エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

佐藤聖羅

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
SKE48
佐藤 聖羅 さとう せいら
2013年SKE48プロフィール 佐藤聖羅.jpg
ニックネーム

せぇ~ら

所属事務所

エイジアプロモーション

生年月日

1992年4月30日 (24歳)

出身地

三重県

血液型

B型

身長

158.0cm

スリーサイズ

B88 W60 H89

靴のサイズ

23.5cm

合格期

1期生

選抜回数

0回

サイリウム

佐藤 聖羅(さとう せいら、1992年4月30日 - )は、SKE48の元メンバー。現在はタレント、グラビアアイドル。三重県出身。エイジアプロモーション所属。

略歴

2008年
  • 7月30日、SKE48第1期生オーディションに合格。
2009年
  • 5月25日、チームKIIに昇格。
2013年
  • 4月13日、組閣により、チームSに異動。
  • 7月17日、チームSとしての活動開始。
2014年
  • 1月17日、公演において、卒業を発表。
  • 2月27日、卒業公演をもって、卒業。
  • 5月1日、エイジアプロモーションの所属となったことが明らかになる。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「水泳は得意。でも陸上競技は苦手。Going my wayなSKEの人魚姫、佐藤聖羅です」
以前は「三重県伊賀の忍者の里からやって来ました。佐藤聖羅です。せ~の、にんにん」
  • ニックネームは、名前そのままの「せぇ~ら」。ちなみに家族からは「ブブタン」と呼ばれている。理由は、家族の中で一番太っているから。「(ファンの方は)ブブタンって呼ばないで下さいね。ホントに。家族内だけでお願いします」[1]
  • 思ったことはズバッと言う、竹を割ったような性格。[2]暴露話。「公演の配信でNGワード多すぎて、カット数一番多いのが聖羅です。ご迷惑をおかけしてます。笑」[3]
  • 自称・SKEの人魚姫。水泳が得意で、ジュニア五輪にも出場した本格派。CDの特典映像として収録された水泳大会では、驚異的な速さで泳ぐ姿で度肝を抜いた。「メンバーからは『服より水着の方が自然』だと言われます。水着でコンビニにも行けますよ。捕まりそうですけど(笑)」[4]
  • SKE48メンバー1のバストが自慢で、セクシー担当。B88-W60-H89センチの迫力ボディーは、細身の子が多いSKE48でひときわ目を引く。[4]SKEメンバーで「他にグラビアを志望している子がいないので、水着グラビアは聖羅がやりたい!」「水着も入浴も、何でもやります!」[5]このセクシーボディは、小さい頃からやっている水泳の影響が大きい。[6]ナルシストキャラ。[4]
  • Q、何カップ?Gカップ? 「知りたい人が多すぎる・・・笑。みなさんのご想像にお任せします。(笑」[7]
  • 将来の夢、グラビアアイドル。[8]

SKE48加入前

2002年

  • 8月、「第1回イエローキャブ・ナゴヤ公開オーディション」にて、当時弱冠10歳ならが準グランプリを獲得。[9]
  • その後、サンズエンタテインメントに所属したという「ミスターおっぱい」野田義治社長の秘蔵っ子。[9]
  • 「私、グラビア、イケるんちゃう?」って思ったのは、小6。[3]
  • 中学生時代について。「修学旅行で、1日に4人に告白されました。見た目の魅力ですかね? お菓子作りも上手いし、中学3年間はずっと学級委員で、生徒会長もやっていました。スポーツも出来るし、走るのも男子に負けなかった。習っていた水泳だけは、3位とか中途半端な順位でした。だからといって、絶対に優勝してやる! とは思わない。欲が無いんです。恋愛に対してもそう。別に困らないし(笑)。自分のルックス? 中の上の中くらいかな」[10]

SKE48として

2008年

  • 7月30日、SKE48第1期生オーディションに合格。オーディションを受けたきっかけは、「お父さんが『受けてくれ』をうるさいので、仕方なく」。歌唱審査で歌った曲は、Kaoru Amaneの『タイヨウのうた』[11]
  • 当時のメンバーの印象。「桑原みずき大矢真那には勝った!と思ったけど、二人とも受かってたので、同レベルかよ!って思った」[11]
  • SKE48の第1期生からメンバーが選抜されチームSを結成するも、その中には入れず研究生としてスタートする。

2009年

  • 5月25日、第2期生が中心となってチームKIIが結成。1期研究生から佐藤実絵子と共に昇格しチームに加入。

2010年

  • 5月、「今は、立ち位置が後ろの端っこなので、ちょっとでもセンターに近づけるように頑張ります」[6]
  • 第2回総選挙について。「この1年で、チームKIIへの愛が芽生えたと思います。KIIの代表として明音に入って欲しいとみんなで願っていました。だから35位で呼ばれた時は、本当に嬉しかった。自分が選ばれなかった悔しさは無いですよ。皆さん、まだ聖羅の存在を知らないと思うんで。気付いた時にはヤバイですよ」[10]

2012年

  • 4月30日、劇場で20歳の生誕祭が行われた。1期生の同期で、共にチームSには入れず、今チームKIIメンバーとして一緒に活動している佐藤実絵子からの手紙。「私たちがSKEに入って、KIIに入って、本当に長い時間が過ぎたよね。振り返ってみれば、ここまでの道のりは本当に険しかった。マイクの持てなかった初めてのコンサートとか、初日の朝まで出られるか分からなかったバックダンサーとか、やっとの思いでKIIに入ったのに、最初はチームもまったく上手くいかなくて、何度も2人で相談し合ったよね。やっとチームが団結したと思ったら、今度はオリジナル公演への長い道のりが待っていました。あの頃は、『同期の仲間が順調に2つも公演を貰ってるのに、なんでウチらは…』ってどうしても思っちゃって、悔しかったよね。そんな風に、私たちにはとっては、3年以上もかかっちゃった公演だけど、今こうしてステージに立って、ファンの皆さんの笑顔を見てると、待った甲斐あったなって思うよね。いつもは辛口で冗談ばっかり言ってる聖羅だけど、2人で泊まるときはいつも真剣に相談にのってくれる。本当に親身になってアドバイスをくれたり、『姉さんなら絶対大丈夫だよ』って励ましてくれる。私は今まで、辛いときや苦しかった時、何度もそういう聖羅に助けられてきました。最近聖羅が、グラビアのお仕事で輝けるようになって、そんな聖羅をすごくまぶしく、頼もしく感じています。聖羅のグラビアへの想いは、私にすっごく伝わってるし、それは雑誌を見た人にも伝わっていると思います。もしつまずいた時は、たまには私にも相談をして下さい。本当にKIIに入った1期生が、聖羅で良かったって思ってる。これからは、お互いの夢をもっといっぱい叶えて、うれし泣きをしましょう。本当にお誕生日おめでとう」
  • 終了後のブログ。「今年は、まさかの姉さんからのお手紙だったんですけど・・・みなさん、いいとこ突いてきますねぇー(笑 AKBの松原さんからかなぁ・・・とかかってに予想してましたが、松原さんだったら興奮しすぎて、ずっとギャーギャー言ってて、いい意味で涙なんか出ませんでしたね。きっと(笑 来年は誰からだろう??笑
悩みや、辛い事、ストレスなんて、この世界にいればあるのは当たり前なんです。悩む事は良い事だし、自分の成長にも繋がるけど、いくつもある悩みに一つ一つ立ち向かうと逆に時間の無駄になります。そこを間違えないように・・・かつ、道を間違えないようにっっ、常に、夢に近づくための目標だけを見て頑張って行きたいと思います!! まぁもう大人になったので、聖羅はもう少し視野を広げて周りに余裕を持たないとなー・・・、そしてみなさんは聖羅の新章を見届けて下さい。よく握手会などではファンのみなさんから色々な事を心配されます。笑 たくさんご心配かけてます。すみません。でも聖羅は推しとか推しぢゃないとか別に気にしてないんですっ。推しぢゃないけど好きだよ。って言って頂けたらそれだけで嬉しい。嫌いって言われるのは辛いけど、賛否両論があるからこそ成長につながると思う。そういう世界だと思う。みんながみんな平等だとも思わない。努力してても報われなかった子をたくさん見た。一緒に泣いたし、一緒に立ち上がったし、卒業していった子たちの想いも一緒に聖羅は今ステージに立ってます。聖羅は少しずつですが夢にも近づいていけています。応援してくれる方がいて、支えてくれるメンバーがいて、聖羅は幸せだよーっっ。姉さん、K2のみんな!! ありがとうっ。去年から全然変わってない聖羅やけど、20歳になってもみんなに甘えるし、これからもどんどんみんなをいぢめます(笑 これからもよろしくヾ(@゜▽゜@)ノ」[12]
  • 5月、湯浅洋「彼女の魅力はやはり、グラビア向きのナイスボティ。本人もグラビア志望なので、今後もやらせてあげたいですね。あと、KIIの中でも珍しく、自分の思っていることをズバッと言える、気持ちのいい性格の子だと思います」[2]
  • 5月28日、インタビュー。―SKE48に参加したきっかけは? 「実は、アイドルには興味なかったんです。でも、父に「オーディションを受けてみなよ」と勧められて、思い出作りにいいかな、と。16歳だった2008年夏、合格が決まった時には、「え? 番号間違ってない?」と驚いた。メンバーはさばさばしている普通の女子高生ばかりでした。初舞台は東京野外音楽堂。想像以上に多くのファンの方がいて、ペンライトの光がきれいで……。ファンの歓声や迫力にビビりましたね。デビュー当時は県内の高校1年生。学業との両立に苦労しました。なかなか授業に出られず、成績も下がりました。国語や英語、数学のプリントを、移動中の電車内や寮で必死にこなしていました。
―もともとダンスは得意だったのですか。「全然……。長い時には、レッスン場で1日10時間も練習しました。県内の実家に帰宅すると日付が変わっていて、翌朝になるとまた始発で名古屋に向かうことも。メンバーと声を掛け合い、お互いに踊りを見せ合っています。自分では良いと思ったパフォーマンスを、ファンの方たちが認めてくれないことがあります。「自己満足ではいけない世界なんだ」とつくづく思う。どんな見せ方がいいのかな…。うーん、永遠の課題なのかもしれません」
―SKEの中での立ち位置は。「みんなにズバズバ言うキャラですね。たとえばTシャツのデザインをしている時に、「それ、聖羅だったら買わない」という具合。毒舌って言われます。でも、みんなとの絆があってこそですよ。メンバーは大切な仲間で、よきライバル。「この子たちに負けたくないな」って思う。口には出しませんけどね。将来の夢はアクション女優。戦隊モノのピンクとかイエローがあこがれです。グラビアなどで「魅(み)せる」存在にもなりたい。アイドルは自分にとって通過点なんです」
―6月6日は、AKB48の新曲を歌う選抜メンバーをファン投票で決める4回目の「選抜総選挙」の開票日ですね。「私も含めてグループ全体で237人が立候補しました。不安や緊張はあるけれど、大きなイベントを素直に楽しみたい。ありのままの自分を認めてもらいたいですね」
―ふるさと三重は、どんな所ですか。「やっぱり落ち着く所ですね。名古屋では気が張るけれど、三重では心からほっとする。おっとりしている人が多いなあって。ただ、ちょっと交通が不便かも。だってバスがよく遅れちゃうんですよ。「三重の星だね」って言われるように、いろんなことにチャレンジしたい」[13]
  • 7月5日、第3回じゃんけん大会のSKE予備戦で勝ち上がり、本選出場の切符を手に入れた。「前回はあっという間に負けたので、まさか勝ち残れるなんて思わなかったです。武道館では気合を入れて水着姿で戦いたいと思います!(他のメンバーから「おおっー!」の歓声) 出来るならハイレグで戦いたいです!」[14]
  • 終了後のブログ。「武道館への切符を掴みましたよーっっ。やっぱW佐藤でしょ(笑 聖羅がまさかのまさかやったけど・・・勝てて良かったですっ☆ 姉さんにはじゃんけんの頑張り方がわかるみたいですけど聖羅にはまだちょっとわからんね・・・「運」だわ。。。負けると思ってたんで980円のマキシワンピ・・・。つっても、まだ2回しか勝ってないわけですからね・・・。武道館へは気合いを入れて聖羅の勝負服(?)で行きますよー!!!! 松原さんとはあたりませんように・・・・。W佐藤とチームK2の快進撃が、はーじまーるよー!!!」[15]「武道館かぁー・・・K2全員分、いやいやSKE全員分背負って闘うぞーー。総選挙ではステージに上がれてないからね。どんな形でも上がれるってだけで嬉しいよ」[16]
  • 7月31日、平成ノブシコブシとSKE48のメンバーが、都内で行われたKYORAKUのイメージキャラクター『ゼブラエンジェル』リニューアル発表会に出席した。昨年4月から活動していた「ゼブラ天使(エンジェル)キュインキュイ~ン」が「ゼブラエンジェル」としてリニューアルし、メンバーも5名から8名に増員。これまでのしーたんレッド(高田志織)、あきすんブルー(出口陽)、あいりんグリーン(古川愛李)のほか、新たにせぇ~らパ~プル(佐藤聖羅)、うめちゃんイエロー(梅本まどか)、こあみオレンジ(小林亜実)、ももにゃピンク(鬼頭桃菜)と、謎のキャラクター・かつおブラック(桑原みずき)が仲間入りした。[17]
  • 9月18日、「第3回じゃんけん大会」本戦では1回戦敗退。しかし佐藤聖羅の注目度が急上昇しているという。同大会は、参加メンバーのさまざまな趣向を凝らした衣装も見どころのひとつとなっているが、その中でも大きなインパクトを残したのが佐藤。露出度の高いブルーのビキニ姿で登場すると、あどけなさの残る顔とは対照的なグラマラスボディに、会場に集まった観客からは大きな歓声が上がった。じゃんけんの結果は1回戦敗退と振るわなかったが、ビキニ姿のおかげか、その後に注目度が急上昇。19日12時現在、Googleの検索ワードランキング「Googleトレンド」の急上昇ワードでは、同大会で優勝に輝いた島崎遥香(6位)よりも上位となる2位にランクインするなど話題となっている。佐藤は同大会終了直後に更新した公式ブログでは、“泣きべそ”写真を掲載するとともに、「歯が痛いわけぢゃないで。はーいたい、はいたい、敗退。そう、じゃんけん大会初戦敗退でした。残念」と悔しさをにじませたが、翌19日に自身の注目度が急上昇していることを知ると、SNS「Google+」上で、「朝起きたら何か凄いことに、、、笑」と驚いた様子。「テレビなどで大きくとり上げて頂いたようで…嬉しいですね。これを機にいろんな方に名前を覚えて頂きたいですねっ」と喜びをつづっている。[18]

2014年

  • 1月17日、チームS公演において、2月末で卒業することを発表した。本人コメント「ご報告がございます。わたくし佐藤聖羅はですね、SKE48を卒業させていただきます。期間は2月一杯ということで卒業させていただきます。卒業する理由はですね、5年間SKEさせていただきまして、SKEで学べるものはすべて学んだんじゃないかなと自分で決心しました。芸能界はこれからも続けいくつもりです。そうですね、残念ながら推されるってことはなかなかされなかった私なんですけども、いつか有名になって、運営の人が「あー聖羅推しとけば良かったなー」って思ってもらえるぐらい有名になって皆さんの前に帰ってきますので、それまで応援よろしくお願いします」[19]

SKE48卒業後

2014年

  • 5月1日、エイジアプロモーションの所属となったことが自身のTwitterで発表された。「エイジアプロモーション所属、佐藤聖羅です!!本日から本格始動致しまーすヾ(*´▽`*)ノそして。さっそくみなさんにご報告があります!」[20]「みなさんに早くご報告がしたくて所属先の発表を先にさせて頂きました!事務所のHPや、オフィシャルブログは今準備中なので、もう少し待っていて下さいねっ」[21]
  • 7月4日、1stイメージDVD「インデペンデンス☆デイ~新たな一歩~」が発売。
  • 8月16日、1stイメージDVD「インデペンデンス☆デイ~新たな一歩~」が深夜に放送されたTBS『ランク王国』の「アイドルDVD 売り上げTOP10」(5月16日 - 7月15日、ソフマップ調べ)で1位に輝き、スマッシュヒットを記録した。今年2月末にSKE48を卒業し、5月に初めてのソロDVDを撮影したばかりのグラビア界の新星。ヒットの理由について、グラビア関係者は「健康的で抜群のプロポーションが最近の人気の傾向ですが、佐藤さんの水泳で鍛えたGカップボディーはそのトレンドにピッタリ。また、グラビアアイドルになるのが夢と宣言して、新たな一歩を踏み出した前向きな姿を好意的に受け止めて興味を持った人も多いようです」と話している。また、初めてのソロDVD撮影で、本人が「体のひねり具合とかがよく分からなくて、探っている感じが出ています」という初々しさも注目ポイントの1つ。今後の成長を見守る楽しみもわいて来る1枚となっている[22]

交友関係

  • 好きなメンバーは、AKB48の松原夏海。好きなところは、「笑顔とダンスとスタイルとか声もー・・色々やねー」[7]
  • SKE48の推しメンは、「わからーん!!!笑。えみり??」[7]
  • 「メンバーでライバルにしたいのは誰か? と聞かれて、、、即答で「雷」と応えた私。もはや自然の域に達した、ワイルドだろー」[23]
  • なれるならなりたいメンバーは、「うー・・・ん。。。聖羅のままでいーや♪」[3]
  • 今一番会いたい人は、S.スピルバーグ監督。[3]

性格・趣味

  • 「落ち込むことはありますよ。自分の決めた目標を達成できないと、結構落ち込むんです。悪口を言われる分には、『聖羅のこと妬んでいるんだな』としか思わないんですけど(笑)」[10]
  • 一人称は、「聖羅」。
  • 長所は、嫌な事はすぐ忘れる。[10]
  • こう見えてドM。[10]
  • 趣味、お菓子作り。DVD鑑賞。[8]
  • 特技、水泳(ジュニアオリンピック出場経験あり)。[24]犬のモノマネ。[8]
  • 好きな食べ物、焼肉。お刺身。お菓子。[8]
  • 好きなアーティストは、AAA、スキマスイッチ、CNBLUE、FTISLAND、Britney Spears。[25]
  • SKEで好き曲は、『水のないプール』。[25]
  • 好きな衣装は、水着。[3]
  • 好きな外国は、「韓国とシンガポール!!まぁ基本行った事あるとこですよね(笑」[3]
  • 好きな男性のタイプは、「全体的に余裕のある人!!笑 んま、大人な人ですねっっ」[25]「優しい人。経済力がある人。浮気しない人。優れた才能を持ってる人。自分のことが好きな人。スポーツができる人。背が高い人。チャラチャラしてない人。フォローがうまい人。ケチじゃない人。ロン毛じゃない人」[10]「ロン毛は無理ですね」[3]
  • 好きな男性を有名人で言うと、「伊藤英明さん坂口憲二さんとか高橋克典さんとか格好良いと思うけどー・・・優しくて余裕がある人がいいね」[7]
  • フェチ。「匂いかなぁ?? わりと声もあるなぁー・・・あと二の筋かな?笑」[7]
  • 理想のデートは、「家でまったり。外出するなら、映画か水族館かな」[10]
  • 父親は、ダンベル(おそらくバーベル)を上げる選手。汗が臭いので、一緒に洗ってもらえず、まず一度自分で洗ってから洗濯してもらうんだとか。[24]
  • 犬を飼っているが、猫派。[25]
  • 滑舌が悪い。か行、特に「き」が言えない。[26]
  • 好きな言葉は、「挫折って…何?」[10]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

SKE48

  • 青空片想い」に収録
    • バンジー宣言 - チームB.L.T.名義
  • ごめんね、SUMMER」に収録
    • ピノキオ軍 - シアターガールズ名義
  • 1!2!3!4! ヨロシク!」に収録
    • 青春は恥ずかしい - 紅組名義
    • そばにいさせて
  • バンザイVenus」に収録
    • 愛の数 - チームKII名義
    • 誰かのせいにはしない - 紅組名義
  • パレオはエメラルド」に収録
    • パパは嫌い - 紅組名義
    • 積み木の時間
  • オキドキ」に収録
    • 初恋の踏切
    • 微笑みのポジティブシンキング - 紅組名義
  • 片想いFinally」に収録
    • 今日までのこと、これからのこと
    • 声がかすれるくらい - 紅組名義
  • アイシテラブル!」に収録
    • なんて銀河は明るいのだろう - 紅組名義
  • キスだって左利き」に収録
    • 神々の領域
    • 鳥は青い空の涯を知らない - 紅組名義
  • チョコの奴隷」に収録
    • 追いかけShadow - 紅組名義
  • 美しい稲妻」に収録
    • JYURI-JYURI BABY - Team S名義
    • スルー・ザ・ナイト - セレクション8名義
  • 賛成カワイイ!」に収録
    • 石榴の実には憂鬱が何粒詰まっている? - 紅組名義

AKB48

アルバムCD選抜曲

SKE48

AKB48

  • ここにいたこと」に収録
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

劇場公演ユニット曲

(チーム名/) 「(公演名)」公演

出演番組

脚注・出典

  1. ^ 2011年5月9日チームKII公演MC
  2. ^ a b 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  3. ^ a b c d e f g http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120711221722413
  4. ^ a b c 『日刊スポーツ』 2012年5月10日
  5. ^ 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  6. ^ a b 『AKB48総選挙公式ガイドブック』
  7. ^ a b c d e http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120709213728533/
  8. ^ a b c d http://www.ske48.co.jp/profile/?id=sato_seira
  9. ^ a b http://www.menscyzo.com/2012/06/post_4265_3.html
  10. ^ a b c d e f g h 『SKE48 COMPLETE BOOK 2010 - 2011』
  11. ^ a b 『SKE48×プレイボーイ2012』
  12. ^ http://sp.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120430221715046
  13. ^ http://mytown.asahi.com/mie/news.php?k_id=25000001205280004
  14. ^ http://topics.jp.msn.com/entertainment/tv/article.aspx?articleid=1177073
  15. ^ http://www2.ske48.co.jp/blog/detail/id:20120705223001792
  16. ^ 佐藤聖羅 投稿 - Google+ 2012年7月6日 ArKaiBu Gugutas
  17. ^ http://www.oricon.co.jp/news/entertainment/2015032/full/
  18. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120919-00000018-rbb-ent
  19. ^ http://www.ske48.co.jp/news/?id=1389963687
  20. ^ 佐藤聖羅 ツイート - Twitter 2014年5月1日
  21. ^ 佐藤聖羅 ツイート - Twitter 2014年5月1日
  22. ^ 佐藤聖羅DVDヒットのワケは…水泳で鍛えたGカップ+初々しさ』 - スポニチ Sponichi Annex 2014年8月17日
  23. ^ 佐藤聖羅 投稿 - Google+ 2012年6月9日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ a b 『SKE48の世界征服女子』 2011/10/03
  25. ^ a b c d http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20110419191514470&writer=sato_seira
  26. ^ 『SKE48学園』2011年5月3日

外部リンク