エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

岡田栞奈

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
HKT48
岡田 栞奈 おかだ かんな
2015年HKT48プロフィール 岡田栞奈.jpg
公式ニックネーム

おかぱん

生年月日

1997年6月26日 (20歳)

出身地

福岡県

血液型

A型[1]

身長

153cm[1]

合格期

2期生

選抜回数

1回

岡田 栞奈(おかだ かんな、1997年6月26日 - )は、HKT48の元メンバー。福岡県出身。

略歴

2012年
  • 6月23日、HKT48第2期生オーディションに合格、3か月後の9月23日にお披露目される。
  • 9月30日、HKT48研究生「PARTYが始まるよ」初日公演で劇場デビュー。
2013年
2014年
2015年
2016年
  • 2月25日、学業に専念するため、3月でグループを卒業することを発表[2][3]
  • 3月22日、HKT48劇場で卒業公演が行われる(同日、HKT48としての活動を終了)。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「みーんなに幸せを届ける、青い鳥になりたい。どこにおってもあなたのところに飛んでくけん!福岡県出身18歳、おかぱんこと岡田栞奈です」
  • 公式ニックネームは「おかぱん」。中1の時から言われていた綽名で、おかぱんの「ぱん」はパンダから[4]。また、高柳明音からは「きぃーちゃん」とニックネームを命名された。由来は「(岡田が飼っている)ラン仔さんの普段の鳴き声ってなに?と聞かれて、よく怒ってイジけるときにキーキー言います!って言ったらじゃあきぃーちゃんだねって言われました」とのこと[5]
  • 名前の由来について、「栞(しおり)の意味のように"人の道しるべ"になるように」という思いが込められている。[6]
  • 劇場支配人・尾崎充のコメント
「選抜に入った経験は、彼女にとって大きなプラスになりました。精神的にも成長し、視野も広がってきています。」(2014)[7] 
「負けず嫌い。決して諦めない姿勢が持ち味。前向きな思考で新しいことにどんどん挑戦してほしいです。」(2015)[8]

HKT48として

2012年

  • 6月23日、第2期生オーディション最終審査が実施され、第二期候補生・仮合格 [9]。オーディションを受けたきっかけ、「AKB48さんが大好きで、小5のときからずっと篠田麻里子さんに憧れていました。それで1期生も受けたんですが落ちてしまって、諦めようと思っていたんです。でも『チャンスの順番』を聴いてやっぱり諦めない!」って思って、2期生にも挑戦しました。」」[10]
  • 9月29日、23日のお披露目を終えて、公式ブログでの挨拶。「はじめまして!福岡県出身15歳の岡田栞奈です。私はとても陽気でおしゃべりが大好きです。動物が好きで、家では鳥を飼っています。名前は「ラン」です。青いセキセイインコで飛ぶよりも走るのがとても得意です。私はHKT48を通して、九州の良いところや元気を全国のみなさんに伝えていきたいです。これからHKT48のファンのみなさんとたくさんお話しできるのが楽しみです。そしてみなさんにHKT48の岡田栞奈をもっともっと知って頂ければと思います。これからよろしくお願いします」[11]

2013年

  • 7月20日、9月4日に発売される2ndシングル『メロンジュース』の選抜メンバーが発表され、初の選抜入りを果たす。「そしてサプライズで、HKT48 2ndシングル「メロンジュース」の選抜メンバー発表と楽曲披露がありました。初めてシングル選抜に入らせて頂けて本当に嬉しいですっっっ お話しを聞いたときは1stシングルの選抜発表の時に、悔しくて次は必ず!!!と心に決めた日を思い出しました。今回の曲はとってもハジけて、ロックな振り付けがポイントの曲になってます!カラオケなどでもみんなで歌って踊れて盛り上げれるところも魅力です」[12]

2014年

  • 1月11日、九州ツアー初日大分夜公演で「クラス替え」が発表され、研究生からの昇格とともに、チームKIVへの配属が決定。「そして突然発表されたクラス替え................岡田栞奈→KIV昇格、まだ自分のなかでも整理できてないです。でもたったひとつだけ言えること、「ありがとうございます」そして、たったひとつだけ実感したこと、「愛」こんなに恵まれて、愛されて、私は幸せ者です。新teamKIV期待大で楽しみにしててください。全ての出来事に感謝します」[13]
  • 2月8日、3rdシングル「桜、みんなで食べた」の選抜メンバーから落選。本人コメント「悔しい。なーーんちゃって、岡田は泣かないよん」[14] 同日、再度Google+にてコメント、「"悔しい時こそ笑え。" 皆さんこんばんわっっっっ 九州ツアーin長崎無事終了しました!そして知ってる方もいるとは思いますが、3rdシングル選抜発表がありました。その中に私はいません。家で一晩泣きました。悔しくて、悔しくて、悔しくて、不安でいっぱいになりました。でも私がHKT48に入ったのは、みんなの思い描くような幸せを求めて入って来たんじゃない。泣いて、悔しがって、叫んで、迷って、落ち込んで、笑って、嬉しがったり.....夢に向かって強くなりたい。本当の幸せを手に入れたい。どんなに辛い出来事であろうと、それは神様がくれた夢に近づくための素敵な贈り物。 だから私は悔しくても笑います。悔しい分、笑顔に変えます!泣くよりも、笑っていた方が楽しいデショ? この悔し涙が夢に変わる日がくると思えば、怖くないデショ? 人生の一秒をどう生きるかは自分次第。私は笑顔でいっぱいの人生にしたい。涙が出るときほど、笑おうっって心に決めています!HKT48 岡田栞奈  笑顔担当←」[15]
  • 5月8日、新チームKIVの初日公演に出演。
  • 5月15日、劇場での公演中に転倒、その際に手を突き大事を取って病院へ向かい診察を受けた結果、右手首骨折と診断。今後に関しては、医師と岡田本人と話しながらスケジュールが調整されるとのこと[16]。Google+「こんばんは。今日の公演にて、右腕を怪我してしまいました。皆さんやメンバーの温かいコメントでもう涙が止まらない笑 お医者さんには最初の1週間が大事と言われたので一歩もベッドから動かずに静止してます。私に今出来ることは、治療に専念することと文字を打つことくらいなので、ファンの皆さんと会える時間が少なくなる分、ぐぐたすで共有できる時間を少しでも多くして大切にしたいと思っています。総選挙も近いし、私から頑張らなくてどうするw アピールしまくらなくちゃっっ 必ず戻ります。イイ女になってきます。待っていてください。みんなが好きだ」
  • 7月13日、HKT48アリーナツアー〜可愛い子にはもっと旅をさせよ〜ファイナルin海の中道海浜公園にてステージ復帰。「HKT48ツアーファイナル終了しました。無事に雨も降らず、天気が味方をしてくれましたっ そして改めまして、HKT48teamKⅣ 岡田栞奈.........本日から復帰致しました。ステージにまた立つことができて本当に嬉しいです!皆さんのお顔がちゃんと見れた♪ 今日は「僕の打ち上げ花火」「明日は明日の君が生まれる」の2曲のみの一部出演でしたが、私にとって生きてきたなかで一番の素敵な時間でした。最高の景色を見させて頂きました。ありがとうございます。次に皆さんと会う時はバッチリ腕を治してきます。もう少しだけ待っていてくださいね。今日は素敵な1日を皆さんと過ごせたことに感謝します」[17]
  • 8月31日、HKT48 4thシングル「控えめI love you !」の選抜がYoutubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表される。岡田栞奈は2ndシングル以来の選抜復帰を目指していたが叶わず。Google+にて思いを綴った。「今日は皆さんに伝えたいことがあります。知っている方がほとんどだと思いますが、昨日HKT48 4thシングルの選抜発表がありました。選抜復帰を目指して春からまた目標を立てて活動していましたが、怪我をして3ヶ月以上の休養になってしまったり、思い通りにはうまくいきませんでした。選抜に戻ることが出来なかった。皆さんの期待に応えれる結果が出せなくて悔しいです。今まで私はファンの方に心配をお掛けしないようにと強がって生きていました。"泣かない"なんて言ってたけど本当は沢山泣いてました。"大丈夫"なんて言ってたけど 本当は大丈夫なんかじゃなかったです。いつもそう、気持ちと反対のこと言ってばっかりで、きっとそれで自分の弱さを隠してたんだと思います。でもファンの方から「泣きたい時は泣いていいんだよ」「弱さをみせていいんだよ」優しい言葉を沢山頂きました。なので言います。"昨日は新幹線で大泣きしました。家に帰ってお風呂でも泣きました。泣いて泣いて泣いて泣きまくって寂しかったです.........(´・_・`)" これが昨日の私です。本当は泣き虫。だけど目標も出来たんです。"3度目の正直 選抜復帰"これは皆さんと目指す私の新しい目標です。選抜が全てじゃなくても追い続けていくべきものだと私は思います!だから追いかけます!なので今日からまず、追い越す(走る)前の準備運動を始めていきたいと思います。一緒に。走りましょう!♪そして素直に生きていきます。これからも岡田栞奈の応援宜しくお願いします(˘ ˘) みんなだいすきだよ♡」[18]
  • 9月11日、チームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演にて約4ヶ月ぶりとなる劇場復帰。「"祝♡" 皆さんこんばんわ!今日は3ヶ月半ぶりに公演に出演させて頂きました*゚✲ฺ(´ω`) ✲゚ฺ: 怪我が治ってから初劇場公演♡♡♡ フルでちゃんと出たのは初日公演以来なので本当に緊張しました。3ヶ月半もの間、たくさんの方にご心配ご迷惑をお掛けして本当にごめんなさい。そしてありがとうございます♪ここに帰ってこられたのは皆さんの支えがあったからです。今日まで本当に、ありがとうございました!明日からまた新しい私で頑張ります!!!だいすき♡」[19] また復帰に寄せて、尾崎充劇場支配人が怪我当時、療養中のことも振り返りながら復帰に際し次のようにコメント、「あれから4ヶ月の月日が過ぎた。私はその時、東京出張中、千代田線の電車の中に居た。スタッフから、ただ事ではなさそうな報告が入った。直ぐさま、乃木坂の駅で電車を降り、折り返しスタッフと連絡を取り合う。自分でも平静を装い遠隔で指示をした記憶はあるが、定かではない。翌日、福岡に戻り彼女に会いに行った。大きな瞳から大粒の涙を流した。本人、親御さんには「ケガはつきもの」「現実を受け止めましょう」と偉そうに諭した。そうするしか、なかった・・・。医師とも話し、本人にも何度か甘いものを届けた。休養中に決して肥るな!と伝えながら・・・(苦笑)何も、出来なかった・・・。よくぞここまで耐え抜いたと思う。この日までのやり場がない思いを、今日のステージで清算してほしい!岡田栞奈、復帰おめでとう!!」[20]
  • 9月14日、チームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演にて約3ヶ月遅れとなる17歳の生誕祭。「"支えられて" 皆さんこんばんわ!今日は私の生誕祭でした~ 劇場に来てくださった皆さんDMM配信を見てくださった皆さん 本当にありがとうございます。そして今日はここでステージでは言えなかった皆さんへの感謝の気持ちを伝えたいと思います。私が怪我をして本当に落ち込んで、毎日一人で焦っていてどうしようもない時、皆さんがくれた寄せ書き。後から握手会でファンの方から「怪我をしたって聞いて次の日みんなで急いで作ったんだよ」って聞いて、私が落ち込んでいる間にも一生懸命私のことを支えようと時間を削って作ってくれたと知って本当にびっくりしました。私のために時間を注いでくれてる方たちがいる。私は落ち込んでいるのに、とても前向きに考えてくださってる方がいる。メッセージをみて勇気以上の力を頂きました!ぐぐたすでも温かいコメントや応援コメントが沢山送られてきて、心温まりました。この約4ヶ月間を乗り越えられたのは支えて下さった皆さんがいたからです。もし居なかったら、もうステージには戻っていなかったかもしれない。でも、今、ステージに私は立っている。私はこんなに素敵なファンの方たちと出会えたことを誇りに思います。本当にありがとう。信じて待っていてくれてありがとう。これからも一生懸命夢を追いかけますっ  私の復活劇みとってね!!!!! そして17歳になった岡田栞奈の応援宜しくお願いします。今日はたくさんの思い出をありがとう♪」[21]
  • 9月17日、第5回じゃんけん大会、本戦に出場。
    じゃんけん大会本戦「1000年に一度の美少女」と話題になった橋本環奈のコスプレで臨んだ。
1回戦、松井咲子と対戦し敗退。衣装は、名前の読みが同じで「1000年に一度の美少女」と話題になった橋本環奈のコスプレをした。「じゃんけん大会終わったよ!負けちゃった〜!笑 ソロ歌いたかったなぁ........。でもじゃんけん大会本戦に出場できたおかげで対戦相手だった松井咲子さんともお話するキッカケになったし!生でみるきーさんが優勝する姿をみることができたので本当に参加することができて良かったです♡ ちなみに今日の衣装は橋本環奈ちゃんコスプレ!博多のかんなはもうひとりいる!ってところをアピールしたくてこの衣装を選びました。そして今日1位になって、1000年に1度ならぬ、1年に1度の逸材になろうという計画もしてたんですが1回戦で儚く散ってしまいました笑 でも印象には残せたと思います! 何よりも楽しめたことが1番。そして明日から運を貯めようと思いますっっ」[22]

2015年

  • 1月2日、Google+にて今年の目標を述べた。「今年の目標は 総選挙ランクイン!! 選抜復帰!! 皆さんと一緒にもっともっと笑っていたい。喜びもいままで以上に分かち合いたい。今年は私にとって勝負の年!!そのためには私と皆さんの力が必要です。昨年怪我で支えられてもらった分、今年は人一倍みなさんを笑顔にする........輝く存在でありたいです。悔し涙をみせたくない。みんなで嬉し涙を流す。これが私の決意です。皆さんと1歩ずつ前に進んでいきたいです。これからも応援よろしくお願いします!」[23]
  • 2月27日、HKT48 5thシングル「12秒」の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表。目指していた選抜復帰は叶わなかった。
翌日Google+を更新、「5th選抜のメンバー発表がありました。私の名前はありません。『5thは絶対選抜復帰しようね!』ってファンの皆さんと握手会で交わした約束に応えることができませんでした。本当にごめんなさい。悔しい。だけどじゃあ私は何か結果残してたの?って自分に問いかけてみると黙ってしまいます...........だめですね。まだまだやれることがいっぱいあるんだと思います。でもこれだけが結果じゃない、私のなかでは少しずつ努力が自分のものになって花を咲いてきていると思う。嬉しい報告を今年は皆さんにたくさんできますように♪5thでは1年ぶりの選抜復帰 村重杏奈さん 2年ぶりの選抜復帰 植木南央さん 本当におめでとうございます(≧∇≦)これは私も続いて2年ぶりの選抜復帰 岡田栞奈って今度こそ言ってもらえるようにならないといかんね!だからこれで最後なわけじゃないから、ファンの皆さんには悲しんでほしくないんだ‼︎これからHKT48はまだまだ上にいきます!そしてもっともっとシングルCDを出すことになった時はそれだけ選抜へ復帰するチャンスももっともっと増えるってこと!私はアイドルです。アイドルは皆さんを笑顔にすることがお仕事です。泣かないで。SMILE。18歳、19歳、20歳になろうとも!どんなに年月がかかっても必ず私が皆さんに宇宙一!満天の笑顔をお届けします❀.(´◡`)❀. なので皆さん!これからも信じて私と一緒についてきてください‼️ これからもHKT48の応援、岡田栞奈の応援をよろしくお願いします」[24]
  • 6月6日、第7回総選挙開票。岡田は第42位(獲得票数:19,739票)にランクインし、ネクストガールズに選出。
    第7回総選挙にて42位にランクイン (2015年6月7日 本人Google+より)
Google+「選抜総選挙 42位 投票して下さった皆さん、本当にありがとうございます! 皆さんに宣言した今年の目標のひとつ。「選抜総選挙でランクインする」を皆さんと達成することができて嬉しい気持ちでいっぱいです!真ん中のステージから観る景色は夢の中にいるようで、何より皆さんの前でスピーチをして感謝の気持ちを伝えることができたのがとっても嬉しいです。あんなに大勢の方の前で1人で喋ることが人生の中で初めてで気づいたら手足が震えてて いろいろ言いたかったこと飛んじゃったけど皆さんからの栞奈コールしっかり届きましたよ。正直この1年間 私は皆さんに迷惑をかけてばかりな存在で、皆さんに嬉しい報告もなかなか出来なくて、チームでのポジションも下がったり、もう何からすればいいのか分からない暗闇の中でした。だけどこの42位という素敵な順位を頂けた今、大きく夢に向かってジャンプするための助走だったんだと思いました。そして大きくジャンプした今、しっかりと地に足をつけて次の目標に向かっていきたいです。
「選抜復帰」HKT48 2ndシングルで初選抜入りを果たして、3rdシングルで選抜を外れてしまって以来、ずっと目標に掲げてきたものです。初めての選抜。初めての2列目。とてもキラキラしていました。ここに戻りたい!って ずっとずっと思い続けてきました。1度観てしまった景色は忘れられないんです。頭の中から離れられないんです。私はまた選抜へ戻りたい。指原さんと同じ列でまた歌いたい。今ならこの目標も皆さんと一緒に叶えられる。そう確信できました。
総選挙終わりにLINEで指原さんが「選抜入れるといいね」ってメッセージをくれたんです。だから「指原さんと同じ列でまた歌いたい」とずっと思い続けていた気持ちを送りました。「待ってるね」って言ってくださったんです。必ずいきます!絶対に目標で終わらせないって心に決めました。これから1年。もっともっと上を目指して一緒についてきてください!これからも岡田栞奈の応援をよろしくお願いします!
そしてネクストガールズの曲も お楽しみ*\(^o^)/* HKT48のメンバーが沢山いて本当に嬉しい!大好き!」[25]

2016年

Google+の本人コメント
「私、岡田栞奈はHKT48を卒業します。約3年間ちょっと活動をさせて頂いて本当に沢山の経験もさせていただきましたし色んな事を学ばせて頂いて毎日が刺激のある充実した日々でした。ファンの皆さんやメンバー、スタッフさん、素敵な出会いにも恵まれました。
でもそんな中で丁度1年前から卒業というのを意識しだして、私は今高校卒業という人生の中でのひとつの節目が目の前にあり、それと共に新しいことに挑戦したいと思う気持ちが日に日に強くなっていきました。これからはあまりできなかった学業をやりたいなと、今1番興味がある医学を学びたいと思っています。そこからまた、色んな夢に繋げていけたらいいなと思っています。親や尾崎さんと何回も話し合って将来の色々な可能性も考えて出した決断です。残り少ない時間ではありますが応援宜しくお願い致します。
ステージ上では手が震えて、声も震えちゃって自分でもしっかり伝えることができていたか心配です。。。なので改めて書かせて頂きました!
突然の発表で皆さんを驚かせてしまいました。ごめんなさい。メンバーやスタッフさん、本当にご迷惑をおかけします。
でもまだ約1ヶ月あるので!皆さんと沢山思い出作りたいです!いや、作りましょうね♪ヽ(´▽`)/ まだまだ伝えたいことは沢山あるから明日からちょっとずつ発信していけたら!今日来てくださった皆さん、、、頑張ります。ありがとう!」[26]
劇場支配人・尾崎充のコメント
「皆さま 本日のチームKⅣ「シアターの女神」公演にて、本人からお話をさせていただきました。岡田栞奈、HKT48からの卒業のご報告です。話しがあると聞いた時、何か予感が走った・・・。岡田に関しては、本当にケガに悩んだ。その度に、本人は勿論、つらそうに我が子を見つめる親御さんの顔を今でも忘れたことはない。人の親として、とても共感が出来た。どうして、うら若き娘が、こんなに痛い思いをせねばならぬ・・・。 立場上、「この稼業にはケガはつきものです!」と、偉そうに諭してきた。 一年間考え、もし揺らぐことがあるならば、この世界を続けて行こうと決め過ごしてきた。 しかし、それが揺らぐことはなかったと。とても、スッキリと話す明るい表情の岡田を見て、もう何度も話す必要はないと感じた。この後は、岡田をここまで支えていただいた皆様へ、本人がキチンとその思いを伝えなくては・・・それが責務。残り僅かの活動となりますがその決心を汲んでいただきたく・・・何卒、よろしくお願い致します。」[27]
公演では、デビュー当初披露していた「スカート、ひらり」を同期の渕上舞らと歌い踊るサプライズも。締めくくりの曲には「今、君を想う」を選び、泣きじゃくりながら思いを込めた。「たくさんの愛を、ありがとうございました!!」。超満員のファンと多くの仲間に祝福された「HKTの青い鳥」は、色あせぬ「幸せ」を置き土産に、慣れ親しんだ劇場を巣立っていった[28] 。
チームKⅣメンバーを中心に卒業公演出演メンバーとの集合写真
Google+
「本日HKT48劇場にて、無事に卒業公演を終えることができました。 美桜が残念ながらお仕事があったためK4の2期生全員とはいかなかったですが、今日居た2期生で、「スカート、ひらり」を披露させて頂きました。研究生公演から一緒に頑張ってきた2期生とどうしてもユニットがやりたくて、マネージャーさんにお願いしてセットリストに入れさせて頂きました!
皆さんへの私からのサプライズ演出です。笑 誰も予想しないことやりたかったからステージに出てきた時の皆さんの「そうきたかー!笑」っていう顔と歓声がとっても嬉しかったです。やって良かったなって思いました!
2期生のみんなも楽しかった!って言ってくれたから良かった!3年ぶりに着る衣装は自分の成長を何よりも感じました。みんなおっきくなったんだなって。私も今じゃコスプレですよ。でも最後に着れて良かったです♪
そして最後は感謝の気持ちを込めて「今、君を想う」をみんなで歌いました。本当に素敵な歌詞です。言葉の影響力って凄いんです。私も歌に何度救われたことか。離れていても私たちはひとつです。
このHKT48劇場から始まり、私を成長させてくれた"公演"最後もこのステージに立つことができて、本当に感謝しています。ロビーにも本当に数えきれない沢山の方がお見送りに来てくださって、自分がこんなにも沢山の方に応援して頂けていたこと、誇りに思います。
3月22日。今日という日を忘れません。ありがとうございました。」[29]
  • Google+最後の更新では、直筆の手紙を掲載。支え続けたファンへの感謝の思いを綴った[30]


交友関係

  • 仲が良いメンバーは、「一人に絞れなかよ笑っ」[4]
  • HKT48での推しメンは、松岡菜摘
  • 48グループでの推しメンは、篠田麻里子。「小学校6年生の時から、麻里子さま一筋です」[31]
  • SKE48高柳明音とは、同じ鳥好きであることで意気投合。長々と鳥について熱く語ることも[32]
  • ほぼ同時期に骨折で療養中のSKE48の熊崎晴香と連絡を取り合い、「怪我の経過やケア、いろんな事を教えてもらい、少し話も聞いてもらえて心が軽くなりました」とのこと[33]

性格・趣味

  • チャームポイントは、青い白目と頬袋[4]
  • いつもする癖は、とりあえず匂いを嗅ぐ[34]
  • 暇な時には、リビングの端でフリーズしてみる[34]
  • 休日の過ごし方は、薬局めぐりか散歩[4]
  • 基本的にずっとしゃべる[34]秋吉優花から「なんでいつもそんなにうるさいの?」との質問に「うーん、性格的にかな!笑」[35]
  • アウトドア派[34]
  • 一番の口癖は、「ぴゃぁぁぁぁぁー!!!」 [36]
  • 趣味は、 映画、音楽鑑賞、読書[1]、写真を撮る、星を眺めること[34]
  • 特技は、早口言葉[37]、アナウンス、江頭(2:50)さんのモノマネ、頬袋に13個ミニトマトをつめる、180゜開脚、長距離走[31]。親指関節イナバウワー。「ちよりさんに続き私が引き継いでしまいましたw」[38]
  • 得意な学科は、体育、家庭、数学[31]
  • 挑戦したいことは、リアクション芸。
  • 好きな食べ物は、ごまだんご、みたらしだんご[4]。トマト、するめ、オレンジ、アイス他いろいろ[34]
  • 嫌いな食べ物は、なすび、きのこ類[31]
  • 好きな色は、サーモンピンクとすみれ色[34]
  • 好きな動物は、「鳥なら全部スキスキスキップ♪」[4]ペットとして、青いセキセイインコの「ラン子さん」を飼っている。
  • 好きなファッションは、「森ガールっぽい」もの[34]
  • 好きな歌手は、麻生夏子[4]
  • 好きな数字は、「4」。理由は9年間の義務教育のうち、4組になったのが5回だからとのこと[4]
  • 好きな言葉は、「努力は無限知らず」[4]
  • 携帯音楽プレーヤーは、ウォークマンを使用している。
  • 一番最初に知ったAKB48の曲は、「10年桜
  • 気になる男子にどうアピールするか?「みずから消しゴムを落として拾ってもらう」(※教室の設定)
  • 10年後の目標は、ハリウッド女優。

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

HKT48

AKB48

劇場公演ユニット曲

HKT48 研究生1st 「PARTYがはじまるよ」公演

  • スカート、ひらり
  • クラスメイト
  • 星の温度

HKT48 研究生2nd 「脳内パラダイス」公演

  • MARIA
  • くるくるぱー

HKT48 ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チームKIV 1st 「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは
  • 嵐の夜には
  • キャンディー
  • ロッカールームボーイ
  • 夜風の仕業

脚注・出典

  1. ^ a b c HKT48公式サイトプロフィール
  2. ^ HKT48岡田栞奈が3月で卒業「医学の道を選択肢として考えたい」 - 音楽ナタリー、2016年2月25日、2016年2月26日閲覧
  3. ^ HKT48 チームKⅣ 岡田栞奈 卒業のご報告 - HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba、2016年2月25日、2016年2月26日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2013年5月7日 ArKaiBu Gugutas
  5. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2013年7月31日 ArKaiBu Gugutas
  6. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年8月5日 ArKaiBu Gugutas
  7. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2014』
  8. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2015』
  9. ^ HKT48 OFFICAIL WEB SITE 2012年6月23日付
  10. ^ 『FLASHスペシャル』 2013年9月20日増刊号
  11. ^ http://ameblo.jp/hkt48/entry-11365672329.html
  12. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2013年7月20日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年1月11日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年2月8日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年2月8日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ http://www.hkt48.jp/news/2014/05/009983.html
  17. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年7月13日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年9月1日 ArKaiBu Gugutas
  19. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年9月11日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2014年9月11日 ArKaiBu Gugutas
  21. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年9月14日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年9月17日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2015年1月2日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2015年2月28日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2015年6月7日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2016年2月25日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2016年2月25日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 西日本スポーツ 2016年3月23日付 朝刊
  29. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2016年3月22日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2016年3月22日 ArKaiBu Gugutas
  31. ^ a b c d 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2013年5月8日 ArKaiBu Gugutas
  32. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2013年7月20日 ArKaiBu Gugutas
  33. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年5月19日 ArKaiBu Gugutas
  34. ^ a b c d e f g h 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2012年12月1日 ArKaiBu Gugutas
  35. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2013年12月31日 ArKaiBu Gugutas
  36. ^ Google+での本人コメントで多用する。
  37. ^ 日本テレビ系「HaKaTa百貨店2号館」でも、たびたび披露している。
  38. ^ 岡田栞奈 投稿 - Google+ 2014年3月8日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク



ご意見を共有しましょう