エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

755

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

755」(ナナゴーゴー)は、スマートフォン向けの著名人の公開グループトークアプリケーション。

概要

  • Amebaなどを運営する株式会社サイバーエージェント(代表取締役社長・藤田晋)とSNS株式会社(代表取締役社長・高崎博之)がそれぞれ共同で出資し設立された「株式会社7gogo(ナナゴーゴー)」が運営。藤田が取締役に就任し、ファウンダー(創立者)として堀江貴文(株式会社ライブドア・元代表取締役)を迎えている[1]
  • 同社が開発する第1弾のスマートフォン向けのアプリとして、「トークライブアプリ755」を2014年1月22日より公開している。
  • 社名およびアプリの名称である「755」の由来は、ファウンダーである堀江が、ライブドア事件で長野刑務所に収監された際の囚人番号が「755」だったことに因む[2]

48グループとの関係

  • 先行して755を利用しているメンバーがいた(高柳明音多田愛佳[3]。それぞれ、アメーバスタジオの番組出演時に作成している)が、2014年9月4日に秋元康が同アプリを利用してトークライブを始めたことを契機に、高橋みなみ指原莉乃松井珠理奈松村香織など、さらに運営の茅野しのぶ湯浅洋戸賀崎智信らも追従しスタートさせたことで、48グループ内でアプリを利用するメンバーが急増した。
  • Google+では個別アカウントが付与されていない「部屋っ子II」に属していたメンバーも、数名がGoogle+の個別アカウント付与に先んじて、755の利用を開始している(田北香世子後藤萌咲など)。その後、11月3日に「部屋っ子II」メンバーもGoogle+の個別アカウントが付与されている。
  • Google+では2013年1月25日以来、投稿を行ってなかった秋元康は755でのトーク開始以降、頻繁にファンの質問に対し回答している。
例として、
SKE48チーム新公演の楽曲制作について。「すみません。ちょっと、止まってました。すぐ再開します」
渡辺麻友について。「すごくしっかりしてきてセンターの自覚ですかね」
秋元はファンとのやりとりの中で、2013年夏以来噂されている、北海道を拠点とする「SPR48」について「運営は来年の春と言っていますが…」と言った踏み込んだ回答もしている[4][5]。その一方で秋元は、次期総監督になる横山由依の任期を「5年」と発言したり(その後、スタッフの冗談と判明)[6]指原莉乃が六本木で男性(スタッフ)と食事をしたことを暴露し、「真実をつかれた時に逆ギレしてごまかすってあるよね?」と茶化して指原が激怒する[7]など、虚実取り混ぜた投稿で物議を醸すこともある。
  • すべてのメンバーが利用している訳でなく、755を(当面は)利用しないことを、Google+などにおいて明言しているメンバー、また、端末がスマートフォンではないことから、アプリを利用できないメンバーもいる[8][9]
  • 公式ライバルグループの乃木坂46については、Google+には参加していないが、11月1日より一部のメンバーについて、755の任意利用を開始している[10]
  • 48グループメンバーが当アプリを利用していることに伴い、2014年12月26日から、AKB48が出演するCMがスタート(同じくE-girlsが出演するCMも2015年1月1日よりスタート)[11]。2015年3月20日から乃木坂46によるCMがスタートしている[12]

755を利用した企画

ソロ写真集争奪ウォッチバトル

  • 2015年4月1日より、755と講談社「週刊ヤングマガジン」、AKB48グループが、トリプルコラボ企画として「755×AKB48×ヤンマガ ソロ写真集争奪ウォッチ祭り」をスタートしたことが発表された。「755×AKB48×ヤンマガ ソロ写真集争奪ウォッチ祭り」とは、ヤングマガジンが選んだAKB48グループ次世代3名に対して、新世代トークアプリ「755」の個人トークの盛り上がりで勝負し、1か月の個人トークのウォッチ数が最も伸びたメンバーが、ソロ写真集出版権を獲得出来るというもの。この企画は、ヤンマガとの打ち合わせ時に、大和ヤンマガ編集部副編集長が「写真集を出したいんですけど、誰がいいですかねえ?」という質問に対して、「俺にはわからん。ファンのみなさんに聞いたら?」と秋元康が答えたことが始まったと暴露。しかし、「どうせなら、3冊出せばいいじゃないか?と言ったのだが。。。」と秋元から突っ込みもあった[13]
  • その後、集英社「週刊ヤングジャンプ」、「週刊プレイボーイ」、ワニブックス「UP to boy(UTB)」、学研パブリッシング「BOMB」、光文社「FLASH SPECIAL」が企画に名乗りを上げた。メディア側によって、それぞれグループのメンバーから3名を指名し、ソロ写真集出版を目指してウォッチバトルを展開した[14][15][16][17][18][19][20]

結果のうち、太字メンバーはソロ写真集出版権獲得。

メディア名 期間 選定メンバー 結果(ウォッチ数) 出版された写真集
講談社「週刊ヤングマガジン」 4月1日 - 5月1日 田野優花(AKB48)
村山彩希(AKB48)
朝長美桜(HKT48)
1位:朝長美桜(+10,884,917)
2位:村山彩希(+6,350,568)
3位:田野優花(+2,193,357)
朝長美桜 ファースト写真集『日向』
2016年3月30日発売[注釈 1]
集英社「週刊ヤングジャンプ」 4月1日 - 5月1日 佐々木優佳里(AKB48)
川本紗矢(AKB48)
松岡菜摘(HKT48)
1位:松岡菜摘(+14,123,323)
2位:佐々木優佳里(+12,662,895)
3位:川本紗矢(+2,295,789)
松岡菜摘ファースト写真集『追伸』
2015年9月24日発売
集英社「週刊プレイボーイ」 4月18日 - 5月2日 大島涼花(AKB48)
岡田奈々(AKB48)
森保まどか(HKT48)
1位:森保まどか(+7,763,626)
2位:大島涼花(+6,364,144)
3位:岡田奈々(+3,284,443)
森保まどかファースト写真集『森のモノローグ』
2015年9月30日発売
ワニブックス「UTB」 4月20日 - 5月3日 込山榛香(AKB48)
古畑奈和(SKE48)
上西恵(NMB48)
1位:上西恵(+94,060,840)
2位:古畑奈和(+92,410,202)
3位:込山榛香(+3,128,156)
上西恵 ファースト写真集『生涯上西宣言』
2015年9月26日発売
学研パブリッシング「BOMB」 4月23日 - 5月6日 高橋朱里(AKB48)
太田夢莉(NMB48)
小谷里歩(NMB48)
1位:小谷里歩(+29,200,870)
2位:太田夢莉(+23,318,036)
3位:高橋朱里(+18,750,664)
小谷里歩ファースト写真集『蛇口』
2015年9月15日発売
光文社「FLASH SPECIAL」 4月25日 - 5月8日 岩立沙穂(AKB48)
高柳明音(SKE48)
穴井千尋(HKT48)
1位:高柳明音(+48,722,705)
2位:穴井千尋(+23,780,525)
3位:岩立沙穂(+6,042,490)
高柳明音ファースト写真集『ちゅり』
2015年9月29日発売

755をめぐる混乱・問題点・批判

  • メンバー、運営を騙るなりすましアカウントも多々見られる[22][23]ため、利用にあたっては、特に注意する必要がある(48グループのメンバーは、オフィシャルに属する)。なお、ツイッター同様に本人のアカウントについては認証マークが付与されるようになった。
  • Google+で沈黙を保っていた秋元が、突如755を利用し始め、個人的にメンバーに対して利用を薦めている事や、7日まで運営からの公式なリリースがなかったため、ネット上の掲示板などでは、批判の意見が続出している。もっとも「そんなことをするより、公演の曲の歌詞を書くのが先ではないか」と秋元を批判する辛辣な意見もある。
    • セキュリティに対する不安(小笠原茉由は以前、Google+の投稿において「755をやらない」理由のひとつに挙げていた[24])。
    • 既にGoogle+、ツイッターAKB48 Mail、公式ブログなど多くのSNSツールを利用しており、更新に対するメンバーの負担の増大や、特にGoogle+に対する投稿の減少への懸念。
    • 既に服役を終えているが、「元・犯罪者」(2ちゃんねるからの引用)である堀江が作ったツールを、宣伝という形でメンバーを利用するという個人的な嫌悪感からの批判。
    • 新公演の延期やGoogle+の放置に対するなど、秋元への不信感。
    • 各グループの担当マネージャーから、メンバーに半ば強制的にアプリの利用を開始させる趣旨の発言があったことをメンバーが明らかにしていることについて、運営側への批判。Google+などで村上文香[25]らが明らかにしている。戸賀崎智信は755のコメントで「先程、相談室にて755はメンバー強制のもとはじめられているのですか?と聞かれましたが、全くそんなことはないですよ。強制だとしたらやっているメンバーが少な過ぎます…」と否定しており、一部の運営・メンバーにおいて、認識の相違や誤解が生じている可能性がある。
    • ライブトークである性質から、特定のファン(ヲタ)との私信を危惧する意見。戸賀崎は755のコメントで「755をサービスインしているメンバーに握手会で、『返信ください』と求める方が多数いるようです。気持ちはわかりますが、たくさんのコメントの中から特定のコメントを探して返信をすることは物理的に難しいので、控えてください。ゆるく、楽しく出来ればよいと思っています」と注意を呼び掛けている。
このため、755のアカウントを保持するメンバーの中では、ツールによって使い分ける意思を表明する者や、SKE48研究生の部屋のように、メンバー限定のトークを試みる動きもある[26]
  • 実際に投稿が元となって炎上し、アカウント削除に追い込まれた例や、2ちゃんねるなどのネット上の掲示板に飛び火し、騒動となった例もある。
    • 中でも全国握手会傷害事件で負傷し、個別握手会を欠席している川栄李奈は、ファンから握手会への復帰時期についての質問に「やらないと思いますすいません」(原文ママ)と今後も握手会に参加しない方向である趣旨を回答したところ、一部の心無いユーザから、過激な誹謗中傷が続出し、翌日に「あのさー握手会やれとかここに書かないでもらっていいですかー」と投稿を最後に更新を停止し、その後アカウントを削除した。一部メディアの記事では、翌年春に川栄が卒業を発表する一つの原因となったとされている[27][28][29]
    • また、前述の「755を利用したウォッチバトル」では、小谷里歩らと競った太田夢莉が755のトークで、「某匿名掲示板で、わたしのファンの方がりほさんの評判を落とすために、乱暴で攻撃的な言葉で中傷していた?」と言及し、一部の心無いユーザが小谷を中傷する投稿を行っていたことを示唆した。「真実なのかどうかさえもわかりませんが、、、わたしとりほさん、そしてきっと、ほとんどのファンの皆さんが公平に平等に楽しく闘おう。どちらが勝っても祝福しよう。という気持ちでいて下さったはずなんです!! でも一部の方にそのような事をされてしまうのは凄く悲しいな。誰も望んでないよ。。」とつづった。さらに太田は「そんな事なかったと信じたいですが、もし仮に本当だったとしても りほさん、そしてファンの皆さん、わたしを応援して下さった皆さんが傷ついてしまう事。絶対誰にもしてほしくないです。わたしからのお願いです。。」とユーザに自制を求めた[30]
  • 規約では「18歳未満の利用に関しては、保護者の承諾が必要」[31]と定められているが、18歳未満のメンバーが、保護者の目が届かない個別握手会当日に続々と利用を開始していることから、保護者の承諾を本当に得ているかどうか不明である。
  • このような事態を受け、8日、湯浅洋はGoogle+上で、48グループメンバーの755の利用に関して、以下のような投稿時間制限を設けることを発表した[32]
    1. 中学生メンバー:5時00分 - 23時00分(学校に行っている時間帯の投稿は制限)
    2. 高校生メンバー:5時00分 - 24時00分(学校に行っている時間帯の投稿は制限)
    3. 高校卒業以上のメンバー:明確な時間制限は設けないが、翌日の仕事に差し支えないようにする

注釈

  1. ^ 朝長の写真集発売が遅れた一因として、一部ネットメディアの記事[21]では、同社の写真週刊誌『FRIDAY』が、秋元康のいわゆる「組閣ごっこ」写真を掲載したことを巡り、講談社との関係が悪化したため、企画が一時白紙となったとも言われている(恋愛禁止#出版社との「蜜月関係」も参照)。

出典

  1. ^ サイバーエージェントのプレスリリース - 2013年6月3日
  2. ^ サイバーが新会社「7gogo」、堀江氏と著名人グループトークアプリ開発へ - INTERNET Watch 2013年6月3日
  3. ^ 多田愛佳 投稿 - Google+ 2014年8月22日 ArKaiBu Gugutas
  4. ^ SPR48が来春札幌に誕生 秋元氏明言 - 日刊スポーツ 2014年9月6日
  5. ^ 秋元康氏SPR48「すべてはこれから」 - 日刊スポーツ 2014年9月6日
  6. ^ 秋元康氏、横山由依の総監督5年否定…本人本気もスタッフの冗談 - スポニチアネックス 2015年1月11日
  7. ^ 指原、755で秋元氏とバトル…茶化しに激怒「今回は笑えん」 - スポニチアネックス 2015年1月11日
  8. ^ 木下百花 投稿 - Google+ 2014年9月6日 ArKaiBu Gugutas
  9. ^ HKT48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年9月7日 Gugutas
  10. ^ 乃木坂46メンバー、755開始のお知らせ 乃木坂46公式サイト 2014年11月1日
  11. ^ AKB48とE-girlsがコラボ!新世代トークアプリ「755」CM発表会 gooスマホ部 2014年12月16日
  12. ^ 乃木坂46「755」会見に登場、6者6様の「始めてみたいこと」語る 音楽ナタリー 2015年3月17日
  13. ^ AKB×ヤンマガ×755がトリプルコラボ!ソロ写真集をかけて個人トーク盛り上がりバトル - Girls News 2015年4月2日
  14. ^ 写真集争奪戦!今度はAKB48、SKE48、NMB48でバトル - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年4月19日
  15. ^ AKB48グループ写真集争奪バトルついに青木編集長も - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年4月23日
  16. ^ AKB48写真集企画で松岡、朝長が勝利 - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年5月1日
  17. ^ HKT48がソロ写真集争奪戦で強い! - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年5月3日
  18. ^ SKE48vsNMB48写真集バトルはとんでも無い数字に! - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年5月4日
  19. ^ NMB48小谷里歩がソロ写真集出版権決定 - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年5月7日
  20. ^ SKE48 高柳明音がソロ写真集決定 - ドワンゴドットジェイピーnews 2015年5月9日
  21. ^ 秋元康「組閣ごっこ写真」で半年間取材NG!? 講談社を襲った“AKB48ショック”の後始末 - 日刊サイゾー 2015年7月28日
  22. ^ 須田亜香里 投稿 - Google+ 2014年9月8日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 木下百花 投稿 - Google+ 2014年9月8日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 小笠原茉由 投稿 - Google+ 2014年9月5日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 村上文香 投稿 - Google+ 2014年9月7日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 青木詩織 投稿 - Google+ 2014年9月7日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 川栄李奈、握手会不参加を非難されSNS退会......秋元康氏は「怒りを覚えます」 - トレンドニュース 2014年9月22日
  28. ^ AKB48握手会不参加の川栄李奈が不安吐露も、秋元康は「755のよさ」アピールにご執心!? - 日刊サイゾー 2014年9月22日
  29. ^ 川栄もう限界…AKB卒業 襲撃事件後遺症深かった - 日刊スポーツ 2014年9月22日
  30. ^ NMB太田「悲しい」ファンのネットバトル自粛要請 - 日刊スポーツ 2015年5月7日
  31. ^ 755利用規約 - 755公式サイト
  32. ^ 湯浅洋 投稿 - Google+ 2014年9月8日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク




ご意見を共有しましょう