エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

白間美瑠

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
NMB48 チームM
AKB48 チームA
白間 美瑠 しろま みる
2017年NMB48プロフィール 白間美瑠.jpg
公式ニックネーム

みるるん

所属事務所

Showtitle

生年月日

1997年10月14日 (20歳)

出身地

大阪府

血液型

B型[1][2]

身長

160cm

合格期

1期生

選抜回数

NMB48 15回
AKB48 6回

白間 美瑠(しろま みる、1997年10月14日 - )は、NMB48チームMおよびAKB48チームAのメンバー。大阪府出身。Showtitle所属。

略歴

2010年
2011年
  • 1月1日、1st「誰かのために」公演初日に劇場デビュー。
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成。
  • 7月20日、1stシングル『絶滅黒髪少女』でシングル表題曲選抜メンバーに初めて選出される。
2014年
2015年
  • 3月26日、「春の人事異動」において、AKB48チームAを兼任することが発表される[3]
  • 6月6日、第7回総選挙では第34位。
2016年
2017年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、「みるの? みないの? どっちかな? (みるー!) みるもみーんなのことみるみる! 大阪出身16歳、みるるんこと白間美瑠です」
  • 公式ニックネームは「みるるん」。由来は、「おじいちゃんに『るんるん』って呼ばれてたので、合体させました」[4]他に、「黒豆」「ブラックビーンズ」「さる」「さるるん」などとも呼ばれてる。[5][6]理由は、顔の形と色黒なところが、黒豆やサルに似ているから。「私、猿なんです。顔似てるでしょ? NMBのメンバーで鉄棒にどれだけぶら下がれるか勝負したら私が一番やったし、マット運動とか、跳び箱も得意なんです」[7]「夏休み、毎日プールや海に遊びに行き、テニス部の練習でも太陽の下で真っ黒になってたしな~後悔」[8]
  • 一人称は、「みる」。
  • 将来の夢は、女優[1]。多方面で活躍できるアイドル[9]
  • NMB48最強の妹系。山田菜々「やんちゃしても、愛らしすぎて本気で怒れない」。金子剛「間違いなくチームみんなに愛されている妹キャラ。でも上へ上へという向上心は強い子です」[10]
  • でも、子供ゆえの残酷性もある。悪気は無いからも知れないが、知らずのうちに人を傷つけている(山口夕輝談)。ストレートに物を言い過ぎるところがある。[11]
  • NMB48イチの泣き虫。「人前で出ると、緊張してすぐ泣いちゃうコだったんです。保育園のお遊戯会でも泣いたし、授業中に作文を発表するときも泣きました。NMB48のなかでいちばん泣き虫なのは、たぶん私かな(笑)」[2]仲の良いメンバーが他の子と話しているだけで、「取られた~」と泣いてしまう。[10]白間「妹キャラというのはよく言われるんですが、そんなに普段からくっついてるかな? でも、前も言ったんですが、よく泣くのは確かですね。泣く理由は、だいたい嫉妬です。何に嫉妬するかっていうと、主に2期生に対してなんですが、1期生が2期生をかわいがってたら、嫉妬しちゃうんですよ。この間も、(與儀)ケイラちゃんのことで泣いたんですが、岸野里香ちゃんとめっちゃラブラブしてて、それに嫉妬心が沸いて泣いちゃいました。だって~、1期生は、全員みるのモノなんです!!(笑)」。與儀ケイラ「白間さんは、甘えたですね(笑)。1期生さんと話してると、ラブラブしてると勘違いして、すごい嫉妬してきたり…。でもかわいいです(笑)」。白間「私にはお姉ちゃんと弟がいるんですけど、実際のお姉ちゃんには別に…。普通ですけどね。家族にはあまり甘えたりしないんですが、NMB48のお姉ちゃんたちは、優しすぎるんですよ。優しすぎて、こっちが困っちゃう(笑)。でも、優しくされないとやっぱり泣いちゃうんです」[12]
  • 公演が終わった後、グループに分かれ清掃をしているが、その日は白間と福本愛菜上西恵がトイレの担当だった。しかし白間はダンスの先生と喋っていて、掃除をサボってしまった。掃除が終わった後に2人に謝りに行ったが、福本に「あ、いいよ」とだけ言われたあと無視され(と白間が勘違いをして)泣いてしまった。福本によると怒っていたのではなく、上西と喋っていただけで無視していた訳ではないらしい。だがさらにそのあと木下春奈に、「喋っていた自分が悪いのにウジウジするな」と怒られ、再び泣いてキレて逃げた。[13]
  • 可愛らしい感じで暴力キャラ。特に城恵理子に過度なスキンシップを行い、抱きついたり噛んだりしているが、城から言わせると、それが本当に痛い。逆に自分がやられるのは嫌いらしく、渡辺美優紀が同じような事をしたら、「骨が痛いねん」とはねつけられた。「めっちゃ痛かったんですよ。そん時にされた暴力が」[11]
  • ブログ、Google+などの投稿では独特の表現を多用する。代表的な例は「握手会」→「にぎにぎ会」[14]、「写メ会」→「ぱしゃぱしゃ会」[15]、「サイン会」→「かきかき会」[15]、「公演」「写真」「納豆」「青森」→「公演さん」「写真さん」「納豆さん」「青森さん」の様に人以外の「さん」付けなど。

NMB48加入前

  • 1997年10月14日誕生。体重は3,108グラム。[16]
  • 「美瑠」という名前の由来は、「両親が、みるという音の響きがかわいくて、つけたそうです。そして漢字を考えた時に、宇宙のイメージがあって、美しく、神秘的ということで、松田聖子さんの曲『瑠璃色の地球』から『瑠』という字にしたそうです。みるは自分の名前とっても気にいってます」[17]
  • 赤ちゃん時代。「それは、それは、でっかいでっかい不細工な赤ちゃんだったそうな。お姉ちゃんも弟もみんなそっくりで、ママはいつも『一度でいいから かわいい赤ちゃんを 産んでみたかった~』って言っております。ベビーカーを前むきで押すのがはずかしくて、対面式のを買ったそうな。ってどんだけ恥ずかしかってん…。髪の毛も少なかったので、ずっーと青や黒の男の子みたいな服を着せられておりましたとさ」[16]
  • 3歳の時、やっと女の子みたいになる。[16]
  • 小学生向けのファッション雑誌「ニコ☆プチ」の読者モデルの経験がある。[要出典]

NMB48として

2010年

  • 9月、NMB48第1期生オーディションに合格し、研究生となる。オーディションを受けようと思ったきっかけは、「お母さんの友達から応募の情報を教えてもらいました。やりたいとは思っていたんですけど、無理かなぁ…という思いもあったんです。でも、お姉ちゃんや家族が勧めてくれたので応募することを決心しました」[18]

2011年

  • 1月1日、1st「誰かのために」公演初日に劇場デビュー。ちなみに名前を呼ばれたのは、13番目。NMBに加入するまでダンス経験が少なく、完全に他のメンバーより出遅れており、常にダンス講師に叱られていた。だが2ヶ月の練習で追いつき、初日出演のメンバーに滑り込んだ。[19]
  • 3月10日、1期生から選抜された16名でチームNを結成。
  • 7月20日、『絶滅黒髪少女』で初選抜&CDデビュー。

2012年

  • 1月12日、2012年の目標。「2011年は、毎日緊張でおなかが痛かったです。初めてのことばっかりでしたからね。今でもおなかが痛くて泣くこともあるんですけど…(笑)。2012年は、おなかが痛くならないように、あまり泣かないように、そして大人っぽくなるように頑張ります。今年は中学3年生にもなるんで、勉強も頑張りますよ!」[12]
  • 5月、総選挙ガイドブックの紹介より。金子剛「ビジュアルが備わっているし、妹キャラも伝わっています。MCが苦手で、ダンスも苦戦して裏でよく泣いていますが、努力しています。私服が個性的。“泣き虫みるるん”から、アーティスティックな道へと成長中です」[20]
  • 5月20日、岸野里香小笠原茉由近藤里奈小谷里歩、白間の5人が、コント日本一決定戦「キングオブコント2012」に出場することが、東京ドームシティホールで行われたAKBのリバイバル公演「見逃した君たちへ2」のステージ上で発表された。岸野と小笠原がコンビで、近藤、小谷、白間の3人がトリオで挑む。[21]「名前を言われた時、映画館で見ていたママとパパが『シートからすべり落ちそうになった ~( ̄□ ̄;)!! 大丈夫なん?』とメールがきました。大丈夫じゃなくてもやるしかないっ。勉強させていただきます」[22]
  • 6月26日放映分『どっキング48』より。で行われた心霊特集中、ケンドーコバヤシにこっそり肩を叩かれるというドッキリを受ける。陣内智則「あのな、子供みたいにみるるんの肩をポンって叩かない! みるるんビックリしてるやん。そら怒るやん」。ケンコバ「みるるん、ビックリしたけど俺になんて言ったか知ってる?」。陣内「なに?」。ケンコバ「お前死ぬで…」。一同「(笑)」。陣内「みるるん!口が悪い!」。ケンコバ「ちょっと(山本)彩、口の利き方を教えといて[23]
  • 7月10日放映分『どっキング48』より。“男はよかれとコレしてくるけど、実は迷惑なんですランキング”。5位、やたらとおごろうとしてくる。4位、サプライズで家に来る。3位、行きたい所や食べたい物をひたすら聞いてくる。2位、腕枕をしてくる。1位カバンを持とうとする。と発表され、ケンドーコバヤシが激怒。「(4位は)女の方がやるよ。こっち先AV見て済んどんねん!もう1回頑張らなアカンって結構つらい」。陣内「いろいろ話し合った結果、(下ネタ嫌いの)みるるんは一番(ケンコバから遠い)端にいますんで」。ケンコバ「お前、何にらんでんねん、年上やぞ。オレ年上やぞコラァ!」。「なんか今日荒い」「怖い」。陣内「2人でご飯行ったらどうすんの?」。ケンコバ「お前、割り勘な」。たむらけんじ「そこは奢ったって。14歳やから」[24]
  • 7月25日、NMB48のメンバーで結成された「カルビ&ロース」「TMR48」の2組が大阪市内で行われたコント日本一を決める大会「キングオブコント2012」の大阪予選1回戦に出場し、2組とも敗退した。「カルビ‐」は小笠原茉由岸野里香のコンビで、85歳になった岸野がNMB48のキャプテン・山本彩の葬式帰りに孫役の小笠原と出会う設定のネタを披露。「TMR48」は小谷里歩近藤里奈、白間のトリオで、教師と母親、生徒による高校の三者面談ネタを演じた。だが、多忙の中での練習不足などが影響し、2組とも大きな笑いを生み出せぬままに舞台を終えた。126組中16組が2回戦進出という難関の前に敗れ去ったが、小谷は「楽しくコントができたので、それが良かった」と挑戦に悔いはないようだった。[25]
  • 終了後のブログ。「今日は、、、、な、な、な、なんと!!『キングオブコント』の予選がありました。うわぁ~逃げ出してよいですか。う、うっうそです。もうやるしかないっぎゃはははは。。ひゃひゃひゃひゃ。。もぉ先に自分で笑っとこう。そんな感じで舞台にたったのですが。。結果は残念、、、通過できませんでした。でも、またまた素晴らしい経験をさせていただきました!! 本当に本当にありがとうございました」[26]
  • 8月1日、近畿ツアー「みなさん、ちゃぷちゃぷしましょ」奈良公演を行った。「めっちゃ楽しかったぁ。奈良にはあんまり行ったことがないのですが、、、5歳の時お泊まり保育で行ったのをすごく覚えてます。そういえば、男の子も女の子も一緒にちゃぷちゃぷしたなぁ。純心だったあの頃、、、今は邪心が、、、、ないない!ないですよっっ(笑)」[27]

2014年

  • 2月24日、大組閣において、チームMへの異動が発表される。翌日ブログを更新。
「昨日は大組閣でした。みるは、TeamMになりました!昨日は大好きなTeamNがばらばらになったショックや、大好きな『ここにだって天使はいる公演』をできなくなることが悲しくて。。頭の中が真っ白でした。でも、1日たって今日も、メンバーに会ってちゃんと考えられるようになりました。みんなをひっぱっていけるようになりたいって思っていたけれど、、、今まで、安心感に包まれて甘えてしまって、なかなか、変わることができませんでした。新しいTeamMで成長し、変わるチャンスをもらったんだと思います!!!大切な大切なTeamN!でも、同じくらい、いや、それ以上の思いをもてるようなTeamMをみんなと力をあわせてつくっていきたいです!!!そして、この組閣でもっともっとすごくなるNMB48☆その中で、だれよりも輝けるように!!がんばりますっっ!!!っと、いいながら、、不安な気持ちもいっぱいなのですが。。。そんな時は皆さんの笑顔を思い出して気合いいれますね。がんばるるんです!!!」[28]
  • 3月26日発売の、9thシングル「高嶺の林檎」のカップリング「山へ行こう」(難波鉄砲隊其之伍名義)でセンターを務める。
後日談。「うれしくてうれしくて。撮影が終わって早くファンのみなさんに伝えたかった。ぜんぜん恩返しできてなかったから……。あとは家族かな。家でMVを見せたら、今までまったく映ってないのが普通だったので、『なんでこんなに映ってるの!?』ってめっちゃよろこんでくれて、家族で何回も見ていました(笑)。私はそれを後ろでニヤニヤして見てて…鼻の奥がツンとしました」[29]
Google+「『ここにだって天使はいる』公演さん、千秋楽終わりました!!さみしい気持ちはありますが、、、、もっともっといっぱい練習して、頑張って頑張って!!!TeamNで学ばせて頂いた事をいかして、TeamMで、キラキラと輝きたい!!って思いました★TeamN、本当に本当に、、、本当に、、大好き、ありがとう!!!!」[30]
  • 5月14日に発売された講談社「AKB48総選挙 公式ガイドブック2014」で、同誌取材班の選抜メンバーの独断予想において第16位にランクインし、表紙を飾る。
同誌取材班の講評「地道なファンサービスが実を結んだNMB48の16歳。今年の総選挙にサプライズをもたらすシンデレラガールとして期待」[29]
Google+「AKB48 37thシングル選抜総選挙!ネクストガールズ!第43位!!よんでいただくことができました!今までの人生で最高のうれしろまーです!!!!皆さんから頂いた、大きな大きな愛情をひしひしと感じています。本当に、本当に、ありがとうございます。舞台に立ち、皆さんに感謝の気持ちを伝える!という夢がかないました。いえ、!皆さんにかなえていただきました!皆さんから頂いた票というみるの金メダル★しっかりと胸にかけて、自信をもってこれからも、どんどん上を目指します!!!高くかかげた目標には届きませんでしたが!それは、来年必ず、つかみにいくことを約束します。本当に本当に、本当に、ありがとうございました!!!」[31]
  • 9月17日、第5回じゃんけん大会のサプライズ発表で、AKB48の38thシングル「希望的リフレイン」(11月26日発売)の選抜メンバーに選出されたことが発表される。白間自身、AKB48のシングル楽曲の選抜メンバーに初選出。
Google+「みるきーーおめでとぉぉーーってってててて、、、わたしが、、、が、、AKBせんばつさん、、に!?!?ほよよよ???、、、よよやっ!!!頭さんが、、うれしろまー!わぁぁいーーー!!」[32]「(前略)そして、そして、AKB48 38thシングル選抜さんのメンバーに選んでいただきました!!感激すぎます!!今、ものすごく、、燃えてますっっ!!!!大きな大きなチャンスをいただきました!おもいっきりアピールさせて頂いて★みなさんへの感謝の気持ちを返せるようにがんばります!!!これからも、たっくさんみるみる、よろしくお願いします!!!うれしろまーーだよぉぉー、ありがとうございましたっ!!!!」[33]
Google+「みなさん!!NMB48 10thシングル選抜が、発表されました。選んでいただくことができ、そして、なんと、、ふうちゃんとのダブルセンターをさせていただきます。こんな大きなチャンスをいただけて、感謝の気持ちでいっぱいです。ずっと、さや姉、みるきー、メンバーの、背中の後ろにいました。誰の背中もない場所に立ち、どんな景色がみえるのか楽しみです。私らしく!がむしゃらに頑張って!新しい風をふかせたいです!!みなさん!本当に、本当に、ありがとうございました!!!うれしろまーだぁーーー!!!!」[34]

2015年

2016年

  • 6月18日、第8回総選挙開票。白間は第24位(獲得票数:29,983票)にランクインし、アンダーガールズに選出。

2017年

  • 6月17日、第9回総選挙開票。白間は第12位(最終獲得票数:41,491票)にランクインし、総選挙で初の選抜メンバーとなった。

交友関係

  • 仲の良いメンバーは、森彩華(卒業)、木下春奈[4]古賀成美[35]など。
  • 門脇佳奈子木下春奈との3人で「おバカ三姉妹」と呼ばれている[36]
  • AKB48の入山杏奈は、「みるるんのTO(トップオタ)」を自称している。入山「とにかくかわいいし、一つひとつのしぐさがキュンとくる ご飯を食べる顔も最高にかわいい!!」とのこと[29]。白間も入山とは相思相愛で、「ユニット祭り2014」では入山とともに「狼とプライド」を披露している[37]
  • AKB48で憧れているメンバーは、前田敦子。「元気があって歌もお芝居もできるので、あこがれています」[18]
  • SKE48で憧れてるメンバーは、松井珠理奈。「紅白の練習の時に、じゅりなさんがダンスを教えてくれてとってもステキでした」[4]
  • メンバーの中で彼女にするなら、山田菜々。たまにぶりっ子するところが可愛い。[38]
  • 古賀成美とは高校の同級生[39]。NMB48では白間の方が先輩だが”なる””みる”と呼び合う仲。

性格・趣味

  • 趣味は、1人で映画を見ること[1]。アイススケート[40]。キャラになりきってマンガを音読する[9]
  • 特技は、メンバーや人の似顔絵を書くこと[1]。鉄棒、マット、跳び箱[9]。変顔、プール[41]
  • 長所は、いつも明るく元気。[40]
  • 短所は、口べた。深く考えないとこ。[40]すぐ緊張する。[9]
  • 足の指が長い。[9]
  • 白間は木下春奈の「足が臭い」と暴露したが、その木下からは白間の方が臭いと反論された。スタッフに木下と白間はどっちが足が臭いのかと比べてもらったところ、白間の方が臭かった(木下談)。2人の足が臭くなった理由は、公演中靴下を履かない時があるから。それでどんどん靴が臭くなっていった。靴下を履かない理由は、早着替えで面倒くさいから。[11]
  • 好きなスポーツは、スケート。[42]
  • 部活はテニス部。[8]
  • 好きな食べ物は、キャラメルポップコーン。以前の公式プロフィールでは、チョコレート[1]。ケチャップ、お酢、カレーライス[41]
  • 大のケチャップ好きで、チョコレートやご飯にかけたり、ラーメンやお味噌汁に入れたりする。第3回総選挙の政見放送では、ケチャップをそのまま吸っていた。[43]
  • 好きな色は、ピンク。黒。[42]
  • 絶叫マシーン好き。「遊園地のジェットコースターや高所から一気に垂直落下するフリーフォール。重力から解き放たれてフワッと体が浮く感覚が最高です。絶叫マシンの魅力は気持ちを「リセット」してくれるところだと思います。何か嫌なことがあっても、絶叫マシンに乗ると、スッと気分が穏やかになります。お姉ちゃんとけんか中でも、絶叫マシンに乗って家に帰る頃には素直に「ごめんね」と言えるようになっていたり。不思議な力を与えてくれる乗り物です」[44]
  • すっぴんを見られても平気。「中学生はいつもすっぴんなので(笑)」[45]
  • 好きな男性のタイプは、お父さんみたいな優しい人。[9]
  • 理想のデートは、遊園地で絶叫マシーンに乗る。[9]
  • (2010年現在)高2の姉と、小1の弟がいる。[42]
  • 「秋はよく弟と公園に行きます。公園には落ち葉がたくさんありますよね。弟は小学2年生なんですけど、それに穴を開けて顔を作ったりしています(笑)。仲良いけど、ケンカもよくします。弟は食べ物にめっちゃうるさいんですよ。弟が買ってきた駄菓子を私がちょっと食べたら、すぐ蹴ってくる。私が悪いんですけど(笑)」[45]
  • 「私の雨嫌いは昔からなんですけど、小学生のころは梅雨時にはあえて外に出てましたね。傘もささずに長靴で水たまりに飛び込んで、水たまりの泥を手ですくうんです。そして、それを手に塗りつけて天然泥パックを楽しんでました。子どもだったから本当に効果があったかは分かりませんけど、不思議と手もツルツルになる気もしてました。この遊びは雨の日しかできないので、雨は嫌いやけど泥パックができるから我慢しようともなってましたね。大人の人は、なかなか水たまりの泥でパックはできないかもしれませんけど(笑)、例えば、良い傘とかレインブーツを買って、雨ならではのオシャレを楽しんでみるとかすれば、少しは雨を前向きに考えられるんじゃないですかね。少しでも、雨嫌いが克服できますように!」[46]
  • 楽屋では全裸で歩き回ってる。[47]
あるネットメディアの記事でも、白間の裸族ぶりについて触れられている。自宅では全裸で過ごす、という女性は意外にも多い。15歳まで家族そろって全裸で夕飯を食べていたという加藤夏希、風呂上りにタオルも巻かずにウロウロするという夏菜などは家族そろっていわゆる「裸族」であることを公言している。楽屋でパンティまで脱ぎ捨て素っ裸を披露するのは、AKB48大島優子と今や大女優の風格を漂わせる宮沢りえ。さらにスピード離婚で騒がれている二世タレントの多岐川華子も、酒を飲むとストリップを始めてしまうという脱ぎ上戸だ。若手女優の瀧本美織も「家でも裸でいるときがあるくらい。裸族です」と発言。おまけに「カーテンとか窓とか開いてても、気にしないです」と言い、MCに「それは変態!」とツッコまれる始末だ。なぜ裸になるのかというと、「なんかスーンッ……てするから」と謎の答え。どうやら、全裸になることで、地肌に直接風を感じるのが心地いいようだ。タレントの時東ぁみも、薄いレースのカーテンだけを閉めた状態で全裸になるそうだが、しかしいくらなんでもカーテン全開、あるいは窓まで開けた状態で素っ裸になるのは危険というもの。仮に高層階の部屋に住んでいるとしても、どこから見られるかわからない。そのスリルが「露出の快感」につながり、「スーンッ……」と感じる、という側面もあるのだろうか。また、まだ14歳(当時)と子どもではあるが「家ではパンツ一丁で過ごします」とカミングアウトしたのはNMB48の白間美瑠。熱中症対策のため、という言い訳つきではあるが「大昔の人間は素っ裸だったんだから!」と裸族の正当性を主張する彼女、楽屋でもパンイチになりかねない逸材だ[48]
  • 好きなアーティストは、森高千里。[49][50]

ギャラリー

NMB48

AKB48

参加曲

シングルCD選抜曲

NMB48

AKB48

アルバムCD選抜曲

NMB48

AKB48

劇場公演ユニット曲

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • She's gone

出演

Wikipediaを参照。

テレビドラマ

YNN NMB48 CHANNEL

脚注・出典

  1. ^ a b c d e NMB48公式プロフィール
  2. ^ a b 光文社「NMB48 COMPLETE BOOK 2012」より。
  3. ^ a b AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  4. ^ a b c 元気になったルン☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ - NMB48オフィシャルブログ 2011年01月28日
  5. ^ 山本彩 さるるんはぴば(^_^)∠※ - NMB48オフィシャルブログ 2011年10月14日
  6. ^ らぶなもの②(*uωu*")里香 - NMB48オフィシャルブログ 2011年10月15日
  7. ^ 『日刊スポーツ』 2012年4月25日
  8. ^ a b http://nmb48.laff.jp/blog/2011/04/post-8f5a.html
  9. ^ a b c d e f g FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  10. ^ a b 『AKB48総選挙 公式ガイドブック2011』
  11. ^ a b c 『なにわなでしこ』 2011年10月26日
  12. ^ a b http://www.www9.daily.co.jp/gossip/nmb48/column/2012/01/12/0004737671.shtml
  13. ^ 『どっキング』 2011年8月9日
  14. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年10月1日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ a b http://ameblo.jp/nmb48/entry-11785100346.html
  16. ^ a b c ( *・ω・みるるんルン)ノ - NMB48オフィシャルブログ 2011年10月13日
  17. ^ みるるんルン(o^^o) - NMB48オフィシャルブログ 2011年02月25日
  18. ^ a b http://journal.mycom.co.jp/articles/2011/02/18/nmb/
  19. ^ 『スター姫さがし太郎』 2011/1/8
  20. ^ 『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』
  21. ^ http://www.daily.co.jp/newsflash/2012/05/20/0005070184.shtml
  22. ^ ( *・ω・みるるんルン)ノ - NMB48オフィシャルブログ 2012年05月21日
  23. ^ 『どっキング48』 2012年6月26日
  24. ^ 『どっキング』 2012年7月10日
  25. ^ http://daily.co.jp/gossip/2012/07/26/0005242446.shtml
  26. ^ ( *・ω・みるるんルン)ノ - NMB48オフィシャルブログ 2012年07月25日
  27. ^ ( *・ω・みるるんルン)ノ - NMB48オフィシャルブログ 2012年08月01日
  28. ^ http://ameblo.jp/nmb48/entry-11781776101.html
  29. ^ a b c 講談社「AKB48総選挙 公式ガイドブック2014」より。
  30. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年4月16日 ArKaiBu Gugutas
  31. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年6月7日 ArKaiBu Gugutas
  32. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年9月17日 ArKaiBu Gugutas
  33. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年9月17日 ArKaiBu Gugutas
  34. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年10月1日 ArKaiBu Gugutas
  35. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年3月30日 ArKaiBu Gugutas
  36. ^ 木下春奈 投稿 - Google+ 2012年9月8日 ArKaiBu Gugutas
  37. ^ 白間美瑠 投稿 - Google+ 2014年1月27日 ArKaiBu Gugutas
  38. ^ 『NMB48のオールナイトニッポンR』 2011/07/21
  39. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2017年1月29日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ a b c みるルンルン(^_ -)-☆ - NMB48オフィシャルブログ 2010年12月23日
  41. ^ a b 『NMB48のオールナイトニッポンR』 2011/07/22
  42. ^ a b c みるるんです(^-^)/ - NMB48オフィシャルブログ 2011年01月21日
  43. ^ 『第3回総選挙』政見放送より。
  44. ^ http://www.asahi.com/kansai/entertainment/nmb48/OSK201101270036.html
  45. ^ a b http://www.oricon.co.jp/music/interview/2011/nmb1028/index.html
  46. ^ http://www.daily.co.jp/gossip/nmb48/column2/2012/07/14/0005212799.shtml
  47. ^ NMB48白間美瑠は「楽屋で全裸」?見せすぎアイドルチャンネル『KawaiianTV』開局 | ORICON STYLE
  48. ^ http://www.menscyzo.com/2012/07/post_4388.html
  49. ^ [1]
  50. ^ [2]
  51. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜 - テレビ朝日

外部リンク