エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

西満里奈

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
SKE48 研究生
西 満里奈 にし まりな
2018年SKE48プロフィール 西満里奈.jpg
公式ニックネーム

まりにゃ

所属事務所

AKS

生年月日

2000年1月16日 (18歳)

出身地

神奈川県

血液型

A型

身長

148.2cm[1]

合格期

ドラフト3期

選抜回数

0回

サイリウム

[1]

西 満里奈(にし まりな、2000年1月16日 - )は、SKE48の研究生(第3回ドラフト会議チームE第1巡目指名)。神奈川県出身。AKS所属。

略歴

2018年

人物

キャラクター

  • 公式ニックネームは、「まりにゃ」[1]
  • 劇場支配人評。

「ドラフト3期生にとって初のステージは横アリでの全国握手会でしたが、その際は彼女がセンターを務めました」(2018年・湯浅洋[4]

SKE48として

2017年

  • 11月11日、「第3回AKB48グループ ドラフト会議 候補者オーディション」3次審査において、指名候補者となる[5]

2018年

  • 1月8日、ドラフト会議直前のアピールで、ドラフト候補者が全国の劇場で公演の前座として出演、パフォーマンスを披露。西はNGT48劇場に出演(他の出演者は池ヶ谷千尋・大澤藍勝又彩央里・北川悠理・熊本日向子・小林蘭坂本夏海佐藤亜海佐藤海里中村舞古川夏凪[6]
  • 1月21日、ドラフト会議当日。西は第1巡目でSKE48チームEから指名され、交渉権を獲得。志望するグループは、第1志望としてSKE48チームE、第2志望としてSKE48チームSおよびチームKIIを挙げていた[7]
指名直後のコメント「SKE48さんが10週年を迎えたのでそれを盛り上げていけるメンバーになりたいです」[2]
  • 2月12日、愛知・ポートメッセ名古屋での『無意識の色』発売記念握手会で、SKE48のメンバーとしてお披露目される[3]
  • 3月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された「SKE48単独コンサート〜サカエファン入学式〜」に出演。ドラフト3期生は「青空片想い」を披露し、西がセンターを務める[8]
SKE48公式ブログ「そしてドラ3の5人で 青空片想い。私はセンターで披露させていただきました。これどうせくじだろ…なんて言われないように頑張ったつもりです。でも本番は、テンション上がって逆にもう力入らなくなっちゃいました。パフォーマンスはまだまだだけど少しでも気になってくれてたら嬉しいです。新入生の私たちが、こんな大きなステージに立たせていただけたこと、感謝でいっぱいです。」[9]
  • 5月4日、SKE48「青春ガールズ」公演で劇場公演デビュー。
SKE48公式ブログ「5/4(金) 青春ガールズ公演に初出演させていただきました。今までのレッスンはずっとドラフト3期の5人だけだったので、当日初めて16人でやってみて ああなんかいいなって思いました。上手く言えないけど。ありがたくも劇場デビューの前にさいたまスーパーアリーナや日本ガイシホールのステージに立たせていただいていましたが、劇場に立つことでようやく自分がSKE48のメンバーだなという感じがしました。うまく伝えられないんですけれど、歴史が詰まってるこの劇場と一緒に成長したいなあと思いました。語彙力ない(><)あと私のサイリウムカラーの 青×黄色 のサイリウムを振ってくださってる方もいて嬉しかったです(^^)キャッチフレーズも初披露させていただいたので、改めて紹介させてください。今日も重力と戦ってるー?(にしちゃーん) 西陽はまだまだ翳りません ()のところをみなさんに言っていただきたいです!重力戦ってるの由来は私のブログの1回目を見ていただきたいです[9]。そして公演で声が掠れるくらい”叫んで”…はないけれど、もともと調子が悪かったこともあってか、声がカスカスになっちゃいました。」[10]

交友関係

性格・趣味

  • 長所は、ほかの人の話を聞けること[7]
  • 短所は、優柔不断なところ[7]
  • 趣味は、ウインドウショッピング[1]、のんびりすること[7]
  • 特技は、スキー(パラレルターン)[1]、軟体芸(肩と腰が柔らかいこと)[7]
  • 好きな食べ物は、カプレーゼ、ごぼう揚げ、ほうじ茶[1]
  • 好きな言葉は、「maximum effort」[1]
  • 将来の夢は、大きくなる[1]

ギャラリー

書籍

新聞

  • 日刊スポーツ(2018年4月29日)- AKB48選抜総選挙立候補者紹介[11]

Web

  • YOMIURI ONLINE(2018年4月11日)- 「秋元康の1分後の昔話」&「AKBギャラリー」[12]

注釈

出典

外部リンク