エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』((ドキュメンタリー オブ エーケービーフォーティエイト ショウ マスト ゴー オン しょうじょたちはきずつきながら、ゆめをみる)は、2012年1月27日に劇場公開されたAKB48のドキュメンタリー映画作品。

概要

あらすじ

少女たちを襲う孤独と重圧、喜びと哀しみ、英孝と挫折。スターになったことでAKB48が失ったものとは…。

まぶしいスポットライトの裏でがっくりと肩を落とす少女の背中。6年間、その華奢な体でどれほどの重圧に耐えて来たのだろう……。エースとして、選抜メンバーとして光を浴びながら、襲いかかるプレッシャーと強烈な孤独に向き合う日々。なぜ彼女たちは、身を切られるような風の中、それでも夢に向かっていくのか。傷つくとわかっていても、またそのステージへと上がっていくのか。

スターになったことで、少女たちが手に入れたものと、失くしたものとは――。

シングルCDではミリオンセラーを連発。コンサートは3日間でのべ9万人を動員。「じゃんけん大会」などのイベントでさえ、チケットは瞬時にソールドアウト。テレビや雑誌でもAKB48を見ない日はない。だが、表舞台の華やかさだけでは“本当の姿”は語れない。

カメラは、AKB48のすべてが変わった激動の2011年に完全密着。報道されなかった壮絶な舞台裏へも潜入し、その光と影を収めてきた。前作をしのぐ膨大な数の収録テープにつまった1年の軌跡を、焼き付けるような独占インタビューとともに紡いでいく。

キャスト

DVD

先行予約
Web/Mobile:2012年3月2日(金)0:00~4月15日(日)
AKB48SHOP(秋葉原店/町田店のみ):2012年3月2日(金)10:00~4月15日(日)
通常販売
Web/Mobile:2012年4月20日(金)0:00~
AKB48SHOP 31店舗:2012年4月20日(金)10:00~

先行予約特典

35mmフィルムを切り出した「特製ブックマーク」をプレゼント(先着順、なくなり次第終了)

  • 価格:12,600円(税込)
  • 収録内容:
    DISC1
    • 劇場公開版本編(121分)
    DISC2
    • 「DOCUMENTARY of AKB48+1」ディレクターズカット版
    • 「ファースト・ラビット」ドキュメンタリー版ミュージックビデオ
    • 特報・予告編集
    DISC3、DISC4
    • 密着ロングインタビュー 20名(前田敦子、大島優子、柏木由紀、篠田麻里子、渡辺麻友、小嶋陽菜、高橋みなみ、板野友美、指原莉乃、宮澤佐江、高城亜樹、北原里英、峯岸みなみ、秋元才加、横山由依、大家志津香、藤江れいな、大場美奈、山内鈴蘭、岩田華怜)予定
    • 完成披露プレミアム試写会映像
    • 初日舞台挨拶映像
  • 封入特典:フォトブックレット(84P)+生写真5枚(ランダム封入)

脚注・出典


関連項目

外部リンク