エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

AKB48劇場オープン10周年記念祭

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

AKB48劇場オープン10周年記念祭」は、2015年12月6日に、ザ・プリンスパークタワー東京・コンベンションホールで行われた、AKB48の劇場オープン10周年イベント。

概要

  • AKB48劇場がオープンして10周年を迎えるのを記念して行われるイベントである。
  • 元々の起源となったのが、2008年1月29日に2,000冊が限定で販売された「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」(定価50,400円)の購入者に対する特典である。
このアルバムの購入者特典として、発売から7年後の2015年12月8日に開催予定の『AKB48劇場オープン10周年祭』の招待券を付けた。これに対し、ネットの掲示板などでは、(当時)4年目に入ったばかりのAKB48が本当に10周年を迎えられるかどうかなどの疑問が相次いだ。専門家や公正取引委員会からも、架空のものや反故にされる可能性がある場合、景品表示法違反(有利誤認)の不当表示になる疑いがあると指摘された。発売元のAKSは「10周年祭ですが、もちろん開催を予定しております。仮に、2015年12月8日を迎える前にAKB48の解散が決まった場合は、そのチケット代に見合う価値のあるメモリアルグッズをフォトアルバム購入者の皆様にお送りしたいと考えております」と回答している[1]
  • その後、2015年9月6日の千葉・幕張メッセで行われた握手会において、卒業生と現役メンバーが集結する一夜限りのイベントが同年12月6日に都内で開催されることを発表。グループのブレーク前から熱心に応援してくれたチケット所有者を対象に、恩返しの同窓会イベントを開催することになった[2]
スペシャルアルバム販売から相当年数が経過していることや、同アルバムが2,000冊限定販売であったこともあり、プラチナ化している[2]ことから、同年9月15日以降、数回にわたりAKB48オフィシャルブログを通じて「チケット(招待券)をお持ちの方へご連絡」として、購入者に対して本人確認の連絡を呼びかけている[3]。当初は9月30日が登録期限であったが、再三延長したうえで最終的に10月31日24時00分まで購入者登録期限を延長している[4]
その後、11月18日に発売されたAKB48の7thアルバム『0と1の間』の初回生産分なども一部を対象に、購入者特典として抽選で300名を同イベントへ招待することも発表されている[5]
  • なお、発表の時点では開催場所は「東京都内・某所」とされており、当選者のみに場所が知らされるシークレット・イベントの形式となっていた。スペシャルフォトアルバム購入者と『0と1の間』購入特典抽選の当選者と比べて、来場特典の違いなどは発表されていないものの、対象者の受付時間がそれぞれ異なることが発表されている[6]

イベントに参加可能な対象者

  1. 2008年に発売した「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」を 購入し、2015年9月15日から10月31日までの間に購入者登録の認証を完了した方(以下、「レジェンドファン」と呼称)
  2. AKB48 7th Album『0と1の間』(対象分)を購入し、2015年11月17日から11月23日 11時30分までに所定の受付専用サイトへ応募し、抽選に当選した方

参加メンバー

1期生(一部画像加工済)
2期生
3期生
  • 2015年11月19日に、AKB48オフィシャルブログにおいて発表された参加メンバーは以下の通り[6]
  • 2008年に「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」を発売した当時に在籍していたメンバーが対象で、チーム表記は、2008年時点のいわゆる「初代チーム」の表記である。
  • 太字は、イベント開催時点で48グループに在籍する現役メンバーを表す。
チームA
チームK
チームB
その他
  • MC:徳光和夫(フリーアナウンサー)、本田朋子(フリーアナウンサー)
  • なお、平嶋夏海(チームB・1期生)は、 仕事の都合により本イベントは欠席したが、開演前に「レジェンドファン」の前で挨拶を行った[9]

不参加メンバー

2008年に「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」を発売した当時に在籍していたメンバーのうち、当イベントに参加しなかったメンバーは以下の通り(チーム表記は2008年時点のいわゆる「初代チーム」表記)。

セットリスト

  1. overture
  2. 唇にBe My Baby
    高橋みなみ、小嶋陽菜、峯岸みなみ、宮澤佐江、柏木由紀、渡辺麻友、指原莉乃、北原里英、松井珠理奈、山本彩、宮脇咲良、横山由依、木﨑ゆりあ、入山杏奈、加藤玲奈、高橋朱里(M01からM04まで同一)
  3. 希望的リフレイン
  4. 恋するフォーチュンクッキー
  5. 大声ダイヤモンド

MC1

  1. 言い訳Maybe
    前田敦子、大島優子、高橋みなみ、渡辺麻友、篠田麻里子、板野友美、柏木由紀、河西智美、秋元才加、宮澤佐江、多田愛佳、峯岸みなみ、北原里英、小嶋陽菜、松井珠理奈、浦野一美
  2. フライングゲット
    前田敦子、大島優子、小嶋陽菜、渡辺麻友、篠田麻里子、高橋みなみ、松井珠理奈、河西智美、峯岸みなみ、増田有華、宮澤佐江、秋元才加、板野友美、北原里英、柏木由紀、横山由依、指原莉乃
  3. ヘビーローテーション
    大島優子、前田敦子、篠田麻里子、渡辺麻友、高橋みなみ、柏木由紀、小嶋陽菜、秋元才加、宮澤佐江、松井珠理奈、河西智美、指原莉乃、仲川遥香、北原里英、板野友美、峯岸みなみ

MC2.「AKB48の運営 失敗の歴史 Best5」
1期生映像

  1. PARTYが始まるよ
    板野友美、浦野一美、大江朝美、大島麻衣、小嶋陽菜、駒谷仁美、佐藤由加理、篠田麻里子、高橋みなみ、戸島花、成田梨紗、前田敦子、峯岸みなみ

MC3.1期生
2期生映像

  1. 転がる石になれ
    秋元才加、梅田彩佳、大島優子、大堀恵、河西智美、小林香菜、佐藤夏希、野呂佳代、増田有華、松原夏海、宮澤佐江

MC4.2期生
3期生映像

  1. 初日
    井上奈瑠、多田愛佳、柏木由紀、片山陽加、菊地あやか、田名部生来、仲川遥香、野口玲菜、松岡由紀、渡辺麻友、浦野一美

MC5.3期生

  1. 会いたかった
    全員

高橋みなみ挨拶

  1. 桜の花びらたち
    全員

主な出来事

舞台裏での1期生。
円陣を組む2期生(チームK)。
  • 「0と1の間」購入特典当選者とは別に、「レジェンドファン」については、開演前に平嶋夏海が挨拶を行い[注釈 3]、会場への入場も特別仕様での入場となった。メンバーがステージ上から出迎える形となり、BGMに『ライダー』が流れた。また、劇場公演観覧中に劇場で倒れ夭折した通称「ライダー」氏の席の分を1席空席として設けている[11][9]
  • 途中のMCでは、「AKB48の運営が犯した失敗の歴史ベスト5」がMCで発表され、以下の通りとなった[12][13]
  1. 「金魚鉢のライブ配信、話題にもならず終了」 - 経緯は金魚を参照。大島優子「思い出した。金魚いました。2回公演の間にエサあげてた」
  2. 「ペナントレースに批判が殺到」 - 経緯はペナントレースを参照。優子「批判を受け入れることを覚えたのはすばらしいんじゃないですか?ちょっとは運営も成長しましたね」
  3. 「MVP制度、1日で廃止」 - 経緯はMVP(1.の記事)を参照。宮澤佐江「そりゃそうだよね。応援の仕方はそれぞれだから」
  4. 「1周年記念公演のチケット購入をめぐり、200人が秋葉原を大爆走」 - 当時、公演チケットは予約制ではなく、劇場で毎朝9時に直接整理券を配布していた。劇場1周年記念公演当日、運営スタッフが9時前に劇場に着くと、ざっと数えても200人の長蛇の列が並んでおり、運営側は劇場から少し離れた場所で整理券を配布するというブログをアップすると、その瞬間、200人の大群衆が秋葉原の街を走りだしたという。本田朋子「当日にブログで発表ってひどくないですか」
  5. 「サポーターズチケットを採用したが、すぐに廃止」 - 経緯はサポーターズカードを参照。
番外:「ゆりばら」 - 詳細はばら組・ゆり組を参照。優子と宮澤が選んでいる。
また、高橋みなみは、かつて行われたファンとの交流イベントおにぎり手渡し会(2006年7月23日、浅草花やしき)[14]を挙げている。
  • 2期生では、デビュー直前に起きた秋元才加と大堀恵の喧嘩(経緯はチームK#初代チームKを参照)を再現(原因となった小野恵令奈、奥真奈美は、小林香菜と大島優子が代演)している[15]
  • 3期生では、AKB48卒業後、殆ど表舞台に姿を見せなかった井上奈瑠、野口玲菜、松岡由紀も出演したが、松岡は「金髪、色黒」という姿に変貌していて、場内からも驚きの声が上がった。松岡は「今はダンサーやってます。アメリカとかヨーロッパとかで」と答えている[16]
  • 締めに『桜の花びらたち』を出演全メンバーで歌唱。ファンの歌唱も録音され、次作のアルバムに収録されることが発表された[15]
  • ファンの退場も「0と1の間」購入特典当選者とは別に、「レジェンドファン」については、メンバーとの集合写真の撮影、事前に推しメンとして登録したメンバーからのお見送り、お土産として「当日メンバーと撮った集合写真、Tシャツ、写真たて、タオル、桜ごはん」が贈呈された。また「レジェンドファン」のうち抽選で50名に、12月8日にAKB48劇場で行われる「AKB48劇場10周年特別記念公演」に招待されることとなった[9]
  • さらに、「AKB48劇場10周年特別記念公演」に、OGメンバーとして前田敦子、板野友美、篠田麻里子、秋元才加、大島優子、河西智美、川栄李奈および歴代の兼任メンバーが参加することが発表されている[17]

関連項目

注釈

  1. ^ 体調不良のため、不参加[7][8]
  2. ^ なお、「AKB48劇場10周年特別記念公演」には出席している。
  3. ^ 平嶋の挨拶には、茅野しのぶ(AKB48グループ総支配人)と、イベントの為に帰国したSNH48の運営を務める山本学(元AKB48チームB担当スタッフ)が付き添った[10]。なお、平嶋は「AKB48劇場10周年特別記念公演」には出席している。

出典

  1. ^ 「AKB48」商法また不当表示? 景品に2015年のチケット - JCastニュース 2008年2月29日
  2. ^ a b あっちゃん、優子、ともちん…12・6に卒業メンバー集結イベント - スポーツニッポン 2015年9月6日
  3. ^ 「AKB48劇場オープン10周年記念祭」 チケットをお持ちの方へご連絡 - AKB48オフィシャルブログ 2015年9月15日
  4. ^ 「AKB48 2nd Anniversary スペシャルフォトアルバム」購入者様へご連絡 - AKB48オフィシャルブログ 2015年10月24日
  5. ^ AKB48 10周年記念イベント(仮)「0と1の間」購入者抽選ご招待 応募詳細決定! - AKB48オフィシャルブログ 2015年11月17日
  6. ^ a b AKB48劇場オープン​10周年記念祭 時間・参加メンバー決定のお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2015年11月19日
  7. ^ AKB48劇場オープン10年祭 島崎遥香 不参加のお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2015年12月6日
  8. ^ 島崎遥香、体調不良でAKB10周年イベント欠席-日刊スポーツ2015年12月6日
  9. ^ a b c 岡田隆志(スクランブルエッグ編集長)投稿 - Google+ 2015年12月6日
  10. ^ 平嶋夏海ツイート - ツイッター 2015年12月6日
  11. ^ AKB10年祭 OG前田敦子ら懐かしファンに感激 - 日刊スポーツ 2015年12月6日
  12. ^ AKB運営自虐の“劇場黒歴史”発表 大島優子「ありすぎて…」 - ORICON STYLE 2015年12月7日
  13. ^ 大島優子「ありすぎ」AKB48黒歴史ベスト5発表 - 日刊スポーツ 2015年12月6日
  14. ^ スカひらCD特典(A賞)、花やしきイベント - AKB48@メモリスト 2006年7月23日
  15. ^ a b たかみな、OG&初期ファン集結の“同窓会”に感涙「人生の宝物」 - ORICON STYLE 2015年12月6日
  16. ^ AKB10年祭にOG大集合 金髪松岡由紀に騒然 - 日刊スポーツ 2015年12月6日
  17. ^ AKB48劇場10周年特別記念公演 出演メンバーについて - AKB48 OFFICIAL BLOG 2015年12月6日

外部リンク