エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

チームKIV

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
HKT48チームH | チームKIV | チームTII

チームKIV」(チームケーフォー)は、HKT48を構成する3つのチームのうちの1つ。

多田チームKIV

2014年5月8日公演開始。なお、公式チーム呼称が発表されていないため、便宜上AKB48等の他チームの表記同様キャプテンの名前を頭につけて「多田チームKIV」とする。

特徴

  • チームK」ではなく「チームKIV(ケーフォー)」と「IV」(ローマ数字の4)が付いているのは、「チームK」がAKB48、「チームKII」がSKE48、「チームKIII」がJKT48にあるためで、48グループで「IV(4)」が付く初めてのチームとなった。なお、通常用いるローマ数字は環境依存文字のため、文字化けしてしまう事が多いことから、「K4」と表記する事も多い。
  • 2014年2月24日に行われた「大組閣」で結成されたチーム。ただし、これにさかのぼって1月11日に行われた「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」大分公演で「クラス替え」(HKT48における組閣の言い換え)が発表されており、大組閣発表でも大枠は維持される形となった。
  • キャプテンには新たに、多田愛佳が就任した。
  • 副キャプテンも「大組閣」発表で設置され、宮脇咲良が就任した。
  • 「クラス替え」発表と「大組閣」発表との相違点としては、「クラス替え」で正規メンバーへの昇格とチームKIV所属予定であった谷真理佳が、「大組閣」ではSKE48チームEへの移籍が発表。新たに研究生から深川舞子草場愛が正規メンバーへの昇格とチームKIV所属、さらにHKT48としては初の他グループからの兼任メンバーとして、SKE48の木本花音の新規兼任が発表されている。
  • さらに、新体制移行までの期間となる3月21日に、伊藤来笑岩花詩乃も研究生から正規メンバーへの昇格とチームKIV所属が発表され、20名で新体制をスタートさせている。
  • 2014年7月25日のチームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演MCでは、チームカラーが「変なオレンジ」であることがキャプテンの多田により発表される。多田曰く「私はピンクが良かったけど、なんか上の人に『ピンクがいいんですけど』って言ったら『ピンクはAKB色が強いからダメだよ』って言われて、結局変なオレンジになりました。普通のオレンジはSKEじゃない。変なオレンジ」とのこと。しかし、HKT48の公式グッズでは、「水色」がチームカラーのように扱われることが多い。
祝勝会で「炭酸水かけ」を終えたチームKIVメンバー。
  • ファンからの不評・批判と運営上の問題点が続出し、途中で打ち切りとなったペナントレースでは、中止発表の段階でチームKIVがトップとなっていた。
日刊スポーツが発刊する「AKB48グループ新聞」編集部では、ペナントレース中止を受けて「暫定王者」となったチームKIVの祝勝会を急きょ企画。祝勝会では、編集部よりプレゼントされた「暫定王者」のTシャツを着用したメンバーが集まり(スケジュールの都合により宮脇咲良木本花音は欠席)、「ビールかけ」ならぬ「炭酸水かけ」を行うというもので、用意した200本の炭酸水がわずか5分ほどで使い切ったとのこと。この模様は同紙の2014年10月号(10月17日発売)に収録されている[1]
  • 2015年5月30日に、草場愛が「HKT48の正規メンバーとして初の卒業メンバー」となっている[注釈 1]

主な出来事・メンバー数変遷

日付 出来事 人数 増減
2014年
(1月11日) クラス替え発表)
(チームKIV結成)
(16)
(2月24日) 大組閣発表)
(1期研究生深川舞子、2期研究生草場愛正規メンバーへ昇格)
(SKE48木本花音新規兼任発表)
(18) (+2)
(3月21日) (2期研究生伊藤来笑岩花詩乃正規メンバーへ昇格) (20) (+2)
5月8日 チームKIV 1st Stage「シアターの女神」初日
SKE48木本花音兼任開始
20
2015年
4月30日 草場愛卒業公演(活動終了) 19 -1
5月25日 木本花音兼任終了 18 -1
10月30日 後藤泉卒業公演(活動終了) 17 -1
2016年
2月29日 伊藤来笑卒業公演(活動終了) 16 -1
3月22日 岡田栞奈卒業公演(活動終了) 15 -1
3月31日 KIV1st「シアターの女神」千秋楽 15
5月17日 チームKIV 2nd Stage「最終ベルが鳴る」初日 15

メンバー

旧所属 名前 結成 所属開始日 所属終了日
H 植木南央 2014年5月8日
H 多田愛佳 2014年5月8日
H 熊沢世莉奈 2014年5月8日
H 下野由貴 2014年5月8日
H 宮脇咲良 2014年5月8日
H 村重杏奈 2014年5月8日
H 本村碧唯 2014年5月8日
H 森保まどか 2014年5月8日
伊藤来笑 2014年5月8日 2016年2月29日
今田美奈 2014年5月8日
岩花詩乃 2014年5月8日
岡田栞奈 2014年5月8日 2016年3月22日
草場愛 2014年5月8日 2015年4月30日
後藤泉 2014年5月8日 2015年10月30日
田中優香 2014年5月8日
冨吉明日香 2014年5月8日
朝長美桜 2014年5月8日
深川舞子 2014年5月8日
渕上舞 2014年5月8日
E 木本花音 2014年5月8日 2015年5月25日
(兼任終了)

注釈

  1. ^ HKT48では全体的にグループ離脱者が少なく、2015年9月の時点で草場を含め7名しかいない(兼任終了・移籍を除く)。このうち、2012年8月に正規メンバー3名を含む5名がグループを離脱しているが「HKT48としての活動を辞退」しており、厳密に言えば卒業とは言えない。また、2014年2月23日には安陪恭加がグループを卒業(HKT48を通じて初の卒業メンバー)しているが、安陪は研究生であった。

出典

  1. ^ AKB48グループ新聞編集部投稿 - Google+ 2014年10月18日

関連項目



ご意見を共有しましょう