エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

入山杏奈

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チームA
入山 杏奈 いりやま あんな
2017年AKB48プロフィール 入山杏奈.jpg
公式ニックネーム

あんにん

所属事務所

太田プロダクション

生年月日

1995年12月3日 (21歳)

出身地

千葉県

血液型

B型[1]

身長

160.2cm[3]

スリーサイズ

B78 W57 H83[2]

合格期

10期生

選抜回数

12回

入山 杏奈(いりやま あんな、1995年12月3日 - )は、AKB48チームAのメンバー。千葉県千葉市出身[4]。太田プロダクション所属。

略歴

2010年
2011年
2012年
2014年
2015年
2016年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは、特に設定していない(2015年)。
過去には「大人と子供の良いとこ取りの16歳、あんにんこと入山杏奈です」、「イチゴの国からこんにちは あなたのハートをラブズッキュン 永遠の15歳 中学3年生の入山杏奈です」[8]など。
  • 公式ニックネームは、「あんにん」。
  • 突き抜けた美形と、スタイルの良さは、「超カワイイ! 美人さん!」(平嶋夏海)とメンバー内でも評判になるほどで[8]、研究生が選ぶ「美しすぎる研究生」にも選ばれている(2011年当時)[9]
  • 前髪には異常なこだわりを持っている。
市川美織「前髪に完璧なポジションがあるらしくて、いつも点数をつけてます」
島田晴香「1回だけ『今日の前髪は100点』って言ってたのを見たことが(笑)」
大場美奈「自分を磨こうという努力を恥ずかしがらずに出来るのは尊敬」[10]
  • Q、AKB48の5年後はどうなっている? A、「今の研究生が選抜に入っていると思います。私はセンターですよ!!(笑)よーっし!」[1]
  • チーム4メンバーとして意識してることは、「あえて空気読まない」[11]
  • 劇場支配人評。
「足をケガして踊れなかったときは、悔し涙をこらえながらレッスンを見学していた負けず嫌いなコ」(2011年:戸賀崎智信[8]
「負けず嫌いで、すべてに対してプライドがすごく高い。芯のあるコです。ちょっと冷めているところもありますが、楽屋裏でMCの相談をしている時も積極的に自分の意見を言えるし、考えをしっかり持ってますね」(2012年:戸賀崎)[12]
「とてもシャイだけど野心のあるコ。今年の総選挙はひとつのチャンス、がんばってほしいです」(2013年)[13]
「おとなしい性格ですが、長所をうまく出せるようになりました。独特な雰囲気も魅力で、唯一無二な存在です」(2014年:湯浅洋[14]
「選抜常連として活躍しながらドラマや映画『9つの窓』など女優業も充実。2年ぶりの出馬で期待がかかります」(2016年:茅野しのぶ[3]
  • 将来の夢は、「マルチタレントです! 歌とダンスも続けたいし、女優さんになる夢も諦めたくはないし…。全部やりたい」[1]

AKB48として

2010年

  • 3月、AKB48第10期生オーディションに合格し、研究生候補となる。AKB48を目指そうと思ったきっかけは、自分の夢を応援してくれる場所だと思ったから。オーディションを受けてみたいとは思ったが、母親にちゃんと言えなかった。そんな時に、学校の先輩に「AKB48のオーディション、一緒に受けようよ」と誘われ、母親に「先輩に誘われたんだけど、受けていい?」と言いやすくなり、申し込むことが出来た。[15]
  • ちなみに戸賀崎智信によると、合格した理由は、美少女で、スタイルも良かったから。[16]
  • 6月12日、セレクション審査に合格し、研究生となる。
  • 6月22日、劇場公演デビュー。[17]

2011年

  • 2月、同期(10期)から仲俣汐里が一番最初に昇格が決まる。5月には市川美織が2人目の昇格を決めた。
  • 6月6日、昇格が内定していた9・10期研究生10名によって、AKB48第4のチームとなる「チーム4」が結成される。「チーム4発足の発表があったとき、私は選ばれなかったんです…。あぁ、泣きそうになってきちゃった。なんかやだぁ~。うぅ…。ごめんなさい、思い出し泣き。同期のナカマッターやみおりんに先を越されて、焦っていた時期だったし、もう昇格はできないと思ったんです。ずっと泣いてばかりいたので、周りのスタッフさんにも慰められていました」[18]
  • 6月9日、第3回総選挙では圏外に終わる。「正直、39位で『チーム研究生』と言われた時は、ちょっと期待しちゃいました。でも、私はまだ早かったなって…。気持ちを切り替えて、次の総選挙でステージに上がれるように、1年間がんばりたいです。私たちのベースは劇場公演なので、ダンスをもっと踊れるようにしたいです!」[19]
  • 7月18日、第2回じゃんけん大会のAKB48研究生予備戦を勝ち上がり、本戦出場権を手に入れる。
  • 7月23日、コンサート「よっしゃぁ~行くぞぉ~! in 西武ドーム」2日目に、チーム4の正規メンバーに昇格することが発表された。 「昇格発表は素直に嬉しかったです」[18]
  • チーム4キャプテン大場美奈が王子なら、入山はお姫様キャラです。キラキラしていて、まぶしい。可愛い見せ方を知っていますね。前髪が命で、7:3が絶対に崩れないんです。“美”について知り尽くしています。チームが華やかになりますね。あとはダンスとかの実力が身に付けば、グイグイ引っ張ってくれる存在になってくれると期待しています」。[20]
  • 10月10日、チーム4による1st公演「僕の太陽」を開始。「今はチーム4の皆勤賞を狙ってます。まだ、1回もお休みしていません。やっぱり公演は私たちの原点だし、ファンの方を身近に感じられる場所でもあるから、大事にしたいんです」[18]

2012年

  • 3月25日、「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」3日目公演において、横山由依とともに太田プロダクションへの移籍オファーがあることが発表される[21]。その後、5月に太田プロへ正式移籍。
  • 5月13日、「ネ申テレビ」の企画で、写真を「第86回国展」に出展したところ、入選[22]。「先日、展示してある自分の作品を観に行きまして、たくさんの入選作品の中に自分の撮った写真が飾ってあってすごく感動しました。今日の午後2時まで六本木の国立新美術館に展示されているので、お時間のある方はぜひ足を運んでみてください! これを機にカメラや写真にとても関心を持ったので、ぜひ続けていきたいと思いました」[23]
  • 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2012」より。前回の選挙は、「名前が呼ばれるかも」と淡い期待を持ちつつも、結果は圏外。今年は淡い期待だけでは終わらず、きっと現実になるはずっ![12]
  • 5月2日 - 5月14日、「AKB48ネ申テレビ」の企画で撮影した写真作品が、第86回国展写真部入選を果たし、同じく入選となった竹内美宥とともに国立新美術館に作品が展示される[24]
  • 5月28日、島崎遥香市川美織入山杏奈のAKB座談会。お題「アイドルとして気をつけていること」。入山「スッピンで出歩かないこと」。市川「ぱるるさんとかありますか?」。島崎「特に無いけど。でもね、プライベートを見る人がいけないんだと思う」。市川「あぁそういう感じですか」。島崎「私はアイドルのファンとして、アイドルは“プライベートを見ちゃいけない”んです」。市川・入山「わかります。“アイドルのその子が好き”みたいなね」。島崎「だから、プライベートは見るなって話ですよ。私も好きなアイドルとかいるけどけど、別にアドレス知りたいとか、友達になりたいとか思わない」。市川「そういうんじゃないんですよね。この子と遊びたいとかじゃなくて、見ているだけで癒されるみたいな存在でいて欲しい」。島崎「そうそうそう。はい以上です」
お題「どこからアイドルスイッチが入るか」。市川「例えば、家を出る時とか、仕事先に到着したらなのか」。島崎「私、ファンの人の目の前に出る時。だから今(収録中)は入ってない」。市川・入山「(笑)。たしかに、ラフな感じですね」。入山「私は仕事が始まったらですかね」。島崎「じゃあ今入ってるんだ?」。入山「ちょっと入ってます」。市川「私はもちろん、家の中から―」。入山「いやいやいやウソでしょ」。市川「家の中はプライベートで。家を出た時からですかね。家を出た時からレモンです」
お題「理想のアイドル像は?」。入山「好きなのは道重さゆみちゃんとか、鈴木愛理ちゃんが好きです」。市川「王道いったね」。島崎「なんかさ、ファンの人って、「黒髪(が好き)」って言うじゃない。でもさ、茶髪でもいいと思うんだよね」。市川「確かに。なんでですかね?」。島崎「やっぱ“アニメ”からきてると思うんだよね。二次元から来てると思うアイドル像って」。市川「二次元のイメージありますよね。“トイレ行かない”とか(笑)」。入山「AKBって“会いに行けるアイドル”やってるけど、本当は会わないですもんねアイドル」。島崎「そうだね。コンサートとか」。市川「コンサートでも、遠い存在みたいな。だからAKBってすごいですね。今までのアイドル像を覆したんじゃないですか」。島崎・入山「…そうね(苦笑)」。島崎「外見からいくと、黒髪で、肌が白くて」。市川「あっぱるるさんだ」。島崎「目が大きくて」。市川「ぱるるさんだ」。島崎「ウソつけ…」。市川「本当ですよ(汗)」。島崎「あとは、細い」。市川「確かに。あとはオーラですかね。ピンクな感じの…」。島崎「(無視して)内面は、ぶりっ子な気がする」。市川「私が思うんですけど、アイドルって“自分かわいい”って思ってないと、成り立たないと思うんです。だって、自分が自分をまず可愛いって思わないと、人前に立てない」。島崎「(自分で自分のこと)可愛いと思ってるんだ?」。市川「最近、思うんです」。島崎「あぁ~良かったね~」。市川「(熱く語る)自分をまず好きにならないと、ファンの人も好きになってくれない」。島崎「可愛いよ~」。市川「で、自分を研究するためには、自分をいっぱい知らないといけないから―」。島崎「一生懸命(苦笑)」。市川「だから最近、鏡を見ちゃうんですよ。(アイドルとして)自覚が芽生えました」。入山「(自分のこと)好きでも嫌いでもいいと思いますよ。無関心じゃなければ」。市川「あっそうか。まぁそういうことで…」[25]
  • 6月2日、「目指すはアンダーガールズのセンターです」。つまり、17位奪取宣言だ。昨年も今回の速報順位も圏外だが…「昨年は悔しい思いをしたから行けるところまで行きたいんです」と覚悟をにじませた。高校は進学校ゆえに勉強も大変だが、極力休まずに登校している。そんな中でも、総選挙の順位を上げるために、この1年携帯メールサービスやG+の更新を小まめに行ってきた。「『真夏のSounds good!』の選抜メンバーに選ばれたのでチャンスを生かしたいです」と誓った。[26]
  • 6月23日、入山がGoogle+に「切符買ったら両想い切符だったの」と“両想い切符”を手にした喜びを報告したところ、ファンからは「どういうこと?」との質問も少なからず出ている。中には「この時期に微妙な話題だ」との指摘もあり、様々な声が聞かれて興味深い。“3173”と数字が入った切符の写真の意味が分からず、「どういうこと?」、「両想い切符ってなに?」という質問が多い。“両想い切符”の浸透度はいまひとつのようだ。一方で「17%は低い」「17は両想いではないでしょ?」という声も寄せられている。
実はこれは都市伝説的なもので、切符に打たれた4桁の番号の両端が同じ数字の場合を“両想い切符”と呼び、挟まれた2つの数字が両想いの確率となるといわれる。それほど最近の流行ではなく、ネット上でも2006年にはすでに話題となっていた。また、音楽ユニット・Goosehouseの神田莉緒香がオリジナル曲“両想いキップ”を歌っており、入山杏奈の世代で流行したというわけではないようだ。ちなみに横山由依やNMB48の山本彩がコメントしているのだが、2人はその意味を知っていた。また入山は、「(両想いの)相手は誰かな?」とも問いかけているが、これには「俺でしょう」と返す声も多かったが、「両想い禁止では?」という真面目な返答や、「微妙な時期(※指原莉乃が男性問題でHKT48へ移籍したばかり)に、微妙な画像…」と意味深にとらえた内容も見受けられた。現在もコメントは届いており、まだまだ盛り上がりそうだ。すでに神田莉緒香が歌っているとはいえ、秋元康により今後のAKBの歌詞に使われる可能性も否めないのではないか。[27]
  • 6月28日、入山・竹内美宥合同インタビュー。昨年10月10日、チーム4が劇場公演を開始した。チーム4は9期と10期の混成チーム。同期意識が強すぎて、まとまっているとは言えなかった。竹内「9期と10期の間には壁がありましたね。例えば、写真を撮るときに『ちょっと9期集まって!』みたいな。同じチームなのに、どうしてもそういう分け方をしてしまっていたんです」。象徴的なのが、島田晴香阿部マリアの関係だ。昨年8月、西武ドームでのコンサートのバックステージで感情的に衝突した。原因は、ちょっとした言葉の行き違いだった。9期と10期の心の距離。キャプテン不在。メンバーは定員の16名も揃っていない状態。こんな不利な状況の中で初日を迎えた。これでは足並みが揃わない。入山「初日公演が始まる直前に、島田がたかみなさんからのメールを読み上げたんですよ。映画でも映っていましたけど、それで何人か泣いちゃって(笑)。涙を拭いてから、『よし、行こう!』ってステージに立ったら、研究生時代から観に来てくれていたファンの方が何人もいらしてたのが見えたんです。みんな泣いているのがわかりました。それで私たちも泣きそうになって…。でも、必死にこらえました」。初日を終えたとはいえ、4が完全にチームになったとは言えなかった。いくつもの問題点を抱えていたというのだ。竹内「公演では振りはバラバラだし、気持ちも揃っていないって言われていました」。入山「8期生がいないこともあって、9期生は自分たちが先輩なんだからしっかりしなきゃっていう意識があるんです。それが裏目に出たのかもしれません。だからチーム4、研究生全員がレッスン場に集まっての話し合いが2回ありました。みんなの距離を近づけようとしたんです。11月か12月のことでした」。年が明けると、ようやくキャプテンが復帰した。それでもチームは11人のまま。未だ定数に達していなかった。残る5枠が埋まったのは3月のこと。5人の研究生のチーム4昇格が発表されたのだ。入山「確かにチーム4が揃ったのは嬉しいんですけど、まだまだ一人前のチームとして認めて貰っていません。Aさん、Kさん、Bさんとは違う目で見られてきました。今までは『16人揃っていなから』と言い訳ができたんですけど、これからはもうできないですね」。竹内「フレッシュになったと思うんです。平均年齢がグッと下がって16歳になりました。楽屋が賑やかになった(笑)」。4月、チーム4は16人が出揃ってから、初めて全国ツアーで活動。いつしか阿部が島田のMCにツッコミを入れるような関係になっていた。9期と10期の距離は自然と近くなった。竹内「私たちはまだまだ知られていない存在です。だからこそ公演を観に来ていただいて、『あっこんな子がいたんだ』って発見して欲しいです」[28]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。入山はチームAに異動することとなった。[29]
  • 10月17日、指原のソロ第2弾シングル『意気地なしマスカレード』を“指原莉乃 with アンリレ”名義で発売。“アンリレ”とは、入山杏奈(アン)、川栄李奈(リ)、加藤玲奈(レ)の3人の名前の頭文字から名付けられた新ユニット。MVは「指原莉乃センターver.」、「映画『劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール』特別編集版」のほか、なぜか「川栄李奈センターver.」の3パターン。さらに、4パターンのジャケットのうち「Type-A」も川栄がメイン扱いで、主役のはずの指原は、“次世代エース”候補たちの脇役に甘んじている。この扱いに指原は「最初、このフォーメーションでやるって聞いたときは全然納得できなかったです…。だって、そうですよね! 私のソロシングルなんですよ!? 正直、自分の中で消化するまでに時間がかかりました」とコメントした。[30]
  • 10月21日、指原莉乃とアンリレが、ユニットセンターの座をかけて、「指原ボンバイエ」を開催すると発表した。同イベントでは、面白トークや華麗なダンスのほか、指原が初めて作詞に挑戦した楽曲も披露される予定。11月4日は福岡会場、12月9日は東京会場で行われ、正式な会場名は当選者のみに通知される。[31]

2013年

  • 4月20日、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」の人気企画・抜き打ち学力テストが放送され、大島優子、篠田麻里子、渡辺麻友、キンタロー。ら15人が国語、数学、社会、理科、英語の5科目を受験。入山は98点の数学を始め、各科目で高得点をマークし合計422点で1位となった[32]
  • 6月8日、第5回総選挙開票。入山は第30位となり、アンダーガールズに選出。

2014年

  • 4月22日、7月5日公開の人気ダウンロードゲームが映画化されたホラー作「青鬼-あおおに-」(小林大介監督)の主演を務めることが明らかになる。オファーを受けた入山は目が点になったという。「いつかは演技のお仕事もと思っていたけど、いきなり映画、しかも主演。プレッシャーや戸惑いもありました」「笑顔じゃなく、恐怖を感じる顔を考えながらやりました」とコメント[33]
Google+「ついに情報解禁されました。7月5日(土)公開映画『青鬼』に出演させていただくことになりました!初映画、初主演です!ぜひみてください!」[34]
  • 4月24日、NOTTVのオムニバスドラマ「結婚させてください!! エピソード3「愛とトマト」」(5/26(月) - 5/30(金) 0時-0時15分予定、後述の事件の影響で放送日が未定に変更)にドラマ初主演することが明らかになる。内容は、高校生の娘が同級生のカレと結婚したいという。しかも「子供ができた」と。親たちの反応は?高校3年生のカップルが妊娠をきっかけに、自分たちの将来の夢、結婚、命を授かったことへの心情をリアルに描く青春純愛ストーリー[35]
  • 5月25日、岩手県滝沢市で行われていた全国握手会において、鋸を持って乱入した男に川栄李奈、男性スタッフとともに襲われ、入山は右手小指骨折、頭部裂傷の重傷を負う。岩手県高度救命救急センターへ緊急搬送され、同日夜に縫合などの緊急手術を受ける。
経緯については全国握手会傷害事件を参照。
  • 5月26日夕方、川栄とともに退院。2人は帽子をかぶり、負傷した手をタオルのようなもので覆っていた。入山は「ご心配おかけいたしました。もう東京に帰ります。もう大丈夫です」と話し、マスクをしスリッパをはいた川栄も「ご心配おかけしました」とあいさつ。関係者の車に乗った[36]
  • 5月27日、事件以降、療養中の入山が事件後初のGoogle+更新。「みなさん、この度はご心配をおかけしました。わたしは何箇所か骨折と切り傷がありますが、岩手の病院で縫合手術をしてもらい、昨日東京に帰ってきました。いまは落ち着いた環境にいて、穏やかに過ごしています。毎日笑顔です!みなさんからのたくさんの応援や励ましの声、とても支えになっています。早く元気な姿を見せられますように。待っててね」[37]
  • 5月29日未明、「AKB48のオールナイトニッポン」に電話で生出演。番組冒頭、パーソナリティを務める横山由依が事件があったことを告げ、さらにリスナーからのメッセージを紹介。その後で入山が電話で登場した。横山が現在の様子を尋ねると「今も全然元気。いい感じです」と明るい様子。これまでメンバー数人と会ったことなども伝えた。「みんなが思っているより100倍元気です」と力強い言葉。ファンには「早くみなさんに会えるように頑張りますので、待っていてください」と呼びかけた。最後は「元気な声を聞いてほしかったので、(ラジオに)出演できてよかった」と話すと、メンバーは「安心した」と安堵の声が挙げた[38]
出演後のGoogle+「ANNに生電話で出演させていただきました!みなさんあたたかいコメントありがとうございます!それだけ言い忘れちゃったので。笑 声が届けられて良かったです。おやすみなさい!」[39]
  • 6月7日、第6回総選挙開票。入山は第20位となり、アンダーガールズに選出(自身過去最高順位)。療養中の入山は開票イベントは欠席したが、電話を通じてコメント。「ご心配おかけしてすみません。大事をとってお休みさせていただきました」と報告。今回の事件を受け、「AKBのファンが悪く言われることもあるかもしれないですけど、今の私を支えてくれたのは間違いなくファンの方なので、それを伝えたいなと思いました」とファンへの気遣いを見せた[40]
Google+「選抜総選挙、生電話にて参加させていただきました!会場まで行くことができなくてごめんなさい。わたしも中継観てました!味スタにいる7万人のファンのみなさんやテレビで観てくださったみなさんに声を届けることができてよかったです。味スタにいたみなさんはゆっくりお風呂に浸かって、風邪ひかないように気をつけてくださいね!20位!!素晴らしい順位をありがとうございました!速報の順位からして、30位くらいからもう名前呼ばれないんじゃないかってすごく不安でした。電話中継の準備までしてくださってるのに、電話鳴らなかったらどーしよーっっって思ってました。笑 目標の16位には届かなかったけど、たくさんの愛を感じられて幸せいっぱいです!選抜は次入るもん!笑 投票してくださったみなさん本当に本当に本当にありがとうございます!!やったーーーー!笑 スピーチでも言いましたが、今回の悲しい事件でAKBのファンが悪く言われることもあるかと思います。でも、いまわたしを支えてくださってるのは、紛れもなくAKBのファンのみなさんです。こんな雨の中、メンバーに声援を送り続けてくれる7万人もの方々がいて、そんなこと言われるのは悔しい!こんなことでAKBを壊されたくありません。わたしはAKB48が大好きです。みなさんもずっとずっと、好きでいてください。これからもっと元気になって、早くみなさんにお会いしたいなーと思っています。待っていてください!あんなことがあったからとかこんな辛い思いしたから、ではなく!いままで通りがんばっていきたいと思います!ありがとうございました。これからもよろしくお願いします♪」[41]
  • 6月8日、東京・味の素スタジアムでの「大島優子卒業コンサート in 味の素スタジアム」に来場し川栄らとともに観覧、事件以降初めて公の場に姿を見せる[42]
  • 7月5日、映画『青鬼』に初出演で主演を務める[43]
  • 8月18日、AKB48初の単独東京ドームコンサート初日本編ラストに登場、「みんなと一緒に東京ドームのステージに立ててすごく嬉しいです」と喜びの挨拶をした後、「アリガトウ」をメンバーとともに歌った。右手は包帯を巻いたままだったが事件後初のステージライブとなった。舞台裏では、「AKB48 SHOW!」の潜入取材でカメラを持った白間美瑠と抱き合い再会を喜びあった[44][45]
  • 9月1日 - 5日放送のドラマ『結婚させてください!! エピソード3「愛とトマト」』(NOTTV)に出演。初めてドラマの主演を務める[46]
  • 9月17日、第5回じゃんけん大会セーラーマーズのコスプレで登場、一回戦で同じ千葉県対決となるNMB48石塚朱莉と対戦してパーで勝利したが、二回戦でHKT48朝長美桜にグーで負けた[47]
  • 10月23日放送、テレビ朝日「お願い!ランキング」に出演。「街で見かける意外に知らないモノの値段を徹底調査」というテーマで入山杏奈は秋葉原の街を歩いた。最初に訪れたAKB48 CAFE&SHOPの壁に自身が描いた額「Team4 ANNA IRIYAMA (大きな苺のイラストの絵に)あんにんどぉぉぉふ (額の絵の最下段に)いちごのくにから らぶずっきゅん」を見た入山は「ははは・・・これ私の・・・やつなんですけど約3年前ぐらい前まで・・・めちゃ恥ずかしい、いちごのくにから、とか書いてあって・・・なんか血迷ってた時だと思います。恥ずかしい、めっちゃ」と照れていた。メイドカフェ「ハートオブハーツ」で、この店のメイド服コスプレをした入山はとても恥ずかしがったが、半袖のメイド服の上には白のカーディガンを着ていた。
  • 10月24日、テレビドラマ「黒服物語」(テレビ朝日系)に柏木由紀とキャバクラ嬢役で出演[48][49]
  • 11月12日、ピーチ・ジョンのカタログ『PEACH JOHN 2014 Winter vol.91』で初めて下着モデルを務める[50][51]

2015年

  • 2月13日、前年の事件から9か月ぶりに劇場公演に復帰した。2か月遅れの生誕祭となった公演で感謝の言葉を述べ、卒業が頭をよぎった苦しかった休養期間にも言及した。さらに、週3回のリハビリに通い続けやっと手が動くようになっている状態で、いまだに右手が完治していないことを明かした[52]。公演後のTwitterには明るく「公演おわりました!久しぶりの公演が素敵な生誕祭になりました。ありがとうございました😌💭 かわいいお花もありがとう💓おっきかった😳 黒服物語のキャバクラ嬢役をイメージしたシャンパンタワー!凝ってる!!」と書き込んだ[53]。同期の10期生からの手紙と入山杏奈の挨拶は「AKB48@メモリスト メンバー観察日記[54]」に詳細が記載されている。また、Google+ではチームAメンバーによる祝福メッセージが多く投稿された。
  • 3月26日、自身のツイッターでの発言「AKB48の40thシングルの選抜、辞退させていただきました。応援してくださっているみなさんごめんなさい。」[55][56]により、第7回総選挙は(立候補届提出せず)不参加となったことがわかった。
  • 8月26日、チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」千秋楽公演に出演。
  • 11月3日、テレビドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」(関西テレビ系)の第3話に会員制クラブのホステス役で出演[57][58]

2016年

  • 2月6日、AKB ShortShrots project『9つの窓』の全9作品の1つとして、入山杏奈主演作品「先客あり」(小川和也監督、松山優太ほか出演)が全国公開[59]

交友関係

  • 尊敬しているメンバーは、高橋みなみ[60]「みんなをまとめているところが格好良い。これはテレビを見ているだけでは分からなかったことです。たかみなさんが言うことは、みんなが聞くんです。信頼されているのが格好良いと思いました」[1]
  • 憧れているメンバーは、AKB48小嶋陽菜SKE48松井玲奈NMB48山本彩[11]
  • 好きなメンバーは、10期(同期)。[61]
  • 好きな先輩は、「決められない」[61]
  • 好きなチームKメンバーは、「よく会うのは横山さんと峯岸さん」[62]
  • 好きなチーム4メンバーの顔は、山内鈴蘭永尾まりや田野優花[61]
  • 好きなSKE48のメンバーは、木﨑ゆりあ木本花音原望奈美向田茉夏[61]
    • ちなみに木﨑ゆりあとのエピソード。「今日はゆりあちゃんがものすごいおバカっぷりを発揮してくれて最高でした😭思い出しただけで笑える😂😂彼女は天才です」
  • NMB48の推しメンは、白間美瑠[11]「もちろんみるるん!らぶ!」[62]入山は「みるるんのTO(トップオタ)」を自称し、「とにかくかわいいし、一つひとつのしぐさがキュンと来る ご飯を食べる顔も最高にかわいい!!」とのこと[63]。お互いのGoogle+のコメントにも頻繁に登場する。
  • 好きなHKT48のメンバーは、「認めたくないけど村重あーにゃ! 本人にはそろそろ推し変するって言いました(笑)」[62]
  • DDのファンをどう思うか。「いくない!」[60]
  • 学校では友達が少なかった。[20]

性格・趣味

  • クールな表情を見せる事が多いが、実は人懐っこい性格。いつも阿部マリアにくっついているとか。[64]
  • 長所は、みんな大好きなところ。[20]基本、プラス思考。[15]
  • 短所は、すぐ泣く。[20]腕が長い。[15]
  • 好きなアニメは、『銀魂』[62]
  • 実はかなりのアニメオタク。「『けいおん!』の澪ちゃんが大好きで、普段はアニメばかり観ているし、音楽は『けいおん!』とAKB48しか聴きません(笑)」。休日はアニメを観ているか、アニメショップに行く。[16]
  • コスプレも好き。[65]
  • 趣味は、音楽鑑賞(ジャンル問わず)。お笑い番組を見ること[66]。アニメを観る。アニソンを聴く[16]。アイドルDVD鑑賞。漫画を読む[20]
  • 特技は、フルートを吹くこと。[16]
  • 必殺技は、「私の特徴は、目から“杏仁ビーム”が出ることです。当たると『あんにんにラブずっきゅん』と自然に言ってしまうというすごいビーム」。高橋みなみ「目の強いところが私と同じにおいがする。お互い、目からビームを出しながらがんばりましょう」[1]
  • 好きな教科は、数学と倫理。[61]
  • 好きな食べ物は、お母さんが作ってくれたコロッケ。ソースとかは付けないのがこだわり。[66]イチゴ。[65]
  • 好きなお菓子は、チューイングキャンディ。[61]
  • 好きな飲み物は、水かな。[61]
  • 好きなイチゴの品種は、あまおう。[62]
  • 嫌いな食べ物は、杏仁豆腐、野菜、お肉、お魚、お米。[60]トマトとキュウリ以外の野菜全部。好き嫌いは非常に多い。[66]
  • 得意な料理は、「肉じゃが! 作ったことないけど!」[11]
  • 好きな中華料理は、「杏仁豆腐...ってゆうのは嘘♪」[61]
  • 好きな自分の顔のパーツは、ほっぺ。[67]
  • 好きな自分の体のパーツは、腕。[67]「えーっと..考えときます」[62]
  • 好きなテレビ番組は、『しゃべくり007』[61]
  • 好きな映画は、『崖の上のポニョ』[67]『GIRL』[61]
  • 好きな本は、重松清の『きよしこの夜』[62]
  • 好きな女優は、相武紗季、桐谷美玲。[62]
  • 好きな芸人は、「最近はあんまり詳しくないの」[61]
  • 好きなアイドルは、スパガ。「推しメンはりかたそ(志村理佳)」[61]
  • 好きなアーティストは、いない。「アイドルが好きです:-)」[11]「決められないです」[61]flumpool。[61]
  • 好きな歌は、Funny Bunny。[61]
  • 好きな公演ユニットは、『黒い天使』。「いつかやりたい!!」[62]
  • 好きなSKEの曲は、『青空片想い』。「茉夏ちゃんを好きになった曲」[62]
  • 好きな夏歌は、ケツメイシの『夏の思い出』[61]
  • 好きな本は、アレックス シアラーの『13ヶ月と13週と13日の満月の夜』[67]
  • 好きなゲームは、AKB1/48。「やったことないけど!」[62]
  • 好きな色は、ピンク、白、パステルカラー。[61]
  • 好きな数字は、「7」、「100」。[67]
  • 好きな花は、「いろいろあるけど時期的に向日葵かな?」[62]
  • 好きなスポーツは、ラクロス。[67]「観るなら野球、次点でサッカー」[61]
  • 好きなブランドは、HoneymiHoney、miu miu、choosy chu、JIMMY CHOO。[62]
  • 好きな服は、「女の子らしい服装!白のレースとかそうゆうの」[61]
  • 好きな場所は、「んー‥新宿かな」[62]
  • 好きな香水は、「分からないです」[61]
  • 好きな遊びは、コスプレ(してみたい)。[67]
  • 好きな季節は、春。「春服が好きだから」[61]
  • 好きな戦国武将は、伊達政宗。[62]
  • 好きな動物は、うさぎ。[67]
  • 好きな犬種は、トイプードル。[61]
  • 好きな都道府県は、千葉、宮崎。[61]
  • 好きな海外の国は、イタリア。「美味しい食べ物がいっぱいあるから」[67]
  • 好きな言葉は、「死ぬ気でやれ、死なないから」[67]
  • 好きな四字熟語は、入山杏奈。[62]
  • 好きな時間帯は、16時~18時と23時~4時。「なんとなくだけど(笑)」[62]
  • 好きな男性のタイプは、「黒髪・眼鏡・白衣の三拍子!」。[16]「①黒髪②足がキレイ③医者、それか理科の先生か保健の先生。白衣を着ているとこが重要! ものすごく重要です! はい、わたしアニメ好きなんです。ええ、その世界のイメージです(笑)」[1]着物が似合う人。[20]そっけないけど、優しい人。[15]
  • 好きな男性の服装は、「よくわからない‥きちんとしてる人で(笑)」[11]
  • 足首フェチ。後ろから見てキュッとなってる足首が好き。[68]
  • 好きな異性の仕草は、汗をTシャツでぬぐう。[62]
  • 好きな女性の仕草は、女の人が腕や脚を組むとき。[61]
  • 部活は吹奏楽部。担当はフルート。[1]
  • 姉がいる。[69]
  • 今一番欲しいものは、執事。[20]
  • ファブリーズを持ち歩いている。「公演がある時は、先輩の衣装を借りて出ることになるので、汗の匂いが残っていたら申し訳ないので、2ヶ月くらい前に買いました。私自身は匂いを気にするタイプではないし、匂いフェチでもないので、自分の服だと気にしません(笑)」[20]
  • 自分が出てるMVで好きなのは、「次のSeason」。「自分が出てるMVで多分1番「次のSeason」が好きなんだけど、久しぶりに見てみたらなんかすごく泣けたT_T UZAのカップリング曲なので、機会があったらぜひ見てみてください☺️」[要出典]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

派生ユニットシングル曲

おじゃる丸シスターズ

  • 初恋は実らない
    • かたつむり~おじゃる丸シスターズ・バージョン~

アルバムCD選抜曲

  • ここにいたこと」に収録
    • High school days - チーム研究生名義
  • 1830m」に収録
    • 直角Sunshine - Team 4名義
    • いつか見た海の底 - Up-and-coming girls名義
    • やさしさの地図
  • 次の足跡」に収録
    • 確信がもてるもの - Team A名義
    • 僕は頑張る
    • わたし リーフ
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • 愛の存在
    • Oh! Baby! - Team A名義
    • ここがロドスだ、ここで跳べ!(兒玉遥とのWセンター)
  • 0と1の間」に収録
    • Clap - Team A名義
    • ロザリオ
  • サムネイル」に収録
    • あの日の自分
    • 誕生日TANGO

その他の参加楽曲

  • 意気地なしマスカレード - 指原莉乃 with アンリレ名義
    歌唱はしておらず、ダンスのみの参加。「指原莉乃センターver.」(Type-Bの付属DVDに収録)と「川栄李奈センターver.」(Type-Aの付属DVDに収録)のミュージック・ビデオに出演。

劇場公演ユニット曲

チーム4 1st Stage「僕の太陽」公演

  • 向日葵

チームAウェイティング公演

  • スカート、ひらり
  • 黒い天使
  • ガラスのI LOVE YOU
  • 抱きしめられたら

チームA 7th Stage「恋愛禁止条例」公演

  • 真夏のクリスマスローズ

チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演

  • She's gone
  • リスケ

高橋みなみプロデュース「お蔵入り公演」

  • 愛しさのdefence

出演番組

Wikipediaを参照。

テレビドラマ

脚注・出典

  1. ^ a b c d e f g 小学館「週刊少年サンデー」NEXT GIRLS 第3弾
  2. ^ a b 入山杏奈 | 太田プロダクション
  3. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2016』P106より。
  4. ^ AKB48・入山杏奈 さんま御殿での地蔵状態が話題 - リアルライブ 2016年7月27日
  5. ^ AKB48、過去最多36人で新曲初披露 HKT兒玉ら15人が初選抜オリコン2012-03-24
  6. ^ メンバー15人の移籍先事務所発表日刊スポーツ2012-03-25
  7. ^ 組閣後新体制 - AKB48オフィシャルブログ2012年8月24日
  8. ^ a b c 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2011』P130より。
  9. ^ TBSテレビ「有吉AKB共和国」2011年7月14日放送より。
  10. ^ 『月刊ENTAME』 2011年10月号
  11. ^ a b c d e f 入山杏奈 投稿 - Google+ 2012年2月10日 ArKaiBu Gugutas
  12. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2012』P105より。
  13. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2013」P118より
  14. ^ 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2014』P86より
  15. ^ a b c d 『AKB48 じゃんけん大会 公式ガイドブック2011』
  16. ^ a b c d e FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  17. ^ 入山杏奈 投稿 - Google+ 2012年6月22日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ a b c 『FLASHスペシャル 2012新春号』 2012年2月1日号
  19. ^ 『AKB48総選挙!水着サプライズ発表2011』
  20. ^ a b c d e f g h 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  21. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120325-923197.html
  22. ^ 第86回国展入選者一覧。入山(千葉県)、竹内(東京都)は写真部入選者に掲載されている。http://www.kokuten.com/winner/2012winner.htm
  23. ^ 入山杏奈 投稿 - Google+ 2012年5月14日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 第86回国展 入選者一覧
  25. ^ 『今夜は帰らない…』 2012/05/28
  26. ^ 『日刊スポーツ』 2012年6月2日
  27. ^ http://japan.techinsight.jp/2012/06/akbiriyamaanna-ryouomoikippu-20120623.html
  28. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  29. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  30. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120926-00000315-oric-musi
  31. ^ http://news.mynavi.jp/news/2012/10/21/029/
  32. ^ http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/04/20/kiji/K20130420005651060.html
  33. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20140423-1289353.html
  34. ^ 入山杏奈 投稿 - Google+ 2014年4月23日 ArKaiBu Gugutas
  35. ^ http://tv1.nottv.jp/drama/marriage
  36. ^ AKB川栄と入山が退院「もう大丈夫」
  37. ^ 入山杏奈 投稿 - Google+ 2014年5月27日 ArKaiBu Gugutas
  38. ^ 入山杏奈 生電話出演で明るい声「思っているより100倍元気」
  39. ^ 入山杏奈 投稿 - Google+ 2014年5月29日 ArKaiBu Gugutas
  40. ^ 入山杏奈イベント欠席も大幅順位アップ
  41. ^ 入山杏奈 投稿 - Google+ 2014年6月7日 ArKaiBu Gugutas
  42. ^ 山杏奈も来た! 先輩・大島優子の卒業に川栄と声援
  43. ^ AKB48・入山杏奈、銀幕デビュー作で初主演 人気ゲーム「青鬼」映画化映画.com2014年4月23日
  44. ^ http://www.jiji.com/jc/zc?k=201408/2014081800831
  45. ^ 2014年10月25日放送NHKBSプレミアム「AKB48 SHOW!」#47
  46. ^ 「AKB48なのに大丈夫かな(笑)」AKB48 入山杏奈初主演ドラマ『愛とトマト』9月放送決定 -TVLIFE2014年8月25日
  47. ^ ORICON STYLE AKB48じゃんけん大会Dブロック
  48. ^ 黒服物語公式サイト
  49. ^ 佐々木、柏木、入山らキャバ嬢“神7”、コスプレでノリノリオリコンスタイル2014-11-12
  50. ^ 注目度急上昇中のAKB48入山杏奈、『PEACH JOHN』で下着姿初披露オリコン2014年11月12日
  51. ^ AKB48入山杏奈、下着モデルに初挑戦!先輩こじはるはセクシーサンタにシネマトゥデイ2014年11月12日
  52. ^ http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20150213-1434182.html
  53. ^ https://twitter.com/iriyamaanna1203/status/566234256444121088
  54. ^ http://akb48.blog48.fc2.com/blog-entry-16569.html
  55. ^ @iriyamaanna1203のツイート
  56. ^ AKB入山杏奈、悩んだ末に総選挙不出馬を決意日刊スポーツ2015年3月30日
  57. ^ 関西テレビ放送公式サイト
  58. ^ 関西テレビ放送公式サイト
  59. ^ AKB48、主演オムニバス映画「9つの窓」を公開初日にアピール - ナタリー 2016年2月7日
  60. ^ a b c 入山杏奈 投稿 - Google+ 2012年2月12日 ArKaiBu Gugutas
  61. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 入山杏奈 投稿 - Google+ 2012年8月9日 ArKaiBu Gugutas
  62. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 入山杏奈 投稿 - Google+ 2012年8月11日 ArKaiBu Gugutas
  63. ^ 講談社「AKB48総選挙公式ガイドブック2014」P44より
  64. ^ 『週刊プレイボーイ』 2010年11月1日号
  65. ^ a b 第3回総選挙』政見放送より。
  66. ^ a b c 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』2分間自己紹介コメント
  67. ^ a b c d e f g h i j 『BOMB』 2011年6月号
  68. ^ 『今夜は帰らない…』 2012年5月21日
  69. ^ 『チーム研究生公演』 2011/04/02
  70. ^ AKBホラーナイト アドレナリンの夜#11 - テレビ朝日

外部リンク



ご意見を共有しましょう