エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

卒業

提供: エケペディア
移動先: 案内検索

卒業」(そつぎょう)とは、所属しているグループとしての活動を終了し、離脱すること。

広義の「卒業」の意味

本来の用法としての「卒業」は、「学校の全教科または学科の課程を修了すること」「ある状態・段階を通過すること」「一つの事業を完了すること」[1]を意味するが、転じて「アイドルグループからメンバーが離脱すること」の意味に用いられることが多い。48グループのほか、乃木坂46ハロー!プロジェクトアイドリング!!!など他のアイドルグループにおいても幅広く用いられている[注釈 1]

48グループにおいての卒業

  • 48グループにおいては、主に「正規メンバー(研究生)が自らの意思でグループを離脱する」意味で用いられることが多く、卒業に当たっては、それぞれ所属する劇場において「卒業公演」が行われたり、顕著な実績を残した者や大規模なコンサートを直前とした卒業などにおいては、コンサートなどで「卒業式」「卒業セレモニー」などが行われることもある。その反面、卒業であっても公式ブログなどでの報告のみで終わることもある。
  • また、他グループに移籍(または兼任期間が終了)するメンバーの場合には、離脱する(兼任先)グループの劇場最終公演において、「~を送る会」と称したセレモニーを行うこともある。例:北原里英(チームS兼任終了)、小谷里歩(篠田チームA兼任終了)、近野莉菜(JKT48移籍)など。
  • AKB48で、研究生に対して不定期に行われているセレクション審査の不合格者が、グループを離脱する場合においても「卒業」という表現が用いられるが、セレクション審査を受験しなかった場合においては「辞退」の表現が用いられることもある[注釈 2]
  • 48グループにおいて、「卒業」生の第1号となったのが、宇佐美友紀(AKB48、チームA、2006年3月31日)である。
  • 卒業の事由としては「学業専念」「健康上の理由」「グループを離れての芸能活動」などが事由に挙げられる。「学業専念」などで、離脱後も芸能活動を行わない場合は、「芸能活動からの卒業=引退」も同時に意味する。

卒業までの流れ

2015年5月31日に活動を終了した鈴木紫帆里森川彩香の壁掛け写真外し。卒業公演時には写真は外されず、最終活動日の握手会終了後に劇場へ立ち寄り、壁掛け写真を外している。

卒業のまでの流れとして、次のような流れが一般的である。

  • 劇場での公演において、サプライズでの卒業発表劇場での最終出演(卒業公演)
  • コンサート、イベントなどでの「卒業セレモニー」または「卒業式」を、劇場最終出演の前後に挟むこともある。
  • 劇場での最終出演当日の終演後に、劇場に飾られている「壁掛け写真」を自ら取り外すことが、セレモニーの一つとなっている。また後日、劇場を訪問して壁掛け写真を取り外した佐藤亜美菜などの例もある。

しかし、48グループのメンバー増加やスケジュールの多忙化とともに、上記の流れとならないケースも増加している。特に卒業の発表方法について、次のようなケースがある。

また、劇場最終出演後も籍を残し、その後の握手会などのイベントを「グループとしての最終活動日(卒業日)」とするケースが近年増加している。これは個別握手会や写メ会など、CD購入特典のイベントが数ヶ月先まで組まれており、その日程を消化する必要があることが主な要因となっている(ただし、イベント不参加として返金対応となるケースもある)。

卒業公演

この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます

卒業を発表したメンバーが、最後に出演する劇場公演については「卒業公演」(SKE48の場合は「劇場最終公演」)と銘打たれ、セレモニーが実施される。
ただし、卒業公演自体が行われず、リリースのみでグループとしての活動を終了するケースもある。例として不祥事の引責による「活動辞退」(例:平嶋夏海米沢瑠美など)や健康上の理由で公演に出演することができない場合(例:光宗薫赤澤萌乃など)、「解雇」「契約解除」の場合などが挙げられる。
また、かつて行われていた「セレクション審査」不合格者の劇場公演最終出演についても、セレモニーは実施されなかった。

卒業公演の流れとしては、概ね以下の通りで行われることが多い。

  • 公演開始前の「影アナ」については、卒業対象者が行う。
  • 自己紹介MCでは、卒業対象者についてのお題が出され、そのメンバーについての印象やエピソードなどを話す。
  • 通常のセットリストにおいても、卒業対象者が普段出演しないユニットに登場するなど、特別のものとなることがある。
  • 通常セットリスト後、アンコールが観客によって発動されるが、卒業対象者に因んだ口上が発せられる。
  • アンコール(またはダブルアンコール)では、特別セットリストとなり、卒業対象者の希望による楽曲が選曲され、卒業対象者と縁のあるメンバーとともに歌唱する(同期、仲の良いメンバーなど)。
  • セレモニーでは、チームメンバーや同期、ファン一同から「花束」「アルバム」「卒業証書」など思い出の品が贈呈される。
    • なお、慣習としてSKE48などではセレモニー前に「花冠」が卒業対象者に装着される。
    • また、NMB48では「NMB48として活動してきた証」として「金のプレート」が贈呈される。
  • 卒業対象者の家族や縁のあるメンバーからの手紙(不在時にはビデオレターの場合もある)が朗読される。
  • 卒業対象者によるファンに向けての最後の挨拶が行われる。
  • 終演後、劇場に飾られている「壁掛け写真」を自ら取り外す。ただし、日程や時間の関係から、後日劇場を訪問して壁掛け写真を取り外すこともある(例:佐藤亜美菜など)。
  • さらに著名なメンバーの場合、劇場に入れなかった多くのファンが外で出待ちをしている場合がある。そのファンに対して、改めて挨拶をする場合がある(例:前田敦子[8]高橋みなみ[9]など)。

卒業セレモニーを実施したメンバー

劇場公演以外で、コンサート・イベントなどにおいて何らかの卒業セレモニーを行った(または行われる予定の)、国内48グループのメンバーおよびJKT48の日本人メンバーを列記する。

AKB48

(2014年3月30日、国立霞ヶ丘陸上競技場『AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場~思い出は全部ここに捨てていけ!~』の中止代替)

SKE48

NMB48

HKT48

JKT48

SDN48

  • 2012年3月31日、NHKホール『NEXT ENCORE』 - 最終在籍者39名(全員、同日活動終了)

48グループメンバーの同日複数卒業

48グループにおいて、同時に複数の卒業者が発生するケースがある。同日で最も多い例は、2012年3月31日に39人全員が卒業(活動終了)したSDN48の例がある(事実上の解散)。
以下、同日に3名以上がグループとしての活動を終了し、かつ「卒業」でリリースされているメンバーのみを記載する(「活動辞退」「契約満了」「セレクション審査落ち」などのケースを除く)。

人数 活動終了日 メンバー氏名 活動終了日当日のイベント
39名 2012年3月31日 穐田和恵、今吉めぐみ、梅田悠、浦野一美、大河内美紗、
大堀恵、甲斐田樹里、加藤雅美、河内麻沙美、小原春香
近藤さや香、佐藤由加理、芹那、チェン・チュー、手束真知子
なちゅ、西国原礼子、野呂佳代、畠山智妃、三ツ井裕美、
相川友希、亜希子、伊東愛、大山愛未、木本夕貴、
KONAN、たかはしゆい、津田麻莉奈、奈津子、福田朱子、
藤社優美、細田海友、松島瑠美、光上せあら、駒谷仁美
尻無浜冴美、シヨン、戸島花、miray(以上、SDN48)
コンサート
10名 2013年5月6日 桑原みずき高田志織平松可奈子矢神久美赤枝里々奈
小木曽汐莉秦佐和子上野圭澄原望奈美小林絵未梨(以上、SKE48)[注釈 6]
握手会
5名 2008年11月23日 大江朝美駒谷仁美戸島花中西里菜成田梨紗(以上、AKB48) コンサート
5名 2014年4月29日 出口陽松本梨奈井口栞里金子栞鬼頭桃菜(以上、SKE48)[注釈 7] 握手会
5名 2015年8月9日 松井咲子橋本耀小林茉里奈土保瑞希前田美月(以上、AKB48) 握手会
4名 2016年3月31日 小林香菜(AKB48)、宮澤佐江山下ゆかり(以上、SKE48)、梅田彩佳(NMB48)[注釈 8] 出演公演同時ライブ中継[14][注釈 9]
3名 2009年4月26日 大島麻衣早野薫瓜屋茜(以上、AKB48) コンサート
3名 2017年3月31日 東李苑酒井萌衣(以上、SKE48)、水澤彩佳(以上、AKB48)[注釈 10]
3名 2009年9月30日 大島風薫林星香前川愛佳(以上、SKE48)
3名 2010年5月8日 新海里奈森紗雪半田礼音(以上、SKE48) 劇場公演
3名 2012年5月26日 小野晴香間野春香山田恵里伽(以上、SKE48) 握手会
3名 2013年7月7日 中塚智実松原夏海小森美果(以上、AKB48) 握手会
3名 2015年2月28日 山田みずほ岩永亞美佐々木柚香(以上、SKE48)
3名 2015年3月31日 古川愛李小林亜実荻野利沙(以上、SKE48)

「卒業」と同意義の表現用法

  • 48グループでは、「卒業」と同様にグループを離脱するが、離脱する背景や事由によって別の表現に置き換えられることがある。

「辞退」・「活動辞退」

この表現が用いられる事由としては、主に以下の2つが挙げられる。

  • 正規メンバーが、スキャンダルに対する引責を事由として、グループを離脱する場合。
例:平嶋夏海米沢瑠美増田有華など
(ただし、正規メンバーでも、上記スキャンダル以外の理由での例外的に「活動辞退」となったケースもある。例:赤澤萌乃(健康上の理由)[15]森脇由衣(学業優先理由)[16]など)
  • 主に研究生(正規メンバーへの昇格予定者も含む)が、自らの意思でグループを離脱する場合
例:光宗薫サイード横田絵玲奈藤本美月日置実希など
  • 過去にSKE48では特にスキャンダルなどによる事由ではない場合も、「活動辞退による卒業」という表現でリリースがほぼ統一され、両方の表現が混在していた[注釈 11]が、殆どが「卒業」と同じ意義で考えてよい。この運営側の表現を巡っては、後藤理沙子が草創期以来のメンバーであった出口陽の卒業発表リリース[17]に際し、Google+での投稿で疑義を呈していた[18]。2017年11月現在では上記のような表記はほぼみられなくなった。

「契約満了」

  • 2014年10月中旬から2015年2月28日まで活動したバイトAKBの活動期間終了に伴い、用いられた表現[19]

「解雇」・「契約解除」

この表現が用いられる事由としては、重大なルール違反などに対する処分として、強制的にグループを離脱させられるものである。48グループでは海外グループも含め、過去に7例発生している。

  • 2008年8月14日 - 菊地彩香(AKB48・チームB、現・菊地あやか)…「AKB48のメンバーとしての自覚に欠けた軽率な行動を取ったことが判明した」ため[20]。AKB48グループで初の解雇事例(所属していたプロダクション尾木も解雇)。のちにAKB48の7期研究生として復帰(2014年9月卒業)。
  • 2009年7月18日 - 西川七海(AKB48・8期研究生)…「研究生としての自覚に欠けた軽率な行動を取ったことが判明した」ため[21]。のちに乃木坂46の2期生研究生となるも、活動辞退。
  • 2009年12月9日 - 柳瀬愛子(SKE48・3期研究生)…「SKE48研究生として自覚にかける行為」のため[22]。唯一の「契約解除」。
  • 2014年2月16日 - シンディ・グラ(JKT48・チームJ)…「JKT48のメンバーとして自覚に欠ける行動を取った」ため[23](初の海外グループ所属者の解雇)。
  • 2016年3月18日 - ドゥリマ・リズキー(JKT48・チームJ)…「(JKT48の)メンバーとして自覚に欠ける行動をとった」ため[24]
  • 2016年5月16日 - 程文路(SNH48・チームXII)…リリースでは「強制退団」(「解雇」に準ずる)。「会社が唱導している中核的な文化的価値観に対する重大な離反であり、SNH48グループ全体のイメージと名誉に対してマイナスの影響をもたらした」ため[25]
  • 2016年12月1日 - センディ・アリアニ(JKT48・チームKIII)…「(JKT48の)メンバーとして自覚に欠ける行動をとった」ため[26]
  • 2017年11月1日 - レギナ・アンジェリナ(JKT48・チームT)…「(JKT48の)メンバーとして自覚に欠ける行動をとった」ため[27]

「脱退」

この表現が用いられたのは、上村彩子(AKB48・チームK)の例が唯一である[28]

「合格取り消し」

この表現が用いられたのは、音嶋莉沙(HKT48・4期研究生)の例が唯一である。音嶋はHKT48の4期生オーディションに合格し、4期生としてお披露目されたが、応募資格にある「プロダクションに所属していない」という事項に反し、他のプロダクションに所属していることが判明したため、2016年7月21日付で遡及して合格が取り消された[29]。なお、音嶋はその後指原莉乃がプロデュースするアイドルグループ「=LOVE(イコールラブ)」に加入している。

「坂道シリーズ」における卒業

48グループと一線を画す乃木坂46などについても、グループを離脱する場合「卒業」と称するが、48グループと根本的にシステムが異なるため、本項において記載する。

  • 乃木坂46については、48グループと異なり劇場公演を行わないため、著名なメンバーについては主にコンサートでセレモニーを実施することがある。その反面、セレモニーなどを行わずに活動を終了することもある。
  • 「卒業」以外の表現として、前述の「活動辞退」(初期の山本穂乃香吉本彩華や研究生扱い当時の乃木坂46 2期生など)や、大和里菜の様に「契約終了」(実質的な「解雇」に近い)という表現が用いられたことがある。
  • 活動開始から日が浅い欅坂46については「卒業」メンバーは出ていない(2016年10月現在)。ただし、原田まゆについては「活動辞退」となっている(詳細)。

卒業セレモニーを実施したメンバー

今後、卒業予定のメンバー

この項目は、将来の予定を扱っています。内容は最新の情報を反映していない可能性があります。
記事の編集には、誰でも参加できます

2017年

2018年

  • 1月7日:佐藤すみれ(SKE48チームE)(2017年12月19日卒業公演)

活動終了日未定

過去に在籍していたメンバー

の各記事を参照。

注釈

  1. ^ 私立恵比寿中学では「転校」と呼ぶように、別の呼称に置き換える例もある。
  2. ^ 高松恵理などの例がある[2]
  3. ^ 江崎グリコによるキャンペーンを通じた期間限定活動。
  4. ^ AKB48が主催するコンサートにおいて、他グループメンバーの卒業イベントが行われた唯一のケース。
  5. ^ 劇場公演に準ずるが、SKE48劇場が改修工事中のため。
  6. ^ 同日付で「活動辞退」した藤本美月を含めれば、同日に11名がSKE48としての活動を終了している。
  7. ^ 同日付で「活動辞退」した折戸愛彩を含めれば、同日に6名がSKE48としての活動を終了している。
  8. ^ 小林香菜、宮澤佐江、梅田彩佳の3名は卒業時のグループは異なるが、AKB48の2期生である。
  9. ^ 2016年4月1日が前述4名を含む2期生の劇場デビュー10周年となるため、AKB48劇場でチームK 2期生10周年記念特別公演を行なった。
  10. ^ 同日付で「活動辞退」した野口菜々美(AKB48研究生)を含めれば、同日に4名が活動を終了している。
  11. ^ ただし、メディアを通じて卒業が発表された松井玲奈宮澤佐江については、この表現は用いられなかった。

出典

  1. ^ 「大辞林」第三版より。
  2. ^ セレクション審査結果発表 - AKB48オフィシャルブログ 2010年6月20日
  3. ^ 選抜総選挙。 - 秋元才加オフィシャルブログ 2013年4月7日
  4. ^ 矢神久美 投稿 - Google+ 2012年11月1日 ArKaiBu Gugutas
  5. ^ AKB48島田晴香、9月に卒業&芸能界引退へ プロレス転身は否定 - ORICON NEWS 2017年4月18日
  6. ^ 佐藤夏希卒業のお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2012年11月30日
  7. ^ チーム8の岐阜代表 奥洞千捺卒業と岐阜県オーディションに関して - AKB48オフィシャルブログ 2014年6月18日
  8. ^ あっちゃんから秋葉原へ最後のサプライズ - 日刊スポーツ 2012年8月28日
  9. ^ 高橋みなみAKB最後バルコニーあいさつファン歓声 - 日刊スポーツ 2016年4月8日
  10. ^ AKB倉持「この景色忘れない」 同期・大家の「既読無視」にあ然 - ORICON STYLE 2015年8月2日
  11. ^ AKB川栄李奈、涙のスピーチ 卒業後初仕事は舞台『AZUMI』主演 - ORICON STYLE 2015年8月2日
  12. ^ 金子剛 投稿 - Google+ 2014年3月20日 ArKaiBu Gugutas
  13. ^ NMB山田菜々、卒業直前に“24時間耐久”ライブ挑戦 - ORICON STYLE 2015年2月27日
  14. ^ AKBグループ同日5公演 ニコニコ生放送でライブ中継! - ニコニコ生放送
  15. ^ NMB48チームBII 赤澤萌乃に関しまして - NMB48公式サイト 2014年4月16日
  16. ^ チーム8 福岡県代表 森脇由衣 活動辞退のお知らせ - AKB48 Team 8公式サイト 2015年1月26日
  17. ^ SKE48 チームS 出口陽 活動辞退による卒業のご報告 - SKE48オフィシャルサイト・ニュース
  18. ^ 後藤理沙子 投稿 - Google+ 2014年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  19. ^ バイトAKB、劇場公演で契約満了 正規登用ならずNGT48・ドラフト・裏方志望も - ORICON STYLE 2015年2月28日
  20. ^ 菊地彩香の件について - AKB48オフィシャルブログ 2008年8月14日
  21. ^ 【お知らせ】 - AKB48オフィシャルブログ 2009年7月25日
  22. ^ 研究生契約解除のお知らせ - SKE48オフィシャルサイト・ニュース 2009年12月9日
  23. ^ シンディ・グラについてのお知らせ - JKT48オフィシャルサイト・最新情報 2014年2月16日
  24. ^ お知らせ - JKT48オフィシャルサイト・最新情報 2016年3月18日
  25. ^ 关于六期生成员程文路多次违纪处罚公告 - SNH48オフィシャルサイト・最新情報 2016年5月16日、日本語翻訳は上海SNH48六期生程文路ついに強制退団処分、運営会社は訴訟手続開始 - SNH48分室Unofficalより
  26. ^ センディ・アリアニについてのお知らせ - JKT48オフィシャルサイト・最新情報 2016年12月1日
  27. ^ レギナ・アンジェリナについてのお知らせ - JKT48オフィシャルサイト・最新情報 2017年11月1日
  28. ^ チームK上村彩子について - AKB48オフィシャルブログ 2006年6月17日
  29. ^ HKT48 第4期生 音嶋莉沙に関するご報告 - HKT48オフィシャルブログ 2016年7月21日