エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

江藤彩也香

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
HKT48
江藤 彩也香 えとう さやか
2012年HKT48プロフィール 江藤彩也香.jpg
公式ニックネーム

さあやん

生年月日

1997年9月9日 (19歳)

出身地

大分県

血液型

A型

身長

160cm[1]

合格期

1期生

選抜回数

0回

江藤 彩也香(えとう さやか、1997年9月9日 - )は、HKT48の元・研究生。大分県大分市出身[2]

略歴

2011年
2012年
  • 8月18日、HKT48から卒業。
2013年
  • 3月22日、活動再開。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「いつもみーんなの頭の中には~? やんやんやんやん?(さあやーん!) 大分県出身中学2年生14歳、さあやんこと江藤彩也香です」
  • HKT48の1期生で唯一の大分県出身。
  • チャームポイントは、涙袋。[3]触角。[4]
  • キリっとした目、ピンと立った耳と、整った顔立ちが特徴。佐藤「しかし、江藤と面と向かって話をするとき、なぜか下を向いたり、横を見たり、あまり目線を合わせて話をしません。人見知りなのか、それとも恥ずかしがり屋なのか。レッスンが開始した当初は全くでした。今はだいぶ目線を合わせて話が出来るようになりましたけどね」[5]
  • メンバー内で大のマリンスポーツ好きとして知られ、運動神経が良い。特に小学校の高学年で始めたサーフィンとウエイクボードが得意だ。毎夏、家族で宮崎の海に出かけ満喫しているという。[6]
  • 誰にも負けないというポイントは、「負けず嫌いなところがすごいです。特にスポーツになるとすごく負けず嫌いになります!」[7]
  • 将来の夢は、モデル。[3]

HKT48として

2011年

  • 7月10日、HKT48第1期生オーディションに合格。HKTのオーディションを受けたキッカケは、「ママの弟(おじさん)が、『受けてみたら?』と言われたのと、自分自身に自信をつけるため。夢のため。それとファンの皆さんと会えるためにヽ(∀)/YANYAN 受けようって思いました☆!!!」[8]ちなみに歌唱審査で歌ったのは、Julietの『アキラブ』。[9]
  • 10月23日、『フライングゲット』全国握手会@西武ドームで初お披露目された。佐藤「『overture』場内に流れ、メンバー全員が1塁ベンチ、3塁ベンチから飛び出し、外野センターに設置されたステージ目掛けて全力疾走したのですが、1番最初にステージにたどり着いたのは、実は江藤でした。ちなみに、2位は古森。また、トレーニングの一環として行った『HKT48 縄跳び大会』。前まわしで飛び続け、誰が最後まで縄に引っ掛かることなく残れるか? メンバー全員で競い合ったところ、優勝者は江藤でした。これまた、2位は古森。この他にも、江藤はバランスボールに乗って、バランスを取り続けることも得意。腕立て伏せの姿勢になって、パートナーに両足を持ってもらい、腕の力だけで前方に進む手押し車も早いです。江藤は、HKT48で一番身体能力が高いと思われます」[5]
  • 11月26日、「手をつなぎながら」公演初日出演メンバーとして16名が1期生21名の中から選抜されたが、その一員には選ばれることが出来ず。バックダンサーの一人として劇場公演デビューした。「私は初日公演のメンバーに入れなかったんですけど、次は絶対に入って、ダンスも上手くなって、もっと輝けるように頑張りたいです。今はアンダーとして頑張っているけど、もっと頑張って、もっと成長して、ダンスも歌も上手くなっていきたいと思うので、よろしくお願いします」[4]

2012年

  • 3月4日、1期生21人から16人が選抜され「チームH」を結成するも、そのメンバーに選ばれることが出来ず、研究生スタートとなる。
「今日は、HKT48、チームHの発表がありました。さあやんこと江藤彩也香は、チームHには入れませんでした。発表されるとき、足がガクガクなって心が痛かったです。それと同時にちょっと前のことを、思い出してしまいました。「初日公演メンバー発表」。悔しかったです。本当に泣いて泣いて、胸が苦しくて、心が痛くて。自分の名前を呼ばれない。自分の名前を抜かされる。何でこんな辛い思いをしないといけないの?って何回も何回も、諦めようとつまづいていました。立ち位置の場所にも江藤の名前はなくて。自分の立ち位置はなくて・・・。でも私はアンダーという役目がありました。意味は「代役」です。代わりの役目。そのなかでも、センターのアンダーをさせていただきました。それは本当に嬉しかったです。他にも3ポジション覚えていました。見せる機会がなかったけど・・・。でも入れませんでした。初日公演メンバー。それから公演が始まり、たまにですが、はるっぴが休演のときに出演させて頂きました。その時から自分が変わっていればよかったんです。でも自分を変えようと思ったのが遅すぎました。だから、チームにも入れませんでした。でも私は心が強くなれると思います。悔しい辛い思いをしてきたからこそ、たまにはつまづく時もあるけど、もっと先を次を目指せるんだと思います。「これで終わりじゃない。」って事を皆さんにも分かってほしいです。「これで運命が決まる」とか思わないで欲しいです。まだ目標があります。私には夢があります。まだまだ遠いけど、自分の小さな目標を1つ1つ、達成していきます。応援してくれてるファンの人達にも必ず「恩返し」をしたいので、ずっと見守っていてください! あの空を見上げて、勇気をもらって笑顔をもらって頑張っていこう。しらしんけん頑張るけん、応援しちょってな!!」[10]
  • 4月27日、『週刊AKB』の「後藤面接」に出演し、特技を披露。「見てくれましたかー?笑 なんか、靴下に穴あいとったね...泣。あれ、愛犬ベリーにやられました。しかも裕子ちゃんに言われんかったら気づかんかったし...さっき、ママに怒られた(´Д`)」[11]
  • 4月28日、「AKB48CAFE&SHOP HAKATA」にて、“蒸し器を使わない蒸しパン”販売開始。「待ってましたヽ(^д^)/☆ぱちぱち すっごく美味しいよ(^q^)! メンバーにも好評だったし! 美味しいけん、食べ行ってな♪」[11]
  • 5月23日、第4回総選挙の速報結果が発表され、62位にランクイン。現時点ではHKT48では唯一となる。江藤はHKTの中でもファンが多く、握手会も人気。だがステージパフォーマンスにまだ足りない部分があり、チームHのメンバーを選ぶ際、正規メンバーになれなかったとも言われている。[12]
  • 5月28日、総選挙に向けた抱負を聞くと「波に乗りたいです」と、爽やかな笑顔をはじけさせた。研究生ながら…「何事も前向きに考えて、選挙でチャンスが掴めればいいと思います」と飛躍を誓う。現在、お菓子作りに夢中で、趣味のヘアアレンジ研究にま磨きをかけているところ。[6]
  • 6月6日、最終結果では圏外に終わる。「私は、今回の総選挙にはランクイン出来ませんでしたが、皆さんが私のために必死になって、私のために時間を使って、私のために投票をしてくれて、本当に嬉しかったです。今回はすごく悔しかったけど、何かを掴めた気がします。『もっと頑張らなくちゃ!』という気持ちが増しました。投票してくださった方にも、応援してくださっている方にも恩返ししなきゃ! その日がくるまで、頑張ります。ずっとずっとずっと、見守ってくれたら嬉しいです。本当に本当に本当に、今回はありがとうございました。切り替えて、前を向いてポジティブに行くぞー! でも! 来年は絶対入ってみせる!」[13]
  • 6月15日、先日一部マスコミでスキャンダルを報じられたAKB48指原莉乃が、総合プロデューサー秋元康と共にラジオ『AKB48のオールナイトニッポン』に出演。涙ながらに謝罪したものの、秋元からHKT48への移籍を命じられ、騒動は決着した。
翌日のGoogle+。「おはよー(^ω^)/♪* 指原さんがHKT48に移籍するのはびっくりするんですが、どういう結果になっても、同じ大分県出身だし! 指原さんに色々教えてもらいたいです!」[14]
  • 7月6日、「第3回じゃんけん大会」の姉妹グループ予備戦が行われた。SKE・NMB・HKTの研究生は、本戦の前に、研究生予備戦、そして予備戦があるため、勝ち上がるのは容易ではなく、姉妹グループの研究生でただ1人、江藤だけが日本武道館への切符を手にした。HKTはまだ1期生しかいないため研究生は5人と少なく、そこはSKEやNMBよりは有利だが、3連勝し正規メンバーを含めたHKT予備選に駒を進めた。そして決勝トーナメントでも2連勝し、本戦出場を勝ち取った。5連勝する確率は、3.125%という狭き門だった。江藤は「ちょっとびっくり。武道館に行くからには、ぜひ頑張りたいです」とコメント。江藤が“じゃんけん女王”となり、AKBのセンターを獲得する確率は、1回戦シードを引き当てれば約0.048%。シードでなかった場合は、約0.024%という、まさに万が一の奇跡。勢いの止まらない14歳が、奇跡を起こすか。[15]
  • 終了後のGoogle+。「じゃんけん大会終わったよー! な、なんと! 江藤彩也香、勝ちました! 5連勝! 実は、あのやつは履いてなかったです(*/д/)[16]。はい。 でも、武道館はすごい悔しい思いをした場所なので、またあの場所に行けるのはすごい嬉しいです(*^ω^) 『武道館に帰る』つもりで頑張ります!応援よろしくお願いします♪」[17](なお、後述のスキャンダルによる活動辞退で本選は出場せず)
スキャンダル
  • 8月中旬、元AKB48の指原莉乃(19)が男性問題で電撃移籍したことで注目度が高まっているHKT48が大揺れになっている。昨年、福岡市を拠点に誕生したHKT48は、研究生も含めて22人で平均年齢14.6歳という若いグループ。まだ結成して日も浅いということもあり、プロデューサーの秋元康は教育係として指原を派遣したと明かしていた。過去の男性スキャンダルを暴露されて大騒動になった指原の経験があれば、アイドルとしての素行や振る舞いをメンバーに教育できると考えたのだろう。
ところが、何らかの理由でメンバーの菅本裕子(18)、谷口愛理(13)、研究生江藤彩也香(14)、仲西彩佳(16)に謹慎処分が下されたとの情報が飛び交っている。当初はウワサでしかなかったが、4人が劇場公演のメンバーから予告なしで外れ、レギュラー番組『あるあるYYテレビ』(TVQ九州放送)の出演をHKT48メンバーがキャンセルし、交流サイト「Google+」(通称ぐぐたす)の更新もストップしていることから信憑性が高まった。
さらに、メンバーの古森結衣(14)が16日夜、ぐぐたすで突然の“卒業発表”をするという緊急事態も発生した。古森はメンバーや家族、ファンへの感謝の言葉を綴り、深々と礼をした写真を添えてHKT48を脱退することを発表。その中で彼女は「芸能界の世界がこんなに恐ろしいのも知りました。たくさん学んだな。人って簡単に信じちゃだめなんだね」と意味深な言葉を書き込んだ。ところが、この数分後に書き込みは削除され、運営側からの正式な発表も出ていない。
何が起こっているのか分からないほどの混沌とした状況となっているHKT48。ファンの間では様々な憶測が飛び交っているが、この事態が起きる前にある怪文書がネット上で出回っていた。当初はガセネタと思われていたが、実際に騒動が発生したことで「実は関係者からのリークだったのでは」と注目を集めている。その文書によると「菅本祐子、谷口愛理、江藤彩也香、他もう一人(未確定)がファンの家で男性3人とお泊りした」「彼女たちは缶チューハイなどのアルコールを飲んでいた」「菅本がマルボロライトメンソールを吸っていた」「お泊りした男性の一人がHKT研究生の兄と同級生で、この事実を知った研究生からの密告で発覚」となっている。文書の真偽は定かではないが、これがもし事実であれば、恋愛禁止のAKBグループの掟を破ったと同時に未成年での飲酒&喫煙というタブーを冒したことになる。謹慎の理由としては十分といえるだろう。
また、メンバーから相談を受けていたことを明かしている指原は、15日付のぐぐたす投稿で「支配人ってなに?オトナノオシゴトムズカシイネー」「とがさきさんはすごいとおもう」という意味深な謎の書き込みをしている。これは、AKB48劇場支配人の戸賀崎智信を引き合いに出して、HKT48劇場支配人の佐藤和也(当時)を批判しているとも読める。佐藤が下した処分に、指原が反発しているのだろうか。その一方で、指原がメンバーから相談された内容を佐藤に伝えたことで謹慎騒動が起きたとの見方もあり、メンバーでなくとも疑心暗鬼になってしまいそうな状態だ。いずれにせよ、古森が「人って簡単に信じちゃだめなんだね」と書き込んだように、HKT48全体の絆が崩壊してしまいそうな緊急事態であることは間違いないだろう。ファンの動揺も大きいだけに、運営側が騒動の真相を公式発表することを願いたい。[18]
  • 8月18日、HKT公式ブログにて、問題となっていた4名と卒業を発表した1名の計5名全員が、HKT48から辞退したことが発表された。「HKT48第1期生として活動しておりました江藤彩也香、古森結衣、菅本裕子、谷口愛理、仲西彩佳の5名より、「一身上の都合により、HKT48メンバーとしての活動を辞退したい」との申し出がありましたので、8月18日付けで受理したことをお知らせ致します。突然の発表で申し訳ございませんが、本人の意向を尊重させていただきたいと思います。握手会などの今後の予定については後日発表させて頂きます。何卒、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます」[19]
  • HKT48から一気に5人のメンバーが脱退することが発表され、ファンの間では様々な憶測が飛んでいたのだが、公式ブログでの説明は、「一身上の都合で…」の一言のみ。実は数日前から彼女たちの周りには異変が起きており、「何かあったのか?」とファンからも心配の声が出ていた中での発表だった。実は指原莉乃がちょうどその頃の14日にGoogle+『指原莉乃』で「出張公演のときに、ういたん(古森結衣)とゆうこす(菅本裕子)と、なつ(松岡菜摘)と、まじめな話をした。みんな考えてる。それぞれの人生を、こんな年齢から考えているんだなあ。しっかりしてる」とコメントしていた。このうちの2人が今回の脱退メンバーとなっているのだ。また指原は翌日に「支配人ってなに? オトナノオシゴトムズカシイネー」や「とがさきさんはすごいとおもう」など運営サイドに対して何らかの意思表示もしていた。さらに古森結衣が卒業報告と取れる内容をGoogle+に掲載したことで、ファンの間では「HKTで何かが起きている」と心配する声が広がっていたのである。
そんな状況で8月18日に事務局からブログに脱退発表が掲載されたが、5人の脱退理由は「一身上の都合により」としか説明されなかったのだ。そして1時間後にHKTのGoogle+で、該当メンバーのアカウントが発表翌日の8月19日(日)13時をもって終了するとアナウンス。当然ファンは納得せず、Google+には不満の声が殺到している。「そこだけは早ぇんだな」、「え?」、「もう…」といったページ終了の対応だけは早いという運営サイドへの皮肉と共に、「説明をしろやまず」、「も少し詳しく書かないとますます荒れるよ」、「まずしなければならないのはファンへの説明だろうが!」といった声が挙がっている。ブログにはコメントができないのでこちらに意見が集中した形だ。
今回、脱退が発表された5人はもちろんファンから応援されていたが、なかでも菅本裕子は指原莉乃が移籍する前にはグループ最年長でありバラエティでも活躍していた人材である。これからHKTを牽引する重要な位置にあったことは確かだ。また、江藤彩也香は研究生ながらも先日行われた総選挙で速報62位にランクインするほど人気があり、HKT48の次期チーム入りが期待されていた。
やがて何らかの形で彼女達が脱退した真相は分かるだろうが、指原が移籍して新生HKTとして勢いをつけたかった矢先に、残念な結果ではある。しかしながら脱退したメンバーにとっては考えた末の決断だろう。これからの道を頑張って欲しい。[20]
  • 運営側は活動辞退の理由について「全員が同じではないが、詳細はお答えできない」と説明を拒否。AKBの正規メンバーは芸能事務所に所属しているメンバーが多く、グループ脱退後も芸能活動を続いているメンバーはいる。だが今回の5人は、グループの運営会社であったAKSに所属していただけに、卒業後にすぐさま活動を再開というのは困難な状況。しかし、まだ10代だけにHKTとは別の形で芸能界復帰を目指す可能性もありそうだ。[21]
  • これまでにAKBでも、セレクション審査などによってメンバーが大量に離脱する事はこれまでにもあった。だがそれは大量に余っていた研究生を選別する作業であり、正規メンバーは健在、研究生にも余裕がある状態だった。ところが今回のHKTの場合は、まだ1期生しかいない状況なのに、そこから5名のもメンバーが一気に抜けてしまった。通常、劇場公演は16人によって行われるが(HKTの場合、指原が移籍してきたため17人という変則になっている)、残されているのは、正規メンバー14名・研究生3名の計17名しかいない。これでは劇場公演をほとんど誰も休めず、別の仕事にも支障が出てしまう。実際、HKTはレギュラー番組『あるあるYYテレビ』の出演をドタキャンしてしまい、共演者のパンクブーブーがHKTに対し苦言を呈している。また次の収録では、HKTから2名が出演していたが、HKTからは松岡のみで、もう一人はNMBの小笠原茉由が出演していた。NMBも同番組のレギュラーであるが、別の曜日の担当で一緒にやっていた訳ではなかった。HKTの人手が足りず、NMBからヘルプを借りたとも思える状況だ。脱退が発表された18日は劇場は休演日だったが、別のイベントには参加。数時間後に辞退したメンバーの出席はなかった。19日からは専用劇場で通常通り公演を行うが、しばらくはギリギリの状態で活動を続けることになる。ファン内からは、「SKEから誰かが送られる」(※現在HKTが行っているのはSKEのお下がり公演のため、SKEメンバーならレッスンなしで使える)「2期生が近いうちに投入されるはず」などの声もあがっている。
  • 男性スキャンダルを写真週刊誌に報じられた指原であったが、HKTに移籍させるという秋元康の起死回生の一手により、見事グループの知名度上昇へと話題を転換することに成功したHKT。人気や注目度が高まり、博多のファンからはオリジナル公演やCDデビューを期待する声も上がっていた矢先の、まさかの出来事だった。大量離脱の背景にはよからぬ噂もあり、一切説明を行わなかった運営への不信感は募るばかり。今回の騒動は今後の活動にも影響を及ぼしそうだ。[22]
  • 『日刊スポーツ』の独自取材によると、「5人はグループで禁止されているファンとの私的な交流があり、男性らとメールアドレスを交換した上で、メールのやりとりをするなどしていたという。だがいずれのメンバーも、男性たちと交際はしておらず、喫煙や飲酒などの法律違反の事実もなかったとみられる」[23]
  • 今後の当面の活動について。20日の劇場公演は14人で開催予定。また、江藤は来月18日の「第3回じゃんけん大会」への出場を決めていたが、不出場が決定した。第2期生オーディションに仮合格している34名は、現在、劇場デビューに向けてレッスンを続けているという。[23]
  • 8月19日、支配人・佐藤和也が騒動後はじめてコメントを投稿。「昨日、HKT48公式ブログにて発表させていただきましたが、江藤彩也香、古森結衣、菅本裕子、谷口愛理、仲西彩佳からの辞退の申し入れがありましたので、受理致しました。残念ではございますが、5名が選んだ道を応援したいと思います。今日からHKT48は新たなスタートを切ることになります。メンバー・スタッフ一同今まで以上に精進してまいりますので、応援の程宜しくお願い致します。また、突然の発表となってしまい、皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けしたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪したものの、事態の説明は一切なかった。[24]
  • 8月21日、公式ブログにて4人からファンへのメッセージが掲載された。「ファンの皆様へ。大変遅くなり、ご心配をお掛け致しましたが、8月18日付、HKT48辞退の申し入れを受理した件におきまして、以下、ファンの皆様へのコメントを預かりましたので、ご報告致します」
「ファンの皆さんへ\(^o^)/ いつも応援してくださっていた皆さん、何があっても私を支えてくれた皆さん、ほんっとうにありがとうございました。感謝しても感謝しきれません(´`)! 私はHKT48を辞退したことを後悔していません。前向きに今後の生活の事を考えています。普通の女の子に戻って、勉強とか頑張りたいって思ってます。なので皆さんは何にも心配しないでください(´ω`)☆ でも、私にはまだ夢があります。夢は諦めていません。夢は遠くにいってしまったけど、いつか、また戻ってきます。それがHKT48じゃなくても、AKB48グループじゃなくても、違う道として戻ってこれるなら、いつの日か、戻ってきます。なので、私を忘れず待っていてください。私は皆さんが大好きです。これからも、皆さんのことが大好きです。今までありがとうございました。そして、これからも宜しくお願いします。私を応援してくださった方々、私を好きでくださった方々、私を支えてくださった方々、今まで本当にありがとうございました。最後に、総選挙の思い出は忘れません。あと、じゃんけんも。本当にありがとうございました。江藤彩也香」[25]
  • 直後に支配人が再度謝罪を掲載し、違法行為はなかったことを強調した。また責任問題などもなく、今後も支配人を続けることを発表した。「5名の辞退発表に関して多くの問い合わせをいただきました。法律に反するような行為はあったのか、など皆様がご心配されていることを確認したところ、そのような事実はございませんでした。尚、今回の件に関して、諸々対応が遅くなってしまいました。深くお詫び申し上げます。劇場支配人として未熟な点が多々ございますが、ファンの皆様に認められるよう、HKT48ともども精進してまいります。今後ともHKT48の応援をよろしくお願いいたします」[26]
  • 脱退の原因を知る関係者は、「脱退メンバーの1人が男友達をほかのメンバーに紹介し、一緒に遊びに出掛けたり、お泊まり会を行っていたことがバレたそうです。表向きは脱退ですが、実際は解雇のようです」と明かした。[27]
  • 脱退した5人のうち4人のメッセージが掲載されたが、古森からはなかった。彼女は脱退発表直前にファンへの最後の挨拶は終えており、その際にメンバーに対してか運営側に対してかは不明だが、人間関係に不信感を持っている旨の発言もしていたため今回メッセージを寄せなかったのだろうか。
18日の電撃脱退表明から待つこと3日。心配していたファンたちが、待ちに待っていた本人たちからのメッセージではあったが、江藤は「ファンの皆さんへ\(^o^)/」という書きだしから始まっており、「謝罪文に顔文字を使うなんてファンをバカにしてる」などといった厳しい意見がネット上に書き込まれた。また活動辞退の理由についても、やはり明かされることはなく、「メールだけでクビになるわけがない」「結局、脱退理由はウヤムヤになるのか」と不満の声が上がっている。しかし、メールをしただけで脱退になるのであれば、ファンとのセックススキャンダルが明らかになった指原がHKTに移籍しただけで済んでいること、まったく処分に釣り合いが取れていない。芸能関係者は、「本人たちが『活動を辞退する』という建前で解雇した場合、詳しく理由を説明しないのはAKBグループの通例。今回の騒動が起きる前からHKTメンバーとファンの私的交流はウワサされており、メールだけの関係だったとは思えません。イケメンのファンが握手会のレーンに並んでいる最中に、ケータイでメンバーと恋人同士のようにチャットをしていたという目撃情報もあった。メール以上の“何か”がなければ、こんな一斉脱退は起きませんよ」。ファンと交際していた指原という前例があるだけに、このような説明ではファンは納得しないのだろう。運営がメンバーを管理しきれない現状と、恋愛禁止を掲げるコンセプトは、もうすでに限界がきているのかもしれない。今後もファンとの親し過ぎる交流が明らかになれば、AKBグループ全体が支持を失っていくことにもなりかねないだろう。[28]
  • 8月22日、『週刊文春』が今回の大量脱退騒動について報じた。「『一身上の都合で活動辞退、なんてウソ。クビにされただけですよ』(HKTメンバーに近い関係者)。18日、突然発表されたHKT48のメンバー五人の脱退。AKBのエース前田敦子の卒業を目前に控えた今、一体なぜ? 今年6月、小誌スクープで過去の恋愛が発覚し、指原莉乃が”左遷”されたことで、HKTの注目度は一気にアップした。あれから2ヶ月。指原効果に伴って、他のメンバーの人気もじわじわと上がってきたところだったという。スポーツ紙記者が話す。「菅本は『ゆうこす』の愛称で”ロリ巨乳キャラとしてグラビアで重宝されていた。『あいりす』(谷口)もメインで歌う子だったし、江藤は総選挙中間発表で62位にランクインするなど成長株でした」。だが言うまでもなく、AKBグループには『恋愛禁止』の鉄の掟がある。じつは今回の大量卒業の真相も異性交遊がきっかけだった。ことは4月に遡る。まずは古森が二人のファンと交流していたことが発覚。「メンバーの管理者であるHKT48劇場の支配人が、古森や相手のファンの携帯電話を取り上げた。すると中学3年生のファンとの、『今からサイゼリヤにいくから会えるよ』『元カレいたんだ~』といったメッセージが、120通も残っていたそうです」(同前)。古森はこれで”イエローカード”。支配人からは、「他のメンバーにも同じような行動があったら報告するように」とキツくお灸をすえられたという。中学生に密告を強要するのはいかがなものかと思うが、今月に入り早速効果が出た。「古森が何かの折に四人が”お泊まり”しているのを匂わせるようなことを話しちゃった。あくまでウッカリで、積極的に話したんじゃないんだけど、それで支配人が疑うようになったんです」(メンバーの友人)。お泊まりは、菅本を中心に、ファンの間では有名な茶髪のイケメン専門学校生の部屋で3回開かれた。最後の8月3日には菅本、谷口、仲西が参加したという。「自分のせいで仲間がクビになるのでは、と不安になった古森が、菅本ともう一人別のメンバーと話し合い、その上でさしこにも相談した。すると、さしこが『みんなを救えるのは私だけ』と支配人に話をつけにいったんです」(同前)。だが、このさしこの蛮勇がかえってアダになった。「さしこは『私が来たばっかりなのに不祥事なんてイヤ』、『こんな話、他にもあるのに隠してきたじゃない。まだ内々だからなんとかなるでしょ?』などと詰め寄ったそうです。でも、これで支配人は、お泊まりが事実だと確信。一気に活動辞退へ流れが出来てしまった。さしこが出しゃばらなければ、みんな謹慎程度で済んだかも」(同前)。谷口はファンへ「いろいろバレた」と告白。古森はネットに「芸能界の世界がこんなに恐ろしいのも知りました。人って簡単に信じちゃだめなんだね」と書き込み、物議を醸した。ただ、今回の処分には首を傾げる向きが多い。「お泊まりいっても、飲酒も喫煙もなく交際もナシ。写真が流出したわけでもない。古森に至っては、お泊まりもしていません。活動辞退の理由ははっきりせず、説明もない。指原は交際発覚なのに左遷だけで済んだ。ファンからしてみれば納得がいかないでしょう」(前出・スポーツ紙記者)。もう左遷先がなかった?」[29]
  • 9月4日、SKE48メンバーの斉藤真木子井口栞里鬼頭桃菜の3人が、HKT48劇場で行われている「手をつなぎながら」公演にサプライズで出演した。HKTは先月メンバー5人が一斉に脱退しており、公演出演人数の16人を揃えることが出来なってしまい、最近は12~13人で公演を行うという非常事態が続いていた。今回の「手をつなぎながら」公演は元々はSKE48の公演だったため、SKEからヘルプを借りた格好だ。公式サイトでは「今後もSKE48メンバーのサプライズ出演を予定しております」と説明されており、HKTが落ち着くまでは、当面SKEからの派遣メンバーを入れ替えながら、この体制で公演を続けていくという。[30]

HKT48卒業後

2013年

  • 3月22日、amebaブログを開設し活動を再開。4月5日より山口県下関市のコミュニティFM「COME ON! FM」(コミュニティFM下関)で放送される『カモン☆アイドル巌流島』パーソナリティーを務めることを発表。「皆さん、初めましての方、お久しぶりの方、さあやんこと江藤彩也香です。本日より、ブログを開始いたします。わーい。この度、山口県下関市の COME ON! FM のカモン☆アイドル巌流島のパーソナリティーを勤めさせていただくことになりました!4月5日(金)が私の最初の放送日っ♪久しぶりで緊張と不安でしたが、自分らしく、喋れたと思います。皆さん、聴いてくださいね☆」[31]

交友関係

性格・趣味

  • 性格は、マイペース。負けず嫌い。[33]面倒くさがり。[7]好奇心旺盛、活発な性格。[6]
  • 趣味は、ヘアアレンジ研究、マリンスポーツ。[3]小5からウェイクボードをやっており、サーフィン(ショート)も出来る。[5]
  • 特技は、50M走、両足を首にかけて回る。[3]
  • 苦手なものは、勉強。「特に数学が…」[7]
  • 好きなものは、お菓子。キラキラしたもの。[33]
  • お気に入りの大分弁は、「『今○○しよんにー♪』可愛くないですか? 『○○が~っち、いいよったに!』[34]
  • 好きなマンガは、「『可愛いって言ってよ』を書く人のが大好きです! 知ってますか? 絵が本当に可愛んですよ♪」[35]
  • 好きな食べ物は、かぼちゃ。チーズケーキ。焼き肉。お寿司。[7]
  • 好きなアーティストは、安室奈美恵、少女時代、AKB48、Juliet。[34]
  • 好きなキャラクターは、「キティちゃん、マイメロちゃん、ミッキーよりドナルドダックからのエルモ。スティッチ。あとは、ベリたんです。ごめんなさい! どこでも出てきます」[36]
  • 好きなファッションとブランドは、「ファッションは、可愛いけどちょっと大人っぽいのが入ってる感じのが好きですっ。ブランドは、INGNI、one*wayは大分にあったので前から好きです(笑)★! CECIL McBEEはまだ買ったことがないんですけで好きです(∀)笑」[35]
  • 好きな男性のタイプは、「やっぱり、可愛いけど強い人が好きです。中身と外見のギャップがある人がいいなー」[7]
  • クセは、人の背中に手や足を入れて突っ込むこと(安陪恭加談)。[37]
  • カバンの中にいつも防犯ブザーが入っている。「なんか、私のママが『もらってきたけん、なんかあった時のために持っちょきよ』って言われてからずっとカバンの中にあります」[38]
  • 「ベリー」(ニックネーム:ベリたん。♀)というトイプードルを飼っている。[39]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

AKB48

アルバムCD選抜曲

AKB48

  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

出演番組

脚注・出典

  1. ^ 公式プロフィール
  2. ^ ご当地アイドル:九州の8組が集結 きょう、大分市でイベント /大分 - 每日新聞 2013年5月26日,アーカイブ:[1],[2]
  3. ^ a b c d http://www.hkt48.jp/profile/member05.html
  4. ^ a b 『おはようナイスキャッチ』 2011年12月6日
  5. ^ a b c http://ameblo.jp/hkt48/entry-11079687073.html
  6. ^ a b c 『日刊スポーツ』 2012年5月28日
  7. ^ a b c d e 『BOMB』 2012年1月号
  8. ^ HKT48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月13日 ArKaiBu Gugutas
  9. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/WQSdGKrbubJ
  10. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/XA2GW74mxR2
  11. ^ a b https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/Tevf6ZLMv2C
  12. ^ http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/story.html?q=shupure_11618
  13. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/FnvQPiHtuJz
  14. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/Jso6NpJBgRA
  15. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20120707-979031.html
  16. ^ 当日は『週刊AKB』に出演した際の服をチョイス。実はあの時、穴の空いた靴下だけではなく、パンツも全国に披露してしまっていた。
  17. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/Cez6WbKdsHk
  18. ^ http://www.menscyzo.com/2012/08/post_4522.html
  19. ^ http://ameblo.jp/hkt48/entry-11331501203.html
  20. ^ http://japan.techinsight.jp/2012/08/hkt-5memberdattai-gugu20120818.html
  21. ^ http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/120819/ent12081907330001-n2.htm
  22. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120818-00000285-sph-ent
  23. ^ a b http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120819-1002890.html
  24. ^ 佐藤和也 投稿 - Google+ 2012年8月19日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ http://ameblo.jp/hkt48/entry-11333837180.html
  26. ^ 佐藤和也 投稿 - Google+ 2012年8月21日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ http://www.cyzo.com/2012/08/post_11250.html
  28. ^ http://www.menscyzo.com/2012/08/post_4523.html
  29. ^ 『週刊文春』 2012年8月30日号
  30. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/p-et-tp0-20120905-1011783.html
  31. ^ http://ameblo.jp/sayaka-etou/day-20130322.html
  32. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/3g2dbRYZiRb
  33. ^ a b 『FRIDAY』 2011年12月2日号
  34. ^ a b HKT48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月8日 ArKaiBu Gugutas
  35. ^ a b HKT48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月9日 ArKaiBu Gugutas
  36. ^ HKT48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月11日 ArKaiBu Gugutas
  37. ^ 安陪恭加 投稿 - Google+ 2012年3月18日 ArKaiBu Gugutas
  38. ^ https://plus.google.com/116819083606243987960/posts/SYz56Uhu3CU
  39. ^ AKB48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2011年12月9日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク



ご意見を共有しましょう