エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

太田里織菜

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
NMB48
太田 里織菜 おおた りおな
2012年NMB48プロフィール 太田里織菜 2.jpg
公式ニックネーム

りおな

所属事務所

アクアルナ・エンターテイメント

生年月日

1996年12月31日 (20歳)

出身地

岐阜県

血液型

O型

身長

151cm

合格期

1期生

選抜回数

0回

太田 里織菜(おおた りおな、1996年12月31日 - )は、NMB48の元メンバー、現在はアイドルグループ「愛乙女★DOLL」(らぶりーどーる)のメンバー。岐阜県出身。アクアルナ・エンターテイメント(Arc Jewel)所属。

略歴

2010年
  • 9月20日、NMB48第1期生オーディションに合格、研究生となる。
  • 10月9日、AKB48の「東京秋祭り」において、NMB48のメンバーとしてお披露目される。
2011年
2012年
  • 1月26日、チームMの結成に伴い、チームのメンバーに選出される。
  • 10月4日、NMB48からの卒業を発表。
  • 10月25日、卒業公演。
  • 10月28日、個別握手会をもって、NMB48としての活動を終了。
2015年
  • 3月15日、「愛乙女★DOLL」新メンバーオーディションに合格したことが明らかになる[1]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「南米~!(南米~)ブラジル~!(ブラジル~)よーし、里織菜のカーニバルの始まりだ~! 」[2]
( )内は掛け合いの台詞。
  • 公式ニックネームは、「りおな」[2]
  • ソウルフルなハイトーンボイスが特徴で、メンバー随一の歌唱力でファンを魅了する歌姫。「歌だけは誰にも負けません! 将来はソロで秋元先生の曲を歌いたい」[3]
  • 岐阜県出身で、昔は1時間30分かけて大阪・難波まで通っていた[4]。高校進学を機に、大阪へ拠点を移している[5]
  • 2015年3月にSKE48の7期生として合格した太田彩夏は、4歳年下の妹にあたる[6]
  • 劇場支配人評。
「抜群の歌唱力に加え、タンススキルも高い。ファンやパフォーマンスに対する意識も高い、期待の星です」(2011年・金子剛[3]
「チームMにとって、彼女たち1期生の存在は教育面でも重要。本人も苦労してきた分、チームに入れた今、特にモチベーションが高いでしょう。歌にも磨きをかけたいと頑張っているので、一度聴いてあげてください」(2012年・金子)[2]
  • 将来の夢は、「みなさんに笑顔や元気をお届けできる、そして感動してもらえる歌手になりたいです」[7]「小さい頃から歌が大好きで、いつかりおなの歌で 人に感動を与える、そして皆さんが幸せになる歌手になりたいです」[5]。ちなみに、NMB48に入る前の夢は看護師だった[8]

NMB48加入前

  • 1996年12月31日、岐阜県で生まれる[4][9]
  • 「里織菜」という名前の由来。
「お父さんが歴史マニアで...若い頃、金華山の上にある岐阜城によく行っていたそうです。岐阜城は『織田信長』が住んでいたといわれているので、里織菜の『織』は『織田信長』から付けたらしいです。あと、お母さんが昔、女優の『葉月りおな(里緒菜)さん』の大ファンで、女の子が生まれたら絶対『りおな』と付けると決めていて『りおな』と名付けたらしいです」[10]
  • エイベックスが運営する「avex artist academy」大阪校に在籍していた[11]

NMB48として

2010年

NMB48オーディションを受けたきっかけ。「幼稚園の頃からアイドルになることを夢見ていました。小学生になって歌とダンスのレッスンを始めて、『紅白歌合戦』を見てAKB48さんのファンになりました。岐阜県に住んでいるので大阪は少し遠いんですけど、このチャンスを逃さないために応募してみました」[12]
岐阜県の場合、名古屋で活動するSKE48の方が近いが、敢えてNMB48を選んだ理由は「大阪に友人がいて、自分の中では毎日通えそうやな~と思ったし、簡単には受かる訳ないし、とりあえずチャレンジしようとNMB48を受けました」[9]
芸能活動をすることに家族からの反対はなかった。「自分がやりたい事なら両親共に凄く応援してくれてます」[9]
  • 10月9日、東京・葛西臨海公園で行われたAKB48の「東京秋祭り」(コンサート)において、NMB48のメンバーとしてお披露目される。

2011年

  • 1月1日、NMB48 1st Stage「誰かのために」公演初日に出演する選抜メンバー16名(名前を呼ばれたのは、11番目)の一人に選ばれ、劇場公演デビューを果たす。
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成することとなったが、太田はそのメンバーには選ばれなかった。なお、1st公演の初日メンバーに選ばれ、チームNに入れなかったのは、太田と山口夕輝の2名であった[注釈 1]

2012年

  • 1月26日、新チーム「チームM」の結成に伴い、1期・2期研究生の中から、16名のチームメンバーの一人として選ばれる。
ブログ「皆さんに、嬉しい報告があります。今日1月26日結成されました、『チームM』に入る事ができました!! 本当に本当に嬉しいです!! 諦めなくて良かった。皆さんを信じて良かった。自分を信じて良かった。チームMに入る事ができたのは、いつも応援してくれるファンの皆様、スタッフさん、友人、学校の先生、親戚、家族のおかげです。支えて下さった全ての皆さん、本当にありがとうございます。NMB48に合格して岐阜県から大阪までレッスンに毎日通い、正直、時間、距離的に身体の負担もあり、途中挫折しようと思った日々もありました。何度も辞めようと思ったし、諦めようと思いました。でも、公演や握手会や写メ会、皆さんの1つ1つの温かい言葉や、お手紙やブログのコメントを思い出すと、諦めたらダメだと思いました。今までは公演メンバーを外されたり、チームNに入れなかったり、選抜に入れなかったりと、悔し涙を沢山流したのを思い出します。TV「スター姫さがし太郎」に出演した時にりおなが言った言葉、「ファンの皆さんに期待を裏切ってしまってごめんなさい…」。生誕祭で言った言葉「落ちて、落ちて…の1年でした」。今思えば色々な経験をしたからこそ、ここまでやってこれたんだと思います。今年は辰年という事で、登竜のように上を目指します!!! そして、ファンの皆さん家族に恩返しをしたいです!! これからも大阪NMB48で、夢に向かって日々努力していきます!! これからも太田里織菜の応援をよろしくお願いします」[13]
  • 3月30日、4thシングル『ナギイチ』のシングル選抜メンバーが発表されたが、太田は選出されなかった。
ブログ「りおなは、また選抜入りできませんでした。ここ最近もう自分が嫌。正直本音を言うと間違った居場所なのか…。苦しい…。悲しい…。でも、考え直しチームMに選んで頂き、もっと頑張りたい。もっともっと公演や握手会で皆さんにりおなの事を知って貰いたい…。そう思いました。大阪に家族と離れ覚悟を決めて出てきたのだから、夢の為にNMB48で頑張りたい!! しっかり者で、近寄り難い性格がきつい女の子に見えるかもしれないけど、本当は一人では何も出来ず弱虫で寂しがりやです。毎回シングルの発表の時は良い結果で報告が出来ないけど、前だけを向かって頑張って行きます。こんな里織菜ですがこれからも見捨てず、離れず応援よろしくお願いします」[14]
  • 4月、大阪の高校に進学するとともに、拠点を大阪へ移す。
Google+「チームMに入る事ができましたし、大阪に移住した方が今後の事を考えると活動しやすいので、大阪の高校に決めました。そして 両親との約束は、『NMB48と両立して、必ず高校を卒業するように!!』と背中を押してくれました。頑張ります!!」[5]
  • 4月16日、チームN公演のアンダー出演を巡り、沖田彩華とともに一騒動が起きる。原因はスタッフとメンバーとの間での連絡の行き違いに加え、意思疎通がうまくいかず誤解が生じたためと金子剛が弁明し、一連の騒動について謝罪している[15](経過の詳細は/ノートを参照)。
  • 4月23日、日刊スポーツの第4回総選挙候補者紹介記事より。

うれしいチームM入りを果たし、中1まで8年間習ってきた特技のピアノを披露する機会もできた。正月ライブで『あなたとクリスマスイブ』の弾き語りを披露した。YouTubeに動画をアップしたら反響があった。AKB軽音学部にも入部した。「毎日1回はキーボードを触るようにしています。皆さんを圧倒していきたい」。寮の部屋はキティちゃんカラーのピンクで統一。喉を大切にと、加湿器3台を全開にして寝る。『何とかアンダーガールズに…今回は64位までなんで』とドキドキしながら総選挙を待つ。

「吉本百年物語」出演時の太田と村瀬紗英(右)。金子剛Google+ 2012年6月13日投稿より
  • 6月、大阪・なんばグランド花月(NGK)で行われる吉本興業創業100周年記念公演「吉本百年物語」の6月公演「舶来上等、どうでっか?」に、村瀬紗英とともにレギュラー出演[注釈 2]
ブログ「出演させていただくと知った時は嬉しくて泣いちゃった。舞台で演技をするというのは何もかもが初めてで、不安もあるけれど、選ばれたからには、これはチャンスだと思い頑張りたいと思います。大阪NGKでお客さんに喜んでもらえるように、一生懸命レッスンし、沢山学んで吸収して立派な舞台女優になります」[16]
  • 10月4日、公演において、学業専念のため、卒業することを発表する[17]
ブログ「皆さんにご報告があります。私 太田里織菜はNMB48を卒業します。2年前、NMB48第一期生として合格しました。家族みんなで大喜びしました。『誰かのために』公演1月1日初日メンバーにも選んでいただいて、でもチームNに入る事ができませんでした。1期研究生として悔しくて悔しくて沢山のポジションを覚えました。当時の1期研究生全員でみんなで昇格しようねって言ってた頃を思い出します。今年の1月にチームMのメンバーとして選ばれた事が凄く嬉しかったです。高校は大阪の方に決めて、岐阜から一人で大阪にきました。一人で頑張っていたので、学業との両立に悩むことがあり、3か月前から卒業を考え始めました。私の夢は歌手と女優になることです。今は、学業に専念し、自分をもう一度見つめなおす時間を作ってまたイチから夢に向かってすすんでいきたいと思います。2年間NMB48として 普通の女の子では経験できないような貴重な体験をたくさんさせて頂いた事に本当に感謝しています。チームMで活動できた8ヶ月間すごく楽しかったです。本当にありがとう。NMB48が大好きです。夢はあきらめていのでこれからも自分のペースで努力し続けたいと思います。最後に私を応援して下さったファンのみなさん、そしてスタッフさん、メンバーの皆、今までありがとうございました」[18]
  • 10月25日、卒業公演。岸野里香と一緒に『あなたとクリスマスイヴ』を披露し、メンバーからメッセージ入りマイク16本のプレゼントが贈られた[19]
  • 10月28日、個別握手会をもって、NMB48としての活動を終了。

NMB48卒業後

2015年

  • 3月15日、アイドルグループ「愛乙女★DOLL」[注釈 3]のオフィシャルブログにて、昨年冬から開催していたオーディションの合格者が公開され、太田が含まれていることが明らかになる[1]。太田は「愛乙女~」では5期生に当たる。同日にツイッター(以前から開設していたプライベートアカウント)にて報告。
ツイッター「この度ArcJewel所属、愛乙女★DOLLの新メンバーで活動させて頂く事になりました、りおぴょんこと太田里織菜です。これから沢山の方に私の事を知ってもらえるよう、全力でパフォーマンスし、皆さんに笑顔や元気をお届けします。一生懸命頑張りますので、応援よろしくお願いします」[20]

交友関係

Google+「あんちゃんとは、昔から仲良しなんだなぁ。絵が上手すぎるー!」[24]

性格・趣味

  • 性格は、度胸がある。目立ちたがり屋[26]。活発なキャラで、ガンガン前に出る性格[3]。おっちょこちょい。よく物を無くす。ボーッとしている[7]
  • 学校では委員長や学級委員などをやっていた[26]
  • 好きな教科は、音楽。体育[22]
  • 苦手な教科は、数学[22]
  • 特技は、ダンス。ピアノ。手芸[27]
  • 好きな食べ物は、キウイ。ピーマン[28]ほうれん草卵スープ[22]。ゴールドキウイの方で、緑色のキウイは食べられない[29]
  • 好きなスポーツは、ソフトテニス[27]
  • 好きな色は、ピンク、黒、白、水色[4]
  • 好きなサイリウムの色は、ピンク[30]
  • 好きなキャラクターは、キティちゃん[31]
  • 好きなブランドは、LIZ LISA、INGNI[32]
  • 好きな歌手は、AKB48と西野カナ[30]
  • 好きな教科は、音楽[33]
  • 得意な歌は、西野カナの『Dear...』[5]
  • 匂いフェチ。他には、「手とか爪が綺麗な人いいですねぇ~」[34]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

NMB48

AKB48

アルバムCD選抜曲

AKB48

  • ここにいたこと」に収録
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

注釈

  1. ^ なお、山口夕輝は森彩華の卒業に伴い正規メンバーへ昇格し、チームNのメンバーとなっている。
  2. ^ 太田、村瀬以外のメンバーは、日替わりゲストの形で出演。
  3. ^ 同グループには48グループの関係者として、元AKB48研究生の愛迫みゆ(AKB48在籍時は「上遠野瑞穂」名義)、佐野友里子が在籍している。
  4. ^ 入れなかったのは9名だが、森彩華が卒業したことで、後に山口夕輝はチームNに昇格している。

出典

  1. ^ a b 愛乙女★DOLL新メンバー発表!決定メンバー4名のうち3名を紹介☆ - 愛乙女★DOLLオフィシャルブログ 2015年3月15日
  2. ^ a b c 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P154より。
  3. ^ a b c 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」P137より。
  4. ^ a b c [1] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  5. ^ a b c d e 太田里織菜 投稿 - Google+ 2012年2月13日 ArKaiBu
  6. ^ 太田里織菜ツイート - 2015年4月28日
  7. ^ a b [2] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  8. ^ a b [3] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  9. ^ a b c 太田里織菜 投稿 - Google+ 2012年2月14日 ArKaiBu
  10. ^ [4] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  11. ^ 「BUBKA」2012年6月号
  12. ^ a b 平均年齢は14歳! AKB48に続く次世代アイドルの真打 - 大阪発のNMB48 - マイナビニュース 2011年2月18日
  13. ^ [5] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  14. ^ [6] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  15. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2012年4月17日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ [7] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  17. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2012年10月4日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ [8] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  19. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2012年10月25日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ 太田里織菜ツイート - 2015年3月15日
  21. ^ [9] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  22. ^ a b c d e [10] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  23. ^ コメントより。井尻晏菜 投稿 - Google+ 2013年2月4日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 太田里織菜 投稿 - Google+ 2012年4月6日 ArKaiBu
  25. ^ 太田里織菜 投稿 - Google+ 2012年2月5日 ArKaiBu
  26. ^ a b [11] - Deviewのインタビューより。(リンク切れ)
  27. ^ a b [12] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  28. ^ NMB48公式サイトプロフィール(リンク切れ)
  29. ^ [13] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  30. ^ a b [14] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  31. ^ [15] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  32. ^ [16] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  33. ^ [17] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)
  34. ^ [18] - NMB48オフィシャルブログ(リンク切れ)

外部リンク



ご意見を共有しましょう