エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

神7

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

神7」(かみセブン)とは、AKB48のメンバー7人または劇場公演の観客7人を指す用語。主にマスコミによって使用され広まったが、様々な用法があり、混乱も見られる。

初回公演の観客を指す用法

2005年12月8日のAKB48初回公演チームA 1st Stage「PARTYが始まるよ」公演)の入場者数72人のうち、招待客(関係者やメンバーの家族、友人など)が65人、有料のチケットを購入した一般客が7人であった。このAKB48誕生の瞬間に立ち会った観客7人のことを「神の7人」または「神7」と呼ぶ。後年にメンバーを指す用法が定着したためか「観客神7」と呼ばれる場合もある[1]

この7人は、チームA 6th Stage「目撃者」公演の楽曲「Pioneer」の中で「誰もが無理だとまわりで笑った それでも7人だけが見守ってくれた」と歌われている。

しかし実際に公演を見ていたのは多くとも5人だったようである。アイドル情報サイト「スクランブルエッグ」編集長・岡田隆志は「純正(?)アキバおたくは私が見る限り5人もいなかったように思います」とレポートしている[2]。また、ある人物のTwitterでの投稿によると、7人のうちその人物を含む2人は公演を見ずに劇場併設のカフェ篠田麻里子と会話をし、その人物はアンコールの最後の曲「桜の花びらたち」のみ見たとのこと[3][4]

特定のメンバー7人を指す用法

名前 加入期 第1回
2009年
第2回
2010年
前田敦子 1期 1位 2位
大島優子 2期 2位 1位
篠田麻里子 1.5期 3位 3位
渡辺麻友 3期 4位 5位
高橋みなみ 1期 5位 6位
小嶋陽菜 1期 6位 7位
板野友美 1期 7位 4位

2009年の第1回総選挙と2010年の第2回総選挙において、上位7人は順位こそ入れ替わったものの全く同じ顔ぶれであった。それが前田敦子大島優子篠田麻里子渡辺麻友高橋みなみ小嶋陽菜板野友美の7人である。

この7人は当時圧倒的なファン人気があり、全員ほとんど選抜落ちした事がないというAKB48の中心メンバーだった。しかし、1期生が5人、2期生と3期生が1人ずつと、活動の長いメンバーのみであり、新しい世代から人気メンバーが現れていないというデータの裏付けにもなってしまっていた。

元々は「黄金の7人」と呼ばれていたが、初回公演の観客を指す「神の7人」やインディーズ2nd「スカート、ひらり」の選抜メンバー(板野友美大島麻衣小嶋陽菜高橋みなみ中西里菜成田梨紗前田敦子)を指す「スカひら7」との混同が起こり、さらにマスコミを中心に「神7」と略されたことで広まった。

「神8」

2011年の第3回総選挙ではこのメンバーが崩れてしまう。板野友美が8位に落ち、代わりに柏木由紀が3位に躍進した。メディアによっては「新勢力の台頭」という見出しで、まるで柏木を“ぽっと出”の様に扱っているものもあったが、3期生としてすでに中心メンバーとして十分活動してきたメンバーであり、前年の選挙でも8位とこの7人に次ぐ順位につけていた。

この頃、主にマスコミにより、板野と柏木を含む語として「神8」という語が使用された[5]

総選挙の上位7人を指す用法

前述の第3回総選挙以降、総選挙の上位7人は固定されなくなり、「神7」という語は総選挙の上位7人を指す用語としても使用されるようになった。説明の都合上、この節では上述の「神7」を「黄金の7人」、この用法での「神7」を「7位以上」と表記する。

  • 2012年の第4回総選挙では、「黄金の7人」の一角であった前田敦子が卒業のため参加を辞退。大島優子が第1位に返り咲き、板野友美が第8位に陥落。その代わりに前年まで7位未満であった指原莉乃が第4位に食い込んだ。
  • 2013年の第5回総選挙からは立候補制となり、卒業した前田敦子を除いた「黄金の7人」全員と、卒業を表明していた板野友美が立候補。指原莉乃が初の第1位となり、高橋みなみが第8位、小嶋陽菜が第9位、板野友美が第11位へ陥落。第5位の篠田麻里子もスピーチで卒業を表明した。代わって、松井珠理奈が第6位、松井玲奈が第7位と初めてSKE48のメンバーが7位以上に入り、世代交代を印象付けた。
  • 2014年の第6回総選挙では、卒業を表明していた大島優子が立候補せず、前年は立候補できた48グループOGにも被選挙権が与えられなかった。渡辺麻友が初の第1位となり、新たに山本彩が第6位に、島崎遥香が第7位に進出。2人とも第1回総選挙に参加しておらず、また、島崎は第3回総選挙では「圏外」となっており、初の圏外経験者の第7位以上進出となった。
  • 2015年の第7回総選挙では、前年までに7位以上入りの経験がある松井玲奈(後に卒業発表)と小嶋陽菜が立候補せず。指原莉乃が第1位に返り咲き、島崎遥香が第9位に陥落。新たに宮脇咲良が第7位に進出。卒業を表明していた高橋みなみは、最後の総選挙を過去最高順位である第4位で終えると共に、史上初(かつ2016年時点で唯一)となる陥落からの7位以上復帰を果たした。
  • 2016年の第8回総選挙では、指原莉乃が総選挙初の連覇を達成。前年上位の顔ぶれは卒業した高橋みなみ以外に変動はなかったが、高橋に代わって新たに須田亜香里が第7位に進出(島崎に続く「圏外」経験者の第7位以上進出)した。また「黄金の7人」であった小嶋陽菜は「にゃんにゃん仮面」として2年ぶりに参加し第16位となったが、スピーチで卒業を表明している。
  • 世代交代が進んだことで「黄金の7人」のうち、2016年6月現在で前田敦子、大島優子、篠田麻里子、板野友美、高橋みなみの5人が48グループを離れ、小嶋陽菜も卒業を表明し、渡辺麻友が「黄金の7人」の最後のひとりになる見通しである。

初めて7位以上に入ったメンバーを指す「神7入り[6][7]、固定メンバーが崩れたことを指す「神7崩壊[6][8]など、用語の混乱もみられる。

総選挙で7位以内に入ったことのあるメンバー

名前 第1回
2009年
第2回
2010年
第3回
2011年
第4回
2012年
第5回
2013年
第6回
2014年
第7回
2015年
第8回
2016年
指原莉乃 27位 19位 9位 4位 1位 2位 1位 1位
渡辺麻友 4位 5位 5位 2位 3位 1位 3位 2位
松井珠理奈 19位 10位 14位 9位 6位 4位 5位 3位
山本彩 加入前 加入前 28位 18位 14位 6位 6位 4位
柏木由紀 9位 8位 3位 3位 4位 3位 2位 5位
宮脇咲良 加入前 加入前 加入前 47位 26位 11位 7位 6位
須田亜香里 加入前 圏外 36位 29位 16位 10位 18位 7位
島崎遥香 加入前 28位 圏外 23位 12位 7位 9位 8位
小嶋陽菜 6位 7位 6位 7位 9位 8位 不参加 16位[注 1]
高橋みなみ 5位 6位 7位 6位 8位 9位 4位 卒業
松井玲奈 29位 11位 10位 10位 7位 5位 不参加 卒業
大島優子 2位 1位 2位 1位 2位 不参加 卒業 -
篠田麻里子 3位 3位 4位 5位 5位 卒業 - -
板野友美 7位 4位 8位 8位 11位 卒業 - -
前田敦子 1位 2位 1位 不参加 卒業 - - -
  1. ^ 「にゃんにゃん仮面」としての参加

類似の用語

公式ライバルグループである乃木坂46において、各シングル選抜メンバーのうち、運営委員会が選出するセンターメンバーに対して「乃木坂七福神」と称している。「神7」と異なる点としては、運営委員会が正式に発表している点、シングルにより人数が変動し「五福神」「八福神」「八福神+1」「十福神」とも称される点である。詳細は乃木坂46#福神を参照。

出典

  1. ^ 10年間見続けた「観客神」がAKBを愛する理由 - 週刊朝日 2016年3月31日
  2. ^ Online Column 「秋葉原48(AKB48)」の読み解き方 - スクランブルエッグ 2005年12月10日
  3. ^ 該当人物のツイート - Twitter 2015年5月9日
  4. ^ 該当人物のツイート - Twitter 2015年5月9日
  5. ^ AKB48篠田麻里子、トップアイドルになって「忘れていたこと」とは?センターを務めたときの本音を吐露 - シネマトゥデイ 2012年1月2日
  6. ^ a b W松井が神7崩した/AKB総選挙 - 日刊スポーツ 2013年6月9日
  7. ^ NMB48山本彩、初の“神7”入り果たすも「すごく悔しい」 - モデルプレス 2014年6月7日
  8. ^ AKB「神7」崩壊!ニューヒロイン柏木由紀誕生!! - フィールドプロモーションニュース 2011年6月12日


ご意見を共有しましょう