エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

チームM

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

チームM.jpg

チームM」は、NMB48を構成する3つのチームのうちの1つ。NMB48は過去に2度、チームの再編成を行っているため、以下のように3つの「チームM」が存在する。

  1. 初代チームM (2012年1月26日 - 2014年4月17日)
  2. 山田チームM→藤江チームM (2014年5月2日 - 2016年12月25日)
  3. 川上チームM (2017年1月1日 - )

ここでは、それぞれについて解説する。

初代チームM

2011年5月5日公演開始、2014年4月17日公演終了。なお、公式チーム呼称が発表されていないため、便宜上「初代」とする。

特徴

  • 2012年1月26日、1期・2期研究生29名の中から選抜された16名で結成。
  • チームカラーはピンク。
  • キャプテン島田玲奈。島田は結成前の2011年9月3日より、男性とのツーショットプリクラ流出騒動(当該記事参照)の引責により謹慎となっていたが、謹慎明けの2012年1月3日公演の秋元康からのメッセージで「NMB48への復帰条件はキャプテンに就任すること」として、島田を2期生のキャプテンに指名[1]。その後、チームMへ移行し、引き続きキャプテンを務めている。
  • センターは城恵理子が務めていたが、城の卒業に伴い、10月9日以降は矢倉楓子が務めている。
  • チームM移行後も、2012年5月2日までは2期生公演として「PARTYが始まるよ」を行っていた[2]。チームMとしての公演がスタートしたのは、前述の通り、5月5日からとなっている。
  • 結成初年は、卒業・活動辞退メンバーが5人、入れ替わりに昇格したメンバーが4名と出入りが非常に激しかった。このため、翌2013年5月にはNMB48ではチームNから山田菜々がサポートに近い役割として異動(NMB48としては初の他チーム異動)[注釈 1]。山田の異動後初の公演では、奇しくも山本ひとみの卒業公演となったため、山本の卒業後は再び15名に戻ったことで結果的に増減はなかったが、これ以降はメンバーの出入りは少なくなり、ほぼ固定化された状況となった。
  • 大組閣」新体制移行直前の2014年4月7日にキャプテンの島田が卒業。新体制移行まで短期間ではあったが、山田が「キャプテン臨時代理」を務めている[注釈 2]

主な出来事・メンバー数変遷

日付 出来事 人数 増減
2012年
1月26日 チームM結成 16
4月25日 小鷹狩佑香卒業公演
5月5日 チームM 1st Stage「アイドルの夜明け」初日
5月6日 小鷹狩佑香活動終了 15 -1
5月31日 1期研究生沖田彩華正規メンバー昇格 16 +1
9月28日 城恵理子卒業公演(活動終了) 15 -1
10月3日 藤田留奈活動辞退 14 -1
10月9日 1期研究生小柳有沙、2期研究生東由樹山本ひとみ正規メンバー昇格 17 +3
10月25日 太田里織菜卒業公演
10月28日 太田里織菜活動終了 16 -1
12月22日 肥川彩愛活動終了[注釈 3] 15 -1
2013年
5月21日 山田菜々初代チームNより異動 16 +1
5月30日 山本ひとみ卒業公演(活動終了) 15 -1
2014年
1月25日 ドラフト1期生武井紗良加入 16 +1
2月7日 小柳有沙卒業公演
3月2日 小柳有沙活動終了
4月7日 島田玲奈卒業公演(活動終了)
山田菜々キャプテン臨時代理就任
14 -1
4月17日 M1st「アイドルの夜明け」千秋楽
初代チームM活動終了
14

メンバー

旧所属 名前 結成 所属開始日 所属終了日 新所属
太田里織菜 2012年1月26日 2012年10月28日
川上礼奈 2012年1月26日 2014年4月17日 M
木下百花 2012年1月26日 2014年4月17日 M
小鷹狩佑香 2012年1月26日 2012年5月6日
島田玲奈 2012年1月26日 2014年4月7日
城恵理子 2012年1月26日 2012年9月28日
高野祐衣 2012年1月26日 2014年4月17日 M
谷川愛梨 2012年1月26日 2014年4月17日 M
肥川彩愛 2012年1月26日 2012年12月22日
藤田留奈 2012年1月26日 2012年10月3日
(活動辞退)
三田麻央 2012年1月26日 2014年4月17日 M
村上文香 2012年1月26日 2014年4月17日 M
村瀬紗英 2012年1月26日 2014年4月17日 M
矢倉楓子 2012年1月26日 2014年4月17日 M・A
山岸奈津美 2012年1月26日 2014年4月17日 N
與儀ケイラ 2012年1月26日 2014年4月17日 N
沖田彩華 2012年5月31日 2014年4月17日 M
東由樹 2012年10月9日 2014年4月17日 M
小柳有沙 2012年10月9日 2014年3月2日
山本ひとみ 2012年10月9日 2013年5月30日
N 山田菜々 2013年5月21日 2014年4月17日 M・KII
- 武井紗良 2014年1月25日 2014年4月17日 M

オリジナル楽曲

  • With my soul
てっぺんとったんで!」に収録、センターは矢倉楓子

山田チームM→藤江チームM

2014年5月2日公演開始。AKB48等の他チームの表記同様キャプテンの名前を頭につけて「山田(藤江)チームM」と呼称されることもある[3]ため、本項ではその呼称に準拠する。

特徴

山田菜々から藤江れいなへ引き継がれた、チームMの「キャプテンマーク」。
  • 2014年2月24日に行われた「大組閣」で結成されたチーム。
  • キャプテンには、山田菜々が就任した。
  • 副キャプテンが新たに設置され、沖田彩華が就任した。
  • なお、発表で正規メンバーへ昇格・新チーム所属予定であった城恵理子は、2014年2月26日に昇格中止となり、島田玲奈は新チーム稼働前の同年4月7日に卒業。また、チームBIIから異動予定であった赤澤萌乃は新チーム稼働前の同年4月16日に活動辞退となっている。なお、大組閣発表時点で研究生であった三浦亜莉沙が城の代替として正規メンバーへ昇格し、新チームに所属している。
  • 初代チームMからの残留メンバーが12名と、NMB48でもチームN、チームBIIと比べて多い部類である。
  • 2015年4月3日、キャプテンの山田菜々が卒業し、後任指名を受けた藤江れいなに引き継がれた。その際、キャプテンの証となる「キャプテンマーク」(画像参照)と呼ばれる腕章が併せて引き継がれたが、この様なキャプテンマークは他のチームには存在せず、チームM独自の慣習となっている。
  • 円陣での掛け声は、

「ボン! ボンクラな私たちだけど キュッ! キュッと引き締まった ボン! ビッグなチームになるぜ! チームM ボン!キュッ!ボン!」

主な出来事・メンバー数変遷

日付 出来事 人数 増減
2014年
(3月20日) (3期研究生三浦亜莉沙正規メンバー昇格)
4月30日 チームM 2nd Stage「RESET」初日
藤江れいなAKB48より移籍
18
2015年
2月4日 2期研究生鵜野みずき、4期研究生中野麗来松村芽久未森田彩花正規メンバー昇格 22 +4
3月13日 村上文香卒業公演
3月16日 三浦亜莉沙卒業公演
3月22日 村上文香活動終了 21 -1
3月31日 三浦亜莉沙活動終了 20 -1
4月3日 山田菜々卒業公演(活動終了)[注釈 4]
藤江れいな後任キャプテン就任
植村梓所属先未定より加入
20 ±0
7月13日 高野祐衣卒業公演
7月18日 高野祐衣活動終了 19 -1
2016年
1月27日 近藤里奈卒業公演(活動終了) 18 -1
8月25日 ドラフト研究生堀詩音正規メンバー昇格 19 +1
12月25日 M2nd「RESET」千秋楽
藤江チームM活動終了
19

メンバー

旧所属 名前 結成 所属開始日 所属終了日 新所属
M 東由樹 2014年5月2日 2016年12月25日 N
M 沖田彩華 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
M 川上礼奈 2014年5月2日 2016年12月25日 M
M 木下百花 2014年5月2日 2016年12月25日 M
M 高野祐衣 2014年5月2日 2015年7月18日
M 武井紗良 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
M 谷川愛梨 2014年5月2日 2016年12月25日 N
M 三田麻央 2014年5月2日 2016年12月25日 N
M 村上文香 2014年5月2日 2015年3月22日
M 村瀬紗英 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
M・A 矢倉楓子 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
M 山田菜々 2014年5月2日 2015年4月3日
N 近藤里奈 2014年5月2日 2016年1月27日
N 白間美瑠 2014年5月2日 2016年12月25日 M・A
BII 石塚朱莉 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
BII 久代梨奈 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
B 藤江れいな 2014年5月2日 2016年12月25日 BII
三浦亜莉沙 2014年5月2日 2015年3月31日
鵜野みずき 2015年2月4日 2016年12月25日 M
中野麗来 2015年2月4日 2016年12月25日 M
松村芽久未 2015年2月4日 2016年12月25日 N
森田彩花 2015年2月4日 2016年12月25日 BII
- 植村梓 2015年4月3日 2016年12月25日 BII
Mドラ研 堀詩音 2016年8月25日 2016年12月25日 N

オリジナル楽曲

  • 夏の催眠術
世界の中心は大阪や ~なんば自治区~」に収録、センターは白間美瑠矢倉楓子
  • 右にしてるリング
らしくない」に収録、センターは矢倉楓子。
  • ハート、叫ぶ。
Don't look back!」に収録、センターは白間美瑠と矢倉楓子。
  • 僕だけのSecret time
ドリアン少年」に収録、センターは白間美瑠と矢倉楓子。
  • Good-bye, Guitar
ドリアン少年」に収録、センターは白間美瑠と矢倉楓子。
  • 恋を急げ
Must be now」に収録、センターは白間美瑠と矢倉楓子。
  • Good-bye, Guitar
僕はいない」に収録、センターは白間美瑠と矢倉楓子。

川上チームM

2017年1月24日公演開始。AKB48等の他チームの表記同様キャプテンの名前を頭につけて「川上チームM」と呼称されるため、本項ではその呼称に準拠する。

特徴

  • 2016年10月18日に行われた「NMB48 6th Anniversary LIVE」初日公演で発表された「組閣」により、結成が発表されたチーム。
  • キャプテンには川上礼奈が、副キャプテンには上枝チームBIIから異動する磯佳奈江が就任した。
  • チームBIIドラフト研究生であった安田桃寧は正規メンバーへ昇格し、あわせてチームMへ異動することが発表されている。
  • また、研究生については「組閣」後新体制より正規メンバーに昇格するメンバーを除き、各チーム専属になることが発表されており、安藤愛璃菜(チームBIIドラフト研究生より変更)、西仲七海(チームNドラフト研究生より変更)、岩田桃夏山田寿々の所属が発表されている。
  • 「組閣」発表後に、黒川葉月がNMB48からの卒業を発表し、2016年12月24日をもってNMB48としての活動を終了[4]したため、「組閣」後新体制には加わっていない。

主な出来事・メンバー数変遷

日付 出来事 人数 増減
2017年
1月1日 新チーム体制稼働開始
ドラフト2期研究生安田桃寧正規メンバー昇格
15
1月24日 「アイドルの夜明け」初日
7月31日 上枝恵美加卒業公演(活動終了) 14 -1
9月27日 木下百花卒業公演(活動終了) 13 -1
10月12日 ドラフト2期研究生安藤愛璃菜、5期研究生岩田桃夏山田寿々正規メンバー昇格 16 +3

メンバー

旧所属 名前 結成 所属開始日 所属終了日
M 鵜野みずき 2017年1月1日
M 川上礼奈 2017年1月1日
M 木下百花 2017年1月1日 2017年9月27日
M・A 白間美瑠 2017年1月1日
M 中野麗来 2017年1月1日
N 石田優美 2017年1月1日
N 加藤夕夏 2017年1月1日
N 西澤瑠莉奈 2017年1月1日
N 吉田朱里 2017年1月1日
BII 磯佳奈江 2017年1月1日
BII 大段舞依 2017年1月1日
BII 上枝恵美加 2017年1月1日 2017年7月31日
BII 川上千尋 2017年1月1日
BII・4 渋谷凪咲 2017年1月1日
BIIドラ研 安田桃寧 2017年1月1日
M研 安藤愛璃菜 2017年10月12日
M研 岩田桃夏 2017年10月12日
M研 山田寿々 2017年10月12日

オリジナル楽曲

  • 恋は災難
僕以外の誰か」に収録、センターは白間美瑠

注釈

  1. ^ サポートの役割でチームを異動した例として、AKB48初代チームAから初代チームBへ異動した浦野一美平嶋夏海渡邊志穂のケースがある。
  2. ^ キャプテン欠員による代理(代行)就任のケースとして、AKB48初代チーム4島田晴香のケースがある(大場美奈のキャプテン辞任、謹慎に伴う)。
  3. ^ 負傷療養中のため、同日の公演において卒業セレモニーのみ実施。
  4. ^ 同時に兼任していたSKE48も兼任終了。

出典

  1. ^ NMB島田、謹慎明け即キャプテン就任 - デイリースポーツ 2012年1月4日(アーカイブ)
  2. ^ NMB48劇場 サラリーマン支配人 金子より - NMB48オフィシャルブログ 2012年5月2日
  3. ^ 2015年2月4日、NMB48 Arena Tour 2015 ~遠くにいても~で行われた研究生の昇格発表で、劇場支配人金子剛の発表において発言が見られる。
  4. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2016年11月14日 ArKaiBu Gugutas

関連項目