エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

大谷莉子

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
NMB48
大谷 莉子 おおたに りこ
2011年NMB48プロフィール 大谷莉子.jpg
公式ニックネーム

りこぴん

生年月日

1996年12月11日 (22歳)

出身地

奈良県

血液型

O型[1]

身長

149cm

合格期

2期生

選抜回数

0回

大谷 莉子(おおたに りこ、1996年12月11日 - )は、NMB48の元研究生。奈良県出身。

略歴

2011年
2012年
  • 1月11日、卒業公演。
  • 1月15日、『オーマイガー!』写メ会をもって、NMB48としての活動を終了。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「リコリコ、リコリコ。りこぴんスマイル。み~んなの栄養素になりたいな」
  • ニックネームは「りこぴん」。[2]名前の「りこ」と好きな食べ物の一つ、トマトの赤色色素リコピンにかけたもの。
  • 自身のアピールポイントについて。
「私は特に、ダンスが苦手なんで、頑張ってみんなに追いつきたいです。トークに関しては、公演でもファンの方々が結構笑ってくださったんで、少し得意、かな?(笑)。あと、よくフワフワしてると言われるので、“癒し系”を目指して頑張ります。応援よろしくお願いします」[3]
  • ブログについて。
「交代で書いてるんですが、結構難しいんですよね…。自分の日記と違って、皆さんに読んでいただくものなので、どう書いたらいいか迷うんです。先輩たちのブログは面白いのが多くて、特に木下百花さんのは、本当に面白い!!実はうちのお母さんも大好きで、親子そろってファンなんです(笑)。なので木下さんに、思い切ってブログの秘けつを聞いてみました。そしたら『思うがままに書け!』の一言。うーん…、わかったようなわからないような感じではありますが(笑)、これからは思うがままに書いてみようと思います」[3]

NMB48として

2011年

  • 5月、NMB48第2期生オーディションに合格。オーディションを受けようと思ったきっかけは「小っちゃい頃からアイドルになりたくて申し込みました」[4]
  • リズム感がなく、ダンスは苦手。『スター姫さがし太郎』の初日公演メンバー発表特集では、ダンス講師から「何一つ出来てない。どれも出来てるやつがない。リズムが1人だけ全然違う。死ぬほどやらないと、チームMには絶対入れない」と言われてしまう。だがレッスンの成果か、初日メンバーの発表で最後の16番目になんとか滑り込み、初日公演には出られる事になった。「放送をご覧になられた方はご存じかと思いますが、本当に私はダンスがダメダメなんです。それなのに初日メンバーに選んでいただけた時はすごくビックリしました。だけど手放しで喜ぶ事は出来ませんでした。名前を呼ばれたと同時に選ばれなかった子たちのぶんも頑張らないといけないっていう気持ちになりました」[5]
  • 8月13日、2期生公演「PARTYが始まるよ」で劇場デビュー。
「もっと緊張するかと思ったんですが、思ったより緊張しなくて、すごく楽しかったです。でも、先輩たちに比べたらまだまだなので、毎日一生懸命頑張ってレベルアップしていきたいです」[3]
  • 9月19日、西淀川で行われたチャリティーイベントに出演予定だったが、体調不良により急遽ほかのメンバーと交代。20・24日の2期生公演も体調不良により休演。25日に行われた『フライングゲット』劇場盤個別握手会も同理由により不参加となっている。10月に入っても相変わらず運営はなんの発表も行わず、本人のブログも9月18日を最後に更新を停止している。
  • 10月9日、NMB48の1周年記念公演のアンコールに出演し、ファンの前に姿を見せた。また、終演後にブログも更新し、NMB48のメンバーとして活動を続けていくことを報告した。
ブログ「長い間お休みしてしまった事で皆さんに、ご心配をおかけして本当に申し訳ありませんでした。おかげさまで心身共に元気になりました。お休みする前の私のブログに皆さんからの心配して下さっているコメントを見させていただく度に、申し訳ない思いや 有り難さで胸がいっぱいになりました。雨の日も 晴れの日も エールを送って下さった事…決して忘れてはいけないと思っています。私には、こんなに温かい皆さんが応援して下さっているのだと、そう思うのと同時に、心配をおかけしてしまっている自分が申し訳なくて、たまらなかったです。お休みさせていただいていた間に、色々な事を考え、また 自分自身と向き合う事で今まで気付かなかった事が見えたりもしました。今日、記念すべき一周年アニバーサリー公演のアンコール最後の曲で、私も一緒に舞台に立たせてもらえて、本当に嬉しくて…やっぱり私は、NMB48が大好きです。皆さんから支えていただいたこの感謝の気持ちを胸に、これからもっともっと頑張って、より成長して皆さんに喜んでいただける自分にならなきゃと、そう思っています。足踏みしてしまっていた私の背中を皆さんが、温かく押して下さったお陰で、また、前に進む事が出来そうです。お休みした分、全力疾走で頑張ります! 本当にご心配をおかけしてごめんなさい。こんな私ですが、 これからも宜しくお願いします」[6]
  • 10月13日、劇場公演も復帰。
  • 12月3・4日、SKE48劇場、AKB48劇場で行われた「PARTYが始まるよ」出張公演のメンバー16名に選ばれ出演。だがSKE48劇場公演の時に、ちょっとした事件を起こす。
「舞台袖にはけるときに、劇場の形がちがったんで、ちょっとぶつかっちゃって、扇風機を落としちゃったんです。これは、『桜の花びらたち』の曲で花びらを飛ばすための扇風機だったんですけど、うまく飛ばなくなっちゃって、愛梨ちゃんの頭に積もっちゃったんです(笑)。スタッフさんが直して下さったんですが、ちょっとずれてたみたいで…。あとですごく怒られました」[7]
  • 12月11日、15歳の誕生日を迎えて、ブログを投稿。
「私の一年間の目標を立てました。それは、もっとたくさんの人に私を知ってもらえる事。その為に、一つ一つの活動を大切にする事。何より大切な公演を見に来て下さる方により楽しいと思っていただけるように、パフォーマンス力を上げて、チームMに入る事。そして選抜メンバーに選んでいただく事です。私は一年間、その目標のために毎日地道にコツコツと頑張っていきたいと思います」
また前日には、瀧山あかねが卒業を発表。同期から初めての卒業生が出ることとなった。
ブログ「昨日の公演でねっちの卒業の発表がありました。これまで、一緒に頑張りながらも、みんなそれぞれに違った悩みを抱えている事、しばらくお休みしてしまった私には、よくわかります。だから、ねっちが一番良いと思った選択を応援したいと思います」[8]
  • 12月27日、2011年最後の2期生公演にて、NMB48からの卒業を発表した。
「大切な報告があります。私、大谷莉子はNMB48を卒業させて頂く事になりました。6月にTDCホールでのお披露目があってから今までずっと応援して頂いた皆様、本当に申し訳ありません。オーディションの時から、私の中では何度も繰り返し葛藤があり、その度に沢山の応募の中から選ばれたことや、皆様と出会えた事を思い出して「よし頑張ろう」と思い頑張ってきました。私は今中学3年生で、受験という大きな壁が前にあって、NMB48の活動と両立して頑張ろうと思っていましたが、自分の希望する高校に行くには、両立することが難しい状態で、自分の希望する高校に行くのを諦めきれませんでした。NMB48のメンバーとして皆様と出会えた事や、普通の女の子では経験できないような事や、入らないと分からない事をたくさん経験させてもらいました。そしてNMB48のメンバーとして皆様と楽しい時間を過ごせた公演や、たくさんの人に出会えた握手会。とても楽しい時間でした。ありがとうございました。NMB48を支えて下さっているスタッフの皆さんにも本当に感謝しています。最後に私がここまで来れたのは、皆様とメンバーの皆のお陰だと思っております。本当にありがとうございました」[9]
卒業について、ブログを更新。
「私は今、中学3年生で受験生です。周りの同級生は みんな 全日制の高校を志望しています。そんな中NMB48の活動を続けていると、どうしても早退や欠席をしなければならず、全日制の高校に籍をおく事はとても難しい状態で、私は 単位制の高校に通いながら、NMB48の活動を頑張っていこう…そう考えていました。いよいよ 志望校決定という人生の分かれ道に立ち、将来の事も考えるとやっぱり全日制の高校に通いたいという気持ちが大きくなりました。NMB48のメンバーとしてたくさんの方々と出会い、普通の女の子では出来ない貴重な経験もさせていただきました。家族や、学校や部活の仲間、たくさんの人に迷惑をかけてまで 入らせてもらったNMB48でしたが、経験させてもらって 初めてわかる事もありました。改めて 普通の生活の大切さや、授業を受けて学べる事の有り難さを知る事が出来ました。メンバーも、また応援して下さる皆さんも、それぞれ 価値観や考え方…育った環境も違っていて、私の卒業に賛成して下さる方…、また反対される方…、色々なご意見があるのは当然の事で、全てのご意見を受け止めなければならないと思っています。私自身も、活動を続けさせてもらう中…何度も何度も繰り返し自分自身に問いかけ、考えてきました。NMB48のメンバーとして、 公演で皆さんと楽しい時間を過ごせた事、握手会で皆さんと出会えた事、ダンスを好きにさせてもらった事、長いお休みをして、本当にご心配をおかけしてしまったのに、あんなに温かく迎えて下さった事…、いっぱい、いっぱい愛をいただいた事、感謝の言葉は尽きません。応援して下さる皆様のお気持ちを考えると、申し訳ない気持ちでいっぱいです。握手会での皆さん、お一人、お一人の笑顔が今も浮かんできます。本当にごめんなさい…。そして… この度 私の思いを受け入れ、理解して下さったNMB48を支えて下さるスタッフの皆様、メンバーの皆様に感謝しています。NMB48のこれからの益々の発展と皆様の御多幸をお祈りします。本当に お世話になり、 ありがとうございました。最後に、わたしがここまで頑張って来れたのは、応援して下さった皆様と、メンバーのみんなのおかげなんです。だから、みんなの事これからずっと応援してるよ。本当にありがとう」[10]

2012年

  • 1月7・8日、AKB48の24thシングル『上からマリコ』個別握手会に参加(2月5日分・25thシングル分は中止)。
ブログ「私にとって最後の最後の握手会が終わってしまいました。いつかのブログにも同じ事を書いた事がありましたが、私は、本当に握手会が大好きでした。皆様にさようならとお別れを言うのは、本当に寂しくて、辛い気持ちになります。今まで参加させていただいた全ての握手会で、私と出会って下さった皆様、公演を見に来て下さった皆様、スター姫さがし太郎さんを見て私の事を知って下さった皆様、これから、会いにこようとして下さっていた皆様、私のブログを読んで下さった皆様、全ての皆様、本当にありがとうございました。もう…握手をさせていただく事も無くなってしまいましたが、優しい皆様の温もりはきっとずっと忘れません。この先も…誰かと出会うたびに皆様との出会いを思い出すことと思います。皆様も時々、私の事を思い出して下さると嬉しいです」[11]
  • 1月11日、NMB48劇場にて、卒業公演を行う。翌日、最後のブログを更新。
「何から書けば良いのか、どんな言葉でなら私の心を表せるのか、皆さんからのお手紙を読ませていただいたり、いただいた物を見つめていると、心の整理がつかないまま時間ばかり過ぎてしまって、朝も気がつくと登校の時間になってしまっていて、学校から帰って…やっと最後のブログを更新する勇気が出ました。昨日…私、大谷莉子は最後の公演にださせていただき、NMB48を卒業させていただきました。私の最後の公演を、素晴らしい時間にして下さり、ありがとうございました。お世話いただいた全ての皆様に感謝しています。そして…昨夜、私の卒業公演を、寒さが厳しい劇場の外で見守って下さった方々もたくさんいらっしゃったとお聞きし、本当に申し訳ない気持ちと、感謝の気持ちでいっぱいです。私の卒業の為に、集まって下さり、色々と考えて下さった事をお聞きして、皆さんお一人お一人のお顔が浮かんで、胸が詰まる思いです。こんな私の事を皆さんが大切に思って下さり、私なんかには本当にもったいないと思います。生誕祭の時に、皆さんが缶バッチを作って下さり、応援して下さってから、まだほんのひと月足らずでお別れしてしまう形になってしまって、本当に心苦しく思っています。皆さんのお気持ちを忘れず、ずっと私のお守りにさせていただきます。
昨春、NMB48のオーディションに合格させていただき、その一員として メンバーのみんなと共に、同じ夢、一つの目標に向かい一緒に頑張ってきた この8ヶ月は、毎日が新鮮で、また毎日が自分との戦いで、本当にあっという間の8ヶ月でした。立ち止まったり、足踏みしたり、ご心配ばかりおかけしてしまった私に、毎日毎日…皆様は温かいメッセージを寄せて下さり、それに支えいただいて、今まで頑張ってこれました。 皆様が、心をこめて送って下さったエールの全て、私の宝物として、これからも大切にしていこうと思っています。こんなに優しくしていただいておきながら、何もお返し出来ないまま卒業してしまう事を、本当に申し訳なく思っています。皆様との出会いは本当に感動でした。ただの平凡な中学生の私が、優しい皆さんからのたくさんの愛に包まれて、幸せな日々でした。今日のブログが最後になってしまうので、明日からは、皆さんのメッセージを心待ちにする事は叶いませんが、心の中でどこかで、頑張っている大切な皆さんの幸せを願いながら、私も頑張りたいと思います。晴れの日も…雨の日も、空を見上げると傍に居られる気がします。
メンバーのみんなへ。毎日毎日 レッスン場に通い、みんなと一緒に一つの夢を追いかけた日々は、私の一生の宝物です。かけがえのない青春でした。心温かく送り出してくれて、本当にありがとう。卒業しても私はNMB48の益々の発展と、みんなが夢を掴んでくれるのをお祈りしています。
本当に…感謝の気持ちは伝えきれません。たくさんのありがとうと、感謝の気持ちを胸にNMB48を卒業させていただきます。皆様、お元気で。また いつの日か」[12]
  • 1月15日、NMB48の『オーマイガー!』の写メ会をもって、NMB48としての活動を終了した。

交友関係

  • AKB48で好きなメンバーは、渡辺麻友[4]
  • 渡辺美優紀「りこぴんは、何事にもゆっくりで、典型的な奈良人(笑)。着替えるのも一番遅いみたいです。まあ私も、喋るのゆっくりだし、時間の流れが遅いかもしれません。りこぴんと似てると言われることもありますが、あんなに不思議じゃないですよ(笑)。実はりこぴんには、意外な一面があって、ホテルの部屋とかで、写真集的な遊びをしてるらしいんです。1人でいろんな写メを撮ったりしてるみたいで…。これ以上は言えませんけど(笑)」。大谷「言われるほど不思議じゃないですよ~。写真集遊びは…。まあいろいろ撮ってます(笑)。ホテルの部屋とかだと、楽しくなっていろいろしちゃうんですよね。特に夜になると、テンションが上がるんです。奈良の鹿みたいに、夜行性なのかな?」[7]
  • 奈良県出身ということで「奈良ーず」に加入。「私も奈良ーずの一員になれて、すごくうれしいです。熱血な福本さんは、やっぱりカッコイイですね。憧れるんですけど、私にはそんな風になれる自信がないな…。渡辺さんは、雰囲気が似てると言われることもあるんですけど、とてもとても、恐れ多いです。でも、ゆったりしているという面では、奈良ですよね(笑)」[7]

性格・趣味

  • メンバーの中でも、学校でも静かな方。[4]
  • 趣味は、アニメ。マンガ。[4]
  • 戦国武将が好き。[13]
  • 隙間に挟まるのが好き。篠原栞那「レッスン場でレッスンしてたんですよ。ちょっと飲み物飲みたいなと思って、2期の子たちがおる所に行ったら、莉子ちゃんが階段と壁の隙間のところに入ってて。むっっちゃ陰のある子みたいになってて。この子どうしたんやろって『なにしてるん?』って聞いたら、『落ち着くんです』って言われて」。小鷹狩佑香「そうです。莉子ちゃん、『隙間が落ち着く』ってずっと言ってるんです」。篠原「ハムスターみたいやな」。[14]
  • 5歳の時から剣道を習っており、初段。[15]中学の部活も剣道部に所属している。[16]
  • 「陸上も習っていました。走ることは大好きです。小学校のマラソン大会では一番で、市の駅伝の選手にも選ばれました」[15]
  • 身体が硬い。「ダンスの先生からも 『うわぁ~ めっちゃ 身体固いなぁ~』ってビックリされてしまいました」[17]
  • 中学1年の時から生徒会に入っている。「今年の卒業式では 送辞も読ませていただきました」[18]
  • 好きな食べ物は、チョコレートやアイスクリームなどの甘いもの。トマト。苺。「最近トマトは毎日食べています」[1]
  • 好きな色は、ピンク。[18]
  • 好きなブランドは、Turara。LizLisa。「だけどいつかは大人の装いの似合う女性になりたいと憧れます」[18]
  • 2人の兄がいる。末っ子。[18]
  • NMBのブログを書くために、初めて自分の携帯を持たせてもらった。[19]「ブログは携帯で書いてるんですけど、実はNMB48に入るまで、携帯は持ってなかったんです。何でかっていうと、お兄ちゃんが中学校のころに携帯を持ってたんですけど、携帯にはまりすぎて勉強しなくなっちゃったみたいで…(笑)、私はそうならないようにしようと思って、持たなかったんです。でも今は持ってるんで、ブログもたくさん更新しますね」[3]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

出演番組

脚注・出典

外部リンク