エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

門脇佳奈子

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
NMB48
門脇 佳奈子 かどわき かなこ
2015年NMB48プロフィール 門脇佳奈子.jpg
公式ニックネーム

かなきち、かなきっちゃん

所属事務所

Showtitle

生年月日

1996年10月24日 (21歳)

出身地

大阪府

血液型

A型[1]

身長

159cm[2]

合格期

1期生

選抜回数

10回

門脇 佳奈子(かどわき かなこ、1996年10月24日 - )は、NMB48の元メンバー。大阪府出身。Showtitle所属。

略歴

2010年
2011年
  • 3月10日、チームN結成に伴い、研究生から正規メンバーへ昇格。
  • 7月20日、1stシングル『絶滅黒髪少女』でシングル選抜初選出。
2014年
2015年
2016年
  • 2月29日、卒業公演(NMB48としての活動を終了)[4]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「激甘スマイルと甘辛ダンスがギュッとつまった…かなきち定食を召し上がれ。NMB48イチの釣り師 かなきちこと門脇佳奈子です」
  • 公式ニックネームは、「かなきち」「かなきっちゃん」。
以前は「かなきち」のみであったが、2014年8月頃より「かなきっちゃん」も公式プロフィールに併記される様になった[5][6]
メンバーのうち、上西恵木下春奈(主に同期)などからは「かなこ」[7]「かなこちゃん」[8]と呼ばれることが多く、「かなきち(さん)」は主に後輩メンバーから呼ばれる[9][10]。「かなきっちゃん」と呼ぶのは少数派で、西村愛華[11]が主に用いている。
  • NMB48イチの食いしん坊キャラ。劇場に『かなきちBOX』という物を置いており、皆からちょっとずつお菓子を入れてもらっている。
「前はゴミとか入れる人もいて(笑)。困ってたんですよね~。今は常に、何かお菓子が入っている状態ですね」
「特にお菓子となると、どうしても我慢できなくなっちゃうんですよね…。ドーナツなら1度に4個ぐらい食べたりするし、1日3食お菓子だったこともあります。お米は食べなくても平気なんですが、お菓子が無くなったら生きていけません(笑)。よく『太るやろ』って言われるんですけど、なんか胃下垂?みたいで、太りはしないんですよね。まあでも、油断して太ってからでは遅いんで、気をつけようとは思ってます。でもやっぱり、目の前にお菓子があると、我慢できひん…。今日もおいしそうな差し入れが並んでたんで、ついつい『かなきちBOX』に入れてたら、はるちゃんに見つかっちゃった。いや、いつも独り占めしてるわけじゃないんですよ。余ってそうなやつがあったら、ちゃんとメンバーに『食べてもいい?』って聞いてます。まあ、だいたい『ダメ』って言われて、構わず食べてますけど(笑)」[12]
  • アピールポイントは、食べる事。特にお菓子が大好き[13]
  • 元気キャラ。悪く言えば、うるさい。
山本彩「キーキーキーキー騒ぐ」
福本愛菜「ちょっとうるさい時もある」
渡辺美優紀「佳奈子は声デカいとこ直して欲しい」
門脇「でもそれは地声やから仕方ない」[14]
  • 2011年頃からはおかっぱのヘアスタイルが特徴で、「座敷わらし」と言われることもあった[15]。さらに、山本彩には「スフィンクスに似ている」と言われている[16]
なお、2013年3月14日の公演で「おかっぱ卒業宣言」をしており[17]、現在はロングヘアになっている。
  • 苦手なダンスも、日々の練習で急上昇中。さらに日ごろからMC用のネタ帳を作ってメモをとっている[18]
  • 関西テレビ「どっキング48」(2011年8月16日放送)で行われた知力テストでは、30点満点中わずか2点で最下位。おバカキャラと言われる近藤里奈よりも低かった。また、日本テレビ「なにわなでしこ」のおバカ選手権(2011年10月12日放送)でも全問不正解となり、“NMB48の中で1番のバカ”になってしまった。
  • NMB48の”ガチのほうの釣り師”[19]”釣りドル”とも呼ばれ、サンケイスポーツ(関西版)では「ガチで釣ります!!」と称した連載を持っている。
  • 2015年の第7回総選挙のポスターのフレーズは、「あのエア雑煮並みの伝説をもう一度」。「エア雑煮」とは、2013年正月、生放送番組の中継に出演した際、門脇は本番にもかかわらずまだリハーサルだと勘違いし、雑煮を食べるふりをして、カンペ通りの感想を述べるという失敗をしてしまったことである[20]
  • 劇場支配人評。
「表情がすごくよく、タレント性は高い。特に、スチールなどの安定性は抜群です。これからのコですね」(2011年・金子剛[18]
「髪型を変えてアカ抜けました。食いしん坊キャラですから、「食べ物ロケは佳奈子」と声がかかるようになりました。そのうえ、おバカキャラでもあります。庶民的で愛される性格ですね。自分のことをよく把握しています」(2012年・金子)[21]
「天真爛漫なイメージから、大人っぽさも出てきた。自分の役割を考え、努力する姿勢はみんなのお手本です」(2013年・金子)[22]
「船舶免許、ダイビングの免許など”釣りドル”ならではの資格にも挑戦。努力を怠らず、後輩の面倒も見てくれます」(2014年・金子)[23]
「1期生の妹キャラもチームのまとめ役にまで成長。定評のあるトーク力で、バラエティ番組でも徐々に頭角を現しています」(2015年・金子)[19]
  • 将来の夢は、バラエティタレント[24]
「日本全国で公演がしたい」[25]

NMB48加入前

  • 1996年10月24日誕生。生まれる前に医師からは「男の子」と言われており、門脇の父と母は男の子のつもりで名前を考えていたという。
「名前は…しゅんぺい。それで女の子ってわかった時急いで名前を変えたらしい(笑)。この話を恵ちゃんにしたら、「たしかに、 しゅんぺいって顔してるもんなぁ~」。えっ( ; ゜Д゜)? マジ(・・?」[26]

NMB48として

2010年

  • 9月20日、NMB48第1期生オーディションに合格。オーディションを受けたきっかけは、「AKB48さんみたいなカワイイ服を着てみたかったからです」[13]「週1回通っていたダンスにハマって、お母さんに週3回通わせてってお願いしたら、お父さんがNMBのオーディションを見つけて。これなら毎日大好きなダンスが出来るだろうと思って応募したんです」[1]
  • 10月9日、東京・葛西臨海公園で行われたAKB48の「東京秋祭り」(コンサート)において、NMB48のメンバーとしてお披露目される。

2011年

  • 1月1日、NMB48 1st Stage「誰かのために」公演初日に出演する選抜メンバー16名(名前を呼ばれたのは、15番目)の一人に選ばれ、劇場公演デビューを果たす。
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成することとなり、門脇はチームのメンバーとして12番目に呼ばれ、研究生から正規メンバーへ昇格した。
  • 5月16日、「誰かのために」公演が千秋楽を迎えた。全116公演が行われたが、皆勤賞(全公演に出演)だったのは、上西恵と門脇の2人だけであった[27]
  • 11月5日、ポッキー&プリッツの日を記念して「通天閣1日社長」となる。
  • 12月24日、ABCラジオ「NMB48学園」放送中の発言より。
「あの私、食いしん坊キャラで今までやってきたんですけど、最近食べ過ぎて太ってきちゃいまして…。自分では分かってるんです。でも『顔がむくんでいる(だけ)』と甘やかした結果、この間久々に恐れていた体重計に乗ったら、そこそこあって…。で、スタッフさんにも言われたんですよ。『最近かなこ、顔がずっとむくんでるな』って遠回しに言われて。『(痩せなければ)選抜落ちやな』みたいな…。ショックなんですよ」

2012年

  • 1月5日、NMB48結成1周年を迎えて、デイリースポーツの取材より。

(前略)
去年一年は、本当にいろいろなことをさせていただきました。特に劇場公演は、出演が200回を超えるほどで…。私とちゃんは、『誰かのために』公演は、最初から最後まで全部出演させていただいたんです。
多分、メンバーの中でも、劇場は一番出演数が多いんですが、実は今でも慣れなくて、毎日『Overture』が流れ出すと、緊張するんですよ。でも自分でテンションを必死に上げて、乗り切ってます。
MCのときも『今日のお客さんは、笑ってくれるかな?』とか不安で…。そんな風に見えないかもしれませんが、結構いろいろ考えてるんですよ(笑)。ありがたいことに、お客さんは常に満員でした。うれしかったですが、期待されているのも感じるんで、『もっと頑張らないと』って常に思ってます。
去年は毎日が本当に速かったですね。昨日と一昨日が混ざっちゃったり、曜日感覚がなくなったり。でも、一日一日が充実してたと思います。学校の勉強も大変ですけど、まあいろいろ、何とかやってますよ(笑)。
去年の今ごろから考えると、こんなにお仕事をいただけるとは思わなかったですね。休みもないぐらいだとは思っていなかったんで、うれしい反面、最初は例えばテレビの収録でスタジオに入った段階でいっぱいいっぱいだったんです。最近やっと、ちょっとだけなんですが、自分からしゃべれたり、共演した方が振って下さったらちゃんとしゃべれるようになったかなと思います。
この2人(上西・近藤里奈)とは、初日から公演でも一緒にやってきました。特に恵ちゃんとは、『誰かのために』公演でずっと一緒だったし、ユニット(ライダー)でも一緒だったんです。だからMCも一緒だったんで、公演のときの相談はよくしてました。結構頼れる存在で、今でもよく話を聞いてもらったりしてます。
りいちゃんとは、今の『青春ガールズ』公演で一緒にMCをやってます。たまに話がかみ合わなかったりもするんですが(笑)、一緒にしゃべっててホンマ楽しいです。2人で“おバカキャラ”にもなっちゃいましたしね…。ちなみに公演のMCは、基本的にアドリブです。お題だけ決まってるんですが、あとはその場の流れで考えてます。
いろいろ成長できた2011年だったと思いますが、2012年は、やっぱり公演を一番大切にしていきたいです。なので、ダンスにしろ歌にしろ表情にしろ、MCでもそうなんですが、全部をレベルアップしていきたいです。劇場に足を運んで下さった方に、自分の気持ちを全部伝えることができるようになったらいいなと思っています[28]

  • 1月26日、デイリースポーツの取材より。

「最初は私もすごく人見知りで、公演中のMCでも全くしゃべれなかったんです。
しかも、本当に考えられないくらいすべってましたしね。それでも、今日の反省は今日のうちにということを心がけていくうちに、少しずつ慣れてきました。そのうちに『あそこはこうやってツッコミを入れれば良かったな』というのが早く分かるようになってくるんですよね。コツが見えてくるんです。だから、積み重ねやと思います。
1期生は公演前にMCの打ち合わせをやってるんですけど、この曲が終わった時のMCのテーマはこういう内容で話そうというのをみんなで考えるんですね。
それがあると、周りも『じゃ、ここをツッコもう』とか考えられるんです。そうすることで、スムーズな流れができるんやと思います。
今まで私が悔しかったのは、誰かがわざとボケてくれてるのにこちらが言葉が出てこなくて、流してしまった時ですね。すごく反省します。
ボケてくれた人に罪はないので、こちらの失敗ですからね。私の失敗でその人までダメになってしまうのは、何倍もつらいですし。
少しでも話が上手になれるように、楽屋で普通に話してる時から、MCの練習やと思ってしゃべることは心がけてます。そうすると、いざという時に出る言葉の数も多くなってきますからね。
なんやろ、自分が思ったことをパッパッと声にするもの一つの方法ですし、いろいろ考えておいて状況に応じて出すのもいいですし、舞台上ではとにかく止まらないようにポンポン話をするのが大切なんですよね。
時々、言葉の使い方を間違えたりしてる時もあるみたい?ですけど(笑い)、何よりテンポが大切なんです。だから、皆さん、温かく見守ってくださいね!![29]

  • 3月21日、門脇、小谷里歩近藤里奈の3名が、14年ぶりにリニューアルパワーアップした京都太秦映画村のお化け屋敷「史上最恐のお化け屋敷」の体験取材を行った。体験する前は、「自分で歩くお化け屋敷は初めて。気持ちに素直になりたい」(門脇)、「みんなに迷惑をかけないよう、自分の力を出し切りたい」(小谷)、「これを体験して、精神的に強くなりたい」(近藤)と笑顔でコメント。約10分ほどのお化け屋敷体験が終了後、施設から恐怖に震えながら飛び出してきた3名は、「とにかく人がリアル過ぎて、動き出しそうなので、予測不可能で恐かった」(門脇)「もういいですっていうのに、驚かせてくれるので絶対コワイ!」(小谷)「後ろに注意してください!」(近藤)と恐怖体験を語った。なかでも、小谷はスタート時から号泣して腰くだけになり、ちゃんと歩けないほどになったそう。「いままでのお化け屋敷と比べて一番こわかった。自信もっていただいていいです!」と力説した。会見の最後には、突然お化けたちが施設から登場。3名は驚いて絶叫&号泣し、取材会は終了した[30]
  • 5月3日、近藤里奈がGoogle+に「ご感想を」という一言と動画を投稿。内容は、控え室のメンバーの「あること」についての会話(クロストークのため、誰の発言かは不明)。
門脇(?)「…前のおっさんがな、エロ本見とってな(笑)」
渡辺美優紀「エロ本!?」
不明「反応すんなよ」
山本彩(?)「エロ本ぐらい読むやろ」
渡辺「誰? エロ本って言ったん誰?」
近藤「エロ本! エロ本!」
門脇「しかもめっちゃ過激やった」
(不明)「知らん!(怒)」
岸野里香「それ見てどうしとったん?」
門脇「斜めから見とった」
近藤「(渡辺に)エロ本読んだ事ある?」
渡辺「……ない!(笑)」
近藤「(笑)。みる、エロ本読んだ事ある?」
岸野?「あるやろ…見とったやろ」
白間美瑠「(笑)…ない!」
近藤「(上西に)ある?」
上西恵「ある!(笑)」
近藤「えええー!(笑)」
不明「公園にさ、漫画のエロ本あるやん、あれめっちゃ読んでたもん」
近藤「さや姉、エロ本読んだことある?」
山本「今日も読んできた」
近藤・渡辺「(笑)」
不明「考えて喋って」
不明(公園でエロ本を発見した人)「明日見たいなと思ってた」[31]
  • 5月26日、日刊スポーツでの第4回総選挙候補者紹介記事より。

NMB48で一番の食いしん坊を自負する。「量じゃなく種類をいっぱい食べるからバイキングが大好き」。アップルパイが大好物だが、国際映画祭で訪れた沖縄で海ぶどうにハマった。「食感が最高でめちゃおいしかった。茎も食べました」と笑う。「『塩ちんすこうアイス』もおすすめ。クッキーアイスクリームの塩バージョンって感じで20個は食べました」。メンバーには「胃下垂ちゃうの?」と言われるほどだ。「ギャル曽根さんとご飯を食べたいです」。願いを叶える為にも、2度目の総選挙でランクインを狙う。

  • 6月13日、サンケイスポーツで月1回(水曜日)での釣り企画「ガチで釣ります!!」の連載をスタート。
「NMB48イチの釣り師目指します。でも最近よくファンの方に『みるきーに負けずに、違う釣りも頑張れっ』って言われるんです。みるきーぱいせん! 極意を教えてくだせぇ」[32]
  • 6月30日、デイリースポーツの取材より。

「どっキング48」で言うと、陣内(智則)さんは司会みたいな立場をされることが多いので、番組進行をしながら面白いこともしっかり言わはるんです。
二つのことを同時にしっかりやるのが、ホンマにすごいなと。
(ケンドー)コバヤシさんは奇想天外なことばっかり言うんですけど、私からしたら実は一番話しやすいんです。というのは、こちらの話をしっかり聞いてくださってるんですよ。親子ほど歳が違うけど、同級生と話してるような感覚があるくらいしゃべりやすい。本当にお話が上手な人は、人の話を聞くのも上手なんですかね。
たむら(けんじ)さんは陣内さんとはまた違う意味で両方の面を持ってはって、コバヤシさんと一緒にとんでもないことを叫んでたかと思えば、また別の場面では「コバ、ええ加減にせえ!!」とツッコミを入れることもできる。
空気を読んで、ボケもツッコミも両方できるのがすごいなと。
皆さん、それぞれ個性がありつつ、本当に頭がいいんですよね。
例えば「どっキング48」でクイズが出題される時は、もちろん答えを教えてもらってるとかいう訳ではないんですけど、芸人さんは頭がいいから何となく答えの察しはついてるんですよね。
だから、最初から答えを当てるのは簡単なんでしょうけど、最初はボケて全然違うことを言って、少しずつ答えに近づけながら盛り上げていく。
そんなことって、心底頭が良くないとできないですもんね。
ホンマに楽しそうなお仕事であこがれるんですけど、やっぱり、私には無理です(笑い)[33]

  • 7月19日、サンテレビの釣り情報番組「ビッグフィッシング」に出演。[34]

2013年

  • 7月19日・25日放送分、関西テレビ「NMBとまなぶくん」の企画「NMBの何やらしてくれとんねん!」において、2級小型船舶操縦士の免許所得に挑戦し、合格[35]。48グループでは「AKB48ネ申テレビ」の企画で同免許を取得した大家志津香(AKB48)に続いて2人目。

2014年

  • 2月24日、「大組閣」において、門脇はチームBIIへの異動が発表される。
ブログ「昨日は大組閣祭りでした。私はチームNからチームB2になりました!キャプテンはえみち。副キャプテンはAKBから移籍した梅田さん。私はキャプテンとかぢゃないけどなんでも言って欲しいしNMBで1番良いチームにしたい!いつか最強チームって言われるようにがんばりますっ!仲良しのれいにゃんさんも移籍してきはってより最強NMBになる予感。皆、いろんな気持ちがあると思う。もちろん私にもあります。でもここで立ち止まっていたら何も始まらないしダメな気がします。自分なりに一生懸命やったらそれが正解の道になると信じて前を向いてがんばりますっ!これからも温かく見守ってください!」[36]

2015年

  • 10月22日、大阪城ホールで行われた、NMB48結成5周年記念コンサート「NMB48 5th Anniversary LIVE」最終日公演で、NMB48からの卒業を発表した。
アンコール3曲目『なんでやねん、アイドル』の曲の途中で音が止まり、門脇は「私、門脇佳奈子はNMB48を卒業します。日本一のバラエティータレントになります!」とNMB48卒業を発表。楽曲が終わると「前向きな明るい卒業にしたくて、大好きな、大切な『なんでやねん、アイドル』で、卒業報告をさせていただくことにしました」と説明した。門脇によると、今春には高校を卒業し、将来を考えていくうち、NMB48で見つけた次の夢「バラエティータレント」の道へ進もうと決めたという。運営側に本格的に相談を始めたのは今年の夏頃で「NMB48が私にバラエティータレントという夢をくれた。本当に、心からNMB48が大好きですっ!」と、あいさつの間、涙を見せなかった[3]

2016年

卒業公演後の写真。
関係各社、ファンからフラワースタンドや大漁旗が贈呈された。
公演来場者には団扇と乗船券が配られた。
  • 2月29日、NMB48劇場で卒業公演が行われる(同日付でNMB48としての活動を終了。劇場公演出演回数455回)[4]
セットリスト後、「門脇佳奈子 of NMB48」と称した門脇の活動の軌跡がスライドショーで上演され、同期の上西恵とともに『ライダー』を、さらに上西以外の1期生(山本彩・渡辺美優紀・木下春奈・岸野里香・木下百花・白間美瑠・吉田朱里・沖田彩華・川上礼奈・山口夕輝)も登場し、チームBIIとともに出演者全員で『青春のラップタイム』を披露した。
セレモニーでは、ファンから花束、チームBIIから寄せ書きの色紙、さらに「NMB48として活動してきた証」として劇場ロビーに飾る「金のプレート」が贈呈され、さらに市川美織は「鯛の被り物」をして登場し、メンバーに弄られた。また、過去にサンテレビの『ビッグフィッシング』で共演したオール阪神からのビデオメッセージが流され、門脇が『ビッグフィッシング』のアシスタントMCとしてレギュラー出演することが発表された。また、サンケイスポーツで掲載中の『ガチで釣ります!!』も続投することが決定している。以下、門脇からのメッセージ(抜粋)。

卒業公演を本当にありがとうございました。
私はNMBに入って5年と4ヶ月なんですけれども、本当にNMBにはたくさん大切なものを頂いて。まずは優しくて温かい心強いファンの皆さんだったりとか、いつもサポートしてくれるスタッフさんだったりとか、優しくて温かくていつも一緒にいたメンバーだとか、本当に数え切れないほど大切なものをいただきました。
NMB48に入って何もわからない私やったんですけど、当たり前に劇場公演があって、当たり前にシングルが出せて、当たり前に握手会があってっていう、幸せな当たり前がたくさんやったんですけど、NMB48卒業発表してからこの1つ1つ幸せな当たり前が本当は当たり前なんかじゃなくて、今日来てくださった皆さんやスタッフさん、そして遠くからパワーを送ってくださるファンの皆さん、そしてメンバー1人1人のおかげなんだなって凄く感じました。
私は明日からNMB48じゃなくて、1人のタレント門脇佳奈子としてスタートするんですけど、本当はすっごく怖くて、寂しくて。でもそれ以上に楽しみやし、今日発表させていただいたサンテレビの「ビッグフィッシング」だとか、色々決まってるので、希望に満ち溢れてるというか、これからNMB48でできなかったことをたくさんしていきたいなと思いますので、これからもNMB48も門脇佳奈子の応援もよろしくお願いします。本当にありがとうございました。
もっともっとね、嬉しい報告をたくさんしていきたいと思いますので、ツイッターとインスタはそのまま続けるんで、フォローしてください。強制でしてください、よろしくお願いします。[37]

また、同日の東スポwebの記事より。

「NMB48に入って何もわからない私でしたが、当たり前に劇場公演があって、シングルが出せて、握手会があって、幸せな当たり前がたくさんあった」と振り返り「この幸せな当たり前はファンの皆さんやスタッフ、メンバー一人ひとりのおかげだとすごく感じました」と笑顔で感謝した。 趣味の釣りを生かし、スポット出演しているサンテレビの釣り番組「ビッグフィッシング」(毎週木曜午後10時)で共演したオール阪神(58)からビデオレターが送られ、4月から同番組へのレギュラー出演が決定したことも発表された。[38]

NMB48卒業後

  • 所属事務所を、Showtitle(株主は吉本興業株式会社)へ移籍し、所属タレントとしてソロでの活動を開始。

2016年

  • 3月15日、東京・吉本興業本社で行われた「島ぜんぶでおーきな祭 第8回沖縄国際映画祭」の概要発表会で、「TV DIRECTOR’S MOVIE」で上映される映画『愛MY』(公開日未定、古東風太郎監督)で、主演を務めることが明らかになった。『愛MY』は、吉本興業とテレビ東京の共同製作。ある日突然モノ(所有物)と話せるようになった主人公の女子高生の恋や夢、共同生活を描く青春映画で、上西恵も親友役で出演するほか、お笑いコンビ・おかずクラブ、トレンディエンジェルらもモノの声で出演する[39]

交友関係

  • 白間美瑠木下春奈との3人で「おバカ三姉妹」と呼ばれている[40]。大組閣でともにBIIへ異動した木下春奈は「相方」とも呼べる存在[41]。木下春奈との会話は、スタッフに「吉本の漫才でも通用する」と言われたほど[1]
  • 「ムードメーカー」と言われることもあってか、仲の良いメンバーが多い。チームBIIに異動してからは、梅田彩佳薮下柊渋谷凪咲[42]とは行動を共にすることが多く、特に仲が良い。
  • 藤江れいなとは、「ファンの皆さんに似てるって言われるのがきっかけ」[43]で、藤江がAKB48に在籍していた頃から仲が良い[36]
  • AKB48で仲が良かったのは仲俣汐里[44]

性格・趣味

  • 趣味は、釣り[24]で「釣りドル」を称している。ほかに、食べること。ラジコン。お菓子グッズ収集。
  • 特技は、魚をさばくこと、船の運転[24]。どこでもすぐ寝られる[25]。食べること、喋ること[1]
  • NMB48加入前まで、習字を習っていた[45]
  • 長所は、最後までやりきる[25]。何事も全力でやりきる[1]
  • 短所は、頑固[25]。ビビリ。恐がり。すぐ後悔する[1]
  • 好きな男性のタイプは、優しくて面白い人[25]
  • 理想のデートは、「一日中スイーツバイキングにいたい」[25]
  • 好きな色は、黄色。濃いピンク。[46]
  • 好きな食べ物は、もつ鍋[24]。お菓子[46]。(以前の公式プロフィールではアップルパイ。)
  • 嫌いな食べ物は、ピーマン。大根。なすび[1]
  • 好きな言葉は、「ありがとう」「いただきます」[1]
  • 前述の2級小型船舶操縦士のほか、スキューバダイビングのライセンスを取得している[47]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

NMB48

AKB48

アルバムCD選抜曲

NMB48

AKB48

  • ここにいたこと」に収録
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義

出演

Wikipediaを参照。

YNN NMB48 CHANNEL

脚注・出典

  1. ^ a b c d e f g h 光文社「NMB48 COMPLETE BOOK 2012」P19より。
  2. ^ Showtitle プロフィール
  3. ^ a b NMB48「かなきち」門脇佳奈子が卒業を発表 - 日刊スポーツ 2015年10月22日
  4. ^ a b 金子剛 投稿 - Google+ 2016年2月29日 ArKaiBu Gugutas
  5. ^ 公式プロフィール - 2014年7月3日時点のアーカイブ
  6. ^ 公式プロフィール - 2014年8月23日時点のアーカイブ
  7. ^ 上西恵 投稿 - Google+ 2015年9月22日 ArKaiBu Gugutas
  8. ^ 木下春奈 投稿 - Google+ 2015年9月6日 ArKaiBu Gugutas
  9. ^ 川上千尋 投稿 - Google+ 2015年11月2日 ArKaiBu Gugutas
  10. ^ 日下このみ 投稿 - Google+ 2015年11月2日 ArKaiBu Gugutas
  11. ^ 西村愛華 投稿 - Google+ 2015年6月24日 ArKaiBu Gugutas
  12. ^ 『かなきちBOX』にゴミ入れたのは? 木下春奈・門脇佳奈子 NMB48事件簿【紙面連動コラム】 - デイリースポーツ 2011年8月18日(アーカイブ)
  13. ^ a b NMB48『25人全員スペシャルインタビュー!!』 - Web Deview 2012年5月15日(アーカイブ)
  14. ^ 日本テレビ「なにわなでしこ」2011年12月14日放送より。
  15. ^ ABCラジオ「NMB48学園」2011年11月12日放送より。
  16. ^ スフィンクス?☆ミかなきち - NMB48オフィシャルブログ 2011年7月20日
  17. ^ 門脇佳奈子 投稿 - Google+ 2013年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」P134より
  19. ^ a b 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2015」P140より
  20. ^ 門脇佳奈子と吉田朱里のTEPPENラジオ簡素なまとめ - 俺的AKBラジオ局(個人ブログ)
  21. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」P144より。
  22. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2013」P152より。
  23. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2013」P152より。
  24. ^ a b c d NMB48公式プロフィール
  25. ^ a b c d e f 光文社「FLASH SPECIAL」2011年5月1日増刊号「まるっとAKB48スペシャル」[要ページ範囲]
  26. ^ 生い立ち☆ミかなきち - NMB48オフィシャルブログ 2012年3月21日
  27. ^ テレビ東京「スター姫さがし太郎」 2011年6月4日放送分より。
  28. ^ 結成1周年…ちょっとは成長できたかな 上西恵、近藤里奈、門脇佳奈子 NMB48事件簿 - デイリースポーツ 2012年1月5日(アーカイブ)
  29. ^ 「つっこみ」は日々の積み重ね 村瀬紗英、門脇佳奈子、木下春奈 NMB48事件簿 - デイリースポーツ 2012年1月26日(アーカイブ)
  30. ^ NMB48のメンバーも絶叫&号泣! 絶対コワイと太鼓判! 東映太秦映画村「史上最恐のお化け屋敷」 - 関西ウォーカー 2012年3月21日
  31. ^ 近藤里奈 投稿 - Google+ 2012年5月3日 ArKaiBu Gugutas
  32. ^ 釣り師☆ミかなきち - NMB48オフィシャルブログ 2012年6月11日
  33. ^ 話しやすいのはケンコバさん 門脇佳奈子 NMB48のスッキリ診療所 - デイリースポーツ 2012年6月30日(アーカイブ)
  34. ^ 門脇佳奈子 投稿 - Google+ 2012年7月4日 ArKaiBu Gugutas
  35. ^ 門脇佳奈子 投稿 - Google+ 2013年7月26日 ArKaiBu Gugutas
  36. ^ a b B2☆彡かなきち - NMB48オフィシャルブログ 2014年2月25日
  37. ^ 【速報版】 門脇佳奈子 卒業公演レポート - AKB48@メモリスト 2016年3月1日
  38. ^ NMB48門脇佳奈子が卒業公演 釣り番組レギュラー出演決定 - 東スポweb 2016年2月29日
  39. ^ 元NMB48・門脇佳奈子:卒業後に「まさか!」の映画初主演決定- MANTANWEB 2016年3月15日
  40. ^ 木下春奈 投稿 - Google+ 2012年9月8日 ArKaiBu Gugutas
  41. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2012年11月2日 ArKaiBu Gugutas
  42. ^ 薮下 柊♪ ~徘徊~ - NMB48オフィシャルブログ(薮下柊投稿) 2014年10月13日
  43. ^ 門脇佳奈子 投稿 - Google+ 2014年4月6日 ArKaiBu Gugutas
  44. ^ 仲俣汐里 投稿 - Google+ 2012年2月3日 ArKaiBu Gugutas
  45. ^ 門脇佳奈子 投稿 - Google+ 2012年2月9日 ArKaiBu Gugutas
  46. ^ a b かなきちです(= ゜ω゜)ノ - NMB48オフィシャルブログ 2011年1月11日
  47. ^ 門脇佳奈子 投稿 - Google+ 2014年5月23日 ArKaiBu Gugutas

外部リンク