エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

中田ちさと

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
AKB48
中田 ちさと なかた ちさと
2016年AKB48プロフィール 中田ちさと.jpg
公式ニックネーム

ちぃちゃん

生年月日

1990年10月8日 (27歳)

出身地

埼玉県

血液型

A型

身長

161cm[1]

スリーサイズ

B78 W56 H81[2]

合格期

4期生

選抜回数

1回

中田 ちさと(なかた ちさと、1990年10月8日 - )は、AKB48の元メンバー。埼玉県春日部市出身[3]

略歴

2006年
  • 2月、AKB48追加メンバーオーディション(2期)に落選。[4]
  • 12月、AKB48第3期生オーディションに落選[5]
2007年
  • 5月、4期研究生オーディションに合格。
2008年
  • 10月19日、研究生から正規メンバーへの昇格とチームA所属となることが発表される。
2009年
  • 12月、芸能事務所Mousaに移籍。
2012年
  • 8月24日、「組閣」(チーム再編)により、大島チームKへ異動することが発表される。
  • 11月1日、大島チームKとしての活動開始。
  • 12月5日、29thシングル『永遠プレッシャー』でシングル表題曲に初選抜。
2014年
2015年
2016年
2017年
  • 2月23日、「僕の太陽」リバイバル公演においてAKB48からの卒業を発表。
  • 4月24日、AKB48劇場で卒業公演が行われる(同日、AKB48としての活動を終了)。

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「ふんわりわたあめのような甘い女のコになりたい」。自己紹介は「最年長の、ちぃちゃんこと・・・」(2015年)
  • メンバーには「全然ふんわりじゃない」「キャッチフレーズ変えた方がいい」と言われている。本人はわたあめも好きではないとも語る[8]
その後、歳を重ねるに連れて「AKB48(チームA)のお母さん的存在」に変わっていき、かつて、AKB48・SDN48に所属していた大堀恵を彷彿とさせる声もある[9]
  • 本人は、3回公演でも余裕。4回でも出来る[5]と話しており、(2010年の時点で)チームAのメンバーとしてのみならず、チームBの渡辺麻友のアンダーもしっかり務め上げてきた[10]
  • 高橋みなみ「ちょっと引っ込み思案だから、なんとかしたいなって思っていましたけど、最近はMCでも自分でチャレンジするようになって、微笑ましく見ています、フワフワした印象がありますが、実はけっこうな楽屋芸人で、相当おもしろい奴です。しかも案外、ブラックというか、さらっと毒を出す(笑)」[11]
  • 劇場支配人評。
「スタッフからどんな要求をされても、文句ひとつ言わず、疑わず、すべてを受け入れてレッスンをこなす。なかなかできることではありません。とてもまっすぐなコで、遊びもせずに練練習します。見ている人は見ているハズ!」(2010年:戸賀崎智信[10]
「ちぃちゃんは優しいだけじゃない。我慢強くて、弱音を吐かない強さもあります。実はスタイルもいいし、話もおもしろい。楽屋でのトークの楽しさをもっと知ってもらえるといいのですが。頑張って欲しいですね!」(2011年:戸賀崎)[2]
「AKB48のオーディションも3回目で合格するなど、芯の強さは本物。もともとしっかり者で、先を予測して行動するタイプ。この1年でしっかり度はさらに増し、少し足らなかった”積極性”も前面に出てきています」(2012年:戸賀崎)[12]
「わたあめのような雰囲気だった彼女が、最近醸し出すセクシーさに、多方面への可能性を感じます」(2013年)[13]
「小学生のメンバーに母性本能を発揮。OGの大堀恵を彷彿とさせるセクシーなステージングは圧巻です」(2014年:湯浅洋[9]

AKB48加入前

  • 過去にウェブカムプロモーション[14]に所属し、本名の「中田千智」[15]としてアイドルユニットゆめ☆たまご[16]の一員として活動をしていた。

AKB48として

2007年

  • 芸能界へ憧れたきっかけは、歌とダンスが好きだったから[5]。AKB48で活躍する河西智美を見て、憧れて自分も入りたいと思うようになった[17]
  • 5月、4期研究生オーディションに合格。過去に2度、2期生(チームK)と3期生(チームB)のオーディションに落ちている。3度目の正直でオーディションに合格しAKB48の研究生となったという苦労人[5]
  • 本人は「AKBに入っていなかったら、幼稚園の先生になっていたかも」[10]と語る。

2008年

「周りの研究生が昇格してる中不安だったけど、自分なんてまだまだって思ってたから、ホントに信じられなくてびっくりだった。でもその時に 思ったのが、今まで諦めないないで良かったって思ったし、頑張った分だけ 自分に返ってくるんだなっていうことが 分かった日でもあった[18]。」

2009年

  • 7月、第1回総選挙では、中間で25位にランクインするも、最終発表ではランクインできず、選抜入りはならなかった。

2010年

  • 9月、第1回じゃんけん大会本戦。シードだったため、1回でも勝てば初選抜だったが、河西智美に負けてしまい叶わなかった。「はじめて悔しいと感じました。今まで選抜メンバーが発表されても『やっぱり自分はまだまだだな』と思って、悔しさはなかった。自分にこんな気持ちが生まれるなんて思わなかった。選抜に入る子って、ちゃんと自分を持っていたり、すごく個性が強かったりする。指原さん(後輩で年下)は『ちぃちゃん、もっと積極的になりなよ』ってよく言ってくれます。今日、いつもと違う悔しさが芽生えたから、今度こそは実力で絶対に選抜を取ろうと思います。悔しいと思えた事が、1つの成長かもしれない[19]
  • 12月15日、20thアニバーサリーフォトブック『ちいちゃん→ちさと』をジャパンタイム(テクニカルスタッフ)から発売。

2011年

  • 4月18日、Mousa所属メンバーによる新番組『PigooRadio~Mousa』がスカパー!PigooHDにて放送開始。
  • 9月、ユニオンプロレスの解説を務めた[20]。プロレスが大好きで、夢は、応援するプロレスラー丸藤正道が所属するノアの解説を務めること。深夜番組で自慢ののどを披露し、試合ではカッコよく技を決めるノアのイケメン丸藤への熱い思いは揺るがない。「プロレスファンの方は好きなのを知ってくれているみたいです」[20]
  • 11月22日、Mousaメンバー4人(仲谷明香、田名部生来、 中田ちさと、内田眞由美)でのネットラジオ「ファンになってもいいんだからねっ!」を開始。

2012年

  • 1月、ラジオで「もし中田ちさとと一緒に暮らしたら」というトークテーマ。
仲川遥香「面倒くさそう。なんか私より年上なのに、何も出来ないんですよ」
中田「酷い」
仲川「なんか『鍋行きたい』とか言って、私行かないのに、私が予約したんですよ。『自分で電話しなよ』って言ったら、『え~え~え~』とか言って、可愛い子ぶりやがって」
中田「うるせー」
仲川「頼まれたから、遥香が代わりに『じゃあしてあげる』って言って、しょうがなくしてあげた」
中田「違うよ。自分だってやりたがりじゃん」
仲川「やりたがりじゃないですよ。だって電話代かかるもん」[21]
  • 6月6日、第4回総選挙では37位にランクイン。「皆さんのおかげで37位という順位に入ることができました! 正直今まで過去3回入ることができずに、本当に悔しくて、でもどうしたらもっと上にいけるか自分の中でたくさん悩んだし、うまくいかないことがあると弱い自分が出てしまい、立ち止まってしまったこともたくさんありました。メディア露出も少なかったり派生ユニットも入ってなくて、コンサートで見つけてもらうのも大変だったり、たまに来たチャンスもいかせなかったり、皆さんがこんなに私のことを応援してくれてるのに何もできない自分が申し訳なくて辛いって思ってました。でもそういう時いつもみんながいてくれました。何度も握手会などで元気をもらいました。私自身もハタチを迎えてから月日が経つにつれ冷静に色々考えることができて自分は何がやりたいのか、 どうしていったらいいか悩みながらも自分と真剣に向かいあってきました。今年の総選挙の発表があった時はすごく怖くて、今日を迎えるまで毎日何回も泣いて過ごしてました。それは今年は64位までの発表ということで、私にとっては最後の大きなチャンスだと思ったし、でもここで必ずチャンスを掴みたい気持ちや、今回もダメだった時は私自身どうなっていくのかの不安とか色々な思いがあったから。だから名前を呼ばれた時は信じられない気持ちだったけど、3年間ずっと上がりたいと思っていたステージに自分がいることが本当に嬉しかったし、どんなことがあってもずっと応援してくれてた皆さんにやっとひとつ恩返しができました。37位という素敵なプレゼントを本当にありがとうございます! 私はもうみんなに心配をかけないで前だけを見て進んでいきます! そして皆さんに成長した新しい自分をたくさん見せていきたいし、少しずつだけど諦めず夢を追って1年後、2年後ずっと先まで応援していて良かったって絶対思ってもらえるように頑張っていきたいと思います。本当にありがとうございました。これからも中田ちさとをよろしくお願いします!」[22]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。中田はチームKに異動することとなった。
  • 9月18日、第3回じゃんけん大会で勝ち上がり、29枚目のシングルで選抜入りが決定。「ほんとに嬉しい(>_<) 必ずこの掴んだチャンスを無駄にしないように精一杯がんばります☆ 応援してくれた皆さんありがとうございました!!」[23]
  • 11月17日、仲谷明香と中田ちさとが、映画『武蔵野線の姉妹』で映画初主演を務めた。加藤夏希とのトリプル主演で、ウェブコミックの映画化に挑む。加藤が働きもせず高級マンションでセレブ生活を謳歌する姉・緑川蘭子、通称ラン役を務める本作。仲谷はその妹でメイドカフェでご奉仕にいそしむ妹ひかる、通称パンドラ役を務め、中田は名古屋から秋葉原に進出してきたネットアイドル英由良を演じる。メガホンを取ったのは、『口裂け女 リターンズ』の山本淳一監督。加藤、仲谷、中田は、ゴシック・アンド・ロリータファッションでどのような物語を繰り広げるのか? 注目したい。[24]

2014年

  • 5月1日から、ラジオ番組、イオンレイクタウン presents 「中田ちさとのちさトーク♪」(エフエムナックファイブ) - The Nutty Radio Show おに魂木曜内コーナーに出演(療養中は田名部生来が代理出演)。
  • 5月29日、「胸膜炎」を発症していることが判明し当面のAKB48としての全ての活動を休止すると発表[25][26]

先日より体調不良にてお休みを頂いておりますAKB48 チームAの中田ちさとですが、病院での検査の結果、『胸膜炎』を発症していることが判明いたしました。添付の診断書にもございます通り、精査・加療・安静療養にて、1~2カ月間が必要とのことです。つきましては、劇場公演や6月7日に予定をされております「AKB48 37thシングル 選抜総選挙」や、6月8日のコンサートなど、当面のAKB48としての全ての活動をお休みし、治療に専念させて頂くこととなりましたので、ご報告をさせていただきます。ファンの皆様には、ご心配をおかけして申し訳ございません。宜しくお願いいたします。

  • 6月29日、公式ブログにおいて、7月4日のチームA公演より復帰することが発表される。
中田はブログを更新。「皆さんたくさんのコメント、ありがとうございます!公式ブログにて発表されましたが、7月4日の劇場公演から復帰させていただきます!ファンの皆さんにはご心配をおかけしましたが、たくさんの暖かい言葉に支えられて、元気になりました‼︎千羽鶴もありがとうございました(>_<)休養中に考えさせられたこと、改めて気付いたことがたくさんありました。これからは新たな気持ちでより一層頑張っていきますので、よろしくお願いします^_^」[27]
  • 7月4日、復帰。Google+でコメント。
「こんばんは!中田ちさとです。胸膜炎のためしばらくお休みさせていただいていましたが今日の公演で復帰しました!たくさんの方にご心配、ご迷惑をおかけしました。本当にすみませんでした。入院中、色々なことを考えました。でも大好きだった劇場に立てなくなることが、こんなに辛いのかということをとても感じました。みんなにおかえりと言ってもらい、戻れる温かい場所があり幸せに思いました。新しいスタートと思い頑張ります。これからもよろしくお願いします!!」[28]

2015年

  • 3月26日、さいたまスーパーアリーナにて、「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」において、人事異動がサプライズ発表され、中田はチームKへ異動することが発表される[6]
  • 4月21日放送、「有吉AKB共和国」に「2011年以来の」(本人談)出演。有吉AKBラジオ局「某サイトから仕入れた中田ちさとの噂」として「中田は後輩に決まってセクシーな下着をプレゼントする」が取り上げられた。中田が「大島優子がTバックを穿いていたので『Tバックってどんな感じなんですか?』と聞いたら『すごくいいよ』っておススメされたんですよ。『ヒップアップもするしすごくいいよ』って言われてプレゼントしてもらったんですね。それを穿いた瞬間に、『めっちゃいい』と思って。『これは後輩におススメしなきゃ』と思って誕生日の時とかに後輩にあげるようにしてます。やっぱり穿く機会って中々ないじゃないですか。優子ちゃんの穿いてるのを見てなかったら、たぶん一生穿くことなかったと思うんですよ」と語ると、有吉弘行から「お前なんかワコールの人みたいだな」と突っ込まれて大きな笑いが起きた。さらに中田は「後輩にあげる時もメンバーによって、こういうのが似合うんじゃないかな、と思う物をちゃんとあげてる」と付け加えた。有吉が他の出演メンバーに中田から貰ったかを尋ねると中村麻里子阿部マリアが挙手した。中田が「セクシーな感じが紺で、赤だとちょっと元気な感じでやってほしいな、って気分によって2枚あれば替えられるなと思って」と説明すると、有吉から再度「ワコールの人だよ」と突っ込まれた。
  • 9月28日、「Mousaの日inアメーバスタジオ」に出演し、同月30日をもって契約満了に伴い、Mousaを退所することを明らかにする[7]
  • 9月30日、Mousaとの契約満了。
  • 10月1日、AKSへ移籍。

2017年

  • 2月23日、「僕の太陽」リバイバル公演の終演挨拶前に卒業を発表した[29]

あっ、すみません。ちょっと私からお知らせがあります。

私、中田ちさとはAKB48を卒業することを決めました。

AKBに入ってから、こんな私を見つけてくれて、応援してくださったファンの皆さんにはほんとに感謝の思いでいっぱいです。

私は長く活動させていただいたんですけど、なかなかAKBに何か残せることはできなかったと思うんですけど、それでも私はこの劇場のステージでメンバーと一緒に立って過ごす時間が凄くかけがえのない大切な宝物だし、大切なものをたくさん得たと思っています。

この経験を無駄にしないように、これからは1人の女性として一歩一歩進んでいきたいなと思っています。

そして、最後の握手会は4月22日で、卒業公演は4月24日に決まりました。

最後の日までメンバーとファンの皆さんと楽しい時間を過ごしていきたいなと思いますので、卒業公演の日まで変わらず応援よろしくお願いします。ということで、私からの報告は以上です。

交友関係

性格・趣味

  • 性格は、「大人しかったり、うるさかったり」[5]
  • 長所は、思いやりがある。短所は、落ち込みやすい。[33]
  • 趣味は、散歩。音楽鑑賞。半身浴[5]
  • 特技は、バレーボール。走ること。金管楽器[5]
  • アイドルが好きで、小倉優子に憧れている[5]
  • メンバーの胸が大好き。よく観察していたり、倉持の胸をずっと触っているとか。多田愛佳「たぶん(自分にないから)憧れている」[21]
  • 好きなタイプの男性は、ひっぱってくれる人。[33]優しくて大事にしてくれる人。[31]
  • 好きな食べ物は、パスタ。焼き肉。[34]
  • 嫌いな食べ物は、きのこ系。お寿司。イチゴ。魚介類。[34]
  • AKB48で好きな曲は、『桜の花びらたち[5]
  • 姉は、「星のオトメ歌劇団」の中田麻日。「そもそも私は、妹・ちぃちゃんの影響を受けこの世界を目指すようになったので、中田ちさとがいるからこそ、今の私がいます。ちぃちゃんは良きライバルであり、尊敬してる妹なのであります」[35]
  • 「メロくん」というハムスターを飼っている。

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

劇場公演ユニット曲

チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • ハート型ウイルス
  • ツンデレ!
  • 真夏のクリスマスローズ

田原総一朗「ド~なる?!ド~する?!AKB48」公演

  • 1994年の雷鳴

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • おしべとめしべと夜の蝶々

「僕の太陽」リバイバル公演

  • 向日葵

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

  1. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P177より。
  2. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2011』P73より。
  3. ^ 8月4日ドンキ春日部 中田さん - ドン・キホーテ 2013年8月4日
  4. ^ http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-10473703934.html 本人公式ブログより「質問返し☆5」
  5. ^ a b c d e f g h i j k 東京ニュース通信社『AKB48 VISUAL BOOK 2010』[要ページ範囲]
  6. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  7. ^ a b Mousaスタッフツイート - ツイッター 2015年9月28日
  8. ^ 文化放送『明日までもうちょっと。』 2012年2月5日放送より。
  9. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2014』P87より。
  10. ^ a b c 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック』P53より。
  11. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  12. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』P79より。
  13. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2013』P125より。
  14. ^ ウェブカムプロモーションはてなキーワード検索結果
  15. ^ 中田千智はてなキーワード検索結果
  16. ^ ゆめ☆たまごはてなキーワード検索結果
  17. ^ ">『DVD MAGAZINE VOL.5B』[要ページ範囲]
  18. ^ http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-10681838572.html
  19. ^ 『AKB48 じゃんけん大会 総集号』[要ページ範囲]
  20. ^ a b 『日刊スポーツ』 2012年5月2日
  21. ^ a b 『明日までもうちょっと。』 2012/01/29[詳細]
  22. ^ http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-11270940212.html
  23. ^ 中田ちさと 投稿 - Google+ 2012年9月18日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0045387
  25. ^ http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-11864021608.html
  26. ^ http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11864977696.html
  27. ^ http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-11885995183.html
  28. ^ 中田ちさと 投稿 - Google+ 2014年7月4日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ 【速報】 AKB48中田ちさとが卒業発表 - AKB48@メモリスト 2017年2月23日
  30. ^ a b c http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-10791548874.html
  31. ^ a b http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-11072012416.html
  32. ^ a b http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-11072528885.html
  33. ^ a b 『AKB48 じゃんけん選抜 公式ガイドブック』
  34. ^ a b http://ameblo.jp/nakata-chisato/entry-10797610752.html
  35. ^ http://ameblo.jp/nakata-asaka/entry-10488447537.html

外部リンク