エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

阿部マリア

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チームK
阿部 マリア あべ マリア
2017年AKB48プロフィール 阿部マリア.jpg
公式ニックネーム

あべまる

所属事務所

ジャパン・ミュージックエンターテインメント

生年月日

1995年11月29日 (21歳)

出身地

神奈川県

血液型

B型

身長

168cm[1]

合格期

10期生

選抜回数

4回

阿部 マリア(あべ マリア、1995年11月29日 - )は、AKB48チームKのメンバー。神奈川県出身。ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

略歴

2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年
2017年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズ(自己紹介)は、「(○歳の)阿部マリアと申します」
  • 名前は、芸名ではなく本名。由来は、有名な曲の方からではなく、ただ“響き”で付けられた。[7]
  • エキゾチックな顔立ちと、モデル並のスタイルが特徴。[8]
  • 小さい頃からやっていたダンスは表現力抜群。[9]「10期生の中で、ダンスだけは誰にも負けない自信があります」[10]「自分にできる事をすべてやろうと思って、最近、毎朝5時に起きてダンスの練習をしています」[8]
  • いつもやる気がないように見られがちだが、高いプロ意識の持ち主。[11]
  • キャラクター。「身長も高いし、可愛らしい仕草も苦手なので、クールな印象に見られがちなんですけど、本当はもっとアイドルっぽい雰囲気も出してみたいんですよ! でも、ぶりっこは自分のキャラに合っていないと思うので、大島優子さんみたいに、カッコイイ系も、可愛い系も変幻自在で、色々な面を見せられる人になれたらいいなって思います」[10]
  • 柏木由紀倉持明日香高城亜樹曰く、小森美果タイプ。「頭の先からつま先まで全部小森なの。謎に満ちている感じ」。[12]チーム4キャプテン(当時)大場美奈「予測不能(笑)。そういう意味では小森さんに似ています。昇格発表があった瞬間も、自分の事だと理解出来なくて、泣きませんでしたね。ダンスはチームで一番上手。韓国が大好きなんですけど、どこがいいのかを聞いても、上手く説明してくれない(笑)。ダンスとMCで期待のメンバーですけど、まずは言葉を勉強してほしい(笑)」。[13]
  • 劇場支配人評。

「この1年、後輩のお手本になるよう頑張っていました。公演でも自分の役割を知っておりMCでは必ず笑いが起きます」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[1]

  • 将来の夢は、164cm(2010年当時)という長身を活かしたモデル。[9]東京ガールズコレクション(TGC)に出ること。[10]

2010年

  • 3月、AKB48の第10期研究生オーディションに合格し、研究生候補となる。オーディションを受けたきっかけ。本当はモデルになりたくて、アイドルにはなりたくなかったが、母親に「AKBにはモデルとして活躍する篠田とかもいるので、(将来的にはAKBからモデルに)なれるかもしれない」と言われて、オーディションを受けることにした。[14]
  • AKB48を目指したきっかけは、大島優子[15]
  • 6月12日、セレクション審査に合格し、研究生となる。

2011年

2012年

  • 3月9日、『週刊AKB』で行われた後藤喜男プロデューサーとの面接。
後藤「ボーッとしてない?」
阿部「してないです」
後藤「ちょっと天然っぽいよね」
阿部「いえ、全然そんなことないです。緊張するんですよ、人の前…。カメラは緊張します。自分だけに注目されるのが苦手なんですよ」
後藤「映りたくないの?」
阿部「いや絶対、『なんでお前いんだよ』って思われてるんで。誰も見てないです。私のこと」
後藤「ネガティブだね。誰も見てなくないよ。握手会だってあるじゃない」
阿部「ホント奇跡です。多分みんな違う人のこと好きなんですけど、可哀想だから来てくれるのかなと」
後藤「カルタの時も可愛かったよ」
阿部「いいです、大丈夫です。ほんとブサイクなんです。キモいです」
後藤「(顔を)隠さなくていいよ。握手会だって、あなたのことを好きで来てるじゃん」
阿部「そうなんですかね…? でも、みんな優しいファンの方が多いです」
後藤「ついでに来てるって思っちゃうわけ?」
阿部「たぶん自分よりブサイクな人見たら、自信が持てるじゃないですか? だからそれで来てるんだと思います」
後藤「ネガティブなんだね。悲しくなっちゃわない?」
阿部「はい。いいんです。いつか頑張ります」
後藤「(将来は)モデルさんになりたいわけなの? でもAKBは踊りを踊って、歌を歌わなきゃいけないよ」
阿部「安室奈美恵さんが好きなんですけど、そういうアーティストっぽい感じのカッコイイダンスとか好きなんですけど、あんまりニコって笑顔で、アイドルはあんまりやりたくないんですけど」。
後藤「そういうこと言っちゃダメじゃないの、あなた(苦笑)」。
阿部「そうですね。でもお仕事なんで…。前は絶対イヤだと思ってたんですけど、最近アイドルはやってるから、その時はニコニコしようと思ってやってます」[14]
  • 3月24日、「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」の2日目の公演において、26thシングル『真夏のSounds good !』」で初めての選抜メンバー入りが発表される[16]
  • 5月、戸賀崎「不思議な雰囲気を持つ彼女ですが、チームの中で自分がどういう立ち位置かを理解している、しっかり者。ストイックだし、振り付けを覚えるのも早い。言葉足らずな面があるものの、どんどん大人になってきています」[11]
  • 5月21日、インタビュー。昨年チーム4に昇格、「音楽番組では後ろで踊れたり、コンサートの時もマイクを持つ機会が増えてうれしかったです」と、正規メンバーになれた喜びを日々かみしめている。将来の目標はモデル。「アイドルを目指していないんですよ。AKB48に染まらない感じの人はあまりいないので、これからも染まらないでいたいです」。声に出して「染まらない」と言い切る意志の強さは清々しくも感じる。今回の総選挙の目標は…「知名度を上げる意味でも64位に入らないと。知られる機会になればいいかな」[17]
  • 6月28日、昨年10月にチーム4は劇場公演を開始した。チーム4は9期と10期の混成チーム。同期意識が強すぎて、まとまっているとは言えなかった。竹内「9期と10期の間には壁がありましたね。例えば、写真を撮るときに『ちょっと9期集まって!』みたいな。同じチームなのに、どうしてもそういう分け方をしてしまっていたんです」。象徴的なのが、島田晴香阿部マリアの関係だ。昨年8月、西武ドームでのコンサートのバックステージで感情的に衝突した。原因は、ちょっとした言葉の行き違いだった。だが2012年3月、研究生の昇格が発表され、チーム4は全員が揃い、やっときちんとした形のチームとなった。翌4月には16人が出揃ってから、初めて全国ツアーで活動。いつしか阿部が島田のMCにツッコミを入れるような関係になっていた。9期と10期の距離は自然と近くなった。[18]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。阿部はチームKに異動することとなった。[19]

2013年

  • 3月23日、ファッションイベント「Girls Award 2013 SPRING/SUMMER」にてランウェイデビュー。前田亜美らとともに、篠田麻里子がプロデュースするファッションブランド「ricori」のモデルを務める[20]
  • 6月29日、ファッション雑誌「Soup」のレギュラーモデルに決まる[21]。これを機に、それまで胸元まであった長髪を約30センチカットして人生初のショートカットヘアを披露し、モデルへの決意を表明した[22]

2014年

  • 12月16日放送、有吉AKB共和国で、有吉弘行から「ブラジャーだけで歩くか、パンツだけで歩くか」の究極の選択を迫られて、ただ1人「ブラジャーだけ」と答えた。スタジオにいた横山由依北原里英大場美奈西野未姫の4人は「パンツは履いていたい」と答え、有吉に「阿部だけよ、おっぱいにコンプレックスあるのは」と突っこまれていた。また、悩みがあるときは誰に相談するのかと有吉に尋ねられて、「今は卒業したんですけど篠田麻里子さん」と答えた。

2015年

  • 3月29日、第7回総選挙に参加しないことを自身のブログで発表した[23]

(空白詰め、文頭・改行位置変更)

「報告」

3月29日、22時が過ぎました~

AKB48 阿部マリアを
応援してくださっている皆さんへ
ご報告です。

私、今年行われます
41thシングル選抜総選挙に
立候補しませんでした!

この言葉だけきくと
"あっ卒業するのかな?"
って思われる方も多いと思いますが
そういう訳ではないです!

私ですね、
今、
すっごくやりたいことがあって
それが すっごく難しいことなんです。

もう少し器用で要領よく出来る子だったら
よかったのですが、、
残念ながら不器用のバカマジメなので(°_°)
本当に一生懸命
頑張らなきゃいけないの!!

なので、今回の総選挙は
そのことに集中するために
立候補しませんでした!

本当にたまたま このタイミングだったので
総選挙の為に気合い入れてくれてた皆さん
ガッカリさせてしまったらごめんなさい。

やりたいことがあって
でもまだ卒業しないのはね、
AKBにいながらでも
私は頑張れる!と思ったのと
まだまだファンの皆さんと
握手会したり
LIVEで思いっきり騒いだりしたいと
思っているからです!

何度もいいますが
卒業するわけではないので
これからもAKB48 阿部マリアを
応援よろしくお願いします!
  • 9月13日、春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」初日公演に出演。
  • 11月8日、田中将大「僕がここにいる理由」初日公演に出演。

2017年

  • 9月1日、台湾・台北市で行われた、TPE48オーディション募集開始イベント「Mercedes-Benz Pop Up Taipei」にて、TPE48への移籍を発表した。移籍発表後にAKB48オフィシャルブログにコメントが掲載された[24]

(改行位置変更)

TPE48への移籍は、自ら強く希望しました。もともと「マリア」という日本人らしくない名前から、「絶対、世界で活躍する!」と思っていて、「じゃあ、その舞台はどこかな?」と考えた時に、「台湾がいい!」とパッと思いました。

これまでの台湾でのお仕事を通じ、空港で盛大にお出迎えしてくれる熱狂的なところもあり、握手会では優しくて、照れたりするところもある、そんな熱くて優しい台湾のファンの皆さんが大好きになり、そんな台湾のファンの皆さんと一緒に、もっと多くの楽しいことが出来たらいいな、と思ったからです。

AKB48に加入して8年目になり、これまでたくさんの先輩方から学ばせて頂いた多くの宝物があり、これからはその宝物を、TPE48のメンバーにも伝えていけたらと思っています。一方で、中国語や台湾のことなど、まだまだ勉強しなくてはいけないことも多いので、ファンの皆さんや、台湾研究生のみんなの力を借りながら、頑張っていきたいと思っています。

交友関係

性格・趣味

  • 性格は、ネガティブ。カメラが緊張するので苦手。自分だけ注目されるのが嫌い。[14]
  • 人と会話するのは苦手。基本、会話が噛み合わない。喋らなくて済むので、虫が好き。[14]
  • 長所は、背が高い。マイペース。意志が割と固い。しっかりしている。子供をあやせること。[13]
  • 短所は、マイペース。すぐ忘れちゃう。足が遅い。うまく喋れない。子供。[13]
  • 口癖は、「自分はブサイク」「ごめんなさい」[14]
  • 趣味は、お笑い番組を見ること。散歩。買い物。[30]食べる。本を買う。マンションを探す。[10]K-POP。[13]
  • 特技は、バッタを捕まえる。両手でジャンケン。[10]ダンス。[28]
  • 好きなアーティストは、4Minute。K-POPが好きで、韓国人になりたいぐらい。[14]
  • 好きな遊びは、ペットショップに行く。おしゃべり。[31]
  • 好きなスポーツは、バスケット。水泳。[31]
  • 好きな映画は、『ROOKIES』[31]
  • 好きな本は、子猫の写真集。[31]
  • 好きな色は、白。ピンク。紫。[31]キラキラ。[26]
  • 好きな芸人は、くりぃむしちゅー。「でも、あたりまえ体操大好き♪」[29]
  • 好きな食べ物は、イチゴミルク。[31]ソフトクリーム。[29]
  • 好きなファッションブランドは、「ROSE BUDの服が最近多いです」[26]
  • 好きな数字は「2」。[31]
  • 好きな飲み物は、水。[31]
  • 好きな動物は、ポメラニアン。[31]
  • 好きな自分の顔のパーツは、唇。[31]
  • 好きな自分の体のパーツは、腕。[31]
  • 好きな国は、ハワイ。[31]
  • 好きな言葉は、「初志貫徹」[31]
  • 好きな男性のタイプは、大切な時にそばに居てくるような人。[10]U-KISSのドンホさんみたいな顔の人。大人な人。銀行員。「収入が安定しているので、旦那さんが銀行員だと奥さんが喜ぶって聞いた事があるので。やっぱり生きていく上で、お金は大切ですよね。あのぉ、私、お金が大好きな人みたいになってませんか? 大丈夫かなぁ」[13]頑張ってる人。[25]一緒にいて楽しい人。[29]
  • 一番欲しい物は、土地、もしくは家。[13]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

派生ユニットシングル曲

おじゃる丸シスターズ

  • 初恋は実らない
    • かたつむり~おじゃる丸シスターズ・バージョン~

アルバムCD選抜曲

  • ここにいたこと」に収録
    • High school days - チーム研究生名義
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 直角Sunshine - Team 4名義
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義
  • 次の足跡」に収録
    • ぽんこつブルース
    • 共犯者 - Team K名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • Conveyor - Team K名義
  • 0と1の間」に収録
    • 愛の使者 - Team K名義

劇場公演ユニット曲

チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 僕とジュリエットとジェットコースター

チームK「RESET」公演

  • 奇跡は間に合わない

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • 黒い天使
  • 君だけにchu!chu!chu!

田中将大「僕がここにいる理由」公演

  • エンドロール

チームK 8th Stage「最終ベルが鳴る」公演

  • 22人姉妹の歌

「僕の太陽」リバイバル公演

  • 僕とジュリエットとジェットコースター

チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」

外山大輔「ミネルヴァよ、風を起こせ」

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

  1. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P113より。
  2. ^ メンバー15人の移籍先事務所発表日刊スポーツ2012-03-25
  3. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ 2012年8月24日
  4. ^ 【AKBじゃんけん大会】次世代エース・島崎遥香が優勝 初センターに - ORICON STYLE 2012年9月18日
  5. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  6. ^ AKB・阿部マリア、台湾のTPE48へ移籍決定 研究生へのプレゼントは「私自身です」 - ORICON NEWS 2017年9月1日
  7. ^ 『プレイボーイ』 2011年 No.27
  8. ^ a b c 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  9. ^ a b 『週刊プレイボーイ』2010年11月1日号
  10. ^ a b c d e f FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  11. ^ a b 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  12. ^ フレンチ・キスのKissラジ!』 2011/07/23』
  13. ^ a b c d e f g 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  14. ^ a b c d e f 『週刊AKB』 2012年3月9日
  15. ^ 2010/11/22 劇場公演MCより。
  16. ^ AKB48、過去最多36人で新曲初披露 HKT兒玉ら15人が初選抜オリコン2012-03-24
  17. ^ 『日刊スポーツ』 2012年5月21日
  18. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  19. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  20. ^ AKB阿部マリア、目標のモデルへの第一歩 麻里子様ブランドでランウェイに登場!<GirlsAward 2013 春夏クランクイン!2013-03-23
  21. ^ 阿部マリアがファッション誌でレギュラー日刊スポーツ2013年6月30日
  22. ^ 阿部マリア髪の毛30センチバッサリデイリースポーツ2013-06-30
  23. ^ 報告阿部マリアオフィシャルブログ2015年03月29日
  24. ^ お知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2017年9月1日
  25. ^ a b c d 阿部マリア 投稿 - Google+ 2012年2月5日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ a b c d e 阿部マリア 投稿 - Google+ 2012年6月5日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 大場美奈 投稿 - Google+ 2012年6月12日 ArKaiBu Gugutas
  28. ^ a b 『日刊スポーツ』 第3回総選挙 全152人紹介
  29. ^ a b c d 阿部マリア 投稿 - Google+ 2012年6月4日 ArKaiBu Gugutas
  30. ^ 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』2分間自己紹介コメント
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m 『BOMB』 2011年5月号

外部リンク