エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

ひまわり組

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

ひまわり組」(ひまわりぐみ)は、AKB48グループの劇場公演において、通常のチームごとの公演とは異なる形態で行われる際に用いられるチーム名。現在までにAKB48HKT48で結成されている。ここでは、それぞれについて解説する。

AKB48

概要

秋元康はメンバーをシャッフルした理由について、AとKの対立構造を無くするためと、2班に分け競争させる事で、メンバー同士を切磋琢磨させるためと語っている[1]
また、当時の劇場支配人であった戸賀崎智信によると「AとKの血が混じる事について、それぞれのチームを応援してきたファンには抵抗がある。ただ、AのファンとKのファンがあまりにも対立しているから、一度シャッフルしてファン同士の交流をさせようというのが秋元さんの判断」[2]と語っている。
  • 当初の『ばら組・ゆり組』構想は方針の転換で頓挫したが、その約半年後の2007年5月24日に突如、公式ブログで「みなさん、ついにお待ちかねのひまわり組の初日が決定しました」と発表[3]。突如の発表に対して「花が違うじゃん!」とファンからツッコまれたと言う[2]
  • メンバーは16人で、2人1組のダブルスタンバイ制のため全32名が参加。ポジション毎にメイン(1st)とサブ(2nd)がおり、公演によってどちらかが出演する。実質的に、1軍・2軍制度の復活とも言える。
  • 1st「僕の太陽」公演は、4期研究生がレギュラーとして出演した最初の公演でもある。
  • ひまわり組公演終了後は、チームAチームKはそれぞれ元のチームへと戻った。

公演

参加メンバーについてはそれぞれの項目を参照。

  1. ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」(2007年7月1日 - 2007年11月30日)
  2. ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」(2007年12月8日 - 2008年4月19日)

HKT48

公演

詳細についてはそれぞれの項目を参照。

  1. HKT48 ひまわり組「パジャマドライブ」(2013年11月2日 - 2015年12月14日)
  2. HKT48 ひまわり組「ただいま恋愛中」(2015年12月19日 - )

脚注・出典

  1. ^ 「AKB48ヒストリー」より。
  2. ^ a b 太田出版「QuickJapan」 Vol.87より。
  3. ^ お知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2007年5月24日

外部リンク