エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

大堀恵

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48
SDN48
大堀 恵 おおほり めぐみ
2013年総選挙プロフィール 大堀恵.jpg
公式ニックネーム

めーたん

所属事務所

ホリプロ

生年月日

1983年8月25日 (34歳)

出身地

千葉県

血液型

A型

身長

158cm

スリーサイズ

B83 W58 H82

合格期

2期生

選抜回数

AKB48 1回
SDN48 4回

大堀 恵(おおほり めぐみ、1983年8月25日 - )は、AKB48およびSDN48の元メンバー。千葉県大網白里市(旧・山武郡大網白里町)出身[1]。ホリプロ所属。

略歴

2006年
  • 2月、追加メンバー(2期生)オーディションに合格。
  • 4月、チームKのメンバーの一人としてデビュー。
2008年
  • 6月13日、9thシングル『Baby! Baby! Baby!』でシングル表題曲選抜メンバーに初めて選ばれる。
2009年
2010年
  • 2月21日、AKB48を卒業。SDN48専属メンバーとなる。
2011年
  • 10月15日、SDN48全メンバーの卒業が発表。
2012年
  • 3月31日、SDN48を卒業。
  • 12月8日、AKB48劇場7周年公演で、脚本家・金沢達也と結婚することを発表。
2013年
  • 1月1日、金沢と入籍。
  • 4月7日、「第5回総選挙」にOGとして立候補(結果は圏外)。
2014年
  • 1月12日、第1子を懐妊したことを発表。
  • 6月16日、女児を出産。

人物

キャラクター

  • AKB48のセクシー担当。2008年1月24日の『AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2008』で、ユニット参加曲『Blue rose』や『甘い股関節』ではビキニ姿で登場し、観客やメンバーを驚かせた他、『おしべとめしべと夜の蝶々』でのコスチューム(ナース服やスクール水着など)のサプライズを行った。また、『AKB0じ59ふん!』でのコスプレ企画では、水着エプロンを披露した。一方で、2008年6月16日放送のオープニングでの入浴シャワーシーンや2008年6月23日放送のオープニングでのベッド上でシーツに包まったシーンについては、VTRを見た他のメンバーから悲鳴が上がったり、『AKBINGO!』のファーストワードバトルで膣と発言する(2009年2月18日放送分)など、同番組が深夜オンエアとはいえ、小中学生も出演している中においては行き過ぎた言動も見られる。
  • また、鼻にかかった様な声と独特の喋り方が特徴。メンバーに真似されることもある。
  • AKB48所属時は、野呂佳代と共に最年長だった。野呂と同級生だが、月日が大堀の方が早い為、「ババア」と言われるなどいじられ、最年長扱いされているが、SDN48では、最年長の西国原礼子に次ぐ2番目の年長メンバーである。また、メンバーに「ババア」呼ばわりされても平気である。
  • 公表されている限りでAKB48元正規メンバー初の入籍者。SDN48元メンバーにおいても、在籍時に既婚者であった二宮悠嘉に次いで2人目である。。

AKB48加入以前

  • 高校2年の時(2000年頃)にティーン向け雑誌の「My Birthday」の読者モデルとして芸能界入りし、グラビアアイドルとして活動していた。途中“松嶋めぐみ”という芸名で活動していた時期もある。[2]

AKB48として

2005年

  • 10月、AKB48の第1期生メンバーオーディションに落選。
  • スタッフから電話がかかってきて、劇場のカフェでスタッフとして働くことを打診され、承諾。この時の様子は、AKB48ファースト写真集の最後のページに当時の写真が載っている他、『AKB0じ59ふん!』においても、店員時の大堀の姿が映されたVTRが流されている。
ちなみに、篠田麻里子も同じような境遇で共に働いていたが、篠田は翌年の1月にサプライズでAKBメンバーに加入。

2006年

  • 2月、AKB48の追加メンバー(2期生)オーディションを受け合格。
  • 4月1日、チームKメンバーの一員として劇場デビュー。
  • AKB48のメンバーとしての活動においては、なかなか選抜メンバーに選ばれなかったりメンバーを代表したメディア出演も多くない(例えば、新曲のPR時は当然ながら選抜メンバーが代表してメディア出演するので、機会が回ってこない)など、チャンスに恵まれた状況とは言えなかった。

2008年

  • 1月から放送を開始した『AKB0じ59ふん!』でバッドボーイズの佐田正樹やメンバーに「ババア」呼ばわりされながらも、他のメンバーとは一味違うキャラクターで注目を浴びるようになる。
  • 6月13日、9thシングル『Baby! Baby! Baby!』にて初選抜。
  • 他にもグラビアを中心(特に雑誌「KING」内の「妄撮」に何度か登場、ファースト写真集も同企画とのコラボレーション)としたソロ展開にて、一気に活動の幅を拡げて存在感をアピール。
  • 10月15日に『AKB0じ59ふん!』内の企画として“大堀めしべ”として『甘い股関節』でソロデビューした。CDの売り上げ目標は1万枚に設定され、1ヶ月で1万枚未達成の場合はAKB48メンバーから卒業することが同番組内で秋元康より発表された。同曲の発売イベントにおいては、“握手会”ならぬファンに抱きついて囁くという“ハグ会”の実施が話題を呼んだ。11月15日の最終イベントは「大堀めしべ最後の聖戦!~ハグはめしべを救う!~」と銘打たれ、AKB48のチームKのメンバーを中心に他のメンバーも参加して大堀をサポート。同イベント終了時点での売上結果は10,125枚で、メンバー残留を決めた(『AKBINGO!』では11月26日にオンエア)。[3]

2009年

  • 8月1日、佐藤由加理野呂佳代浦野一美と共に、新グループSDN48のメンバーとしても活動を始める。
  • 8月23日、AKB48のコンサート『組閣祭り』にて、SDN48専属のメンバー(AKB48からは卒業)になることが発表された。

2010年

SDN48として

2011年

  • 10月15日、SDN48全メンバーの卒業が発表。「SDN48を結成して2年2ヶ月が経ちました。ファンの皆さんには当初より、多大なる応援と温かいメッセージをいただきこの場を借りて改めてお礼を申し上げます。SDN48は、それぞれのメンバーが進むべき道を目指すために、全員揃ってグループを卒業をすることになります。2012年3月31日に現行メンバー揃っての「さよならコンサート」をもってSDN48としての第一章はその役目を終えます。メンバー一同、自分の夢をより具体的にするために新たなステージへ旅立つことになりますが引き続きの応援を何卒よろしくお願いします」
  • 10月17日、「先程東京に帰ってきまして…。皆様からのコメントを読ませて頂きました。たくさん心配して下さった皆様の温かいコメントに涙が出てきました…。今の心情と致しまして、いつかはこの時がくるとは思っていました。くる…、くる…、くる…と思ってはいても、やはりずっしり胸にきましたね…。半年後には、一人でこの足で立ち上がらなければいけません。AKB48から数えると6年…48グループから離れるのは、淋しい気持ちが隠しきれない程あります。不安がないといったら嘘になります。ですが、いつかは自らの足で立ち上がり、そして、歩いていかなければなりません。28歳という年齢で、いろんな葛藤もありました。残り“半年”…今まで以上に踏ん張り、そして高くジャンプしたいです!! 負けないよ 負けない! SDN48が嫌いでも興味なくてもそんなのなんだっていい。とにかく私達を知ってもらいたい。この半年で、39人全員でてっぺん目指します! これからも皆様が傍にいてくれなきゃイヤよ…頼むわよ…」[5]

2012年

  • 1月3日、深夜に放送された特番『ミッドナイトQさま!!』の企画、“アイドル出来レース2012”で大堀恵が見せた姿に感激した人々が、ブログに抑えきれない気持ちを寄せている。彼女が事務所の指示に従うかどうか、悩み苦しむ姿には多くのファンが感激したようだ。心境を綴った大堀恵のブログには次々と温かいコメントが届いている。ブログの記事に対して「Qさまみてファンになりました!」、「改めていいオンナだなと思ったよ」、「そんじょそこらのグラドルとはやっぱり違いますね」など大堀恵を激励するコメントが殺到している。彼女も「コメントも少ないことで有名な大堀が、こんなに頂いているなんて…ありがたや…嬉しいです!」と驚く一方で、「初めましての方も出会って下さってありがとうね~」と新たなファンができたことに感謝している。『ミッドナイトQさま!!』の概要は次のようなものだった。吉木りさ(24)、中村静香(23)そして大堀恵の3人にドッキリが仕掛けられた。お笑いコンビ、ハライチによる架空の新番組『ヨルイチ!!』のレギュラーを決めるために“常識クイズ5問”と“水泳平泳ぎ25m”で優勝をガチンコ対決で競うという設定で収録が行われた。しかし実は『ヨルイチ!!』よりもさらに人気のある“おいしい”番組への出演が同時間帯で決まっており、各自のマネージャーが「絶対に勝つな」と事務所方針を伝えるのである。実に巧妙に仕掛けられたドッキリに、3人ともすっかりマネージャーの話を信じて『ヨルイチ!!』でのレギュラーを決める勝負をどう戦うか迷ってしまうのだ。吉木りさは終始“勝たない”姿勢を貫き、常識クイズではレディー・ガガと答えるべきところを『レディー・ハハ』と答えるなど大胆なボケを見せた。対して大堀恵もやむを得ずスマホのフルネームを『スマート・マイルド・フォーン』とわざと間違ってみせた。しかし最終問題で『30点早押し』の特例として、「上野動物園の白黒の可愛い動物は?」の問題を中村静香がまさかの「ウシ」と答えて負けに入ると、最後に残った大堀が耐え切れずに「パンダ」と答えて1位となってしまったのだ。最終決戦“水泳平泳ぎ25m対決”の前にマネージャーから再度「勝つな」と念を押されると、大堀は「“足がつる”とかする?」と負けようという気持ちを示した。しかし一方で「2人の本気さがよく分からない…」と、吉木と中村に真剣さが見られないことにも不満を感じていたのである。そんな状態で水泳がスタートすると、吉木りさは足をプールの底につきながら泳いで明らかに負けを意識していた。事前に泳ぎこんでいたという中村静香はそれなりに泳いだが、それでもスピードを落とし大堀の後をついて行く格好だ。先頭を泳ぐ大堀恵も中村の位置を確認しながら速度を上げられない状態となったのである。すると、やる気が見られない3人の泳ぎを見かねたディレクターが「これでは番組が成立しない!」といったんストップして、再度泳ぐことになったのである。2回目も同様に大堀恵が先頭を泳ぎながらそのままゴール。ゴール寸前にはいったん立ち上がりタッチするのをためらった大堀だが、優勝という結果になったのだ。優勝して嬉しいどころかがっかりする大堀を横目に、吉木と中村は「レギュラーはだめでもゲストでお願いしたい」と笑いながら話していた。そんな3人にプレゼンターの青木さやかがドッキリということを明かすと、大堀は「ちょっと待ってよ!」と叫んで憤ったが、その後は事務所の方針に逆らった罪悪感から開放されたのかホッとしていたようだ。青木から「なぜ、勝ってしまったのか?」と問われた大堀は『番組がガチンコ勝負とされているのに、わざと負けるのは申し訳なかった』と心境を話した。さらに彼女は「スタッフさんも優しかったから」と番組関係者を裏切ることの辛さを、涙をこぼしながら語ったのだ。一方で吉木りさ、中村静香の態度に関しては「ふざけんなよ! 何が“レディー・ハハ”だ!」と不満をぶつけていた。事務所の方針だとマネージャーから念を押されてもどうしても負けることができなかったことについて、大堀はブログで「“やるからには120パーセントの力で立ち向かう”この精神は、AKB48、SDN48で培われたものだと自信を持って言えます」と記している。そんな彼女に届く温かいコメントを読んで「これまで芸能界で踏ん張ってきて良かったな…と実感しています」と大堀は自分の取った行動は間違いではなかったことを確信していた。昨年、「SDN48は全員卒業」と発表されてから、大堀恵が見せる気迫が違ってきたように感じる。最後まで“120%の力を出そう”との気持ちがそうさせているのかもしれない。[6]
  • 3月20日、自身最後の個別写メ会を体調不良で途中退席したことについて、自身のブログで悔しさをにじませた。「本当に昨日の自分自身は、プロとして失格です」と自分を責める大堀には、ファンから温かい声援が送られている。残りわずか数日となったSDN48としての活動。20日にはラストアルバムが念願のオリコンランキング1位を獲得したことについて大堀はブログでファンと喜びを分かち合い、直後に予定されていたイベントについても「ファンの皆様、1人1人に感謝の気持ちをしっかりと伝え、頭を下げてお礼がしたいです」と同ブログで明かしていた。だが、自身最後の個別写メ会になった同イベントの第3部まで出席したものの、体調不良のため第4部からは中止の措置を余儀なくされた。「病院へ行こうという決断になってしまいましたが、イベントに戻る気満々でした」と振り返った大堀だったが、体が言うことをきかなかったようだ。翌21日に更新されたブログ記事でも、そんなふがいない自分を「私はどんな事があっても倒れるまで続ける精神でいたい。ちょっとやそっと体を壊したって、ファンのみんなの気持ちで強くいられるのです。本当に昨日の自分自身は、プロとして失格です」と責めている。だが、同記事に寄せられているのは、そんな大堀のプロ根性をたたえるコメントや、体調を気遣うファンからの声。人によっては何行にもわたる長文コメントを投稿しており、大堀がこれまでに積み上げてきたものの存在を感じさせた。[7]
  • 3月31日、東京・NHKホールでのコンサート『NEXT ENCORE』をもって、SDN48から卒業した。

SDN48卒業後

  • 4月7日、2ndイメージDVD『みたかったのはこれかしら?』を発売。イベントでは、“恋愛禁止”という鉄の掟のあるAKB48在籍中はもちろん「SDNは恋愛自由だったけどファンの方が引っかかって恋愛できなくて。正直6年枯葉です」とポツリ。今後の仕事面に関しては、「好きなことを全力で、引き出しがなくなるんじゃないかってくらい頑張りたい。今年1年が勝負だと思っています」と語り、前田敦子が出馬辞退したAKBの総選挙には「個人的には、女優としても頑張っている大島優子ちゃんに頑張ってほしい」とエールを送った。[8]
  • 8月、Jリーガーとの交際が噂される(詳細は/ノートを参照)。
  • 12月8日、AKB48劇場で行われた「7周年公演」に特別主演し、12歳年上の脚本家・金沢達也と結婚することを発表した。本人ブログ「この度、私、大堀恵は、今年の夏頃よりお付き合いをさせて頂いておりました脚本家の金沢達也さんと来年、入籍することを『AKB48劇場7周年特別記念公演』のステージでご報告させて頂きました。新たな人生の節目のご報告を大堀恵を育てて頂いたAKB劇場でさせてもらい感謝の気持ちでいっぱいです!今後もこれまで通り芸能活動に“これまで以上の気持ちで”頑張ってまいりますので、どうか応援の程、宜しくお願い致します」[9]<

2013年

  • 1月1日、金沢と入籍。本人ブログ「この度、金沢達也さんと2013年1月1日に入籍致しましたことを御報告させて頂きます。1並びで縁起がいいということで、本日発表させて頂きました。ファンの皆さんには、いち早くご報告したかったのですが親族の方々などへの挨拶などもあり、ようやく皆さんにお知らせできることになりました。これからは、二人で助け合いながら暖かい家庭を築き上げたいと思っております。応援して下さっているファンの皆様には、変わらず恩返しをしていけるように日々努力していきたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。大堀自身は、今までと変わらずしっかりと前進していきたいです!!」[10]
  • 1月18日(現地時間17日)、ハワイ・オアフ島で挙式・パーティーを行う。所属事務所を通じて「これで本当に本当の“みーんなの人妻アイドル”になれました。今後はいつも刺激しあえ、『元気ねぇ~』のたえない家庭を作りたいです!」と喜びのコメントを発表した。かねてから着たいと思っていたという、元AKB48・篠田麻里子プロデュースのウエディングドレスをまとった大堀は「念願かなってとても幸せな気持ちです」と感激。挙式は親族と親しい友人のみで行われ「真っ青なハワイの空の下で、素敵な挙式をあげることができました! あらためて指輪の交換をかわし、人生のパートナーとの絆がより一層強くなりました」と振り返っている。大堀と金沢が知り合うきっかけとなった舞台の作・演出を務めた東貴博と安めぐみ夫妻も式に出席。パーティーでは、二人の生い立ちや交際から結婚に至るまでのVTRなどが流れ、笑顔と涙の絶えないアットホームな雰囲気だったといい「お越し頂いた親族・友人の皆さまに見守られて、私たちらしい楽しく、明るい挙式をおこなう事ができました。本当に私は幸せ者です!!」と感謝している[11]
  • 4月6日、グループ在籍4年以上のOGにも立候補が解禁された第5回総選挙に立候補を届出。本人ブログ「総選挙について、お話をさせて下さい。まず、ブログの更新が遅くなってしまい申し訳ございませんでした。いろいろと気持ちの整理をつけていましたら、遅くなってしまいました。先日、ブログでも皆様のありがたいコメントを全部読ませて頂き、わたくしの中で『またアイドルになれるんだ!』という嬉しさと、冷静に考えたときに『現役で頑張っているメンバーと人妻が同じステージに立つのは申し訳ないな』と思いました。旦那様にも最初は、ずっと反対されていました。「勝つ気や勝算がないのならやめなさい。これは、かつて自分がいた日本一の城に、竹槍一本で乗り込むようなものです。竹槍一本で、ぶざまに走っている様を笑ってもらいたいのならやめた方がいい」そう、言われていました・・・それは、真剣に戦っている武士たちに失礼だから……わたくしも、そう思っておりました。それからも、旦那様ともたくさん話し合いました。わたくしの素直な気持ちも伝えました。でも、やはり、わたくしはAKB48が幾つになっても大好きです。AKB48の駆け抜けた日々は宝物です。チャンスがあるなら、そのチャンスを掴んでみたいと思いました。ギリギリまで夫婦で悩みました。でも先日、旦那様が『本気で戦って敗れても君には戻ることができる小さい城があるんだから』と最後は背中を押してくれ、決心致しました・・・挑戦してみようと思います。死ぬ気で戦いたいと思っております。日本中の人妻、おばさんの夢をしょって、大堀恵、立候補します!歳を取ったって夢は叶うんだ、を合言葉に出馬させて頂きます」[12]
  • 6月8日、総選挙開票。結果は圏外。本人ブログ「投票して下さった皆様、ありがとうございました。今回、総選挙に出馬させて頂き支えてくださるファンのみんなを近くに感じられて、私はそれだけでも充分過ぎるぐらいの愛情を頂きました。ただ、黙って若い小娘ちゃんたちに負けてはいられませんよ!バリバリ頑張ります!私は、みんなに頂いた愛情を必ず恩返致します。投票して下さった皆様、応援して下さった皆様、心から感謝をしております!!ありがとうございました。246人中、246番になってこれからも頑張っているメンバーちゃんたちの背中をそっとおしてあげたいです。総選挙に出馬させて頂き、刺激をもらって帰ってまいりました!!これからも宜しくお願い致します!!」[13]

2014年

  • 1月12日、第1子を懐妊したことを発表。本人ブログ「私達夫婦に念願の第1子を授かりました。先日、安定期に入りましたので皆様に報告をさせて頂きます。出産予定日は6月です。悪阻もようやくおさまり、穏やかな生活を送らせて頂いております。お腹の中に新しい小さな命がいるとわかったときは、主人も目を潤ませて大喜びをしてくれました。母親になるということを日々実感し、尊い命をどんなことがあっても守っていきたいと思います。初めてのことだらけで戸惑うことばかりですが、そんな毎日をとても幸せに感じます。体調と相談しながらにはなりますが、これからもお仕事を続けさせて頂きたいと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。ついにこの日がきました。。。『受粉計画完了です!!』」[14]
  • 6月16日14時16分、女児を帝王切開で出産[15]。「みなさまにご報告があります。昨日、無事に2956gの女の子を出産致しました。破水から始まり丸2日かかってのお産となりましたが、最終的に帝王切開をし元気な赤ちゃんの産声を聞いたときは涙が溢れ言葉になりませんでした。10ヶ月もの間、お腹の中で頑張ってくれた我が子が愛おしくて愛おしくて『よく、頑張ったね』と抱き締めていました。これからは沢山の愛情と幸せを主人と共に捧げていきたいな、と心から思っています。とにかく、長い長いお産でしたがやっと逢えた喜びに胸がいっぱいです!!ここまで、応援してくれたみなさん本当に本当に本当にありがとうございました。まずは、みなさんに少しでも早くご報告がしたかったです。体力が戻り次第、改めて報告をさせて頂ければなと思っておりますのでどうぞこれからも宜しくお願い致します。大堀恵」[16]

性格・趣味

  • 母親のことを『みっちゃん』と呼んでいる。
  • 魚介類が苦手で、金魚を水槽に放しただけで逃げ出したり、ゲームを拒否したりしている。
  • 妊娠後、以前は好きであった豚肉が食べられなくなり、匂いもダメとのこと。逆によく食べるようになったものはウインナー[17]
  • 自称「キス魔」で、唇にキスをするのが好きで、秋元才加倉持明日香など、メンバーの数名は、大堀のキスの餌食にされたことがある。
  • 学生時代にバスケットボール副キャプテンも務めていたほどで、運動神経は良い方である。
  • 短期大学卒業。家庭科の教員免許を持っている。「教員免許といってもあたしは家庭科だったんですけど、その頃から好きな事=芸能界に行きたいなら、ちゃんとした免許を取らなきゃダメという約束だったわけですよ」[18]
  • 温泉ソムリエ資格を取得[19]

ギャラリー

AKB48

SDN48

卒業後

ソロシングル

参加曲

シングルCD選抜曲

AKB48

SDN48

派生ユニットシングル曲

チームZ

  • 恋のお縄
    • 私の彼氏は銭形平次
    • 会いたかった ~お江戸 Ver.~
    • 銭形平次 ~TEAM-Z Ver.~

アルバムCD選抜曲

AKB48

SDN48

その他の参加楽曲

  • Enjoy your life !
    河西智美の2ndシングル「Mine」のカップリング曲として収録された。

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

外部リンク