋 里歩」に改名。
2018年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「みなさん、おいでやす。今日はのったはる?(イェ~イ!)おおきに。ほな、はんなり行きますえ~。京都府出身、XX歳、りぽぽこと小谷里歩です」[6]
  • 公式ニックネームは「りぽぽ」。すぐにテレてほっぺたが真っ赤になるので「ぽ」。そして、ファンから『りぽはどう?』と言われたので「ぽ」+「りぽ」=「りぽぽ」になった[7]
  • 1期生では、唯一の京都府出身者[8]
  • (2011年当時の)公式プロフィールでは、身長が149cmとなっているが、実際は147cmしかなく、1期生の中では最も背が低い[9]
  • AKB48との兼任を2度にわたり経験している初のメンバー(後に渡辺美優紀もAKB48との2度目の兼任を経験している)。
  • アピールポイントは、「すぐ笑う! こうゆうことじゃないかな?あれ?」[10]
「おしゃれです!ファッション雑誌に載るのが夢なので、おしゃれに気を遣ってるからです」[11]
「デニムが好きで、あまりスカートとかはかないんです。本当に『おしゃれ』なら、幅広いファッションを着こなせないといけないと思うのですが、これじゃダメですよね。もう、ベストジーニスト賞を目指そうかな(笑)『おしゃれで、クールで、かっこいいアイドル』が理想なんですけど」[12]
  • 48グループのコンサートでは単独MCを務め、さらに4回にわたり「小谷里歩独演会」を行っている[1]
  • NMB48イチのヘタレキャラ(後述)。お化け屋敷・絶叫マシーンなどは苦手。でも、お化け屋敷より怖いものは、「んー。人間」[13]
  • 劇場支配人評。
「完全にヘタレを自分のものにしてる。NMBでもっとも重宝されるキャラです。いつも、集合時間の数時間前に起きるような努力ができる本当に真面目なコだからこそ、あのキャラが活きるんでしょう。今年は期待できます」(2012年・金子剛[14]
「お化け屋敷ロケは、もはやお家芸。AKBチームAとの兼任を機に、より一層努力家になりました」(2013年・金子)[6]
「大きなコンサートでMCを務めるまでに成長。何ごとにも全力で挑戦し、やり切る彼女のさらなる成長に期待です」(2014年・金子)[15]
「独演会では常に、独特のトークテンポで会場を笑いの渦に。もはや貫禄すら感じます。ビジュアルにもますます磨きが」(2015年・金子)[1]
  • 将来の夢は、「バラエティやCMや情報番組に常に出演しているような人!!!」[16]。多方面で活躍できるアイドル[17]。「女優さんをしながら、ファッション雑誌の表紙をやりたいです」[18]

NMB48として

2010年

  • 9月、NMB48のオーディションに合格。
  • 芸能界を目指した経緯は、モーニング娘や広末涼子を見て、保育園の頃から芸能界に憧れ、いくつものオーディションを受けて、やっとNMB48のオーディションに合格[19]
  • 10月9日、東京・葛西臨海公園で行われたAKB48の「東京秋祭り」(コンサート)において、NMB48のメンバーとしてお披露目される。

2011年

  • 1月1日、NMB48初の劇場公演となる「誰かのために」公演が開始。しかし、そのメンバーに選ばれなかった。
「あまりに急に発表されたんで、『えっ!?』って感じだったんですが、もう次の日から、練習が初日メンバーの16人がメインになって。床にテープで囲いがしてあるんですが、そこに入れるのは初日に出る16人だけで、私たちはテープの中に入っちゃダメで…。いきなり環境がガラッと変わって、正直、絶望的な気分でした。16人に入る自信は、最初はあったんですけど、練習するごとに自信がなくなってきて、それも選ばれなかった理由だったと思います。でも次の日から、ガッカリしてても出られへんのやったら、練習していた方がいいと思って、気持ちを切り替えてやってました。テープの外で踊っていても、中のメンバーより目立つことができたら、もしかしたら交代があるかもしれないと信じて…」[20]「でも、その時のことがアイドルとしての私を成長させてくれたと思うので、後ろ向きにはとらえていません」[12]
  • 1月15日、2週間遅れで劇場公演デビューを果たす。
「その時は、皆(初日メンバー)は15回目で、私は初めて。その差が見えてしまうんじゃないかと思って、ドキドキでしたね」[20]
  • 3月10日、1期生から16名が選抜され「チームN」が結成される。「誰かのために」初日では公演メンバーに選ばれなかった小谷も、チームNもメンバーに選出された。
「チームNに入ることはできたんですが、その中で少しでも前に行きたいという思いはあるんで、気持ちは変わってないですね。だから、今でもこのテープを見るといろいろ思い出しますし、この部屋にもいろんな思い出が詰まってます」[20]
  • 5月28日に公開された映画「プリンセストヨトミ」にエキストラで出演。
「エキストラで出させていただいてました。もちろんNMBに入る前に! 次はエキストラじゃなくて、しっかり役の名前が頂けるように頑張ります!」[21]
  • 7月21日、KBS京都ラジオの新番組「よしもと祗園花月Presents GIONラジオ」の木曜日レギュラーを担当。
  • 8月14日、10月に発売予定の2ndシングルの選抜メンバーが発表。小谷もその一員に選ばれた。しかしチームNからは3人[注釈 1]が外れ、代わりに2期生からも選抜されるようになるなど、後輩が加入した事によってメンバー間の競争も徐々に本格化してきた。
「シングル選抜にも2回連続入ることができました。でも、それが当然だとは思っていません。この次のシングルではどうなるかわからない。一瞬だって努力を怠ることはできない。そんな気持ちを常に維持できているのは、初日(に選ばれなかった)の経験があるからです。それに…選抜に入れなかったメンバーの気持ちもわかる。変に励まされるより、そっとしてほしいという気持ち。他人に頼るのではなく、自分で乗り越えるしかないという気持ち。だから、私は中途半端な励ましはしません。私たちは仲良しだけれど、遊び友達ではなく、ライバル同士でもあります。そのライバルに、安易な気持ちで励まされたくはないはずです。でも、心の中では「一緒に前へ進もう。頑張ろう」とエールを送り合っていると思います」[12]
「本当のことを言うと、自信がなかったです。今やってる公演ではユニットがありません。写真を撮る時はいつも後ろや端っこです。2ndシングルの選抜メンバーに選んでいただきましたが、もう私はあるか分からない3rdシングルの選抜のことが気になっています。里歩はNMB48に、人生すべてをかけています。中途半端なことだけはしたくない。ずっと選抜メンバーでいたい。選抜メンバーに必要な小谷里歩でいたい。だから里歩は必死です。当たり前のことですが…里歩は絶対に応援してくださるみなさんの気持ちを裏切りません。だから、みなさんもずっと、ずっと。どうか里歩を信じていてください。これからもよろしくおねがいします」[22]
「本当にたくさんのコメントありがとうございました。里歩のブログを読んでくださる方がこんなにたくさんいて、感謝の気持ちでいっぱいです。里歩ちょっと文章力がないので、前回のブログ、2ndシングル選抜に選んでいただけたと同時に、3rdシングルにも選抜していただけるように。と気合いを入れてポジティブな感じで書いたんですが、ネガティブにみえましたよね。すいません。里歩は、どのポジションであっても、いつも全力です! 向上心は常にあるので、ずっと選抜でいられるように1日1日、1公演ずつを大切にします」[23]
  • 関西テレビ「どっキング48」の企画で、相当なヘタレキャラであることが発覚した。8月には、サソリを見て腰が抜けてしまい動けなくなる。9月には、バンジージャンプを飛ばされる。10月には、お化け屋敷に挑戦するも、怖くて進めず1時間近くかかってゴールするなど。
ヘタレぶりについて、小谷は次のように語る。
「最近はヘタレキャラが定着してきているし。でも、私の素顔は「ヘタレ」なんですよね。素の自分を「良い」と言ってもらえているのならありがたいことですが、私が目指している姿とはちょっと違う。悩みますね」[12]
「NMBに入った当初は、あまり喋るキャラじゃなくて、クールなキャラにあこがれてたんです。AKB48さんでいうと、篠田麻里子さんや板野友美さんみたいなポジション。でも、喋れば喋るほど、いろいろバレちゃって…(笑)。あと、バンジージャンプやお化け屋敷で怖がってる姿で、スタッフさんが『しめしめ』と思ったみたいで、そういうのしか呼ばれないんですよ。ほのぼの系の企画では全然声がかからなくて。もちろん、ありがたいんですよ。これだけの人数がいる中で、『へたれ=りぽぽ』みたいな連想ができるのはありがたいんですが…、ちょっと違いましたね。「かっこいい=りぽぽ」になりたかったんですが」[24]
「最近はなんか、ブログのコメントとかで。出川哲朗さんの女バージョンって言われたりして。そんなバカな、って(笑)。一応アイドルなんですから。でもまあ、かわいい系はけいっちとかがやってくれるんで、『もういいか』って思ってる部分もあります。キャラが立ってるのは悪いことではないので。さや姉とかけいっちは、しゃべらんでも絵になるという感じで、そこに行きたかったなあとは思います(笑)」[25]
小笠原茉由「りぽぽは、大人しそうに見えるんですけど、かなり怖がりで、怖がってる時は口数が多い(笑)。何かブツブツ言い返してきたりするんですよね。どうも無音が怖いらしいんですよ」[26]
「『オーマイガー!』の選抜メンバーには、2期生が4人入ってました。正直今まで、1期生の公演で『NMB48です』って名乗ったところに、今は2期生も『NMB48です』って名乗ってるわけじゃないですか。なんかちょっと、悲しかったというか、何て言ったらいいかわからないんですが…。でも、この間の1周年記念コンサートで、皆で同じ舞台に立って、『全員合わせてNMB48なんだ』って気がつきましたね。だから選抜も、最初は今までと違うメンバーでやっていけるかな、って思ったんですけど、違う個性が出て、いい形になったと思います。当然、3rdシングルでも、また入れ替わると思うんですよね。その時に自分が選抜に入っていられるか、という不安と、次はどんな感じになっていくんやろ?っていう期待もありますね」[24]
  • 10月26日、「どっキング48」の「チャレンジ48」に2期生が参加する様になり、城恵理子がジェットコースターに乗って大号泣・鼻水・腰が抜けるなど、小谷のお株を奪うような強烈なヘタレキャラを発揮。
たむらけんじ「りぽぽのギャグ取らんとってくれる? 負けてられへんなあ」
小谷「いや、負けてますよ」
ケンドーコバヤシ「後輩は鼻水出した。じゃありぽぽは何を出す?」
小谷「なんも出さないですよ」
次の週(11月1日)、小谷が挑戦したVTRが放送されたが、「お願い神様、ゲロだけは出さんとって」や「アカンおしっこちびりそう」など、アイドルらしからぬ発言を連発。
たむら「絶対アイドルがゲロとか言ったらあかん」
ケンコバ「りぽぽ、おしっこは…」
ちなみにストップウォッチを48秒台で止めるというチャレンジは33秒と全然ダメで、メンバーに責められると、「なんやねん。じゃあ(自分が)48秒で止めたらいいやんけ。お前がよ」とマジギレした。「ガラ悪いわ」「いくらなんでもこれはアカンで」と、そこも注意された。でも本人によると、言った覚えはまったく無いとか。
  • 次に入ってくる3期生に対して。
「悩まないと成長もないと思っているので、「むしろ、悩め」と言いたいですね。アイドルをやっていたら、日々、いろんな課題や疑問に突き当たります。簡単に見つけられる正解なんかありません。ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら答えを見つけていくしかないんだと思っています。今より成長したい、前に進みたいと思う気持ちがあるからこそ、迷いや悩みも生まれるんだと思います。これからNMB48に入ろうかどうしようか迷っている人には、1年たっても相変わらずあれこれ悩んでいる私の姿を見て安心してほしいですね。「ああ、これでもいいんだ」と思ってもらいたいです」[12]
  • 初の関東キー局進出となった、日本テレビ「なにわなでしこ」のエピソードより。
「最近あまり出てないんですよね。最初の方に占いに行ったとき、ピースさんと一番相性が悪いって言われて、それから呼ばれなくなったんですよ(笑)。あと、ドッキリ企画で、カツラをかぶっている人が来るっていうヤツで、私と美瑠がカツラに気付いてしまって、2人でずっと笑ってたら、又吉さんに『もう出んでいい』って言われちゃって…。いつか又吉(直樹)さんに謝りに行こうと思ってます」[25]

2012年

  • 1月24日放送、「どっキング48」の「チャレンジ48」では、再びバンジージャンプに挑戦。
小谷「放送とか関係なしに、本気の話していいですか? りほがね、選抜に残れてるのね、リアクションやと思うんですよね。それを無くしたらね、りほNMBにいる意味ないんですよ。だってね、リタイアしたらね、次から絶対呼んでもらえないでしょ? かくれんぼで48(幼稚園児と隠れんぼするというゆるい企画)とか絶対呼んでもらえへんからね。これリタイアして呼んでもらえへんくなったら、りほ『どっキング』いれへんくなっちゃうんです」
陣内智則「そんな重たいのこれ?」
結局、今回は飛ぶことが出来ずにタイアした。小谷は「すいません。もう自業自得です。これでテレビ出られないけど、もう自業自得です。もう呼んで貰えへんけど、もう『呼んで下さい』なんて言えないです。できひんかった。最低や。もう呼んで貰えないですよね。だって、歌も上手くないし、ダンスも出来ひんし、顔も可愛くないし、なんも取り柄なくて…いる必要ないですよね。もうテレビに映る資格ないです」。最後にナレーションに「今まで数々の伝説を作ってきたりぽぽ。Forever」と言われ、小谷は号泣した。
陣内「さよならりぽぽやったんやね。今日でね」
ケンコバ「しゃーない。りぽぽとは会われへんねんぞ。お前らえーんか。今日でりぽぽとはお別れや。それでもええんか! 別れたくないんか!(スクールウォーズ風に)」
全員「……」
ケンコバ「あれ? 温度差が…」
陣内「(スクールウォーズ)知らんから。『別れたくないです!』言えへんよ」
ケンコバ「…オレが泣いてええか」<
  • 2月3日、オフィシャルブログ投稿より。
「誰かが『一番大事なのは、運とタイミングだ』と言いました。その時、一番大事なのは、努力だろう。と不満に感じました。でも、まだ17年くらいしか生きてきてませんが、運とタイミングが大事なことが、少しずつ、なんとなく分かってきた気がします。それでもやっぱり、ここぞという時に力を発揮できるのは、今までの努力なんじゃないかと思います。まぁ難しいからなんとも言えませんなぁ~」[27]
  • 3月21日、門脇佳奈子、小谷、近藤里奈の3名が、14年ぶりにリニューアルパワーアップした京都太秦映画村のお化け屋敷「史上最恐のお化け屋敷」の体験取材を行った。体験する前は、「自分で歩くお化け屋敷は初めて。気持ちに素直になりたい」(門脇)、「みんなに迷惑をかけないよう、自分の力を出し切りたい」(小谷)、「これを体験して、精神的に強くなりたい」(近藤)と笑顔でコメント。約10分ほどのお化け屋敷体験が終了後、施設から恐怖に震えながら飛び出してきた3名は、「とにかく人がリアル過ぎて、動き出しそうなので、予測不可能で恐かった」(門脇)「もういいですっていうのに、驚かせてくれるので絶対コワイ!」(小谷)「後ろに注意してください!」(近藤)と恐怖体験を語った。なかでも、小谷はスタート時から号泣して腰くだけになり、ちゃんと歩けないほどになったそう。「いままでのお化け屋敷と比べて一番こわかった。自信もっていただいていいです!」と力説した。会見の最後には、突然お化けたちが施設から登場。3名は驚いて絶叫&号泣し、取材会は終了した[28]
  • 5月20日、岸野里香小笠原茉由近藤里奈、小谷、白間美瑠の5人が、コント日本一決定戦「キングオブコント2012」に出場することが、東京ドームシティホールで行われたAKB48のリバイバル公演「見逃した君たちへ2」のステージ上で発表された。岸野と小笠原がコンビで、近藤、小谷、白間の3人がトリオで挑む[29]
「私を含め、メンバーがちょっぴり心配かと思うが、やってみせますぜ。優勝賞金1000万円。ほしいよ。ついに芸人デビュー?する私をぜひ、宜しくお願いします」[30]

絵に描いたような努力家だ。「どこまで近づけるか分からないけど、さや姉、みるきーの踊りを朝4時までやって6時に起きる」。NMB48の中心、山本彩渡辺美優紀のポジションを奪うためだ。ステレオの音を最小にし、睡眠時間を削って今に掛ける。小中学校時代から片鱗はあった。「夏休み前に宿題を終わらせてました」。1学期の最後の3日間で済ませてしまう驚異の集中力だ。全てに全力で取り組んでしまい裏目に出ることもある。「女優になりたいのに、リアクション芸人路線に行ってる」。番組でお化け屋敷やバンジージャンプも経験した。「女版出川(哲朗)」の異名をとるほどに。「クールになりたいのに。でも、出川さんとお仕事が出来るくらい全力でやります。出川さん、同じ仲間として1票下さい」。リアクション芸人の神に思いは通じるか。

  • 6月30日、「第3回じゃんけん大会」の出場枠6人をかけたNMB48予備戦が行われた。61人が壮絶バトルを繰り広げ、ヘタレの殻を破り“ヤンキーキャラ”にふんして大暴れした小谷のほか、肥川彩愛山岸奈津美篠原栞那川上礼奈高野祐衣の6人が本戦出場を決めた。運を天に任せたじゃんけん勝負に、アイドルたちの歓喜、悲鳴が入り交じる中、ひとりだけ異空間のメンバーがいた。NMBのヘタレ・小谷が、黒Tシャツに穴あきジーンズ、ロングブーツの“ヤンキールック”で登場。何かに取りつかれたように「あの方が教えてくれる」と天井に向かってブツブツつぶやく“危ないキャラ”となって本戦切符を勝ち取った。小谷は流れを引き込むかのように、他ブロックの対戦中にも「早くして」とヤジを飛ばし、「運気をためる」と右手は常に後ポケットに突っ込んだまま。対戦前に相手と握手すると、その手をふいて挑発した。決勝では福本愛菜を、サイドスローで差し出したチョキで制すると壇上の勝敗表に抱きつき、そのまま「あしたのジョー」のように座り込んだ。“サプライズ”として8月発売の5thシングルのカップリング曲を歌う新ユニット「難波鉄砲隊其之壱」のセンターに小谷起用が発表されたにもかかわらず、無関心。すでに「あの方と共に(武道館に)いきます」と狙いをAKB本体のセンターに見据えていた[31]
終了後のオフィシャルブログより。
「はぁぁぁぁぁ。やべーよ。NMBのじゃんけんの予備選勝ったんです。すなわち、武道館でじゃんけんします。里歩、やったるから。絶対にじゃんけんするから。んふー。さらに、5thでは新ユニットの「難波鉄砲隊 其ノ壱」のセンターを務めさせていただきます。おい、おい、まじかよ。なんで小谷なんだよ。って思いますよねぇ。なんででしょうか。里歩も今アワアワ中です。まぁ、しょうがねぇな。って上から目線でお見守りください。さらには、さらには、Nの新公演の日程も決まって! あぁぁぁぁは。今日は、すげーこと多すぎて里歩大丈夫かな。あぁぁぁぁは。もぉ、あぁぁぁぁは」[32]
  • 7月25日、NMB48のメンバーで結成された「カルビ&ロース」「TMR48」の2組が大阪市内で行われたコント日本一を決める大会「キングオブコント2012」の大阪予選1回戦に出場し、2組とも敗退した。「カルビ‐」は小笠原茉由岸野里香のコンビで、85歳になった岸野がNMB48のキャプテン・山本彩の葬式帰りに孫役の小笠原と出会う設定のネタを披露。「TMR48」は小谷、近藤里奈白間美瑠のトリオで、教師と母親、生徒による高校の三者面談ネタを演じた。だが、多忙の中での練習不足などが影響し、2組とも大きな笑いを生み出せぬままに舞台を終えた。126組中16組が2回戦進出という難関の前に敗れ去ったが、小谷は「楽しくコントができたので、それが良かった」と挑戦に悔いはないようだった[33]
終了後のオフィシャルブログより。
「キングオブコント2012 1回戦敗退でした!!でも悔いない!!!緊張したーーー震えた!でも楽しすぎた!!!良い経験になったな。ほんで、芸人さんの凄さを思い知りすぎた。日々思ってたけど、今日も思いました。芸人さんすげー。尊敬。やっぱり「笑い」は良いな」[34]
  • 8月8日、5thシングル『ヴァージニティー』のカップリング曲を担当するユニット「難波鉄砲隊其之壱」ではセンターを努めた。
「鉄砲隊では初センターをやらせていただき、MVに自分が映りすぎててまじでびびりました。みなさんもびびると思うけど、今回だけは里歩のセンターをお許しください(笑)。そして、こんなチャンスをくださったみなさんにはほんまに感謝です。曲も良い曲すぎて…。8人の魅力がお分かりいただければ幸いでございます。あとはぁぁメンバーにうけて嬉しかった(笑) 」[34]
兼任発表から2日後の8月26日、オフィシャルブログ投稿より。
「遅くなってすいません! NMB48 teamN とAKB48 teamAを兼任することについてなんですが、自分の名前が呼ばれ兼任が発表された時は、ただただ「? 」な感じでビックリしすぎてなぜか涙が出てきました。一晩寝て起きても「夢やったんちゃうかな?」って思ったんですけど、やっぱり現実でした。きっとみなさんも「なんでりぽぽが?」って思っていると思います。里歩自身もそう思います。でも、里歩は決めました。やるからには中途半端は絶対に嫌です。N にも A にも「りぽぽが必要だ」と言ってもらえるように、みなさんに認めてもらえるように、チームに相応しい人になれるように、里歩は突き進んでいきます! 絶対にみなさんの期待は裏切りません!約束!! 偉大な先輩から良いとこいっぱい吸収したるぞ! AKBさんに「なんやNMBってこんなもんなんか」って思われへんように!里歩は里歩らしく!! 今は自分に自信がないですが、自信に繋がるように!みなさんが言ってくれてるようにこれは大きなチャンスです!このチャンス掴むぞ!! よし!出陣!!」[35]
  • 8月28日、兼任発表後、初めて劇場公演に出演。終演後、取材に応じたり小谷は、「吉本の芸人さんが食べたら売れるとウワサの『千とせ』の肉吸いを先月、一滴残さず食べたから」と“出世”の理由を明かすと、「ちょっと最近スゲェ~な。でも実力ついてないんで焦ってます」と気弱な本音も[36]。掛け持ちについては「まだまだ実力がついていってない」と謙虚だが、チームA主力メンバーには挨拶済み。「まゆゆさんも、たかみなさんも知ってくれてはった」と不安は軽くなったという。チームAは指原莉乃HKT48移籍で、小谷の持ち前でもあるヘタレキャラが不在。「篠田さんにいじってもらえれば」と“後釜”獲得を狙っていた[37]
  • 9月11日、スポーツニッポンの記事より(年齢は記事掲載当時)。

NMB48の小谷里歩(18)が、AKB48チームAを兼任することへの思いを語った。
チームBとの兼任の渡辺美優紀(18)に続く抜てきだが「パフォーマンスはまだまだですが、自分らしくやっていけたら」と自然体を強調する。
兼任は東京ドーム公演で突然発表された。「自分には関係ないと思っていたので発表自体、聞いてなかったんです。そしたら名前を呼ばれて、もう何が何だか…。とにかくビックリでした」と振り返る。
NMBでは全シングルで選抜入りし、新曲「ヴァージニティー」のカップリング曲ではセンターを務める注目株。18日に東京・日本武道館で行われる「第3回じゃんけん大会」にも出場することが決まっており「ファンの方や家族からもらったお守りを20個くらい持ち歩き、事あるごとに“よろしくお願いします”と手を合わせてます」と意欲を見せる。
テレビ番組のお化け屋敷ロケで、腰を抜かして泣き崩れたこともあるヘタレキャラ。取材現場でも「お忙しいところ申し訳ありません」「本当に私なんかのために…」と記者にへりくだる。
同じヘタレキャラの指原莉乃(19)がHKT48へ移籍しただけに「ポスト指原」への期待もかかるが「指原さんは、しっかり者のイメージ。私と似てるなんて恐れ多いです」。
チームAでの始動時期は未定だが、今後は公演を中心に活動していく予定。「実力はまだまだ。不安ですが、NMBから来てくれてよかったと思ってもらえるよう頑張りたい」と抱負を語る。
チームAの新キャプテン・篠田麻里子(26)は歯に衣(きぬ)着せぬ言動で指原をイジるなどしてきたが「私も“プロデュース”してもらいたいですね」と売り込んでいた[38]

ブログ「AKB48 新生チームAウェイティング公演 初日無事に終えました!!!Aの初日に出演させていただいたこと、すごく凄いことです。パフォーマンス面で言うと反省点ばかりです。でも気持ちは最高に最高な気持ちです。まず始めに、今日を迎えるまでほんまに不安ばっかりでした。泣きそうな日もありました。いや、何回か泣きました(笑)でも、みなさんや、Nのメンバー、Aのみなさん、スタッフさん、家族の応援の言葉にほんまに支えていただきました。ほんまにありがとうございます。レッスンの時もダンスが苦手な里歩は踊れるようになるんが遅くて、それでも、Aのみなさんがずっと優しく教えてくださって、そのたんびに「良い公演にしたい!」と強い気持ちが持てました。実は、ずっとみなさんはAに里歩がいるのはどういう気持ちなんかな?と不安やったんですけど、今日の公演でいっぱい「りぽぽ」って名前呼んでくださる声が聞こえてもう言葉が出ませんでした。もちろんみなさんが賛成じゃないって分かってます。でも、今日みなさんが名前を呼んでくださって、ハイタッチで嬉しい言葉をかけてくださったのが純粋に嬉しかったんです。AKB48さんのAというには、実力が足りないのんは分かっているので、もっともっとバージョンアップしていきます!みなさん!見守っていてください!よろしくお願いします!!!そして、こんな素晴らしいチャンスをくださったみなさん、秋元先生にすごく感謝しています。あぁ。もう言いたいことがありすぎてあかんわ(-.-)
最後にこれだけ!!チームAは最高です!すごいチームだと思いました。チームNも後輩チームやからって負けてられない!あー!実はこの数日間まーちゅんのことばっかり思い出してました(笑)明日会えるな(*^^*)里歩はチームAもチームNもめっちゃ大好きです!!!長々となりましたが、りぽぽ は りぽぽ!!!!これからも りぽぽ をよろしくお願いします!!!」[39]

2013年

ブログ「昨日のサプライズ発表については、ほんとはもっと気持ちに思ってることあるけど、私は言葉にするのがヘタクソやからきっと伝えれません。ごめんなさい。でも私は前向き人間なので、もう前に歩き始めてますよ!(笑)人生楽しまないと今生かしてもらってるのにもったいない!!それに、ご存知かと思いますが、私は逆境?に立たされると半端ない進化を遂げますから(笑)そして決意したことがいくつか…。ななちゃんがチームMに移籍が決まった時に、横ちゃんが、さやかに言った言葉、「さやかのリュックサック半分持つね」っていうやつ。横ちゃんの代わりに私がもちます。まぁ私はヘボいですけど(笑)でもヘボいやつの本気の力は半端ないですからね!横ちゃん!任せてください。
そして、今年の総選挙はもっと私、火がついちゃいました。私だけの問題じゃないけど、今年絶対ランクインしたいです。兼任解除したんを「あ~間違ってたな」って思われるくらいの強メンになれるように頑張ります!何回も言うけど、私は今現段階では、ヘボメンやから(笑)他にも昨日改めて少し自分を考え直して目標とかも決めたので、そこに突き進みます。みなさん、私を支えてください(^^)笑 はんなりーずは永遠です」[40]
  • 5月27日、AKB48劇場でのチームA公演において、劇場最終出演。「小谷里歩 送る会」が行われた。
ブログ「今日は私にとって最後のチームA公演でした。ほんまにほんまに楽しかった!幸せでした。今日来てくださったみなさん、来れなかったみなさんも、ほんとにほんとにありがとうございました!!
実はチームAにいる自分に自信がありませんでした。でもみなさんも、メンバーのみんなも、いつも、あたたかく私を迎えてくださって、チームAでも安心していることができました。兼任期間は短かったですが、得たものはほんとに大きいです。もう、人生の宝物の時間です。NMB48では、兼任で得たものを発揮できるように頑張ります!AKB48の りぽぽ を応援してくださったみなさんありがとうございました。NMB48の りぽぽ を引き続きよろしくお願いします!!!
あぁ、もっとなんかいろいろ書いて伝えたいのに気持ちばっかりが大きくて言葉にできひん。あぁ、でもほんまに私は幸福者なんですよ。ほんとにほんとに生まれてきて良かったです。大げさじゃなくて、ほんまにそんくらい兼任させていただいて、みんなと出会えて幸せでした。あぁ今日はもういろんな感情に酔いしれて寝れねーな(笑)夜遅いけど大きい声で「ハッピー!」って叫びたい。あ、たかみなさんに20才になったらお酒飲みに連れていってくださいって約束しちゃいました(^^)ますますはやく20才になりたい♪」[41]
キャプテンであった篠田麻里子は、Google+で「りぽぽチームAに来てくれてありがとう!!りぽぽの一生懸命さ、皆の刺激になったし移動距離を考えても大変だっだと思います。 りぽぽはどこにいっても仲間です(^-^)」[42]と小谷を労っている。
  • 7月3日、コンサートツアー「NMB48東日本ツアー2013」最終日公演が東京・NHKホールで行われ、サプライズ発表として「小谷里歩独演会」の開催が発表される。NMB48メンバーの劇場での独演会は初の試み。開催発表を受けて山本彩が「歌なし、マイクなしって…勝手にやってくださいって感じ」と突き放すと、小谷が「いや、来て来て来て~っ。え? どうしよ? え? 私、1時間もしゃべれへんし…」。情けなさそうな声で助けを求め、小谷のへたれぶりは、早くも全開だった[43]
ブログ「そして、ここからは、個人的にヤバイことなんですが、7月28日にNMB48劇場にて独演会をやらせていただくことになりました。正直こわすぎます。また涙の安売りしちゃいそう(笑)あぁ。絶対にNMB48劇場埋まらへん。あぁあ。一時間も喋る?私の話一時間も聞く?みなさん、どうしましょ?チラシ配りしないと。(>_<)みなさん、期待はしないでください。でも、めっちゃ応援してください!わたし、強くなるぞ!あ、今日、ブラックマヨネーズの小杉(竜一)さんがみにきてくださってました(^^)小杉さん大好き~!独演会の相談を少ししました(笑)」[44]
  • 7月28日、NMB48劇場で「小谷里歩独演会」を開催。赤ん坊のころからの“小谷里歩ヒストリー”と題し、ごくごくプライベートな小噺を延々繰り広げた。NMB48運営事務局によると、独演会内容は「基本、小谷が考えた」といい、スタッフやメンバーに相談中、「1人で何もできひん。髪切りにも行かれへんなら、独演会で切ったらええやん」という展開になり、独演会であったが行きつけの美容師がゲストで登場し、公開断髪式の流れとなり、デビュー以来、胸まであった自慢の長い黒髪を20センチカット。約240人と満員の客席から「かわいいよー」「似合ってる」とかけ声も飛んだ。しかし、小谷は「私は今、その言葉を信じません。今、いいとか言ってても、あとでぐぐたすとかで悪口書かれるから」とせっかくの断髪式にもネガティブ発言を連発。スタッフが鏡を渡そうとしたが、「今は見ません」とかたくなだった[45]
終演後のブログ。「今日は独演会でした。その名の通り、歌なし踊りなしの喋るだけ。もともと喋るのは得意じゃないので、もうパニックでした。でも、なぜだか楽しすぎて、60分がアッ!という間でした。みなさん、私の話を60分も聞いてくださってありがとうございました。おそらく、何言ってるか分からんようなこともあったと思いますが……。なにより、改めて感じれたのは、みなさんの優しさとメンバーの安心感。メンバーの安心感っていうのは、良い意味でも悪い意味でも。メンバーがいるから、1人じゃできないことも、みんなで力を合わせてできる。でも、メンバーがいるから、普段の劇場公演が満席でやらせていただいてるのが当たり前になってきていました。だから、今回1人で劇場で独演会をやるってなった時に、まず始めに頭に浮かんだのは、「劇場埋まるかな…」でした。いつも私は自信がなくて、私のことを劇場に見に来てくださる方はあんまりいない。と思っていました。ですが、今日、すごく応募が多かったと聞きました。すごく嬉しいです。私の独演会に来たいと少しでも思ってくださった方がそんなにたくさんいてくれてはったってことですよね。自信のない私ですが、今日独演会をやりきって、少し自信がつきました(^^)全部全部みなさんのおかげです。日来てくださったみなさん、モニ観をしてくださったみなさん、独演会に応募をしてくださったみなさん、応援してくださったみなさん、ほんとにありがとうございました!独演会の企画を考えて、私にやらせてくださり、独演会の準備をしてくださった大人のみなさまも!!!ありがとうございました。もう、このいろんな思いは書ききれぬよ!!!!(>_<)
そして、いきなりですが、独演会中に髪の毛をきっていただきました!20cmほど。まぁ、長いほうが良かったのに。と思う方もいるかもしれませんが、髪の毛は、伸びるので!!大丈夫です!
そうや。独演会が終わってから、みなさんに渡したやつあるでしょ??一枚目の紙には私の好きな言葉や、心がけている言葉を書かせていただきました。二枚目には、気持ちと、私の生まれた時の左足のなんか。(今回、私の赤ちゃんの時からの話をさせていただいたので…)そして、20本だけ、「当たり!」として、ミサンガを入れました!手作りで編んだやつです!!ミサンガをつけて、それが切れると、願い事が叶うんですよね!?みなさんの願い事が叶いますように!!今日の独演会で少しでもニコッてなれてくださったら、私はもう…感無量です。みなさん、ほんとに、ありがとうございました!!!」[46]
  • 10月12日、大阪城ホールでの「NMB48 3rd Anniversary Special Live」において、オープニングで小谷は選手宣誓を担当。「みなさんに笑顔をもらって今日、3周年、目標のひとつだった城ホールに立っています。笑顔をもらったら倍返しだ!」と宣誓した[47]。また、独演会第2弾となる「独演会 其之弐」の開催が発表される。小谷は2回目の独演会決定に「え…もう切るもんない…これ以上」。前回は「しゃべりだけでは間がもたない」として、ステージ上になじみの美容師を呼び、断髪式を行った。髪の毛を切りながら、18年間の私生活エピソードをしゃべり続けた独演会だったが、2回目も同じ手法は厳しい様子。「こないだ、18年しゃべったじゃないですか。あれからまだ3カ月? しゃべることない」とひたすら困惑していた[48]
  • 11月30日、NMB48劇場で「小谷里歩独演会 其之弐」を開催。独演会第2弾となる今回は小谷が「好き、嫌いなもの」を話し続けた。その中で、好きなゲームの「ときめきメモリアル」の女性版での話となり、小谷は、山本彩や小笠原茉由から「おもしろい」と勧められ、同ゲームを始めたというが「卒業式に(恋愛成就なら)彼氏が迎えにきてくれるはずなのに、誰も来てくれず、で。え? ときめかせてくれるんじゃないの? って。失敗しました!」と報告した。が好きだといい、恋愛失敗のエピソードを披露。なんでも「女の友だちとばっかり、ご飯行ってたら、その子とのハート(好意の達成度)が一番大きくなった」といい、意中の彼とは「卒業式の前から連絡が取れなくなっていた」そうだ。「好きな話じゃなくて、好きになりたかった話でした」とオチもつけ、笑わせた。京都出身の小谷らしい、ゆっくりとしたテンポで、たわいない話をしゃべり続け、客席から「其之参、やろうよ」と声を掛けられると「いや、まだ、それ早い」。とはいえ、今回は、話の途中で終演の合図の音楽が流れ「あ、今日は夜にN公演あるから、さや姉から『1時間きっちりで終わって』って言われてる。怒られる」と急きょ、終了になり「じゃ、また」と、実質的な第3弾開催を約束したような形になった[49]
  • 12月13日から14日にかけてライブ配信された、YNN NMB48 CHANNELの「りぃちゃん24時間テレビ」のMCを小笠原茉由とともに、深夜と一部の時間帯を除きほぼフル出演で勤め上げた。

2014年

  • 2月24日、大組閣において、小谷はAKB48チーム4の兼任が発表される。チームは異なるものの、解除された同グループに再度兼任となる初のケースとなった。
ブログ「大組閣祭。私はNMB48チームNとAKB48チーム4を兼任することになりました。以前はAKB48チームAを兼任させていただいてましたが、正直その時私は「私は兼任させてもらえるべき人じゃないのに」ってすごくマイナスでした。だから結果、チームAでいる自分に自信が持てなくて、兼任が解除になった時、チームAに何も貢献できてなかった自分をすごく不甲斐なく思いました。今回のチーム4の兼任は最後のチャンスだと思います。なぜ私がチーム4とチームNを兼任させてもらえるのかしっかり考えて、そして結果を出せるように、私に期待してくださってるみなさんを落胆させてしまわないように、ほんとにほんとに自分の力を出しきります!!全体的に自分が想像してた以上に兼任、移籍がすごくて、まだ整理がついていないですが、今の状況をプラスに変えるもマイナスに変えるも自分次第だと思います。だから私は今回の組閣で大きく変わりたいと思います。今すごく自分に自分で期待しています。きっと全部良くなると思います。チームNもチーム4も全力で支えていきます!!!よろしくお願いします!!!!」[50]
ブログ「(前略)あとは、念願だったまーちゅんと歌うこと。「思い出のほとんど」を歌わせていただきました!すごく緊張して震えちゃったんですが、ほんとに一回でもまーちゅんと歌えて幸せでした!次はAKB48のちゅぽぽとしてまた二人で歌えたらいいなぁ。とまーちゅんと言ってました(^^)(後略)」[52]
  • 4月24日、AKB48劇場でのチーム4 3rd Stage「アイドルの夜明け」初日公演に出演。AKB48の兼任メンバーとして約1年ぶりのAKB48劇場出演となる。ユニット曲ではとともに「愛しきナターシャ」を担当。
ブログ「今日はついにチーム4の初日でした!!来てくださったみなさん、ありがとうございました!名前もたくさん呼んでくださったの聞こえました(*_*)!!!うちわ などもたくさん発見したし(*_*)!!ほんとに嬉しかったです(´Д`)ありがとうございます(..)!!ちなみに!チーム4は「アイドルの夜明け」公演!この公演大好きなんです(*^^*)だからすごく楽しみにしてました!そして何より、チーム4のメンバーはみんなすごく良い人ばかりでこの人見知りの私がもうみんなと仲良しなんです(´Д`)今日の初日公演も緊張はしたんですけど、それ以上に楽しめました(*^^*)これからチーム4のみんなとたくさん活動できるのがほんとに楽しみです(*^^*)!私は「兼任」なのでチーム4でいられる期間は短いか長いか分からないけど、その限られた期間の中でAKB48とNMB48の良いとこを伝染させていければ!と思っています(*^^*)!ちなみに!ユニットは「愛しきナターシャ」をやらせていただきました!!頭フリフリ……頑張らねば!!!笑」[53]
  • 5月21日、大阪・オリックス劇場での「NMB48 リクエストアワー セットリストベスト50 2014」で、独演会第3弾となる「独演会 其之参」の開催が発表される。小谷が1人で公演合間のMCを終え、次のセットを紹介した直後、独演会開催決定のアナウンスに小谷は「ちょっと待って…え? (直前のMCで)ネタもうしゃべったやん…」と大混乱だった[54]
  • 6月7日、第6回総選挙開票。小谷は第61位にランクインし、フューチャーガールズに選出。小谷自身、選抜総選挙において初のランクインとなる。
ブログ「AKB48選抜総選挙 開票日。61位という素敵な順位をほんとうにほんとうにありがとうございました!!!得票総数 11,460票。こんなにもたくさん私に票を入れてくださって。ほんとに今日まで応援してくださったみなさん、投票してくださったみなさん、ありがとうございます!!総選挙にランクインすることがほんとにずっと私の目標でした。たかみなさんがおっしゃった「信じる努力は報われる」。この言葉がすごく胸に響きました。NMB48に入りたての頃に「努力してるだけじゃだめ。運の方が大事なんだよ」と言われたことがあります。ですが、努力をしていないと運がまわってきた時に力を発揮できないと思います。だから私は「努力は大切だ」と信じてきてよかったです!スピーチの時にも言わせていただきましたが、いつもどんな時でも大きな愛で私を応援してくださってるみなさんがほんとにほんとに自慢の存在です。みなさんに胸をはって「自慢の推しメンだ!」と言っていただけるようにこれからも努力しつづける小谷里歩でいます!!!!
そして、今までNMB48にいる自分に自信が持てませんでした。ですが今日のスピーチを聞いていてそんなんじゃダメだと思いました。今日この順位を与えていただいて、みなさんに背中を押してもらって、ずっと私の心の中にあったモヤモヤがなくなりました。彩は先頭に立ってNMB48を引っ張ると言ってくれました。それなら私はその彩の隣に立てる人になりたいです。いつも彩の背中を「すごいな」と見ていました。そんな私はもう終わりです。いつもNMB48を引っ張っていってくれる彩を隣で支えられるようになりたいです。そして私もNMB48を引っ張っていける存在になりたいです。また明日から新しいスタート。私らしくハッピーにがむしゃらに努力していきます!ほんとうにみなさん、ありがとうございました!!!そしてこれからも私と夢に向かって歩いていってほしいです。よろしくお願いします!!!!今日雨のなか会場に来てくださったみなさん、ほんとうにありがとうございます!長い時間…すごく冷えましたね!ほんとうにお風呂につかるなどして体を暖めてください!!しんどくなっちゃわないかすごく心配です!!!
最後になりましたが、今日笑顔で会おうという約束を果たすことができてほんとに良かったです!!私は幸せだ!!!あ!速報40位で今日の結果が61位!どうかみなさん「ごめんね」は言わないでください。だって私の総選挙の目標は80位以内!ですよ(*^^*)19も上の数字!!!!ほんとにほんとに嬉しいです!はやくこの喜びをみなさんと分かち合いたい!もうみなさんに言いたいことが山ほどある!!!でもそろそろ長いので……おやすみなさい!!!!!!」[55]
  • 6月28日、NMB48劇場で「小谷里歩独演会 其之参」を開催。第6回総選挙で61位に入り、フューチャーガールズに選ばれた。61位で座った席が、たまたまセンターマイク左側のテレビ中継で最も映りこむ位置とあって、ネット上では「あのカワイイ子は誰?」と話題になった。これに気をよくしていた小谷は「(映ってた)左の子、りぽぽっていうんですよね」とニヤリ。また、総選挙当日は大雨が降り、多くのメンバーがタオルケットをかぶるようにしていたが、小谷は衣装のままで笑顔を見せていた。それをほめられたというが、「実は私、カイロを7個貼ってて、全然、寒くなかった」と裏話をサラッと打ち明けた。「コンサートでビショ濡れになって、これは寒いなと思ってた。だから私だけ暑かったんです。おばあちゃん子やから用意周到なんです。みなさんもカイロは持っといたほうがいいですよ」独演会はゲストなしがルールだったが、今回は犬を8匹飼う小谷の悩み相談のために犬のトレーナーが参加。愛犬3匹(プティ・フィリップ・ブラン)が登場し、お座りの公開しつけを行った。順調にお座りを学んでいく姿に小谷は「お上品に見えてきた」と目じりを下げまくった。舞台上であるにも関わらず、うっかり愛犬と無邪気に遊んでいた小谷は「いっつも(独演会を)見にくる結構、権力のあるエライ大人の人が来てないんです。よかった~。こんな空気やったって絶対に内緒ですよ」とファンに訴えた[56]
犬の着ぐるみを着ているのが小谷。
  • 8月24日、チームN公演で、小谷の20歳の生誕祭が行われる。小谷の母からの手紙では「いつもメールの最後に書いていますが、もっと自信を持ってほしい。2度も兼任をさせてもらって勉強させてもらえていますが、AKB48グループになくてはならない存在になってほしい!!P.S. ママは「AKB48フェスティバル」を歌いながら、仕事へ行っています」と小谷も知らなかった事実を告白した。更に小笠原茉由からの手紙では「やっと呑みに行けるな!!でも調子に乗って呑みすぎたら“げぽぽ”になるで。“俺ら”(山本彩岸野里香山口夕輝・小谷・小笠原)でも誕生日祝いしたい!!お酒の話ばかりになったが、いつか“ちゅぽぽ”でデビューして、まずはアニメのエンディングテーマソングから狙っていこ!!」と寄せている[57]
  • 9月17日、第5回じゃんけん大会本戦では、小谷は犬の着ぐるみで登場。結果はカップリング選抜入りを果たす(最終順位は6位)。
  • 9月30日、パシフィコ横浜での「NMB48 Tour 2014 In Summer 世界の中心は大阪や ~なんば自治区~」最終日公演において、「小谷里歩独演会 其之四」(11月30日)の開催を発表。

2015年

  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナにて、「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」において、人事異動がサプライズ発表され、小谷はチーム4の兼任を解除されることが発表される[3]
  • 6月6日、第7回総選挙開票。小谷は第54位(獲得票数:17,132票)にランクインし、フューチャーガールズに選出。
  • 9月13日、NMB48劇場で行われた公演(生誕祭)において、卒業を発表。なお、卒業後も芸能活動を継続する予定。

毎年、上回っていく素敵な生誕祭を準備してくださり本当にありがとうございます。
きょうは皆さんにお伝えしたいことがあります。私、小谷里歩はNMB48を卒業します。
本当は、去年ぐらいから考えていたことなんですけど、いつ言おうかってなってて、スタッフさんから、きょうはせっかく生誕祭を準備してくださっているし、悲しませることになると心配していただいたんですけど、私は、こうしてきょう来てくださっている皆さん、配信をご覧になっている方、モニター観覧をしてくださっている方に、直接私から、一人でも多くの“私推し”の方に伝えたかったので、きょうを選ばせていただきました。
私は、NMB48年に入って5年間、新しく変化して進化していくグループ、メンバーを一番近くで見てきて、またその一員として活動していくうちに、自分の夢に向かって、新しいステージに進もうと決意しました。
卒業したら、大好きなテレビ番組のお仕事、演技のお仕事などいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っています。
5年間つらいこともあったし、もちろん楽しいことばかりではなかったんですけど、応援してくださる皆さんやメンバーやスタッフさん、たくさんの人に支えられてここまでやってくることができたことにすごく感謝しています。
まだ具体的な卒業時期は決まっておらず、決まり次第お知らせすることになりますが、それまではNMB48で夢に向かって、まだまだ学ぶこともたくさんありますし、あさってには写真集も発売するし、20日にはジュンク堂さんで握手会するし、まだチケット余ってるし、来てください(笑)。
ちょっと変な宣伝入れてしまったんですけど、まだまだ成長していきたいと思いますので、これからもNMB48、小谷里歩の応援をよろしくお願いします[4]

  • 9月15日、ファースト写真集『蛇口』を学研マーケティングから発売。

2016年

公演後の集合写真。
  • 2月4日、NMB48劇場において、卒業公演(同日付でNMB48としての活動を終了。劇場公演出演回数392回)。
ダブルアンコールでは、AKB48へ移籍した小笠原茉由も駆け付け、山本彩岸野里香山口夕輝とともに非公式ユニット「俺ら」によるオリジナル楽曲『俺らとは』を披露した。セレモニーでは、花冠が装着され、ファンから花束、メンバーより色紙が、また劇場ロビーへ展示するネームプレートがそれぞれ贈呈された。小谷の挨拶では「重大発表」として、「皆さん、よく「小谷里歩をこれからも応援する」と言ってもらうんですけど、NMB48を卒業するんですが、小谷里歩も卒業します」と渡された巻物を開き、「私は明日から・・・だん! 三秋里歩(みあきりほ)でいきます」と、改名を発表した。
ファンやメンバーからは驚きの声が上がり、山本彩は「え? なんで? なんで? え? っていうか、どっちが名前? え?」と突っ込んだ。小谷は「あの、NMBの頃はりぽぽっていうあだ名があったやんか。それにはめっちゃしっくりきててん。これ絶対いいことあるわ、りぽぽ。でもこれからはりぽぽって呼ばれなくなって、『小谷里歩さん』って紹介されるじゃないですか。そんな時にちょっとモヤモヤした気持ちが拭いきれなくて、名前変えることにしました」と改名を決めた経緯を話した。芸名の「三秋」の由来は、小谷によれば「親戚の名字」とのことで、改名に当たっては占い師2人に姓名鑑定をしてもらっており、「三秋」はとてもいい名前で「有村架純みたいになれる」と言われたとのこと。また、小谷は卒業後の初仕事として、2月17日から20日まで東京・新宿村LIVEでの舞台「アンジェラ」に出演することを報告した[58][59][60]

NMB48卒業後

2016年

  • 2月5日、この日より芸名を「三秋 里歩」に改名。所属事務所をShowtitle(吉本興業の子会社)へと移籍。

吉本坂46として

2018年

  • 8月20日、同じ元NMB48の高野祐衣とともに、吉本坂46の正式メンバーに選ばれる[5]。公式ニックネームはNMB48時代同様「りぽぽ」[61]
  • 10月9日、SHOWROOM で行われたシングルCD選抜発表で、デビューシングルの選抜に入れず、ユニット曲に回ることになった[62]

交友関係

「俺ら」のメンバー(小谷の卒業公演後の写真)。
  • 仲の良いメンバーは、小笠原茉由沖田彩華岸野里香[63]山本彩上西恵など。
    • 特に、小笠原とは「ちゅぽぽ」「りぃちゃん甘やかし隊」を組む盟友と言える存在。小笠原のAKB48移籍後も、小谷がAKB48の兼任となったことで、在京時は小笠原の自宅に寝泊まりすることが多い[64]
    • また、小笠原に加え、山本彩、岸野里香、山口夕輝とは非公式ユニット「俺ら」を組んでいる(前述)。
  • 尊敬しているメンバーは、AKB48の大島優子[65]
  • 兼任先となったAKB48では、チームA時代には仲俣汐里とぐぐたすをきっかけに仲が良くなった[66]
  • チーム4では年上(年長順では峯岸みなみに次ぐ2番目)であるが、副キャプテンの木﨑ゆりあが提案した「さん付け禁止令」[67]により、年下メンバーからも「りぽぽ」「りぽぽちゃん」と呼ばれることもある(村山彩希[68]高島祐利奈[69])。また、高島、込山榛香[70]大川莉央[71]などは小谷を好きなメンバーに挙げている。また、チームA・4ともに同じチームとなった小林茉里奈は小谷の(チーム4においての)20歳の生誕祭の際に、仕切りを務めている[72]
  • 同じ京都府出身の横山由依とは横山がNMB48兼任になったことをきっかけに、「はんなりーず」を組むほど仲が良い。目標は「目標は一緒にテレビ番組をやること」[73]
  • 新チームNとなってから仲が良いのは河野早紀[74]加藤夕夏[75]など。
  • 後にチームBIIへ移籍することになった梅田彩佳に似ていると言われている[76]。また、上西恵にもよく間違われる。[77]
  • 笑い方を、岸野里香にマネされる[78]

性格・趣味

  • 性格は、「人見知りな性格で、そっけないと見られがち」[12]。テンションの上下がある。我慢強い。すぐ笑う[79]。プレッシャーに弱い[78]
  • 「私も見た目は大人っぽいと言われるんですが、精神年齢は低いみたいで、春奈の方が大人だと思うこともありますよ」[20]
  • 趣味は、好きなものを見ること、食べること[16]。メイク、ファッション[17]。ボーッとすること、ゾンビの情報集め[18]
  • 特技は、犬を元気にすること[16]。犬とすぐに仲良くなれる[17]。ドヤ顔[9]
  • 長所は、負けず嫌い[17]。ポジティブ[18]
  • 短所は、恥ずかしがり屋[17]
  • 口癖は、「お腹すいた」「おいしいジュース飲みたい」[79]「なんかおもしろいことないん?」「なんかした~い!」[78]
  • 霊感がある。「なんか、たまにみえちゃうんです。なんかいるなぁ。と感じるのは頻繁にあります」[80]
  • 白間美瑠曰く「メンバーの中には雨が好きな子もいるんですよ。小谷里歩ちゃんです。理由は本人もよく分からないらしいんですけど、そういえば、顔が何となく雨粒っぽいですよね(笑)」[81]
  • 好きな食べ物は、ヨーグルト、フルーツ[16]。「白米・いちご・なすび・ラーメン・チョコ・忍者めし・お茶・ヨーグルト(書ききれません)」[82]
  • 何食べたい?と聞かれたら、必ず「牛丼」と答える[78]
  • ご飯を食べている所を他人に見られたくない[83]
  • 好きな飲み物は、お茶[78]
  • 好きな色は、赤、ピンク、紫、白、黒[63]
  • 好きなスポーツ、得意なスポーツは、バスケ。「シュートが得意!」[13]
  • 好きなペンライトの色は、「青(水色?)とピンクと紫です!! でも紫のペンライトはまだ見たことないかもです。紫のペンライトってあるのかな?」[84]
  • 好きなアーティストは、安室奈美恵、西野カナ、倖田來未、テイラー・スウィフト、ケシャ、ケイティー・ペリー[84]
  • 悲しい音楽が好き[79]
  • 好きな言葉は、「夢は叶えるもの」[18]
  • 好きな男性のタイプは、みんなに優しくて面白い人[17]
  • 理想のデートは、ディズニーランド&シー[17]
  • 子供が生まれたら。
「もし、自分がお母さんになったら、バレエは習わせたいです。自分がスタイルが良くないので、どこでも格好良くいられる女性になって欲しいという思いからです。でも、子どもが嫌がったら無理にはさせません。無理強いしても、伸びないですし。ただ、「ちゃんと生きていきなさい」とは伝えますね。「大人になったら、お母さんは力は貸さないよ。大人になるまでに自分で成長しなさい」と。思いっきり気の早い話を偉そうにしちゃいましたね。すみません…」[85]
  • 寝起きが良い[79]
  • 姉と弟がいる[84]
  • (2011年7月当時)うずらと、ウーパールーパーと、犬を4匹飼っている[9]。その後、犬は8匹(2014年6月時点)に増えている。
  • スーパーのレジ打ちのアルバイト経験がある。「小谷里歩独演会 其之壱」(2013年7月28日)で本人が明かしたところによれば、小谷の母が働いていたスーパーでレジ打ちをしており、母は「アイドルになるから男の子から守るため目の届く範囲で働かせていた」とのこと。

ギャラリー

吉本坂46

NMB48

AKB48

参加曲

シングルCD選抜曲

吉本坂46

NMB48

AKB48

アルバムCD選抜曲

NMB48

AKB48

その他の参加楽曲

出演

Wikipediaを参照。

YNN NMB48 CHANNEL

注釈

  1. ^ 篠原栞那松田栞山口夕輝の3人が外れたが、発売前に選抜メンバーの変更があり、山口も選抜入り。詳細は当該記事を参照。

出典

  1. ^ a b c 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P135より。
  2. ^ 城陽署交通安全・防犯チラシ パズル付け市民に興味を 囲碁・将棋同好会が協力 - 城南新報 2018年9月13日
  3. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  4. ^ a b NMB48小谷里歩が卒業発表「夢に向かって進もうと決意」  - ORICON STYLE 2015年9月13日
  5. ^ a b 元NMB48三秋里歩&高野祐衣、吉本坂46正式メンバーに決定「彩に負けないくらい」 - モデルプレス、2018年8月20日
  6. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック」P152より。
  7. ^ りぽぽです♪ - NMB48オフィシャルブログ 2010年12月21日
  8. ^ こんにちわん♪ - NMB48オフィシャルブログ 2010年12月18日
  9. ^ a b c ニッポン放送「NMB48のオールナイトニッポンR」2011年7月22日放送より。
  10. ^ 小谷里歩 投稿 - Google+ 2012年2月17日 ArKaiBu Gugutas
  11. ^ [1] - Deview(リンク切れ)
  12. ^ a b c d e f [2] - 朝日新聞デジタル 2011年11月10日(アーカイブ)
  13. ^ a b 小谷里歩 投稿 - Google+ 2012年2月17日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P146より。
  15. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P114より。
  16. ^ a b c d NMB48公式プロフィール
  17. ^ a b c d e f g 光文社「FLASH SPECAIL」2011年5月1日増刊号「まるっとAKB48スペシャル」[要ページ範囲]
  18. ^ a b c d 光文社「NMB48 COMPLETE BOOK 2012」P25より。
  19. ^ MBSラジオ「マジカル・ミュージック」2011年6月29日放送より。
  20. ^ a b c d もう1年…レッスン場には思い出がいっぱい 木下春奈、岸野里香、小谷里歩 NMB48事件簿【紙面連動コラム】 - デイリースポーツ 2011年11月6日(アーカイブ)
  21. ^ 小谷里歩 投稿 - Google+ 2012年5月13日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ おもってること。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年8月16日
  23. ^ ありがとうございます。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年8月17日
  24. ^ a b 「へたれキャラ」が定着しちゃったんです… 小谷里歩 NMB48事件簿【紙面連動コラム】 - デイリースポーツ 2011年11月11日(アーカイブ)
  25. ^ a b リアクションって難しい 白間美瑠、小谷里歩、上西恵 NMB48事件簿 - デイリースポーツ 2011年12月8日(アーカイブ)
  26. ^ りぽぽの反応、面白くて笑っちゃった 小谷里歩、山本彩、小笠原茉由、福本愛菜、小柳有沙 NMB48事件簿 - デイリースポーツ 2011年11月10日(アーカイブ)
  27. ^ 考えること。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年12月3日
  28. ^ NMB48のメンバーも絶叫&号泣! 絶対コワイと太鼓判! 東映太秦映画村「史上最恐のお化け屋敷」 - 関西ウォーカー 2012年3月21日
  29. ^ NMB岸野&小笠原らがキングオブコントに出場 - デイリースポーツ 2012年5月20日(アーカイブ)
  30. ^ なぬ?芸人デビュー。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年5月20日
  31. ^ NMB小谷“ヤンキーキャラ”で本戦へ - デイリースポーツ 2012年6月30日(アーカイブ)
  32. ^ いざ、武道館へ。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年6月30日
  33. ^ NMB48、キングオブコント無念敗退 - デイリースポーツ 2012年7月26日
  34. ^ a b りぽぽちっせ。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年7月25日
  35. ^ 兼任について。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年8月26日
  36. ^ NMB小谷里歩、肉吸い食べてAKB昇格!? - サンケイスポーツ 2012年8月29日(アーカイブ)
  37. ^ NMB48・小谷里歩、さしこ後継!?「ヘタレ」狙う - スポーツ報知 2012年8月29日(アーカイブ)
  38. ^ NMB小谷里歩 AKB兼任ポスト指原への期待 マリコ様にイジられたい? - スポーツニッポン 2012年9月11日
  39. ^ A初日。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年11月3日
  40. ^ 理不尽ボール。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2013年4月29日
  41. ^ A。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2013年5月28日
  42. ^ 篠田麻里子 投稿 - Google+ 2014年5月27日 ArKaiBu Gugutas
  43. ^ NMBツアーに横山由依がサプライズ出演 - 日刊スポーツ 2013年7月3日
  44. ^ NHK。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2013年7月4日
  45. ^ NMB小谷里歩断髪にネガティブ発言連発 - 日刊スポーツ 2013年7月28日
  46. ^ 独演会。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2013年7月28日
  47. ^ [3]
  48. ^ NMB小谷里歩2度目独演会に困惑 - 日刊スポーツ 2013年10月12日
  49. ^ NMB小谷里歩が恋愛に失敗!? - 日刊スポーツ 2013年11月30日
  50. ^ 組閣。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2014年2月25日
  51. ^ AKB移籍小笠原「東京で売れたるで~」 - 日刊スポーツ 2014年4月5日
  52. ^ 最高。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2014年4月5日
  53. ^ チーム4。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2014年4月24日
  54. ^ NMB48小谷里歩「独演会其之参」開催 - 日刊スポーツ 2014年5月21日
  55. ^ 何度も狙え!りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2014年6月8日
  56. ^ NMB48小谷里歩 独演会忘れ舞台で愛犬と遊ぶ - 東スポWEB 2014年6月28日
  57. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2014年8月24日 ArKaiBu Gugutas
  58. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2016年2月4日 ArKaiBu Gugutas
  59. ^ NMB小谷里歩、名前も卒業“三秋里歩”さや姉あ然 - 日刊スポーツ 2016年2月4日
  60. ^ 【速報版】 小谷里歩 卒業公演レポート 『明日より三秋里歩に改名』 - AKB48@メモリスト 2016年2月4日
  61. ^ 吉本坂46 ツイート - Twitter 2018年9月23日
  62. ^ 吉本坂46、年内にメジャーデビュー決定 センターはトレエン斎藤&スパイク小川 - デイリースポーツ 2018年10月9日
  63. ^ a b んー(´_ゝ`) りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年2月11日
  64. ^ 小笠原茉由 投稿 - Google+ 2014年8月29日 ArKaiBu Gugutas
  65. ^ 大島優子さん。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年10月17日
  66. ^ 仲俣汐里 投稿 - Google+ 2012年4月29日 ArKaiBu Gugutas
  67. ^ 北澤早紀 投稿 - Google+ 2014年6月29日 ArKaiBu Gugutas
  68. ^ 村山彩希 投稿 - Google+ 2014年8月29日 ArKaiBu Gugutas
  69. ^ 高島祐利奈 投稿 - Google+ 2014年7月24日 ArKaiBu
  70. ^ 込山榛香 投稿 - Google+ 2014年8月28日 ArKaiBu Gugutas
  71. ^ コメント欄より。 大川莉央 投稿 - Google+ 2014年7月20日 ArKaiBu Gugutas
  72. ^ 小林茉里奈 投稿 - Google+ 2014年8月29日 ArKaiBu Gugutas
  73. ^ 横山からの手紙より。 荒井広希 投稿 - Google+ 2014年8月29日 ArKaiBu Gugutas
  74. ^ 河野早紀 投稿 - Google+ 2014年9月26日 ArKaiBu Gugutas
  75. ^ 加藤夕夏 投稿 - Google+ 2014年8月24日 ArKaiBu Gugutas
  76. ^ え?梅田さん???りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年7月12日
  77. ^ ふたごっち。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年8月28日
  78. ^ a b c d e りぽぽ図鑑2。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年2月12日
  79. ^ a b c d ピントが合わん。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2012年2月1日
  80. ^ 怖い話。りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2011年8月11日
  81. ^ 雨の日は泥パック楽しんでました 白間美瑠 NMB48のスッキリ診療所 - デイリースポーツ 2012年7月15日(アーカイブ)
  82. ^ メンバー情報 小谷里歩 - NMB48オフィシャルサイト(旧サイトプロフィール)
  83. ^ 日本テレビ「なにわなでしこ」2011年8月16日放送より
  84. ^ a b c 「寒い!」りぽぽ - NMB48オフィシャルブログ 2010年12月27日
  85. ^ 算数と国語ができたら生きていける! 小谷里歩 NMB48事件簿【紙面連動コラム】 - デイリースポーツ 2012年4月14日(アーカイブ)

外部リンク