エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

渡り廊下走り隊

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
渡り廊下走り隊
渡り廊下走り隊7.jpg
活動期間

2008年10月 - 2014年2月9日

レーベル

ポニーキャニオン

事務所

プロダクション尾木
長良プロダクション(岩佐美咲のみ)

公式サイト

メンバー

旧メンバー

渡り廊下走り隊」(わたりろうかはしりたい)は、かつて存在したAKB48のスピンアウトユニット。本項では、「お菓子なシスターズ」(おかしなシスターズ)、「渡り廊下走り隊7」(わたりろうかはしりたいセブン)についても記述する。

概要

  • AKB48の総合プロデューサー秋元康によって、おニャン子クラブの派生ユニット「うしろ髪ひかれ隊」の妹分ユニットとして結成。
  • 所属レコード会社は、ポニーキャニオン[1]
  • 略称は「ワロタ」で、名付け親は多田愛佳。ちなみに「ワロタ」とは「笑った」ことを意味するネット用語。「ワタロ」とも呼ばれるが、こちらは誤り[2]
  • 元・リーダーは平嶋夏海(離脱、のち再合流)。
  • センターは渡辺麻友が担当している。[3]
  • 2014年2月9日の解散コンサートをもって解散。渡辺麻友によると、解散理由は「渡り廊下走り隊は、学校の渡り廊下をスカートをひらりとさせながら走り抜けるようなイメージのメンバーが集まって結成されました。でも、みんなもう学校も卒業して社会人の年齢になりまして、それぞれソロの活動も確立されてきているので、渡り廊下走り隊というコンセプトの中での役割は果たしたかな」[4]

歴史

2008年

  • 3月、渡辺麻友、多田愛佳、仲川遥香の3人が「お菓子なシスターズ」として、NHK教育テレビ「味楽る!ミミカ」の2008年度エンディング曲「恋のチューイング」を担当[5]
  • 10月、「お菓子なシスターズ」に平嶋夏海が加入し、「渡り廊下走り隊」を結成[5]。メンバーは初代チームB、プロダクション尾木所属であり、「女子高生」のイメージに最も近い者から選ばれた。

2009年

  • 1月3日、CBCラジオで「渡り廊下走り隊の青い未来へ初恋ダッシュ!!」が放送開始(6月27日放送終了)。
  • 1月28日、デビューシングル「初恋ダッシュ/青い未来」を発売。前述の「恋のチューイング」も収録されている。
  • 4月22日、2ndシングル「やる気花火」を発売。
  • 11月11日、3rdシングル「完璧ぐ~のね」を発売。

2010年

渡り廊下走り隊(5人時代。メンバーは、渡辺麻友、多田愛佳、仲川遥香、平嶋夏海、菊地あやか)
  • 2月7日、チームB公演にてAKB48に復帰した菊地あやかのユニット加入が発表。5人組ユニットとなる。
  • 3月17日、4thシングル「アッカンベー橋」を発売。
  • 6月30日、5thシングル「青春のフラッグ」を発売。
  • 同日、岩佐美咲小森美果を加えたラジオ限定のユニット「渡り廊下走り隊7」を結成[6]
  • 7月5日、ニッポン放送でラジオ番組「渡り廊下走り隊7」が放送開始(後述)。
  • 9月1日、6thシングル「ギュッ」を発売。本作は島田紳助がプロデュースにかかわっており、全曲の作詞も担当。AKB48関連グループのシングルにおいて、秋元康が一曲も作詞を担当していない初めての作品となった。
  • 10月13日、オリジナルアルバム「廊下は走るな!」を発売。

2011年

  • 2月2日、「渡り廊下走り隊7」名義で7thシングル「バレンタイン・キッス」を発売。岩佐美咲と小森美果もシングルに参加し、以降7人体制での活動に一本化される。
  • 8月3日、8thシングル「へたっぴウィンク」を発売。
  • 11月30日、9thシングル「希望山脈」を発売。

2012年

  • 2月5日、平嶋夏海がAKB48としての活動辞退を発表。渡り廊下走り隊7からも離脱することとなる。
  • 3月10日、平嶋夏海の代わりに浦野一美が暫定加入。
  • 5月30日、10thシングル「少年よ 嘘をつけ!」を発売。

2013年

  • 7月7日、小森美果がAKB48を卒業。渡り廊下走り隊7からも離脱することとなる。
  • 11月14日、メンバー間の不仲により、12月25日のベストアルバム発売をもって解散することが、日刊スポーツにより報じられる。[7]
  • 12月16日、YouTubeの渡り廊下走り隊公式チャンネルにて、「【渡り廊下走り隊】解散の真実」と題した動画が公開される。動画中では、メンバーが不満をそれぞれ口にしており、不仲説を裏付けるものとしてファンの間でも議論となった[4][8]
  • 12月25日、ベストアルバム「渡り廊下をゆっくり歩きたい」を発売。平嶋夏海も参加し、7人でレコーディングが行われた。
  • 同日に行われたアルバム発売会見にて、メンバーが「解散は本当ですが、不仲は嘘なんです。すみませんでした」とそろって頭を下げて謝罪。「解散の真実」はファンを驚かせるためのドッキリであり、笑顔で「これは嘘ですからね」と続くアルバムの特典映像であることが判明した[4][8]

2014年

メンバー

2014年2月9日時点での在籍メンバー

元メンバー

ディスコグラフィー

シングル

アートワーク リリース日 タイトル 最高週間順位 販売形態・商品コード
ポニーキャニオンレーベル
渡り廊下走り隊 名義
1 初恋ダッシュ 青い未来.jpg 2009年1月28日 初恋ダッシュ/青い未来 10位
  • 通常盤 (CD、PCCA-02804)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-02800)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-02801)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-02802)
2 やる気花火.jpg 2009年4月22日 やる気花火 9位
  • 通常盤 (CD、PCCA-02922)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-02919)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-02920)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-02921)
3 完璧ぐ~のね.jpg 2009年11月11日 完璧ぐ~のね 7位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03036)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03019)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03020)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-03021)
4 アッカンベー橋 【通常盤】.jpg 2010年3月17日 アッカンベー橋 1位
  • 通常盤 (CD、PCCA-70277)
  • おためし盤 (CD、PCCA-70278)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03131)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03132)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-03133)
5 青春のフラッグ(通常盤).jpg 2010年6月30日 青春のフラッグ 4位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03188)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03185)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03186)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-03187)
6 ギュッ (通常盤).jpg 2010年9月1日 ギュッ 2位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03243)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03240)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03241)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-03242)
渡り廊下走り隊7 名義
7 バレンタイン・キッス(通常盤).jpg 2011年2月2日 バレンタイン・キッス 2位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03328)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03326)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03327)
8 へたっぴウィンク 通常盤.jpg 2011年8月3日 へたっぴウィンク 2位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03470)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03471)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03472)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-03473)
9 希望山脈 通常盤.jpg 2011年11月30日 希望山脈 3位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03513)
  • 初回限定盤A (CD+DVD、PCCA-03507)
  • 初回限定盤B (CD+DVD、PCCA-03508)
  • 初回限定盤C (CD+DVD、PCCA-03509)
10 少年よ 嘘をつけ! (通常盤).jpg 2012年5月30日 少年よ 嘘をつけ! 3位
  • 通常盤 (PCCA-70329)
  • 初回盤A (CD+DVD、PCCA-03596)
  • 初回盤B (CD+DVD、PCCA-03597)
  • 初回盤C (CD+DVD、PCCA-03598)

アルバム

アートワーク リリース日 タイトル 最高週間順位 販売形態・商品コード 種別
ポニーキャニオンレーベル
渡り廊下走り隊 名義
1 廊下は走るな!(通常盤).jpg 2010年10月13日 廊下は走るな! 4位
  • 通常盤 (CD、PCCA-03276)
  • 初回盤A (CD+DVD、PCCA-03274)
  • 初回盤B (CD+DVD、PCCA-03275)
オリジナルアルバム
2 渡り廊下をゆっくり歩きたい【通常盤】.jpg 2013年12月25日 渡り廊下をゆっくり歩きたい 4位
  • 超コンプリート盤 (3CD+2DVD、PCCA-03960)
  • 通常盤 (2CD、PCCA-03961)
ベストアルバム

ラジオ番組「渡り廊下走り隊7」

概要

  • プロダクション尾木に所属するメンバーによるユニット「渡り廊下走り隊」に、同じくプロダクション尾木所属の岩佐美咲(のちに長良プロダクションへ移籍)と小森美果を加えた7名がパーソナリティを務めるラジオ番組。当初はラジオ限定活動だったが、7thシングル『バレンタイン・キッス』からは、この「渡り廊下走り隊7」名義でリリースしている。
  • 毎週月~木曜の夜24:53-24:58までの5分番組。コーナーは曜日毎に異なる。
  • 毎週7名の内3名が選抜され、当番(パーソナリティ)を務める。
  • 2011年4月10日より、放送時間が日曜21:30に昇格し、時間も30分番組に拡大された。
  • 2013年3月31日、放送終了。

コーナー

  • 月曜日:悩メールの月曜日
  • 火曜日:プンプンの火曜日
  • 水曜日:恋する水曜日
  • 木曜日:自由な木曜日

出典

  1. ^ 前髪大事 まゆゆ「絶対に触られたくないし、触ったら怒ります」 - スポニチアネックス 2011年11月15日
  2. ^ 夜ご飯は…゛∩(^ω^*)なっちゃん - 渡り廊下走り隊オフィシャルブログ(平嶋夏海投稿) 2010年4月7日
  3. ^ 渡り廊下走り隊7のセンター・渡辺麻友、秋元康とはギクシャクした関係? - マイナビニュース 2011年1月25日
  4. ^ a b c 不仲は嘘!?渡り廊下走り隊が解散の真相をすべて明かす - 音楽ナタリー 2013年12月25日
  5. ^ a b FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  6. ^ AKB48から“ラジオ向け”ユニット・渡り廊下走り隊7が誕生 - ORICON STYLE 2010年6月30日
  7. ^ AKB派生「渡り廊下走り隊」不仲で解散 - 日刊スポーツ 2013年11月14日
  8. ^ a b 渡り廊下走り隊、解散理由の“不仲”は嘘 まゆゆら真相明かし謝罪 - ORICON STYLE 2013年12月25日
  9. ^ まゆゆ、“渡り廊下”解散に号泣&嗚咽 OG小森さんもサプライズ参加 - ORICON STYLE 2014年2月9日

外部リンク