エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

石田安奈

提供: エケペディア
Jump to navigation Jump to search
この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
特に、2013年以降の出来事交友関係について、加筆をして下さる協力者を求めています。
SKE48
AKB48
石田 安奈 いしだ あんな
2017年SKE48プロフィール 石田安奈.jpg
公式ニックネーム

あんにゃ

所属事務所

ホリプロ

生年月日

1996年5月27日 (23歳)

出身地

愛知県

血液型

B型

身長

158cm[1]

スリーサイズ

B77 W57.7 H82[要出典]

合格期

2期生

選抜回数

9回

サイリウム

ピンク

石田 安奈(いしだ あんな、1996年5月27日 - )は、SKE48およびAKB48の元メンバー。愛知県出身。ホリプロ所属。

略歴

2009年
2010年
2012年
2013年
  • 4月13日、「組閣」により、チームSへ異動することが発表される。
  • 4月28日、AKB48梅田チームBの兼任解除が発表される。
  • 5月21日、チームBウェイティング公演で、「石田安奈 生誕祭・石田安奈 送る会」が開催され、AKB48チームBとしての活動を終了。
  • 7月17日、チームSとしての活動開始。
2014年
2015年
2017年
  • 3月18日、劇場公演において、SKE48からの卒業を発表する[2]
  • 5月26日、SKE48劇場において、劇場最終公演が行われる。卒業後の進路として芸能活動の継続と6月よりホリプロの所属となることを合わせて公表する[3]
  • 5月31日、SKE48としての活動を終了。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「今日も小悪魔なプレゼントをお届けしてもいいですか?いいです♪いいです♪いいですよ♪」[1]
  • 公式ニックネームは「あんにゃ」[1]。「アンナ」と呼ばれることもある。
  • メンバーカラーは、ピンク・ピンク[1]
  • 湯浅洋曰く「天才」。[4]「プロ意識が高く、器用なところがGood!! いつまでも子供だと思われている安奈が大人の一面を出すと、かなり怖い存在になりますよ」[5]
  • SKE48アイドル研究会会員4番。
  • 将来の夢は、マルチタレント[1]。女優。ハリウッドスター[6]

SKE48加入前

  • 元々石田家は東京にすんでいたが、環境の良いところでという事で、祖母のいる愛知県に引っ越して、そこで生まれる。[7]
  • 父親は、ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に所属していた元Jリーガーの石田憲司(旧姓・高橋)。現在もサッカーのコーチ業に就いている。[8]
  • 「安奈」という名前の由来。最初は「あんじゅ」と「あんな」で迷っていたが、画数などを考えて最終的に「安奈」になった。[6]母親は「あんじゅ」の方が良かったらしく、今でもたまに父親に抗議している。[7]
  • 2歳年下の妹が生まれる。[7]
  • 3歳からダンスを習い始める。他にも、ピアノ、タップ、ソロバン、フィギュアスケート、フットサル、塾、乗馬、日舞を習う。[9]
  • フィギュアスケートでは、浅田真央や村上佳菜子と一緒に練習したこともある。[10]
  • 小学3・4年生の頃は巣山プロダクションに所属し、モデルもやっていた。[11]
  • 学校では、男の子に混じってドッジボールしているような子。[7]小さい頃からヤンチャで元気な子で、3回の骨折経験がある。[7]

SKE48として

2009年

  • SKE48を知ったきっかけ。「お母さんがオーディションの本で“SKE48”って書いてある大きい記事を見つけたんです。最初はAKB48さんもSKE48も知らなくかったけど、ちょうどその頃にAKB48さんの『10年桜』が発売されて“AKB48ってこういうアイドル系なんだ”とわかって。もともと歌とダンスをやっていたので、受けてみようと思いました。でも、応募した写真がいまいち良くなかったんですよ。まず写真で無理なんじゃないかなと思ったんですけど(笑)」[12]
  • 3月8日、オーディションを受けようと思っていた、SKE48チームSの「手をつなぎながら」劇場公演をはじめて観る。[13]
  • 3月29日、第2期生オーディションの最終審査に合格。SKE48のメンバーとなる。

2010年

  • 6月9日、第2回総選挙では速報ではランクインしていたが、中間で圏外へ、最終でも名前は呼ばれずに終わる。「速報では31位だったんですが、最終的には圏外。一度名前が挙がっていただけに、すごく悔しかったです」。[5]
  • 7月7日、3rdシングル『ごめんね、SUMMER』にて初選抜。「メンバー発表のとき、いちばん最初に名前が呼ばれたんですけど、頭が真っ白になっちゃって、その後に誰が呼ばれたのか全く覚えてなかったんです(笑)。だんだん自分が選ばれたんだなって思い始めてすごいうれしさはあったんですけど、42人いるSKE48の中の7人に選ばれたプレッシャーもありました」[12]

2011年

  • 11月9日、これまで3rdから6thまで4作連続で選抜メンバーに選ばれてきたが、7thシングル『オキドキ』では選抜から落ちる。「発表された時は、自分の気持ちを隠してしまいました。でも本当はすごく、すごく悔しかったです。自分を成長させる為に、どうして選抜に入れなかったのか、何が足りなかったのか、支配人さんに聞きました。その答えを聞いて、これが安奈の大きな壁になるんだな。と感じました。前から自分も感じていた壁。大きな壁乗り越える力。このいろんな気持ち。今、ここにいる選んだ道だから、先を行くならいっぱいの引き出しを持って行こう。心の中の気持ち、三年間の思い、自分は何を目標にしてきたんだろ。たった三年かもしれないけど…ただ一つ言えるのは、いい加減な気持ちではなかった事。公演や握手会が大好きな安奈。皆さんと握手をすると、本当に勇気づけられます。皆さんの笑顔を見てると、安奈まで笑顔になります。皆さんの笑顔が支えでもあります。皆さんからの温かい言葉、優しい言葉、大切にしていきたいです。いろんな事を気づかせて教えてくれた場所がここです。メンバーが沢山ふえていく中で、焦りもあり、不安も積もるばかり。でも、安奈は安奈なりに流されたくなかったので、素直に公演、握手会を楽しんでました。人として気付く事がたくさんありました。それがいい事なのかどうかはわからない。でも、知らないよりは知ってるほうが人生経験としてこれからの自分が成長いける気がしたり。SKE48のメンバーになって、大人と関わる事が多くなりました。今までは、大人の世界なんて興味もなく、安奈の中にあるようでないような感じでした。まだ小学生だったからかな。でもSKE48に入って沢山の事を学びました。大人の人に対する礼儀、今、この場の空気を読まなきゃいけないこと。今、しなければいけないこと。いろんな所が見えてしまいました。見たくなくても見えてしまう、大人の世界。世の中、平等ではないこと。きっとSKE48の選抜にいたからこそ学べた事だと思います。SKE48のメンバーでよかったと心から思います。アメブロが書けなくなるのは寂しいけど、また必ず戻ってくるので、さよならは言いません。少しの休憩と、その大きな壁を乗り越えるための時間に使いたいと思います! そんな安奈の成長を「ラムネの飲み方」公演で見守ってください。新しい選抜メンバーは、自分に火をつけてくれてもっと向上心を持たせてくれます。いつまでも落ち込んでたって前に進めないしね。それに、選抜落ちて何もしない訳にはいかないので、自分自信にまた新たな力をつけるためいろいろ計画は立ててるんだぁ。やりたい事が沢山。また戻ってきます♪」[14]

2012年

  • 4月15日、コンサート「SKE専用劇場は秋までにできるのか?」にて9thシングル『アイシテラブル!』を初披露。選抜メンバーへと復帰した。「選抜に入る事ができました。いや?選抜にやっと戻ってこれました。皆さん、ただいま!! 『パレオはエメラルド』以来の選抜で、選抜に入れなかった時期、沢山の事を学ぶ事が出来ました。沢山の方が、支えて下さった事。忘れません。これから、もーっと輝く私を見守っていて下さい」[15]
  • 5月、湯浅洋「何をやらせても、器用にこなしてくれる子。実力がある。そして、小悪魔的なお茶目さで、まわりをなごませる力があるんです。そういうキャラクターの部分が前に出てくれば、もっと人気が出ると思いますね」[16]
  • 5月21日、公演のユニット曲『嘘つきなダチョウ』を踊ると足が何本にも見える時がある。ステップが速すぎて目で追いきれないのだ。それもそのはず。父・憲司は、かつてJリーグのベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)でプレーした元プロサッカー選手。「小さい頃、パパにサッカーを教えてもらいました」。アスリートのDNAは今、グラウンドではなくステージで生かされている。昨年、なでしこジャパンがW杯を制しブームを起こしたが未練はない。「なでしこもすごいけど、サッカーを続けていたらアイドルになれなかったから」。総選挙では64位以内のランクインは考えていない。「妄想したら落ちた時が怖い。予想外に入った方がうれしいので考えないようにします。KIIのメンバーには多く入ってほしい」。仲間を大事にするところも、遺伝子のなせるわざか。[17]
  • 5月27日、16歳の誕生日を迎える。「まさか、握手会の日にお誕生日を迎えれると思っていなかったし、本当に沢山の方が「おめでとう♪」とお祝いの言葉に、強く握りしめてくれる温かい手。忘れられないお誕生日になりました♪ そして、お祝いのコメントありがとうございます。涙が出るくらい嬉しかった・・・。そして、ただいま♪『アイシテラブル!』。選抜にもまた帰ってくる事もでき、今年は本当に嬉しい事ばかりです。私にとって16歳は特別な気がします♪ 4月で高校生になって、自分でも心のもち方みたいなものが変わってきたように思います。SKEではありがたいことにいろいろなお仕事をしながら、可能性みたいな将来の自分がやりたいこと、自分の中で新たな発見に気づかせていただいています。あれもこれもと、やりたい事が増えていく中でいっぱいの心に引き出し吸収の時! 目標に向かって自分の中で順位をつけて行かなければいけないこともあります。公演とゆうステージが安奈にとって原点です。小学生だった私・・・オーディション前にステージの一番後ろから観て、このステージに立ちたいと思って、今、歌ってダンスするだけではなくて、そこには沢山の熱い思いがあります。成長の場所です。大好きなメンバーと一緒に同じ思いで。皆さんと一緒にこれからも最高のステージにしていきたいと思っています。嬉しくて、楽しくて、元気と勇気そんな私たちの気持ちが伝えられたら笑顔の数がふえて何かを感じてもらえたら嬉しいです。あっ16歳は結婚できる年ですか・・・男の人とは握手もお話も皆さんが初めてだし、付き合うなんて私、将来結婚できるかしら(笑)」[18]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。石田はSKE48とチームBを兼任することとなった。[19]
  • 8月25日、「私、石田安奈は、チームKIIとチームBさんを兼任させていただくことになりました。突然の発表で、ただ…ただ…本当にびっくり。まさか、自分が兼任する事になるとは思ってなかったので、正直、まだ驚いてる私がいます。すごく大きなチャンス。兼任して学ぶ事、沢山あると思います。正直、不安もありますが、なによりもすごく楽しみです♪ 細かい事はまだ決まってないですが、このチャンスを大切に、また、新に成長していきたいです。今、自分に出来ること一生懸命に頑張ります。メンバーも背中をおしてくれて応援してくれてるので期待にこたえれるように、私も学んだ事を名古屋に持ち帰りながら、新たな一つのスタートとしてSKE48としてAKB48さんと架け橋になっていけたらと思います」[20]

2014年

  • 10月16日放送、フジテレビ「※AKB調べ」(第1回)で240人のグループメンバーが見て触って感じた「うっとり美乳」投票第4位(14票)に選ばれた。選んだメンバーのコメントは、山下ゆかり「真っ白。よく私抱き付くんですよ、石田安奈さんに。やわらかい」、松村香織「みずみずしい感じ、若さ溢れる乳だった」、高木由麻奈「メロンみたい」、石田安奈「はい、私、立候補します」、木本花音「谷間って線がピッて(手の指を縦に振りながら)入るじゃないですか、安奈さんはクッて入るんですよ、絵に描いたように」スタジオの指原莉乃が「Yで入る」(Yのように描く、という意味)と補足説明した。

2015年

  • 6月6日、第7回総選挙開票。石田は第77位(獲得票数:13,269票)にランクインし、アップカミングガールズに選出。

2017年

  • 3月18日、チームKII「0start」公演において、SKE48からの卒業を発表。卒業予定は2017年5月末[21][22]

交友関係

  • AKB48の推しメンは、大島優子。「SKE48に入るきっかけになったのは大島さんのおかげです。全ておいて尊敬しています」[23]

性格・趣味

  • 長所は、プラスに考える。[24]
  • メンバーにイタズラをするのが好き。[5]
  • 現在、反抗期中(2011年5月当時)。[25]
  • 女子校に通っている(2010年12月当時)。[24]
  • 趣味は、デコレーション、アロマアドバイザー、乗馬、料理[1]。過去の公式プロフィールでは、フットサルも。
  • 特技は、デコレーション[1]。過去の公式プロフィールでは、陸上。ダンスも。他にドラム。[24]
  • 走り幅跳びは、4m24cmで市内優勝。団体400メートル走で市内優勝。[6]
  • 好きな食べ物は、干し梅[1]。過去の公式プロフィールでは、ネギトロ丼。梅。
  • 好きな色は、「ピンク、赤、黒、白が好き。ピンク×黒とか2色合わせるのも( '∇^*)^☆」[26]
  • 好きな言葉は、「やりたいことはやる!」[1]、過去の公式プロフィールでは、「日進月歩」。
  • 好きなブランドは、「ダズリン、Honey Bunch,One spo、CECIL McBEE、Vivianは、握手や普段着るときに買ってます♪」[27]
  • 好きな男性のタイプは、「好きになった人がタイプだと思う」。[24]
  • 理想のデートは、かぼちゃのかわいい馬車に乗って、ふわふわした国に行く。[24]
  • 色素が薄く、もともと髪は茶色い。[7]
  • 身長が1年で7cmも伸びたことがある。[7]

ギャラリー

SKE48

AKB48

参加曲

シングルCD選抜曲

SKE48

AKB48

アルバムCD選抜曲

SKE48

AKB48

  • ここにいたこと」に収録
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義
  • 次の足跡」に収録
    • After rain

出演番組

Wikipediaを参照。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i SKE48公式プロフィール
  2. ^ SKE石田安奈が卒業を突然発表「夢への1歩」 - 日刊スポーツ 2017年3月18日
  3. ^ 石田安奈ホリプロ移籍へ「東京で一からやっていく」 - 日刊スポーツ 2017年5月26日
  4. ^ 『BUBKA』 2010年8月号 「SKE48劇場支配人・湯浅洋が激白」
  5. ^ a b c 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  6. ^ a b c ♪質問♪長っ(安o' v ' 川↑ - SKE48オフィシャルブログ 2010年12月13日
  7. ^ a b c d e f g 『BOMB』 2011年3月号
  8. ^ FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  9. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20110701142526122&writer=ishida_anna
  10. ^ http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=postseven_91514
  11. ^ 『ヤンヤン』 VOL.12
  12. ^ a b De☆View http://www.deview.co.jp/interview/100705a.html
  13. ^ 初心♪(安^ v ^ 川↑ - SKE48オフィシャルブログ 2011年03月08日
  14. ^ またねっ('▽'*)ニパッ!安奈 - SKE48オフィシャルブログ 2011年10月06日
  15. ^ 石田安奈 投稿 - Google+ 2012年4月15日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  17. ^ 『日刊スポーツ』 2012年5月21日
  18. ^ *.*16歳になりました*.*あんにゃ♪ - SKE48オフィシャルブログ 2012年05月27日
  19. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  20. ^ 石田安奈、チームBと兼任する事になりました。 - SKE48オフィシャルブログ 2012年08月25日
  21. ^ SKE石田安奈が卒業を突然発表「夢への1歩」 日刊スポーツ2017年3月18日
  22. ^ 卒業 オフィシャルブログ2017年3月18日
  23. ^ 質問(安^ v ^ 川↑ - SKE48オフィシャルブログ 2011年04月12日
  24. ^ a b c d e 『SKE48 COMPLETE BOOK 2010 - 2011』
  25. ^ 『SKE48学園』 2011/5/3
  26. ^ *.♪野球少年じゃない!♪.*石田安奈 - SKE48オフィシャルブログ 2012年04月22日
  27. ^ *.☆継続は力なり!☆.*石田安奈 - SKE48オフィシャルブログ 2012年04月21日

外部リンク