チームN 6th Stage「夢中雷舞」

提供:エケペディア
ナビゲーションに移動 検索に移動
チームN 6th Stage「夢中雷舞」.jpg

夢中雷舞」(むちゅうらいぶ)は、2022年3月15日[1][2]から行われている、貞野チームN劇場公演

概要

  • 2022年1月1日、『2022 NMB48 新春組閣発表会』[3]にて「新チーム体制」が発表され、13名の貞野チームNが結成された[注釈 1]。2021年の既存チーム解体による『チームN 5th Stage「N Pride」』公演千秋楽開催(2021年1月20日)以来、およそ1年2か月ぶりとなる2022年3月15日にチームN公演が新チームにより再開した[4][5]
  • 公演の出演人数は10名で、初日メンバーは事前に公表された[6]
  • 公演名『夢中雷舞』は公演初日最初のMCにて発表された[注釈 2]。メンバーがAKB48グループの楽曲から選定してセットリストを構成したオリジナル公演となる[7]チームN曲の「休戦協定」「ダンシングハイ」が選曲されていて、「ダンシングハイ」は新公演用に振付された[7]
  • overtureの後、幕が開くと「N」を型どった人文字のポジションからスタートする演出がされている。後半曲(M07「GAGAGA」~M11「靴紐の結び方」の5曲)はヘッドセットマイクを使用している[7]
  • 前半の衣装は「ストライプ衣装」、後半の衣装は「チェッカーフラグ衣装」を使用し、後半からアンコールでの衣装チェンジは行わない。ユニットコーナー「下衆な夢」「クサイモノだらけ」の衣装は新公演用に新たに用意されたもので、「人魚のバカンス」は「イビサガール」選抜メンバー歌唱衣装が使用されている[8]

主な出来事

  • 2022年2月12日、初日開催予定であったが延期となり[9]、約1ヶ月後の3月15日に初日開催となった[2]
  • 2022年3月15日、公演初日のMCにてユニットコーナーの紹介があった[注釈 3]
  • 2022年3月18日、公演(第2回公演)が「17LIVE」で実況生配信された[10]。実況メンバーは原かれん川上千尋塩月希依音
  • 2022年3月28日、出演メンバーの新型コロナウイルス感染、及び経過観察の為、4月2日に予定されていた昼夜2公演が開催中止となり、山本望叶生誕祭・南羽諒生誕祭が延期となった[11]

出演メンバー

名前 初出演日 備考
N 石田優美 2022年3月15日
N 泉綾乃 2022年3月15日
N 岡本怜奈 2022年3月18日
N 加藤夕夏 2022年3月15日
N 小嶋花梨 2022年3月15日
N 貞野遥香 2022年3月15日
N 渋谷凪咲 2022年3月15日
N 新澤菜央 2022年3月15日
N 中川美音 2022年4月12日
N 平山真衣 2022年3月15日
N 南羽諒 2022年3月15日
N 山本望叶 2022年3月15日
N 和田海佑 2022年4月20日

またぎ出演・アンダー出演

名前 初出演日 備考
M 出口結菜 2022年4月25日
M 前田令子 2022年5月11日
BII研 瓶野神音 2022年5月11日
BII研 坂田心咲 2022年5月11日
BII研 佐月愛果 2022年5月11日
BII研 早川夢菜 2022年5月11日
M 眞鍋杏樹 2022年5月21日
BII研 黒田楓和 2022年5月21日

セットリスト

  • ユニットメンバーの表記は初日公演[2]、続いて休演時のアンダー。
  1. overture(NMB48 ver.)
  2. 1994年の雷鳴
  3. メロスの道
  4. 重力シンパシー

MC1/自己紹介

  1. 下衆な夢
    小嶋花梨 - 石田優美 - 中川美音
    貞野遥香 - 前田令子
  2. クサイモノだらけ
    加藤夕夏 - 泉綾乃 - 出口結菜 - 平山真衣
    渋谷凪咲 - 加藤夕夏 - 南羽諒 - 泉綾乃
    石田優美 - 平山真衣 - 瓶野神音 - 眞鍋杏樹
  3. 人魚のバカンス
    泉綾乃 - 岡本怜奈 - 中川美音 - 坂田心咲
    新澤菜央 - 和田海佑
    山本望叶 - 南羽諒 - 岡本怜奈
    平山真衣 - 岡本怜奈 - 佐月愛果
    南羽諒 - 和田海佑 - 早川夢菜 - 黒田楓和 - 佐月愛果

MC2

  1. GAGAGA
  2. 伝説の魚
  3. 休戦協定
  4. ダンシングハイ

MC3

  1. 靴紐の結び方

アンコール

  1. 夢中人

MC4

  1. 恋と愛のその間には

MC5

  1. 抱きしめちゃいけない

注釈

  1. ^ 杉浦琴音を含め14名で発表されたが、杉浦琴音は2022年2月6日に卒業し新チーム体制には参加していない。メンバーの旧所属チームや2021年の「NAMBATTLEの6グループ制」での所属グループは「NAMBATTLEでのメンバーの変遷」や「NAMBATTLEでの新旧所属メンバーの比較表」を参照。
  2. ^ 公演初日の最初のMCにて、チームNキャプテンの貞野遥香より「この公演を通して、より一層私たちに夢中になっていただきたいという気持ちから“夢中”を。そして劇場公演は生のパフォーマンスを楽しんでいただけるということで“ライブ”にかけまして、雷のように衝撃を与えられるようなパフォーマンスができるようにという気持ちが込められています!」と公演名の由来と新公演への想いが発せられた[4]
  3. ^ 公演初日MCでのユニット紹介:「下衆な夢」は高橋みなみ山本彩が歌った曲で、小嶋花梨貞野遥香とのキャプテンコンビで表現した[7]。「クサイモノだらけ」はオリメンがNMB48のお姉さん達(山本彩柏木由紀横山由依)で、それを引き継ぐ形で選曲した[7]。「人魚のバカンス」はAKB48でフルバージョンを披露したことが無く、フルは今回が世界初披露[7]

出典

  1. ^ 3月13日、15日のNMB48劇場公演スケジュール - NMB48オフィシャルブログ 2022年3月3日
  2. ^ a b c 貞野チームN『夢中雷舞』公演 初日 - NMB48オフィシャルブログ 2022年3月15日
  3. ^ 2022 NMB48 新春組閣発表会 - YouTube NMB48 CHANNEL 2022年1月1日
  4. ^ a b NMB48 貞野チームN新公演『夢中雷舞』初日「雷のように衝撃を与えられるようなパフォーマンス」 - OKMUSIC 2022年3月15日
  5. ^ NMB48 TeamN新公演「夢中雷舞(むちゅうらいぶ)」 公演初日ライブレポート - LIVEEN TIMES 2022年3月16日
  6. ^ 貞野チームN新公演 初日 - AKB48グループチケットセンター 2022年3月5日
  7. ^ a b c d e f 公演初日MC談話 2022年3月15日
  8. ^ 貞野遥香SHOWROOM 2022年3月15日
  9. ^ 本日、2月12日チームN新公演 初日開催延期のお知らせ - NMB48オフィシャルブログ 2022年2月12日
  10. ^ 17LIVE(ワンセブンライブ)公式 ツイート - Twitter 2022年3月17日
  11. ^ 3月29日~4月2日公演 中止及び延期のお知らせ - NMB48オフィシャルブログ 2022年3月28日

関連項目