エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

梅本まどか

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
SKE48
梅本 まどか うめもと まどか
2015年SKE48プロフィール 梅本まどか.jpg
公式ニックネーム

うめちゃん

所属事務所

Mousa

生年月日

1992年7月17日 (25歳)

出身地

愛知県

血液型

O型

身長

163cm[1]

スリーサイズ

B80 W54 H82[1]

合格期

4期生

選抜回数

2回

サイリウム


この3色がなければ

梅本 まどか(うめもと まどか、1992年7月17日 - )は、SKE48の元メンバー。愛知県名古屋市出身[2][3]。Mousa所属。

略歴

2010年
  • 9月30日、SKE48第4期生オーディションに合格。
  • 12月6日、新設されたチームEのメンバーに選ばれ、研究生から正規メンバーに昇格。チームEのリーダーに就任。
2013年
  • 4月13日、「組閣」(チーム再編成)発表により、チームEリーダーが松井玲奈と交代することが発表される。
  • 6月8日、第5回総選挙では第39位となり、ネクストガールズに選出される。
2014年
2015年
  • 6月6日、第7回総選挙では第68位となり、前回と同様、アップカミングガールズに選出される。
2016年
  • 2月3日、SKE48からの卒業を発表[4]
  • 2月24日、劇場最終公演[5]
  • 2月29日→3月21日、SKE48としての活動を終了[6]
  • 4月25日、東京の芸能事務所・Mousa(ムーサ)の所属となったことが明らかになる[7]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「Go!! Go!! Let'sGo!! Let'sGo!! MADOKA!! Go!! Fight!! Win!! No.1\(^O^)/SKE48のチアリーダー♪ うめもとまどかです」[8]
チームE 1st Stage「パジャマドライブ」公演までは、「あなたのハートにスマイルジャック。SKEのチアリーダー、高校3年生18歳の梅本まどかです」を使用していた。
  • 公式ニックネームは、「うめちゃん」。
  • 「まどか」という名前の由来は、「梅ママに聞いたら内緒って言われちゃいました。昔聞いた時も『かわEから』って単純に言われたんですけど、ひょっとしたらホントに意味がないのかも…」[9]
  • 一人っ子[10]
  • (初代)チームEのリーダーで、その後(須田)チームEの副リーダーとなっている。余談であるが、キャプテン(リーダー)経験者がその後、副リーダーに就任したケースとして梅田彩佳(チームBキャプテン→チームBII副キャプテン)がある(さらに、公式ニックネームも同じ「うめちゃん」と共通している)。
(初代)チームEでキャプテンに選ばれた理由として、チーム内で最年長学年であったことや、「4期の中で一番しっかりしている」(水埜帆乃香談)ことが挙げられる[11]
目指すキャプテン像は、「まどかは、まどかなりのキャプテンを目指します!!」[12]とのこと。
最初のころは先輩の磯原杏華(2期生)や山田恵里伽(3期生)に助けられながら[11]1年が経過し、最初は「『仕切らなきゃ』って必死だったけど、みんなが『もっと頼っていいよ』と言ってくれて」少し肩の力が抜けたという。その後は先輩から後輩からもイジられるキャラに[13]なった。
  • 4期生最年長(小林亜実柴田阿弥も学年上は同じだが、生年月日順では梅本が最年長。なお、2人とも早生まれで、年齢は1歳下)。
  • チャームポイントは、ジブリ顔。
「最近(2011年10月)よく言われるのでチャームポイントにしてみようかと…。ちっちゃい頃は、左目の横にあるホクロって言っていたんですけど、今思えばそれをチャームポイントにしてた事がよくわかりません」[14]
  • メンバーにこれだけは負けないというアピールポイントは、「元気☆笑顔は、チア部の時からモットーにしている事なので、誰にも負けたくないです」[15]とのこと。
  • 加入前のチアリーディングの経験や、趣味がモータースポーツやサッカーなどのスポーツ観戦であることから、CBCテレビ「スーパーグランパスTV」(サッカー情報番組)、NOTTV「F1速報TV」、TOKYO MXテレビ「SKE48の恋するドラコン」(ゴルフ番組)のレギュラー出演など、スポーツ系の仕事が多い。
  • 劇場支配人評。
「リーダーとしてまとめようとしているんだけど、まだ空回りしています(笑)。でも、みんな彼女が一生懸命やっているところは見ていますから。そのやさしさは伝わっています。もっと自分のことをアピールしてもいいかな」(2011年:湯浅洋[11]
「いろんなメンバーにイジられて、反撃がうまくできないコ(笑)。リーダーとして頑張ろうとしているけど、空回りしている感は否めないかな。もう少し落ち着いて考えられるようになれば、もっと成長できると思います」(2012年:湯浅)[13]
「つねにリーダーとしてチームのことを考える一方、自分のキャラも理解して力を発揮しています」(2013年:芝智也[16]
「勢いがあるメンバーです。スポーツを中心に、自分のカラーがついてきました。さまざまな面で成長を感じます」(2014年)[17]
「どんな仕事もしっかり準備する姿勢が評価に繋がり、レギュラー番組を獲得。チームのことも考えて行動しています」(2015年)[18]
  • 将来の夢は、たくさんの方に笑顔やパワーを届けられるマルチタレント[8]
「歌やトークはもちろん、演技などいろんな事にも挑戦して、いくつになってもたくさんの人に元気を与えられるアイドルになることです」[19]

SKE48加入前

  • 小さい頃から体を動かすのが好きで、バレエとジャズダンスを習っていた[20]
  • テレビの高校野球でチアリーダーが応援しているのを見て「私もあの舞台で踊れたらいいな」と思って、高校ではチアリーディング部に入部する。しかし「実際に入ってみると、ダンスのなかでいちばん大変でしたね。体力作りのために筋トレもかなりやって、すごくきつかった」[20]とのこと。
「中学生の頃、ママとよく高校野球を観に行ってたんですけど、その時に応援しているチアリーダーを見て興味を持って、その後チアについていろいろ調べてた時に競技チアの動画を見て感動したから」[12]
  • チアリーディングでは、中部大会で優勝経験がある[11]

2010年

  • 9月30日、SKE48第4期生オーディションに合格。オーディションの歌唱審査で歌ったのは、松田聖子の『天使のウィンク』[21]
  • オーディションを受けようと思ったきっかけは、「将来の事について考えていた時に、たまたまオーディションの事を知り、チャレンジするなら今しかないかなと思ってオーディションを受ける事にしました。まどか、昔から密かにアイドルに憧れてたんです」[22]
  • AKB48ではなく、SKE48を受けた理由は、「地元名古屋のアイドルグループって事とSKE48のパフォーマンスに魅力を感じたからです」[23]とのこと。
  • 12月6日、新設されたチームEのメンバーに選ばれ、正規メンバーに昇格するとともにリーダーに任命された。
「4期生で入った時に最年長で、その時に『4期を引っ張るつもりでいて欲しい』ってことは言われました」[24]「びっくりしました。正直、自分でいいのか? という不安な気持ちもありました。でも、任命されたからにはやってやる!! みんなとEチームにするぞ!! と、決意した自分がいました」[25]

2011年

  • 6月9日、東京・日本武道館で行われた第3回総選挙開票イベントでは、名前を呼ばれずに終わる。
ブログ「teamEだけは、誰も選ばれなかったこと…。チームとしても、まだまだなんだという事をとても感じさせられ、ホントに悔しかったです。チームとしてもまどか個人としても、今回は良い結果ではなかったのですが、これを機に今日から夢に向かって今まで以上に頑張っていこう!!と強く思いました。これからも、まどか魂笑で頑張っていきます」[26]
  • 8月31日、オフィシャルブログの投稿で、大学を中退したことを報告した。
「入学してからたくさんの方に「両立大変だけど頑張ってね」と応援して頂いていたのに、みなさんを裏切ってしまってホントにごめんなさい。生誕祭の時は、まだいろいろと迷うところもあったり、中途半端な言い方しかできず、みなさんに心配をかけてしまってあの場で言った事を後悔したりもしました。お手紙や握手会で言葉をかけて下さったみなさんには、ホントに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
『今の学部だと夢とかけ離れていて遠回りになる』と私がブログに書いた言葉に、「生かそうとすればそんなことないよ」「今の学部でも役立つんじゃないか」と、たくさんの方にアドバイスを頂いてホントにそうだなと思ったし、今、思えば、あの言葉はただの言い訳になっていたなって、かなり反省しています。現状でもやっていけない事はなかったんですけど、2年生になった時に、1回以上休むと進級できない授業がある事を知ってからかなり悩みました。1年に何回も公演を休演しなくちゃいけなくなったり、もしコンサートやイベントがあっても参加できなくなったら、私は何の為にSKEにいるのかわからなくなりそうだし、1回でもチャンスを失ったり公演に出られなかったら悔しいし、メンバーにも、応援して下さっているみなさんにも申し訳ない気持ちでいっぱいになるのに、そんな思いをしてまで学業を優先したくなかったんです。それと、6月ぐらいから他の学部に行くことも考えてお母さんともいっぱい話し合ったのですが、今、受験をして学部を変えても、1年多く在学する事になるので、お母さんにもいろいろ負担をかけてしまうし、辞めてしまう事ですら負担をかけているので、今は厳しいかなって…。今は、自分で自立できるようになってからまた大学受験して行きたいなって思ってます。今の私はSKE48のteamEメンバーとしてもリーダーとしても力不足なので、これからもっともっとteamEを引っ張っていけるような存在に、SKE48としても自分の夢に少しでも近づけるように努力していきます。明日からSKE48 teamEの梅本まどかとして、今まで以上に全力で頑張っていくので宜しくお願いします」[27]

2012年

  • 集英社「SKE48×プレイボーイ2012」でのインタビューより。
―チームの魅力。
「Eはスタイルの良い子が多いし、成長期のメンバーもたくさんいます。育ち盛りなんです(笑)。それと、可愛い系のカラーがありますけど、意外とみんなダークなものが好きで(苦笑)」
―公演MC。
「うちはMCがつまんないって言われる事があって(苦笑)。どうしたら面白くなるのか、いつも考えてるんですけど…」
―チームの事で悩んだら。
「悩み事って人に言えないんです。チームのことなのに、チームに負担をかけたくないっていうか、複雑な気持ちがあって」
―E結成当初の解散騒動について。
「それはEがまだ結成されたばかりの頃で、プロ意識が低く、『このままだったらもう1回研究生からやり直した方がいい』って。そう言われたことが本当に悔しくて、すぐにみんなで集まって、ここがダメだったとか、いろんな話をして。それで『これからはもっと頑張るので、このメンバーでやりたい』って支配人に言いに行きました。ホント、あの時の言葉は二度と言われたくない。それが今のチームEの支えとなってる気がします」
  • 5月14日、チームE 2nd Stage「逆上がり」公演初日を迎える。かつてAKB48の(初代)チームKが、2010年2月まで使っていたセットリストである。冒頭の寸劇もチームEオリジナルのシナリオで再現し、柴田阿弥木本花音を平手打ちする衝撃の展開でスタートした。表題曲『逆上がり』では、梅本のスカートが脱げるアクシデントもあったが、動じずに笑顔で踊りきった[28]
「1st公演が千秋楽を迎えてから1カ月以上が経って、久しぶりの劇場で公演をして、ここで公演が出来ることは本当に幸せだなってあらためて感じることが出来ました。皆様に温かい声援もいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。チームKさんを目指すというよりも、チームEらしさを出した「逆上がり」公演をメンバー全員で作り上げたいと思います。ありがとうございました」[29]
  • 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」(P135)の取材では、
昨年の総選挙で、チームEから一人も選ばれなかったことについては「結成したばかりだから仕方ないって頭では分かっていたけど、言い訳だって思っていた」と語り、「チームEとしても、個性を大事にするだけじゃなく、上を目指したい」と抱負を語った。
  • 6月6日、日本武道館で第4回総選挙開票イベントが行われ、梅本は昨年に続いて、圏外となった。
ブログ「SKE48から15人が選ばれてホント嬉しいです。先輩のみなさん、おめでとうございます。そして花音!! おめでとう。まどかは今回選ばれる事はなかったけど、入れて下さったみなさんの票からたくさんの愛を感じました。もちろん今も感じています。正直、悔しい気持ちもたくさんあります…。でもこの気持ちをバネに今からまた進んでいこうと思います!! まどかに投票して下さったみなさん、そしてSKE48をteamEをいつも応援して下さてるみなさん、ホントにホントにありがとうございました」[30]
  • 7月17日、SKE48劇場での公演で、梅本の20歳の生誕祭が行われた。以下、母親から贈られた手紙より。
「まどかへ。20歳のお誕生日おめでとう。今頃、まどかの大好きな劇場でたくさんの方にお祝いして頂いてる頃かな? 19歳のまどかはいろんな事があったね。小さい頃から要領が悪いというか、不器用で人の倍努力をしないとみんなに追い付けなくて。それでもがむしゃらに目標に向かっていきながら喜びを手にしてきたり、いつものよくわからない強運に恵まれてきたまどかだけど、19歳のまどかは今までで一番悩んだり考えたり泣いたりもした年だったんじゃない? そんなまどかに「辞めなさい」って何度か言ってしまった事もあるけど、まどかは気持ちを1度も曲げることはなくて、本当にSKEが大好きなんだなぁって思ったよ。メンバーの子と楽しかった事があったりすると小さな事でも嬉しそうに話してきたり、 ファンの方からいただいたお手紙をとっても嬉しそうに読んでいたり、プレゼントを自慢してきたり、 握手会やイベントから帰ってきてその日にあった出来事を延々と喋り続けるまどかは本当に幸せそうでいつも話しを聞きながらホッとしているママがいます。まどかにはいつもハラハラドキドキさせられているから…。
20歳になったことだし、そろそろ落ち着きのある素敵な女性になったまどかを見られる日も来るのかなぁなんて、ちょっとだけだけど期待しています。夢を叶えるのは簡単な事じゃないけど、まどかなら出来るってママは信じてるから、まどかの笑顔をたくさんの人に届けられるようにこれからも体には気を付けてがんばってね。ファンの皆様、スタッフの皆様、チームEの皆さん、いつもまどかを支えて下さっさったり応援して下さってありがとうございます。あまり頼りのないリーダーかもしれないのですが、SKEはもちろんチームEを大好きな気持ちは本当に強い子なのでこれからも温かく、時には厳しく見守っていただけると幸いです。こんな娘ですがこれからも宜しくお願いします。世界で一番まどかを愛してるまどかのママより」[31]
本人挨拶「みなさん、こんなに素敵な生誕祭を開いて下さってホントにホントにありがとうございます。20歳になった訳なんですが、19歳はいろいろ嬉しい事もあったけどチームでも卒業メンバーが出たりで壁にぶつかる事もすごく多かった一年でした。でも、今年に入ってからはみんなでたくさんレッスンしたり、いろんな事を話し合って少しずつだけど前進できてるなって自分で感じる事がちょっとだけど出来てきて、この20歳になってからはそれをどんどん活かせれる年だって自分に変な自信があります!! いつも自分が悩んだ事でファンのみなさんがいろいろ考えて下さって、お手紙も本当に細かくや長く書いて下さる方もいたり、忙しい合間に書いて下さったり、そんなお手紙に書いてある1つ1つの言葉がスゴい自分のパワーになっていて、正直ちょっとくじけそうになった時もあったんですけど、その頂いた手紙を読み返して、何度も何度も読み返して今まで笑顔でやってくる事ができました。ホントに感謝しています。ありがとうございます。
今年はチームEの飛躍と私の夢に向かってどんどん進む事が今年の目標でもあり、あと、大人になる事、落ち着きを持つことを目標にしてるんですが、もう1つ!! 私はレポーターになりたいって言ってるんですけど、モータースポーツに限らずグルメやスポーツも大好きなのでできたらEなって思っています。それと、みなさんによく「車が好きだから免許取らないの?」って気にして頂いていたんですけど…なんと私、免許を取ることが出来ました!! 今日言いたくてみなさんに内緒にしていたんですが、ずっとすごく言いたかったです。でも、免許を取っただけでまだまだ道のりはすごく長くって、他にも覚える事や挑戦しなきゃいけない事もたくさんあるんですが、少しずつでも自分の出来る事をどんどんやっていきたいなって思っています。なかなかすぐに伝えられない事もたくさんあると思うんですけど、みなさんに少しでもE報告ができるように、そして自分の夢にどんどん近付けるようにSKE48としても、チームEとしてももっともっと飛躍できるように、本当にみなさんにE報告ができる一年にしたいと思うので、これからも宜しくお願いします。ありがとうございました」[32]
ブログ「まどかの生誕祭を開いて頂きました。とっても素敵な真っ赤なバラの花束を頂いて、その後まどかの目の前に運ばれてきたのは大きくて美味しそうな2段のケーキ☆ そして、ケーキの周りにはメンバー分のフルーツタルトが。会場にいるみなさんが「HappyBirthday to You」を歌って下さってホントにホントに感動で胸がいっぱいでした。点けてもらったろうそくの火をふーって消したんですが、1吹きで消えた事が何気に嬉しかったです。その後、梅ママからのお手紙をまいまいが読んでくれました。最初まいまいと目が合ったし、まいまいがお手紙を書いてくれたのかと思って聞いてたら、まさかの梅ママからのお手紙でびっくりでした。しかも、公演当日の朝もまだ体調が良くなくて梅ママに心配かけちゃってて…。普段梅ママとはいろんな話しをするけどお手紙には普段はなかなか聞けない気持ちが書いてあって胸がいっぱいになってしまいました。今年は絶対泣かないって決めてたのにやられたよ。ママ、まどかを生んで育ててくれてありがとう」[31]
「この後、まどかのお祝いして頂いたお礼の気持ちと19歳の1年、20歳の抱負についてお話しさせて頂きました。生誕祭を開いて下さったまど会のみなさん、劇場まで来て下さってお祝いをして下さったみなさん、生誕祭を進行してくれた由麻奈、お手紙を書いてくれたママ、それを読んでくれたまいまい、ケーキやお花を運んだり一緒に盛り上げてくれたメンバー・スタッフさん、素敵な生誕祭をホントありがとうございました。それから、個人的に送って下さった方のお祝いのお手紙や誕生日プレゼントも届いています。送って下さったみなさん、ありがとうございました。大切に使わせて頂きますね。こうして、たくさんの方からいっぱい愛のパワーを頂いて20歳の誕生日を最高な形で迎える事ができました。この感謝の気持ちをE報告でみなさんにお伝えできるようこれからも夢に向かって日々努力していきたいと思ってるのでこれからも宜しくお願いします」[32]
  • 7月31日、平成ノブシコブシとSKE48のメンバーが、都内で行われたKYORAKU.のイメージキャラクター「ゼブラエンジェル」リニューアル発表会に出席した。昨年4月から活動していた「ゼブラ天使(エンジェル)キュインキュイ~ン」が「ゼブラエンジェル」としてリニューアルし、メンバーも5名から8名に増員。これまでの「しーたんレッド」(高田志織)、「あきすんブルー」(出口陽)、「あいりんグリーン」(古川愛李)のほか、新たに「せぇ~らパ~プル」(佐藤聖羅)、「うめちゃんイエロー」(梅本)、「こあみオレンジ」(小林亜実)、「ももにゃピンク」(鬼頭桃菜)と、謎のキャラクター「かつおブラック」(桑原みずき)が仲間入りした[33]
「今回「ゼブラ天使」から「ゼブラエンジェル」にリニューアルという事で…なんとなんと!! まどかも『梅ちゃんイエロー』として仲間入りさせて頂く事になりました。イエロー2代目という事で晴香さんの元気を受け継いで、たくさんの方に笑顔とパワーをお届けできるよう頑張っていくのでこれからも宜しくお願いします」[34]

2013年

  • 4月13日、 愛知・日本ガイシホールでの春コン「変わらないこと。ずっと仲間なこと」初日公演で、SKE48としては初の「組閣」(チーム再編成)が発表され、梅本は他チームの異動はなかったものの、チームSから異動する松井玲奈にリーダーが交代することが発表された。
  • 6月8日、神奈川・日産スタジアム(横浜国際総合競技場)で第5回総選挙開票イベントが行われ、梅本は第39位(17,819票)にランクインし、ネクストガールズに選出される。

2014年

  • 2月1日、ナゴヤドームで行われた、SKE党決起集会。「箱で推せ!」初日公演で、3月19日に発売予定の14thシングル『未来とは?』が初めて披露され、梅本は初めてシングル選抜メンバーに初めて選出された。
  • 4月6日放送、CBCテレビの名古屋グランパスの情報番組「スーパーグランパスTV」の「番組公式サポーター」に起用され、レギュラー出演開始(同年12月28日最終回放送まで)。
  • 6月7日、東京・味の素スタジアムで第6回総選挙開票イベントが行われ、梅本は第68位(11,538票)にランクインし、アップカミングガールズに選出される。
  • 9月28日、この日よりイデアが刊行するモータースポーツ雑誌「F1速報」とNOTTVとのコラボで配信される「F1速報TV」にレギュラー出演開始(2015年12月26日最終回配信まで)。

2015年

  • 4月1日、TOKYO MXテレビのゴルフレッスン番組「SKE48の恋するドラコン」に、ゴルフ経験者の山内鈴蘭と初心者の石田安奈ともにレギュラー出演開始(同年9月30日最終回放送まで)。
  • 6月6日、福岡ヤフオク!ドームで第7回総選挙開票イベントが行われ、梅本は前回と同様に第68位(14,605票)にランクインし、アップカミングガールズに選出される。

2016年

私、梅本まどかはSKE48を卒業させて頂くことになりました。
5年弱という間だったのですが、皆さんに支えて頂いたおかげで、色んなことが学べました。
その中で、グランパスのお仕事だったり、梅スポという番組をやらせて頂いたり、モータースポーツやF1のお仕事に携わらせて頂いて、もっとそういうお仕事をしていきたいという夢を持ちました。
一歩踏み出して、自分の夢に近づいていきたいという想いが強くなったので、この時期に卒業させて頂くことになりました。
皆さんにはいつも支えて頂いて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
皆さんが居てくださったからこそ私は卒業を決意出来たと思っています。
本当に皆さんには感謝しています。
残り短い間ですが、皆さんに今までの感謝の気持ちを精一杯伝えていきたいと思いますので、これからもSKE48と梅本まどかの応援を宜しくお願い致します。[4]

劇場最終公演後の写真(チームEメンバー)。
劇場最終公演後の写真。SKE48在籍中の初代チームEメンバー。
  • 2月24日、SKE48劇場で、劇場最終公演が行われる。
セットリスト後のアンコールでは、同期の古畑奈和が登場し『てもでもの涙』を、また、旧チームEのメンバーとともに『To be continued. 』を披露した。卒業セレモニーでは、他チームから同期の山下ゆかり都築里佳竹内舞高木由麻奈犬塚あさなも登場。「活動の軌跡」を称したVTRが流され、酒井萌衣からの手紙の朗読、さらに梅本には花冠が装着され「卒業証書」が授与された。以下、梅本からのメッセージ(抜粋、一部修正)。

今日まで支えてきてくださった皆さん、そして今日ここでお祝いしてくださった皆さん、本当にありがとうございます。
私は5年とちょっとなんですけども、SKEに加入してからずっとチームEに昇格してからは変わることなくチームEでずっとメンバーとして活動させていただいたんですけども、さっき披露させていただいた『てもでもの涙』、奈和と一緒にやらせていただいた曲は一番最初に頂いた公演の中から1曲選ばせていただいて、その後にやらせていただいた「逆上がり」公演で『To be continued.』はほんとに思い入れのある曲で、その当時のメンバーとまたこうやって披露ができて、そして映像にあった「チームE 3rd Stage「僕の太陽」|僕の太陽」公演は、曲は披露できなかったけど私にとってもあの曲も凄く大事な曲で、それぞれのチームEから1曲ずつ選ばせて歌わせていただいたんですけど。 私は組閣があったけどどのチームEもやっぱり自分の中では一番のチームだったし、どれも凄い思い出に残っていて、それを最後に皆さんの前でこうやって披露できたことがほんとに嬉しかったです。ありがとうございます」
そうですね、めいめいのお手紙にもありましたが、最初は凄く「ダメだ、ダメだ」と一杯言われて、チームEは。そうですね、私は4期生なんですけども、4期生はチームEを作る時にちょうどオーディションがあって、そのままメンバーに選ばれるかどうかもわからないけど、でも選ばれる可能性はきっと高いって最初から言われてて。 でもアンダー経験も研究生時代もないからほんとに何から始めていいかわからず、そのままただ我武者羅にやることだけをやって、みんなでレッスンしたり、夜、電話を一杯したり。きっと後輩メンバーでなんか電話に出るのが嫌だとかさっき言ってましたが それぐらい私は夜中にでも電話をかけてしまって逆に迷惑かけたこともあるんですけど、それでもそこから築けた絆だったりあったので、今思うと良かったのかなって思います。
そうですね、「ダメだ、ダメだ」と言われたチームEの時からチームEを見つけたり、私を見てくださったり、そんな皆さんもいて、そこからきっと離れていって、また新しく私を見つけてくださった方も中にはきっといると思います。でも本当に今までこの5年半、皆さんが支えてくださったからこそ私は今までほんとにやってこれたんだなと思います。 最初のチームEのリーダーの時、私はやっぱりSKE48に入ったからには選抜を目指したいと最初は思っていたんですけども、スタッフさんに「あなたは選抜じゃなくてチームを支える立場にいて欲しい」って言われたんです。でもそれが凄く凄く悔しくて。
でも、最初なんだか諦めようかなって思ったこともあったんですけど、握手会とかで「選抜になんで選ばれないんだろう。一緒に頑張ろうよ」って声をかけてくださった皆さんがいたからこそ、ブログだって見てくださる方がいたからこそ、私は「もっともっと知ってもらいたい、一緒に頑張りたい」って思うことができたから一生懸命頑張ることができて、そしてナゴヤドームで初めて選抜にも選んでいただくことができました。あの時の声援は私にとって本当に宝物です。
選抜総選挙でもランクインさせていただいて、「逆上がり」公演で凄く「今いいね」って言われてた時の組閣の時も「何でこのチームEでオリジナル公演ができなかったんだろう」って一緒に泣いてくださった方がたくさんいました。ほんとにたくさんの方に支えられながら私はこうやって活動できたことが本当に本当に幸せで、誇りに思います。
メンバーのみんなもなんだかんだ言って私のことを一杯イジってくれて、愛のあるイジるをほんとにたくさんしてくれて私は幸せだなってほんとに思います。
今までやってきて、私はここに入ってからモータースポーツというスポーツを知って、それで、観に行ってみて。私はオキドキのシングルのガチおやすみ映像の時にオートスポーツさんの雑誌を読んでるってことを言ったんですね。そしたらオートスポーツさんがそれを見てくださって、私にF1の仕事をくださいました。
だから本当にこの世界にはどこにチャンスがあるかわからなくて、1つ1つがほんとに大切で、何も無駄なことなんてないんだなってほんとに思うことができました。
でもその私の今趣味になっていることも皆さんが色々教えてくださったからこそ楽しめたし、知ることもたくさんありました。だから皆さんにはほんとに感謝しています。ありがとうございます。
私がこうして卒業を決めれたのは、皆さんが一生懸命応援してくださったから、私はもう踏み出しても大丈夫かなっていう自信をほんとにつけることができたし、みんなにも一杯支えられて、私はもうSKE人生では悔いがないと思うことができたから卒業を決めれました。本当にみんなありがとう。
そうですね、ほんとに今日はたくさんのトリコロールカラーだったり、うちわだったり、そしてこの前の全国ツアーではその時もトリコロールカラーの茨城のコンサートでしていただいたり、たくさんのまどかコールを受けて。
私はこれから先きっとSKEを卒業したらもっともっと大変なことが一杯あると思うんです。でもその時に得た自分への自信だったり、皆さんからへの愛がこれから私の誇りになるし自信に繋がると思うので、一生忘れることはありません。だから皆さんこれからも私の夢、是非見ていってくださると嬉しいです。
でもほんとに私はSKE48に入ってたくさんのメンバーやたくさんのスタッフさん、そしてたくさんの楽曲にも、そして皆さんにも恵まれてほんとに幸せでした。そしてチームEが大好きな気持ちはこれからも変わりません。皆さんもチームE大好きでいてくれますか?
客「イェー!」
SKEも大好きでいてくれますか?
客「イェー!」
ありがとうございます。[35]

その後、梅本は「私はやっぱりSKEを卒業するけど、SKEのチアリーダーやめないんですよ。今まではSKE所属のチアリーダーだったじゃないですか。でも今度はみんなを応援する番だと思うんです。だから今からチームEとSKEの応援をしたいと思います!」と、自身のキャッチフレーズでメンバー、観客とともにエールを行った。

チームE~ チームE~ オーレ、オーレ、オーレ~
チームE~ チームE~ オーレ、オーレ、オーレ~
ダンッ、ダンッ、ダンダンダンッ!
オレッ! オレッ! オレッ! オレッ! オレーーーーー
オレッ! オレッ! オレッ! オレッ! オレーーーーー
さー行きましょう! (さー行きましょう!)
さー行きましょう! (さー行きましょう!)
チームEは? (チームEは?)
いいチームだよ! (いいチームだよ!)
オレッ! オレッ! オレッ! オレッ! オレーーーーー
みんなも! オレッ! オレッ! オレッ! オレッ! オレーーーーー
皆さんも! オレッ! オレッ! オレッ! オレッ! オレーーーーー
もっともっと! オレッ! オレッ! オレッ! オレッ! オレーーーーー
Go! Fight! Win! ナンバーワン![35]

最後は、自身がシングルに初選出された『未来とは?』を全員で歌い、公演を締めた[36]
  • 3月21日、パシフィコ横浜でのAKB48『0と1の間』劇場盤発売記念大写真会参加をもって、SKE48としての活動を終了。

SKE48卒業後

2016年

  • 4月25日、東京の芸能事務所・Mousaの所属キャスト(タレント)となったことが、同社のホームページで公表された[7]。同社はかつて48グループのメンバー4人(中田ちさと仲谷明香田名部生来内田眞由美)が在籍していたが、いずれも同社を離れており、48グループを卒業したメンバーを受け入れるのは初めてとなる。
  • 6月3日、自身初のDVDとなる「MADOKA♡No.1」を発売(予定)[7]

交友関係

  • 仲の良いメンバーは、「みんな仲良いけど、よく遊びに行ったりするのはまいまいです」[37]
  • 尊敬しているメンバーは、高橋みなみ[12]
  • 尊敬している先輩は、「書ききれないぐらいいるよ」[12]
  • チームEでコントロールが難しいメンバーは、都築里佳。「里佳ちゃんの暴走は誰にも止められませんヾ( ̄▽ ̄) でも、そこが里佳ちゃんのEところ♪」[12]
  • SKE48の推しメンは、向田茉夏「性格そのものが「ザ・アイドル」でかわE」。矢神久美「カッコEし歌もパフォーマンスも魅力的」[12]
  • AKB48の推しメンは、小嶋陽菜「キレイだし仕草が可愛い」。仲川遥香「パワフルで面白いしかわE」[12]
  • NMB48の推しメンは、渡辺美優紀「美人だしかわE」。小笠原茉由「あのオーラが好き」[12]
  • HKT48の推しメンは、村重杏奈「かわE」。森保まどか「同じ名前だもん」[12]
  • AKB48・NMB48で仲の良いメンバーは、「いないんです(´・ω・`) 誰かお友達になって下さい(*´д`)ノ゛」[12]
  • 高校[注釈 1]時代の同級生に、サッカー選手で海外のクラブでも活躍する宮市亮がいる。
「アーセナル(当時)の宮市(亮)くんは同級生なんですよ。高校の時はチアリーダー部だったので、ずっと応援してました。宮市くんは有名人でしたけど、頭も良くて、真面目で、優しくて、みんなが注目してました。同級生が頑張ってるところを見るのはうれしいですよね。宮市くんに限らず、サッカー選手が一生懸命プレーしている姿を見ると、『自分も頑張らなきゃ』って思います!」[38]

性格・趣味

  • 長所は、元気なところ[20]
  • 趣味は、モータースポーツ、けん玉、スポーツ観戦[8]。バイクツーリング[1]。過去のプロフィールでは、ダンス、スポーツ。
    • 後に自身の仕事にも繋がったのが、モータースポーツ(F1)観戦で、SKE48からの卒業を表明した際も「F1やモータースポーツに関わるお仕事をもっとやっていきたい」(前述)とのことからである。
    • F1グランプリの中継が行われる日は、中継を見ながら、Google+のコメント欄で実況を行ったりすることもある[39][40]
    • 好きな(F1)ドライバーは、小林可夢偉、フェルナンド・アロンソと、Google+の投稿で挙げている[41]
  • 特技は、チアリーディング[8]。エアホッケー。しりとり[42]
  • 好きな食べ物は、オムライス、アイスクリーム、茄子[20]
  • 好きな物は、最後に食べる派。「まどかの場合残しといても誰も取らないので」[23]
  • 好きなアーティストは、YUI、GREEN DAY[12]
  • 好きな曲は、SKE48の『ごめんね、SUMMER[12]
  • 好きな色は、「赤色、白色、赤白青のトリコロールカラー」[43]
  • 好きな言葉は、「魂笑(こんじょう)」[8]
  • 好きな男性のタイプは、優しくて面白い人[44]
  • 嫌いな男性のタイプは、女々し過ぎる人[44]
  • 憧れている芸能人は、松田聖子、石川梨華[12]
  • 理想のデートは、遊園地デート[20]
  • 子供の頃なりたかった夢は、「アイドル・看護師・キャビンアテンダント・お天気お姉さん…夢多い(;・∇・)?」[12]
  • 小林亜実による紹介。
「梅本まどか、うめちゃん、まどか、まーちゃん。
好き:オムライス、ねこ、ゼリー
嫌い:喋り、むくみ、跳び箱
SKEのチアリーダー
口癖は「まーも」
自己紹介のときの「梅本まどかです」は、スーパースローで言うのがポイント
特技はシャーッ!
鼻に洗濯バサミをつける
おそろいのリボンをみんなに作ってくれた
『天使のしっぽ』のしっぽが好き
身体が柔らかすぎる
いじられキャラ
ちょっと日本語力が弱い
普段メンバーのことをよく見ている
最初は「ナンバーワン!」真似されるのちょっと嫌だったかもしれない。だが今は流行語を狙っている。
お披露目のときに緊張で手が震えていた
握手会のときに顔が近い!
最近は寒さに負けてオシャレより防寒」
  • 梅本「洗濯ばさみじゃないからね(。O_O) そんなに安くないんだから|3 ̄●)ブゥーーッ」[45]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

SKE48

  • 1!2!3!4! ヨロシク!」に収録
    • 青春は恥ずかしい - 紅組名義
    • そばにいさせて
  • バンザイVenus」に収録
    • 誰かのせいにはしない - 紅組名義
  • パレオはエメラルド」に収録
    • パパは嫌い - 紅組名義
    • 積み木の時間
  • オキドキ」に収録
    • 初恋の踏切
    • 微笑みのポジティブシンキング - 紅組名義
  • 片想いFinally」に収録
    • 今日までのこと、これからのこと
    • 声がかすれるくらい - 紅組名義
  • アイシテラブル!」に収録
    • なんて銀河は明るいのだろう - 紅組名義
  • キスだって左利き」に収録
    • 鳥は青い空の涯を知らない - 紅組名義
  • チョコの奴隷」に収録
    • バイクとサイドカー - 14カラット名義
  • 美しい稲妻」に収録
    • シャララなカレンダー - Team E名義
  • 賛成カワイイ!」に収録
    • 石榴の実には憂鬱が何粒詰まっている? - 紅組名義
    • ずっとずっと先の今日 - セレクション18名義
  • 未来とは?
    • Mayflower - 九龍嬢名義
    • 待ち合せたい - Team E名義
  • 不器用太陽
    • バナナ革命 - Team E名義
  • 12月のカンガルー」に収録
    • 青春カレーライス - Team E名義
  • コケティッシュ渋滞中」に収録
    • 僕は知っている - DOCUMENTARY of SKE48名義
    • 音を消したテレビ - Team E名義
    • 夜の教科書 - セレクション17 “AKB49~恋愛禁止条例~”名義
  • 前のめり」に収録
    • 長い夢のラビリンス - Team E名義

AKB48

派生ユニットシングル曲

ラブ・クレッシェンド

アルバムCD選抜曲

SKE48

AKB48

  • ここにいたこと」に収録
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

出演番組

Wikipediaを参照。

注釈

  1. ^ 梅本自身、出身高校名について言及していないが、宮市のプロフィールから、中京大学付属中京高校を卒業していることになる。

出典

  1. ^ a b c Mousa公式プロフィール
  2. ^ 元SKE梅本まどか 地元・名古屋を熱血応援「やっぱりナンバーワンの街!」 - 東スポ 2016年9月2日
  3. ^ 「行きたくなるまち名古屋」の実現に向けて、知恵を出し合います! - 名古屋市公式ウェブサイト 2016年8月9日
  4. ^ a b SKE48 チームE 梅本まどか 活動辞退による卒業のご報告 - SKE48オフィシャルサイト(ニュース)2016年2月3日
  5. ^ SKE48 チームE梅本まどか・小石公美子 最終活動日のご案内 - SKE48オフィシャルサイト(ニュース) 2016年2月11日
  6. ^ SKE48 チームE梅本まどかの今後の活動に関して - SKE48オフィシャルサイト(ニュース) 2016年2月18日
  7. ^ a b c Mousaの新CAST「梅本まどか です!!」 - Mousaオフィシャルホームページ(ニュース)2016年4月25日
  8. ^ a b c d e SKE48公式プロフィール
  9. ^ ☆まどかの伝言板142 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年9月10日
  10. ^ まどかの伝言板16 - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年3月21日
  11. ^ a b c d 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」P119より。
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n 梅本まどか 投稿 - Google+ 2012年2月5日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P135より。
  14. ^ ☆まどかの伝言板172 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年10月17日
  15. ^ ☆まどかの伝言板125 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年8月23日
  16. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2013」P143より。
  17. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P107より。
  18. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P125より。
  19. ^ まどかの伝言板18 - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年3月23日
  20. ^ a b c d e 光文社「SKE48 COMPLETE BOOK 2010 - 2011」P88より。
  21. ^ 梅本まどか 投稿 - Google+ 2012年2月23日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ ☆まどかの伝言板64 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年5月25日
  23. ^ a b ☆まどかの伝言板92 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年7月2日
  24. ^ 集英社「SKE48×プレイボーイ2012」[要ページ範囲]
  25. ^ ☆まどかの伝言板43 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年4月26日
  26. ^ 気持ち☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年6月11日
  27. ^ 明日から☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年9月1日
  28. ^ SKE梅本 スカート脱げても動じず笑顔 - 日刊スポーツ 2012年5月14日
  29. ^ SKE48チームE、2nd公演「逆上がり」ついにスタート - 音楽ナタリー 2012年5月14日
  30. ^ 愛をありがとう☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年9月1日
  31. ^ a b まどレポ☆生誕祭編1 - 梅本まどかオフィシャルブログ 2012年7月21日
  32. ^ a b まどレポ☆生誕祭編2 - 梅本まどかオフィシャルブログ 2012年7月21日
  33. ^ ノブコブ吉村、SKE48のおっぱいにくぎ付け「責任感が胸に出てきた」 - ORICON STYLE 2012年7月31日
  34. ^ 梅ちゃんイエロー☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2012年7月31日
  35. ^ a b 【速報版】 梅本まどか 劇場最終公演レポート - AKB48@メモリスト
  36. ^ 梅本まどか卒業公演「これからはみんなを応援する」 - 日刊スポーツ 2016年2月25日
  37. ^ ☆まどかの伝言板138 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年9月5日
  38. ^ SKE48 梅本まどか「宮市くんは同級生なんです。頑張ってるところを見るのはうれしいですよね♪」 - SOCCER KING 2014年8月23日
  39. ^ 梅本まどか 投稿 - Google+ 2015年10月11日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ 梅本まどか 投稿 - Google+ 2015年10月12日 ArKaiBu Gugutas
  41. ^ 梅本まどか 投稿 - Google+ 2012年1月27日 ArKaiBu Gugutas
  42. ^ ☆まどかの伝言板130 ☆ - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年8月28日
  43. ^ 梅本まどか 投稿 - Google+ 2012年2月7日 ArKaiBu Gugutas
  44. ^ a b まどかの好き・嫌い - 梅本まどかオフィシャルブログ 2011年7月9日
  45. ^ 小林亜実 投稿 - Google+ 2012年2月28日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク

先代:
(チーム新設)
SKE48チームEリーダー
2010年12月 - 2013年7月
次代:
松井玲奈
先代:
(役職新設)
SKE48チームE副リーダー
2014年5月 - 2016年3月
次代:
福士奈央