エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

中塚智実

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48
中塚 智実 なかつか ともみ
2013年AKB48プロフィール 中塚智実.jpg
公式ニックネーム

ともちゃん

所属事務所

ドレスコード

生年月日

1993年6月18日 (24歳)

出身地

埼玉県

血液型

A型

身長

154cm

スリーサイズ

B78 W60 H82

合格期

5期生

選抜回数

1回

中塚 智実(なかつか ともみ、1993年6月18日 - )は、AKB48の元メンバー。現在は女優、タレント。埼玉県出身。ドレスコード所属。

略歴

2007年
2008年
  • 4月21日、劇場公演デビュー。
2009年
  • 1月29日、チームBに昇格し、正規メンバーとなる。
  • 8月23日、『組閣祭り』にて、新チームKに異動することが発表。
2010年
2012年
  • 8月24日、再組閣により、篠田チームAに異動。
  • 11月1日、篠田チームAとしての活動開始。
2013年
  • 5月20日、公演にて卒業を発表[1][2]
  • 6月13日、卒業公演[3]
  • 7月7日、卒業[4]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは「埼玉県出身、○歳の中塚智実です」[5]
  • 公式ニックネームは、「ともちゃん」。ルックスが滝川クリステルに似ていることから、指原莉乃に「クリス」と名付けられた。だが指原はそこから変化して「クリリン」と呼んでいた。[6]本人は「ともちゃん」と呼ばれる方が嬉しいらしいが[7]、残念ながらそう呼ぶメンバーは少ない。指原「(クリスの方が)馴染んでる」。仁藤「呼びやすい」。[6]ちなみに自分では滝川クリステルに似ているとは思っていない。「滝川さんは美人すぎる!」[8]
どちらにするか悩んでいて、ファンからの意見を募集していたが、[9]最近は「クリス」と呼ばれるのも嫌いじゃないという事で、「クリス」にした。また、「『智ちゃん』って呼んでる方はそのままで大丈夫です」という事で、結局ファンは好きな方で呼べばいいらしい。[10]
  • ハーフっぽい様な顔をしているが、純粋な日本人。[11]
  • 戸賀崎智信「実は寂しがり屋の甘えん坊。しかしチームKのリハを見ていた時の気迫がすごくて、公演にかける意気込みの強さを感じた」。[11]
  • 秋元才加「まるでハーフの様に綺麗な顔立ちが好き。ビジュアルも良いし、負けず嫌いの努力家なので、何かキッカケさえあれば、グンと伸びると思う。『ネ申テレビ』の企画で韓国海兵隊の訓練を受けた時も、弱音を吐かずに根性を見せていました。そういう真剣な表情とか、大人の女性の格好いいクリスも見てみたい」。[12]

2007年

  • 元々AKBが好きで劇場公演を見に行っていたりした。[13]
  • 9月、AKB48の第5期研究生オーディションに合格。翌月の渡辺志穂の卒業公演に応募して当選し、オーディションの時に出会った石田晴香(同期)と一緒に行く予定だったが、石田が行けなくなってしまった為キャンセルしてしまった。[13]

2008年

2010年

  • 19thシングルの選抜メンバーを決めるじゃんけん大会について。対戦相手はこれまでの全シングルで選抜されている高橋みなみ。「いや~プレッシャーですね。勝った時の周りからの視線が怖いというか。でも選抜に入りたい気持ちの方が大きいですよ」[13]
  • 9月21日、結果は高橋に勝利。その後も勝ち続け、最終結果は9位。中塚にとっては初選抜で、しかもメディア選抜。ブログには「わたしは9位という結果を残せました。よかった、ほんとに。たかみなさんとのじゃんけんは怖かったな。その後の指原とも。勝った時はもちろん嬉しかったけど、どうしようって思っちゃったよね…。でも、たかみなさんは『大丈夫!これからだ!がんばれ!!』って言ってくれたの。だから…自分で掴んだチャンス、絶対放しません。応援してくれた皆さん、ありがとうございました!」。[15]

2011年

  • 4月2日、スカパー!HD663ch(pigooHD)の「GirlsNews~アイドル~」で初MCを担当。
  • 8月、劇場版『時空警察ヴェッカー・デットリーナイトシェード』に出演。[16]
  • 8月10日、舞台「StrangerthanParadise~深愛~」に出演。
  • 11月3日、『NARUTO-ナルト-疾風伝』にくノ一役で声優デビュー。
  • 12月28日、武蔵境自動車教習所PR大使のキャラクター・ピックの声を担当。[17]

2012年

  • 1月9日、目が悪くなってしまったので、プライベートではメガネをかけるようになった。「めがねっ子になりました。伊達じゃないよ!笑」[18]
  • 2月、Google+で結成されたAKB料理部の部長に任命される。
  • 3月4日、「このたび、週刊プレイボーイさんにて連載が始まることになりました! まだ詳細は何も決まってないけど!笑 もう嬉しすぎるううう\(^o^)/ これは自分で掴んだチャンスだから、本当に頑張りたい!」[19]
  • 4月1日、片山陽加(美術部部長)、中塚智実(料理部部長)、北原里英(演劇部部長)、横山由依(軽音部部長)の4人が、都内で行われた『NOTTV』開局記念セレモニーに出席。グループ内で発足している部活動で美術部部長を務める片山は「今後は“片山画伯”として衝撃的な絵を描くキャラを目指したい。美術関係者の方を脅かす存在になれれば」とニッコリ。同日開局した『NOTTV(ノッティーヴィー)』は、国内初のスマートフォン向け放送局として専用のスマートフォンやタブレット端末で高画質の番組を鑑賞。4月2日からはAKB48による公開生放送帯番組『AKB48の あんた、誰?』(毎週月~金曜 後5:00~6:00)がスタートし、「私たち、こう見えてAKB48なんです!」と思いを抱えるメンバーが、ファンの目の前でさまざまな企画に挑戦しながら個性をアピールしていく。東京・AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARAシアターから日替わりで4人が出演し、ファンとともに発信する生放送する。[20]
  • 5月1日、選挙前インタビュー。Google+でメンバーによる「ぐぐたす部活動」では、料理部の部長を務めている。得意は菓子作り。「最近よく作っているのはパウンドケーキです」。"勝負服"のエプロン姿がよく似合う。一昨年のじゃんけん選抜は9位で、初めて選抜入りした。「今回は64位の中に入りたいです。どうしてもです。料理部の部長で掴んだチャンスを無駄にしないで、もっと上に行ければと思います。ファンの皆さんを信じて頑張ります!」。"料理上手"を武器に初のランクインを目指す。[21]
  • 5月、戸賀崎「この1年、自分磨きに力を入れてきたことは感じています。高校も卒業し、仕事に集中できる環境になりましたから。表現力はもっと伸びると思いますね。あと、意外と後輩思いで、よく話しかけているのには驚かされました」[22]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。中塚はチームAに異動することとなった。[23]
終了後のGoogle+。「研究生→TeamB→TeamK→TeamA。全制覇! ほんとにほんとにKが大好きで、寂しいけれど、プラスに考える! 今のKが終わるのは嫌! だけど、これからがすごい楽しみ。時が経てば、今度は、Aが大好きって言ってるでしょう!笑」[24]
  • 10月14日、映画『時空警察ヴェッカー デッドリーナイトシェード』に主演している中塚が、映画の撮影について、そして女優活動への思いを語った。ヴェッカーシリーズといえば、近未来をイメージした個性的なコスチュームも見どころのひとつ。「テレビのような戦隊モノの衣装とは、ちょっと違うのも面白いですよね」という中塚は、「ああいう個性的な服はAKBで着慣れているから、違和感はありませんでした(笑)。でも子どものころから見てきたヒーローへの変身を楽しめました」と笑顔を浮かべた。本作では、迫力満点のアクションを披露している中塚。1か月に及ぶアクション練習は、想像以上のハードさだったと振り返る。「実は運動が苦手なので、最初は本当に無理! とあきらめかけました。でも、やっているうちに楽しめるようになりましたね」。「スタントの方々のおかげです」と謙遜気味に話す中塚だったが、縦横無尽に暴れまわる本編の戦闘シーンを見れば、彼女の頑張りは一目瞭然だ。本作の出演を通して、演技の楽しさを知ったという中塚の憧れは、AKBのセンターを担い、女優としても活躍中の先輩、大島優子 。「優子ちゃんは、ダンスも上手いし、演技も上手だし、ほんとに憧れなんです。舞台でも本当にキラキラ輝いてて、すごいなって!」と、大島の魅力を語り出すと止まらない。「優子ちゃんとは、公演のときにメイクが隣同士。わたしは、すごい人見知りなんですけど、最近やっとメールアドレスを交換したから、うれしくて!」とニッコリ。どんなことをメールしているのか聞いてみると、先日ようやくメールを送れたのだという。「優子ちゃんが声の出演をしていた、『メリダとおそろしの森』を観たから、その感想を送りました」と、シャイな中塚らしいエピソードを明かした。AKBの活動が忙しく、まともな学生生活を過ごすことができなかったという中塚は、「学生っぽいことに憧れちゃう。放課後デートとか、地元の子に聞くたびにうらやましくなる」と10代らしい悩みを吐露。学生生活を知らない分、女子高生役を演じた本作の撮影は思い切り楽しんだという。「今回は時空警察だから全然普通の女の子じゃなかったけど」と苦笑いしながらも、「次はほんっとーに普通の女子高生を演じたいです」と話した。[25]

2013年

  • 7月5日、フォトブック「クリスイーツ」を発売。

交友関係

  • 推しメンは、元チームKの早野薫[8]
  • 目標としている先輩は、高橋みなみ。研究生時代、高橋がレッスンを見学しに来て、舞台監督が高橋に感想を聞くと、「おもしろくなかった」と言われてしまう。監督が「じゃあ高橋ひとりで踊ってみせろ」となり、踊った。中塚「それがもう、目が離せなくて! とにかく圧倒されました。これがプロなんだって。それ以来、私の目標でもあるんです」[26]
  • 生まれ変わったらなりたいメンバーは、河西智美。「とも~みちゃんは本当に女の子らしくて可愛い。女の子だけど見ててキュンキュンする」[27]
  • HKT48で好きなメンバーは、村重杏奈[28]
  • 尊敬している人物は、ウォルト・ディズニー。[8]

性格・趣味

  • 気が強い性格で、はっきりものを言う正直者。[29]仁藤萌乃によると、けっこう毒舌。[30]
  • みんなが嫌がる事を、率先してやるタイプ。[26]
  • 言いたい事。「わたしは智『実』だ!」。[15]よく『智美』(河西がこの漢字を使用)などと間違われやすい。[31]実はメンバーの平嶋夏海も、過去に間違えたブログを投稿していたりする。
  • 長所は生真面目。短所は、若干、人見知り。[13]
  • 公演のMCはまだ苦手。[29]
  • 気が強いと思われているが、実は涙脆い。[32]じゃんけん大会の日。「昨日ママに『じゃんけん大会、明日なんだよ?』って言ったんですけど、『へぇ~』くらいしか言ってくれなくて、今朝も言ってくれなかったんです。忘れてるのかなぁって、ちょっと寂しく思って…。そしたらママからメールが届いたんです。『今、みんなでカツ丼食べてます。縁起担ぎってことで。幸運を祈ってるよ』って…」そう言って中塚は涙を流した。また初めての選抜入りを果たし、この日2度目の涙を流した。[26]
  • 自分がTV出演したものは、録画してチェックする。[33]
  • 趣味はディズニー。[13]
  • ORANGE RANGEのボーカルHIROKIの大ファン。ラジオの公開収録も見に行くほど。[26]
  • 3人兄姉の末っ子。「兄と遊んでいたことから、男勝りなところがある」とか。[11]姉とは仲が良く、「世界一好き」[32]
  • 好きな男性のタイプは、優しくて笑顔がかわいい人。[13]
  • ロリコン。「ちっちゃくて可愛い子が大好きです。あ、でも美人さんも好きです」[34]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

  • 神曲たち」に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」に収録
    • 僕にできること - チームK名義
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 家出の夜 - チームK名義
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

その他の参加楽曲

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

  1. ^ 「中塚からファンの皆様へ」AKB48オフィシャルブログ
  2. ^ 「伝えたいこと」中塚智実オフィシャルブログ(仮)
  3. ^ 「公演スケジュールのお知らせ」AKB48オフィシャルブログ
  4. ^ この日は、中塚のほか、松原夏海小森美果もAKB48を卒業。「中塚智美卒業に関して」AKB48オフィシャルブログ
  5. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P87より。
  6. ^ a b 『AKB48+10!』 2009年03月02日
  7. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-10607177595.html
  8. ^ a b c http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-10801145666.html
  9. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-10701451149.html
  10. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-10701451149.html
  11. ^ a b c 『AKB48総選挙公式ガイドブック』
  12. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  13. ^ a b c d e f 『AKB48 じゃんけん選抜 公式ガイドブック』
  14. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』 2011年9月30日
  15. ^ a b http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-10655610574.html
  16. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-10819318117.html
  17. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-11110768637.html
  18. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-11131570738.html
  19. ^ http://ameblo.jp/nakatsuka-tomomi/entry-11183313488.html
  20. ^ http://rn.oricon.co.jp/news/rankingnews/2009460/full/
  21. ^ 『日刊スポーツ』 2012年5月1日
  22. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  23. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  24. ^ 中塚智実 投稿 - Google+ 2012年8月24日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ http://topics.jp.msn.com/entertainment/movie/article.aspx?articleid=1462298
  26. ^ a b c d 『AKB48 じゃんけん大会 総集号』
  27. ^ 『AKB48のオールナイトニッポン』 2011年9月30日
  28. ^ 中塚智実 投稿 - Google+ 2012年1月3日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ a b 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  30. ^ AKB48のオールナイトニッポン』2010/12/31
  31. ^ http://ameblo.jp/mariyasuzuki/entry-10656423389.html
  32. ^ a b 『DVD MAGAZINE VOL.5』
  33. ^ 『後藤麻衣のDon't Worry!!』 2011/01/04
  34. ^ 中塚智実 投稿 - Google+ 2012年1月2日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク