エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

湯浅順司

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 A&Rチーフプロデューサー
湯浅 順司 ゆあさ じゅんじ
湯浅順司.jpg
所属事務所

Sizuk Entertainment

生年月日

1982年12月30日 (34歳)

出身地

東京都

血液型

AB型

湯浅 順司(ゆあさ じゅんじ、1982年12月30日[1] - )は、AKB48・A&Rチーフプロデューサーで、Sizuk Entertainment株式会社 代表取締役社長。元キングレコード 第二クリエイティブ本部・制作部ディレクター。東京都出身[1]

略歴

2001年
  • 法政大学経済学部経済学科入学。
2005年
  • キングレコード株式会社に入社。
2008年
2013年
  • キングレコードを円満退社。
  • Sizuk Entertainment株式会社を設立、代表取締役社長となる。

人物

キャラクター

  • キングレコード在籍時から、A&R[注釈 1]チーフプロデューサーとして、AKB48を担当。
  • キングレコードを2015年に退社。音楽ソフトのマネージメントを主な業務とするSizuk Entertainment株式会社を自ら設立。
  • 48グループのA&Rのほか、長らくバンドで活動していたことから、メンバーへの楽器演奏の指導や、自らコンサートのイベントなどで演奏に加わることもある[2]。2014年2月に行われた大組閣の前座で披露したバンド「ザ・息切れ」ではギターを担当。
  • ただし、48グループ専属ということではなく、キングレコード在籍時代は『トイレの神様』のヒットでも知られるシンガーソングライターの植村花菜などのA&Rも担当[2][3]。独立後はDDTプロレスリング所属選手のテーマ入場曲のコーディネートなども行っている[2]
  • キングレコード在籍時から、派手な髪の色が特徴であったが、2014年現在は黒髪に戻している。最近(2014年以降)は、イベントなどのサプライズ発表に登場する機会が多くなっており、2014年の第5回じゃんけん大会の対戦終了後に行われた『希望的リフレイン』選抜発表や、2015年のAKB48劇場で行われた第7回総選挙の速報発表では、湯浅が担当している。

幼少期

  • 1982年12月30日、東京都で生まれる。しかし、同日に曾祖父の金蔵が群馬の実家にて急死している[1]
  • 1989年、東京都品川区立第三日野小学校に入学。背がとても低くクラスで1~2番に低かった。また、とても内向的で恥ずかしがりや、親戚にすらまともに挨拶のできない子だったという[1]

青少年期

  • 1995年、東京都品川区立日野中学校(現:日野学園)へ入学。依然として背は低く、内向的であったが、野球部に所属。勉強は学年で毎回10位以内という好成績だったとのこと[1]
  • 1998年、法政大学第二高等学校へ入学。プロ野球選手の夢を諦めるとともに、「最初の隣の席の子がベーシストだった」のを機に、ギターを始める。バンドを始めたことで、性格がに外交的になる。その反面、「毎日毎日バンドに明け暮れ、中学でできていたはずの勉強の成績はみるみる急降下。ごくたまに、授業早めに抜け出して学食に行ったり、ボーリング行ったりしていた」という[1]
  • 2001年、法政大学経済学部経済学科へ入学[2]。スペイン語を専攻したが、今では殆ど覚えていないとのこと[1]。軽音楽サークル「よせがに」の3期生として加入し、毎日の生活をバンドに費やす。同時に某アイドルや某K-POPグループにも没頭し、年間でのコンサートやイベントへ通う回数は、多いと年間で150公演に及ぶこともあったとのこと[2]
  • 3年生の時に、avex artist academyとのダブルスクールを行い、作曲家を育成する「クリエイターコース」に通い、色々と音楽業界の刺激を受ける[2]

キングレコード入社後

2005年

  • キングレコード株式会社に入社。入社当初は、主にアニメを扱うセクションで営業やディレクターを務め、TVアニメ「ネギま!?」や「いぬかみっ!」などのA&Rに関わる[1][2]

2008年

  • 2月、J-POPを扱う「第二クリエイティブ本部」へ異動。
  • 7月、『桜の花びらたち2008』でのトラブルなどもあり、配信限定となった『Baby! Baby! Baby!』を最後にデフスター・レコーズから契約を解除されていたAKB48のキングレコード移籍が決定。湯浅が担当ディレクターに指名される。当時同社は、アイドルのプロデュースは手掛けておらず、ノウハウやルートなども既に無かった。その為、湯浅は劇場公演を鑑賞するなどAKB48を基礎から学び、アイドルのプロモーション戦略についても勉強。AKB48のCD発売へ向けて全力を尽くす[1]
  • 10月、移籍第1弾となるシングル『大声ダイヤモンド』が発売。週間ランキングも過去最高位となる3位を記録するなど、AKB48としての方向性を大きく転換するシングルとなる。これ以降、現在に至るまで、AKB48のA&Rを継続して担当することとなる。

2015年

  • キングレコードを円満退社。音楽ソフトのマネージメントを主な業務とするSizuk Entertainment株式会社を設立し、自身が代表取締役社長に就任[1][4]

性格・趣味

  • 趣味は、雑学に詳しくなるために勉強すること、地名の由来研究、ゆるキャラ&ご当地キャラ研究、らーめん食べ歩き、ドキュメンタリー番組視聴、麻雀、神社・仏閣巡り、などなど[1]
  • 好きな遊びは、野球観戦、クイズ解答、カラオケ、ダーツ、ビリヤード、ボーリングなどなど[1]
  • 資格は、日本剣道流 弐段、ハングル能力検定4級を取得[1]。また、日本バブルサッカー協会の相談役を務める[1]
  • 好きな食べ物は、らーめん、母の作るドライカレー、甘いもの などなど[1]
  • 好きな飲み物は、お茶、のむヨーグルト、カルピス(お酒はほとんど飲めません)[1]
  • 夢は、エキストラで時代劇に出演すること、専門学校で講義をすること、本の出版、何か面白いことを世に放つこと、などなど[1]

注釈

  1. ^ 「A&R」とは、「Artist and Repertoire(アーティスト・アンド・レパートリー)」の略語で、レコード会社において、アーティストの発掘・契約・育成とそのアーティストに合った楽曲の発掘・契約・制作を担当する職務のことを指す(Wikipediaより)。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Sizuk Entertainmentプロフィール - 湯浅順司
  2. ^ a b c d e f g Sizuk Entertainment Work - 湯浅順司
  3. ^ 法政大学OG・OBインタビューより - 2011年4月8日
  4. ^ 秋元康のトーク - 755 2015年7月11日投稿より

外部リンク




ご意見を共有しましょう