エケペディアの編集に協力する(アカウント作成)
特に、メンバーページにおける2013年以降の編年記事および乃木坂46 1期生のメンバーページについて、改稿・強化していただける方を募っております。
間違いや古い記述の修正・更新にもご協力ください。

チームA 2nd Stage「会いたかった」

提供: エケペディア
移動先: 案内検索
この項目を継続的に加筆できる編集者がいません。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています。
記事の編集には、誰でも参加できます
Team A 2nd stage「会いたかった」~studio recordings コレクション~.jpg

会いたかった」は、2006年4月15日[1]から8月11日[1]まで行われた、初代チームA劇場公演

概要

  • 1期生が「Aチーム(チームA)」となり、初めて行った公演。
  • ユニット曲から始まる異色のセットリスト。メンバー間の格差が明確に打ち出された公演でもあり、当時のメンバー[誰?]もあまり思い出したくないと語る[2]
  • 後にチームB 2ndチーム8 2ndSKE48チームKII 1stNMB48チームBII(3期生)1stと、各グループのセットリストとして汎用されている。
  • 曲の合間のフリートークにも力を入れるようになったのもこの公演から[3]
  • 同時期に2期生が「Kチーム(チームK)」としてデビュー。Aメンバーの休演時にはKメンバーが出演する事もあったが、両チームのファンの対立は深まっていったという[3]
  • 千秋楽では、サプライズとして「手のひらサイン会」が行われた[4]
  • 現在、公演ではアンコールがかかることが定番となっているが、秋元康によれば、アンコールはセットリストの一部として当たり前のように思っていたメンバーに対し、「アンコールは、お客様のリクエストによって成立する御礼のパフォーマンスであること」を学ばせるために、演出チームのひとつの目安として用意したものだった[5]という。しかし、秋元の認識とは別に一部のファンは「コールをしなくてもアンコールは必ず行われる」という「暗黙の了解」があり、あえてアンコールをしない観客もいたため、アンコールがかからない事もしばしばあった。
千秋楽の時にスタッフは「アンコールがかからなかったら、アンコールは行わない」と考えていたが、実際はアンコールを貰う事が出来た。
高橋みなみ「スタッフさんからカンペを渡されてさ。『今日アンコールの声がかからなかったら、このまま出ないで終わることになっていました』って書いてある。その場で倒れるかと思った。千秋楽だから、みんな最後のコメントを一生懸命考えていたし、なのにここで終わりなの? って」
前田敦子「貰えて良かったね、アンコール。私たちが麻痺していたから、たぶんスタッフさんたちが、『ここで初心に戻さないと』って思ったんだろうね」[6]
  • 余談であるが、実際に2008年8月13日(19時)の研究生公演において「アンコールがかからない」事態が発生。この時点でアンコールを行わず、公演を打ち切っている[5][7]

出演メンバー

名前 初出演日 備考
A 板野友美 2006年4月15日
A 浦野一美 2006年4月15日
A 大江朝美 2006年4月15日
A 大島麻衣 2006年4月15日
A 折井あゆみ 2006年4月15日
A 川崎希 2006年4月15日
A 小嶋陽菜 2006年4月15日
A 駒谷仁美 2006年4月15日
A 佐藤由加理 2006年4月15日
A 篠田麻里子 2006年4月15日
A 高橋みなみ 2006年4月15日
A 戸島花 2006年4月15日
A 中西里菜 2006年4月15日
A 成田梨紗 2006年4月15日
A 平嶋夏海 2006年4月15日
A 星野みちる 2006年4月15日
A 前田敦子 2006年4月15日
A 増山加弥乃 2006年4月15日
A 峯岸みなみ 2006年4月15日
A 渡邊志穂 2006年4月15日

アンダー出演

名前 初出演日 備考
K 小野恵令奈 2006年5月17日 一部ユニット出演
K 大島優子 2006年5月25日
K 河西智美 2006年5月28日 一部ユニット出演

セットリスト

  • ユニットメンバーの表記は初日公演のもの。続いて休演時のアンダー出演者。
  1. overture
  2. 嘆きのフィギュア
    高橋みなみ
    前田敦子 - 河西智美
    板野友美 - 大島優子
    中西里菜
  3. 涙の湘南
    大島麻衣
    折井あゆみ
    渡邊志穂 - 小嶋陽菜
    佐藤由加理
    篠田麻里子
  4. 会いたかった

MC1/自己紹介

  1. 渚のCHERRY
    前田敦子 - 峯岸みなみ
    峯岸みなみ - 小野恵令奈
    平嶋夏海 - 小野恵令奈
    増山加弥乃
  2. ガラスのI LOVE YOU
    板野友美 - 大島優子
    高橋みなみ
    中西里菜
    成田梨紗
  3. 恋のPLAN
    浦野一美・大江朝美・川崎希・小嶋陽菜・駒谷仁美・戸島花・星野みちる

MC2

  1. 背中から抱きしめて
    板野友美・大島麻衣・小嶋陽菜・篠田麻里子・高橋みなみ・中西里菜・前田敦子
  2. リオの革命
    「背中から抱きしめて」歌唱メンバー・浦野一美・折井あゆみ・川崎希・平嶋夏海・星野みちる・増山加弥乃・峯岸みなみ
  3. JESUS
  4. だけど…
  5. Dear my teacher

アンコール

  1. 未来の扉
  2. AKB48

MC3

  1. スカート、ひらり
  • 2006年5月31日 - 6月7日の4公演にMC1の後「スカート、ひらり」が追加された、出演メンバーは板野友美・成田梨紗・高橋みなみ・大島麻衣・前田敦子・小嶋陽菜・中西里菜。

注釈


出典

  1. ^ a b チームA 2nd Stage「会いたかった」 - AKB48公式サイト
  2. ^ 太田出版「QuickJapan」 Vol.87より。[要ページ範囲]
  3. ^ a b 集英社「AKB48ヒストリー~研究生公式教本~」p187
  4. ^ AKB48の8月11日・チームA 2nd「会いたかった」公演 千秋楽。 - AKB48@メモリスト 2011年8月11日「・終演後、手のひらサイン会 (1人指名制)」
  5. ^ a b 昨日(8月13日)19時公演について - AKB48オフィシャルブログ 2008年8月14日
  6. ^ 講談社 高橋みなみ1stフォトブック「たかみな」より。[要ページ範囲]
  7. ^ アンコール無し公演詳細 (8/13研夜) - AKB48『放課後は、いつもPARTY☆』2008年08月16日(個人ブログ)

関連項目

外部リンク