エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

大声ダイヤモンド

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 10thシングル
大声ダイヤモンド
大声ダイヤモンド 通常盤.jpg
発売日

2008年10月22日

レーベル

You, Be Cool!/KING RECORDS (通常盤)
NEW KING RECORDS (劇場盤)

選抜人数

20

販売形態

通常盤/劇場盤

AKB48 の シングル
9th 10th 11th
Baby! Baby! Baby! 大声ダイヤモンド 10年桜

大声ダイヤモンド」(おおごえダイヤモンド)は、2008年10月22日にキングレコードから発売された、AKB48の10枚目(インディーズを含めると通算12作目)のシングル。

概要

  • キャッチコピーは「大声で叫べば、ダイヤモンドになる」。
  • 通常盤と劇場盤の計2種が同時発売され、それぞれジャケット及び収録内容が異なる。
  • 前々作「桜の花びらたち2008」でデフスターレコーズとの契約が終了して以降、配信限定の「Baby! Baby! Baby!」を除くと8ヶ月ぶりのシングルリリース。
  • 本作よりキングレコードと契約。通常盤はAKB48のために新設されたレーベル「You, Be Cool!」から、劇場盤は「NEW KING RECORDS」からリリースされている。
  • 売り上げ面は、デフスタレコーズ時代に比べ飛躍的にアップし、週間ランキングも過去最高位となる3位を記録した。

リリースの背景

この曲は、選抜メンバー・メンバーの心境・売上・音楽の方向性など、それまでのAKBとは大幅に変わり、転機となった曲だともされる[要出典]。2作前の「桜の花びらたち2008」で運営側はなんとかCDの売上を伸ばそうと色々な特典を付けていたが、所属レコード会社からは違法性が高いと指摘され、さらに売上も低迷していたことから契約も解除されてしまった。またCDに握手券や特典を付けるその販売方法は、「AKB商法」とも揶揄され、非難を浴びることにもなった。そして1作前の「Baby! Baby! Baby!」は、前述の様に配信限定のシングル。

メンバー内ではこの頃、

  • 前田敦子「『これからどうしよう』『もうこれ以上、上には行けないのかな』って思ってる時期だったような気がします。『もうこのまま終わっちゃうんじゃないかな』って。多分それは私たちの意識が薄れてきちゃったからで…」[1]。しかし、この「大声ダイヤモンド」で、それまでの売上の3倍近いセールスを記録。3位というランキングも獲得した。前田敦子「オリコンで3位に入ったって聞いた時、AKBはまだやれるな、まだ続けられるなという気持ちはあったよ」。
  • 高橋みなみ「わかる。キテルとかじゃなくて、新鮮さを取り戻した感じっていうかさ。モチベーションの部分でもね」。
  • 前田敦子「だって3位なんて、一生無理だと思ってたもん。特にその頃は」。
  • 高橋みなみ「「スカひら」が出た時、初めて音楽番組とか出演させてもらって、これからどんどんそうなるのかな?って盛り上がっていたらさ、そこから2年間以上…世間からは遠のいて(笑)」[2]。「みんなが一瞬ね、『AKB大丈夫か…』って思った「Baby! Baby! Baby!」。だが、そこからのですよ。そこからAKBがちょっとずつ頑張り始めた。あの時があったから、今があるんです」[3]
  • 小嶋陽菜「この曲きっかけに、世間の人の目に触れる機会が増えてきたのかな。反響も大きかった」[4]

売上はこの作品だけでは留まらず、これ以後の作品では、ほぼ右肩上がりに成長を続けていく事になる。

また選抜メンバーの変更で、研究生あがりメンバーの重用や、SKEの新人がセンターに抜擢されるなど、それまで選抜だったAKBメンバーにとって、大きな心境の変化なども見られる。

  • 大島優子「正直、コイツはなんだ?と思ったんですね。自分もフロントメンバーから外れたので、こりゃちょっとまずいぞと。でも、ここで負けてらんないと思って、狂ったように踊ってやるぞと、火がつきましたね」。
  • それまでセンターを張っていた前田敦子。「思った以上にファンの人からすごい言われたというか、比べられていたというか。それまではセンターにいるけど、でも『どうせみんな私の事なんてなんとも思ってないな』っていう気持ちでした。でもこの曲から、自分のいる場所の意味が少しずつ分かってきた気がします」[1]
  • 秋元康は、「誰がって訳じゃないんですけど、(AKB内に)緩んだ空気があって。僕が羊飼いだとすれば、羊たちが散漫になった感じがしたんですよ。ここに全然違う羊が入ったら、キュッと締まるんじゃないかなと思ったんです」と松井珠理奈をセンターに置いた理由を語っている[5]

また、音楽性の面でも変化が見られる[要出典]。この曲の作曲者は、井上ヨシマサ。K2ndからAKBの作曲に参加し、2ndシングル「制服が邪魔をする」からは数多くのシングル曲も担当している作曲家である。

  • 井上ヨシマサ「俺は最初、早くAKBを秋葉原から全国区にしたいな、みたいな事を勝手に思ってたんです。で、秋元さんから発注されたイメージをあえて裏切ったりしたんですけど、そういうのはボツるんですよ。『あの曲、カッコいいですよ』って言うと、『うん、カッコいいからダメなんだよ』って」。―井上さんが作曲した「RIVER」はかなりカッコいい曲ですよね? 井上ヨシマサ「俺はAKBに関わった最初から、ああいう曲をやろうとしてたんですよ。なんだけど、秋元さんが、『まだ早い』って止める訳ですよ。『まだいい。今のファンだけを大事にして、彼らにずっとAKBのことを大好きでいてもらえるようになるまで待て。秋葉原オンリーでいい』って。いっこうに他の動きをしなかったんですね。それが「大声ダイヤモンド」までです。で、いよいよこう、せきを切ってというか。名古屋でSKE48をつくった、レコード会社がキングレコードに変わった、じゃあいよいよ全国区でやるよって」[1]
  • ミュージシャンや音楽ジャーナリストの対談より。「「大声ダイヤモンド」からの一連の井上ヨシマサ楽曲で、ちょっと力点が変わってきた気もする」。「「大声」でレーベル移籍でしょ。あそこで音は劇的に変わりましたよね。金がかかってきたというか」(中略)「まぁ作品ごとに好き嫌いはあるにしても、「大声ダイヤモンド」以降、楽曲に力を入れ始めてるのは間違いないんじゃないですか」[6]

主な記録

  • オリコン週間ランキング第3位(2008年11月3日付)[7]
  • オリコン月間ランキング2008年10月第7位。
  • オリコン年間ランキング2008年第109位。

収録曲

※所属チームは発売時点のもの。

大声ダイヤモンド

大声ダイヤモンド
AKB48
作詞

秋元康

作曲・編曲

井上ヨシマサ

MV監督

タイアップ

  • 通常盤、劇場盤の両方に収録。さらに通常盤には「team A ver.」「team B ver.」、劇場盤には「team K ver.」「研究生 ver.」「SKE48 ver.」が収録されている。
  • 初選抜は北原里英指原莉乃松井珠理奈宮崎美穂の4名。松井珠理奈はSKE48から初の選出で並びにセンターに抜擢された。前作の選抜メンバーから梅田彩佳大堀恵菊地あやか中西里菜が今作の選抜メンバーから外れた。
  • 題字は、チームK小野恵令奈が描いたもの。
  • MVの監督は「桜の花びらたち2008」以来となる高橋栄樹。内容はショートドラマ仕立てで、設定は「松岡女子高等学校」の文化祭。MVには、研究生含むAKB48のメンバー69人が出演している。

選抜メンバー(センター:前田敦子、松井珠理奈。かっこ内は選抜回数)

大声ダイヤモンド(team A ver.)歌唱メンバー

大声ダイヤモンド(team K ver.)歌唱メンバー

大声ダイヤモンド(team B ver.)歌唱メンバー

大声ダイヤモンド(研究生 ver.)歌唱メンバー

大声ダイヤモンド(SKE48 ver.)歌唱メンバー

109(マルキュー)

109(マルキュー)
AKB48
作詞

秋元康

作曲

伊藤心太郎

編曲

野中"まさ"雄一

  • 通常盤、劇場盤の両方に収録。
  • 当時のチームA全員で歌唱。

歌唱メンバー

収録内容

通常盤

通常盤
松井珠理奈

CD [16:21][9]

  1. 大声ダイヤモンド [4:09]
  2. 109(マルキュー) [3:57]
  3. 大声ダイヤモンド(team A ver.) [4:08]
  4. 大声ダイヤモンド(team B ver.) [4:07]

DVD

  1. 大声ダイヤモンド Music Video
  2. Making of 「大声ダイヤモンド」

特典

  • 握手会参加券(福岡・大阪・愛知・新宿)およびアナザージャケット1種封入(全19種類、松井を除く選抜メンバー)

劇場盤

劇場盤
松井珠理奈

CD

  1. 大声ダイヤモンド [4:09]
  2. 109(マルキュー) [3:57]
  3. 大声ダイヤモンド(team K ver.)
  4. 大声ダイヤモンド(研究生 ver.)
  5. 大声ダイヤモンド(SKE48 ver.)

DVD

  1. 大声ダイヤモンド Music Video
  2. 告白映像
  3. SKE48の軌跡

特典

  • 劇場握手会参加券(AKB48劇場・SUNSHINE STUDIO)
  • 生写真1枚(全90種、チームA・K・B・研究生・SKE48)

注釈


出典

  1. ^ a b c 『QuickJapan』 Vol.87
  2. ^ 『たかみな』
  3. ^ 「明日までもうちょっと。」2011年10月16日
  4. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  5. ^ 『BUBKA』 2009年1月号
  6. ^ 『BUBKA』 2011年11月号
  7. ^ 週間 CDシングルランキング2008年11月3日付 - ORICON STYLE 2008年11月3日
  8. ^ 大声ダイヤモンド - ORICON STYLE
  9. ^ 大声ダイヤモンド - ヨドバシ.com

外部リンク