エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

大森美優

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チーム4
大森 美優 おおもり みゆう
2017年AKB48プロフィール 大森美優.jpg
公式ニックネーム

みゆぽん

所属事務所

AKS

生年月日

1998年9月3日 (19歳)

出身地

神奈川県

血液型

B型[1]

身長

161cm[2]

合格期

12期生

選抜回数

0回

大森 美優(おおもり みゆう、1998年9月3日 - )は、AKB48チーム4のメンバー。神奈川県出身。AKS所属。

略歴

2011年
  • 2月20日、AKB48第12期研究生オーディションに合格。
  • 5月22日、12期研究生お披露目公演に出演。
2012年
  • 8月15日、AKB48の4枚目のアルバム『1830m』に収録されたソロ曲「ロマンスかくれんぼ」[3]の歌唱を務める。
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「でこぽん すっぽん 思いっきり~ みゆぽん! 高校2年生の大森美優です」[5]
考案者は、自分。[6]
  • 12期生では最年少(2人同学年がいるが、誕生日が一番遅い)。「同期の間では、みんなを和ませるキャラです」[1]
  • よく“ほんわか系”と言われるが、「自分のキャラが何なのか迷っています」[7]
  • 劇場支配人評。

「番組アシスタントやSNSで独特な個性を発揮。歌も上手でリクアワでは『ロマンスかくれんぼ』をソロで披露しました」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[2]

  • 将来の夢は、「舞台にも出れて、女優さんもやって、歌って踊れるアーティストさんにもなりたいです。夢がいっぱいあるんですけど、全部叶えられるように頑張ります」[8]「幅広い活動をして、一生アイドルでいる事です!!!」[9]

AKB48加入前

  • 1998年9月3日、大森剛(元・プロ野球選手、現・読売巨人軍国際部課長)の娘として誕生。[10]
  • バレエとヒップホップダンスの経験者。[1]

AKB48として

2011年

  • 2月20日、AKB48第12期研究生オーディションに合格。オーディションを受けたきっかけは、「お家でアイドルが踊っているのを見ていて、私もマネをして踊ってたんですけど、その時に見つけたのがAKB48さんで、私も踊りたいと思ってオーディションに応募しました」[11]「アイドルが大好きで、いろんなテレビをみていたら、AKBを知りパフォーマンスに心を打たれ入りたいと思いました!!!」[9]
  • 4月3日、セレクション審査に合格。
  • 5月22日、12期研究生お披露目公演に出演。
  • 今後の目標は、ダンスが好きなので、ファンに注目してもらえるような、髪がブンブンなるような個性的なダンスが出来るようになりたい。[11]

2012年

  • 5月、戸賀崎智信「彼女にとって、試練とチャンスのあった1年でした。それらを乗り越えて、大きな自信に繋がったと思います」[7]

2015年

  • 6月6日、第7回総選挙開票。大森は第67位(獲得票数:14,669票)にランクインし、アップカミングガールズに選出。
  • 6月7日、この日発行の「スポーツ報知」に大森美優67位の記事が目立つ形で掲載された。スポーツ報知を開くと、左頁には「たかみな 有終4位」、右頁には「G党の皆さん覚えてね 大森の娘 みゆぽんです」と大きな見出しが目立っていた。写真も「高橋みなみ前田敦子の感動的なステージでの対面」と「大森美優がステージで挨拶する姿」が左右にそれぞれ大きく掲載されていた。7月7日放送、TBS「有吉AKB共和国」でもこの話題が取り上げられた。
  • 6月8日、「スポーツ報知」で大きく取り上げられたことについて、「こんばんぽん(^○^)今日は、総選挙の水着サプライズの撮影をしてきました💗📷 皆さんのおかげで参加できました。本当にありがとうございます! 綺麗に映ってたら良いな♪ チェックよろしくお願いします👀 雑誌のお仕事も増えるように、頑張りたいです。٩(◦`~´◦)۶ 報知新聞[注釈 1]さんに、大きく載らせて頂いて…!😭 パパも喜んでます(^_^) いつか始球式もできるよう頑張ります👊」[12]とGoogle+に投稿した。

2016年

  • 4月5日、劇団シアターザロケッツプロデュース公演 vol.1『雨のち晴れ』に主演(~9日)。

2017年

  • 6月17日、第9回総選挙開票。大森は第75位(最終獲得票数:16,162票)にランクインし、アップカミングガールズに選出。

交友関係

  • 憧れているメンバーは、柏木由紀[1]高橋みなみ。「みなさんをまとめられるリーダーシップのある方なので、私もそういう方になりたいです」[11]
  • 尊敬する先輩は、横山由依。「すごい努力家だし、振り付けも優しく教えてくれます。いつか横山さんみたいになりたい」[13]

性格・趣味

  • 性格は、AKB48に入ってから今までよりもっとポジティブになった。[9]
  • 長所は、ポジティブ。深く考え過ぎない。[1]悩み事があっても、すぐ立ち直れる所。[9]
  • 短所は、焦りやすいこと。「ステージに上がると平気なんですけど、始まる前はもうすごいです! 見せられないのが残念です(笑)」[1]
  • 趣味は、カラオケ。ダンス。テレビを観ること。[1]
  • 特技は、作文。「コンクールで賞をもらった経験があります」[7]
  • 好きな色は、ピンク、白、肌色。[9]
  • 好きな食べ物は、お寿司。特にサーモンが好き。[11]おつまみ、フルーツ、麺類。[9]
  • 好きな物は最後に食べる派。[11]
  • 苦手な食べ物は、レバー、ゴーヤ、わさび、からし。[9]
  • 好きな飲み物は、レモン味系の飲み物。[9]
  • 苦手な飲み物は、ブラックコーヒー。[9]
  • 好きなキャラクターは、パピポ、モケケ。[9]
  • 好きな教科は、音楽、体育、国語、英語。勉強は好きな方。[9]
  • 苦手な教科は、美術。[9]
  • 好きな男性のタイプは、明るい、スポーツが出来る人。[1]
  • 犬とインコを飼っている。[9]
  • 握手会で話したいことは、「うーん、何でもお話したいのですが、特にアイドルの話とか犬の話とかかにゃ(*^^*)世界中のワンちゃん集まれー(^з^)-☆笑っ」[6]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

アルバムCD選抜曲

  • 1830m」に収録
    • ロマンスかくれんぼ(ソロ楽曲)
    • さくらんぼと孤独 - 研究生名義
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義
  • 次の足跡」に収録
    • 悲しき近距離恋愛 - Team B名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • 涙は後回し - Team 4名義
  • 0と1の間」に収録
    • 泣き言タイム - Team 4名義

劇場公演ユニット曲

チームBウェイティング公演

  • 抱きしめられたら
  • ごめんね、ジュエル

チーム4 3rd 「アイドルの夜明け」公演

  • アイドルの夜明け(楽器:バスドラム、フルート)
  • 口移しのチョコレート
  • 片想いの対角線
  • 愛しきナターシャ

チームK 7th「RESET」公演

  • 奇跡は間に合わない
  • 逆転王子様

春風亭小朝「イヴはアダムの肋骨」公演

  • 雨のピアニスト
  • 君だけにchu!chu!chu!

チーム4 4th Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

  • Confession

「僕の太陽」リバイバル公演

  • 向日葵

出演番組

注釈

  1. ^ 「スポーツ報知」の正式名。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  2. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P117より。
  3. ^ チームB 5th「シアターの女神」公演の前座曲
  4. ^ オーディション合格から2年と67日目・通常公演281回出演時点
  5. ^ 有吉AKB共和国』 2011年10月20日
  6. ^ a b AKB48 部屋っ子 投稿 - Google+ 2012年1月16日 ArKaiBu Gugutas
  7. ^ a b c 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  8. ^ 2011年5月22日「シアターの女神」(12期研究生お披露目)公演MCより。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 小嶋菜月モバメ12期研究生質問集より。
  10. ^ http://hochi.yomiuri.co.jp/giants/news/20120523-OHT1T00009.htm
  11. ^ a b c d e 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』特典「12期研究生2分間自己紹介コメント映像」
  12. ^ 大森美優 投稿 - Google+ 2015年6月8日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ 『日刊スポーツ』 2012年4月25日

外部リンク