10年桜

提供:エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
AKB48 11thシングル
10年桜
10年桜 通常盤.jpg
発売日

2009年3月4日

レーベル

You, Be Cool!/KING RECORDS (通常盤)
NEW KING RECORDS (劇場盤)

選抜人数

20

販売形態

通常盤/劇場盤

AKB48 の シングル
10th 11th 12th
大声ダイヤモンド 10年桜 涙サプライズ!

10年桜」(じゅうねんざくら)は、2009年3月4日にキングレコードから発売された、AKB48の11枚目(インディーズを含めると通算13枚目)シングル。

概要

主な記録

  • オリコン週間ランキング第3位(2009年3月16日付)[1][2]
  • オリコン月間ランキング2009年3月第7位。
  • オリコン年間ランキング2009年第54位[3]

収録曲

※所属チームは発売時点のもの。

10年桜

10年桜
AKB48
10年桜 アーティスト画像.jpg
作詞

秋元康

作曲・編曲

井上ヨシマサ

MV監督

タイアップ

  • DMM.com」CMソング[4]
  • フジテレビ系「第30回記念まつえレディースハーフマラソン」イメージソング
  • 中京テレビ『SAKAE TA☆RO』3月度エンディングテーマ
  • すべてのTypeに収録。
  • 4期生の倉持、藤江、SKE48の松井玲奈が初選抜。倉持と藤江が初めての選抜入りだが、後輩の5期生より遅い初選抜となった。SKE48からは、松井玲奈が2人目の選抜入りとなった。前作の選抜メンバーから秋元才加佐藤由加理、発売前の2009年2月27日に卒業した川崎希の3人が今作の選抜メンバーから外れた。
  • ミュージック・ビデオ(MV)の監督は、『桜の花びらたち2008』『大声ダイヤモンド』に続き高橋栄樹。ショートドラマ仕立てのMVとなっており、設定は同窓会。ドラマ部には、板野、大島優子、小嶋、高橋、前田、渡辺が出演。ロケ地は伊豆にある学校で、2008年12月24日・25日の2日間に撮影された。
  • MVの世界観について。高橋監督「『10年桜』のPVは、『桜の花びらたち2008』で感じた「卒業」や「桜」に一種の死生観が出てる気がする。入学とは誕生で、卒業とは死。もちろんその死は、次のステージでの「誕生」を意味する再生でもある。学校って、生と死のサイクルを擬似的に体験する場所なんじゃないか、っていうね。あのPVってどこか夢っぽいし、あの世っぽい。10年後の前田と大島優子が思い出してる、夢の中の学校やバス。だから学校も装飾過多でサイケデリックだし、スクールバスも「なんでこんなところで?」って思うような何も無い所で降りてもOKになる。大島優子の妊婦姿も誕生の象徴だし、PV中の高橋みなみに死のイメージを感じた人は、鋭いと思う。」[5]
  • AKBの中心メンバーの一人であり、選抜常連組だった大島麻衣がこの曲を最後に卒業。

選抜メンバー(センター:前田敦子、松井珠理奈。かっこ内は選抜回数)

桜色の空の下で

桜色の空の下で
AKB48
作詞

秋元康

作曲

上杉洋史

編曲

野中"まさ"雄一

  • すべてのTypeに収録。
  • 歌唱メンバーは表題曲選抜のAKB48メンバー18名。

選抜メンバー(センター:前田敦子)