エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

米沢瑠美

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
  • 本記事を加筆・修正される方は、編集前にトークを一読願います。また、さらなる議論が必要な場合は当該ページのトークで行ってください。

AKB48
米沢 瑠美 よねざわ るみ
2011年AKB48プロフィール 米沢瑠美.jpg
公式ニックネーム

よねちゃん

生年月日

1991年6月6日 (26歳)

出身地

埼玉県

血液型

A型

身長

161cm

スリーサイズ

B77 W57 H84

合格期

3期生

選抜回数

0回

米沢 瑠美(よねざわ るみ、1991年6月6日 - )は、AKB48の元メンバー。埼玉県出身。

略歴

2006年
2007年
  • 4月8日、チームBの一員として公演デビュー。
2009年
2010年
  • 3月12日、チームKに異動。
  • 6月9日、第2回総選挙では34位にランクイン。
2012年
  • 1月28日、AKB48としての活動を辞退することを発表。
  • 2月5日、東京ビッグサイトでの『上からマリコ』握手会をもって活動終了。
  • 3月31日、アーティストハウス・ピラミッドとの契約満了[1]
  • 7月1日、エムズエンタープライズに移籍。
2013年
  • 4月17日から21日まで行われた『A☆ct Stage Vol.3「応!〜吠えろ!叫べ!打ち砕け!すべての軛を引きちぎれ!〜」』で初の舞台主演を務める[2]
  • (時期不詳)エンタープライズの公式サイトに掲載されていたプロフィール[3][4](出典の通り5月1日時点)が削除される。また公式ブログ[5]も閉鎖される。これらの件に関し、本人並びに事務所サイドからの報告はない。ブログは4月28日の投稿が最後になっている。
2014年
  • 10月31日、「城田理加」名義へ改名し、講談社「FRIDAY」にヘアヌードグラビアが掲載。[6]

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、現在は無し。劇場公演の自己紹介MCの時だけ「世界で一番公演が好き」を使用。[7]その前は「イケイケ、ゴーゴー、るみるみ、フー、シーズン2。スマイルメッセンジャーよねちゃんこと、米沢瑠美です」を使用していた。『有吉AKB共和国』で披露したときは、小嶋陽菜に「いつもそれやってるんですか?」と失笑されてしまった。[8]
  • ニックネームは「よねちゃん」。本人は「名字」ではなく、名前の「るみちゃん」と呼ばれたいらしい。[7]
  • チャームポイントは、目が無くなっちゃう笑顔。[9]
  • はっきりと聞き取りやすいMCには定評があり、明るい笑顔やパフォーマンスもさることながら、グラビアもいけるスタイルの良さも特筆すべきところ。[10]
  • いつも笑顔なのが特徴だが、通常時は普通の顔(無表情)。そのため、第一印象が怖く見られる事が多いらしく、[7]元チームBで一緒だった多田愛佳渡辺麻友も最初は怖いと思ったと語っている。
  • 戸賀崎智信「良くも悪くも自分に正直で、喜怒哀楽を表に出してしまう。そういうところは少し不器用な感じかなと思うけど、ファンの人はそこが好きなんだと思いますね」。[10]
  • チームBのメンバーが休演した時は、1つのステージで3つのユニットのアンダーをこなした事がある。劇場公演が大好きな米沢は、そんな状況を楽しんでいたはずと言われているが[10]、未だにシングル曲の選抜メンバーに選ばれた事はない。
  • AKB48のメンバーとして活動しながら、大学へも進学。心理学を専攻した理由は、「こう見えても人見知りなんで、人の心理が読めたらいいなって」。[10]
  • 秋元才加「同じチームになって印象が変わった一人。強めの大人キャラかと思っていたけど、甘えん坊でした。笑うと子供みたいで可愛いんです。MCで彼女が笑うと、空気が華やかになります。体育会系のチームを、若いお客さんにも親しみやすくしてくれる感じ。もちろん、いい感じで大人っぽいところもある。その振り幅が魅力」。[11]
  • 芸能界に憧れたきっかけは、ドラマ『家なき子』に感動して。[9]
  • 将来の夢は、モデル兼女優(メインは女優)。[9]

AKB48として

2006年

  • 12月、AKB48の第3期生(チームB候補)オーディションに合格。

2007年

  • 4月8日、チームBの一員として公演デビュー。

2009年

  • 7月、第1回総選挙では22位となり、選抜ラインの21位にはあと一歩届かなかった。ちなみに21位の倉持明日香との差はわずか3票だった。第2回総選挙の前に米沢は「今年こそはメディア選抜入りをして、ヨネラーに恩返ししたい」と意気込みを語った。[10]

2010年

  • 3月25日、コンサート『満席祭り希望 賛否両論』にて、アーティストハウス・ピラミッドへの移籍打診が発表され、1週間後の4月1日に正式に移籍。
  • 4月、大学に進学[12]
  • 6月、第2回総選挙では34位となり、アンダーガールズ。壇上の挨拶では「速報と中間で36位で、もしかしたら下からまたどんどん順位が上がってくる子がいるかもしれないという不安で、発表されるまでお腹が痛かったです」とコメント。
  • 9月21日、19枚目のシングルの選抜メンバーをじゃんけんで決定するという大会の当日。熱を出し、本番以外は救護室で休んでいた。またジャンケンにも負けてしまい、初選抜とはならなかった。
  • 11月12日、ファースト写真集「米米米(yone yone yone)」をリリース。
  • 2011年2月25日、ファーストDVD『Love Letter』をリリース。

2012年

  • 1月7日、『上からマリコ』個別握手会後。「今日は、2012年最初の握手会でしたぁ。来てくれた皆さん、ありがとうございました。ただちょこっと、こころがチクチク。今まで応援してくれていた方が去っていってしまうことほど寂しいことはありませぬ…。胸がチクチクいたします。もっと魅力的な子になろう」[13]
  • 1月28日、AKB48オフィシャルブログにて、平嶋夏海と米沢瑠美の2名が、AKB48としての活動を辞退することが発表される(詳細は/ノートを参照)。
「私、米沢瑠美は、今日をもってAKB48の活動を辞退させていただくことに決めました。急なお知らせになってしまい、申し訳ありません。今は、今まで私を支えてくださった皆さんへの感謝と、申し訳ない気持ちでいっぱいです。5年間本当にありがとうございました。皆さんに支えられてばかりの5年間でした。今後は個人として芸能活動を続けていきます。メンバーに、ファンの皆さんに、AKB48に、迷惑をかけてしまったこと、本当に申し訳ありませんでした。本当にごめんなさい」
  • 今回も二人が卒業する事になった具体的な理由は書かれていないが、実は前日、平嶋と米沢をめぐって、2人が写ったプライベート写真が流出していると騒動が広がっていた。発端は、ツイッターのある「鍵付きアカウント」。「鍵付き」なので、承認された人しかツイートの内容を読むことはできない。だが、フォロワーがこのアカウントに、米沢の名前である「るみ」と話しかけていたり、話しかけた内容が、米沢が公式ブログやツイッターで話題にした内容と一致したりしていることが相次いで指摘された。さらに、アカウントからアップロードされた写真は、誰からでも見ることができ、その中の写真に11年3月10日に撮影されたグアムの写真があった。この時期、AKB48はグアムでミュージックビデオの撮影をしており、このアカウントが米沢の「裏アカウント」だとの見方が強まっていた。これを切っ掛けに、様々な写真が芋づる式に「発掘」され、その中に米沢や平嶋が男性と親密そうに過ごしている様子が含まれていた。また、コンサート日程についての記述などから、米沢のものとみられるミクシィのアカウントも特定された。このアカウントでは8月29日に「4年ぶりにロンリーガールなわけでして、ロンリーガールになって3週間ちょっとが経ったわけなんです。そろそろ彼氏作ろかな…」と、8月初旬までは交際相手がいたことを明言していた。[14]さらに「公式セックスフレンドが彼氏なら、非公式セックスフレンドが愛人か!」といった過激な記述もあり、いっそう波紋を呼ぶこととなってしまった。[15]
  • 2月4日、東京ビッグサイトで行われる『風は吹いている』全国握手会で最後の挨拶を行う(その後のイベントや握手会には不参加)。[16]
「今回はメンバー、スタッフさん、そしてファンのみなさん、AKB48に関係しているすべてのみなさんにたくさんのご迷惑をおかけしたこと、本当に申し訳ありませんでした。みなさんを前にして、伝えたいことがたくさんあるんですけど、何からどうお話ししたらいいか、本当に申し訳ありません。ただ、今まで5年間、AKB48として活動してきて、一緒に頑張ってきた仲間の足を引っ張ってしまった自分が本当に情けなく思います。私のことを応援してくださったみなさんを裏切ってしまったこと、本当に本当に申し訳なく思っています。何からお話ししたらいいのか、伝えたいことをまとめたはずなんですが、今すごく…(言葉に詰まる)ただ、今まで私が5年間、こうしてAKBとしてやってこれたのは、応援して下さったみなさんがいてくれたからです。私がAKB48のルールを破ってしまったことで、もう、私の言葉はみなさんに信じていただけないかもしれないのですが、みなさんがいたから今日まで頑張って来れたのも本当で、みなさんと過ごした楽しかった時間は本当で、5年間仲間と過ごしてきた時間も、AKB48として歌って踊ったステージも本物でした。本当に楽しかったです。つらかったこともたくさんありましたが、みなさんがいてくれたから5年間やってこれたのは、本当にそう思っていて、みなさんに支えられてばかりで本当に感謝しています。ありがとうございました。今回、私がルールを破ってしまったことにより、いろんなウワサが上がっていて、事実とは異なることもたくさんあります。そのせいで私の仲の良かったメンバーや、私が好きだと言ったSKEメンバーにも疑いの目が向けられているのを本当に心苦しく思います。私がルールを破ってしまったことは事実で、でも私がルールを破ってしまったことにメンバーはまったく関係ありません。私の言葉はもう信じていただけないかもしれませんが、今まで一緒に頑張ってきたメンバーは、夢を追い掛ける仲間は、私にはまったく関係ないので、私のことはもう信じられないかもしれませんが、夢に向かって頑張る仲間は応援してください。こんな形でAKBを去るのは、私を応援してくださったみなさんに本当に申し訳なく思います。本当にその気持ちでいっぱいです。こんな私でも、別の道を歩くことになっても応援すると言ってくれるメンバーやスタッフさんや仲間を私はこれからも応援したいです。これから先のことはうまく言えませんが、また、みなさんに応援していただけるよう、そんな気持ちになっていただけるような人になれるように私も一生懸命生きようと思います。今回のことについて、厳しい言葉も温かい言葉もすべてしっかりと受け止めて向き合っていこうと思います。本当は伝えたかったことが全部伝えられたのか私にはすごく不安なんですが、これからもAKB48の応援をどうぞよろしくお願いします。5年間本当にありがとうございました」[17]
  • 2月5日、東京ビッグサイトで行われる『上からマリコ』個別握手会をもって、AKB48メンバーとしての活動を終了。不測の事態を考慮し、万全の警備体制で行われた。
  • 最後の握手会を終えて。
米沢「みなさんおひさしぶりです。ずっとブログを更新できず、ごめんなさい。そしてその間もたくさんのコメントをありがとうございます。私はAKB48として、してはいけないことをしてしまいました。たくさんの方にご迷惑をおかけしたこと、ファンの皆さんを裏切ってしまったこと、今日をもってAKB48を辞退させていただくことになってしまったこと、本当に申し訳ありません。私にとって今日はAKB48として最後の日であり、最後のAKB握手会でした。ここから先は、今日思ったことや感じたことを率直に書かせてください。私が不器用なせいで、もしも言葉足らずな部分があったらごめんなさい。
今日の握手会を迎えることが実はすごく怖かった。それは、暴言をうけるのではないかという心配からとかではなく、今日を終えたらAKB48の米沢瑠美ではなくなるという現実を迎えることがすごく辛かったから。もう公演ができない、メンバーと一緒に歌えない、もう大好きな握手会でファンの方とお話することがなくなる。辞退ということはこれを意味しているのに、これを受け止めたつもりなのに、全然実感がわかなくて、自業自得なのに、自分で決めたことなのに、本当は受け止めきれずにいました。でも今日、ファンの方々とお話をして、やっと決意ができました。辞退を発表したあの日から今日まで家にいる間、5年間わたしは皆さんに何ができたのだろう…と考えていました。私、なにもできてないや…って。『選抜になってね!』とか『もっとテレビでてね!』とか、期待の声に答えられなかったことを悔やんだり…せっかく推してくれたのに、こんな推しメンで申し訳なく思っていたんです。でも今日の握手会で心から「AKB48でよかった」って「皆さんと出会えてよかった」ってそう思いました。罵倒されたって仕方がないことをしたはずなのに…どんなことを言われても受け止めると決意してきたのに…こんなに暖かい言葉をいただけるなんて思ってもいませんでした。「がんばれ」「これからも応援するよ」「推しててよかった」。5年間ずっと支えていただいたのに、最後の最後まで皆さんには背中をおしていただいてしまいました。こんな言葉は遣い方が違うのかもしれないけれど、今日流してくれた皆さんの涙が、あたたかい激励が本当に嬉しかった…。皆さんが流して下さったのは、決して嬉しい涙ではないとわかっています。けれど、私の為にこんなにも心を動かしてくださることがすごくありがたくて、こんなにまで私を愛してくださる皆さんと出会えて本当によかったと心から思いました。こんなに長々と書いても伝えきれないぐらい、皆さんへの感謝は大きくて、私は皆さんがすごくすごく大好きなんだと実感させられました。そんな気持ちがあるならルール破るなよっていう話ですよね。本当にその通りだと思います。私は過ちをおかしました。けれど、こうして応援してくださる皆さんに大好きな皆さんに絶対にまた会いたい。「待ってるよ」と言ってくださった皆さんに「待ってたよ」と言っていただきたい。皆さんに背中をおされ、私は今日からまたがんばれそうです。いえ、がんばります。たくさん心配かけてごめんなさい。この文を読んで不快に思う方もいらっしゃると思います。私のことがすごく憎くて、許せない方もいらっしゃると思います。今日いただいた厳しいお言葉もしっかりと受け止めました。そんな皆さんにもいつか、気持ちが伝わるように、気持ちを伝えられるように、これからの人生を頑張ります。AKB48としての活動は終えますが、AKB48で過ごした5年間を糧に、皆さんとの思い出やいただいた気持ちをパワーに、皆さんにまた会えるよう、これから先どんなことがあっても頑張っていこうと思います。そう思わせてくれたのは、AKB48であり、メンバーやスタッフさんであり、何より皆さんのおかげです。AKBとしての最後、しっかりご挨拶ができてよかったです。聞いていただいて本当にありがとうございました。そして応援してくださったヨネラーの皆さん、5年間本当にありがとうございました! できるだけはやく皆さんに顔を見せれるよう、精一杯頑張っていきたいと思っています。また会う日まで元気でいてほしいです。このブログやTwitterをどうするかはまだ未定です。今後のことはスタッフさんとよく相談し、決まり次第発表させていただきます。AKB48としての5年間は私の宝物です。これからもAKB48と姉妹グループの応援、どうぞよろしくお願いします。本当に本当にありがとうございました」[18]

AKB48卒業後

2012年

  • 4月7日、所属事務所(アーティストハウス・ピラミッド)との契約が終了していたことを発表。公式ブログも閉鎖。「ご無沙汰しております、米沢瑠美です。3月31日をもちまして所属事務所であったアーティストハウスピラミッドとの契約が満了致しましたので、このブログは閉鎖させていただくことになりました。今は今後の活動の為に準備をしているところです[1]。このブログは閉鎖させていただきますが、Twitterの方は継続するので、そこで今後のことが決まり次第お知らせしたいと思います。私の今後について心配して下さっている皆さんに、早くいいお知らせが出来るよう頑張っているところなので、もう少し待っていて下さい。約2年間、このブログを読んでくださった皆さん本当にありがとうございました。米沢瑠美」。
  • 6月11日、米沢が、自身のツイッターでファンと真摯に向き合っていることが話題になっている。米沢の元ファンだっという人物が、「おれは、君のために総選挙で票いれたり、握手会も何度も行った。とりあえず相当金を貢いだんだ。 バイト二つやって、その金が入ればイベントとかに参加してた。でもあんな形で裏切られるとは思わなかった。別に金がどうとかじゃないけど、失望した」と投稿。また米沢を養護する意見に対しては、「おまえ、裏切られた時なんも思わなかったのか? 何も思わなかったのなら、それはいかれてる」「あれはファンへの裏切り行為だろ」「あの事件いらい嫌いになった」と許せない様子。これに対し米沢は、「失望させてしまってごめんなさい。気持ちをわかるように伝えてくれてありがとう。受け止めます」と回答している。また、米沢は所属事務所とは3月末で契約終了していることもあり、「でもファンの方とコミュニケーションできる場がここしかないので、Twitterは続けさせていただきたいのです。私が嫌いならばフォローを外して下さい(T . T)ごめんね」とつづった。これら一連のやり取りについては、フォロワーからも反応が。とあるフォロワーは、数か月前までは米沢のことを許せなかったとしながらも、ツイッターを通してファンとの信頼を取り戻そうとしている姿に好印象を抱いたと告白している。今年4月に所属事務所との契約が終了したことをブログで報告した際には、「今後の活動の為に準備をしているところです」と芸能活動継続を示唆した米沢。今月6日の誕生日には多くのファンからメッセージを送られ、フォロワー数も4万を突破している。まだ本格的な活動再開とはなっていないものの、多くのメディアで米沢の姿を見られる日を待ち望んでいるファンは少なくないはずだ。[19]
  • 7月1日、エムズエンタープライズと契約したことをツイッターで報告。「みんなに早く伝えたかった事を、話せる準備が整ってきましたっ☆ まず、所属事務所のご報告。エムズエンタープライズさんに所属することになりました☆ これからは演技のお仕事を中心に頑張っていきたいと思っております。新しいオフィシャルブログもアメブロさんで只今製作中です。今月中旬頃にはスタートできると思います」。この報告に秋元才加が「おめでとう!!!お互い頑張ろう☆」と祝福のツイートを寄せている。[20]
  • 7月20日、新オフィシャルブログをスタートした。今年4月以来のブログ再開となった米沢は「久しぶりに皆さんに元気な姿を見せられる場所が出来たことが ほんとにほんとに凄く嬉しい! 待っていて下さった皆さん待たせてごめんなさい! そして、待っていてくださって本当にありがとうございます!」と感謝の気持ちをつづっている。前所属事務所との契約終了に伴い、約2年間続いていたオフィシャルブログを今年4月に終了した米沢は20日、新ブログを開設。同日の記事では久々に自撮り画像を公開し、「なんか照れます。自撮りをブログに載せるという行為にとっても抵抗感じるっ…これがブランクか!」とジョークを交えながら、心境を明かした。[21]
  • 8月23日、東京・赤坂BLITZで上演される即興舞台に出演し、芸能活動を再開。戦隊ドラマなどで知られる俳優、鈴木勝吾とデビット伊東と共演する。舞台のテーマはその場で観客から提案してもらい、米沢ら出演者が演出家と話し合って即興で創り上げる。関係者は「テーマは何でもあり。たとえば、ドSの女性が昔の彼にバッタリ会った時の行動とか、1つのテーマにつき約20分、3本か4本の上演を予定しています」と明かす。客席は約600席で、相当な演技力が必要となるが、米沢は現在、所属事務所の先輩で多彩な役をこなす金山一彦から演技指導を受けている真っ最中。「この舞台でもう一度、度胸をつけて、いずれはドラマや映画にも出たい」と捲土重来(一度敗れたものが、再び勢いを盛り返すこと)を期している。[22]
  • 終了後の取材では、「演じる度胸がついた気がします」と充実の笑み。また10月にスタートする米倉涼子主演のテレビ朝日系連続ドラマ「ドクターX」(木曜日21:00)に、看護師役でレギュラー出演することも決定した。[23]
  • 9月16日、東京スポーツのインタビューより。個人活動を再開してから初の映画出演を果たし、米沢が演じるのは風俗嬢というから驚きだ。そこで米沢を直撃すると、今までは語られなかったAKBへの思いまでを明かした。米沢が出演するのは12月上旬公開予定の映画『名無しの十字架』。まさかのデリヘル嬢役だ。さすがにヌードシーンはないものの、AKB時代のイメージをガラリと変えるような、なまめかしい姿を披露している。米沢は「役を最初に聞いた時はビックリしたんですけど、(女優として)きっとこれから私がしていかなきゃいけないことだし、私の仕事としてやっていきたいことだなと私も思ったのでさせていただいた」と決意をしたという。「AKB、アイドルのイメージとしてはファンの方もきっとビックリされるんじゃないかなと思ったんですけど。実地研修? さすがにできません(苦笑)」。2007年4月にAKBのメンバーとしてデビューした米沢。今年初頭、思わぬ形で世間の大注目を浴びてしまった。男性との私的な写真がネット上を駆け巡り、活動辞退に追い込まれた。「(AKB時代は)大変だったんだなと思います。AKBはいつも変動しているグループ。中にいる時はそこの渦に巻き込まれているのでどうすることもできないし、自分たちは渦に巻き込まれながら進んでいくしかないので、いつも前進するしかなくて、大きな船から振り落とされないようにしていることしかできないというか。日本で一番売れているアイドルと言われても、その実感もあるようでないんですよね」とAKB時代を振り返った。AKBを卒業したことにより、米沢は恋愛禁止という鉄のおきてを守らなくてもいい立場になったが、現在の恋愛は?「私にその余裕はないんですね。それ(恋愛)をしているぐらいだったらもっと学びたいことがあって、もっとしたい仕事があって、今は自分の方が大切なんだと思います。AKB時代も(彼氏が)いたことは全然あるので。(恋愛を)表に出してしまったことによってガッカリさせてしまった人がたくさんいるので、今ちょっとその勇気がないですね」。米沢はアイドルから女優への“脱皮”にまい進している。[24]

2013年

  • エムズエンタープライズの公式サイトに掲載されていたプロフィール[25][26]が削除される。また公式ブログ[27]も閉鎖される。事務所の件に関しては沈黙を守り続け、その後もツイッターは更新を続けていたが、2014年9月現在、ツイッターアカウントも削除されている。

2014年

  • 10月31日発売の講談社「FRIDAY」(11月14日号)に、『AKB48 '09年「総選挙」22位 あの元メンバーがヘアヌードに!』と銘打たれたグラビアが掲載。言及はないものの、経歴から米沢であることがわかる。「城田理加」名義でアダルトビデオへ出演することも記事により明らかになった(詳細は/ノートを参照)[6][28]

交友関係

性格・趣味

  • 長所は、身体が柔らかい。[30]
  • 短所は、朝起きるのが苦手。トロイ。[30]
  • 好きな食べ物は、焼肉、苺、ネギトロ、カレーライス[12]
  • 中学生の時は、生徒会の副会長だった。[9]
  • 一人で何でも出来る。焼き肉や映画を一人で行く事も全然平気。友達がいない訳ではない。[31]
  • 趣味は、映画鑑賞とShoppingリボン[12]。カラオケ。ショッピング。[9]
  • 特技は、Y字バランス。トランペット。クッキーを作ること。[9]
  • 好きな歌手は、aiko。[32]
  • 好きな男性のタイプは、面倒見が良い人。器の大きい人。[30]
  • マイブームは、バスタオル集め、パワーストーン、ダイエット[12]
  • サッカー好き。母の影響で、浦和レッズのサポーター。[33]かなりのサッカー好きのようで、ワールドカップ中は毎日のようにブログでサッカーについて盛り上がっていた。

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

派生ユニットシングル曲

チームZ

  • 恋のお縄
    • 私の彼氏は銭形平次
    • 会いたかった ~お江戸 Ver.~
    • 銭形平次 ~TEAM-Z Ver.~

アルバムCD選抜曲

  • 神曲たち」に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」に収録
    • 僕にできること - チームK名義
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

  1. ^ a b exciteニュース2012年4月9日
  2. ^ 元AKB48 米沢瑠美と元宝塚 遥奈瞳がW主演する舞台「応!」が4月17日から開催! 初日ゲストは元SDN48 なちゅ! GirlsNews 2013年4月6日
  3. ^ 公式サイト(アーカイブ:2013年1月11日 19:02:47 UTC)
  4. ^ 公式サイト(アーカイブ:2013年5月1日 01:02:34 UTC)
  5. ^ オフォシャルブログ(アーカイブ:2013年5月1日 03:38:02 UTC)
  6. ^ a b AKB48 ’09年「総選挙」22位 あの元メンバーがヘアヌードに!FRIDAYデジタル2014.10.31
  7. ^ a b c 『GirlsNews』
  8. ^ 『有吉AKB共和国』 10/09/06
  9. ^ a b c d e f g h i 『AKB48 VISUAL BOOK 2010』
  10. ^ a b c d e 『AKB48総選挙公式ガイドブック』
  11. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  12. ^ a b c d オフィシャルブログより。[いつ?誰の?]
  13. ^ http://ameblo.jp/rumifu-blog/entry-11129362983.html
  14. ^ http://www.j-cast.com/s/2012/01/28120359.html?p=all
  15. ^ http://www.kon-katsu-news.com/news_aDtNfF95pi.html
  16. ^ 【平嶋・米沢に関してのご質問】AKB48オフィシャルブログ2012-01-31
  17. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120204-899307.html
  18. ^ http://ameblo.jp/rumifu-blog/entry-11156559967.html
  19. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0043007
  20. ^ http://www.j-cast.com/tv/2012/07/01137689.html
  21. ^ http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0044296
  22. ^ http://www.sanspo.com/geino/news/20120703/oth12070305070013-n1.html
  23. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000018-sanspo-ent
  24. ^ http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/38413/
  25. ^ 公式サイト(アーカイブ:2013年1月11日 19:02:47 UTC)
  26. ^ 公式サイト(アーカイブ:2013年5月1日 01:02:34 UTC)
  27. ^ オフォシャルブログ(アーカイブ:2013年5月1日 03:38:02 UTC)
  28. ^ 元AKB48・城田理加の「MUTEKI」本番デビューに、もう驚かないファンたち「家族思いのいい子だった」「頑張って」サイゾー2014.10.31
  29. ^ http://ameblo.jp/rumifu-blog/entry-10964839316.html
  30. ^ a b c 『AKB48 じゃんけん選抜 公式ガイドブック』
  31. ^ 明日までもうちょっと。』 2010/09/06
  32. ^ オフィシャルブログ http://ameblo.jp/rumifu-blog/entry-10580022794.html
  33. ^ http://ameblo.jp/rumifu-blog/entry-10578624898.html

外部リンク