エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

前田亜美

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48
前田 亜美 まえだ あみ
2016年AKB48プロフィール 前田亜美.jpg
公式ニックネーム

あーみん

所属事務所

オスカープロモーション

生年月日

1995年6月1日 (23歳)

出身地

東京都

血液型

O型

身長

165cm[1]

スリーサイズ

B73 W56 H82[2]

合格期

7期生

選抜回数

3回

前田 亜美(まえだ あみ、1995年6月1日 - )は、AKB48の元メンバー。東京都出身。オスカープロモーション(ヤング部)所属。

略歴

2008年
2009年
2010年
  • 7月27日、A6th「目撃者」初日公演に出演。
  • 9月21日、19thシングルの選抜メンバーを決める第1回じゃんけん大会では、5位となり初選抜。
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
  • 4月23日、チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演に出演。
  • 6月2日、田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演にて生誕祭が行われたが、その中の挨拶で自身の卒業を発表した[4]
  • 8月29日、チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演で卒業公演(AKB48としての活動を終了)[5]
  • 9月27日、オスカープロモーションの所属となったことを公表する[6]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、特に設定していない。「チームAのあーみんこと前田亜美です」「高校1年生の16歳」など。
  • 濃い眉毛が特徴的。「個性が一番って思うから、眉毛を剃っていないんです」「クラスの皆が細く剃っていても、私はずっと剃らないままでした」と、人と違う所を恥ずかしいコンプレックスととらえることなく、堂々と自分のチャームポイントとしている[7]
  • 上をみたら、自分の眉毛が見える。朝、顔を洗ったら、眉毛から水がしぼれるなど、まゆ毛ネタは多い[8]。その太い眉毛を生かして、吉田ヒロの「まゆ毛ボーン」という一発ギャグをたまにやる。このギャグを教えてくれたのは、日本テレビ『AKBINGO!』で共演している佐田正樹(バッドボーイズ)とのこと[9]
  • 高橋みなみ「本当に純粋。あのピュアな顔でニカッと笑われると、ちょっと失敗しても許せちゃう(笑)。最近は踊りのスキルが上がりました。前までは出来ない部分を出来ないままにしちゃっていたけど、今ではちゃんと時湯練習して直してきてくれる。悔しくて泣いたり情熱もあります」[10]
  • 自身のブログは、母親にすら「つまらない」と言われてしまう[11]。ちなみに、自覚はあるそう。基本的に短めで、自分で「Twitterかよ!!」と突っ込むほど[12]だが、妹や母親とホントにくだらない理由でケンカしたりと、その「まゆげ」写メと相まって、意外とそんなブログにほっこりしているファンは多い。[要出典]
  • いつも手汗をかいている。「手汗って言い過ぎです。(握手会で)ファンの人来なくなっちゃう」[13]
  • 劇場支配人評。
「あーみんはみんなの妹分。バラエティ的要素が目立ちますが、歌ったり踊ったりする姿も絵になるコ。男女問わずさまざまな年齢層の方に応援してもらってます。いよいよ正規メンバー。チームAでの活躍が楽しみです」(2010年:戸賀崎智信[14]
「手足が長くてスタイルもいい。だから一見、大人っぽいんですけど、内面は素直な子供らしさ満載!あいさつや掃除もちゃんとするし、スタッフからの評判もいいコです。焦らずに自分を信じて成長してほしいですね」(2011年:戸賀崎)[2]
「精神的に大人になりました。一人の仕事が自身につながったのか、仕事に対して意欲的になり、前向きな姿勢で取り組んでいます。シンガポールや香港など日本以外でも人気があり、チャンスがあればもっと伸びるでしょう」(2012年:戸賀崎)[15]
「今年(2013年)で18歳ですが、天真爛漫な笑顔は変わらず。公演で見せる表現力も上がっています」(2013年)[16]
「無邪気な笑顔が印象的な彼女ですが、最近は力強さや大人っぽさも表現することができるようになってきました」(2014年:湯浅洋[17]
「『Rの法則』、初舞台とソロ仕事が増えた1年でした。ヤングコンサートでは7期生として後輩をまとめてくれました」(2015年:茅野しのぶ[18]
  • 将来の夢は女優。ドラマ『花より団子』を見て、井上真央に憧れるようになった[19]。「大河ドラマにも出る前田敦子さんみたいな女優になりたい」[7]「女優さんもモデルさんもやりたいし、お菓子とかシャンプーのCMにも出てみたい」[20]自分で家を買って、家族で住むこと[21]

AKB48加入前

  • 生まれた時から眉毛が生えており、両親も思わず名前を「まゆ」ちゃんにしようかと思ったとか[7]
「亜美」の由来は、母と姉の名前から。あと漢字で書くと左右対称になり、「偏る事なく、全てに優しく思いやりのある子になるように…」と願って名付けられた[22]
  • AKB48に入る前に、街でスカウトされた事があり、面接を受けたが、散々ダメ出しされて落とされた事がある[22]
  • 小学校の頃は、やはりその眉毛が原因でイジメられた事もあった。[要出典]

AKB48として

2008年

  • 11月、13歳でAKBオーディションに応募。しかし、もともと女優志望なので、歌の審査では苦労する。だがこの時点ではどうする事もできないので、楽しく笑顔を意識して歌った[23]
結果は合格。プロデューサーの秋元康からは「眉毛が良い。良い物を持っている」とベタ褒めされ[7]、「そのまゆ毛は、ずっとそのままでね」と言われた。そのため、剃ることが出来なくなった。でも、AKBのファンから「まゆ毛が好きです」と言ってもらえたり、「まゆ毛で覚えました」と言われ、[23]太い眉毛こそ、誰とも被らない自分の個性であると気付いたという。[24]
  • 12月、第7期研究生となったが、足の怪我により他のメンバーよりデビューが遅れる。AKBに入った当初は「ダンスが本当に下手で、よく失敗して先生に怒られていたんです」。[23]だが研究生公演では、センターに抜擢。しかし観客からは「何でアイツがセンターなんだ」などのヤジを受けてしまい、帰り道では悔し涙を流した[7]
  • 人見知りな所もあり、AKB48に入って、知らない人ばかりで不安だったが、最初に宮澤佐江が話しかけてくれて、大丈夫だと思った。[25]

2009年

  • 8月23日に行われた『AKB104選抜メンバー組閣祭り』において、正規メンバーへの昇格とチームAに所属することが発表される。
  • 12月、講談社『週刊プレイボーイ』のスペシャルユニット「チームPB」のメンバーに研究生の中から唯一選ばれる。

2010年

  • 6月の第2回総選挙では、中間発表では40位と発表されたが最終ではランクインする事が出来なかった。「皆さんの期待に答えられなくてごめんなさい。でも…中間発表のときに40位に入っていてすっごく嬉しかった。正直、最終で入ってなかったのは悔しいです。でもいい経験にもなったし…。色々勉強になったし…。これからがスタートだと思っています。入れなかったことで『もっと頑張ろう』になります。なので…来年頑張りたいな」[26]
  • 最近は眉毛が10mmから9mmへ薄くなったらしい。[27]
  • 「ずーっと思っていたので…ここに書きます。『眉毛』『まゆ毛』『まゆげ』皆さん、あみのチャームポイント『眉毛』を、できれば【まゆげ】ってかいてほしーです(笑) 漢字の『眉毛』堅苦しくてぃやだなぁ~~って。ただそれだけ。だから『まゆげ』ってかいてね」[28]
  • 9月21日、じゃんけん大会では1回戦から、好きな先輩で恩人(後述)の大家志津香と対戦。下積みが長く、未だ選抜経験の無い大家が、このじゃんけん選抜に掛ける気持ちが大きい事を知っているだけに、心中は複雑だった様子。結果は前田が勝利。その後も勝ち続け、最終的に5位で選抜入りを手に入れた。
  • 12月頃からジムに通い始めている。最近、腹筋が割れてきたらしい。[29]

2011年

  • 1月、CBCラジオ『今夜は帰らない…』の代理として出演。実は本音はまゆ毛を剃りたいと語る。「剃ったらどういう自分が現れるんだろう」とつい思ってしまうのが理由。[30]
  • 2月23日からNHK教育テレビ(18:55 - 19:25)で放送が開始される『Rの法則』で初のレギュラーを獲得(本放送は3月30日(水)から)。番組は、中高校生が、ピクッと反応する話題をきっかけに 「社会と自分ってこんな風につながっているんだ!」という事がわかる新感覚調査番組。
  • 4月30日発売の『ラブベリー』6月号より、同誌の専属モデルとなる。「モデルのお仕事は、大好きな服をいっぱい着れるし憧れがありました。なので、出来て嬉しいです。表紙を飾れるように…みんなに憧れてもらえるように頑張ります」[31]
  • 6月9日、第3回総選挙では37位にランクイン。「うれしいです。今回、あみにとっては3回目の総選挙なのですが…あみは今まで名前を呼ばれたことがなくて、いつも悔しい思いでいっぱいでした…。今回の総選挙で、37位と言う順位をいただき、本当に嬉しくて…皆さんに恩返しをしなければいけないと思いました。今は『ありがとうございます』としか言えていませんが、これからもっともっと上を目指し、夢に近づけるように…努力していきますので、これからも応援よろしくお願いします」[32]
  • 9月20日、第2回じゃんけん大会では、2回戦で大島優子と対戦。「勝ったとき、一瞬だけ、去年のさっしーみたいに土下座するべき? って思ったけど、やめました(笑)」。[33]。3回戦では指原莉乃、4回戦では北原里英と、太田プロに対し3連勝。ちなみに去年は前田敦子に勝っており、これで太田プロ所属メンバー全員を倒したことになる。「さっしーに『太田プロを潰す気か!』って言われましたよ」。[34]
最終的に第7位を獲得し、去年に続き2度目の選抜入りとなった。「前は5位でプレッシャーだったり、不安だったり、色んな思いがありましたが…本当に、素直に選抜メンバーになれて嬉しいです。選抜のお仕事で、前回学んだことも今回活かせたらなと思ってます。これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」[35]

2012年

  • 1月、雑誌インタビュー。「AKB48に入った時、私は最年少の13歳でした。ダンスの経験がまったくなかった私は、レッスン直後から落ちこぼれでした。そんな私に他のメンバーが手取り足取り教えてくれたのですが、研究生公演では、なぜか私がセンターに抜擢されてしまったんです。何とか足手まといにならないように、家でも必死に練習しました。それこそ、夢の中まで。でも、できないんです! あの時期は毎日、自分が情けなくてみじめで、本当に消えてしまいたかった。しわ寄せはすべて母に向かっていました。その夜も帰宅後、習った振り付けを復習していました。でも、体が覚えていない! こんなんじゃ、明日もみんなに笑われちゃう! いろんな感情がごちゃまぜになって、わけがわからなくなった私は、叫びながら、部屋中の物を投げたりして暴れていました。すると母が部屋に来て、「夜中だから、静かに」と言ったんです。お願いだからと言う感じでした。でも私はその言葉にカッとなり、思わず椅子を蹴飛ばしたんです。それは母の脚にぶつかり、母は「うっ」と小さくうめきました。でも私は、そのまま「ワーッ」と叫びながら、裸足で家を飛び出したんです。非常階段で嗚咽が止まるまで泣いてから、とぼとぼと近くの公園に行きました。早春の夜のアスファルトは冷たくて、足の裏がすぐにヒリヒリしてきました。少し冷静になると、母は大丈夫かなと心配になりました。ケガしちゃったかな。私、どうしてあんなひどいことをしたんだろう。お仕事と家事に追われながら自分を犠牲にして一生懸命、3人の娘を育ててきてくれたママなのに。朝、レッスンへ行きたがらない私に「夜は亜美が好きなお肉にしてあげる」って元気づけてくれた。そんな優しいママなのに。風の音が怖くなり、うずくまって耳を塞ぎました。どれくらい、そうしていたでしょうか。「亜美ちゃん」顔を上げると、姉が手を差し伸べながら言いました。「お家に帰ろう?」。「でもママが…」。「たぶん大丈夫だよ」。持ってきてくれた靴を履き、姉に手を引かれるようにして歩きました。公園の時計を見ると、家を出てからまだ30分しか経っていませんでした。そんなに、短かったんだ。家に入ると、薄暗い台所に座る母の背中が見えました。肩が震えている…。ママ、泣いてるの? 椅子が当たった脚には、青い痣ができていました。それを見ると、もう胸が苦しくてたまりませんでした。すると、私に気が付いた母が、無理に微笑みながらこう言ったんです。「なにがあっても、ママは亜美の味方だから」。こんなダメな私でも、帰れる場所があるんだ。安心して、頑張ってもいいんだ。ごめんなさい・・・・・・ママ。堪えていたものが次々にあふれ出てきました。全身は凍えていたのに、その涙だけはとても温かかったのを覚えています。あれから3年。相変わらずダンスは苦手なままだし、まだまだ夢は遠いけれど、それでもあきらめずに続けてこられたのは、家族のおかげです。かけがえのない私の家族に、心から感謝しています」[36]
  • 3月15日、「まゆげ増えすぎて、つながってきたなう。ちょっとほっとくと、すぐ、まゆげちゃんは顔を出すんだよー。。かまってちゃんなんだから……」[37]
  • 5月1日、選挙前インタビュー。卒業宣言した前田敦子の不出馬により、AKB48の前田姓は1人になった。「名前が『まえだ・あ』まで一緒なので、総選挙とかでは毎回隣の席でした。私がプレッシャーで押し潰されそうな時、『大丈夫だよ』『信じようよ』とか言ってくれた」。同時に、とてつもないエネルギーも感じていた。10、11年の総選挙では…「隣の席が熱い感じがして近づけなかった」。しかし、今回「前田」は自分だけだ。「注目される部分もある。プレッシャーはありますが頑張ります。選抜に入ったら、濃い眉毛を細くします」と公約した。[38]
  • 最新シングルが初週売上160万枚を突破し、出荷自体は200万枚を超えているという。このシングルが売れている理由の一つは、「第4回総選挙」の投票権が封入されていることにある。すでに速報で62位までが発表されており、少しでも順位を上げたい各メンバーの所属事務所はメディアへの露出を増加させたり、メンバーの関係者が必死の投票呼びかけをしている。選挙とはいうものの、事実上の人気投票であり、大前提としては“次のシングルの選抜メンバーを決める”という体だが、この順位はずっと付いて回る事になり、今後の活動を左右する側面もあるため、精神的にナーバスになっているメンバーもいるようだ。
前田亜美は深夜に「自分ってなんなの? わからない。負けたくない。今は考えない。絵であらわしてみた」という文章とともに、繊細な筆致で描かれた亀の腹のような絵をアップ。以前にも薄汚れたボールが微笑みを浮かべているような絵など、一般に理解しがたい不気味な作品を投稿し、一部で呼び名の「あーみん」をもじって「やーみん」とアダ名されているほどだ。
メンバーが葛藤や不安をそのまま吐き出してしまうのも、スタッフの検閲を受けないGoogle+の醍醐味なのかもしれない。年頃の女性ならば誰でも情緒不安定になることはある。恋愛や家族仲、進学、友人関係など、彼女たちに悩みは尽きないのだ。ましてトップアイドルグループの一員として活動しながらも、まだまだビッグネームとは言い難い各人であるから、不安も常につきまとうだろう。せっかく同じ年代の仲間がたくさん集う場所で日々を過ごしているのだから、ファンに心配をかける前にまずは仲間に相談してみてはどうだろうか。[39]
  • 6月6日、第4回総選挙では42位にランクイン。「わたし前田亜美は【42位】でステージにあがることができました。投票してくれた皆さん、応援してくれた皆さんのお陰です! ありがとうございました。皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。そして、ずっと応援してくれた家族にも感謝しています。順位は去年より落ちてしまったかもしれませんが…速報結果よりあがり(速報に入っていたこともびっくりなのに…)、票数は7000票を超えるという、ホントにホントに嬉しい結果でした。皆さんを信じてよかったです。あみは自分に自信がなかったり、今のままじゃダメダメで悩んだりしますが…、まだまだあきらめずに、楽しんで音符自分らしくやってやっていこうと思います。そして...自分磨きを頑張りたいと思います。これからもそんな前田亜美をよろしくお願いいたします。本当にありがとうございました。トロフィーをもらったのもはじめてで感動しています[40]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。前田はチームKに異動することとなった。[41]
  • 9月18日、第3回じゃんけん大会で勝ち上がり、3大会連続の選抜入りを決めた。3大会連続の可能性があったのは小嶋陽菜河西智美佐藤すみれ、前田亜美の4人だったが、他の3人は敗れてしまい、前田が唯一全てのじゃんけん選抜入りとなった。[42]

2013年

2014年

  • 4月6日に開催された『リクエストアワー2014』において、代表曲でセンターを務める「盗まれた唇」が圏外から62位に初ランクインする。[44]
  • 4月20日、6年目にして初めての7期会が開かれる。個性的で実力もある7期メンバーだが「谷間の7期」と呼ばれている。[45]
  • 9月17日、第5回じゃんけん大会のBブロック・3回戦第2試合、対大和田南那戦で前代未聞の後出しで敗戦。武道館内から笑いに包まれた。

2015年

  • 1月25日に開催された『AKB48 リクエストアワー セットリストベスト1035 2015』において、「盗まれた唇」が23位にランクインする。これは発売された日が古い[どういう基準?]AKB48のカップリング曲としては一番高い順位である。
  • 9月7日、755への投稿。「AKB48に居るうちはAKBに貢献できればなって思う。どうしたらいいのかな?っていつも考える!AKB48に勢いが欲しい!!握手だってAKBにいる内しか出来ないし会いにきてくれる人なんて嬉しいよ!だから頑張る!!お仕事も与えられたら頑張る!当たり前☺︎ AKB48のCDなのに最近はAKBメンバーが少ないなと改めて思った。。正直ハロウィンナイトのCDにも私の歌声は入ってないしPVだって映ってない。それでも私のファンの方はCDを買ってくれて握手しに来てくれて、、私はファンの方を大切にしようと思う。いつも本当にありがとう」[46]「会いに来てくれる人がいるなんて嬉しいよ!だった☺︎ どこにいても会いに来てくれる人がいるって。本当に幸せな事。AKB48は会いに行けるアイドル!私は女優になりたい!女優になったとしたら応援してくれてる人に会える機会も少なくなる。だから握手会ではできるだけファンの方を覚えたいし覚えていたい。私もみんなの為に夢叶えられるように頑張ります!」[47]
  • 10月16日、田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」初日公演に出演。

2016年

  • 2月3日、主演舞台『『思春』~遥かなるオヤジーデ~』の初日[48]。同月6日まで出演予定であった。
  • 2月10日、チームAによる新公演「M.T.に捧ぐ」が初日を迎えたが18名のスターティングメンバーには入っていなかった[49]
  • 4月23日、同公演の出演初日となる[50]
  • 6月2日、田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演にて、同期の鈴木まりやの仕切りで生誕祭が行われ、藤田奈那からの手紙を受け取った後、恒例である「これからの1年はどんな年にしたいか」という質問の中で、次のように述べた。

今日もね、みなさんがすっごい大きな声援をくれてほんとに幸せだなって思ったんですけど、わたしは・・・すごく言いづらいんですけど、私はAKB48を卒業したいなと思います。

やっぱりすごく悩んだんですけど、今この時期にAKB48を卒業したいとすごく思いまして、みなさんに一番最初に伝えたかったのでこの場をお借りして言わせていただいたんですけど・・・13歳ぐらいから入って約8年くらいAKB48に所属させてもらって、ホントにここまで来れたのは皆さんのおかげだなと思いますし・・・入った当時ダンスも苦手でポンコツな私でしたが、センターの曲ををいただいたり、歌番組出させてもらったりとか恵まれた環境にいて、新しい子がいっぱい入ってきて、どんどん抜かされるし毎日が戦いの日々で目まぐるしい毎日で、いろんなことがあったんですけど、でもそれは、みんながいるから私も頑張らなきゃと思っていたし、ここまで来れたし。

だけどやっぱり選抜に今まで一度も入れなかったのは悔しくて諦めたくなかったんですけど、でももう今は世代交代というのもあるし、もっともっとAKBにも頑張ってほしいし、私もそれをバネにというか刺激を受けて頑張りたいなと思いますし

卒業を一番に決めた理由は、改めて考えた時に、私はなりたいものというか、やりたいことがアイドルではないなって思って。女優という夢もAKBに入って持ち始めて、お芝居をしていろんなことを学んで・・・なので20歳を迎えて21歳になって、今、やりたいことを、道を開いてやりたいことをやりたいなと思いまして、

こんなにたくさんのファンのみなさんがいてくれるというのは私の自信にもなったしホントに支えられているなって思ったし、AKBに入ってホントに良かったなって思うことも毎日あって、いろんな人に出会うのもそうだし、こんなにメンバーと会えたのもそうだし、すごいまわりに支えられてるお仕事だなと実感できたし、度胸もついたし、公演というステージに毎日に立たせもらって(中略)いろんなことが勉強になって、21歳になって新しく生まれ変わりたいなと思ったのでAKBの卒業を決めました。

(中略)あこがれられる存在になりたい、という目標を持っていましたが、そう思ってくれている後輩がいてすごく嬉しいです。なのでAKBに入ってホントに良かったなと思ってるし、全然後悔はしてないので(中略)寂しいですけど今私は卒業して自分の夢に向かって頑張っていきたいなと思いますので、これからも・・・前田亜美をよろしくお願いします。

と、力強く締めくくった。場内からは、アーミンコールが起こり「地の果てまでもついてくぞー」の声に対し「すぐみんな推し変とかするからさぁ。でも、ぜひついてきてくれたらうれしいです」鈴木には「そんなことないよ、それでは亜美ちゃん、最後の挨拶お願いします」と促され、終演となった。
  • 8月29日、6月24日以来のチームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演であるが、前田の出演は6月13日以来となる。卒業発表以来約2か月ぶりの、チームA公演で卒業公演を迎えた。まず、7期生の鈴木まりや・佐藤すみれ(SKE48)・前田の3名で、初めてセンターになった『盗まれた唇』を披露。その後、"お色直し"を行ない、深紅のドレスでステージに再登場。そこに花束を持って、中田ちさと・武藤十夢・達家真姫宝が登場し、お別れの言葉を述べた。さらに当日来場できなかった、藤田奈那・古畑奈和(SKE48)はビデオメッセージ、指原莉乃(HKT48)から手紙が届き、手紙は横山由依が代読した。最後に出場者全員で『タンポポの決心』を披露し、前田からの謝辞の後、終演となった。この日、ライブオンデマンドでアップが多かった茂木忍は代役出演だったが、実は前田亜美にあこがれてAKB48に入り、握手会にも行ったと言う、大のあーみんファン。開演直後から終始泣きじゃくっていた。5日前の8月24日には、同じチームAの平田梨奈「僕の太陽」リバイバル公演で卒業公演を行い、活動を終えており、チームAは兼任メンバーを含めて18名となった。

交友関係

  • 仲が良いメンバーは、板野友美藤江れいな佐藤夏希増田有華近野莉菜松井咲子小森美果をあげている[22]
  • 好きな先輩は、大家志津香。大家は研究生期間が最も長かった先輩で、挨拶の仕方から教えてくれた恩人。大家は前田亜美の事を嫌いだったらしいが、ずっと好きだと言ってたら、大家の方も好きになってくれたとか。[51]
  • 甘えているのは指原莉乃。「仕事中は同じチームAのさっしーに甘えてます。さっしーは結構世話好きなんですよ」[23]
  • 推しメンは、板野友美[19]
  • ネ申テレビ』ボウリング大会の「このメンバーのここが嫌い」というお題で、佐藤すみれに「あーみんの眉毛が嫌い」と言われてしまった。
  • 戸賀崎智信「挨拶や掃除もきちんとするし、スタッフからの評判も良い子です。焦らずに自分を信じて成長してほしいですね」[52]

性格・趣味

  • 性格は「子供でマイペースな性格」「甘えん坊」[14]講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック』[22]。「寂しがり屋」[19]「よく“しっかりしてそうに見えて、しっかりしてないよね”って言われます」[20]
  • 泣き虫。「怒られたり嫌な事があるとすぐ泣いちゃうんですけど、泣いているうちに『どうにかなるさ。明日は良いことがあるだろう』ってすぐ元気になるんです。軽いですね(笑)」[23]
  • 長所は、人懐っこい。[33]
  • 短所は、泣き虫ちゃん。[33]片付けが下手で大雑把なところ。[22]
  • 趣味は、音楽鑑賞とDVD鑑賞。[53]帽子集め。今20個ぐらいある。[20]
  • 特技は、一人じゃんけん、道をすぐ覚える。どこでも眠れること。[53]舌が自由に動くこと。[19]
  • 好きな食べ物は、アイスクリーム。お肉。[21]
  • 好きな男性のタイプは、笑顔が可愛い人。優しい人。[19]ウソをつかない人。[21]「優しくて、マナーがあり、私のことを考えてくれる人」[33]
  • AKB48で好きな曲は、『言い訳Maybe』。公演曲は『ごめんねジュエル』[19]
  • 憧れの女優は香里奈。[20]
  • 3姉妹の真ん中で、姉と妹がいる。[22]
  • 父親は39歳で、カンニング竹山と同い年。[54]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

チームKウェイティング公演

  • 向日葵
  • 片思いの対角線

チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • 恋愛禁止条例
  • 真夏のクリスマスローズ

田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演

  • Bye Bye Bye

高橋みなみプロデュース「お蔵入り公演」

  • 恋のPLAN

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • リスケ

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

  1. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」より。
  2. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2011』P75より。
  3. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  4. ^ AKB前田亜美が卒業発表「やりたいことやりたい」 - 日刊スポーツ 2016年6月2日
  5. ^ 前田亜美の卒業公演日程につきまして - AKB48オフィシャルブログ 2016年8月16日
  6. ^ 前田亜美 ツイート - Twitter 2016年9月27日 ArKaiBu tw48
  7. ^ a b c d e 日刊スポーツ[いつ?]
  8. ^ http://ameblo.jp/sashihara-rino/entry-10898112320.html
  9. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-11007787631.html
  10. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  11. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10765230642.html
  12. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10851052150.html
  13. ^ 日本テレビ『AKBINGO!』2011年11月16日放送より
  14. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック』P55より。
  15. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』P80より。
  16. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2013』P125より。
  17. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2014』P88より。
  18. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2015』P100より。
  19. ^ a b c d e f 『AKB48 VISUAL BOOK 2010』
  20. ^ a b c d 『UTB』Vol.195
  21. ^ a b c 『窓からスカイツリーが見える』
  22. ^ a b c d e f オフィシャルブログ[いつ?誰の?]
  23. ^ a b c d e 『duet』2011年1月号
  24. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック』
  25. ^ http://websunday.net/akb/007.html
  26. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10558991912.html
  27. ^ 指原莉乃オフィシャルブログ http://ameblo.jp/sashihara-rino/entry-10631753173.html
  28. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10641919011.html
  29. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10740853910.html
  30. ^ 今夜は帰らない…』 2011年1月31日
  31. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10876649640.html
  32. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-10918578545.html
  33. ^ a b c d 『AKB48じゃんけん大会 総集号 2011』
  34. ^ 『AKB48×プレイボーイ 2011』
  35. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-11024287868.html
  36. ^ 『週刊朝日』 2012年1月6・13日合併号
  37. ^ 前田亜美 投稿 - Google+ 2012年3月15日 ArKaiBu Gugutas
  38. ^ 『日刊スポーツ』 2012年5月1日
  39. ^ http://www.menscyzo.com/2012/05/post_4104.html
  40. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-11270978721.html
  41. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  42. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120918-00000121-spnannex-ent
  43. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/entry-11616692939.html
  44. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/day-20140406.html
  45. ^ http://ameblo.jp/amimaeda-blog/day-20140421.html
  46. ^ 前田亜美 投稿 - 755 2015年9月7日
  47. ^ 前田亜美 投稿 - 755 2015年9月7日
  48. ^ 前田亜美 出演舞台まもなくスタート - AKB48オフィシャルブログ 2016年2月2日
  49. ^ 「私は初日には出れませんでした。悔しいです。」前田亜美 ツイート - Twitter 2016年2月10日 ArKaiBu tw48
  50. ^ 4月23日(土)の公演メンバーのお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2016年4月18日
  51. ^ 週刊AKB』 2010/08/20』
  52. ^ 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  53. ^ a b 所属事務所公式プロフィールより。
  54. ^ 『いきなり!黄金伝説』2010年10月28日

外部リンク