エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

小嶋真子

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チーム4
小嶋 真子 こじま まこ
2017年AKB48プロフィール 小嶋真子.jpg
公式ニックネーム

こじまこ

所属事務所

サンミュージックプロダクション

生年月日

1997年5月30日 (20歳)

出身地

東京都

血液型

O型

身長

160cm[1]

合格期

14期生

選抜回数

10回

小嶋 真子(こじま まこ、1997年5月30日 - )は、AKB48チーム4のメンバー。東京都出身。サンミュージックプロダクション所属。

略歴

2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「チーム4の高校3年生の小嶋真子です。よろしくお願いします」。他に「みーんな笑顔にさせちゃうぞ!きらきら輝くスマイル番長 14期生1X歳[7]、こじまここと小嶋真子です」(2013年頃)。主にSNS上で使っている全ての単語をしりとりで繋げた挨拶、「こんばんわりばしかまぼこまこ」も使用している。
  • いつも楽しげな笑顔の持ち主。スキルの面ではチームK在籍時にダンスの向上をメンバーに評価されている[8]
  • 同期の岡田奈々西野未姫とともに「三銃士」と呼ばれ、AKB48の将来を嘱望されるホープの一人。また、この三人には「なまこ姫」という呼称もある。由来は「な+まこ+未」。
  • AKB48でお気に入りの曲は『ポニーテールとシュシュ』、『真夏のSounds good !』など女の子のかわいらしさが詰まった曲[9]。一方で『RIVER』のパフォーマンスを歌番組で見てAKB48への加入を考えたとも。「本当にキラキラとして、私の中に飛び込んできました。それで私も一緒にこの曲を歌いたいと。」[10]
  • 3人姉妹の2番目[11]。姉とは3歳離れている[12]
  • 劇場支配人評。

「出演する番組に企画を出すなど自己プロデュース力が上昇。アパレルとのコラボも実現しました。今後の飛躍に期待」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[1]

AKB48として

2012年

  • 5月13日、AKB48第14期研究生オーディション最終審査に合格。
  • 7月9日、チームK6th「RESET」公演の前座ガールズで、内山奈月、西野未姫、前田美月とともに『檸檬の年頃』でデビュー。

2013年

  • 6月5日、AKB48グループ研究生 武道館公演「推しメン早い者勝ち」に出演、各メンバーがユニットを組んで楽曲披露する中、唯一ソロで『FIRST LOVE』を披露した。
  • 7月20日、「AKB48 2013真夏のドームツアー ~まだまだ、やらなきゃいけないことがある~ 」福岡ヤフオク!ドーム公演において、新たに結成される研究生ユニット(「てんとうむChu!」)の一員となることが発表される。「(前略)そして、新ユニットのメンバー発表。突然の発表でびっくりだったけど、未姫奈々芽瑠美桜ちゃん、凪咲ちゃん、綾巴ちゃんと、七人の色をこれから出せたらいいな...♪今までにないレインボーなユニットにしたいです!チャンスを掴みます!!!みなさん、これからも応援宜しくお願いします!」[13]
  • 8月24日、東京ドーム公演において、正規メンバーへの昇格と(峯岸)チーム4の一員となることが発表される。「戸賀崎支配人から、13期さん、14期、みぃちゃんの16人でのチーム4の結成が発表されました。いつも応援してくださるみなさんのおかげで、昇格することができました。本当にいつも応援ありがとうございます。どこのチームよりもいいチームを作り上げたいです。私は今まで前に出て、みんなを引っ張るって言うのが自信がなかったり勇気もなくて、できなかったんです。でも新チーム4になって自分自身変わりたいって思いました。だから、これからもみなさんに見守っていてほしいです。不安もたくさんあるけど、応援してくださっているファンのみなさんのことを考えると自信をもって頑張れます。みなさん、これからも小嶋真子とチーム4の応援宜しくお願いします!最強チームにしてみせます!!!」[14]
  • 10月27日、てんとうむChu!主演のテレビドラマ『女子高警察』(フジテレビ系)が放送開始。

2014年

  • 1月24日、AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200 2014第2日のサプライズ発表で、AKB48の35thシングル「前しか向かねえ」(2月26日発売)の選抜メンバーに選出されたことが発表される(14期生からの選抜入りは初)。小嶋は終演後、Google+で心境を語った。「前しか向かねえ 初めての選抜入り、、 いつも応援してくださる皆さんの おかげです! 本当にありがとうございます! 感謝の気持ちと歓喜の気持ちと 今以上の躍進への気持ちをこめて あまり上手じゃないけど 私なりのロックで 思いっきり出し切りました! でも楽しくて楽しくて 自分のその時の笑顔を自分の顔じゃ 表現しきれないもどかしさを 感じました、、笑 本当にたのしかったです!❤️ 気持ちよかったですo(^▽^)o 前しか向かねえ!!!!」[15]
  • 2月24日、大組閣において、チームKへの異動が発表される。「横山チームK、よろしくお願いします。成長するぞ。頑張るぞ。そして、峯岸チーム4でいられる、残り少ない時間を大切に。峯岸チーム4が大好きです」[16]
  • 4月6日、「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200 2014」第2部にて、峯岸チーム4の『清純フィロソフィー』が1位を獲得。メンバーの一人として挨拶の後、歓喜のフルサイズ披露を行った。
  • 4月14日、てんとうむChu!の冠バラエティ番組『てんとうむChu!の世界をムチューにさせます宣言!』(日本テレビ系)が放送開始。スケジュールの都合上欠席の回もあるが、『大根役者王決定戦』では脱落者続出の中任務完了、『バンジー4(フォー)』では即座にバンジージャンプに飛び込む等活躍をみせた。
  • 4月17日、大人AKB塚本まり子を起用したCM撮影並びに記者会見に共演メンバーの一人として参加。CMソング『教えてMommy』は37thシングル『心のプラカード』にMVと共に収録された。
  • 7月19日、初参加となる全国ツアー『AKB48全国ツアー2014「あなたがいてくれるから~残り27都道府県で会いましょう~」』、チームKはこの日の奈良公演からスタート。楽曲の他初日の立地にちなみ鹿を主人公とした寸劇も上演され、この日では鹿達が憧れるアイドル役を努めた。
  • 8月7日、深夜ラジオ番組『リッスン? ~Live 4 Life~』で自身初の単独パーソナリティーを担当。18歳未満のため、録音での収録となった。(複数では既に出演歴有り)
  • 9月、舞台『AKB49~恋愛禁止条例~』が上演され、ヒロイン吉永寛子役(大和田南那とWキャスト)で出演。ジュークボックス形式のミュージカルであり、全体曲の他、ソロで『ミニスカートの妖精』、デュエットで『夕陽を見ているか?』、『君はペガサス』等を披露。
  • 9月11日、全国ツアー京都公演に参加。この日は『AKB49~恋愛禁止条例~』の初日であり、舞台にはコンサートを終えた翌日から参加というハードスケジュールであった。
  • 12月16日、「第4回AKB48紅白対抗歌合戦」にて、テレビアニメ『妖怪ウォッチ』の新エンディングを担当するユニットニャーKB with ツチノコパンダが発表され、メンバーに選出される。番組では2015年1月9日より放送。表題シングル『アイドルはウーニャニャの件』は4月8日に発売。

2015年

実際にオフィシャルサイトのプロフィール表記が「まこ」に変更された。
  • 1月20日、テレビドラマ『マジすか学園4』の放送が始まり、馬路須加女学園1年最強コンビのカミソリ役で出演(もう一方はゾンビ役の大和田南那)。
  • 5月、舞台「マジすか学園」~京都・血風修学旅行~(アイアシアタートーキョー)が上演され、『マジすか学園4』と同じカミソリの中学生時代を演じた。
  • 5月9日、有明コロシアムで第2回AKB48大運動会が開催。30mダッシュで決勝進出し結果は2位。優勝の村山彩希と共にチーム4の序盤でのリードに貢献した(チーム4の最終結果は2位)。
  • 3月25日、さいたまスーパーアリーナにて「AKB48ヤングメンバー全国ツアー~未来は今から作られる~」がスタートし全体曲のメインステージメンバーとして登場、『君だけにChu!Chu!Chu!』、『Only today』、『清純フィロソフィー』をセンターで披露。これ以降は長崎、鹿児島、岡山の各公演に参加している。
  • 3月26日、同会場での「AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~」において、人事異動がサプライズ発表され、小嶋はチーム4へ異動することが発表される[4]。「チーム4に戻るってなった時に『良かったね』といわれるが、チームKにいったのがイヤだったわけでもないし、一番学べたし。自分の中ですごい大事な期間だった。私はチームKも好きだし、チーム4も好き。」(要約)[8]
  • 6月6日、第7回総選挙開票。小嶋は第26位(獲得票数:25,117票)にランクインし、アンダーガールズに選出。
  • 8月24日、テレビ及びネット配信ドラマ『マジすか学園5』の放送開始、マジすか学園4に引き続きカミソリ役で出演。
  • 8月25日、東京ドームで第1回AKB48グループ対抗大運動会が開催。50mダッシュでまたも決勝進出するが、ゴール前で転倒し最下位。しかし大転倒であったため満場の注目を集めた。その後痛みは出たが検査の結果大事には至らず(チーム4の最終結果は8位)。これに伴い翌日のチームK公演千秋楽は一部出演となった。
  • 9月9日、ラジオ『オールナイトニッポン』で自身初の生出演(初出演は2013年10月18日で録音)。共演は、中西智代梨内山奈月
  • 9月13日、落語家・春風亭小朝考案のセットリストによる特別公演「イヴはアダムの肋骨」がスタート。小朝から小嶋は同公演のセンターに指名され、YouTube上の告知動画に「春風コココ」の名義で登場し、出演メンバーを落語風に発表している。
  • 9月16日、横浜アリーナで行われた第6回じゃんけん大会本戦。1回戦で小嶋陽菜と対戦する際に、真子は同姓の小嶋菜月をセコンドに引き連れて登場したが、その際、陽菜から「負けた方が、1週間「こじま」を名乗ることを禁止」するペナルティーを課すことを提案。対戦の結果、真子は陽菜に敗れ、セコンドについていた菜月、さらに陽菜側のゲストとして来ていた児嶋一哉(アンジャッシュ)まで「こじま」を名乗ることを禁止された。このペナルテイーは即時適用され、1週間限定の予定でオフィシャルサイトのプロフィールなどでは「まこ」と記載されることになった[17]
  • 10月11日、メンバーが日替わりで登場する朗読劇、『リーディングシアター「アドレナリンの夜」』第1部に出演。高城亜樹達家真姫宝藤田奈那宮崎美穂 と共演した。
  • 11月8日、プロ野球選手・田中将大考案によるセットリストによる特別公演「僕がここにいる理由」が始まる。同公演の全体曲では『君のことが好きだから』を島田晴香とWセンターを務める。

2016年

  • 2月22日、「高橋みなみプロデュース公演」のうち「ザ・アイドル公演」に出演、持ち歌の『LOVE修行』からスタートし、ユニット曲では『ウィンブルドンへ連れて行って』を披露した。
  • 3月、文化放送『リッスン?2-3』の月替わりパーソナリティーを担当する。
  • 4月6日、『AKB48のオールナイトニッポン』に通算10回目の出演
  • 4月20日、ネット配信サッカー番組『F.Chan TV』の単独MCに就任し配信開始。初回ゲストはタレントのJOY。
  • 6月6日から17日まで、動画配信サイト「SHOWROOM」との連動企画「AKB48 45thシングル 選抜総選挙 × SHOWROOM」が実施され、小嶋も自宅等からの生配信を随時行った。視聴者によるポイント付与により2,484,161ptを獲得、ランキング12位の配信者となった。
  • 6月13日、ネット配信通販番組『楽天スーパーライブTV』に西野未姫と出演[18]。司会者と共にAKBコラボウォッチの紹介や家電、調理器具等の実演をした。
  • 6月18日、第8回総選挙開票。小嶋は第19位(獲得票数:33,524票)にランクインし、アンダーガールズに選出。
  • 6月29日、NOTTVで放送されていたバラエティ番組「AKB48のあんた、誰?」最終回(あん誰ファイナル! 19時間生放送スペシャル)に初出演。1000回以上に渡って放送されていたAKB48の冠番組であったが、小嶋はこれが最初で最後の出演となった。
  • 7月25日、舞台「マジすか学園」~Lost In The SuperMarket~(赤坂ACTシアター)にカマボコ役(ラッパッパ四天王。前作カミソリの妹)で出演。8月5日まで。[19]
  • 10月10日、神戸ワールド記念ホールで行われた第7回じゃんけん大会本戦に出場。Cブロックの選抜決定戦に進出するも渋谷凪咲に敗北。表題曲ユニット選抜入りは逃したが8~14位によるカップリングユニット入りを果たした。今回の衣装は出演中の『F.Chan TV』オリジナルユニフォームを着用。さらに開催地のJリーグクラブ、ヴィッセル神戸のマスコットモーヴィの応援を受けた。
  • 10月20日、テレビドラマ『キャバすか学園』(日本テレビ)の放送が始まる。マジすか学園4と同じカミソリ役で出演、キャバクラ水族館ではイカと名乗る。
  • 12月31日、『第67回NHK紅白歌合戦』にAKB48 夢の紅白選抜として出演。今回の選抜メンバーはファン投票によりグループ中から48名が選出され、当日の発表により25位での登場となった。

2017年

  • 1月、文化放送『リッスン?2-3』の月替わりパーソナリティーを担当する。
  • 3月21日、AKB48劇場において「僕の太陽」リバイバル公演相笠萌卒業公演)に出演、親友相笠の卒業公演とあって研究生公演以来の「僕の太陽」参加となった。
  • 3月26日、AKB48劇場において「14期生公演~ 泣いても笑ってもラストステージ ~」に出演。小嶋は同期の岡田奈々、卒業公演を翌日に控えた西野未姫との三名で25曲を披露した。
  • 4月6日、新事務所であるサンミュージックプロダクションにおいて移籍会見を行う。「入学式」として新調の制服姿でレッスン場に自身の写真を設置、先輩の芸人も参加する中質疑応答が行われた[20]
  • 4月7日、AKB48劇場においてKOJIMA FINAL COUNTDOWN 1st 小嶋陽菜「好感度爆上げ」公演に出演。
  • 5月17日、「サムネイル」公演がスタート、ユニット曲では「すべては途中経過」に出演、全体曲「青くさいロック」では唯一のオリジナルメンバーとして参加している。
  • 6月18日、第9回総選挙開票。小嶋は第24位(獲得票数:29,699票)にランクインし、アンダーガールズに選出。
  • 7月20日、井上ヨシマサ「神曲縛り」公演がスタート、同期の岡田奈々がエース指名され小嶋も冒頭の「RIVER」やその後の「真夏のSounds good !」などでセンターを務める。ユニットブロックでは「孤独な星空」を担当。
  • 8月31日、『FChan TV』にてロシアワールドカップアジア最終予選、日本対オーストラリア戦を裏実況生配信。実況の倉敷保雄、解説の玉乃淳と共にスタジオ観戦の模様を配信した。

交友関係

  • 憧れている先輩は、島崎遥香 [12][21]
  • 一番仲良くなった他のグループの研究生は、める[22]
  • 落語家春風亭小朝が小嶋を推しており、小朝がプロデュースする「イヴはアダムの肋骨」公演では、小嶋がセンターを務めている(詳細は当該記事を参照)。

性格・趣味

  • 小学生の頃は、すごく人見知りだった。[11]
  • マイペースとかよく言われる[23]
  • 様々な動物やアニメのキャラクターに似ていると、ファンからよく言われる。似ていると言われるのは「たぬき」[24]、「忍者ハットリくん」のハットリカンゾウ(服部貫蔵)[25]、「ムーミン」のムーミントロール[25]、「アンパンマン」のカレーパンマン[26]など。ただし、本人はいずれも快く思っていない。
  • 趣味は、読書。
  • 特技は、軟式テニス。中学校ではソフトテニス部だった。[11]
  • サッカーファン[27]。好きなサッカー選手は、本田圭佑[22]
  • 好きな食べ物は、オムライス、メロンパン。
  • 一方で偏食だというのも2013年12月10日放送分の「AKBINGO!」で明らかになっている。
  • 苦手な食べものは、野菜[27]
  • 好きな色は、ピンク、茶、白[28]
  • 好きな花は、ひまわり[12]
  • 勉強は苦手。テストの最低点は15点だった[22]
  • 好きなアーティストは、Fairies、ももクロ[23]、juice=juice[29]
  • 好きな洋服のブランドは
    • evelyn、ROJITA、JILLみたいな可愛らしい服[30]
    • INGNI、FOREVER21 (2012年)[23]
  • 好きな言葉は、「前向き」「自分らしさ」[23]
  • 座右の銘。「やろうと思わなければ何も始まらない」[11]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

派生ユニットシングル曲

ニャーKB with ツチノコパンダ

  • アイドルはウーニャニャの件
    • 不幸中の幸い少女

じゃんけん民

  • 逆さ坂」に収録
    • 奇跡のドア - AKB48名義

アルバムCD選抜曲

  • 次の足跡」に収録
    • チーム坂 - Team 4名義(センター)
    • スマイル神隠し - てんとうむChu!名義(センター)
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • Conveyor - Team K名義
    • 僕たちのイデオロギー
  • 0と1の間」に収録
    • 泣き言タイム - Team 4名義
    • てんとうむChu!を探せ! - てんとうむChu!名義
  • サムネイル」に収録
    • あの日の自分
    • 青くさいロック

劇場公演ユニット曲

チームK 6th「RESET」公演

  • 檸檬の年頃(前座ガールズ)

チームA 6th「目撃者」公演

  • ミニスカートの妖精(前座ガールズ)

チームB 5th「シアターの女神」公演

  • ロマンスかくれんぼ(前座ガール)

研究生「僕の太陽」公演

  • アイドルなんて呼ばないで
  • 僕とジュリエットとジェットコースター
  • 向日葵

研究生「パジャマドライブ」公演

  • 天使のしっぽ
  • 鏡の中のジャンヌ・ダルク

チーム4 2nd「手をつなぎながら」公演

  • ウィンブルドンへ連れて行って

チームK 7th 「RESET」公演

  • 心の端のソファー
  • 逆転王子様

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • てもでもの涙
  • 君だけにchu!chu!chu!
  • 大声ダイヤモンド(アカペラ・ボイパver.)

田中将大「僕がここにいる理由」公演

  • 君はペガサス

チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • Bye Bye Bye

出演番組

TVバラエティ

  • AKBINGO!』……日本テレビ系、不定期出演。

TVドラマ

ラジオ

  • 『アッパレやってまーす!』……MBSラジオ、毎週木曜22時00分 - 23時30分

ネット配信

  • 『F.Chan TV』……フットボールチャンネル、毎週水曜配信[2]

脚注・出典

  1. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P117より。
  2. ^ 公演スケジュールのお知らせAKB48 Official Blog2012-07-03
  3. ^ 戸賀崎智信 投稿 - Google+ 2012年7月9日 ArKaiBu Gugutas
  4. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  5. ^ AKB小嶋真子、AKSからサンミュージックへ移籍 - 日刊スポーツ 2017年1月28日
  6. ^ AKB小嶋真子 総選挙ベストテン入り公約は「お笑いライブに出ます」 - 東スポWeb 2017年4月6日
  7. ^ 下一桁は成長により変わる
  8. ^ a b AKB48SHOW!たかみな総監督のお説教部屋ー小嶋真子
  9. ^ 日経エンターテイメント!2015年12月号
  10. ^ アルバム『0と1の間 Complete Singles』付録『43曲の軌跡』
  11. ^ a b c d (AKB的人生論)小嶋真子 できたよ、人見知り克服
  12. ^ a b c 小嶋真子 投稿 - Google+ 2013年1月16日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ 小嶋真子 投稿 - Google+ 2013年7月20日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ 小嶋真子 投稿 - Google+ 2013年8月24日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ 小嶋真子 投稿 - Google+ 2014年1月24日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ 小嶋真子 投稿 - Google+ 2014年2月24日 ArKaiBu Gugutas
  17. ^ [1] - ORICON STYLE 2015年9月16日
  18. ^ Twitter Rakuten BRAND AVE.
  19. ^ ネルケプランニング 舞台「マジすか学園」~Lost In The SuperMarket~
  20. ^ AKB小嶋真子 総選挙ベストテン入り公約は「お笑いライブに出ます」 - 東スポWeb 2017年4月6日
  21. ^ 2012年10月4日(木) 「僕の太陽」18:00公演
  22. ^ a b c 小嶋真子 投稿 - Google+ 2013年6月18日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ a b c d 小嶋真子 投稿 - Google+ 2012年10月2日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 日本テレビ「AKBINGO!」(2015年5月6日放送)の「ショージキ将棋」より。同じたぬき顔の大和田南那とともに「たぬきシスターズ」と呼ばれることもある。
  25. ^ a b MBSラジオ「アッパレやってまーす!」(2015年2月19日放送)より。【エンタがビタミン♪】AKB48・小嶋真子が“ムーミン”と言われてショック。「めちゃ腹立ちました!」 - エンタがビタミン 2015年02月23日
  26. ^ TBSテレビ「有吉AKB共和国」(2015年8月25日放送)の「有吉AKBラジオ局」より。
  27. ^ a b 小嶋真子 投稿 - Google+ 2012年10月8日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ 小嶋真子 投稿 - Google+ 2013年1月31日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ 小嶋真子 投稿 - Google+ 2014年2月16日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ 755 小嶋真子のトーク 2015年12月4日
  31. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜#26 - テレビ朝日
  32. ^ 第13話|AKBラブナイト 恋工場 - テレビ朝日

外部リンク