エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

野中美郷

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48
野中 美郷 のなか みさと
2013年AKB48プロフィール 野中美郷.jpg
公式ニックネーム

みちゃ

生年月日

1991年4月20日 (26歳)

出身地

福岡県

血液型

A型

身長

165cm

スリーサイズ

B87 W64 H91

合格期

6期生

選抜回数

0回

野中 美郷(のなか みさと、1991年4月20日 - )は、AKB48の元メンバー。福岡県北九州市出身[1]神奈川県横浜市育ち。[要出典]

略歴

2008年
2009年
2010年
  • 3月12日、チームKのメンバーとして活動開始。
2012年
  • 8月24日、再組閣により、梅田チームBに異動。
  • 11月1日、梅田チームBとしての活動開始。
2014年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「二十歳になりました。みちゃこと野中美郷です」。以前は、「見た目はパリッ、中身はふんわりもなかちゃん笑」
  • 公式ニックネームは「みい」だったが、メンバーからは「みちゃ」と呼ばれる事が多く、後に公式ニックネームも「みちゃ」に変更された[注釈 1]。公式ブログのタイトルには「みちゃえる」を使用。
  • チャームポイントは目。[3]
  • 秋元才加「博多美人でスラッとしたスタイルも数的なみちゃ。けっこう無口で人見知りするタイプだったけど、同郷のうめちゃんのおかげで、ずいぶん積極的になったし、MCでも楽屋の明るさを出せる様になりました。楽屋では意外と笑わせ屋さんなんですよ。今後の活躍が楽しみなメンバーの一人です」。[4]
  • 戸賀崎智信「博多美人ですね。キャピキャピしている訳でもないし、出しゃばらない。小料理屋で、和服を着て欲しい(笑)」[5]
  • 将来の夢は歌手で、目標は倖田來未。[6]

AKB48として

2008年

  • 芸能界に憧れたきっかけは、倖田來未の歌声を聞いて。[3]
  • AKB48のオーディションを受けようと思ったきっかけ。「私は入る前からAKB48が大好きで、劇場公演を観に行ってたんですよ。一番好きになったのは『BINGO!』のあたりなんですけど」[7]
  • 自分も入りたいと思うようになり、2007年の5期生オーディションを受けようと思ったが、なかなか一歩を踏み出す事が出来ず。[7]
  • 3月、6期生オーディションに応募。用紙や写真は友達が用意してくれて、背中を後押ししてくれた。会場にも付き添って来てくれた。[3]「自分ひとりだったらできなかったし、母も“できるものならやってみなよ”って感じだったんです。そういうことを自分からやるタイプじゃなかったし、アイドルを見る側だったから、母も軽い気持ちで送りだしたと思うんですよね。そしたらまさかの合格でした」。[7]
  • 4月3日、6期生オーディションの最終審査に合格者として名前が発表された。ちなみに6期生は5人と、合格者数がAKBの全世代の中で一番少ない。
  • 戸賀崎「研究生のお披露目をする前に、高城と野中を握手会に出した事があるんです。当然、並ぶ人が少ないので『気にしないでね』とフォローしたら『大丈夫です!』と言い、ファン一人一人にすごく良い対応をしていてビックリした」。[6]
  • 10月19日、チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」初日に同期の高城亜樹と共に劇場公演デビュー。「初めての劇場公演の日は、ひたすら緊張してた覚えしかないけど。それからたくさん公演出させていただいて、今じゃ公演大好き人間です」[8]
  • AKBに入ってから好きな歌はたくさん歌えて嬉しいが、ダンスは苦手だと気づかされた。[3]
  • 12月29日、高城がわずか2ヶ月ほどで、チームAの正規メンバーに昇格したことが発表される。後に語ったその時の心境。「うーん…なんか…あっヤバい…(涙)…けっこう…なんか…今は唯一、同期2人しかいないんですけど…あきちゃは…どんどん…うん…なんですか…結構、まぁ最初らへんからだったけど、差がついてたってのは気付いてたから…。うーん…気持ち的には、辛かったかな…」[9]

2009年

  • 8月23日、東京・日本武道館で行われた「AKB104選抜メンバー組閣祭り」において、正規メンバーへの昇格とチームK(秋元チームK)へ配属されることが発表される。6期生で正規メンバーまで昇格したのは、高城と野中のわずか2人だけだった。
  • 体育会系のチームKには珍しく、ポワンとしたゆるキャラだが、研究生時代は、病気や怪我は一度もなく「身体が丈夫なのが自慢」と語る。また公演に空きポジションがあると、「ここに自分は出演できないか?」とスタッフに打診するなど、ガッツあるエピソードを持っている。[6]

2010年

  • 3月12日、チームK 6th Stage「RESET」公演開始と共に、正式にチームKの正規メンバーに昇格。
  • チームKの正規メンバーでありながら、他のチームの公演や、研究生公演のアンダーも志願した。その理由は、「他のアンダーやってた子が、昇格したり卒業したり辞めちゃったりすると、そこのポジションが空くから、1つでも多く出たいなと思って、そこを新しく覚えたりして、『覚えたので出させて下さい』って言って出たり。だから、完璧にならないと出させてくれないから、完璧にしてから言って出させてもらったり。あと、9期の子たちだけでやってたA5thの公演があった時も、1人足りなかったらしくて、その情報を聞いた時にも、覚えて出てやろうと思って(笑)、出てやりたいなと思って、覚えて『出させて下さい』って言って」。―それも自分で言ったんですか? 「劇場公演好きなんですよ、私」[9]
  • 4月17日から5月18日にかけて、48連続公演という記録を打ち立てる。「劇場でやることが当たり前だったから、自分の中で。だからあんまり気にしてなかったけど、ファンの人が手紙とかに書いてあって、私そんなに出てたんだとか思って」[9]
  • 12月22日、同事務所所属の松原夏海と共に、DVD『なつみちゃ』をリリース。

2011年

  • 5月3日、劇場で行われた20歳の生誕祭。『19歳の年は、チームKとしてRESET公演をやれたし、初めて一人で舞台に出させていただいたり、一人でソログラビアをやらせていただいたり、とっても嬉しい年だったんですけど…それを見てくださったみなさんに、『AKBとは違う所で美郷が見られて嬉しいよ』とか言ってもらえて、自分…生まれてきて良かったと思ったんですよ。私がいることで、誰か一人でも元気になってもらえて、笑顔になって貰えて…そう思ってもらえることが、今とても幸せで、劇場公演にも立てて、日々幸せだなって思うし…。こんなマイペースですけど、たまにはちょっと寂しくなったりすることもあって、でもそんな時には、こうして握手会や劇場公演を観に来てくださる皆さんに、近くで触れ合える機会を頂いていて、そのお陰で私も笑顔になれているので、二十歳になって大人になってしまったけど、良い意味で大人になりたいと思うので、20歳の年も、もっともっと仕事がしたいので、もっと皆さんの前に立って、皆さんに笑顔になって貰えるように、私も力一杯がんばりたいと思いますので、これからも見捨てずに、応援をよろしくお願いします」

2012年

  • 3月14日、秋元康が、今年行われる47都道府県を回る全国ツアーのタイトルを発表。「AKB48全国ツアー2012「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」。遂に、あの野中美郷が動き出した。AKB48から何かが始まるぞというイメージです。「会いに行けるアイドル」が、今年は、「会いに行くアイドル」を目指します。お楽しみに。野中、頑張れ!」[10]
    • 野中「え、、、?あ、、、ん? タイトル、、、? なんですか、、、、、どっきり、、、? ちょっと一回、頭の整理を、、、」[11]
    • 「秋元やすす先生(;_;)! なんだか不思議な気持ちなんですが、、、正直に嬉しいです(;_;)! ありがとうございます(;_;)! がんばります(;_;)! 隣に座ってた父と、仕事中の母にすぐ報告しました!」[12]
    • 秋元「ぐぐたすが始まってからも、マイペースな野中の欲のなさが面白いと思っていました。AKB48は学校の1クラスのようなものです。いろいろなキャラクターが欲しいんです。全国ツアー、特に今年は47都道府県を回ろうと思っていたので、みんながテレビや映画や雑誌で見るのとは違うAKB48を観せたいんです。『野中美郷って誰?』『AKBにいるの?』。そんな興味を持って欲しい。そして、『こんな美人がいたんだ?』『AKBって層が厚いね』『ライブに行って自分の目で確かめないとな』と思ってもらえたら嬉しい。私が野中美郷ですキャンペーンをやりますので、関係者のみなさん、よろしく。グラビア、頼むよ」[13]
    • 「業務連絡。「週刊AKB」の高木! 全国ツアーに合わせて、「君は野中美郷を見たか?」というドキュメンタリーを作ってください」[14]
    • 野中「つかみたい、つかみます」[15]「あーいい夢みれそう。。。でもまだ、眠れる気がしない。w」[16]
  • 4月6日、全国ツアー「野中美郷、動く。~47都道府県で会いましょう~」の初日に登場し、ツアー開催の挨拶。「最初はこのタイトルが発表された時は、正直不安でいっぱいだったんですが、初日ということで、今日は気が引き締まっております。このツアーを通してですね、私はAKB48のグループとして、各チーム回るチームとして、そして個人としての個性を皆さんに知ってもらって、全体が愛してもらえるグループになればいいなと思って、このツアーを回りたいと思います。よろしくお願いします」[9]
  • 4月20日、『週刊AKB』で放送された特別企画「私が野中美郷です」。―自分自身をどう思っているのか? 「特徴無いから、特に面白み無い人。普通の人…」。2012年4月現在、AKBメンバーだけで約90人が在籍しており、その中でいかに個性を出すかが大切になっている。「いっぱいいる中で、自分をもっと出さなきゃいけないはずなんですけど、うーん…結局、自分…なんだろうな…。もっと前に出た方がいいと思うんですよ」。―なんで前に出られないんですか? 「うーん…それが性格だから」。アイドルとしては致命的な、内気な性格。松井咲子から見た野中。「やっぱり大人しいながらも、負けず嫌いな面もすごく持ってて。『絶対選抜入りたい』『絶対抜かしてやりたい』みたいな気持ちを強く持ってるので、みちゃは」
負けず嫌いだというエピソード。「じゃんけん選抜は燃えますね(笑)」。―やっぱり選抜に入りたいっていう思いは強い? 「入りたいけど、そう簡単には入れないから。だから、じゃんけんだったら1番可能性があるような気がして。(選抜に)なれるものならなりたいから。2回目は本気過ぎて、あと1回勝てれば、まぁとりあえず位置は別としても選抜だったから、悔しくて号泣しましたね」。自分のため以外の、選抜に入りたい理由。「メディアに出て喜んでくれるファンの人もいっぱいいたから、そのために頑張ろうって思って…」。―選抜にはやっぱり入りたいですか? 「入りたいです」。―売れたいですか? 「売れたい」
今後の意気込み。「秋元先生がこのツアータイトルにしてくれた意味が、分かるのかなと思って。自分でも探していくので、頑張ります。ホント頑張ります!」[9]
  • 4月24日、「64位ではなく、去年までの順位発表である40位以内に入りたい。今年は勝負の年なんです」。控えめだった彼女の意識を変えたきっかけは、ツアータイトル。「すごいプレッシャーでいたが、弱気になっても仕方ない」と切り替え、今回の撮影も“私が野中美郷です”と記したタスキを装着した。「私という人間を、どんどん前に出すチャンスなんです」[17]
  • 5月15日、野中美郷が“全国制覇”へ燃えている。過去3回の総選挙は圏外だったが、今年3月にAKB初の全国47都道府県ツアーが「野中美郷、動く~47都道府県で会いましょう~」と名付けられてから、運命が動きだした。これまで5県で実施された公演にメンバーで、ただ一人フル参戦を果たしたのだ。これまではあまり自己主張しないタイプだったが、ツアーでは初日からいきなり動いた。4月6日に福岡で行われたチームA公演のステージにサプライズで登場し、開幕宣言。緊張のあまり事前に考えていたせりふとは違うことを言ってしまい「“過去イチ(過去で一番)”で緊張しました。頭が真っ白だった」と振り返る。開演前の円陣の掛け声も担当。「AKB48全国ツアー“野中美郷、動く”初日行くぞ~!」と慣れない大声を出して気合を入れた。実は出演が決まったのは当日だった。雑誌のグラビア撮影を終えた正午すぎ、スタッフに促されてそのまま車で羽田空港まで移動。空港に到着して30分後には福岡行きの航空機に乗り込んでいた。「うれしいこともありました。羽田空港の(搭乗前の)検査場で、検査官が私に声を掛けてくださったんです。バッグや体の検査を終えた後でした。“野中美郷さんですよね!あっ、動いてるんですね!?”と言われました。凄い!知ってるんだ!!と思いました」。チャンスが巡ってきた今年は「勝負の年」。総選挙の目標は40位以内だ。「今年は64位まで発表されるけど、去年より(順位が)上がった感を出したい。言っちゃったからには入りたい」。本番まであと3週間。野中の動きから目が離せない。[18]
  • 5月23日、第4回総選挙の速報結果が発表された。「まだまだ開票日まではわかりませんが…自分の名前がありました。嬉しかったです。ありがとうございます。一票、一票、入れてくれてるとゆうことが幸せです。まだまだ当日までドキドキですが、上を目指してがんばります。ありがとう」[19]
  • 5月28日、横浜スタジアムで開催されたDeNA‐オリックス戦の始球式に登板した。背中に「誰?」の文字が入ったDeNAのユニホームを着用した野中は、「私のことを誰だろうと思っている方もいると思いますが、一応AKBのメンバーです」とマイクパフォーマンス。自身が出演するスマホ向け放送局NOTTVの『AKB48のあんた、誰?』をPRした。注目の投球は、左打席に立つDeNA梶谷の背中側を通過したが、大役を果たしてホッとした表情。「楽しむことを目標としてきましたが、めちゃめちゃ楽しかったです!フォームは始球式前に三浦大輔選手に教えていただきました。投げたボールが届かなかったのが残念でしたし、横に逸れてしまいましたが、でも楽しかったので85点です!」と話した。[20]
  • 6月6日、第4回総選挙では圏外に終わる。「私は今年も残念ながらランクインできませんでした。私を応援してくれたみなさん、一票一票、投票してくれて本当に本当に本当にありがとうございました。どきどきの日々、終りました。選挙中ではお手紙、コメント、握手会などで沢山のかたが優しい言葉をかけてくれました。自分自信の身でたくさんの愛を感じられました。本当にありがとうございます。結果を受け止めています。ステージで笑顔を見せたかった。悔しいです。素直に言えば悔しいですが、今回の総選挙では初めて速報で自分の名前を見れて嬉しいとゆう気持ちも味わえました。一日だけで701票もみなさん自身の手で投票してくれたんだ。と実感できて良かったです。私はまだまだまだまだ努力しなければいけない事が沢山あります。今日、また新たに目標ができ、さらに頑張れる気がしました。私はわたしらしくまた改めて上を目指します。みなさんがいてくれてわたしがいます。しあわせものです。みなさんの笑顔をみるために。みなさんに応援していて良かったと思ってもらえるように。今日涙は出ませんでした。入らなかったけど応援してくれるかたがいる。その、みなさんのために私は努力するの。私は泣いてる場合じゃないと…私自身、笑顔で前に進みます。みなさん本当にごめんなさい。みなさん本当にありがとう。みなさん本当にありがとう。みなさん本当にありがとう。これからもよろしくお願いします。また明日からは笑顔の私だよ。みなさんも一緒に笑っててください」[21]
  • 大いに盛り上がった第4回総選挙の中で、1位を奪還した大島よりも注目を浴びたのが、篠田のスピーチだった。据わりきった目で後輩たちを挑発する篠田の様子は、ファンですら「怖い」と震えさせるほどだった。おまけに「潰しに来い」と言っておきながら、篠田自身が「後輩潰し」をしている、という声もある。というのも、総選挙後の6月11日に別のメンバーが「Google+」にアップした凝った加工写真を、なんの説明もなく篠田は自身のTwitterに転載。篠田のフォロワーの多くは、彼女が加工したものと思い込み「すごい技術!」と称賛している。写真を勝手に使われたのは、チームK野中美郷。篠田と同じ福岡県出身で、08年に加入した6期生だ。野中は写真のコラージュが得意で、所属するチームKやチーム4の全メンバーの写真を加工し、16人分の顔を組み合わせて一枚の画像を構成、「Google+」やブログで公開していた。11日にはチームAバージョンを作成して公開したのだが、その直後に篠田がTwitterで何の脈略もなく「わーーーー\(^o^)/チームA」というコメントと共にその画像をアップ。野中の作品だということは、その前後にもまったく触れず…。一方の野中は「Google+」上で「麻里子さまのツイッターで、麻里子作と勘違いされている模様です」と指摘するファンがいるものの、スルーして普通の更新を続けている。ここで篠田に絡んでいければ野中自身の知名度も上がるはずだが、泣き寝入りの状態。気軽に声をかけられるような存在ではないということなのだろうか。[22]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。野中はチームBに異動することとなった。[23]
  • 8月29日、都内の映画館で舞台挨拶を行った。野中にとって初主演映画で、野中自身「主演をやらせてもらえる機会」が来るとは思っていなかったことを明かした。が、主役として舞台のセンターに立った野中は、絶妙のトークショーを披露したというのだ。この日は、東京ドームのコンサート直後ということで、コンディションが心配されたが、野中は元気に登場。気持ちの入った笑顔を見せた。また、各席を見渡した野中が、「今日は私の知っている顔もたくさんあって、すごくうれしいです」と笑顔を見せると、ファンから大拍手が起こる場面も。舞台あいさつのクライマックスは、これから映画を見るファンへメッセージを送るシーン。静まりかえった舞台でマイクを持った野中は、自身も映画館の大スクリーンで観賞したいと思っているエピソードから語り始めた。しかし、そのタイミングで、客席から乳幼児のむずかる声が起きてしまったという。こういった場合、何食わぬ顔でそのままコメントを続けるタレントもいるし、そうでないタレントもいる。何がよくてどうあるべきかという問題ではないが、野中は、すかさず声がした方へ顔を向け、「ごめんね、長くて」と、やさしいお姉さんの表情で声を掛けたというのだ。自身のエピソードはすぐに切り上げて、ファンへ最後の挨拶をし、イベントを締めたという。会場での予期せぬできごとにも心温まる対応を見せ、なによりも、野中の思いやりに満ちた笑顔に、惜しみない拍手が送られたとか。[24]
  • 9月1日、映画『ひとりかくれんぼ 劇場版 ‐真・都市伝説‐』で、映画初出演にして初主演。同作はインターネットで広まった『ひとりかくれんぼ』と呼ばれる降霊術を取り上げるホラー作品の第3弾。前作はAKBの増田有華が主演しており、国民的グループのメンバー同士で主演のバトンを引き継いだ。ストーリーは続編ではなく、オリジナル脚本となる。現在行われている全国ツアーの冠に続いて、銀幕主演という“大看板”をゲット。ツアータイトルには、「普段はおっとりしている野中も、テンションを上げて動く公演になる」という思いが込められたが映画でも控えめな野中が活発なキャラクターの主人公を演じるギャップに期待され、白羽の矢が立った。スクリーンデビューで大役を任された野中は「頂いたチャンスを大切に、いい作品にできるよう頑張ろうと思いました。役が自分とは全く違う人柄で少してこずるところもありましたが、違うからこそやっていて楽しかったです」と、手応えを感じていた。[25]

2014年

  • 2月28日、NOTTVの「AKB48のあんた、誰?」の生放送において、卒業を発表。「私は本日のNOTTV『AKB48のあんた、誰?』で卒業発表させて頂きました。卒業することは少し前から考えていた事で秋元先生やマネージャーさんに相談はしていました。今回の組閣の事で卒業を決めたわけではありませんが、結果として、突然の発表によりファンのみなさんを驚かせることになってしまいました。ごめんなさい。私がAKB48に入って5年たちました。大好きなAKB48に入ってたくさんの体験や経験、沢山のチャンスをいただいて充実した日々を過ごすことができました。AKB48に入ると決めたことは、今までで自分自身でした決断で1番大きなできことであり、決意でもありました。そんな場所で過ごした5年間は本当に幸せでした。沢山の方と出会い、沢山のことを吸収しました。でも、いざ卒業発表をして、正直、今すごく怖いです。でも、この卒業も自分で決めた決意で、その第一歩です。自分を信じて頑張ります!!!そしてAKB48として、実は今日で72回目という最多出演回数で大変お世話になり、また自分自身にとってもすごく思い入れのある番組である、「あんた、誰?」で自分の口から発表できる機会をいただけて嬉しかったです。まだ卒業の日程は決まっていませんが、卒業する日まで大切に、一生懸命に楽しんで過ごします!!最後まで応援よろしくお願いします」[26]
  • 4月24日、卒業公演。「4月22日、卒業公演を終えました。AKBに入って約6年、大好きだった劇場公演。もうやらないのかーって、思うと凄く不思議…いや、とゆうか、実感がなくてね。でもね、当日は私以外の出演メンバーが全員でオソロイのクマ耳ヘアをしてくれたんだ。その時は、なんか…あ、そうなんだ。って思って…公演のスタートが初日なんですけどね、最初の円陣の時にあきちゃの隣だったんだけど、幕あきはじめたときにあきちゃと目合ってさ、そしたら涙でてて…泣かない泣かないって、たえてたのに、初っ端から泣いてたよね。笑でも、公演楽しめた。メンバーともアイコンタクト沢山とれた。なんかMCとかも私づくしにしてくれて、メンバー優しい。最後には、向日葵を1人でツアーで衣装さんが作ってくださった大好きな衣装をきて歌う事ができました。私の歌じゃないけど、ファンのみなさんの中で向日葵と言えばって感じのイメージになって、プレゼントのお花とかも向日葵率すごく高くなった。ツアーの時ね、向日葵を選んで良かった。前向きでスゴくいい曲。自分の心情と似てたんだ。劇場のステージからみる景色ちゃんと目に焼き付けたよ。あのね、公演って本当に楽しくてね。私がAKBに入りたくなったのは劇場公演をみたから。大好きな歌をね、こうして歌える環境があって、みに来てくれる方がいるってすごく幸せなことです。自分に自信がなくったって公演中はね、ファンのかたは味方だから自信をもってパフォーマンスできてました。本当にありがとう。この6年間、ほんとーーーに色々あったけど、続けてこれたのは本当にみなさんの応援のおかげです。いろんな経験、体験をさせていただいた。いろんな感情、心情になった。嫌なこと辛いことは印象に残りやすいけど、振り返ってみたらたくさん笑ってたじゃんって。笑顔でいた時間長かったよね。AKBに入ったから、最高の仲間に出会えた。素敵なファンのかたに会えてみなさんの優しさにふれた。AKBに入って関わったすべての方に感謝してます」[27]
  • 5月8日、TeamOgi オフィシャルホームページにおいて、5月31日をもってプロダクション尾木との契約終了[2]が発表され、ブログにおいて芸能活動から引退することを表明。「こんばんは。急ではありますがみなさんに報告があります。私は5月31日付けでお世話になったプロダクション尾木を辞め、芸能界を引退します。AKBに入って約6年間活動をさせていただいて沢山の方との出会いがありました。私の事を応援して下さるみなさんと出会えたのもAKBに加入できたおかげです。みなさんの元気の源になれていたならすごく嬉しいです。そしてこんな私を迎え入れてくださった、プロダクション尾木には感謝の気持ちでいっぱいです。どんなときでも見捨てないでいてくれました。私はAKB48が大好きでオーディションを受けました。合格したとき、『夢って叶うんだ』って心から思いました。劇場に立てる喜びを心から感じました。好きだった歌もどんどん好きになりました。でもここ一年くらい、その夢がぼんやりとしたものになっていて正直、何がしたいかわからなくなっていました。こんな気持ちでみんなと同じステージにいていいのか凄く悩みました。たくさん悩んだ結果、AKB卒業と同時に芸能界引退を決意しました。こうして沢山悩み考えていると、私はAKBのオーディションを受けて良かったなって改めて思いました。憧れのAKB48のメンバーになれて皆さんと出会えたんですもんね。ここまで応援してくださったみなさんと、会えなくなってしまうのは本当に寂しいです。でもそれもまた私の人生かな…と。31日まで野中美郷、よろしくお願いします。そして個別握手会は9月23日まででます。よかったら会いに来てください」[28]
  • 5月31日、プロダクション尾木との契約を終了。最後のブログ更新。「みなさん。これでホントに最後の更新になります!!!AKBを卒業して1ヶ月以上経って(卒業公演のこと。実際には9月の握手会終了まで在籍扱い)、なんかやっと実感してきました!!笑 そして事務所所属最後の今日をむかえて更に!!!ステージで歌って踊っていた、自分がすごい昔みたいに感じる。17歳から23歳までAKBで過ごした毎日は、自分にとってプラスになったことが沢山あったと思います。寂しくなったりへこんだりするとファンのみなさんやメンバーに会いたくなります。いまだに。笑 いつも優しく見守ってくれたファンのみなさん。私の本当に大切で大きな支えでした。こんなのんびりで自由な私を見捨てないでずっと応援してくれて本当にありがとうございました。みなさんがいてくれて6年間続けてこれた。心折れそうなときみんなに会うとそんなこと忘れられたし気づけばまた笑ってた。釣れないし可愛いことも言えないし…アイドルってキャラではなかったかもしれませんが、歌って踊るってゆう自分の好きな事をやらせていただける恵まれた環境にいさせていただけてオーディションを受けて良かったと思います♪そしてAKBに入ったから出会えたみなさん。出会いってすごいな。握手会や写真会で涙を流してくださった方がいたり、どうにか時間を作って会いに来てくださったり、みちゃに会えたから明日からお仕事や学校がんばれると言ってくれる方がいたり…私はAKBに入って少しでも誰かの役に立っていたんだなって思えました。幸せです。みなさんと笑いあった時間はずっとずっと忘れません。私を推してくださったみなさんにどんなカタチでも気持ちを返せたらなと活動してきましたが、それが果たせていたかはわかりません…だからみなさんからありがとうって言われるんではなく私からこの6年間ありがとうございました。です。明日から芸能界を辞め、新たな人生のスタート。芸能界で過ごした貴重な時間が無駄にならないよう…後悔のない毎日を!!!プロダクション尾木、あったかくて素敵なプロダクションに所属できて本当に嬉しかったです。お世話になりました。ogi祭すごく楽しかった♪今日まで応援してくれたみなさん、秋元先生、メンバー、スタッフさん、家族、友達、、、すべてのみなさんに感謝。。。伝えても伝えきれないけど、本当に本当に本当にありがとうございました。本当に本当に本当にだいすきです。みなさん、いつまでも元気で、笑顔の毎日を過ごして下さい。野中美郷より」[29]
  • 8月9日、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの内野手今宮健太と結婚を前提にした交際をしているとの記事が、同日付のスポーツ報知にて報道される(現在は記事削除)。この報道に対し、球団側は公式ツイッターで「間違いのようですよ」と否定。今宮も報道陣に「全然ないです。いい人がいたら結婚したいけど(報道が)違う。今はフリーです」などと否定した。また、野中側も前所属事務所(プロダクション尾木)はサンケイスポーツの取材に「そのような(交際の)報告は受けたことがない」と語った[30](一部では破局との記事もある。詳細は/ノートを参照)。
  • 9月23日、パシフィコ横浜での個別握手会をもって、AKB48としての活動を終了。

AKB48卒業後

2014年

  • 10月1日、内田眞由美がオーナーを務める、新宿の焼肉IWAで店員として働いている姿が、野中自身のほか、内田、倉持明日香高城亜樹らのツイッターに投稿される。野中のツイッター投稿では「(今日は)お手伝いに行っていた」とのことで、「ちょくちょく現れるかも!」と今後もIWAに登場することを示唆した[31]

交友関係

  • 仲の良いメンバーは、松井咲子[3]梅田彩佳[32]梅田とは、2期生と6期生とだいぶ離れているが、野中は野呂のアンダーでK公演によく出ており、二人とも福岡県出身という共通点で仲良くなった。[33]
  • 推しメンは、板野友美宮澤佐江[3]AKB加入以前から「板野友美さんが好きでした。自分にはないモノをたくさん持っていたので…」[7]
  • 自他共に認める平和主義者。優しい先輩として後輩からも慕われている。[34]
  • 高橋みなみ「前回のセットリスト(A5th)までは、研究生としてチームAに出てくれていた野中と咲子。二人とも、一生懸命やりたい!という気持ちをずっと持っていてくれて、本当に嬉しかった。私は、二人を元チームAメンバーだと思ってるよ。野中はフワフワっとしてるけど、たまに花が咲いたようにパーッと笑うんです。そこがまた可愛いんですよ」[35]
  • HKT48の草場愛とは、同じホークスファンということで意気投合。メールや握手会のたびに会って話す仲[36]

性格・趣味

  • 性格はシャイ。草食系アイドル。[3]「シャイ」と答えるまでも時間がかかった事から、インタビュアーは「(大丈夫かな。この子は…)」と心配になったほど。[3]
  • 長所は、身体が丈夫なこと。[37]
  • 短所は、人見知り。[37]
  • DDについて。「DDは仕方ない!(^^) わたしもDDです!(^^)w」[38]
  • 趣味は、くまさんグッズ集め。ディズニーランドに行くこと。[37]ショッピング。[3]
  • 特技は、ドナルドダックのモノマネ。[39]サーブ。[3]
  • 小学生の時、大きかったため、「巨人」というあだ名を付けられたことがある。[40]
  • 高校は女子校だった。[41]
  • 好きな食べ物は、辛い物。[3]
  • 料理は苦手。[42]
  • 嫌いな物は、満員電車。[34]
  • 好きな男性のタイプは、心が広くて優しい人。[37]
  • 左利き(ペンとボール投げは右である)。[43]
  • 普段は標準語だが、家族と話すときは方言になる。ちなみに福岡に住んでいたのは小学生まで。[42]
  • 好きな球団は、地元の福岡ソフトバンクホークス。[17]
  • スーパーでバイトしていたことがある。ちなみに時給は900円。[44]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

  • 神曲たち」に収録
    • 君と虹と太陽と
  • ここにいたこと」に収録
    • 僕にできること - チームK名義
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 家出の夜 - チームK名義
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義
  • 次の足跡」に収録
    • 悲しき近距離恋愛 - Team B名義

その他の参加楽曲

劇場公演ユニット曲

(チーム名/) 「(公演名)」公演

出演番組

Wikipediaを参照。

注釈

  1. ^ 2010年5月に刊行された講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック」(P63)では、公式ニックネームは「みい」とされていたが、翌2011年5月に刊行された「AKB48総選挙公式ガイドブック2011」(P82)では「みちゃ」に変更されている。

出典

  1. ^ 【エンタがビタミン♪】梅田彩佳、松井咲子、野中美郷が焼肉会 ノンアルでもハイテンション = Techinsight 2017年9月10日
  2. ^ a b http://akb48teamogi.jp/news/3918
  3. ^ a b c d e f g h i j k 『AKB48 VISUAL BOOK 2010』
  4. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  5. ^ 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  6. ^ a b c 『AKB48総選挙公式ガイドブック』
  7. ^ a b c d http://www.deview.co.jp/interview/110107a.html
  8. ^ http://nonakamisato.akb48teamogi.jp/?eid=189
  9. ^ a b c d e 週刊AKB』 2012年4月20日
  10. ^ 秋元康 投稿 - Google+ 2012年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  11. ^ 野中美郷 投稿 - Google+ 2012年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  12. ^ 野中美郷 投稿 - Google+ 2012年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ 秋元康 投稿 - Google+ 2012年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  14. ^ 秋元康 投稿 - Google+ 2012年3月15日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ 野中美郷 投稿 - Google+ 2012年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ 野中美郷 投稿 - Google+ 2012年3月15日 ArKaiBu Gugutas
  17. ^ a b 『日刊スポーツ』 2012年4月24日
  18. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/15/kiji/K20120515003254370.html
  19. ^ http://nonakamisato.akb48teamogi.jp/?eid=337
  20. ^ http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/05/28/0005091526.shtml
  21. ^ http://nonakamisato.akb48teamogi.jp/?eid=346
  22. ^ http://www.menscyzo.com/2012/06/post_4194.html
  23. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  24. ^ http://npn.co.jp/article/detail/94444501/
  25. ^ http://www.daily.co.jp/gossip/2012/07/18/0005221987.shtml
  26. ^ http://ameblo.jp/akihabara48/entry-11784022248.html
  27. ^ http://blog2.akb48teamogi.jp/nonakamisato/?p=172
  28. ^ http://blog2.akb48teamogi.jp/nonakamisato/?p=175
  29. ^ http://blog2.akb48teamogi.jp/nonakamisato/?p=219
  30. ^ http://www.sanspo.com/baseball/news/20140810/haw14081005020002-n1.html
  31. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20141002-1376321.html
  32. ^ リッスン?』 2011年7月19日
  33. ^ 柱NIGHT! with AKB48』 2011年7月4日
  34. ^ a b 『DVD MAGAZINE VOL.5A』
  35. ^ 『たかみな』
  36. ^ 草場愛 投稿 - Google+ 2014年6月2日 ArKaiBu Gugutas
  37. ^ a b c d 『AKB48 じゃんけん大会 総集号』
  38. ^ 野中美郷 投稿 - Google+ 2012年4月8日 ArKaiBu Gugutas
  39. ^ 『明日までもういっちょ』2010年12月30日配信
  40. ^ AKB48のオールナイトニッポン』 2012年4月13日
  41. ^ AKB48 リクエストアワー セットリストベスト100 2011 MCより。
  42. ^ a b 『AKB48のオールナイトニッポン』 2012年3月16日
  43. ^ FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  44. ^ AKB48のオールナイトニッポン』 2012年7月6日

外部リンク