エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

竹内美宥

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
AKB48 チームB
竹内 美宥 たけうち みゆ
2017年AKB48プロフィール 竹内美宥.jpg
公式ニックネーム

みゆみゆ

所属事務所

オー・エンタープライズ

生年月日

1996年1月12日 (21歳)

出身地

東京都

血液型

O型

身長

154.5cm[1]

スリーサイズ

B74 W59 H78[要出典]

合格期

9期生

選抜回数

2回

竹内 美宥(たけうち みゆ、1996年1月12日 - )は、AKB48チームBのメンバー。東京都出身。オー・エンタープライズ所属。

略歴

2009年
2010年
  • 7月10日、研究生ユニット「ミニスカート」発表。
  • 7月18日、デビュー曲「ミニスカートの妖精」披露。
  • 12月8日、5周年記念公演にて正規メンバーへの昇格が発表(所属チームは未定)。
2011年
  • 6月6日、新たに結成された、大場チーム4の正規メンバーとなる。
2012年
2013年
  • 11月4日、第一志望の慶應義塾大学に合格したことを公表した(後述)。
2014年
2015年
2016年

人物

キャラクター

  • キャッチフレーズは無し。
  • ニックネームは、「みゆみゆ」「みゆちゃん」。[4]本人によると、「みゆちゃんがいいです!」[5]
  • 小動物のような見た目が印象的で、[6]コアラに似ている[7]。声も小動物の様に、高くて小さいのが特徴。
戸賀崎智信「劇場のMCでは、話の内容も理解できないまま『そうなんだぁ』と賢明に相槌を打つ姿が可愛い」。[8]
  • 普段はおっとりとした天然妹系だが、ステージに上がると14歳とは思えない落ち着きでチームをまとめる。[8]
  • バレエの経験を活かしたダンスで、研究生公演(当時)ではセンターを務めることも多かった。[9]
  • 大場美奈「末っ子キャラです。自分では『子供じゃないもん!』とか言うんですけど、そこが子供(笑)。凄いのはパフォーマンス。表情、歌、ダンス、見せ方を分かっているんです。研究生の曲ではセンターのことが多いんですけど、全員一致で納得しています。K6th公演は美宥的にノレるらしく、本当にすごかったですよ」。[10]「とにかく出来る子。個性が強いチーム4の仲で、それをまとめて生まれた最高傑作が最年少のみゆちゃん」。[11]
市川美織「舞台に立つとスイッチが入って、堂々としてて。年下だけど尊敬してます」[11]
  • 劇場支配人評。

「ソロライブでは自作の曲を披露。機材などの調節も自ら行うなど、夢に向かって自発的にどんどん行動する姿に大きな成長を感じます」(2017年:細井孝宏、スタッフ)[1]

  • 将来の夢は、歌って踊れる女優。[12]シンガーソングライターで曲も歌詞も作れる女優。[13]「女優でシンガーソングライター。でもやっぱり一番は女優さんになりたいです」[14]目標にしている芸能人は、松たか子。[4]目標の女優は、満島ひかり。「すごく心を打たれます」[15]

AKB48加入前

  • 1996年1月、元・劇団四季の竹内そのかの子として生まれる。[16]
  • 2004年、芸能界デビュー。[17]
  • 雑誌「なかよし」の専属モデルとして活躍。
  • 2008年1月、日本テレビ系オーディション番組『歌スタ!!』で、ファッション雑誌『ピチレモン』連動企画で安倍川緑、福留仁菜、吉田萌美とともに「裏ピチモ・ユニット」を結成。
  • 7月16日、4人組ユニット「フルーツ」として、1stシングル『恋のセゾン』でCDデビューをした。当時のキャラクターは「しっかり者の優等生」。
  • 2009年、主だった活動はなくなり、7月には「フルーツ」活動停止と、以降はメンバー個々で芸能活動を開始する事を発表。

AKB48として

2009年

  • 9月、AKB48の第9期研究生オーディションに合格。オーディションを受けたきっかけは、『10年桜』。「はじめて聴いた時に、すごく良い曲だなぁと思って、インターネットでAKBについて調べてみたんです。メンバーのみなさんが、夢に向かって頑張っている姿が素敵だなぁと思って、夢を叶えたくて、最後の賭けで、[5]私もオーディションを受けようと決心しました」[4]ちなみに歌唱審査で歌った曲は、光GENJIの『勇気100%』[18]
  • 9期生では最年少の妹キャラ。AKB48に加入する前からアイドルとして活動しており、ダンス・歌とも実力は高い。[19]「入ってからまだ半年ですが、歌とダンスを評価して欲しいです!」と意欲満々。[8]歌は習ったりはしていないが、親が声楽科で、小さいころから歌っていた。[19]
  • 研究生時代は、チームA前田敦子チームK大島優子チームB渡辺麻友と、全チームのエースメンバーのアンダーを担当。戸賀崎「これは、踊れたのが前提ですけど、オーディションから光っていたのも大きいですね」[10]

2010年

  • 7月10日、タカラトミー発売のゲーム機『プリティーリズム・ミニスカート』のプロモーションも兼ねたコラボユニット「ミニスカート」のメンバーに選ばれ、センターを務めた。[6]
  • 10月8日、秋元康と写真家・篠山紀信が選んだメンバーによって「Team KISHIN From AKB48」を結成し、写真集『窓からスカイツリーが見える』を発売。

2011年

  • 3月7日、雑誌『ヤングマガジン』とAKB48のコラボユニット「YM7」のメンバーに選ばれる。
  • 6月6日、「見逃した君たちへ」ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演にて、昇格先となるチームが、新たに創設された「チーム4」になる事が発表。以後はこのチームの正規メンバーとして活動を開始。
  • 8月20日、銀座で行われた東京都中央区内の飲食店で使えるプレミアム付きクーポン「ハッピー食事券」PRイベントに登場。9月20日に開催される「じゃんけん大会」について、「じゃんけんは運だと思うので、験担ぎして選抜に入りたい」とやる気満々だった。[20]
  • 12月13日、来春放送開始のAKB48をモチーフにしたTVアニメ『AKB0048』の主人公9人の声優を決める最終公開オーディションにて、特別審査員枠で合格。秦佐和子「個人的には竹内さんの声質がすごくよくって、技術的なことは私は分かりませんが、最初の台詞を聴いた瞬間、「すごくいい声!」と感動したのが印象的です」[21]

2012年

  • 3月23~25日、コンサート「業務連絡。頼むぞ、片山部長! in さいたまスーパーアリーナ」に出演。「3日間の埼玉スーパーアリーナコンサート、昨日無事に終わりました♪ チーム4、16人全員が揃い、そして、事務所発表。本当に幸せです! みなさんの支えがあったからです。本当に感謝しています…! 私は前田敦子さんに憧れてAKB48のオーディションを受けました。AKBに入ってからお仕事に対してストイックな前田さんを見てもっと憧れの気持ちが強くなり、もちろん今も憧れです! 私が今、夢を諦めずにやれているのは前田さんがいるから。身近に夢を叶えた方がいる。本当に私の希望の光です。前田さんが卒業するのは素敵な卒業です。私もこんな卒業がしたいです! チームメンバーになってからも、アイドルとしての前田さんを尊敬してきましたが、これからは女優の前田敦子さんを目指して私もこんな女性になれるよう、頑張ります!」[22]
  • 4月6日、「今日母が入院してしまいました。心配だなぁ。本当に無理は禁物です(>_<) 」[23]「普段一人でいることは日常茶飯事。もう慣れてる。むしろ好き。けど、今、涙がでるほど辛い。なぜか 孤独 。いつもは孤独なんて思わないのに。すごく心が重い。でも、そんなに大変なことではないのに。だからここで泣いたら自分に馬鹿にされそう。これが自立できてないってことなんだろう。毎日人の力を借りて生きているけれど、そろそろ自分でやろうよ、自分。これはチャンスなんだ。きっと。頑張って欲しい、自分に。頑張れ」[24]
秋元康「何があったのかわからないけど、竹内は一人じゃない。心配してくれるファンがいるじゃないか?」
竹内「秋元先生、ありがとうございます。昨日一人で家にいたら、ふと思ってしまいました…でも、こうして自分の心をぐぐたすに投稿したらたくさんの方からコメントをして頂いて本当に心強かったです。でも今は元気に頑張っています(^^) 」[25]
  • 4月13日、「みなさん、母が退院しました…♪ ご心配おかけしました…。母に甘えてばかりの自分から、少し成長できた気がします」[26]
  • 5月13日、『ネ申テレビ』の企画で、写真を「国展」に出展したところ入選[27]。「番組の企画で私が撮影した写真を国展に応募したところ、なんと…入選しました…♪ 本当に今でもびっくりしてます。でも本当に本当に幸せです♪ これを機に、趣味を越えて被写体としてだけじゃなく、カメラに関わることもすごくしたいと思いました…♪♪ 本当に応募するきっかけを作ってくださったスタッフさんにありがとうございました…」[28]
  • 5月28日、チーム4に昇格して約1年。子供だった意識が最近は変わってきたという。「何事にも気持ちを高めようという意識が強くなりました」。夢も見え始めている。「シンガー・ソングライターになりたいんです。歌詞も携帯電話に録音して保存してます。メロディーが付いているのは2~3曲で、歌詞だけなら10曲ぐらいですね」。総選挙では64位以内にランクインすることが目標で…「達成出来たら、配信限定の曲とかでひっそりデビューしたい。『え、この子AKB48なの?』って皆をビックリさせたいんです」と目を輝かせた。[29]
  • 6月8日、インタビュー。チーム4にメンバーが新加入し、最年少キャラも卒業。「でもキャプテンが引っ張っていく役割はやってくれてるので、私は、絶対違うだろっていう時ぐらいしか言わないですね。チーム4って個性がバラバラで、私はそこが良いと思うので、あんまり『こうしなきゃダメ』って言いたくないんですよ。新メンバーが入ってから年下キャラではいられなくなって、これからは真面目キャラでいこうかなと。メンバーからもファンの方からも『真面目だね』って言われるので」。ところでみゆみゆのカメラ好きは有名だけど、なんと『ネ申テレビ』の企画で日本有数の公募展覧会・国展に入選! 「びっくりしました。趣味で、撮りたいものを撮っているだけなのに、それが国展で入選なんて…。あの企画では、他にもたくさんいい写真が撮れて、ますますカメラが好きになりました」。―魅力的な被写体が周りにいるんだから、チーム4の写真集とか…。「スゴい! ぜひやってみたいです」[30]
  • 6月28日、竹内・入山杏奈合同インタビュー。昨年10月10日、チーム4が劇場公演を開始した。チーム4は9期と10期の混成チーム。同期意識が強すぎて、まとまっているとは言えなかった。竹内「9期と10期の間には壁がありましたね。例えば、写真を撮るときに『ちょっと9期集まって!』みたいな。同じチームなのに、どうしてもそういう分け方をしてしまっていたんです」。象徴的なのが、島田晴香阿部マリアの関係だ。昨年8月、西武ドームでのコンサートのバックステージで感情的に衝突した。原因は、ちょっとした言葉の行き違いだった。9期と10期の心の距離。キャプテン不在。メンバーは定員の16名も揃っていない状態。こんな不利な状況の中で初日を迎えた。これでは足並みが揃わない。入山「初日公演が始まる直前に、島田がたかみなさんからのメールを読み上げたんですよ。映画でも映っていましたけど、それで何人か泣いちゃって(笑)。涙を拭いてから、『よし、行こう!』ってステージに立ったら、研究生時代から観に来てくれていたファンの方が何人もいらしてたのが見えたんです。みんな泣いているのがわかりました。それで私たちも泣きそうになって…。でも、必死にこらえました」。初日を終えたとはいえ、4が完全にチームになったとは言えなかった。いくつもの問題点を抱えていたというのだ。竹「公演では振りはバラバラだし、気持ちも揃っていないって言われていました」。入「8期生がいないこともあって、9期生は自分たちが先輩なんだからしっかりしなきゃっていう意識があるんです。それが裏目に出たのかもしれません。だからチーム4、研究生全員がレッスン場に集まっての話し合いが2回ありました。みんなの距離を近づけようとしたんです。11月か12月のことでした」。年が明けると、ようやくキャプテンが復帰した。それでもチームは11人のまま。未だ定数に達していなかった。残る5枠が埋まったのは3月のこと。5人の研究生のチーム4昇格が発表されたのだ。入「確かにチーム4が揃ったのは嬉しいんですけど、まだまだ一人前のチームとして認めて貰っていません。Aさん、Kさん、Bさんとは違う目で見られてきました。今までは『16人揃っていなから』と言い訳ができたんですけど、これからはもうできないですね」。竹「フレッシュになったと思うんです。平均年齢がグッと下がって16歳になりました。楽屋が賑やかになった(笑)」。4月、チーム4は16人が出揃ってから、初めて全国ツアーで活動。いつしか阿部が島田のMCにツッコミを入れるような関係になっていた。9期と10期の距離は自然と近くなった。竹「私たちはまだまだ知られていない存在です。だからこそ公演を観に来ていただいて、『あっこんな子がいたんだ』って発見して欲しいです」[31]
  • 8月11日、「実は8年前の今日は、私が芸能界デビューした日なんです…♪ 8年、人生の半分になりました♪ 文房具屋さんになりたくてこの世界に入った私(笑)。そんな私がAKBという日本のトップアイドルとして活動するなんて考えてもいなかったです。今この時を本当に感謝しなきゃいけないなって思います。本当に私は恵まれてます。全てのこと、人、ものに感謝してこれからも成長していきたいです♪」[17]
  • 8月24日、東京ドームコンサート「AKB48 in TOKYO DOME ~1830mの夢~」初日、ラストに戸賀崎が登場し、AKB48全体の大幅な組織変更を発表。竹内はチームBに異動することとなった。[32]
  • 9月18日、第3回じゃんけん大会で勝ち上がり、29枚目のシングルで選抜入りが決定。「じゃんけん大会、選抜入りました…♪ 7位でした(>_<) 思ったことは、本気で勝つと思ったら勝てるんだということ! 応援してくださったみなさんありがとうございました」[33]
  • 10月、ジャニーズとAKB48の共演で話題となったドラマ「私立バカレア高校」の劇場版に、新たに、チーム4から加藤玲奈竹内美宥川栄李奈高橋朱里市川美織が出演している。[34]

2013年

2014年

  • 1月28日、この日発売『Newsweek(日本版)』にインタビュー記事が掲載されることをツイッターに報告。[39]
  • 4月1日、大学入学式に出席したことをツイッターに報告。[40]
  • 10月16日、『サウンド・デザイナー12月号』[41](11月8日発売)宅録女子特集の取材を受けたことをツイッターに報告。[42][43][44]

2015年

  • 2月4日、この日発売『Flash』の「現役大学生アイドル」イマドキの芸能人は大学通ってあたりまえ! というコーナーに自身が掲載されていることをツイッターに報告。[45]
  • 2月12日、楽器.meに竹内がオーディオテクニカのコンデンサーマイクを試奏する記事が掲載された。[46][47][48]
  • 3月21日放送、テレビ朝日「最終回 関ジャニの仕分け∞ 2時間スペシャル」総決算!最後の頂上決戦SP 最強ピアノ王No.1決定戦に出演。1回戦第1試合で竹内は作曲家新垣隆とモーツァルト「トルコ行進曲」の演奏で競った。ピアノレッスンソフトを使い、ミスタッチの数の少ない方を機械的に判定。また、演奏速度は曲の途中で「標準→高速→超高速」と増して難易度が高くなる。先に弾いた竹内は1239音符の内ミスタッチが58、後手になった新垣が9で勝利した。
  • 10月16日、「一ヶ月間、日本を出て異国の地で勉強をしています。歩いていても電車に乗っていても、なにをしてても刺激ばかり。・・・」(ツイッターより[49]
  • 10月25日、在学中の慶應義塾大学環境情報学部(SFC)[50]の慶應連合三田会大会スペシャルライブ[51]に参加。「明日のイベントのお知らせです。13時15分からイベントがスタートします!☆」[52]
  • 10月31日、「収録が終わって家に帰ってきました。稲垣潤一さんとおよげ!たいやきくんを歌わせていただきました☆「日本の名曲 人生、歌がある」11月11日19時〜BS朝日、ぜひご覧ください!!良い緊張感の中楽しめました」(ツイッターより[53]

交友関係

  • 仲の良いメンバーは、市川美織[54]市川とは小学生の頃からの知り合い。[55]でも、彼女の「フレッシュレモンになりたいの~」を聞くとイライラする。「フレッシュレモンになんてなれない。人間は」[56]→「自分が信じていればなれるとおもう」[14]
  • 好きなメンバーは、渡辺麻友前田敦子[12]髪型は前田敦子を意識してマネしていた。[56]
  • 尊敬するメンバーも、前田敦子[54]
  • 推しメンは、同期の9期研究生。みんな仲が良いが、特に良いのが藤本紗羅(現在は卒業)。[12]
  • 同期(9期)の推しメンは、永尾まりや[14]
  • メンバーの中で母親だと思えるのは、高橋みなみ。姉は高城亜樹[57]
  • チーム4メンバーを身内に例えると、「お母さん→みな。お父さん→まりこ。お姉ちゃん→ぱるる、あんにん。妹→みおりん。お兄ちゃん→晴香。弟→鈴蘭。彼女→まりやぎ。彼氏→あべしゃん。家政婦さん→なかまったー」[5]
  • NMBの推しメンは、城恵理子。HKTは、兒玉遥[14]

性格・趣味

  • AKB48に入るまで人見知りだったが、入ってから直った。[12]母親によると、「すごい寂しがり屋で、犬みたいにいつも隣に寄ってくる」[58]
  • 同じく母親曰く、ケチ。[58]
  • 「ひとり好き」と書かれたTシャツを持っている。「ひとりでいるのが好きなので」[59]
  • 長所は、趣味が沢山あること。最後までやり通すこと。[4]諦めないこと。[60]
  • 短所は、「人見知りで、自分からは話しかけるのがドキドキする」[4]「人によって慣れるまで目を合わせるのも恥ずかしくなってしまうので克服したいです…」[60]
  • 趣味は、ダンス。スイーツデコ。[61]ピアノ。カメラ。[62]コスメ。「中学校1年生の時から、少しずつ少しずつ集めているもので、とにかくヘア類がとても多いです。「ヘアカクテル」や「ワックス」 とか、とにかくたくさんあります」。[19]
  • 特技は、歌。クラッシックバレエ。今はやってないが、3歳から中学2年生まで10年間やっていた。ピアノを2歳から習っていて、すでに12年目。「今は “ベートーベンの月光” を弾いています。耳コピが、若干得意です」。[4]
  • 口癖は、「えっと」「どうもです」「なるほどね」「やだ~」[60]
  • 学校では吹奏楽部に所属。担当はトランペット。[12]
  • 好きな教科は、現社、地理。[5]
  • テストでとった最低点は、0点。「名前書き忘れました」[60]
  • 収集癖があるらしく、大量のペンやクリアファイル。袋や紙袋が部屋にある。[58]
  • クセは、緊張状態になると唇をなめる。必死になると眉間にしわが寄る。[15]
  • 好きな食べ物は、とんこつラーメン。牛角。[63]
  • 好きな飲み物派、カルピス。グレープジュース。[63]
  • 嫌いな食べ物は、豆類。白菜。ニンジン。ナスなど…。[4]
  • 好きなスポーツ派、ダンス。バレエ。サッカー。[63]
  • 好きなお笑い芸人は、COWCOW。「4、5年前から好きです♪」[5]
  • 好きな自分の顔のパーツは、口。[63]
  • 好きな自分の身体のパーツは、小さい手。[63]
  • 好きな歌手は、宇多田ヒカル、EXILE、YUI。[14]
  • 好きなアイドルは、スーパーガールズ。[14]
  • 好きな曲は、Adeleの『Rolin in the Deep』、BOBの『Airplanes』、レッチリの『Around The World』、Ne-Yoの『Nobody』。「洋楽ばかりですね♪笑 邦楽は好きな曲ありすぎて書けませんでした(>_<)」[14]
  • AKB48で好きな曲は『10年桜』。[8]
  • カラオケの十八番は、ドリカムの『何度でも』[54]
  • 好きな言葉は、「ありがとう、人一倍努力しろ!」[13]「必ず道は開ける」[5]
  • 好きな色は、黒。白。シンプルが好き。[63]
  • 好きな動物は、ティーカッププードル。[63]
  • 好きな季節は、夏。「冬はファッションにこだわれないし、春と秋は中途半端だから」[60]
  • 好きな男性のタイプは、ノリが良くて優しい人。[61]明るくて面白くて元気のある人。[4]優しくて面白くてオシャレな人。[63]やるべき事をちゃんとやっている人。[62]謙虚で芯のある人。[5]「自分の目標をしっかりともって我が道をまっすぐ歩いてる人。自分が古着好きなので古着ショップのメンズコーナーみるとステキだな♪と思います。髪型は特に気にしないかな」[14]目標をもっていて、やるべきことをしっかりとやっている人。飾らない人。[60]
  • ミニチュアダックスを飼っている。[63]
  • 好きな国は、フランス。[63]
  • 小学4年生まで1人で寝られなかった。[58]
  • 寝付くのが早い。島崎遥香も自信があったらしいが、竹内には負けた。なんでも「おやすみ」と言った3秒後には寝ていた。[64]
  • 寝起きが悪くて、口も悪い。母親が起こしに行くと、「わかってるっつってんだろ!」とキレられる。[58]
  • 朝起きられないので、中学校はほとんど遅刻だった。[58]
  • 一人っ子。[58]
  • 人はなぜ生きているのか? 「愛されるため」[54]
  • 「曲は思いついたときにひたすら録音しています。最近はオリジナル曲もつくるようになりました。トランペットや民族楽器を採り入れた独特の世界観を出せるシンガー・ソングライターになりたいです」[65]

ギャラリー

参加曲

シングルCD選抜曲

派生ユニットシングル曲

おじゃる丸シスターズ

  • 初恋は実らない
    • かたつむり~おじゃる丸シスターズ・バージョン~

アルバムCD選抜曲

  • ここにいたこと」に収録
    • High school days - チーム研究生名義
    • ここにいたこと - AKB48+SKE48+SDN48+NMB48名義
  • 1830m」に収録
    • 恋愛総選挙 - YM7名義
    • 直角Sunshine - Team 4名義
    • 青空よ 寂しくないか? - AKB48+SKE48+NMB48+HKT48名義
  • 次の足跡」に収録
    • ぽんこつブルース
    • 悲しき近距離恋愛 - Team B名義
  • ここがロドスだ、ここで跳べ!」に収録
    • To goで - Team B名義
  • 0と1の間」に収録
    • ミュージックジャンキー - Team B名義

CD未収録曲

劇場公演ユニット曲

チーム研究生「アイドルの夜明け」公演

  • 残念少女

チーム研究生 「恋愛禁止条例」公演

  • 黒い天使

チーム研究生 「シアターの女神」公演

  • 初恋よ こんにちは

チームB 5th 「シアターの女神」公演

(前座ガール) ロマンスかくれんぼ
  • 初恋よ こんにちは
  • ロッカールームボーイ

チームA 6th「目撃者」公演

(前座ガールズ) ミニスカートの妖精

チームK 6th 「RESET」公演

(前座ガールズ) 檸檬の年頃
  • 心の端のソファー

チーム4 1st「僕の太陽」公演

  • ヒグラシノコイ

チームB ウェイティング公演

  • 君のc/w
  • 涙に沈む太陽
  • 純情主義

チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演

  • 純情主義

チームB 7th Stage「ただいま恋愛中」公演

  • Faint

高橋みなみプロデュース「お蔵入り公演」

  • ライダー

「僕の太陽」リバイバル公演

  • ヒグラシノコイ

出演番組

Wikipediaを参照。

脚注・出典

  1. ^ a b 講談社『AKB48総選挙公式ガイドブック2017』P115より。
  2. ^ AKB春の衝撃人事一覧――川栄卒業、北原NGT移籍、生駒留学解除 - ORICON STYLE 2015年3月26日
  3. ^ 1月8日(金)の公演メンバーのお知らせ - AKB48オフィシャルブログ 2016年1月2日
  4. ^ a b c d e f g h FLASH SPECIAL 2011年5月1日増刊号『まるっとAKB48スペシャル』
  5. ^ a b c d e f g 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年3月14日 ArKaiBu Gugutas
  6. ^ a b http://www.akb48-yj7-ym7.com/profile/index.html
  7. ^ AKB48のオールナイトニッポン』 2011年7月22日
  8. ^ a b c d 『AKB48総選挙公式ガイドブック』
  9. ^ 『AKB48総選挙!水着サプライズ発表2011』
  10. ^ a b 『まるっとAKB48 スペシャル2 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  11. ^ a b 『月刊ENTAME』 2011年10月号
  12. ^ a b c d e 『AKB48 LIVE!! ON DEMAND』2分間自己紹介コメント
  13. ^ a b 『窓からスカイツリーが見える』
  14. ^ a b c d e f g h 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年3月17日 ArKaiBu Gugutas
  15. ^ a b 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年3月15日 ArKaiBu Gugutas
  16. ^ 2010年3月30日放送の「有吉AKB共和国」,中西勝之の公式Blog
  17. ^ a b 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年8月11日 ArKaiBu Gugutas
  18. ^ ネ申テレビSP』 走り抜けろ沖縄の冬
  19. ^ a b c http://www.tbs.co.jp/ariyoshi-akb/profile/takeuchi.html?keepThis=true&TB_iframe=true&height=500&width=560
  20. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110820-00000011-mantan-ent
  21. ^ http://www.ske48.co.jp/blog/?id=20111214225131344&writer=hata_sawako
  22. ^ 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年3月26日 ArKaiBu Gugutas
  23. ^ 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年4月6日 ArKaiBu Gugutas
  24. ^ 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年4月6日 ArKaiBu Gugutas
  25. ^ 秋元康 投稿 - Google+ 2012年4月7日 ArKaiBu Gugutas
  26. ^ 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年4月13日 ArKaiBu Gugutas
  27. ^ 国展入選写真
  28. ^ 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年5月13日 ArKaiBu Gugutas
  29. ^ 『日刊スポーツ』 2012年5月28日
  30. ^ 『BOMB』 2012年7月号
  31. ^ 『まるっとAKB48 スペシャル3 with SKE48&NMB48&SDN48&HKT48』
  32. ^ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000313-oric-ent
  33. ^ 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年9月18日 ArKaiBu Gugutas
  34. ^ http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/dogatch/2012/07/jrakb48-3.html
  35. ^ Twitter 2013年11月3日
  36. ^ 第一希望の大学に合格「両立、頑張るぞ」日刊アメーバニュース
  37. ^ アイドルグループ所属をきっかけに「表現者」が夢に。慶應SFCに現役合格! スペシャルインタビュー#15 竹内美宥 - 早稲田塾 2015年3月23日閲覧。
  38. ^ 竹内美宥(AKB48チームB)×布施英利(美術批評家)美術館で連載対談HAPPY PLUS ART
  39. ^ 竹内美宥 ツイート - Twitter2014年1月26日
  40. ^ 竹内美宥 ツイート - Twitter2014年4月1日
  41. ^ サウンド・デザイナー12月号
  42. ^ 竹内美宥 ツイート - Twitter2014年10月16日
  43. ^ サウンド・デザイナー編集部 ツイート - Twitter2014年10月16日
  44. ^ 竹内美宥 ツイート - Twitter2014年11月8日
  45. ^ 竹内美宥 ツイート - Twitter2015年2月4日
  46. ^ 竹内美宥 ツイート - Twitter2015年2月12日
  47. ^ 楽器.me ツイート- Twitter2015年2月12日
  48. ^ オーディオテクニカAT2020USB+を宅録女子・竹内美宥(AKB48)が試奏- 楽器.me
  49. ^ 竹内美宥2015/10/16
  50. ^ 竹内美宥(AKB48チームB)×布施英利(美術批評家)美術館で連載対談 先生だけ立派ですいません - HAPPY PLUS ART(2014年9月30日)
  51. ^ イベント情報スペシャルライブ
  52. ^ 明日のイベントのお知らせです。竹内美宥Twitter 竹内美宥ツイート竹内美宥Twitter2015-10-25
  53. ^ 竹内美宥ツイート2015/10/31
  54. ^ a b c d 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年3月27日 ArKaiBu Gugutas
  55. ^ AKBINGO!』 2011年6月8日
  56. ^ a b AKBINGO!』 2011/06/22
  57. ^ AKB48のオールナイトニッポン』 2011年7月22日
  58. ^ a b c d e f g AKBINGO!』 2011年10月5日
  59. ^ http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1011&f=national_1011_050.shtml
  60. ^ a b c d e f 竹内美宥 投稿 - Google+ 2012年7月7日 ArKaiBu Gugutas
  61. ^ a b 『スピリッツ』
  62. ^ a b 『AKB48じゃんけん大会 総集号 2011』
  63. ^ a b c d e f g h i j 『BOMB』 2011年7月号
  64. ^ 今夜は帰らない…』 2011/07/05
  65. ^ 朝日新聞デジタル2015年6月3日

外部リンク