エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

AKB48 22ndシングル選抜総選挙

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 22ndシングル選抜総選挙
「今年もガチです」
AKB48 22ndシングル選抜総選挙 前田敦子.jpg
前田敦子
開票日

2011年6月9日

会場

日本武道館[1]

立候補者

AKB48SKE48NMB48在籍メンバー

1位
当選枠

1 - 21位:選抜メンバー
(1 - 12位:メディア選抜)
22 - 40位:アンダーガールズ
→22ndシングル(フライングゲット)の収録曲をそれぞれ担当

AKB48 の 選抜総選挙
第2回 第3回 第4回
AKB48 17thシングル選抜総選挙 AKB48 22ndシングル選抜総選挙 AKB48 27thシングル選抜総選挙

AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」は、AKB48の22枚目のシングル「フライングゲット」の選抜メンバーを決定した選抜総選挙。2011年6月9日開票、1位は前田敦子

本記事中、特記のない日付は2011年のものである。

概要

  • 2009年のAKB48 13thシングル選抜総選挙、2010年のAKB48 17thシングル選抜総選挙に続き、3年連続3回目の開催。
  • 当初の予定では、3月25 - 27日に開催予定のコンサート「たかみなについて行きます」にて発表される予定だったが、3月11日に発生した東日本大震災の影響でコンサート自体が中止となり、3月29日に公式ブログでの開催発表となった。まだ被災地の爪痕が癒えてない状況でのイベント開催となるが、これには「AKB48の夢に向かって一生懸命生きる姿で、勇気づけられたら…」という気持ちが込められている[2]
  • 前年に結成されたNMB48のメンバーが初参加。
  • 上位40名が8月発売予定のAKB48 22ndシングルに参加できる。区分は前回と同じく、上位21名は「選抜メンバー」、その中でも上位12名は「メディア選抜」、22 - 40位は「アンダーガールズ」としてそれぞれ楽曲を歌唱する。なお、22ndシングルは8月24日に「フライングゲット」として発売されている。
  • 4月28日より、YouTubeの「選抜総選挙チャンネル」にて政見放送が配信された(現在は削除)。
  • 5月13日、講談社から「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」が発売された。
  • 4月18日から6月8日まで、立候補する全152人の特集が日刊スポーツに掲載された。
  • 投票の運営・管理は、株式会社パイプドビッツが担当[3]。弁護士も立ち会い、万全の態勢で開票(集計)作業が行われた。
  • 開票イベントは、6月9日に日本武道館で開催された。MCは昨年に続き徳光和夫と木佐彩子が務める。全国86か所の映画館[4]の合計97スクリーンと、香港、台湾、韓国の計9スクリーンで生中継された。さらに今回は、日本テレビ系「なるほど!ハイスクール」の放送時間と重なることもあって、番組内で武道館からの中継を挟み、順位速報を随時表示した。

立候補者

AKB48SKE48NMB48のメンバー全152名が立候補[5]。実質的には立候補ではなく全員参加である。開催発表後に山口菜有牛窪紗良がAKB48としての活動辞退を発表し、総選挙への参加も辞退したため、最終的には150名となった。

AKB4870名→68名)
チームA
(16名)
岩佐美咲多田愛佳大家志津香片山陽加倉持明日香小嶋陽菜指原莉乃篠田麻里子高城亜樹高橋みなみ仲川遥香中田ちさと仲谷明香前田敦子前田亜美松原夏海
チームK
(16名)
秋元才加板野友美内田眞由美梅田彩佳大島優子菊地あやか田名部生来中塚智実仁藤萌乃野中美郷藤江れいな松井咲子峯岸みなみ宮澤佐江横山由依米沢瑠美
チームB
(15名)
石田晴香河西智美柏木由紀北原里英小林香菜小森美果佐藤亜美菜佐藤すみれ佐藤夏希鈴木まりや近野莉菜平嶋夏海増田有華宮崎美穂渡辺麻友
研究生
23名→21名)
大場美奈島崎遥香島田晴香竹内美宥永尾まりや中村麻里子森杏奈山内鈴蘭阿部マリア伊豆田莉奈市川美織入山杏奈加藤玲奈小林茉里奈仲俣汐里藤田奈那牛窪紗良川栄李奈小嶋菜月鈴木紫帆里名取稚菜森川彩香山口菜有
SKE48(57名)
チームS
(16名)
大矢真那小野晴香加藤るみ木﨑ゆりあ木下有希子桑原みずき須田亜香里高田志織出口陽中西優香平田璃香子平松可奈子松井珠理奈松井玲奈松下唯矢神久美
チームKII
(16名)
赤枝里々奈阿比留李帆石田安奈小木曽汐莉加藤智子後藤理沙子佐藤聖羅佐藤実絵子高柳明音秦佐和子古川愛李松本梨奈向田茉夏矢方美紀山田澪花若林倫香
チームE
(16名)
磯原杏華上野圭澄梅本まどか金子栞木本花音小林亜実酒井萌衣柴田阿弥高木由麻奈竹内舞都築里佳中村優花原望奈美間野春香山下ゆかり山田恵里伽
研究生
(9名)
井口栞里犬塚あさな今出舞内山命鬼頭桃菜小林絵未梨斉藤真木子松村香織水埜帆乃香
NMB48(25名)
チームN
(16名)
小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香木下春奈小谷里歩近藤里奈篠原栞那上西恵白間美瑠福本愛菜松田栞森彩華山田菜々山本彩吉田朱里渡辺美優紀
研究生
(9名)
太田里織菜沖田彩華川上礼奈木下百花小柳有沙原みづき肥川彩愛山岸奈津美山口夕輝

投票

  • 投票期間は5月24日10:00 - 6月8日15:00
  • 投票権は以下の通り。
    • 21stシングル「Everyday、カチューシャ」通常盤・初回限定盤購入者
    • AKB48公式ファンクラブ「柱の会」会員
    • AKB48公式携帯サイト「AKB48 Mobile」会員
    • SKE48公式携帯サイト「SKE48 Mobile」会員
    • NMB48公式携帯サイト「NMB48 Mobile」会員
    • DMM.com「AKB48 Live!! ON DEMAND」月額見放題会員

秋元康インタビュー

3回目となる総選挙で、メンバーに学んで欲しいこと。
「自分が目指している世界の厳しさを、今一度、実感して欲しい。ファンの皆さんのお陰で、AKBはここまで成長する事が出来ました。AKBという存在が、すごく居心地の良い場所になった。反面、そこで鎬を削る事を忘れてしまっているメンバーも少なくありません。芸能界は、常に順位付けされる事で成り立っている世界です。誰かが入れば、誰かが落ちるシビアな世界」。AKBで鎬を削ることで、自分の可能性を模索せよと。
メディアに出ているメンバーと出ていないメンバーのハンディを指摘する声もありますが。
「その差も含めての1年の積み重ねが総選挙だと思っています。僕がメンバーに伝えたいのは、今のAKBほどチャンスがある場所は無いってことです。劇場には毎日の様にメディア関係者が見に来てくれています。それでも声が掛からないのは、その子の努力が足りないのかもしれない。まだ運が巡ってきていないのかもしれない。この1年、見えないチャンスを無駄にしたことは無かったか…。その積み重ねが総選挙に反映される面もあると思います。とは言うものの、これはあくまで現時点の順位であり、22枚目のシングルのメンバーをみんなで決めましょうというお祭りです。エンターテイメントとして楽しんで頂ければ嬉しいですね」
ガチですか?
「ガチでなければ意味がありません。何か不正があったら、イベントをやめます」
今年の見所は?
「やっぱりトップ争いですよね。不動のセンターと呼ばれた前年の覇者・前田敦子を抜いて、大島優子が王座に就いた。今年も優子の2連覇となるのか、あるいは前田が返り咲くのか、それとも…。まったく予想できませんよ」
裏話
「実は昨年末に、“AKBアワード”というようなものを作ろうかと思っていたんです。各分野毎に1位を決めようというもので、この分野は優子が1位、この分野は前田が1位というような。『私は何の1位だろう』というのが分かって、考えるキッカケになれれば良いと思ったんです。プロデュースというのは、0から1にする事ではなくて、0.1を100倍にする事ですから。だから、その人をプロデュースするヒントが欲しいんですね。個性と言っても良い。例えば、ブログの面白さでは指原が1等賞かもしれないし、声優部門では仲谷かもしれない。あるいは学力部門では仲俣とか。以前から言っているように、今後AKBから小説家、あるいは作曲家、もしかしたら政治家になる人が出てくるかもしれない。僕の理想は、AKBが200人いたら、200人がそれぞれ、こういう1等賞なんですって言えるグループになる事なんですよ。この総選挙をオールスター戦に例えるのも、全員がそれぞれ何かの分野のスタートして輝いて欲しいからなんです。全員がそれぞれの部門で1位になれた時、総選挙も真のオールスター戦になるんです」

速報発表

5月25日、40位までの速報順位が発表された。

  • 1位から40位までの投票数は合計154,050票。
  • 1位は大島優子、2位は前田敦子と前回の最終と同じ。前回は8位だった柏木由紀が3位に大躍進。
  • SKE48からは8名がランクイン。21位以内には3名と、前回よりもさらに躍進。今回初参加のNMB48からも2名がランクイン。40名中10名(25%)が姉妹グループとなった。
  • 姉妹グループの躍進もあってか、AKB48の研究生からランクインしたのは大場美奈(35位)と市川美織(39位)のみ。

なお、前年まで行われた中間発表は「順位の大勢が見えると面白くない」というファンの声を受けて廃止された[6]

結果

チーム別当選者数
チーム 当選者数 立候補者数 当選確率
チームA 11名 16名 68.8%
チームK 10名 16名 62.5%
チームB 10名 15名 66.7%
AKB48研究生 2名 21名 9.5%
チームS 6名 16名 37.5%
チームKII 2名 16名 12.5%
チームN 2名 16名 12.5%
上記以外 0名 34名 0.0%
  • 1位から40位までの投票数は合計1,081,332票。41位以下も含めた総投票数は1,166,145票[7]
  • 前田敦子大島優子を逆転し、2年ぶりに1位に返り咲いた。得票数で見ると、1位の前田敦子と2位の大島優子を合わせると262,735票となり、全体の22.5%を占めた。ちなみに41位 - 150位の得票数は84,813票であり、この110人分の得票を合わせても前田敦子や大島優子の得票数に届かない結果となった。
  • 過去2回の総選挙で顔ぶれが不変だった上位7人については、前回4位だった板野友美が8位へ後退。代わりに前回8位だった柏木由紀が3位と大きく躍進した。これがきっかけとなり、「神7」という用語が注目されることとなる。
  • 加入期別にみると、8位までは1期生から3期生が占め、得票数で見ると4分の3の票が1期生から3期生に投じられた。
  • 研究生からのランクインは、35位の大場美奈と39位の市川美織の2名。この2人は6月6日にチーム4に昇格しているため、研究生は1人もランクインしていないともいえる。
  • 初選抜は0名。選抜メンバーの固定化が目立つ結果となった。
  • 会場には、150媒体500名のメディアが取材に訪れた。テレビのワイドショーでも大きく取り上げられ、開票イベントの前後1週間(6月6日 - 12日)に、NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日の5局で取り上げられた時間は、合計9時間30分に及んだ。これは、昨年の集計(2010年6月6日 - 12日、合計3時間25分)の約2.8倍である。広告価値に換算すると、80億1500万円の効果があるという[8]

以下、集計作業を担当したパイプドビッツによるデータを元に分析。以下における「CD」は、投票券の封入された「Everyday、カチューシャ」のType-AとType-Bを指す。

  • 総投票数1,166,145票の内訳は、CD購入者の投票が779,090票(66.8%)、それ以外(公式ファンクラブサイト、公式モバイル会員)からの投票が3,807,055票(33.2%)。
  • 投票最終日(6月8日)までのCDの売上は約100万枚(キングレコード調べ)なので、CD購入者の投票率は約78%。
  • 日付別に見ると、CDの発売日である5月25日の投票が最も多かった。その後の投票数は下がり、投票期間最後の2日間に再び高くなっている。
  • 時間帯別に見ると、21時台の投票が最も多く、次いで22時台、20時台の順。
  • 投票と同時に実施したアンケートの結果、投票者の男女比は、男性が70.9%、女性が26.1%。年代別では10代男性が最も多く、続いて20代男性、10代女性。10代の男女を合わせると46.8%となった。

所属チームは立候補時のもの(6月6日にチーム4に昇格したメンバーも研究生扱い)

順位 名前 事務所 速報順位[9] 最終順位[10] 増減 前回順位
1位 2011年AKB48プロフィール 前田敦子.jpg A 前田敦子 1期 太田プロ 2位(16,452票) 1位(139,892票) +109,041 2位(30,851票)
2位 2011年AKB48プロフィール 大島優子.jpg K 大島優子 2期 太田プロ 1位(17,156票) 2位(122,843票) +91,395 1位(31,448票)
3位 2011年AKB48プロフィール 柏木由紀.jpg B 柏木由紀 3期 ビスケット 3位(12,056票) 3位(74,252票) +58,786 8位(15,466票)
4位 2011年AKB48プロフィール 篠田麻里子.jpg A 篠田麻里子 1.5期 サムデイ 6位(8,016票) 4位(60,539票) +37,400 3位(23,139票)
5位 2011年AKB48プロフィール 渡辺麻友.jpg B 渡辺麻友 3期 尾木プロ 5位(8,582票) 5位(59,118票) +39,030 5位(20,088票)
6位 2011年AKB48プロフィール 小嶋陽菜.jpg A 小嶋陽菜 1期 尾木プロ 10位(6,534票) 6位(52,920票) +36,689 7位(16,231票)
7位 2011年AKB48プロフィール 高橋みなみ.jpg A 高橋みなみ 1期 尾木プロ 4位(8,833票) 7位(52,790票) +35,003 6位(17,787票)
8位 2011年AKB48プロフィール 板野友美.jpg K 板野友美 1期 ホリプロ 8位(6,596票) 8位(50,403票) +29,890 4位(20,513票)
9位 2011年AKB48プロフィール 指原莉乃.jpg A 指原莉乃 5期 太田プロ 7位(7,357票) 9位(45,227票) +38,523 19位(6,704票)
10位 2010年SKE48プロフィール 松井玲奈.jpg S 松井玲奈 SKE48 1期 ピタゴラス 9位(6,559票) 10位(36,929票) +24,847 11位(12,082票)
11位 2011年AKB48プロフィール 宮澤佐江.jpg K 宮澤佐江 2期 office48 11位(5,157票) 11位(33,500票) +20,940 9位(12,560票)
12位 2011年AKB48プロフィール 高城亜樹.jpg A 高城亜樹 6期 ビスケット 12位(5,096票) 12位(31,009票) +19,947 13位(11,062票)
13位 2011年AKB48プロフィール 北原里英.jpg B 北原里英 5期 太田プロ 14位(3,860票) 13位(27,957票) +19,121 16位(8,836票)
14位 2010年SKE48プロフィール 松井珠理奈.jpg S 松井珠理奈 SKE48 1期 ピタゴラス 16位(2,843票) 14位(27,804票) +15,636 10位(12,168票)
15位 2011年AKB48プロフィール 峯岸みなみ.jpg K 峯岸みなみ 1期 尾木プロ 13位(3,931票) 15位(26,070票) +16,378 14位(9,692票)
16位 2011年AKB48プロフィール 河西智美.jpg B 河西智美 2期 ホリプロ 15位(3,102票) 16位(22,857票) +11,777 12位(11,080票)
17位 2011年AKB48プロフィール 秋元才加.jpg K 秋元才加 2期 office48 23位(1,502票) 17位(17,154票) +9,105 17位(8,049票)
18位 2011年AKB48プロフィール 佐藤亜美菜.jpg B 佐藤亜美菜 4期 ダンカン 18位(2,684票) 18位(16,574票) +9,653 18位(6,921票)
19位 2011年AKB48プロフィール 横山由依.jpg K 横山由依 9期 AKS 17位(2,753票) 19位(16,455票) - 圏外
20位 2011年AKB48プロフィール 増田有華.jpg B 増田有華 2期 office48 19位(2,201票) 20位(14,137票) +10,000 25位(4,137票)
21位 2011年AKB48プロフィール 倉持明日香.jpg A 倉持明日香 4期 ビスケット 20位(1,793票) 21位(12,387票) +7,032 23位(5,355票)
22位 2011年AKB48プロフィール 梅田彩佳.jpg K 梅田彩佳 2期 office48 26位(1,441票) 22位(11,860票) +9,361 32位(2,499票)
23位 2011年SKE48プロフィール 高柳明音.jpg KII 高柳明音 SKE48 2期 ピタゴラス 21位(1,761票) 23位(11,674票) +9,644 35位(2,030票)
24位 2011年AKB48プロフィール 仲川遥香.jpg A 仲川遥香 3期 尾木プロ 22位(1,571票) 24位(10,854票) +4,287 20位(6,567票)
25位 2011年AKB48プロフィール 多田愛佳.jpg A 多田愛佳 3期 尾木プロ 29位(1,129票) 25位(9,910票) +3,765 22位(6,145票)
26位 2011年AKB48プロフィール 平嶋夏海.jpg B 平嶋夏海 1期 尾木プロ 24位(1,484票) 26位(9,742票) +5,636 26位(4,106票)
27位 2011年AKB48プロフィール 宮崎美穂.jpg B 宮崎美穂 5期 ホリプロ 27位(1,378票) 27位(9,271票) +2,900 21位(6,371票)
28位 2011年NMB48プロフィール 山本彩.jpg N 山本彩 NMB48 1期 KYO吉本 25位(1,444票) 28位(8,697票) - 未加入
29位 2011年AKB48プロフィール 大家志津香.jpg A 大家志津香 4期 ビスケット 32位(904票) 29位(7,264票) - 圏外
30位 2010年SKE48プロフィール 大矢真那.jpg S 大矢真那 SKE48 1期 ピタゴラス 33位(885票) 30位(6,660票) +2,026 24位(4,634票)
31位 2011年AKB48プロフィール 仁藤萌乃.jpg K 仁藤萌乃 5期 ホリプロ 圏外 31位(6,288票) +3,595 29位(2,693票)
32位 2011年AKB48プロフィール 小森美果.jpg B 小森美果 7期 尾木プロ 38位(792票) 32位(6,120票) +3,507 30位(2,613票)
33位 2011年SKE48プロフィール 秦佐和子.jpg KII 秦佐和子 SKE48 3期 ピタゴラス 30位(1,118票) 33位(6,117票) - 圏外
34位 2011年AKB48プロフィール 佐藤すみれ.jpg B 佐藤すみれ 7期 ホリプロ 35位(852票) 34位(5,438票) +2,847 31位(2,591票)
35位 2011年AKB48プロフィール 大場美奈.jpg AKB研 大場美奈 9期 AKS 37位(811票) 35位(5,411票) - 圏外
36位 2010年SKE48プロフィール 須田亜香里.jpg S 須田亜香里 SKE48 3期 ピタゴラス 28位(1,139票) 36位(5,343票) - 圏外
37位 2011年AKB48プロフィール 前田亜美.jpg A 前田亜美 7期 flos two 圏外 37位(5,220票) - 圏外
38位 2011年AKB48プロフィール 松井咲子.jpg K 松井咲子 7期 サムデイ 36位(814票) 38位(5,020票) - 圏外
39位 2011年AKB48プロフィール 市川美織.jpg AKB研 市川美織 10期 AKS 圏外 39位(4,928票) - 未加入
40位 2011年AKB48プロフィール 藤江れいな.jpg K 藤江れいな 4期 イトー 40位(778票) 40位(4,698票) +2,238 33位(2,460票)
圏外 2010年SKE48プロフィール 木﨑ゆりあ.jpg S 木﨑ゆりあ SKE48 3期 ピタゴラス 31位(1,053票) 圏外 - 圏外
圏外 2011年NMB48プロフィール 渡辺美優紀.jpg N 渡辺美優紀 NMB48 1期 KYO吉本 34位(854票) 圏外 - 未加入
圏外 2010年SKE48プロフィール 矢神久美.jpg S 矢神久美 SKE48 1期 ピタゴラス 39位(779票) 圏外 - 38位(1,909票)
  • 事務所については、以下のように省略表記している。
    • 「太田プロ」 - 太田プロダクション
    • 「ビスケット」 - ビスケットエンターティメント
    • 「尾木プロ」 - プロダクション尾木
    • 「ピタゴラス」 - ピタゴラス・プロモーション
    • 「ダンカン」 - アトリエ・ダンカン
    • 「KYO吉本」 - KYORAKU吉本.ホールディングス
    • 「flos two」 - フロスツゥー
    • 「イトー」 - イトーカンパニー

当選挨拶

AKB48 22ndシングル選抜総選挙/当選挨拶を参照

セットリスト

開票発表前に行なわれたライブ[11][12]

  1. overture
  2. バンザイVenus/SKE48
  3. 絶滅黒髪少女/NMB48
  4. 1!2!3!4! ヨロシク!/SKE48
  5. ヘビーローテーション(研究生ver、センター:森杏奈)
  6. ポニーテールとシュシュ(アンダーガールズver、センター:仁藤萌乃)
  7. Everyday、カチューシャ

香港AKB48総選挙2011

出典