エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

田中美久

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
HKT48 チームH
田中 美久 たなか みく
2018年HKT48プロフィール 田中美久.jpg
公式ニックネーム

みくりん

所属事務所

AKS

生年月日

2001年9月12日 (16歳)

出身地

熊本県

血液型

B型

身長、体重

151cm[1] 40.3kg[2]

合格期

3期生

選抜回数

HKT48 8回
AKB48 2回

田中 美久(たなか みく、2001年9月12日 - )は、HKT48チームHのメンバー。熊本県出身。AKS所属。

略歴

2013年
2014年
2015年
2016年
  • 6月18日、第8回総選挙では第45位。3度目の総選挙で初ランクイン、ネクストガールズ入りとなった[8]
2017年
2018年

人物

キャラクター

  • 公式ニックネームは、「みくりん」[1]
  • チャームポイントは、のびるほっぺた[1]。以前のプロフィールでは、丸い鼻と大きな前歯[13]
  • 名前の由来は、両親それぞれの名前の1文字ずつから。「こんな素敵な名前をつけてくれたパパとママに感謝です♪パパとママありがとう。」[14]
  • ひとりっ子である[15]
  • 尾崎充「負けず嫌いな乙女座の12歳。人目もはばからず、見せる悔し涙は明日へと繋ぐ。彼女の眼力は、何かを予感させる」[16]「HKT最年少メンバーだが、考えはしっかりしている。苦手なダンスも練習に励み、徐々にスキルが上がってきている」[17]「子供っぽさと、少し大人びたところの両方を併せ持つ彼女。自分の見せ方にはとことんこだわっています」[18]
  • 目標は、「熊本県観光大使!」[19]

HKT48として

2013年

  • 8月4日、HKT48第3期生オーディションに合格。HKT48に入ろうと思った理由は、「テレビのいろんな番組でAKBさんが出てるのを見て、笑顔や幸せをもらったので『次は私が』と思って、熊本からいちばん近いところで活動しているHKTを目指しました」[20]

2014年

  • 2月8日、九州ツアー長崎公演にて、HKT48 3rdシングル『桜、みんなで食べた』のリリースが発表され、初のHKT48シングル選抜入りとなった[6]
  • 4月1日、本人の地元の新聞社、熊本日日新聞社のテレビCMに起用、および同社発刊の小中学生新聞「くまTOMO」にて「みくりんの日々きらきら」の連載がスタートすることが発表された[21]
  • 8月4日、ハウス食品「うまかっちゃん」の新TVCMに田中麗奈とともに、田中と矢吹が起用された[22]
  • 8月31日、HKT48 4thシングル『控えめI love you !』の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表され、2度目の選抜入り。
翌日のGoogle+「昨日は、HKT48オフィシャルサイトにて次の『4thシングルの選抜発表』があり、私は選抜に入らされて頂くことができました!本当に嬉しいです。正直、桜みんなで食べた。の時は話題性がまさっていて、実力はまだまだだったと思います…。でもこのチャンスを逃したらいけないと思い日々頑張ってきました。チャンスは何度も何度も来るわけではないし、もらうものでもない。自分で掴むものだ!と…。選抜発表がされた時、本当に嬉しくて、ホッとしました。選抜発表がまだある前、握手会などでよくファンの皆さんに、みくりんなら絶対入れるよ!とかみくりんが次も選抜に入れるように頑張るけん!などとたくさんの言葉を頂きました。それは私にとって、大きく気持ちを変えて行きました。凄く嬉しかったこともあり、良い意味でプレッシャーにもありました。なので多分選抜発表があった時はやったー!と言う気持ちより心から安心したんだと思います。私が選抜に入らせて頂いたこと。それはもちろん、私だけの力ではなく、ファンの皆様の愛があってからこそだと感じています。応援して下さった皆さん。本当にありがとうございます(^_^) これからも、選抜メンバーとして、恥じない様に日々頑張って行きますので応援よろしくお願いします。私も私なりにファンの皆さんの期待に応えられるよう努力し、頑張ります」[23]
Google+「今日は、私の生誕祭でした!!!すごくすごく素敵な、生誕祭で感激してしまいました。ほんとにほんとに、ありがとうございます。なこちゃんの手紙も嬉しかった。大好きな優花ちゃんからの言葉で、つい、ポロって涙が…泣かないと決めてたのに この1日で1年間分頑張れそうです。次の元気の素は、来年の生誕祭まで頑張れるもん♪最高の1日!13年間で1番の誕生日。いまから、誕プレのモツ鍋です」[24]
また、尾崎充(劇場支配人)が生誕祭に寄せて、九州ツアーでのエピソードを交えながらGoogle+にてコメント。
「本日、(日付けが変わってしまい昨日)9月12日に13歳の誕生日を迎えた田中美久の生誕祭を行いました。実は、矢吹よりも誕生日の遅い田中美久は、HKT48の最年少。“HKT48"九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜、熊本公演の前夜のことを話したい。HKT48では当時、メンバー内でインフルエンザがまん延していた。代わる代わるメンバーがダウン。田中美久もその一人となった。今回、ツアーの目玉の一つ。出身地のメンバーをフューチャーする企画があった。各地への恩返しの意味もあり・・・。当然、熊本出身の田中美久にもその場面を用意していた。やっと念願叶っての熊本出身者。HKT48に加入し、期待も大だった。そんな矢先だった。我々スタッフはやむなく田中美久の出演の変更を覚悟していた。医師からは完治。本人次第で出演の了解は得ていたが、昨日まで高熱が続き、体力的にもかなりの消耗をしているであろう小さな身体の12歳。本人へ、最終的な出演可否を確認に自宅を訪ねた。アパートの部屋の奥から飾りもせずにパジャマ姿で現れた。開口一番、強い目力で『出演をさせてほしい!』と訴えてきた。まさにこの瞬間、50歳近い私と、12歳の田中美久に年齢差はなく、対等にプロとしての会話が成り立った。私も、数多くの会話をそこでした覚えは無い。すぐに看病でそばに付き添っておられた田中美久の祖母とも確認をし、最終的に御両親の了解も得て出演を決めた。翌日、ご存知の通り、地元の大声援を受けて「シンクロときめき」を歌い出演を果たしている。当然、病み上がりとは関係なく、完成度の低いまだまだのパフォーマンスではあったが・・・”グッと”くるものがあった。アーティスト写真を撮る際も、決して妥協は許さない。カメラマンと積極的に話し、それを探求するその姿にプロ意識を垣間見る。この原石を上手に輝かせたい。誰にもそう思わせる能力を生まれながらに兼ね備えている。そう感じる。田中、おめでとう!!」[25]
  • 11月2日、3期生お披露目より一周年を迎えた。
Google+「今日、三期生一周年だよ この一年間色々ありました! お披露目前は、レッスンレッスンの日々でまだその時は、熊本から通ってましたよ。最初に仲良くなって一緒にいたのは、えれ!坂本愛玲菜ちゃん。みんな仲良かったけどね。今だから言えるお披露目前のエピソード…その日は、ホークスタウンに用があって、せっかくだからとHKT劇場を見に行こうと(劇場内ではなく正面入り口)行った訳ですよ、顔バレしてないのをいい事に お披露目したら、正面入り口にはもう行けないと思い行きました!!その日は、ちょうど植木さんの生誕祭で、人がいっぱい。みくは、まだ誰も知られてないのにずっと顔を伏せてたよ(笑)自意識過剰だよね メッセージカードを呼びかけてる人や、植木さんのTシャツ着てる人とかいて なんかワクワクしたの思い出したよ 三期生だけで、なにかやりたいと思うけど…時間合うかな…?写真は撮りたいねと話してました。一年間色々ホントにあったな 皆さん、三期生をこれからも見守って下さい」[26]
  • 12月1日、東芝の広告「地元代表がご紹介!東芝家電でひとつ先の新しい暮らし。」に熊本代表として起用された[27]

2015年

  • 1月8日、Google+にて2015年の目標を掲げた。
「私の『今年の目標』について主に3つ書き表したいと思います!まず、1つ目!今年皆さんが1番注目しているはずのイベント。総選挙です!誰もが緊張の総選挙。去年、実力がなく小学生だった私はランクインすることが出来ませんでした。なので今年こそは、ランクインしたいです。私的には実際、あまりこのような事を口にしたくはありません。なぜなら、知名度、実力、芸歴など、全てにおいて伴っていないからです!総選挙にランクインしたい!こんな私がそんな事を言っていいのか…。でも!今年総選挙に入らないと多分わたし、、次に繋がらないと思うんです。いろんな意味で。分かりますか?次に繋げるためにも今年わたしのチャンスはこれだと思って頑張ります。目標順位は、ランクイン。今のわたしに順位を決めるくらいの実績はないと思うので。。どうぞ、皆さん応援よろしくお願いします!長文になりすいません。でも、こんだけ私は、マジです。
そして2つ目。熊本のお仕事、地元のお仕事を増やすことです。私にはいままで、熊本日日新聞さんでのソロCM、熊本日日新聞社さんの新聞連載。TOSHIBAさんのポスター。ダイエーのCM。熊本でのラジオ。テレビ出演。などたくさんのオファーがあり、熊日さんは、ありがたいことに、契約期間が伸びました!ほんとに嬉しいです。今の自分になにを求められているのか考えながらこれからもやっていきたいと思います。
そして3つ目。バンジージャンプをすること(笑)幼い頃からの夢でした☆ もともと高いところとか大丈夫だし、ジェットコースターとか好きなので。。(笑)いつかはやってみたいです!まだ、体重が足りないのでこれから身長も体重もいい感じに大きくなっていきたいなぁ。以上!今年の目標でした!」[28]
  • 2月27日、HKT48 5thシングル『12秒』の選抜がYouTubeのHKT48オフィシャルチャンネルにて発表され、3度目の選抜入り。
Google+「今日HKTオフィシャルブログのほうで5thシングルの選抜発表がありました。私、田中美久は選抜メンバーに入らせて頂く事が出来ました。正直、新公演の初日落ちやら、色々と思い通りにいかない事があり…今度の選抜には入れないだろうな…と考えていました。でも、ここで腐っていても何もならないし、私は努力しかないので、がむしゃらに前を向いてやって行きました。そして、選抜メンバーの発表があり 正直びっくりしました。まだ私にもチャンスを頂けるんだ…と。無駄にする訳にはいけません!今回も入らせて頂き、本当に皆様には、感謝しております。選抜メンバーにふさわしい存在、なにかしら結果を残せる存在に成長して行きたいと思っています。今度の事を素直にファンの皆様と喜びたいと思っています。選抜の重み…。入る度に痛感しています。入ったばかりの頃は、右も左もわからなく、ただ、前を向いてがむしゃらに進んでいましたが、今は選抜に入らせて頂いた重みをちゃんと感じながら前に進んで行きたいと思います。本当に、皆様ありがとうございます。やった。・ ゜・(ノД`)・゜・」[29]

2016年

2017年

  • 1月12日、熊本県芦北町親善大使に任命された[35][36]
  • 3月28日、『超十代 - ULTRA TEENS FES - 2017@TOKYO』に『ラブベリー』のモデルとして出演した[37]
  • 6月25日、SHOWROOM特番『HKT48 10thシングル選抜メンバー発表特番』で、HKT48 10thシングル『キスは待つしかないのでしょうか?』の選抜メンバーを発表、7度目のシングル選抜入り[38]
  • 7月27日、オールナイトニッポンでHKT48 10thシングル劇場盤カップリング曲『ロマンティック病』を公開、初のセンター曲となった[39]
  • 9月12日、16歳の誕生日を記念してTwitterを開始[40]
  • 12月13日、銀座松屋『大くまモン展』のオープニングセレモニーに参加[41]
  • 12月23日、12月以降にHKT48の複数メンバーのTwitterアカウントが凍結される騒動[42]があり、田中のアカウントも凍結された[43]。翌年1月5日にはアカウントの凍結は解除された[44]

2018年

交友関係

  • 憧れのメンバーは、「入る前は田島先輩にあこがれてたんですけど、入ってからは松岡先輩と宮脇先輩にあこがれてます。田島先輩はメディアでも劇場でも表現力とかすごいし、宮脇先輩はバラエティー番組で見た演技がすごかったし、松岡先輩はいつも優しいです」[20]
「なこみく」。右は矢吹奈子
――2人は“生意気”なの?
田中「先輩方からいたずらをされることが多いのですが、美久たちから先輩方にいたずらすることもあります。この間なんか、奈子ちゃんがさしこちゃんに紙粘土で作ったカエルをバッと投げつけて…」
矢吹「(指原が)「ワ~ッ!」って驚いていて、面白かったです(笑)」[48]
田中「普段からよく触られたり、“サシハラスメント”を受けています。1日に10回以上は受けますね。うれしいです」。
――“サシハラスメント”はイヤじゃないと?
矢吹「あこがれている先輩だったので、そんな風に接してもらえるとは思ってもいなかったですし。最初の頃は緊張して直接しゃべることもできなかったので。今では、一緒に騒いだりもしています(笑)」[49]

性格・趣味

  • 性格は、怖がり屋、融通がきかないらしいです[19]
  • 趣味は、カラオケ・映画鑑賞[1]。以前のプロフィールでは、歌うこと、目立つこと、演技[51]
  • 特技は、フラフープ・愛犬に技を教える[1]
  • テレビ西日本「HKT48のごぼてん!」の1回目の放送(2014年5月24日)では、ゲストの堀内健(ネプチューン)に急に抱え上げられ、驚いて大号泣してしまった。
  • 今後の目標。「HKT48をもっともっと盛り上げていきたいですし、地元の熊本も盛り上げていきたいです。アイドルを続ける中で、歌手や女優にも挑戦したいと思っています」[52]
  • 1期生の今田美奈によると、「美久は女子力が高くて、「萌え台詞言って」と振ったらすぐ思いつくぐらい頭もいいし、アイドル性抜群」[53]
  • 学校での様子、「クラスでは、色白小顔、面白いと言われます。いまは学級担当をしてます。時々身の回りのお手伝いもやってます!黒板消し担当もしているんですけど黒板の上の方まで手が届かなくて結局友達が消してくれます(笑)」[19]
  • HKTでは、「一番最年少なのに大人に見られます(^o^)」[19]
  • 好きな色は、青とピンク[19]
  • 得意な科目は、国語、家庭科[19]
  • 苦手な科目は、理科[19]
  • 好きなことは、「食べる事、Google+や握手会、写メ会、公演、コンサートなどたくさんありすぎます♡!」[19]
  • 嫌いなことは、「自分の反抗期、毎回家族と喧嘩した後自分駄目だったなと思いお風呂場でこっそり1人泣いてます(苦笑)見られるの嫌なので…」[19]
  • 好きな食べ物は、「天神ホルモンのまるちょうです!私はタレをつけて食べる方です。あのタレがまるちょうの良いところを消すことなく良い具合にたれとまるちょうがマッチしていてもぅ天国です…(o^^o)後は熊本名物の馬刺し(^o^)馬刺しは裏切らんばい!」[19]
  • 嫌いな食べ物、レーズン、青魚[28][19]
  • 12歳の一番の思い出、「髪の毛が凄く長くてお尻したくらいまであったんですけど、HKTを受けるちょっと前にぴーちゃんくらいまでバッサリ切りました。クラスの子からは最初の言葉がだれ??でした(苦笑)」[28]
  • 小学生時代は、「視力、小1からずーっとオールA。学校通知表、Bが1つ後全部A『オールAのときもあった。』クラスでは3.4番目に頭よかったですょ(^o^)クラスでは、優等生だけど明るい子とみんなから言われてました。クラス委員長、クラブ委員長、運動会では応援団やよくみんなをまとめたりしてました。時々やんちゃでした(笑)でもHKTでは、、、人見知り、赤面症でしたね。。そのころは」[28]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

HKT48

AKB48

アルバムCD選抜曲

HKT48

  • 092」に収録
    • 人差し指の銃弾
    • ファンミーティング - F24名義

AKB48

劇場公演ユニット曲

研究生「脳内パラダイス」公演

  • MARIA

HKT48 ひまわり組「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ

チームH 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • 雨の動物園

チームH 3rd Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 初恋泥棒
  • ごめんね ジュエル

脚注・出典

  1. ^ a b c d e 田中美久|プロフィール - HKT48 OFFICIAL WEB SITE
  2. ^ TANAKA MIKU - PRODUCE 48
  3. ^ HKT48ひまわり組の初日公演で3期生サプライズお披露目 - 音楽ナタリー 2013年11月3日
  4. ^ 2013年12月15日公演スケジュール - HKT48オフィシャルブログ 2013年12月9日
  5. ^ 【AKB組閣】「クラス替え」直後のHKTにもメス 移籍や兼任発表に涙 - ORICON NEWS - 2014年2月24日
  6. ^ a b HKT48 "小6研究生" コンビが新曲初選抜入り 『Mステ』初出演も決定 - ORICON NEWS 2014年2月8日
  7. ^ a b AKB新ユニット「でんでんむChu!」誕生 ‐ 日刊スポーツ 2015年3月25日
  8. ^ 熊本出身のHKT田中、AKB倉野尾が初ランクイン - 日刊スポーツ 2016年6月18日
  9. ^ 【第9回AKB総選挙】17位~32位「アンダーガールズ」発表 - ORICON NEWS 2017年6月17日
  10. ^ AKB48渡辺麻友、涙雨のなか全力疾走 "21世紀王道アイドルの象徴" ラストMV<新曲「11月のアンクレット」&卒業曲MV・アー写・ジャケ写> - モデルプレス 2017年10月30日
  11. ^ a b HKT48 "なこみく" 矢吹奈子&田中美久でWセンター 11枚目シングル選抜発表<16名> - モデルプレス 2018年4月1日
  12. ^ 【第10回AKB総選挙】HKT48田中美久、自己最高の10位で初の選抜入り「お父さん、ありがとう」 - ORICON NEWS 2018年6月16日
  13. ^ 田中 美久 < プロフィール - HKT48 OFFICIAL WEB SITE 2013年11月2日当時のアーカイブ
  14. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2015年1月11日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2014年9月1日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2013年12月1日 ArKaiBu Gugutas
  17. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P128より。
  18. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P148より。
  19. ^ a b c d e f g h i j k l 田中美久 投稿 - Google+ 2015年3月9日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ a b c 【西スポ特集】新鮮力よろしくネ HKT48 3期生9人 初インタビュー - 西日本新聞 2013年12月10日(2014年6月13日当時のアーカイブ)
  21. ^ 熊本日日新聞CMに田中美久出演!! - HKT48 OFFICIAL WEB SITE 2014年4月1日
  22. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2014年8月4日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2014年9月1日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2014年9月13日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 尾崎充 投稿 - Google+ 2014年9月14日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2014年11月2日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 2014年12月3日当時のアーカイブ
  28. ^ a b c d 田中美久 投稿 - Google+ 2015年1月8日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2015年2月27日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ 氣志團がHKTと超異例コラボ曲、紅白復帰も懇願 - 日刊スポーツ 2015年10月11日
  31. ^ HKT48新シングルの発売日&選抜メンバー決定、センターは兒玉遥 - 音楽ナタリー 2016年2月28日
  32. ^ HKT48、新センターは松岡はな ドラフト2期生初 - ORICON NEWS 2016年7月13日
  33. ^ 復活「ラブベリー」専属モデルにHKT48なこみく・エビ中りったんら起用 隔月発行へ<プロフィール&コメント> - モデルプレス 2016年8月20日
  34. ^ 【紅白】HKTなこみく、天童よしみの応援ゲスト 指原「よく頑張りました」 - ORICON NEWS 2016年12月31日
  35. ^ HKT48 Official ツイート - Twitter 2017年1月12日
  36. ^ 広報あしきた2017年2月号 - 芦北町ホームページ 2017年2月16
  37. ^ 【超十代 - ULTRA TEENS FES - 2017】に田中美久&矢吹奈子の出演が決定! - HKT48 OFFICIAL WEB SITE 2017年1月19日
  38. ^ HKT新曲のセンターは松岡はな 8・2発売 - スポニチ Sponichi Annex 2017年6月25日
  39. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2017年7月27日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ 田中美久 ツイート - Twitter 2017年9月12日
  41. ^ 田中美久、「大くまモン展」をPR「大好きな人にはたまらない」 - エンタメOVO 2017年12月13日
  42. ^ 人気のHKTなりすまし被害? ツイッター凍結相次ぐ 簡単に開設、一般人も注意必要 - 西日本新聞 2018年01月18日
  43. ^ 指原莉乃 ツイート - Twitter 2017年12月23日 ArKaiBu tw48
  44. ^ 田中美久 ツイート - Twitter 2018年1月5日
  45. ^ AKB48、51stシングルセンター&選抜メンバー発表 初選抜は4人 - モデルプレス 2018年1月20日
  46. ^ AKB48 49thシングル 選抜総選挙 田中美久 公約 - HKT48公式チャンネル
  47. ^ 田中美久 投稿 - Google+ 2018年6月1日 ArKaiBu Gugutas
  48. ^ THE PAGE 2014年4月26日記事
  49. ^ THE PAGE 2014年4月26日記事
  50. ^ a b 田中美久 投稿 - Google+ 2014年11月30日 ArKaiBu Gugutas
  51. ^ 田中 美久 < プロフィール - HKT48 OFFICIAL WEB SITE 2016年3月4日当時のアーカイブ
  52. ^ THE PAGE 2014年4月26日記事
  53. ^ 双葉社「EX大衆」2014年12月号より

外部リンク