エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

山本茉央

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
HKT48 チームH
山本 茉央 やまもと まお
2017年HKT48プロフィール 山本茉央.jpg
公式ニックネーム

まお

所属事務所

AKS

生年月日

1996年9月18日 (20歳)

出身地

福岡県

血液型

不明[1]

身長

156cm[1]

合格期

ドラフト1期生

選抜回数

1回

山本 茉央(やまもと まお、1996年9月18日 - )は、HKT48チームHのメンバー。福岡県北九州市出身[2]AKS所属。

略歴

2013年
2014年

人物

キャラクター

  • 公式ニックネームは、「まお」[1]
  • キャッチフレーズである「ケータリングを盗みまーす イェーイ! (ドロボー!) はい、〇〇歳のまおこと山本茉央です。」はフットボールアワーの後藤輝基が考えた
  • 過去の公式ニックネームは、「まおパニ」。
    • ニックネームの由来は、お披露目当初のキャッチフレーズ「まおまおパニック」を短縮したものだが、なぜ、パニックになったかは、山本曰く「すぐにパニックになっちゃう」とのことから、「ドラフトの時にカメラマンさんから言われたんだと思います」とのこと[3]
  • ある日、帰宅するや突然家族に写真を撮られ、だまされてオーディションに出場することになった[4]
  • しゃべり出すと止まらないという性格[4]
  • チャームポイントは、ほっぺ[1]
  • 指原莉乃曰く”超天然”とのこと[5]
  • 尾崎充「ダンススキルはまだまだですが、日々のレッスンを重ね、徐々に成長中。愛嬌のある笑顔と天然の性格が特徴です」[5]「苦手のダンスは、日々の努力でかなり上達してきていると思います。トークも少しずつ積極的になっています」[6]

加入前

  • 子供の頃は、活発な女の子だった。
「お姉ちゃんたちとすべり台で遊んでたら、一番上のところから落ちちゃって、鼻血を出した記憶があります(笑)。それが3歳くらい? 結構、よくコケてましたね。ドジな子でした」「ふだんは砂遊びとか、塗り絵とかしてました。気が強かったですね。幼稚園の時、自分が遊んでたおもちゃを取られたりすると、取り返して相手の子を泣かせてました(笑)。負けず嫌いだったんですよ」[7]
  • 小学校に入った頃から、モーニング娘。が好きになり、カードなどを集めるようになった。好きなユニットはミニモニ。[7]
  • 中学1年生頃から芸能界に興味を持ち始める。「テレビを見てて、自分もこういうことをしてみたいなと思うようになって。その頃には親にも誰にも言ってなかったですけど」[7]

HKT48として

2013年

  • オーディションを受けたきっかけ。
「お母さんがドラフト会議の広告を見つけたらしくて、学校から帰ってきたら突然、妹に携帯で写真を撮られて。何のことか分からないまま、出かけたんですけど、いつの間にか応募してたみたいで」。なお、第1志望は、HKT48[7]
  • 9月22日、「AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション」3次審査において、指名候補者となる。
  • 11月7日、ドラフト会議直前のアピールで、ドラフト候補者が全国の劇場で公演の前座として出演、パフォーマンスを披露。山本はNMB48劇場に出演(他の出演者は神門沙樹内木志横島亜衿、金子美玲、間島和奏、水田晶)。
  • 11月10日、ドラフト会議当日。山本は第1巡目でHKT48・チームHから指名され、交渉権を獲得。指原莉乃が9月末のイベントに登場した際、「1人決めています。この子は絶対指名したい」「すげーかわいい!」と惚れ込んでいたドラフト候補者がついに明らかになった。この日まで“お気に入り”を胸に秘めていた指原は「一本釣りスタイルでいきます」と単独指名を熱望し、チームHキャプテンの穴井千尋は「若いメンバーがすごい多いので、ちょっと大人でもいいかな。まだ何色にも染まっていないので、やる気がある子が来てくれたら」と期待していた。地元・福岡を拠点に置くチームHの指名に山本さんは「うれしかったです。ありがとうございます」と涙を流しながら喜んだ[8]
指原が、チームHとして山本を選んだ理由を自身のGoogle+で明かす。
「今回、茉央ちゃんを選んだのは、尾崎支配人、キャップ、指原の意見が一致したからです。ダンスの先生や歌の先生からの現段階での評価は低かったのですが、根性はあるという評価が、HKTが力をいれている基礎レッスンに合うんじゃないのかなあと考えました。チーム付のメンバーになるのかな?なるとは思いますが、デビューしたての三期生と一緒に基礎レッスン、バックダンサー、アンダーを頑張ってもらおうと考えています」[9]
山本は後日談で、指名直後に指原から「『ドラフト生、一人しかいないけど、大丈夫?』とか。いろいろ優しく話しかけてくれました。それがホントにうれしかったですね」と語っている[10]
  • 11月16日、交渉権を獲得した指原と穴井が、山本の実家を訪問し指名の挨拶。
指原Google+「山本さんのご実家へ!!娘さんを下さいしてきます。東京からだったので、手土産をもって…」[11]
穴井Google+「さっしーと山本茉央ちゃんのご自宅へ行ってきました!いろいろお話してきましたよ。あとは前向きに考えてもらえればいいな。なんか温かい家族やったなー。茉央ちゃんとご家族の皆さん、ありがとうございました」[12]

2014年

  • 1月19日、「HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~」鹿児島公演(鹿児島市民文化ホール)でのサプライズとして、ライブ初参加。「渚のCHERRY」でいきなりセンターポジションを務め、多くの観客を驚かせた。曲を披露し終えた山本は「人生で一番緊張しました」と感想を述べ、ドラフト1位指名を受けた際の心境を聞かれると「指原さんが憧れだったので、とてもうれしかった」と回答。これを受けて指原は「これから48人目のメンバーとしてがんばろうね」と声をかけ、穴井は「メンバーみんな茉央ちゃんが来るのを楽しみにしてた。これから一緒に力を合わせてがんばりましょう!」とエールを送った。なおAKB48グループでドラフト生の加入およびお披露目は、山本が初となる[13]。全国のAKBドラフト生の中で最初に舞台に立った山本だが、前日(18日)に一緒にすし店に行った田島芽瑠が「緊張しすぎて3皿でおなかいっぱいになってた」と明かしたように、登場時はガチガチで表情も硬め。それでも指原からアントニオ猪木のモノマネを振られると勢いよく「ワン、ツー、スリー、ダーッ!」。指原が即座に「いち、に、さん、でしょ」と突っ込んだことで会場も盛り上がり、山本も自然な笑顔を見せた[14]
後日談。「ごはんは食べられなかったし、夜になったら熱まで出しちゃって。自分でも『あー、そんなに緊張してるんだ』って改めて気付きました」「緊張しましたねー。あんな大きなステージで、あんなにたくさんの人の前に立つのは初めてだったので。自分では覚えてないですけど、笑顔も引きつってたと思います」「『渚のCHERRY』は歌うことになってから、必死で覚えました。腰を回すような振付があるんですけど、ダンスはまだ苦手だし、大人っぽい動きだったので、結構苦労しましたね」[10]
  • 1月25日、AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200 2014第3日の前座、『PARTYが始まるよ』で他のドラフト生とともに出演。その後のMCでは、指原、峯岸みなみ柏木由紀とドラフト生の山本、横島亜衿、川本紗矢が「何秒片足で立っていられるか」などのミニゲームで対決した。峯岸から「これからAKBの荒波にもまれてきた私たちを倒さなければいけない」と激辛エールを送られたドラフト生たち。最初はビビッていたが、峯岸から「まずは指原を潰さないと!」と応援された山本は「指原には絶対負けねえぞ~!」と挑戦状を叩き付けた。ファンから「負けんな!」と声援を受けた指原は「分かった~!」とドスの利いた声で挑発したが、一歩も引かない山本が見事に勝利。女王・さしこを倒し、HKT48に新星誕生を予感させた[15]
  • 6月7日、第6回総選挙開票。結果は圏外。
Google+「総選挙終わりました!まおは初めて参加させていただきました。今日目の前でみた光景に頑張ろう、これからだ!!!!いつかまおもあのステージに立てるように頑張ろうって、気持ちが改めて思ってきました。だからこれから公演などたくさんでて、名前など覚えてもらえるように頑張ります!これからもよろしくお願いします。そして、まおに投票券を入れてくれた方、応援してくれた方、本当にありがとうございました!これからもっと頑張るのでよろしくお願いします!」[16]
  • 8月31日、HKT48としての4thシングル『控えめI love you !』の情報が解禁され、初のシングル選抜入り(ドラフト生で、各グループにおけるシングル楽曲の選抜入りも初)。
Google+「本日HKT48、4thシングルの選抜発表があり、私は4thシングルに入ることができました。名前が呼ばれたとき、嬉しい気持ちもあったけど、不安な気持ちの方が大きかったです。自分でもまだまだ努力がたりないとおもうし、ファンの皆様も私の存在を認めてくれていない方のほうが多いと思います。だけど、この選抜は自分にとって人生で一番のチャンスだと思っています。今まで以上に努力して、たくさんの方に私の存在を知ってもらえるように頑張ります。これからも私の成長とともに応援よろしくお願いします」[17]

2015年

  • 2月27日、HKT48としての5thシングル『12秒』の情報が解禁されたが、選抜入りならず。
Google+「選抜に落ちてしいました。選抜の時努力も全く足りてなかったって自分でもわかりました。でも、不思議だけど、発表があった時落ち込むというより、「よし。まだまだ、これから。頑張らなくちゃっ」って、気持ちが凄く大きかったです。でも、悔しい気持ちはやっぱりありました。紗英と二人で「こらから頑張ろ」って笑って言い合いました(*^^*) その日から頑張ろうねって話すことが多くなりました。これからは、選抜の時の一年の経験を生かしながら、もっともっと、前に出て。努力し。自分のやれる事を出し切っていきたいと思います。沢山応援して下さってありがとうございました!茉央の努力不足でした。これからまた、1から努力するのでこれからも、沢山の応援よろしくお願いします。感謝の気持ちも沢山伝えたいけど ここにははいりきれないなっ!!文書もまとめきれないっ これからも頑張ります。頼りのない茉央だけどよろしくお願いします」[18]

交友関係

  • 推しメンは、指原莉乃[4]
  • 仲の良いメンバーは、ほぼ同時期に加入した3期生が多い。特に栗原紗英山下エミリーとは「まおさえみりー」と称しており、一緒にいる機会が多い[19][20]。ほかに、伊藤来笑[21]など。
  • ほかのドラフト生とも仲が良いが、特に神門沙樹(SKE48)とは、グループが離れた今でも励ましあう仲。
「ほんとに、SKEの沙樹ちゃんとは 沢山のことを一緒に頑張って 乗り越えて来ました!二人とも知ってるとおもいますが。笑 一番ダンスが下手くそで いつも一緒に練習して お互いできる部分できない部分を 下手くそなりに教えてあったり して、頑張ってました!ほんとにSKEの沙樹ちゃんに 出会って良かったと思います。沙樹ちゃんも書いてると 思いうのですが 昨日沙樹ちゃんが泣きながら 電話してきました! 一時間は話しました。 たくさんたくさん話しました。 最後は何回も『頑張ろうね、 頑張ろうね、ばいばいーバイバーイ』って 言ってなかなか切らなかったです(笑)お互い目標に向かって 頑張ってます!離れていても2人で沢山の事を ドラフト生の時みたいに 乗り越えていこうと思います。下手は下手なりに(笑」[22]
また、後藤萌咲とも仲が良い[23]

性格・趣味

  • 趣味は、ゴルフ[1]。以前の公式プロフィールでは、寝ること、TVを見ること。ドラフト候補者当時のプロフィールでは、音楽を聴くこと。
    • 小学生時代は週3回、ゴルフ練習場に通い、ベストスコアは90という腕前[4][7]
  • 特技は、変顔[1]
  • 小さい頃はピアノとエレクトーン、そろばん、小学校に入ってからはバレーボールをやっていた[7]
  • カピパラ、コアラ、ゴリラに似ているとよく言われるとのこと。「ほっぺが広いのと 鼻の形かなぁ!!! でも、嬉しいから ぜんぜん大丈夫 でも、ゴリラは嬉しくない…」[24]
  • 好きな食べ物は、お寿司、抹茶、フルーツ。「好きな食べ物ってあまり決まってないです。ほとんど食べれます」[25]
  • 好きな色は、濃いピンク、水色[25]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

HKT48


脚注・出典

  1. ^ a b c d e f HKT48公式サイトプロフィール
  2. ^ \茉央*台風ピリピリピリ/ - AKB48グループ ドラフト候補者日記 2013年10月8日(ブログは削除したのでこちらが振替ログ:[1])
  3. ^ HKT48 山本茉央、ニックネームの由来は"パニック"!? - エンタメNEXT 2014年6月13日
  4. ^ a b c d 山本茉央 憧れはさしこ/AKBドラフト - 日刊スポーツ 2013年11月6日
  5. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P129より。
  6. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P149より。
  7. ^ a b c d e f HKT48 山本茉央、すべり台から落ちて鼻血出した!? - エンタメNEXT 2014年6月9日
  8. ^ 【AKBドラフト】指原らチームH、意中候補生一本釣り! 福岡在住の山本茉央さんを単独指名 - ORICON STYLE 2013年11月10日
  9. ^ 指原莉乃 投稿 - Google+ 2013年11月10日 ArKaiBu Gugutas
  10. ^ a b HKT48 山本茉央、年下の先輩に自撮り教わる!? - エンタメNEXT 2014年6月11日
  11. ^ 指原莉乃 投稿 - Google+ 2013年11月16日 ArKaiBu Gugutas
  12. ^ 穴井千尋 投稿 - Google+ 2013年11月16日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ HKT48ドラフト生・山本茉央「渚のCHERRY」で初センター - 音楽ナタリー 2014年1月19日
  14. ^ HKT48・山本茉央 ドラフト生デビュー一番乗り - 東スポWeb 2014年1月19日
  15. ^ ドラフト生・山本茉央「指原には絶対負けねえぞ~ - 東スポWeb 2014年1月25日
  16. ^ HKT48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年6月7日 Gugutas
  17. ^ HKT48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年8月31日 Gugutas
  18. ^ 山本茉央 投稿 - Google+ 2015年2月27日 ArKaiBu Gugutas
  19. ^ 山下エミリーのGoogle+より。山下エミリー 投稿 - Google+ 2014年8月31日 ArKaiBu Gugutas
  20. ^ 栗原紗英 投稿 - Google+ 2014年4月22日 ArKaiBu Gugutas
  21. ^ 伊藤来笑 投稿 - Google+ 2014年4月20日 ArKaiBu Gugutas
  22. ^ HKT48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年5月1日 Gugutas
  23. ^ 後藤萌咲の投稿より。AKB48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年8月3日 Gugutas
  24. ^ HKT48 部屋っ子Ⅱ 投稿 - Google+ 2014年7月8日 Gugutas
  25. ^ a b 山本茉央 投稿 - Google+ 2014年11月8日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク



ご意見を共有しましょう