エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

生誕祭

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目は、まだ書きかけです。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます

生誕祭」(せいたんさい)は、各48グループの劇場で行われるメンバーの誕生日を祝うイベント。

メンバーの「生誕祭」

概要

  • 運営側の公式表記は「生誕祭」である。なお、一部で「聖誕祭」という表記も散見されるが、この表記の場合は「クリスマス[1]または「聖人などの誕生した日を記念し、祝う祭り」[2]のことを指すため、本来は誤用である。
  • 演目自体は通常と一緒だが、アンコール後に生誕祭セレモニーが行われる。演出例を挙げると「うちわや、メンバーにちなんだ色のサイリウム、さらに対象メンバーの歩みが記載された印刷物などが来場者に配布される(後述の「生誕祭実行委員」が主導、制作する)」「アンコールを対象メンバーの名前で呼ぶ」「対象メンバーにバースデーケーキやスタンド花、花束、花冠などが贈られる」「親や所縁のあるメンバーから贈られた手紙が朗読される」などが基本となっている。

エピソード

  • 2006年2月10日、AKB48劇場で行われた公演において、増山加弥乃の12歳の誕生日を祝福したことが、「生誕祭」のルーツとされる[3]。この時は、まだファンがサプライズでクラッカーを鳴らす程度のものだったが、有志が他のファンにクラッカーを配るなどファン同士の横の繋がりが出来はじめた。これが現在の「生誕祭実行委員」(「生誕委員」)へと繋がり、運営側と協力しイベントを行うようになった。2006年には「生誕祭」と呼ばれるようになり、現在まで続く恒例イベントへと発展した。
  • 誕生日当日が公演日と重なることは少ないことから、多少は日にちが前後する場合がある。また、事前に開催される事は発表されている為、サプライズ性は低い。現在は公演数が少ない反面、メンバーは増加しているため、「合同生誕祭」と称し、2名以上の複数のメンバーの生誕祭が同時に行われる事もある。
  • 最近は、メディア出演などのスケジュールの都合により、劇場公演に頻繁に出演できないメンバーが多く、本来の誕生日から大幅に遅れて生誕祭が実施されるケースや、生誕祭そのものが行われないケースも見られる。
    • 一例として、小嶋陽菜(AKB48)の誕生日は「4月19日」であるが、2015年の生誕祭は本人のスケジュールが多忙であることや、「春の人事異動」新チーム体制でのチームA新公演開始時期が大幅に遅れている影響もあり、本来の誕生日から約10月遅れとなる2016年2月28日に、「高橋みなみプロデュース公演」での「愛しのにゃんにゃんお誕生日おめでとう公演」において実施された。
  • 兼任メンバーについては、本来の所属先チームに加え、兼任先のチームでも生誕祭が行われることがある。
    • 一例として、当時AKB48を兼任していた松井珠理奈SKE48)は2014年3月8日、昼はSKE48劇場で、夜はAKB48劇場でそれぞれ「17歳の生誕祭」が行われている[4]
    • その反面、同じくAKB48を兼任する朝長美桜HKT48)の「17歳の生誕祭」は、所属元のHKT48劇場で2015年5月19日に行われた[5]が、AKB48劇場での生誕祭は、「春の人事異動」新チーム体制の新公演開始時期が大きく遅れた影響もあり、半年以上も経過した2016年1月7日に行われている[6]。なお、朝長の誕生日は「5月17日」である。
  • かつてAKB48においては、研究生は事前に出演情報が公開されなかった為、ファンは出演するかどうかわからない公演で生誕祭の準備をしなければならなかったが、2011年2月より生誕祭に該当するメンバーがいる場合のみ、生誕祭情報を事前に告知する事になった[7]
  • また、チーム8においては、当初は劇場公演において生誕祭の演出は実施されなかったが、2015年1月より実施されるようになった。ただし、チーム8の人数が多いことや公演数の関係から、「誕生日をまだ迎えていないが、少し早めの生誕祭を実施することになること」「該当メンバーが複数の場合には同じ公演で一緒に実施させていただくこと」「誕生日から公演出演までにあまりにも日にちが過ぎてしまった際には実施しない場合」と条件を付けており、演出は「公演終盤にステージ上で挨拶をするのみ」[8]となっている。

お客様生誕祭

2011年10月より始まったイベント。月内最後の通常公演(千秋楽・初日・メンバー生誕祭などを除く)にて、その月に生まれたファンを祝う公演が行われる。この場合は10月生まれのファンのみ応募することが可能で、単純計算でも応募者数は12分の1程度になるため当たりやすくなっている[9]

出典

  1. ^ 三省堂「大辞林」より。
  2. ^ 「実用日本語表現辞典」より。
  3. ^ 最年少メンバー増山加弥乃ちゃん12歳バースデー&5日ぶりの21人勢ぞろい(2/10公演、11回目) - AKB48@メモリスト 2006年2月10日
  4. ^ 松井珠理奈、母の手紙に号泣 大島優子も讃える - モデルプレス 2014年3月9日
  5. ^ 【速報版】 朝長美桜 17歳の生誕祭レポート(お手紙&コメント) - AKB48@メモリスト 2015年5月19日
  6. ^ 2016年1月7日、AKB48チーム4公演(2回目)レポート『朝長美桜 17歳の生誕祭』 - AKB48@メモリスト 2016年1月8日
  7. ^ 【支配人部屋】 - AKB48オフィシャルブログ 2011年2月6日
  8. ^ チーム8メンバーの生誕祭について - AKB48オフィシャルブログ 2015年1月26日
  9. ^ とがちゃん(戸賀崎智信)ツイート - ツイッター 2011年10月31日




ご意見を共有しましょう